コメディ映画のあらすじ

「トレジャー・ハンターズ」のネタバレあらすじ結末

トレジャー・ハンターズの紹介:2004年アメリカ映画。大人になりきれない青年3人が、亡き親友との約束を果たすために、ジャングルで財宝を巡って大騒ぎする抱腹絶倒のアメリカンコメディ映画。おじさん版スタンドバイミー。
監督:スティーヴン・ブリル 出演者:セス・グリーン(ダン)、マシュー・リラード(ジェリー)、ダックス・シェパード(トム)ほか

「デトロイト・メタル・シティ」のネタバレあらすじ結末

デトロイト・メタル・シティの紹介:2008年日本映画。漫画が原作の映画です。フレンチポップなどを好む主人公が自分の趣味趣向とは真逆のヘビーメタルで才能を発揮し、スターになってしまう物語です。自分の性格とは真逆の分野で才能を発揮してしまったために、そのギャップに主人公は苦しめられますが、その様子がとてもコミカルに描かれているため、映画を見ている方は大爆笑をしてしまいます。主人公のバンドが演奏する曲の歌詞が過激で、主人公の想いとは真逆のことを表現しているため、見ている方は主人公を憐れに感じてしまう程です。

「モネ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

モネ・ゲームの紹介:2012年アメリカ映画。1966年の映画『泥棒貴族』のマイケル・ホフマン監督によるリメイクである。美術品鑑定士の男がパワハラ雇い主に復讐するため、モネの贋作を使って大金を巻き上げる計画を立てる。60年代の映画「泥棒貴族」を現代版にリメイクしたクライム・コメディ。
監督:マイケル・ホフマン  出演者:コリン・ファース(ハリー・ディーン)、キャメロン・ディアス(PJ・プズナウスキー)、アラン・リックマン(ライオネル・シャバンダー )ほか

「幕末高校生」のネタバレあらすじ結末

幕末高校生の紹介:2013年日本映画。スマートフォンアプリ「体感ヒストリー」をきっかけに、先生と生徒3人が江戸時代末期へとタイムスリップ。高校教師と生徒たちが、勝海舟や西郷隆盛などと対面しつつ、現代へと戻ろうと奔走する様子を描くSF時代劇。
監督:李闘士男 出演:玉木宏(勝海舟)、石原さとみ(川辺未香子)、柄本時生(高瀬雅也)、川口春奈(森野恵理)、千葉雄大(沼田慎太郎)、谷村美月(千代)、吉田羊(民子)、渡辺邦斗(宮川八郎)、井上肇(神田尚志)、中村育二(木下長行)、篠井英介(徳川慶喜)、嶋田久作(薩摩屋)、柄本明(柳田龍三)、隆大介(山下利蔵)、山崎銀之丞(新門辰五郎)、伊武雅刀(大崎則篤)、石橋蓮司(長英)、佐藤浩市(西郷隆盛)、ほか

「ホーム・アローン」のネタバレあらすじ結末

ホーム・アローンの紹介:1990年アメリカ映画。マコーレー・カルキン主演のドタバタ大人気クリスマスコメディシリーズの1作目。家族旅行の当日、一家は8歳の末っ子ケビンを忘れて家を出てしまう。取り残されたケビンはうるさい家族がいなくなったことを喜んでいるが、悪いことに2人組の泥棒が迫っていた。家を守るべくケビン少年は知恵を絞る。
監督:クリス・コロンバス 出演:マコーレー・カルキン(ケビン)、ジョー・ペシ(ハリー)、ダニエル・スターン(マーヴ)、ジョン・ハード(父ピーター)、ロバーツ・ブロッサム(マーリー老人)、キャサリン・オハラ(母ケイト)、デヴィン・ラトレイ(バズ)、ジョン・キャンディ(ガス・ポリンスキー)、ほか

「脳内ポイズンベリー」のネタバレあらすじ結末

脳内ポイズンベリーの紹介:2015年日本映画。水城せとなの原作コミック「脳内ポイズンベリー」を映画化。年下の男の子を好きになってしまった、ヒロイン・櫻井いちこと、その脳内にいる思考たちを擬人化した、新感覚・ラブストーリー。
監督:佐藤祐市 出演:真木よう子(櫻井いちこ)、西島秀俊(理性/議長(吉田))、古川雄輝(早乙女)、成河(越智さん)、吉田羊(ネガティブ(池田))、ほか

「変態小説家」のネタバレあらすじ結末

変態小説家の紹介:2012年イギリス映画。元童話作家で今は小説家として活躍するジャック。作品のためこれまで様々な凶悪殺人者を調べていく中、自身が誰かに命を狙われている錯覚に陥ってしまう。不眠が続きとうとう耐えきれなくなった彼はある日主治医に助けを求める。そして彼は主治医の提案により以前から自身が悩んでいた「コインランドリー恐怖症」に向き合うことになる。サイモン・ペッグ主演のホラーコメディ。

「JUNO/ジュノ」のネタバレあらすじ結末

JUNO/ジュノの紹介:2007年アメリカ映画。パンクが好きな16歳の女子高生のジュノ。興味本位で男友達のポーリーの子供を妊娠してしまう。最初は親に内緒でこっそり中絶しようと思うが、やがて生むことを決心。しかし自分には育てられないので、子供を欲しがっている夫婦を見つけ出し養子縁組を組むことにする9ヶ月間の成長を描いたヒューマンコメディ。ゴッサム映画祭、トロント国際映画祭上映作品。
監督: ジェイソン・ライトマン  出演者: エレン・ペイジ ( ジュノ )、 マイケル・セラ ( ポーリー )、 ジェニファー・ガーナー ( ヴァネッサ )、 ジェイソン・ベイトマン(マーク) ほか

「天使にラブ・ソングを2」のネタバレあらすじ結末

天使にラブ・ソングを2の紹介:1993年アメリカ映画。「天使にラブ・ソングを…」の続編で公開は1993年。前作の事件後、二流スターとしてラスベガスで活動するデロリスが、今度は高校の音楽クラスの不良生徒を相手に奮闘する。対立する中、学校閉鎖の危機を知ったデロリスと生徒たちは、学校存続のために聖歌隊を組んで、コンテスト出場を目指す。
監督:ビル・デューク 出演者:ウーピー・ゴールドバーグ(デロリス・ヴァン・カルティエ/シスター・メアリー・クラレンス)、マギー・スミス(聖キャサリン修道院長)、キャシー・ナジミー(シスター・メアリー・パトリック)、ウェンディ・マッケナ(シスター・メアリー・ロバート)、ローリン・ヒル(リタ・ルイス・ワトソン)、タニア・ブロント(タニア)、ライアン・トビー(ウェスリー・グレン・アマール・ジェームズ)、デヴィン・カミン(フランケイ)、ジェームズ・コバーン(クリスプ理事長)、バーナード・ヒューズ(モーリス神父)、ほか

「謎解きはディナーのあとで」のネタバレあらすじ結末

映画 謎解きはディナーのあとでの紹介:2013年日本映画。東川篤哉原作の小説『謎解きはディナーのあとで』を元にしたテレビドラマシリーズの映画版です。ドラマの続編という形になっていますが、テレビドラマ版「謎解きはディナーのあとで」を見てない人でも楽しめる内容になっています。シンガポールでロケが行われましたが、主に舞台は豪華客船の中でストーリが展開されています。驚くような話しの展開はありませんが、カンの良い人には分かってしまいますが、最後に少しびっくりするようなことがあります。嵐の櫻井翔と北川景子が笑えるポイントを含ませながら好演しています。あまり考えずにエンターテイメントとして楽しめる映画となっています。
監督:土方政人 出演:櫻井翔(影山)、北川景子(宝生麗子)、椎名桔平(風祭京一郎)、中村雅俊(藤堂卓也)、桜庭ななみ(藤堂凛子)、要潤(石川天明)ほか

「ジャッジ!」のネタバレあらすじ結末

ジャッジ!の紹介:2013年日本映画。国際広告祭の舞台裏をコミカルに描いたコメディー映画です。広告作りに情熱はあるものの、ドジで間抜けな広告代理店に勤める太田喜一郎が、国際広告祭の審査員の仕事を上司から押しつけられ奮闘する様子を面白おかしく描いています。広告祭には女性同伴で赴くことが必要と考え、同僚の女性、大田ひかりと広告祭に臨むことになりますが、ひかりは美しい女性ながら大変気が強く、喜一郎は良いように振り回されます。また、自社が出品した作品をを入賞させなければ、喜一郎は会社をクビになってしまうという事実を知ることとなり、必至の作戦を試みます。
監督:永井聡 出演:妻夫木聡(太田 喜一郎)、北川景子(大田 ひかり)、リリー・フランキー(鏡さん)、ほか

「TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ」のネタバレあらすじ結末

TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ(トゥー ヤング トゥー ダイ! わかくしてしぬ)の紹介:2016年日本映画。不慮の事故により一足先に地獄へ落ちた大助。そこでバンドを結成しているというキラーK達に出会いバンドの加入を勧められる。しかし大助にはやらなければいけないことがあった。生き返って憧れのあの子と再会するのだ。そうして地獄と現世を行き来するうち次第に大助の心境に変化が現れる。
監督:宮藤官九郎 出演:神木隆之介(大助)、長瀬智也(キラーK)、森川葵(ひろ美)、桐谷健太(COZY)、清野菜名(邪子)ほか

「私は王である!」のネタバレあらすじ結末

私は王である!の紹介:2012年の韓国映画。宮廷から逃げ出した気弱な王子が、自分と似ている 奴婢と姿を変える。それから民の暮らしを知ることで良き指導者となるため成長していく姿を描く。
監督: チャン・ギュソン 出演者:チュ・ジフン(忠寧/ドクチル)、イ・ハニ(スヨン)、イム・ウォンヒ(護衛兵士ヘグ)ほか

「男子高校生の日常」のネタバレあらすじ結末

男子高校生の日常の紹介:2013年日本映画。女子に免疫の無い男子高校生達が、合同文化祭を機に女子と交流しようと頑張る姿を描く。彼らの涙ぐましい努力はなかなか実を結ばない。それでも毎日を楽しく生きる男子高校生達の脱力系青春コメディ。
監督:松居大悟 出演者:菅田将暉(タダクニ)、野村周平(ヨシタケ)、吉沢亮(ヒデノリ)、岡本杏理(りんご)、山本美月(ヤナギン)ほか

「過速スキャンダル」のネタバレあらすじ結末

過速スキャンダルの紹介:2008年韓国映画。 韓国で初登場1位を記録し、830万人を動員した大ヒット映画。存在も知らなかった娘がある日自分の息子と一緒に現れた。それから始まった3人の同居生活。
監督: カン・ヒョンチョル 出演者:チャ・テヒョン(ナム・ヒョンス)、パク・ボヨン(ファン・ジョンナム)、ワン・ソクヒョン(ファン・ギドン)ファンウ・スレ(保育士)ほか

1 54 55 56 57 58 59 60 61 62 68

キーワードから探す

TOP↑