映画のあらすじ

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のネタバレあらすじ結末

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの紹介:2014年アメリカ映画。マーベル映画。ピーター・クイル率いるガーディアンズが、宇宙規模で戦いを繰り広げる。強大な威力を持つ「オーブ」をかけて悪者と戦う彼らは、銀河を守ることができるのか?笑いあり、涙ありの最凶アクション超大作!
監督:ジェームズ・ガン 出演者:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デビッド・バウティスタ、ブラッドレイ・クーパー、ヴィン・ディーゼル他

「奇跡」のネタバレあらすじ結末

奇跡の紹介:2011年日本映画。「あなたもきっと、誰かの奇跡」。是枝裕和監督が九州新幹線全線開通をきっかけに製作した傑作。両親の離婚が原因で離れ離れになった兄弟が新幹線がすれ違う場所で再び会おうと冒険に出るが…。
監督:是枝裕和 出演:前田航基(大迫航一(兄))、前田旺志郎(木南龍之介(弟))、林凌雅(福元佑)、永吉星之介(太田真)、内田伽羅(有吉恵美)、橋本環奈(早見かんな)、磯邊蓮登(磯邊蓮登)、大塚寧々(大迫のぞみ)、オダギリジョー(木南健次)、夏川結衣(有吉恭子)、長澤まさみ(三村幸知先生)、阿部寛(坂上守先生)、原田芳雄(山本亘)、樹木希林(大迫秀子)、橋爪功(大迫周吉)、ほか

「コーヒーをめぐる冒険」のネタバレあらすじ結末

2012年ドイツ映画 監督:ヤン・オーレ・ゲルスター 出演:トム・シリング、フリーデリッケ・ペンプター、マルク・ホーゼマン、カタリーナ・シュットラーほか
朝のコーヒーを飲み損ねたことから始まるある青年のついてない1日をスタイリッシュなモノクロ映像とジャズに乗せて描くベルリンを舞台にしたコメディ。

「脳男」のネタバレあらすじ結末

『脳男』の紹介:2013年日本映画。首藤瓜於による日本の推理小説を映画化された作品です。生田斗真さんが主演です。連続殺人事件を起こす感情を持たず、痛みも感じないという、謎の青年を巡るサスペンス作品です。
監督:瀧本智行  出演:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜ほか

「イン・ザ・ヒーロー」のネタバレあらすじ結末

イン・ザ・ヒーローの紹介:2014年日本映画。特撮作品などで、ヒーローや怪獣スーツなどの着ぐるみを着て演技をするスーツアクターに焦点を当てたヒューマン・アクションドラマです。「オレがやらなきゃ誰も信じなくなるぜ。夢は必ず叶うってことを」というキャッチコピーで、スーツアクター一筋のベテラン俳優と新人若手俳優との心の交流、スポットが当たることはないが作品に命と懸けるスーツアクターたちの生き様とその業界の内部を描いています。福士蒼汰はこれで第38回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しました。
監督:武正晴 出演:唐沢寿明(本城渉)、福士蒼汰(一ノ瀬リョウ)、黒谷友香(大芝美咲)、寺島進(海野吾郎)、草野イニ(真鍋満)、日向丈(森田真澄)、小出恵介(門脇利雄)、杉咲花(元村歩)、ほか

「マジック・イン・ムーンライト」のネタバレあらすじ結末

2014年アメリカ・イギリス合作 監督:ウディ・アレン 出演:アイリーン・アトキンス、コリン・ファース、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ハミッシュ・リンクレイター、サイモン・マクバーニーほか
マジック・イン・ムーンライトの紹介:誰に対しても卑屈ばかりを口にする世界的マジシャンのスタンリーは、霊能力者と信じられているソフィーのインチキを暴く為にコート・ダジュールへ出かける。彼女に疑いを持ちながらも、素直でまっすぐなソフィーの笑顔に惹かれて行く。ウッディ・アレン監督が1920年代の南仏リゾート地を舞台に描くロマンティックコメディ。

「マエストロ!」のネタバレあらすじ結末

映画マエストロ!の紹介:2015年日本映画。名門オーケストラの再結成をめぐり舞台裏で繰り広げられる若きバイオリニストと謎の中年指揮者の真剣勝負を描く。「コドモのコドモ」「神童」などのさそうあきら原作コミック「マエストロ」を実写映画化。
監督:小林聖太郎 原作:さそうあきら 出演:松坂桃李(香坂真一 / 第1ヴァイオリン/コンサートマスター)、miwa(橘あまね / フルート)、古舘寛治(阿久津健太朗 / ヴィオラ)、大石吾朗(村上伊佐夫 / 第1ヴァイオリン)、濱田マリ(谷ゆきえ / 第2ヴァイオリン)、河井青葉(榊涼子 / チェロ)、池田鉄洋(今泉徹 / コントラバス)、モロ師岡(鈴木稔 / フルート)、村杉蝉之介(可部直人 / クラリネット)、小林且弥(伊丹秀佳 / オーボエ)、中村倫也(丹下浩 / ティンパニ)、斉藤暁(一丁田薫 / ホルン)、嶋田久作(島岡脩三 / ホルン)、松重豊(相馬宏明 / オペラハウスのマネージャー)、西田敏行(天道徹三郎 / 指揮者)、ほか

「ストロボ・エッジ」のネタバレあらすじ結末

映画ストロボ・エッジの紹介:2015年日本映画。最強の片想いコミック「ストロボ・エッジ」が福士蒼汰と有村架純主演で映画化。高校生の仁菜子は、通学電車で出合った同級生一ノ瀬蓮を好きになるが彼には年上の恋人がいる為、友達扱いされ…
監督:廣木隆一 出演:福士蒼汰/有村架純/山田裕貴/佐藤ありさ/入江甚儀/黒島結菜 ほか

「STAND BY ME ドラえもん」のネタバレあらすじ結末

STAND BY ME スタンドバイミー ドラえもんの紹介:2014年日本映画。国民的漫画『ドラえもん』の原作者、藤子・F・不二雄の生誕80周年記念作品として製作されたシリーズ初のフル3DCGアニメーション作品です。原作の数あるエピソードの中から「のび太の結婚前夜」「さようなら、ドラえもん」などファンの人気が高い7つのエピソードを厳選、新解釈を加えて再構築しました。ドラえもんのはじまりのストーリー、ドラえもんとのび太との出会いと別れ、そしてその先にあることを描きます。本作はドラえもんの映画シリーズとしては最大のヒットとなる興行収入83億円を売り上げ、秦基博が歌う主題歌『ひまわりの約束』もヒットしました。2020年11月には『STAND BY ME ドラえもん2』が公開。
監督:山崎貴、八木竜一 声の出演:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、松本さち(セワシ)、萩野志保子(出来杉)、三石琴乃(のび太の母)、松本保典(のび太の父)、田原アルノ(しずかの父)、竹内都子(ジャイアンの母)、山崎バニラ(ジャイ子)、高木渉(先生)、妻夫木聡(のび太(青年時代))ほか

「赤い影」のネタバレあらすじ結末

赤い影の紹介:1983年イギリス・イタリア合作。ダフネ・デュ・モーリア原作の「今は見てはいけない」をヒッチコック監督が映画化。終始不安にさせる演出と不気味なストーリー、夫婦の濃厚なセックスシーンが話題を呼びました。原作と比べかなりヒッチコック監督のアレンジが強い作品だと感じます。
監督:ニコラス・ローグ 出演:ジュリー・クリスティ、ドナルド・サザーランド、ヒラリー・メイソン、クレリア・マターニア、マッシモ・セラートほか

「ヒア アフター」のネタバレあらすじ結末

ヒア アフターの紹介:2010年アメリカ映画。巨匠クリント・イーストウッド監督がスティーヴン・スピルバーグを製作総指揮に迎えて贈るヒューマンドラマです。霊能力者、津波で臨死体験をした女性ジャーナリスト、双子の兄を失くした弟、死後の世界に囚われた3人の物語が展開されます。
監督:クリント・イーストウッド 出演者:マット・デイモン(ジョージ・ロネガン)、セシル・ドゥ・フランス(マリー・ルレ)、フランキー・マクラレン/ジョージ・マクラレン(マーカス/ジェイソン)、ジェイ・モーア(ビリー・ロネガン)、ブライス・ダラス・ハワード(メラニー)ほか

「カーズ」のネタバレあらすじ結末

カーズの紹介:2006年アメリカ映画。ピクサーが贈る人気アニメーションシリーズの第1弾カーズです。車や乗り物が擬人化された世界で、レースに情熱を掛ける若きスポーツカーの友情や恋、成長などを描いています。
監督:ジョン・ラセター 声の出演:オーウェン・ウィルソン(ライトニング・マックィーン)、ラリー・ザ・ケーブル・ガイ(メーター)、ボニー・ハント(サリー)、ポール・ニューマン(ドック・ハドソン)、トニー・シャルーブ(ルイジ)ほか

「タイヨウのうた」のネタバレあらすじ結末

映画タイヨウのうたの紹介:2006年日本映画。XPという紫外線に当たることのできない病気をかかえたYUI演じる雨音薫(あまねかおる)が、塚本高史演じる藤代孝治(ふじしろこうじ)と出会うことで、諦めていた恋や生きることに必死で向き合っていく物語。
監督:小泉 徳宏 出演者:YUI、塚本高史、麻木久仁子、岸谷五朗、通山愛里ほか

「ルアーヴルの靴みがき」のネタバレあらすじ結末

ル・アーヴルの靴みがきの紹介:2012年フィンランド/フランス/ドイツ映画。アキ・カウリスマキ監督が、北フランスの小さな港町ル・アーヴルの裏通りを舞台に人々を描く人情ドラマの傑作。
監督:アキ・カウリスマキ 出演:アンドレ・ウィルム、カティ・オウティネン、ジャン=ピエール・ダルッサン、ブロンダン・ミゲル、エリナ・サロほか

「テルマエ・ロマエ2」のネタバレあらすじ結末

テルマエ・ロマエ IIの紹介:2014年日本映画。ローマ時代の浴場設計技師ルシウスが再び平たい顔族の世界にタイムスリップするテルマエロマエ2作目の映画。戦争の危機を救えるのか。阿部寛と上戸彩が共演のヒットコメディ第2弾。
監督:武内英樹 原作:ヤマザキマリ 出演者:阿部寛(ルシウス)、上戸彩(山越真実)、北村一輝(ケイオニウス)、竹内力(館野)、宍戸開(アントニヌス)、笹野高史(山越修造)、市村正親(ハドリアヌス)、キムラ緑子(山越由美)、勝矢(マルクス)、曙(アケボニウス)、琴欧洲(コトオウシュヌス)、松島トモ子(峰子)、白木みのる(ラーメン屋店主)、ほか

1 819 820 821 822 823 824 825 826 827 830

キーワードから探す

TOP↑