柄本明映画一覧

「世界はときどき美しい」のネタバレあらすじ結末

世界はときどき美しいの紹介:2006年日本映画。全編8ミリフィルムで撮影されるなど、独特の映像が特徴の作品。5人の主人公が、それぞれの胸中を語りながら物語がすすめられる。松田龍平や市川実日子、松田美由紀、柄本明などの豪華キャストがおくる5つの短編ストーリー。
監督:御法川修 出演:松田美由紀(野枝)、柄本明(蝿男)、遠山景織子(スナックのべっぴんママ)、尾美としのり(スナックの酔客)、片山瞳(まゆみ)、瀬川亮(邦郎)、松田龍平(柊一)、浅見れいな(朋子)、あがた森魚(野辺山教授)、桑代貴明(幼い頃の柊一)、市川実日子(花乃子)、木野花(静江 / 花乃子の母)、草野康太(大輔 / 花乃子の兄)、南加絵(カフェの店員)、鈴木美妃(花乃子の友人)、ほか

「生きたい」のネタバレあらすじ結末

生きたいの紹介:1999年日本映画。躁うつ病の中年娘を抱え、自身も体の衰えに悩む老人山本安吉は民話「姨捨山」の虜になり、迫りくる死について考え始める。「姨捨山」と現代の日本社会を交差させながら老いの問題に深く切り込んでいく人間ドラマです。
監督:新藤兼人 出演者:三國連太郎(山本安吉)、大竹しのぶ(山本徳子)、大谷直子(ママさん)、吉田日出子(オコマ)、宮崎美子(トモコ)、柄本明(君塚長太郎)、津川雅彦(烏丸長者)ほか

「愛を積むひと」のネタバレあらすじ結末

愛を積むひとの紹介:2015年日本映画。エドワード・ムーニー・Jr.の小説『石を積むひと』を映画化。石塀造りを通して繋がっていく人々の絆を描いたヒューマン・ドラマ。東京の町工場を畳んで北海道に引っ越した良子は、夫の篤史に家を囲む石塀を造ってくれるよう頼む。仕方なく取り掛かった篤史は次第にやり甲斐を見出し、交流の輪も広がっていった。その矢先、良子が長年患っていた心臓病のために他界してしまう。悲しみに打ちひしがれる篤史は、良子が遺した手紙に導かれ再び人生を見つめ直していくのだった。
監督:朝原雄三 出演者:佐藤浩市(小林篤史)、樋口可南子(小林良子)、北川景子(小林聡子)、野村周平(杉本徹)、杉咲花(上田紗英)、森崎博之(平間造園の親方)、佐戸井けん太(刑事)、岡田義徳(鈴原)、吉田羊(上田美智子)、柄本明(上田熊二)、ほか

「電人ザボーガー」のネタバレあらすじ結末

電人ザボーガーの紹介:2010年日本映画。1970年代の子供向け特撮アクションドラマ『電人ザボーガー』を『片腕マシンガール』の井口昇監督で映画化。オートバイが変形するロボットのザボーガーを友として正義ために戦うヒーロー大門豊を「第1部:たたかえ!電人ザボーガー!」では古原靖久が、第1部の25年後の世界を描いた「第2部:耐えろ大門!人生の海を!」では板尾創路が演じる。
監督:井口昇 出演者:板尾創路(熟年期の大門豊)、古原靖久(青年期の大門豊)、山崎真実(ミスボーグ)、宮下雄也(秋月玄)、佐津川愛美(AKIKO)、木下ほうか(若杉議員)、渡辺裕之(新田警部)、竹中直人(大門博士)、柄本明(悪ノ宮博士)その他

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」のネタバレあらすじ結末

オズランド 笑顔の魔法おしえます。の紹介:2018年日本映画。『海猿』シリーズの生みの親である小森陽一の小説『オズの世界』を原作に、実在の遊園地『グリーンランド』(熊本県荒尾市)を舞台に田舎の遊園地を盛り上げる人々の姿を女性新人社員の視点から描いた作品です。主演は原作主人公のモデルとなった波瑠が務め、撮影は実際のグリーンランドで行われています。
監督:波多野貴文 出演者:波瑠(波平久瑠美)、西島秀俊(小塚慶彦)、岡山天音(古村豪太郎)、深水元基(上園龍)、中村倫也(小西俊郎)、濱田マリ(南原カツヨ)、橋本愛(玉地弥生)、柄本明ほか

「0.5ミリ」のネタバレあらすじ結末

0.5ミリの紹介:2013年日本映画。監督安藤桃子が自身の介護経験をもとに執筆した小説を題材にメガホンを取った作品。ある事件から職と金を失った介護ヘルパーと孤独な老人達の奇妙な交流を描いたヒューマンドラマ。主演の訳ありヘルパーを演じるのは安藤桃子の実妹で実力派女優の安藤サクラ。津川雅彦や柄本明、草笛光子らベテラン俳優が脇を固めています。
監督:安藤桃子 出演者:安藤サクラ(山岸サワ)、織本順吉(片岡昭三)、木内みどり(片岡雪子)、土屋希望(片岡マコト)、井上竜夫(康夫)、東出昌大(カラオケ店員)、ベンガル(斉藤末男)、ほか

「スクラップ・ヘブン」のネタバレあらすじ結末

スクラップ・ヘブンの紹介:2005年日本映画。世界を一瞬で消す方法がわかりました…。退屈な日々にうんざりしていた警官と、バスジャック事件をきっかけに偶然知り合った便所掃除の若者が意気投合し、世の中を浄化すべく「復讐代行業」を開始しますが、爆弾を作る義眼の女も巻き込んで事態は思わぬ方向へと動き出していきます…。
監督:李相日 出演者:加瀬亮(粕谷シンゴ)、オダギリジョー(葛井テツ)、栗山千明(藤村サキ)、光石研(嶋田係長)、森下能幸(佐藤)、田中哲司(斎藤)、水木薫(サキの母)、鈴木砂羽(相川美佐)、団時朗(吉田院長)、山田辰夫(葛井守)、柄本明(薮田刑事)ほか

「やわらかい生活」のネタバレあらすじ結末

やわらかい生活の紹介:2005年日本映画。芥川賞作家絲山秋子の小説「イッツ・オンリー・トーク」を題材にした作品。蒲田へ引っ越してきた35歳無職の独身女性優子が様々な事情を抱える男達と出会い、奇妙な交流を重ねていく様が描かれた異色の恋愛映画です。
監督:廣木隆一 出演者:寺島しのぶ(橘優子)、豊川悦司(橘祥一)、松岡俊介(本間)、田口トモロヲ(Kさん)、妻夫木聡(安田昇)、大森南朋(バッハ)、柄本明(橘昭夫)ほか

「種まく旅人 みのりの茶」のネタバレあらすじ結末

種まく旅人 みのりの茶の紹介:2011年日本映画。東京暮らしの若い女性が、病に倒れた祖父の代わりに農業を始めたことをきっかけに、有機農法のお茶の魅力に目覚めます。塩屋俊監督の故郷・大分県臼杵市が舞台となっています。
監督:塩屋俊 出演:陣内孝則(大宮金次郎)、田中麗奈(森川みのり)、吉沢悠(木村卓司)、柄本明(森川修造)、石丸謙二郎(森川修一)、寺泉憲(臼杵市長)、中村ゆり(栗原香苗)、ほか

「孤高のメス」のネタバレあらすじ結末

孤高のメスの紹介:2010年日本映画。現職医師・高山路爛のベストセラー小説『メスよ輝け!!』を映画化した感動の医療ヒューマンドラマです。「ひとりの医師の想いが、病院を、人々を、動かしていく。」「諦めるな。この命を救うために。」というキャッチで、命と医療に真摯に向き合う情熱的外科医の姿を通して、地域医療問題や臓器移植問題などの現実の医療問題にも目を向けた作品です。
監督:成島出 出演:堤真一(当麻鉄彦)、夏川結衣(中村浪子)、吉沢悠(青木隆三)、中越典子(大川翔子)、松重豊(実川剛)、成宮寛貴(中村弘平)、矢島健一(村上三郎)、平田満(島田光治)、余貴美子(武井静)、生瀬勝久(野本六男)、柄本明(大川松男)、ほか

「疑惑」のネタバレあらすじ結末

疑惑の紹介:1982年日本映画。夫に多額の保険金をかけ殺害したという疑惑をかけられた魔性の女、球磨子。彼女の弁護を担当することになった佐原律子は球磨子の無罪を立証すべく法廷に立つ。松本清張原作、野村芳太郎監督による手に汗握る法廷サスペンス映画です。捉えどころのない悪女球磨子役の桃井かおりとクールな弁護士律子役の岩下志摩、二大女優の演技対決が話題となりました。
監督:野村芳太郎 出演者:桃井かおり(白河(鬼塚)球磨子)、岩下志摩(佐原律子)、鹿賀丈史(豊崎勝雄)、柄本明(秋谷茂一)、 仲谷昇(白河福太郎)、 森田健作(藤原好郎)、北林谷栄(白河はる江)ほか

「石内尋常高等小学校 花は散れども」のネタバレあらすじ結末

石内尋常高等小学校 花は散れどもの紹介:2008年日本映画。東京で脚本家をしている男が30年ぶりに恩師や同級生と再会し、交流を深めていく中で生き方を模索していく人間ドラマ。新藤兼人監督が95歳という高齢でメガホンを取ったことで話題になりました。
監督:新藤兼人 出演者:柄本明(市川 義夫)、豊川悦司(山崎 良人)、六平直政(森山 三吉)、川上麻衣子(市川 道子)、大竹しのぶ(藤川 みどり)、大杉漣、原田大二郎、吉村実子、ほか

「ゴジラVSスペースゴジラ」のネタバレあらすじ結末

ゴジラVSスペースゴジラの紹介:1994年日本映画。今まで多くのファンの期待に応えてきた『ゴジラ』シリーズ。今回の敵はゴジラではなく、ゴジラの細胞を元に誕生したスペースゴジラ!襲いくる強大な敵に、人間はどう立ち向かうのか。
監督:山下賢章 出演:小高恵美(三枝未希 / サイキックセンター主任)、橋爪淳(新城功二)、米山善吉(佐藤清志)、柄本明(結城晃)、中尾彬(麻生孝昭 / Gフォース作戦司令官)、佐原健二(瀬川隆之 / Gフォース長官)、吉川十和子(権藤千夏)、斉藤洋介(大久保晋)、大沢さやか(コスモス)、今村恵子(コスモス)、ほか

「空飛ぶタイヤ」のネタバレあらすじ結末

空飛ぶタイヤの紹介:2018年日本映画。大ヒットドラマ『半沢直樹』や『下町ロケット』の作者として知られる池井戸潤のベストセラー小説の映画化。ある日突然起こったトレーラー事故により、整備不良を疑われた小さな運送会社の社長がそのトレーラーの生産者である財閥系の巨大自動車メーカーに戦いを挑む物語。主演にTOKIOの長瀬智也を迎え、ディーン・フジオカ、高橋一生と豪華キャストが集結。三菱自動車のリコール隠し事件を本作のモデルとしている。
監督:本木克英 出演:長瀬智也(赤松徳郎)、ディーン・フジオカ(沢田悠太)、高橋一生(井崎一亮)、深田恭子(赤松史絵)、寺脇康文(高幡真治)、小池栄子(榎本優子)、ムロツヨシ(小牧重道)、中村蒼(杉本元)、柄本明(野村征治)、佐々木蔵之介(相沢寛久)、六角精児(谷山耕次)、升毅(巻田三郎)、笹野高史(宮代直吉)、岸部一徳(狩野威)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。万引きという犯罪を通して繋がっていく家族の物語を「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督がオリジナル脚本で映画化。親の年金を不正受給していた家族が逮捕されるという実際の事件から着想を得たという物語で、育児放棄などの題材も交えながら、一人の少年の成長と選択を描きます。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(柴田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり / 凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

1 2 3 4 5 6

キーワードから探す

TOP↑