邦画・日本映画一覧

「行動隊長伝 血盟」のネタバレあらすじ結末

行動隊長伝 血盟の紹介:2003年日本映画。ボクサー崩れの啓介が、少年時代から息子のように一緒に暮らしていた勝利と靖成を連れ、愚連隊組織からヤクザの大物になるまでを描いたドラマです。啓介の鬼道会の行動隊長となった靖成を中心に物語は描かれています。獣らのヤクザ作品とは一味違う作品です。
監督:横井健司 出演者:竹内力(御木本靖成)、美木良介(本多啓介)、井上晴美(ひとみ)、京本政樹(石津勝利)、遠藤憲一(勝村)、ミッキー・カーチス(黒田)、ガッツ石松(横川)、大沢樹生、夏樹陽子ほか

「SEMI 鳴かない蝉」のネタバレあらすじ結末

SEMI 鳴かない蝉の紹介:2002年日本映画。タクシー運転手の石崎は、二人のヤクザに絡まれ、逆に暴行を加え撃ち殺されそうになる。その時救ってくれたのが工藤組の組長である工藤。工藤に惚れた石崎は舎弟になりヤクザの道に入ります。やがて対立する権道組長を工藤が射殺すると、石崎と祐次は身代わりになり金沢へと逃げます。金沢で涼という女性と出会った石崎でしたが、石崎を狙って大阪から斎藤らが迫っていました…という内容の人間ドラマです。
監督:横井健司 出演者:遠藤憲一(石崎)、鈴木紗理奈(涼)、平泉成(工藤)、哀川翔(斎藤)、嘉門洋子(夏美)、宗丘陸汰(祐次)、田島令子(工藤登志子)、志賀勝(権道)、山田辰夫(小浜)ほか

「学校の都市伝説 トイレの花子さん」のネタバレあらすじ結末

学校の都市伝説 トイレの花子さんの紹介:2007年日本映画。美香は10年前に卒業した小学校に教師として赴任しました。校舎はそのままでしたが、先生や生徒達は何を話しかけても何も言いませんでした。まるで自分がこの場所に居ないような感じを覚えた美香は、使用禁止と書かれた女子トイレを見つけ中に入ると、女の子の泣き声が聞こえました・・・という内容の都市伝説『トイレの花子さん』をいじめで自殺した女子の怨霊として作られた作品です。美香の話が幻覚で、浩一の話が現実で最後には交わるという手法で描かれています。
監督:吉田浩太 出演者:相澤仁美/幼少期・金城成美(浜口美香)、山口翔悟(新田浩一)、坂野真理(池谷花子)、桑名里瑛(神谷花子)、大森博史(校長)、水木薫(保健室の先生)ほか

「とんかつDJアゲ太郎」のネタバレあらすじ結末

とんかつDJアゲ太郎の紹介:2020年日本映画。「少年シャンプ+」で配信されていた同名のギャグ漫画を、イケメン北村匠海主演でまさかの実写化。DJはもちろん、キャベツの千切りまで猛練習したという北村は、被り物でコミカルなダンスを踊るなどまさに体を張った熱演で新境地を拓いた。そんなアゲ太郎が憧れるスタイリスト見習い苑子を演じるのは山本舞香。そしてアゲ太郎を支える“三代目道玄坂ブラザーズ”の4人は皆個性的で常に笑いを誘う。とにかく見終わったあとハッピーな気分でとんかつが食べたくなる映画だ。
監督・脚本:二宮健 原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう キャスト:北村匠海(勝又揚太郎)、山本舞香(服部苑子)、伊藤健太郎(屋敷蔵人)、加藤諒(室満夫)、栗原類(白井錠助)、前原滉(平積タカシ)、浅香航大(夏目球児)、池間夏海(勝又ころも)、片岡礼子(勝又かつ代)、ブラザートム(勝又揚作)、伊勢谷友介(尾入伊織<DJオイリー>)ほか

「新劇場版 頭文字D Legend3 夢現」のネタバレあらすじ結末

新劇場版 頭文字[イニシャル]D Legend 3 -夢現-の紹介:2016年日本映画。しげの秀一のコミックを元に制作された劇場アニメーション3部作のうちの第3作。赤城レッドサンズのナンバー1である高橋涼介と秋名山でバトルすることになった秋名のハチロクこと藤原拓海。当初は拓海がリードしますがこれは涼介の作戦で、涼介は拓海の後をピッタリと付いていきます。そして拓海は、涼介のプレッシャーに耐え切れずミスを犯してしまい、涼介に先を行かれます。しかし、涼介の弟である高橋啓介をはじめとする強敵とのバトルで走りに対する姿勢が変わった拓海は涼介に必死に付いていき、2台は最後の勝負所のコーナーに突っ込んでいきます。
監督:中智仁 出演:出演:藤原拓海(宮野真守)、高橋涼介(小野大輔)、高橋啓介(中村悠一)、池谷浩一郎(土田大)、武内樹(白石稔)、茂木なつき(内田真礼)、藤原文太(平田広明)、ほか

「母と子」のネタバレあらすじ結末

母と子の紹介:1938年日本映画。昭和の時代まで残っていた女性の地位「妾(めかけ)」の視点から家族の物語が描かれています。知栄子の母・おりんは、さる会社の重役のめかけにおさまる女性です。おりんの息子・孝吉は父親の跡とりとなり、父親と同じ会社で働いています。成長した娘・知栄子も父親の会社の社員との間で縁談の話が進んでいます。兄妹はともに運を掴んだかに見えますが、ワンマンな父親に振りまわされてかえって心に傷を負います。人生の移りゆきが速度を増すなか、母・おりんの美貌も若き日の面影を失いつつありました。昭和13年(1938年)キネマ旬報ベストテン第3位。名匠・渋谷実監督のデビュー作です。
監督:渋谷実 出演者:田中絹代(知栄子)、吉川満子(母・おりん)、佐分利信(寺尾)、河村黎吉(工藤)、徳大寺伸(孝吉)、水戸光子(しげ子)、松井潤子(おとよ)、斎藤達雄(岡部)、葛城文子(工藤夫人)、青野清(しげ子の父)、高松栄子(下宿のおばさん)、松尾千鶴子(お松)ほか

「茄子 スーツケースの渡り鳥」のネタバレあらすじ結末

茄子 スーツケースの渡り鳥の紹介:2007年日本映画。劇場アニメ「茄子 アンダルシアの夏」の続編となります。サイクルロードレースチーム「パオパオビール」に所属するペペは、ジャパンカップサイクルロードレースに参加するため日本にやってきました。久々の勝利に向けて意気込むペペに対し、同僚のチョッチは、同郷の英雄マルコの自殺にショックをうけ、競技からの引退を考えていました。さらに、ライバルチームゴルチンコのギルモアやザンコーニなど様々な思惑が絡んだ中、ジャパンカップサイクルロードレースはスタートしました。
監督:高坂希太郎 声優:ぺぺ:(大泉洋)、チョッチ(山寺宏一)、豊城ひかる(坂本真綾)、ギルモア(佐藤祐四)、マルコ(大塚明夫)、ザンコーニ(佐々木誠二)

「限りなき舗道」のネタバレあらすじ結末

限りなき舗道の紹介:1934年日本映画。家格に縛られて生きる女性の執着が、対する側の女性の人生を不幸にしてしまう物語です。前近代的なテーマのようでいて、いまだ日本社会の諸方で絶えることなく続いている確執です。女性心理の深層に根づく意識の反映なのかもしれません。映画会社のスカウトからも声がかかる美貌の杉子は銀座で女給をしています。あるきっかけで知り合った御曹司の山内弘とやがて結ばれますが、上流階級を誇る家柄を理由に、義母と義姉とが杉子をぞんざいに扱います。しかし、杉子はけっして「耐え忍ぶ女」ではありませんでした。
監督: 成瀬巳喜男 出演者:忍節子(島杉子)、香取千代子(中根袈裟子)、日守新一(山村真吉)、結城一朗(原田町夫)、笠智衆(映画会社のスカウト)、磯野秋雄(杉子の弟)、山内光(山内弘)、葛城文子(山内の母)、若葉信子(山内の姉)、ほか

「探偵物語(2007年)」のネタバレあらすじ結末

探偵物語の紹介:2007年日本映画。古いアパートに引っ越してきた高島雷太は、隣の部屋に住む同じ名前の探偵・風間雷太と仲良くなります。少しして、風間を訪ねてきた真奈美が臓器を抜き取られた惨殺死体で発見されました。風間が調べていると、同じように臓器を抜きとられた律子の死体が発見されます。事件を調べる風間は容疑者として警察に追われ、高島も巻き込まれますが…という内容の三池崇史監督のバイオレンス・ミステリー映画です。
監督:三池崇史 出演者:中山一也(風間雷太)、真木蔵人(高島雷太)、長谷川朝晴(長峰)、菊池亜希子(美佳)、井上晴美、阿藤快、渡辺裕之、IZAM、角田信朗、風間トオルほか

「ひ・き・こ 降臨」のネタバレあらすじ結末

ひ・き・こ 降臨の紹介:2014年日本映画。刑事の取り調べを受けるユカリは、若い男が車に引きずられて殺される動画を見せられると、重い口を開きました。同窓会でニコという同級生に会ってから、復讐チャンネルという動画サイトを立ち上げ、キリコと3人でイジメられた相手に復讐を始めたことを話し始め…という内容の都市伝説「ひきこさん」をモチーフとしたホラー映画です。題名から想像できる内容ではなく、スラッシャー映画と言ってよい作品です。
監督:吉川久岳 出演者:秋月三佳(ユカリ)、小宮一葉(ニコ/ヒキコ)、サイボーグかおり(キリコ)、針原滋(父親)、正木佐和(母親)、ほか

「朝が来る」のネタバレあらすじ結末

朝が来るの紹介:2020年日本映画。1997年、『萌の朱雀』でカンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した河瀨直美監督の最新作。“家族”“故郷・奈良”にこだわり続ける河瀬が選んだ題材は、「特別養子縁組」を描いた直木賞作家・辻村深月の『朝が来る』。養子を受け入れる側の夫婦の状況と、実母の事情が前半と後半に分かれて描かれている。夫婦を演じるのは『八日目の蝉』の永作博美と『11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の井浦新。実母のひかりは是枝作品に多く出演している蒔田彩珠が繊細に演じている。
監督・脚本・撮影:河瀨直美 原作:辻村深月 キャスト:永作博美(栗原佐都子)、井浦新(栗原清和)、蒔田彩珠(片倉ひかり)、浅田美代子(浅見静恵)、佐藤令旺(栗原朝斗)、田中偉登(麻生巧)、中島ひろ子(片倉貴子)、平原テツ(片倉勝)、駒井蓮(片倉美咲)、利重剛(浜野剛)ほか

「激動の1750日」のネタバレあらすじ結末

激動の1750日の紹介:1990年日本映画。日本一の巨大組織『神岡組』は三代目の死後、四代目になる予定だった山辰が死去。そして代行となった川勝が四代目に立候補すると、若頭の時津を推す若竹らが反旗を翻し、三代目姐の力を借りて四代目の座を奪います。すると川勝らは組を飛び出し八矢会を結成し、記者会見を行います。実際に起きた暴力団史上最大の抗争事件『山一抗争』をリアルに描いた実録物でで、四代目襲名までは事実に基づいた内容で、分裂後は脚色を加えた物語に仕上がっています。
監督:中島貞夫 出演者:中井貴一(若竹正則)、中条きよし(成瀬勇)、加藤昌也(高市次郎)、有森也実(若竹美佐子)、中尾彬(岩間直秀)、品川隆二(兵頭七郎)、清水健太郎(竜野誠)、本田博太郎(伊達順治)、萩原健一(時津忠久)、志賀勝(塩崎昇)、趙方豪(南原幸一)、丹波哲郎(仁王顕正)、石立鉄男(本道高道)、火野正平(松永良介)、夏八木勲(川井勝司)、岡田茉莉子(神田ひろ子)、陣内孝則(力石竜二)、渡瀬恒彦(荒巻重信)ほか

「進撃の巨人 Season2 覚醒の咆哮」のネタバレあらすじ結末

劇場版 「進撃の巨人」 Season2~覚醒の咆哮~の紹介:2018年日本映画。TVアニメ「進撃の巨人」の第2期にあたる「進撃の巨人 Season2」を再編集した劇場版。同期のアニ・レオンハートが調査兵団の行動を妨害した「女型の巨人」であったことが判明し衝撃を受けるエレン・イェーガー達でしたが、今度は、ベルトルト・フーバー、ライナー・ブラウンがウォールマリアの扉を壊した「超大型巨人」、「鎧の巨人」であることがわかります。ライナー達は、巨人に変身できるエレンに同行を求めますが、エレンが拒否するとエレンを強引に拉致してします。調査兵団団長エルヴィン・スミスは、人類が巨人に対抗できる唯一の存在であるエレンを奪還する作戦を決行します。
監督:肥塚正史 声優:エレン・イェーガー(梶裕貴)、ミカサ・アッカーマン (石川由依)、アルミン・アルレルト(井上麻里奈)、ジャン・キルシュタイン(谷山紀章)、ライナー・ブラウン(細谷佳正)、ベルトルト・フーバー(橋詰知久)、コニー・スプリンガー(下野紘)、サシャ・ブラウス(小林ゆう)、クリスタ・レンズ(三上枝織)、ユミル (藤田咲)、リヴァイ(神谷浩史)、エルヴィン・スミス(小野大輔)、ハンジ・ゾエ(朴ろみ)、ほか

「生霊 IKIRYO」のネタバレあらすじ結末

生霊 IKIRYOの紹介:1999年日本映画。ホラーゲーム『リセット』を開発制作する小森。好きな上司の加藤が里村という女子社員をサブに連れてきました。里村は小森に対抗心むき出しで、やがて二人は意見が対立し始めます。憎いと思った相手を念じて呪う能力を持つ小森は、ひとり部屋で念じ始めます。やがて里村が行方不明になり…という内容のジャパニーズホラー映画です。
監督:吉村典久 出演者:高橋かおり(小森)、鶴久政治(加藤)、梶原芽衣(里村)、藤原喜明(部長)、天宮良(沢田)ほか

「れいわ一揆」のネタバレあらすじ結末

れいわ一揆の紹介:2019年日本映画。『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督が、れいわ新選組から2019年の参議院議員選挙に立候補し「子どもを守り未来を守る」のスローガンを掲げて全国を馬と共に旅した安冨歩の選挙運動に密着したドキュメンタリー映画。山本太郎代表をのぞく、れいわ新選組全候補者がこの作品のために原監督のインタビューに応じた。
監督:原一男 出演者:安冨歩、辻村千尋、渡辺照子、大西つねき、三井義文、蓮池透、野原善正、木村英子、舩後靖彦、山本太郎、ほか

1 2 3 4 5 6 7 223

キーワードから探す

TOP↑