ドラマ映画のネタバレ

「雨あがる」のネタバレあらすじ結末

雨あがるの紹介:1999年日本映画。故黒澤明が山本周五郎の短編をもとに書いた遺稿脚本『雨あがる』を黒澤組のスタッフによって映画化。剣の達人でありながら人を押しのけてまで出世することが出来ない心優しい武士をユーモラスに描く。
監督:小泉堯史 脚本:黒澤明 原作:山本周五郎 出演:三沢伊兵衛(寺尾聰)、三沢たよ(官崎美子)、永丼和泉守重明(三船史郎)、奥方(檀ふみ)ほか

「そして父になる」のネタバレあらすじ結末

そして父になるの紹介:2013年日本映画。産院で子供を取り違えられたまま6年間育てられた2組の家族の子供。取り違えを知らされた家族の葛藤や絆を描く是枝裕和監督制作のヒューマンドラマ映画。2組の夫婦が最後に選ぶのは、血の繋がりか?それとも、過ごした時間か? 「そして父になる」は70年代の沖縄で実際に起きた新生児取違え事件の小説「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年(奥野修司)」をモデルにしているとされる。「そして父になる」はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。スティーヴン・スピルバーグによりリメイクされることが決定しています。
監督:是枝裕和 キャスト:福山雅治(野々宮良多)、尾野真千子(野々宮みどり)、二宮慶多(野々宮慶多)、真木よう子(斎木ゆかり)、リリー・フランキー(斎木雄大)、黄升げん(斎木琉晴)、ほか

「ANNIE/アニー」のネタバレあらすじ結末

映画ANNIE/アニーの紹介:2014年アメリカ作品。ブロードウェイミュージカルの映画化作品。両親が迎えに来てくれることを信じて待つアニーと、施設から彼女を引き取った携帯電話会社CEOでニューヨーク市長候補であるスタックスとの物語。
監督:ウィル・グラック 出演:ジェイミー・フォックス(スタックス)、クワベンジャネ・ウォレス(アニー)、ローズ・バーン(グレース)、キャメロン・ディアス(ハニガン)、ビー・カナベイル(ガイ)ほか

「最強のふたり」のネタバレあらすじ結末

最強のふたり』(原題: Intouchables) は、2011年公開のフランス映画。パリを舞台に、大富豪の障害者フィリップが雇った世話役、スラム街出身のアフリカ系青年ドリスが介護する側、される側という関係を通して、男同士の友情を築いていく心温まるストーリー。実話に基づいており、ユーモアあふれる展開ながらも、貧困、麻薬、移民、病気、死別、養子、障害者のセクシュアリティ、その他さまざまな社会問題について考えさせてくれる秀逸な作品。第24回東京国際映画祭コンペティション部門で上映、最高賞の東京サクラグランプリを受賞。主演の2人は最優秀男優賞受賞。第37回セザール賞で作品・監督・撮影・脚本・編集・音響賞・主演男優・助演女優にノミネート、オマール・シーが主演男優賞を受賞。
監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 出演:フランソワ・クリュゼ(フィリップ)、オマール・シー(ドリス)、アンヌ・ル・ニ(イヴォンヌ)、オドレイ・フルーロ(マガリー)、クロティルド・モレ(マルセル)、アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ(エリザ)、トマ・ソリヴェレ(バスティアン)、シリル・マンディ(アダマ)、ドロテ・ブリエール・メリット(エレノア)、サリマタ・カマテ、ほか

「リトル・ダンサー」のネタバレあらすじ結末

リトル・ダンサーの紹介:2000年公開イギリス映画 (原題:Billy Elliot : ビリーエリオット) ふとしたきっかけでバレエに目覚めてしまった少年ビリー。「バレエは女のやるもの」と大激怒する職人気質の炭鉱夫の父親。初めはお互いに理解し合えない二人が、かけがえのない大切な親子の絆をつかみ、ビリーの夢を叶えるまでを丁寧に描いていく。
監督:スティーブン・ダルドリー  脚本:リー・ホール  出演:ジェイミー・ベル、アダム・クーパー

「春男の翔んだ空」のネタバレあらすじ結末

春男の翔んだ空の紹介:1977年日本作品。献身的に身障児とともに生き、飛行機の事故で志しなかばで倒れた特殊学級教師:野杉春男と教え子たちの生活を描いた伝記映画。脚本・演出は「はだしのゲン 涙の爆発」の山田典吾。
出演者:永六輔、佐藤オリエ、愛川欽也、原知佐子、山口崇ほか

「心の旅」のネタバレあらすじ結末

心の旅の紹介:1991年アメリカ映画。タバコを買いに行ったヘンリーは、店に押し入った強盗にピストルで撃たれてしまう。一命は取りとめたものの、すべての記憶を失ってしまっていた。昨日まではNYを代表する有能な弁護士。だが今は、自分の家族の顔もわからず、文字も読めないリハビリに励む一人の男。妻や娘の献身的な愛を得て、家族はひとつに・・・。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ハリソン・フォード(ヘンリー・ターナー)、アネット・ベニング(サラ・ターナー)、ビル・ナン(ブラッドレー)、ミッキー・アレン(レイチェル・ターナー)、ドナルド・モファット(チャーリー・キャメロン)、ほか

「レ・ミゼラブル(1998年)」のネタバレあらすじ結末

レ・ミゼラブル(1998年)の紹介:1998年/アメリカ映画。1812年、19年の刑期を終えて仮出獄したジャン・バルジャンは、銀食器を盗んだ自分をかばってくれた司教との出会いから、改心を決意。9年後、ヴィゴーの工場主兼市長として、市民の尊敬を集める男に生まれ変わった。世界的に有名な小説、そして多くのミュージカルにもなっているレ・ミゼラブルを映画化した作品で、今作ではリーアム・ニーソンがバルジャンを演じています。本作はミュージカルで大人気の「レ・ミゼラブル」ですが、ミュージカルではない、ビレ・アウグスト監督による作品です。
監督:ビレ・アウグスト キャスト:リーアム・ニーソン ジェフリー・ラッシュ ユマ・サーマン クレア・デインズ

「南極料理人」のネタバレあらすじ結末

南極料理人の紹介:2009年日本映画。南極観測隊に料理人として参加した西村淳原作のエッセー「面白南極料理人」を映画化した癒し系人間ドラマ。日常を忘れたい、非日常を感じれる極寒の南極で過ごす個性豊かな隊員とほんわか癒やしキャラ調理人西村さんの1年間の記録ドラマ。
監督・脚本: 沖田修一 原作: 西村淳 キャスト:堺雅人(西村淳 / 調理担当)、生瀬勝久(本さん / 雪氷学者)、きたろう(タイチョー / 気象学者)、高良健吾(兄やん / 雪氷サポート)、豊原功補(ドクター / 医療担当)、西田尚美(西村の妻・みゆき)、古舘寛治(主任 / 車両担当)、小浜正寛(平さん / 大気学者)、黒田大輔(盆 / 通信担当)、小野花梨(西村の娘・友花)、小出早織(KDDインマルサットオペレータの清水さん)、宇梶剛士(スズキ)、嶋田久作(船長)、ほか

「LIFE! / ライフ」のネタバレあらすじ結末

LIFE! / ライフの紹介:2013年アメリカ映画。ベン・スティラーが監督と主役を務めており、ジェームズ・サーバーの「虹を掴む男」が原作となっています。普通のサラリーマンである主人公が写真雑誌「LIFE」の編集部を舞台に、あるネガの喪失をきっかけに冒険の渦に巻き込まれていきます。
監督・製作: ベン・スティラー キャスト:ベン・スティラー(ウォルター・ミティ)、クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)、アダム・スコット(テッド・ヘンドリックス)、キャスリン・ハーン(オデッサ・ミティ)、シャーリー・マクレーン(エドナ・ミティ)、ショーン・ペン(ショーン・オコンネル)、パットン・オズワルト(トッド)、ほか

「想いのこし」のネタバレあらすじ結末

想いのこしの紹介:2014年日本映画。岡本貴也の小説「彼女との上手な別れ方」の映画化作品です。金と女のことしか頭にない男が、ひょんなことからこの世に未練を残して死んでいった4人の幽霊を成仏させてやろうと奮闘します。
監督:平川雄一朗 脚本・原作: 岡本貴也 出演:岡田将生(本多ガジロウ)、広末涼子(笠原ユウコ)、木南晴夏(円山ルカ)、松井愛莉(犬塚ケイ)、巨勢竜也(笠原幸太郎)、ほか

「小野寺の弟 小野寺の姉」のネタバレあらすじ結末

小野寺の弟 小野寺の姉の紹介:2014年日本映画。一つ屋根の下で暮らす恋愛に臆病な弟とパワフルな姉が、間違って配達された手紙をめぐり、それぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく様子を描く。TVドラマ『妖怪人間ベム』やアニメ『TIGER & BUNNY』などの脚本を務めた西田征史が、自身の小説『小野寺の弟・小野寺の姉』を映画化、初監督した作品です。キャッチコピーは「最強のすぎるふたり。」「日本一・人生に不器用な姉と弟に、恋のチャンスが訪れた!?」で、一軒家に過ごす姉と弟の心の絆と二人の恋の行方をコメディタッチで描いたハートフルドラマです。監督・脚本は小説の作者の西田自身が担当、主役の小野寺姉弟は、2013年の舞台に引き続き、向井理と片桐はいりが務めています。映画初監督した西田は、この作品で第39回報知映画賞・新人賞を受賞しました。
監督:西田征史 出演:向井理(小野寺進)、片桐はいり(小野寺より子)、山本美月(岡野薫)、ムロツヨシ(河田耕輔)、寿美菜子(齋藤亜沙子)ほか

「キャラメル」のネタバレあらすじ結末

映画キャラメルの紹介:2007年レバノン、フランス映画(日本公開:2009年)。レバノン・ベイルートのヘアエステが舞台で、女性たちの感情の交錯を皮肉やユーモアを交えてハートウォーミングに描く。アラブ地域の文化や女性観に縛られ、婚姻や不倫、セクシャルマイノリティや家族の問題などに悩むアラブ社会で生きる女性を描く。
監督:ナディーン・ラバキー 出演:ナディーン・ラバキー(ラヤール)、ヤスミン・アル=マスリー(ニスリン)、ジョアンナ・ムカルゼル(リマ)、ジゼル・アウワード(ジャマル)、シハーム・ハッダード(ローズ)

「クロース・トゥ・ホーム」のネタバレあらすじ結末

クロース・トゥ・ホーム(原題:Karov La Bayit 英題:Close to Home)の紹介:2005年イスラエル映画。イスラエルは女性にも兵役義務がある。この作品は18歳の若い女性兵士の日常を描いた映画。第7回東京フィルメックス・コンペティション出品作品。
監督:Vardit Bilu、Dalia Hager 出演:Smadar Sayar、Naama Schendar、Katia Zinbris、Ami Weinberg、Irit Suki、ほか

「プロミスト・ランド Promised Land」のネタバレあらすじ結末

Promised Land(プロミスランド)の紹介:2004年イスラエル,フランス映画。東京フィルメックス特別招待作品として日本公開。イスラエルの巨匠アモス・ギタイの作品。東欧からイスラエルへやってきた娼婦の目線で人身売買ネットワークの実態に正面から切り込んでいく。
監督:アモス・ギタイ(Amos GITAI) 出演:ロザムンド・パイク、ダイアナ・ベスペンチ、アンヌ・パリロー、ハンナ・シグラ、ほか

1 182 183 184 185 186 187

キーワードから探す

TOP↑