桐谷健太映画一覧

「僕の彼女はサイボーグ」のネタバレあらすじ結末

僕の彼女はサイボーグの紹介:2008年日本映画。「猟奇的な彼女」、「僕の彼女を紹介します」を手がけた韓国の映画監督、郭在容が日本で手がけた、彼女シリーズの第3弾としてつくられた作品です。未来から来た人造人間の少女と、彼女に惹かれていく青年の共同生活を描くSFラブストーリーです。
監督:郭在容 出演:綾瀬はるか(彼女)、小出恵介(北村ジロー)、桐谷健太(サトーケンタ)、吉高由里子(22世紀の学生)、佐藤めぐみ(嵐山女子高教師)、田口浩正(銃を乱射する男)、ドロンズ石本(警官)ほか

「バクマン。」のネタバレあらすじ結末

映画バクマン。の紹介:2014年日本映画。週刊少年ジャンプで連載されていた大人気コミックを実写映画化しました。『デスノート』で人気を博した大場つぐみと小畑健によるタッグです。高校生の真城最高が、クラスメートの髙木秋人とコンビを組み週刊少年ジャンプで漫画の連載を目指します。二人の前に立ちはだかるのは、同じ高校生で天才肌の新妻エイジ。ラストの対決では最高が病に倒れるというピンチに陥りながらも、仲間の協力を得て勝負に挑みます。
監督:大根仁 出演者:佐藤健(真城最高)、神木隆之介(高木秋人)、染谷将太(新妻エイジ)、桐谷健太(福田真太)、新井浩文(平丸一也)、皆川猿時(中井巧朗)、小松菜奈(亜豆美保)、宮藤官九郎(川口たろう)、山田孝之(服部哲)、リリー・フランキー(佐々木編集長)、ほか

「オカンの嫁入り (2010)」のネタバレあらすじ結末

オカンの嫁入り (2010)の紹介:2010年日本映画。大阪、桜の若芽が出る季節、森井月子は母親の陽子と仲良く生活を送っていた。ある晩、陽子は金髪リーゼントの若い男、服部研二と酔っ払って帰宅した。陽子はこの服部と結婚すると月子に告げる。月子は突然のことに途惑い、陽子に対して心を閉ざし、また服部にも嫌悪感を抱き、冷たく接する。家族同然のように森井家を見守ってきた大家のサクと陽子の上司の村上が二人を仲直りさせようとする。しかし陽子は月子にある秘密を抱えて暮らしていた……。
監督・脚本:呉美保 出演者:宮崎あおい、大竹しのぶ、桐谷健太、絵沢萠子、國村隼、林泰文、斎藤洋介、春やすこ、たくませいこ、友近、綾田俊樹ほか

「オカンの嫁入り」のネタバレあらすじ結末

オカンの嫁入り(おかんのよめいり)の紹介:2010年日本映画。母と娘の強い絆を描いたヒューマン・ドラマ。母親の末期がんという重いテーマを扱いながらも、コメディタッチで重くなりすぎることなく描かれており、笑いあり、涙ありの心温まる作品となっています。
監督:呉美保 出演者:宮崎あおい(月子)、大竹しのぶ(陽子)、桐谷健太(研二)、絵沢萌子(大家)ほか

「ソラニン」のネタバレあらすじ結末

ソラニンの紹介:2010年日本映画。浅野いにおの小説を原作とする切ないラブストーリー。亡くなった恋人の存在を証明するために、恋人の残した曲「ソラニン」を歌う感動のライブシーンに、涙が止まらなくなります。
監督:三木孝浩 出演者:宮崎あおい(芽衣子)、高良健吾(種田)、桐谷健太(バンド仲間)、加藤健一(バンド仲間)ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑