邦画・日本映画一覧

「略奪愛」のネタバレあらすじ結末

略奪愛の紹介:1991年日本映画。田舎町で、母の段取りした縁談が元で喧嘩になった妙子は、家を飛び出して上京し、先輩の由美が務めるデザイン会社で働きはじめます。その会社で康夫に出会った妙子は一目ぼれしますが、康夫は由美の婚約者でした。いけないと思えば思うほど好きになる妙子は、康夫に迷惑電話をかけ由美と別れさせようとしますが…という内容の日本版「危険な情事」というべくスリラー映画。妙子のストーカー行為、どっちつかずの康夫、そして一番かわいそうな目に遭う由美と、3人の関係が上手く演じられています。
監督:梶間俊一 出演者:黒木瞳(落合妙子)、古尾谷雅人(水上康夫)、萬田久子(白石由美)、尾美としのり(山口博)、小川真由美(落合君代)、梅宮辰夫(白石喜久造)ほか

「鬼滅の刃 無限列車編」のネタバレあらすじ結末

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(DEMON SLAYER MUGEN TRAIN)の紹介:2020年日本映画。TVアニメ「鬼滅の刃」全26話の続編となる劇場版。十二鬼月の累との戦いで負った傷が癒えた竈門炭治郎、我妻善逸、嘴平伊之助の3人は、次の任務先である無限列車に乗り込みます。最近、この無限列車の車内で40人以上が行方不明となっており、さらに鬼殺隊の隊員も行方不明となっていたことから、柱の1人である炎柱・煉獄杏寿郎も派遣されてきました。そして、さっそく鬼と対峙した炭治郎達でしたが、煉獄の活躍もありあっさりと倒してしまいます。しかしそれは、十二鬼月の下弦の壱 魘夢が見せた夢の中の出来事でした。現実の世界では夢の中に閉じ込められ身動きできない炭治郎達に魘夢の魔の手が迫ります。「鬼滅の刃 無限列車編」は公開から1か月で興行収入233億円、観客動員1750万を突破し、歴代興行収入の記録を塗り替える勢いの大ヒットアニメ映画です。海外では「Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba」という名前で人気に広がりを見せています。
監督:外崎春雄 原作:吾峠呼世晴 脚本:ufotable 声優:花江夏樹(竈門炭治郎)、鬼頭明里(竈門禰豆子)、下野紘(我妻善逸)、松岡禎丞(嘴平伊之助)、日野聡(煉獄杏寿郎)、平川大輔(魘夢 / 下弦の壱)、ほか

「望み」のネタバレあらすじ結末

望みの紹介:2020年日本映画。「犯人に次ぐ」「検察側の罪人」などで知られる雫井脩介。その渾身の同名ベストセラー小説を、「人魚の眠る家」「十二人の死にたい子どもたち」などで知られるヒット請負人の堤幸彦監督が映画化。家族を演じる4人の演技が見どころで、憔悴していく父・堤真一、息子に対する愛情から覚悟を決める母・石田ゆり子、複雑な感情の変化を求められる妹・清原果耶、そして少ないセリフながら存在感を示す岡田健史。絵に描いたような幸せな家庭に訪れる悲劇と、そこに射し込む希望の光。心洗われるような極上のエンターテイメント作品となっている。
監督:堤幸彦 原作:雫井脩介 脚本:奥寺佐渡子 キャスト:堤真一(石川一登)、石田ゆり子(石川貴代美)、岡田健史(石川規士)、清原果耶(石川雅)、加藤雅也(警部補・寺沼俊嗣)、市毛良枝(貴代美の母・織田扶美子)、松田翔太(週刊ジャパン記者・内藤重彦)、竜雷太(高山建設社長・高山毅)ほか

「TARO! MOMOTARO IN TROUBLE」のネタバレあらすじ結末

TARO!MOMOTARO IN TROUBLE(タロウ モモタロウ イン トラブル)の紹介:1991年日本映画。別題は「TARO! TOKYO魔界大戦」。桃太郎伝説をモチーフに、蘇った鬼と戦う少年の勇姿を描くアクション作品。ロック・スターを夢見る太郎は、怪しい芸能事務所にスカウトされ謎の信号音を聞かされた。それ以来、太郎は信号音を聞く度にトランス状態に陥ってしまい、謎の言語を発するようになる。一方街では新興宗教団体「信輝会」が勢力を増していた。信輝会は人類以前に存在していた「鬼」を蘇らせようと暗躍する。そしてその鍵は、桃太郎の血筋である太郎が握っていたのだった。
監督:石井てるよし 出演:藤原秀樹(太郎)、三浦洋一(紀本 / TVディレクター)、竹中直人(ローカイ大佐 / 信輝会会長)、小野みゆき(恵)、谷啓(宝伝)ほか

「怨念」のネタバレあらすじ結末

怨念の紹介:2005年日本映画。フリライターのエミにとってパソコンは重要な仕事道具です。そんなパソコンがクラッシュし、リサイクルショップで回収してきたばかりのパソコンを無理を言って買ってきたエミでしたが、そのパソコンには同棲相手に裏切られ自殺した持ち主の女の霊が憑いていました…という内容の低予算ジャパニーズホラー映画です。女の霊が遺品に憑りつき、買った人を襲うというパターンです。
監督:長崎みなみ 出演者:手塚美南子(エミ)、榎本由希(エミの母)、 浅葱静(由貴) 、千葉誠樹(リサイクルショップの社長)、ほか

「ミッドナイトイーグル」のネタバレあらすじ結末

ミッドナイト イーグルの紹介:2007年日本映画。冬の北アルプスに墜落した米軍爆撃機ミッドナイトイーグルは特殊爆弾を搭載していた。日本政府は秘密裏にミッドナイトイーグルの回収を図るが、謎の武装集団に妨害される。日本の運命は武装集団からの攻撃を生き残った自衛官、新聞記者、そして元戦場カメラマンの3人の男に託される。高嶋哲夫の同名小説の映画化。雪山に戦いが繰り広げられる、防衛省全面協力のアクション映画。
監督:成島出 出演者:大沢たかお(西崎優二)、竹内結子(有沢慶子)、玉木宏(落合)、吉田栄作(佐伯昭彦)、坂本爽(青木)、石黒賢(宮田編集長)、藤竜也(総理大臣)そのほか

「台風家族」のネタバレあらすじ結末

台風家族の紹介:2019年日本映画。『箱入り息子の恋』を手掛けた市井昌秀監督のオリジナル脚本による、草彅剛主演のブラックコメディ映画です。銀行強盗犯の父親を持ったことから世間から疎まれ続けてきた家族が両親の葬儀を機に集結、相続を巡って争ううちに両親の隠された真実を知ることに…。
監督:市井昌秀 出演者:草彅剛(鈴木小鉄)、新井浩文(鈴木京介)、MEGUMI(鈴木麗奈)、中村倫也(鈴木千尋)、尾野真千子(鈴木美代子)、甲田まひる(鈴木ユズキ)、若葉竜也(佐藤登志雄)、長内映里香(冨永月子)、相島一之(山田稔)、斉藤暁(満福寺さん)、榊原るみ(鈴木光子)、藤竜也(鈴木一鉄)ほか

「遊びの時間は終らない」のネタバレあらすじ結末

遊びの時間は終らないの紹介:1991年日本映画。筋書きのない本格的な銀行強盗の防災訓練を行うため、犯人役に選ばれた平田に、計画は自分で考えろと言われます。真面目で堅物の平田は入念に計画を立て、犯人になりきり、銀行を襲います。すぐ逮捕されるはずだったものの、平田の計画が勝り人質をとって籠城し始めます。この訓練が話題になりマスコミや野次馬が集まりだすと、事態は収拾がつかなくなり、本気で逮捕しようとする警察と、本気で金を持って逃げようとする平田との戦いになり…という内容のコメディ映画です。
監督:萩庭 貞明 出演者:本木雅弘(平田)、石橋蓮司(鳥飼署長)、西川忠志(深川警部補)、伊藤真美(桑名ゆり子)、原田大二郎(深川次長)斎藤晴彦(佐原),萩原流行(柏崎)ほか

「オーディーン 光子帆船スターライト」のネタバレあらすじ結末

オーディーン 光子帆船スターライトの紹介:1985年日本映画。西暦2099年、士官候補生達を乗せテスト航海に出た宇宙船スターライト号は、途中で遭難した宇宙船からサラと言う名の少女を救出します。その時スターライト号は、突如謎の宇宙船と遭遇し、さらにその宇宙船の爆発により天王星まで飛ばされてしまいますが、天王星の衛星オベロンで未知の文明の宇宙船を発見します。解析の結果、宇宙船は遠く離れた惑星オーディーンから飛来したもので、惑星オーディーンへの航路もわかりますが、船長は当初の予定通り地球への帰還を命じます。惑星オーディーンへ行くことを主張した士官候補生達は反乱を起こしてスターライト号を掌握すると、惑星オーディーンへ向かいます。
監督:舛田利雄 声優:筑波あきら(古川登志夫)、マモル・ネルソン(堀秀行)、サラ・シアンベイカー(潘恵子)、蔵本正之助(納谷悟朗)、アースゴード(石田弦太郎)、ベルゲル(玄田哲章)、ほか

「学校裏サイト ホラーゲーム」のネタバレあらすじ結末

学校裏サイト ホラーゲームの紹介:2012年日本映画。死んだ姉に届いた箱を開けるとタブレットが入っていて、タッチすると同級生を殺害できる『ホラーゲーム』が起動します。何も知らない美幸が、悪口を言った同級生を削除すると、その場で殺されました。ゲームをやめようとした美幸でしたが…という内容のミステリー出版賞 最優秀作品賞受賞を受賞した同名小説が原作の実写映画です。
監督:遊山直奇 出演者:あいか(坂神美幸)、高咲里音(立花理子)、松本唯(元彼)、後藤那奈(マリ)、中村幸太郎、ほか

「ファンシー」のネタバレあらすじ結末

ファンシーの紹介:2019年日本映画。現実(エロス)と幻想(ポエム)の狭間で揺れる、奇妙な三角関係――。「レッド」で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山本直樹の同名短編漫画を永瀬正敏と窪田正孝のダブル主演で映画化した作品です。寂れた地方の温泉街を舞台に、表の顔は郵便局員・裏の顔は彫師の男、寡黙でロマンチストな詩人、詩人のファンだという若い女性の三角関係が地元ヤクザの抗争と絡めて描かれていきます。
監督:廣田正興 出演者:永瀬正敏(鷹巣明)、窪田正孝(南十字星ペンギン)、小西桜子(月夜の星)、深水元基(新田)、長谷川朝晴(国広)、坂田聡(梶原)、吉岡睦雄(浅野)、澤真希(浅野美紀/みく)、榊英雄(鷹巣の旧友)、佐藤江梨子(鷹巣の元妻)、外波山文明(篠田)、宇崎竜童(竜男)、田口トモロヲ(田中)ほか

「浅田家!」のネタバレあらすじ結末

浅田家!の紹介:2020年日本映画。写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を2008年度に受賞した写真家・浅田政志。自らの家族を使って撮ったコスプレ写真が評判となった政志を演じるのは二宮和也。奔放な弟に振り回される真面目な兄を妻夫木聡、看護師として働く母を風吹ジュン、家族を見守る主夫である父を平田満が演じている。監督は「湯を沸かすほどの熱い愛」(2016)でデビューし、「長いお別れ」(2019)もヒットを記録した期待の若手・中野量太。やさしくあたたかい目線で“家族”を描いている。
監督・脚本:中野量太 原案:浅田政志『浅田家』『アルバムのチカラ』(赤々舎刊) キャスト:二宮和也(浅田政志)、妻夫木聡(浅田幸宏)、風吹ジュン(浅田順子)、平田満(浅田章)、黒木華(川上若菜)、菅田将暉(小野陽介)、渡辺真起子(外川美智子)、北村有起哉(渋川謙三)、野波麻帆(浅田和子)ほか

「俺俺」のネタバレあらすじ結末

俺俺の紹介:2012年日本映画。ハンバーガーショップでたまたま隣に座ったサラリーマンが、自分のトレイに携帯電話を置いたことから、その携帯を盗みます。サラリーマンの母親からの電話に、息子になりすましてオレオレ詐欺で90万円をだまし取った均は、その日以来自分と同じ顔の男が2人現れ、家族が入れ替わりました。なぜこうなったのかもわからないまま自分と同じオレ達と遊んでいると、オレ達は徐々に増え始め…という亀梨和也主演のミステリーサスペンス映画です。増殖する自分を演じる亀梨和也の変化ぶりも見ものです。
監督:三木聡 出演者:亀梨和也(永野均)、内田有紀(サヤカ)、加瀬亮(タジマ)、ふせえり(南)、中谷竜(ヤソキチ)、キムラ緑子(永野マサエ)、高橋惠子(大樹の母)ほか

「かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまご」のネタバレあらすじ結末

かいけつゾロリ まもるぜ!きょうりゅうのたまごの紹介:2013年日本映画。以前助けたきょうりゅうの家族に、卵が産まれた。その卵が孵る瞬間を見届けてほしいと手紙をもらったゾロリは、きょうりゅう家族の元へと駆けつける。しかし嵐の晩、卵が風に乗って転がりだし川へと落ちてしまう。ゾロリは無事に卵をきょうりゅう家族の元に届けることが出来るのか。児童書で大人気、かいけつゾロリの劇場版第2作目。
監督:岩崎知子 原作:原ゆたか 脚本:もりたけし 声優:山寺宏一(ゾロリ)、愛河里花子(イシシ)、くまいもとこ(ノシシ)、水樹奈々(ディナ)、野沢雅子(きょうりゅうママ)、ほか

「実録怪談 死念」のネタバレあらすじ結末

実録怪談 死念の紹介:2005年日本映画。転校生の遥に握らされた人形のせいで幽霊が見えるようになった冴は、仲良しのゆかりの兄が、テング神社で肝試しをして倒れて入院したことから、テング神社の幽霊を成仏させようと友達の奈々、家庭教師のチイ姉と行動を始めますが、テング神社の幽霊には深い恨みがあり…という内容のオカルトホラー映画です。本格ホラー映画ながらグラビアアイドルの主演の為、ホラー映画らしからぬ仕上がりになっています。
監督:中島輔 出演者:しほの涼(冴)、赤松唯(遥)、神嶌ありさ(チイ姉)、西尾めぐみ(奈々)、倉田みな(ゆかり)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 224

キーワードから探す

TOP↑