「息もできない」のネタバレあらすじ結末

2016/01/24掲載

息もできないの紹介:2008年韓国映画。取り立て屋の主人公、キム・サンフンと女子高生のヨニの恋愛ストーリーです。取り立て屋のリアルな描写とその男の心をひく女子高生が恋にはまっていくところが見所です。
監督・主演:ヤン・イクチュン 出演者:キム・コッピ、チョン・マンシク、オ・ジョンセ
パク・ビョンウンほか

「ムーラン」のネタバレあらすじ結末

2016/01/23掲載

ムーランの紹介:1998年ディズニーアニメ。この作品は、ディズニーが中国の伝説「花木蘭」をモチーフに制作した、アニメーションです。中国を舞台にしたアニメーションは、ディズニーでは初めてであり、制作技術など含め、ディズニー・ルネッサンスとも呼ばれています。日本では、あまり馴染みのない作品ですが、アニー賞作品賞を受賞した、海外では評判の高い作品です。父親を守るために、男装をして軍隊に入隊したムーランは、無事に家に戻ることはできるのか。女性であるハンデを、頭脳で切り抜ける、ムーランの活躍が魅力的です。
監督:トニー・バンクロフト、バリー・クック 出演:ムーラン(ミン・ナ/すずきまゆみ)、ムーシュ(エディ・マーフィ/山寺宏一)、シャン(B.D.ウォン/園岡新太郎)、シャン・ユー(ミゲラ・フェラー/藤岡宏、)、ファ・ズー(スーン=テック・オー/大塚周夫)ほか

「アナスタシア」のネタバレあらすじ結末

2016/01/23掲載

アナスタシアの紹介;1997年アメリカ映画。この作品は、ロシアを舞台に、行方不明の「アナスタシア皇女」を巡り、一人の少女の運命が変わる物語です。純粋に家族との再会を望む皇太后や、褒美を狙う詐欺師、自分の生い立ちを知りたい記憶喪失の少女、王家を狙う魔術師など、様々な思惑が入り乱れながら、少女はどう決断するのか。アナスタシア伝説を元にした、アニメ映画です。
監督:ドン・ブルース/ゲイリー・ゴールドマン 出演:アナスタシア皇女・アーニャ(メグ・ライアン/白木美貴子)、ディミトリ(ジョン・キューザック/石川禅)、ラスプーチン(クリストファー・ロイド/壌晴彦)、マリー皇太后(アンジェラ・ランズベリー/此島愛子)、バルトーク(ケルシー・グラマー/石田圭祐)ほか

「ディープブルー」のネタバレあらすじ結末

2016/01/22掲載

ディープブルーの紹介:1999年アメリカ映画。ディープ・ブルーの紹介:パニック映画ではおなじみとなった「サメ」に襲われる映画。金字塔となったジョーズから一歩新しいサメ映画へと進んでいくこととなる作品。今度のサメは遺伝子操作で脳が肥大している。そう、獰猛で俊敏な上に知能も高いサメになっているのである。嵐で海の真ん中の実験場に取り残された主人公たちは無事に朝を迎えることが出来るのか。名優サミュエル・L・ジャクソンが割が脇を固める。
監督:レニー・ハーリン 出演:スーザン(サフロン・バロウズ)、カーター(トーマス・ジェーン)、ラッセル(サミュエル・L・ジャクソン)、ジャニス(ジャクリーン・マッケンジー)、ブリーチャー(LL・クール・J)ほか

「鍵泥棒のメソッド」のネタバレあらすじ結末

2016/01/22掲載

鍵泥棒のメソッドの紹介:2012年日本映画。堺と香川のかけあいがおもしろく、Wヒロイン広末涼子+森口瑤子とのやり取りが痛快なアクションコメディ。予想外の展開が繰り広げられる一瞬でも目が離せないストーリー展開を持つ作品。
監督:内田けんじ 出演: 堺雅人(桜井武史)、香川照之(コンドウ/山崎信一郎)、広末涼子(水嶋香苗)、荒川良々(工藤純一)、森口瑤子(井上綾子)ほか

「ピンクとグレー」のネタバレあらすじ結末

2016/01/21掲載

ピンクとグレーの紹介:2015年日本映画。大人気スター・白木蓮吾が、自殺をするシーンから始まる。彼の死体第一発見者は、白木の親友、河田大貴。そして、首を吊った白木蓮吾の側には、6通の遺書が…。
監督:行定勲 出演者:中島裕翔(白木蓮吾)、菅田将暉(河田大貴)、夏帆(サリー)、小林涼子、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、柳楽優弥ほか

「ファインディングニモ」のネタバレあらすじ結末

2016/01/21掲載

ファインディングニモの紹介:2003年ディズニー・ピクサーアニメ。この作品は、第76回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞した、ディズニーとピクサーによる映画です。海に暮らす魚の世界を舞台に、カクレクマノミの親子がそれぞれに冒険をして行きます。人間に捕まってしまった息子ニモを探すために、旅に出た父マーリンと、人間の元で逃げ出そうとするニモ。2匹は再び会うことができるのでしょうか。
監督:アンドリュー・スタントン/リー・アンクリッチ 出演:マーリン(アルバート・ブルックス/木梨憲武)、ドリー(エレン・デジュネレス/室井滋)、ニモ(アレクサンダー・グールド/宮谷恵多)、ギル(ウィレム・デフォー/山路和弘)、ナイジェル(ジェフリー・ラッシュ/後藤哲夫)ほか

「モンスターズインク」のネタバレあらすじ結末

2016/01/20掲載

モンスターズインクの紹介:2001年アメリカ。ディズニー・ピクサーのCGアニメ映画。人間の子供の悲鳴をエネルギーに変換し、生活をするモンスターの世界。そこでは、子供は危険な存在と恐れられていましたが、ひょんなことから人間の子供が紛れ込んでしまいます。サリーとマイクは、無事に女の子を帰すことができるのでしょうか。
監督:ビート・ドクター 出演:サリー(ジョン・グッドマン/石塚英彦)、マイク(ビリー・クリスタル/田中裕二)、ブー(メアリー・ギブス/井上愛里)、ランドール(スティーブ・ブシェミ/青山穣)、ウォーターヌース(ジェームズ・コバーン/大平透)ほか

「ミクロキッズ」のネタバレあらすじ結末

2016/01/20掲載

ミクロキッズの紹介:1989年アメリカ映画。サリンスキー家の父ウェインは発明家で、物質を小さくする装置を屋根裏部屋で作っていた。しかし装置は完成するどころか、失敗の毎日だった。そんなある日、ひょんな事から装置が完成してしまうが、その事で大事件が発生する。
監督:エド・ナハ 出演者:リック・モラニス、ロバート・オリヴェリ、エミー・オニール、トーマス・ブラウン、ジャレッド・ラシュトンほか

「ウォーターホース」のネタバレあらすじ結末

2016/01/19掲載

ウォーターホースの紹介:2007年アメリカ映画。スコットランドに伝わる伝説の海獣ウォーターホースと少年の心温まる友情を描くファンタジー作品。旅行で来ていた男女は壁に飾られた「ネッシー」の写真を見て、「インチキだ」と言った事から一人の老人に話しかけられる。そして老人から一人と一匹の生物に纏わる物語を聞く事となる。
監督:ジェイ・ラッセル 出演者:エミリー・ワトソン、アレックス・エテル、ベン・チャップリン、デヴィッド・モリッシーほか

「鉄と鉛STEEL&LEAD」のネタバレあらすじ結末

2016/01/19掲載

鉄と鉛STEEL&LEADの紹介:1997年日本映画。ビーバップハイスクールの作者で漫画家のきうちかずひろが脚本・監督を務めたアクション映画。腕利きであるがゆえ、暴力団組長から処刑宣告を受けてしまった探偵。その最後の約1日をある少女の依頼である、人探しに奔走することにした。
監督・脚本:きうちかずひろ 出演:渡瀬恒彦、成瀬正孝、酒井彩名、平泉成、佐藤蛾次郎、竹中直人、ブラザー・コーンほか

「恋にあこがれて in N.Y.」のネタバレあらすじ結末

2016/01/18掲載

恋にあこがれて in N.Y.(恋にあこがれてインニューヨーク)の紹介:2001年アメリカ映画。美術館で絵画の修復の仕事をしている主人公のアマンダ、彼氏の浮気を目撃してしまい、引っ越しを決めます。その引っ越し先は、美人スーパーモデルが4人で共同生活を送っている高級マンションでした。アマンダの男運のなさに、モデル達も協力し、アマンダも運命の相手を見つけたかのですが、その相手は…。
監督:マーク・ウォーターズ 出演:アマンダ(モデルカー・ポッター)、ジム(フレディ・プリンゼ・Jr)、ホリー(トミコ・フレイザー)、リサ(チャイナ・チャウ)、キャンディ(サラ・オハラ)、ロクサーナ(イワナ・ミルセビック)、ジェイド(シャロム・ハーロー)ほか

「ラブアゲイン」のネタバレあらすじ結末

2016/01/18掲載

ラブアゲインの紹介:2011年アメリカ映画。主人公のキャルは、申し分ないシアワセに結婚生活を過ごしていたのだが、いきなり妻エミリー、から離婚 をしたいと言い出され、途方にくれ飲んだくれになったキャルは、遊び人のジェイコブと出会い、ダサいおじさんから、イケダンになろうとするのですが。
監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア 出演:キャル(スティーブ・カレル)、エミリー(ジュリアン・ムーア)、ジェイコブ(ライアン・ゴズリング)ほか

「黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦」のネタバレあらすじ結末

2016/01/17掲載

黄金の七人 1+6 エロチカ大作戦の紹介:1971年イタリア映画。シチリー島の田舎から都会に出て来たミケーレは、最初は田舎者で素直な性格でした。実業家グランプナーニ家に住み込みで働くことになり、健康診断を受ける為にドクターの診察を受けます。すると彼の体は特殊で睾丸が3つもあったのです。そのせいか、精力絶倫でした。それを知った婦人たちは彼を奪い合います。素朴だったミケーレも段々と図々しくなっていくのですが、思わぬハプニングが起こってしまいます。前回の黄金の7人とは全く趣が違う、別のコメディー映画になっています。
監督:マルコ・ヴィカリオ 出演:ランド・ブッツァンカ(ミケーレ・カナリッタ)、ロッサナ・ポデスタ(ココ・ランプニャーニ)、ルチアーノ・サルチェ(アキッレ・ランプニャーニ)、アドリアーナ・アスティ(アニェーゼ・トレスコーリ)、イラ・フルステンベルク(メッツィーニ医師の妻)他

「新・黄金の七人 7×7」のネタバレあらすじ結末

2016/01/17掲載

新・黄金の七人 7×7の紹介:1968年イタリア映画。黄金の七人シリーズ前二作からメンバーが一新されたコミカルな犯罪アクション。わざと刑務所に入った強盗たちが看守や囚人たちがサッカー中継に夢中になっている間にこっそりと脱走する。彼らの計画は造幣局に侵入して紙幣を刷り上げようというものだった。“黄金の七人”シリーズ第三弾。
監督:ミケーレ・ルーポ 出演:ガストーネ・モスキン(ブレイン)、ライモンド・ヴィアネッロ(ボドーニ)、ゴードン・ミッチェル(ビッグベン)、ポール・スティーブンス(ビンゴ)、ネノ・ザンペルラ(バナナス)、テオドール・コラ(ブリッグス)、デューリ・フェッロ(バーナード)、ライオネル・スタンガー(サム)他

1 441 442 443 444 445 446 447 448 449 499
TOP↑