ドラマ映画のあらすじ

「モンテーニュ通りのカフェ」のネタバレあらすじ結末

モンテーニュ通りのカフェの紹介:2006年フランス映画。各界のセレブ御用達のカフェには悩みを抱えるお客がいた。新人の給仕ジェシカと関わるうちに彼らは少しずつ悩みに向き合い始める。
監督:ダニエル・トンプソン 出演:セシル・ドゥ・フランス(ジェシカ)、ヴァレリー・ルメルシェ(カトリーヌ・ヴェルセン)、アルベール・デュポンテル(ジャン=フランソワ・ルフォール)、クロード・ブラッスール(ジャック・グランベール)、クリストファー・トンプソン(フレデリック・グランベール)、ダニ(クローディ)、ほか

「繕い裁つ人」のネタバレあらすじ結末

繕い裁つ人の紹介:2014年日本映画。しあわせのパンの三島有紀子監督が、服をテーマに人々のつながりと心模様を、繊細に描き出す。頑固な洋裁店主は中谷美紀が好演。
監督/三島有紀子 出演者/中谷美紀、三浦貴大、片桐はいり、中尾ミエ、伊武雅刀、黒木華ほか

「パッション」のネタバレあらすじ結末

パッションの紹介:2004年アメリカ,イタリア映画。イエスキリストの十字架までの12時間と、復活までを描いた作品で、本作は全編をアラム語などの古代語を使って撮影され、アメリカで大ヒットを記録しました。
監督:メル・ギブソン 出演:ジム・カヴィーゼル、マヤ・モルゲンステルン、モニカ・ベルッチ、ルカ・リオネットほか

「ロッキー・ザ・ファイナル」のネタバレあらすじ結末

ロッキー・ザ・ファイナルの紹介:2006年アメリカ映画。シルヴェスター・スタローン監督・主演・脚本のロッキーシリーズ6作目。第1作目から30年を経てシリーズ完結編となる。ロッキーシリーズが16年ぶりに復活を果たし、再び原点に戻り、老いながらも決して諦めないという内容に心が打たれる作品となっています。
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン、パート・ヤング、ン・ヒューズ、アントニオ・ターバーほか

「ロッキー5/最後のドラマ」のネタバレあらすじ結末

ロッキー5/最後のドラマの紹介:1990年アメリカ映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のロッキーシリーズ5作目。ロッキーの完結編として制作されましたが内容はさんさんたるものだったため、興行成績はシリーズで最低を記録する結果となりました。ラズベリー賞10部門中の7部門ノミネート。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
・出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア 、パート・ヤング、トミー・モリソンほか 挿入歌:Gonna Fly Now、 Mickey

「ロッキー3」のネタバレあらすじ結末

ロッキー3の紹介:1982年アメリカ映画。シルヴェスター・スタローン監督・主演・脚本のロッキーシリーズ3作目。ロッキー3はロッキーシリーズの人気を決定的にした作品で、綺麗な筋肉を見せたスタローンは前2作とは異なる印象の強いロッキーを表現しています。
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン 、タリア・シャイア 、パート・ヤング、カール・ウェザーズほか 挿入歌:アイ・オブ・ザ・タイガー

「ロッキー2」のネタバレあらすじ結末

ロッキー2の紹介:1979年アメリカ映画。前作のロッキーを経て大スターとなったスタローンが制作、監督、主演と三役をこなしたロッキーシリーズ2作目の映画で、ファイトシーンの壮絶さから大ヒットを記録します。
監督:シルヴェスター・スタローン 出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、パート・ヤング、カール・ウェザーズほか 挿入歌: Rocky II

「ロッキー」のネタバレあらすじ結末

ロッキーの紹介:1976年アメリカ映画。シルヴェスター・スタローン主演・脚本のロッキーシリーズ1作目。無名時代のシルヴェスタースタローンが脚本を書き上げた作品で、本作は彼を大スターにさせた一本となり、作品内容との偶然は誰もが驚きました。第49回アカデミー賞作品賞、第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞受賞作品。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、パート・ヤング、カール・ウェザース 挿入歌: Gonna Fly Now

「イン・ハー・シューズ」のネタバレあらすじ結末

イン・ハー・シューズの紹介:2005年アメリカ映画。互いに異なるコンプレックスを持った正反対の姉妹が、自分を見つめ直す中で、それぞれのコンプレックスを克服し、自分にとっての幸せを見つけ出す女性の成長を描いた感動作「イン・ハー・シューズ」。
監督:カーティス・ハンソン 出演:キャメロン・ディアス(妹 マギー)、トニ・コレット(姉 ローズ)、シャーリー・マクレーン(祖母 エラ)、マーク・フォイアスタイン(ローズの婚約者 サイモン)ほか。

「武士の家計簿」のネタバレあらすじ結末

武士の家計簿の紹介:2010年日本映画。激動の幕末を、算術の力で生き抜いた主人公と、それを支えた家族の絆を描いた作品。実話をもとにしており、借金返済に奔走する猪山家の人々を、ときにユーモラスに、あたたかい目線で描いた感動作です。
監督:森田芳光 出演 :堺雅人(猪山直之)、仲間由紀恵(お駒)、松坂慶子(直之の母)、中村雅俊(直之の父)、伊藤祐輝(直之の子、元服後)、大八木凱斗(直之の子、元服前)ほか

「フラガール」のネタバレあらすじ結末

フラガールの紹介:2006年日本映画。常盤ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生の軌跡を描いた、実話をもとにした感動作。男性優位の炭鉱の町で、フラダンスを通じて女性の自己実現を成し遂げたフラガール達の若い生命力と希望に満ち溢れる姿は、新しい時代の幕開けを感じさせ、観るものに爽やかな感動を与えます。第30回日本アカデミー賞最優秀賞作品賞受賞作品。
監督:李相日 出演:蒼井優(紀美子)、松雪泰子(まどか)、山崎静代(小百合)、豊川悦司(紀美子の兄)、岸部一徳(吉本)、富司純子(紀美子の母)ほか

「おくりびと」のネタバレあらすじ結末

映画 おくりびとの紹介:2008年日本映画。死という誰にでも起こりうる最期の時に立ち会う納棺師という職業をテーマに、おくりびと(納棺師)として働く主人公の葛藤や成長を描いた映画。生と死、家族の絆、愛する人との別れについて、深く考えさせられる名作です。おくりびとは第81回アカデミー賞外国語映画賞受賞作品です。
監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘(大悟)、広末涼子(大悟の妻)、山崎努(社長 佐々木)、余貴美子(事務員)ほか

「スチュアート・リトル2」のネタバレあらすじ結末

スチュアート・リトル2の紹介:2002年アメリカ映画。養護施設から貰われてきてから2年、リトル家には新しい家族がまた増えていた。ジョージとスチュワートに、妹ができていた。スチュワートは学校へ通うようになっていた、そんなある日タカに追われて傷ついた小鳥のマーガロに出会う。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:スチュアート・リトル(声)マイケル・J・フォックス/藤原竜也、マーガロ(声)メラニー・グリフィス/島本須美、ジーナ・デイヴィス、ヒュー・ローリーほか
     ジョナサン・リプニッキ

「スチュアート・リトル」のネタバレあらすじ結末

スチュアート・リトルの紹介:1999年アメリカ映画。ニューヨークの大きなビルに囲まれた場所に、小さな一軒家を構えている「リトル家」に新しい家族が増える。「弟が欲しい」と言うジョージの為に、養子をとる事を決めたリトル夫妻が養護施設で見つけた子は、なんとネズミの「スチュワート」だった。
監督:ロブ・ミンコフ 出演:スチュアート・リトル(声 マイケル・J・フォックス、藤原竜也、三ツ矢雄二)、ジョナサン・リプニッキ、ヒュー・ローリー、ジーナ・デイヴィス、スノーベル(声 ネイサン・レイン、恵俊彰、内田直哉)ほか

「若草物語(1949年)」のネタバレあらすじ結末

若草物語(1949年)の紹介:1949年アメリカ映画。四人の美しい姉妹がアメリカのニューイングランドで共に暮らす日々を綴ったルイザ・メイ・オルコットの「若草物語」の小説を映画化した。銀幕で活躍した人気女優が四人揃った他、脇を固める名優達の演技や豪華な美術にも注目。愛情にあふれた良い映画です。
監督 :マーヴィン・ルロイ 出演:Jo・ ジューン・アリソン、Laurie・ピーター・ローフォード、Beth・マーガレット・オブライエン、Amy・エリザベス・テイラー、Meg・ジャネット・リー、Professor_Bhaer・ロッサノ・ブラッツィほか

キーワードから探す

TOP↑