「オーロラの彼方へ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/11掲載

オーロラの彼方への紹介:2000年アメリカ映画。無線を拾った男が死んだ父と連絡し、父の死亡を回避するも今度は母が殺害されて死亡し、それを阻止するために父と息子が協力するファンタジー映画です。
監督:グレゴリー・ホブリット 出演: デニス・クエイド(フランク・サリヴァン)、ジム・カヴィーゼル(ジョン・サリヴァン)、ショーン・ドイル(ジャック・シェパード)、エリザベス・ミッチェル(ジュリア・サリヴァン)、アンドレ・ブラウアー(サッチ・デレオン)、ノア・エメリッヒ(ゴード・ハーシュ)ほか

「黄泉がえり」のネタバレあらすじ結末

2016/03/11掲載

黄泉がえりの紹介:2002年日本映画。死んだはずの人間がよみがえるという「黄泉がえり(よみがえり)」をテーマに、愛する人の死と残された者の想いにスポットをあてたラブ・ファンタジー。
監督:塩田明彦 出演:草なぎ剛(川田平太)、竹内結子(橘 葵)、石田ゆり子(玲子)、哀川翔(周平)、山本圭壱(中島英也)、伊東美咲(斎藤幸子)、長澤まさみ(森下直美)、市原隼人(山田克則)、RUI(RUI)、伊勢谷友介(俊介)ほか

「リトル・マーメイド2」のネタバレあらすじ結末

2016/03/11掲載

リトル・マーメイド2 Return to the Seaの紹介:2000年アメリカ映画。この作品は、「リトル・マーメイド」の続編として作成された、ディズニー長編アニメーションです。前作で結ばれた、元人魚アリエルと人間エリックの間に生まれた娘メロディが主人公として登場します。アリエルが陸に憧れたように、彼女は海に憧れを抱き、魔女の罠に巻き込まれていきます。メロディは、冒険を通して、何を知り、何を得るのでしょうか。
監督:ジム・カマラッド 出演:メロディ(タラ・シャレンドフ/中山エミリ)、モルガナ(パット・キャロル/久本雅美)、アリエル(ジョディ・ベンソン/すずきまゆみ)、ティップ(マックス・カセラ/高木捗)、ダッシュ(スティーブン・ファースト/茶川林)ほか

「リトル・マーメイド」のネタバレあらすじ結末

2016/03/11掲載

リトル・マーメイド/人魚姫の紹介:1989年アメリカ映画。この作品は、海に暮らす人魚と人間の恋を描いた、アンデルセン「人魚姫」をモチーフに、ディズニーが制作した、長編アニメーション映画です。プロードウェイや劇団四季で、舞台化上演される人気作品です。人間に恋した人魚アリエルは、魔女と「声」を引き換えに人間の足を手に入れます。彼女は、3日以内に真実のキスをしなければ、魔女に全てを奪われてしまいます。アリエルは、恋した相手と結ばれることができるのでしょうか。
監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ 出演:アリエル(ジョディ・ベンソン/すずきまゆみ)、セバスチャン(サミュエル・E・ライト/上篠恒彦)、アースラ(パット・キャロル/森公美子)、エリック(クリストファー・ダニエル・バーンズ/井上和彦)、フランダー(ジェイソン・マリン/大友大輔)ほか

「60セカンズ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/10掲載

60セカンズの紹介:2000年アメリカ映画。元窃盗団の男と仲間たちが繰り広げる物語で、車好きにはたまらない多くの車、そして激しいカーチェイスが見ものの映画となっています。
監督 :ドミニク・セナ 出演:ニコラス・ケイジ、ジョヴァンニ・リビシ、アンジェリーナ・ジョリー、T・J・クロス、ウィリアム・リー・スコット、スコット・カーン、ジェームズ・デュヴァル、ウィル・パットンほか

「17歳のカルテ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/10掲載

17歳のカルテの紹介:1999年アメリカ映画。スザンナケイセンの回顧録を元に映画化した作品で、精神病院に入院した少女たちの葛藤が描かれており、今作ではアンジェリーナジョリーがアカデミー賞助演女優賞を受賞しています。
監督 :ジェームズ・マンゴールド 出演:ウィノナ・ライダー(スザンナ)、アンジェリーナ・ジョリー(リサ)、クレア・デュヴァル(ジョージーナ)、ウーピー・ゴールドバーグ(ヴァレリー)、ジャレッド・レトー(トビー)ほか

「ブエノスアイレスの夜」のネタバレあらすじ結末

2016/03/10掲載

ブエノスアイレスの夜の紹介:2001年アルゼンチン,スペイン映画。トラウマのせいで異性と触れ合えないカルメンは、ある若い男の声に恋をした。しかし真実は彼女が固く閉ざしたはずの過去に繋がっていた。衝撃的な結末が切ない作品。
監督フィト・パエス 出演:セシリア・ロス(カルメン)、ガエル・ガルシア・ベルナル(グスタボ)、ルイス・シエンブロウスキー(アレハンドロ)、ドロレス・フォンシ(アナ)、カローラ・レイナ(ロクサーナ)、エクトル・アルテリオ(カルメンの父)、チュンチューナ・ヴィラファーネ(カルメンの母)、リト・クルス(ベルトリーニ海軍大佐)ほか

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

2016/03/10掲載

ALWAYS 続・三丁目の夕日(オールウェイズ 続・三丁目の夕日)の紹介:2007年日本映画。オールウェイズ第一作目に次ぐ東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々のその後の様子が描かれています。それぞれに前作より成長した登場人物の活き活きとした暮らしぶりにふれることができます。前回建設中だった東京タワーが完成し、クライマックスでは登場人物たちが東京タワーから景色を眺める様子を見ることができます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

2016/03/09掲載

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ 三丁目の夕日)の紹介:2005年日本映画。昭和33年の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の人情に溢れた人間関係と新しい時代へ向かって前進していこうという人々の心意気をあたたかく描いています。建設中の東京タワーが時代の移り変わりを象徴するような存在で背景に映し出されているのが特徴的です。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「キリング・ミー・ソフトリー」のネタバレあらすじ結末

2016/03/09掲載

キリングミーソフトリーの紹介:2001年アメリカ映画。中国の映画監督であるチェンカイコー監督が初のハリウッド進出を果たした映画で、ある女性が追いかけた男性は、実は別の顔があるというサスペンス作品となっています。
監督 :チェン・カイコー 出演:ヘザー・グレアム(アリス)、ジョセフ・ファインズ(アダム)、ナターシャ・マケルホーン(デボラ)、イアン・ハート(ダニエル)ほか

「ティンカー・ベル」のネタバレあらすじ結末

2016/03/09掲載

ティンカー・ベルの紹介:2008年アメリカ映画。それは、世界で一番有名な妖精の、誰も知らない秘密の物語…」というキャッチコピーで制作された、ティンカーベルのCGアニメです。春を届ける妖精達の国に生まれたティンカーベルは、自分のもの作りの才能を否定してしまいます。自分には、別の才能があるのでは?と行動する彼女ですが、空回りしてばかり。ティンカーベルは、自分と向き合うことができるのか。そして、妖精達は無事に春を届けることができるのでしょうか。
監督:ブラッドリー・レイモンド 出演:ティンカーベル(メイ・ホイットマン/深町彩里)、フェアリーメアリー(ジェーン・ホロックス/山像かおり)、テレンス(ジェシー・マッカートニー/細谷佳正)、ヴィディア(パメラ・アドロン/朴璐美)、クラリオン女王(アンジェリカ・ヒューストン/高島雅羅)ほか

「ピーター・パン2」のネタバレあらすじ結末

2016/03/09掲載

ピーターパン2/ネバーランドの秘密の紹介:2002年アメリカ映画。この作品は、「ピーターパン」の続編として制作されたアニメーション映画です。第2次世界大戦中のロンドンで、夢見ることを忘れた少女ジェーンが、母ウェンディと間違えられてネバーランドへ攫われてしまいます。彼女は、ピーター・パンやロストボーイ達との冒険の中で、何を得るのでしょうか。
監督:ロビン・バッド、ドノヴァン・クック 声の出演:ジェーン・ダーリング(ハリエット・オーウェン/上戸彩)、ピーター・パン(ブレイン・ウィーバー/林勇)、フック船長(コーリー・バートン/内田直哉)、ミスター・スミー(ジェフ・ベネット/熊倉一雄)、ダニー・ダーリング(アンドリュー・マクドノゥ/小倉裕大)ほか

「ピーター・パン (1953)」のネタバレあらすじ結末

2016/03/08掲載

ピーター・パン (1953年)の紹介:1953年アメリカ映画。この作品は、戯曲をもとに制作された、アニメーション長編映画です。ウェンディたち姉弟のもとに、永遠の子供ピーターパンが現れ、ネバーランドへと冒険に旅立ちます。人魚たちとの出会いや、インディアンとの抗争、宿敵フック船長との戦い、そして空を自由に飛ぶ姿は、映画を見る子供達の永遠の憧れです。
監督:ウィルフレッド・ジャクソン/ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ 声の出演:ピーター・パン(ボビー・ドリスコール/後藤真寿美)、ウェンディ・ダーリング(キャサリン・ボーモント/土井美香)、フック船長(ハンス・コンリード/江原正士)、ミスター・スミー(ビル・トンプソン/牛山茂)、ジョン・ダーリング(ポール・コリンズ/池田真)、マイケル・ダーリング(トミー・ラスク/下川久美子)ほか

「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のネタバレあらすじ結末

2016/03/08掲載

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たちの紹介:1978年日本映画。イスカンダルへの1年間の航海を終え、放射能除去装置を地球に持ち帰り地球の危機を救った宇宙戦艦ヤマトとそのクルー達であったが、それから1年経過して地球は復興し、過去の闘いのことは忘れつつあった。その中でアンドロメダの彼方、ウミヘビ座の方向から迫る「白色彗星」という新たな脅威、それを警告するテレザート星のテレサの通信に耳を傾けたのは旧ヤマトのクルー達だけだった。
監督:舛田利雄、松本零士 声の出演:納谷悟朗(沖田十三)、富山敬(古代進)、仲村秀生(島大介)、麻上洋子(森雪)、神谷明(加藤三郎)、野村信次(真田志郎)、伊武雅之(デスラー総統)、永井一郎(徳川彦佐衛門/佐渡酒造)、安原義人(太田健二郎)ほか

「重力ピエロ」のネタバレあらすじ結末

2016/03/08掲載

重力ピエロの紹介:2009年日本映画。伊坂幸太郎の同名小説『重力ピエロ』を原作とした作品。仙台市に住む奥野家には弟・春の出生に関わる秘密がありました。兄の泉水は春とともに街で頻発している放火犯を捕まえようとしますが、春がその犯人ではないかという疑惑が持ち上がります。
監督:森淳一 出演:奥野泉水(加瀬亮)、奥野春(岡田将生)、奥野正志(小日向文世)、奥野梨江子(鈴木京香)、葛城(渡辺篤郎)、夏子さん(吉高由里子)ほか

1 430 431 432 433 434 435 436 437 438 498
TOP↑