柄本明映画一覧

「蝉しぐれ」のネタバレあらすじ結末

蝉しぐれ(せみしぐれ)の紹介:2005年日本映画。藤沢周平の原作を黒土三男監督が15年かけて映画化した作品です。下級武士と父との絆、互いに違う道を歩むことになった幼馴染への儚い想いなどを、藩の権力闘争と合わせて描いています。
監督:黒土三男 出演者:市川染五郎(牧文四郎)、木村佳乃(ふく)、ふかわりょう(小和田逸平)、今田耕司(島崎与之助)、原田美枝子(登世)、緒形拳(牧助左衛門)、小倉久寛(小柳甚兵衛)、根本りつ子(ます)、山下徹大(矢田作之丞)、利重剛(石栗弥左衛門)、矢島健一(相羽惣六)、渡辺えり子(おとら)、原沙知絵(淑江)、麿赤兒(尾形)、田村亮(藤次郎)、三谷昇(権六)、大滝秀治(関口晋助)、大地康雄(青木孫蔵)、緒形幹太(犬飼兵馬)、柄本明(磯貝主計)、加藤武(里村左内)、ほか

「桜田門外ノ変」のネタバレあらすじ結末

桜田門外ノ変の紹介:2010年日本映画。吉村昭の同名小説を映画化した時代劇です。大老・井伊直弼を襲撃した「桜田門外の変」を、襲撃を指揮した水戸藩士・関鉄之介の視点から描いた作品です。事件のその後も描いています。
監督:佐藤純彌 出演者:大沢たかお(関鉄之介)、長谷川京子(関ふさ)、柄本明(金子孫二郎)、北大路欣也(徳川斉昭)、伊武雅刀(井伊直弼)ほか

「うなぎ」のネタバレあらすじ結末

うなぎの紹介:1997年日本映画。吉村昭の小説「闇にひらめく」を今村昌平監督が映画化、カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞した作品です。人間不信に陥り、ペットのうなぎにだけ心を開く仮出所中の中年男と、自殺を図ったところ彼に助けられた女性との心の交流を軸に描いた人間ドラマです。
監督:今村昌平 出演者:役所広司(山下拓郎)、清水美砂(服部桂子)、佐藤充(高田重吉)、柄本明(高崎保)、田口トモロヲ(堂島英次)ほか

「春との旅」のネタバレあらすじ結末

春との旅(はるとのたび)の紹介:2009年日本映画。北海道と宮城県を舞台に、年老いた祖父とその孫娘が長年疎遠になっていた親戚を訪ね歩くロードムービーです。二人は旅を続けているうちに、彼らのいままで辿ってきた人生などが浮かび上がっていきます。
監督:小林政広 出演者:仲代達矢(中井忠男)、徳永えり(中井春)、大滝秀治(金本重男)、柄本明(中井道男)、香川照之(津田真一)ほか

「油断大敵」のネタバレあらすじ結末

油断大敵の紹介:2003年日本映画。「油断大敵」はベテラン俳優、役所広司と柄本明主演による、刑事と大泥棒の友情を描いた作品。「追うもの」と「追われるもの」という全く立場が違う二人が、なぜか互いに惹かれあい友情を育んで行きます。最初は刑事役の役所広司の方が、泥棒役の柄本明に押され気味ですが、後半になるに連れて人情味のある立派な刑事に成長し、泥棒役の柄本明を包み込むような器の大きさを出しています。
監督: 成島出 出演者: 役所広司(関川仁)、柄本明(猫田貞吉、通称ネコ)、夏川結衣(牧子先生)、菅野莉央(関川美咲 子供時代)、前田綾花(関川美咲 大人時代)、ほか

「妖怪人間ベム」のネタバレあらすじ結末

妖怪人間ベムの紹介:2012年日本映画。2011年にテレビ放映された実写版「妖怪人間ベム」の続編となる今作は、人間になることを夢見る3人の妖怪人間ベム・ベラ・ベロが、製薬会社の新開発薬品に関する陰謀と会社に復讐を誓う哀しき女性の争いに巻き込まれます。
監督:狩山俊輔 出演者:亀梨和也(ベム)、杏(ベラ)、鈴木福(ベロ)、北村一輝(夏目刑事)、観月ありさ(上野小百合)ほか

「許されざる者(2013年)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。クリント・イーストウッド監督・主演による西部劇映画『許されざる者』(1992年)を日本版にリメイクした作品で、キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」です。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞しました。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、小池栄子(お梶)、佐藤浩市(大石一蔵)、ほか

「人生の約束」のネタバレあらすじ結末

人生の約束の紹介:2015年日本映画。「池中玄太80キロ」などのテレビドラマを手掛けてきた石橋冠監督が初めて手掛けた劇場作品です。仕事一筋に生きてきた男が親友の死を機に、親友の故郷・富山の曳山祭の危機を救おうと立ち上がる中で、失ってきた大切なものを取り戻そうとする過程が描かれています。
監督:石橋冠 出演者:竹野内豊(中原祐馬)、江口洋介(渡辺哲也)、西田敏行(西村玄太郎)、松坂桃李(沢井卓也)、ビートたけし(岩瀬厚一郎)ほか

「一枚のハガキ」のネタバレあらすじ結末

一枚のハガキの紹介:2010年日本映画。戦争で夫を亡くした未亡人の友子を、終戦後、夫の戦友、啓太が訪ねてきます。啓太が出征中に、妻と父親が駆け落ちしており、1人でブラジルへ渡ろうとしていました。そんな2人が心を通わせていきます。
監督:新藤兼人 出演:豊川悦司(松山啓太)、大竹しのぶ(森川友子)、六平直政(森川定造)、柄本明(森川勇吉)、倍賞美津子(森川チヨ)、ほか

「きいろいゾウ」のネタバレあらすじ結末

きいろいゾウの紹介:2012年日本映画。西加奈子原作の同名小説を映像化した今作は、過去に傷を持つ売れない小説家と、動物や植物の声を聞くことができる妻が、近所の住民らとのふれあいや過去の清算などを経て絆を深めていくストーリーです。
監督:廣木隆一 出演者:宮崎あおい(妻利愛子/ツマ)、向井理(武辜歩/ムコ)、濱田龍臣(大地)、リリー・フランキー(夏目)、緒川たまき(緑)、柄本明(アレチ)、ほか

「座頭市」のネタバレあらすじ結末

座頭市の紹介:2003年日本映画。盲目の剣客である男が復讐に燃える二人の姉弟や農民たちと出会い、やくざに立ち向かう姿を描いた時代劇・アクション映画。出演者が下駄を履いてタップダンスを踊るシーンが注目を集め、多くの映画祭で多数の賞を受賞した。なお、CG技術を使って流血シーンを多く描いているため、R-15に指定されている。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(座頭市)、浅野忠信(服部源之助)、夏川結衣(おしの)、ガダルカナル・タカ(新吉)、柄本明(店主)、岸部一徳(銀蔵) ほか

「許されざる者(2013渡辺謙)」のネタバレあらすじ結末

許されざる者の紹介:2013年日本映画。第65回アカデミー賞作品賞受賞作品。クリント・イーストウッド監督・主演の西部劇『許されざる者』(1992年)をリメイクした日本映画。キャッチコピーは「人は、どこまで許されるのか」。時代設定は原作の設定と同時期の明治時代初期、舞台は蝦夷地で、江戸幕府の残党・「人斬り・釜田十兵衛」の生き様を描いています。監督・脚本は李相日。この作品で、主演・渡辺謙は第37回日本アカデミー賞優秀主演男優賞、忽那汐里は新人俳優賞を受賞。
監督:李相日 出演:渡辺謙(釜田十兵衛)、柄本明(馬場金吾)、柳楽優弥(沢田五郎)、忽那汐里(なつめ)、三浦貴大(堀田卯之助)、佐藤浩市(大石一蔵)、小池栄子(お梶)ほか

「後妻業の女」のネタバレあらすじ結末

後妻業の女の紹介:2016年日本映画。妻に先立たれた資産のある高齢者男性を獲物にする、後妻業の小夜子と結婚相談所所長の柏木。父の遺産をふんだくられた朋美は二人の悪事を暴こうとする。探偵の本多や小夜子の新たなターゲット舟山、金を巡る争いが始まる…。
監督:鶴橋康夫 出演:大竹しのぶ(武内小夜子)、豊川悦司(柏木亨)、尾野真千子(中瀬朋美)、長谷川京子(西木尚子)、泉谷しげる(樫本長次郎)、柄本明(桜田順)、笑福亭鶴瓶(舟山喜春)、津川雅彦(中瀬耕造)、永瀬正敏(本多芳則)、ほか

「悪人」のネタバレあらすじ結末

悪人の紹介:2010年日本映画。朝日新聞に連載され、大佛次郎賞と毎日出版文化賞を受賞した吉田修一の話題作を映画化。保険外交員女性・石橋佳乃が遺体で発見された。彼女が片想いしていた大学生・増尾圭吾に容疑がかかるが、真犯人は佳乃が出会い系サイトで知り合った男性・清水祐一だと断定される。祐一に警察の捜査の手が伸びていくが、それを知った祐一は出会い系サイトで知り合い関係を持った女性・馬場光代と逃亡することに。
監督:李相日 出演:清水祐一(妻夫木聡)、馬場光代(深津絵里)、増尾圭吾(岡田将生)、石橋佳乃(満島ひかり)、清水房枝(樹木希林)、石橋佳男(柄本明)ほか

「シンゴジラ」のネタバレあらすじ結末

シンゴジラの紹介:2016年日本映画。シンゴジラは日本版ゴジラとしては12年ぶりの映画化作品で、ゴジラシリーズ第29作目。ある日突然東京湾で水蒸気爆発が起きた。すぐに総理の耳にも入り慌ただしく動く日本政府。その原因は海の中に潜む巨大な生物ゴジラだった。目的も正体も分からないその生物ゴジラに翻弄される日本。そんな中内閣官房副長官を務める矢口はその存在に対抗する術を見つける。しかし遠くの国の人間は核を使い街もろとも破壊しようと考えていた。
監督:庵野秀明(総監督) 樋口真嗣(監督・特技監督) 出演:矢口蘭堂(長谷川博己) 赤坂秀樹(竹野内豊) カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ) 大河内清次(大杉漣) 東竜太(柄本明) 志村祐介(高良健吾)ほか

1 2 3 4 5 6

キーワードから探す

TOP↑