Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

北川景子映画一覧

北川景子が出演する映画のネタバレあらすじ一覧です。

「瞬 またたき」のネタバレあらすじ結末

瞬 またたきの紹介:2010年日本映画。河原れんの同名小説を映画化したラブストーリーです。恋人を交通事故で失い、心に深い傷を負った主人公の女性が、事故の真相を知るため失われた記憶を辿っていくうちに、恋人との愛の日々を思い出していきます。
監督:磯村一路 出演者:北川景子(園田泉美)、岡田将生(河野淳一)、大塚寧々(桐野真希子)、史朗(園田登)、深水元基(園田ツカサ)、清水美沙(堀川早紀)、永島暎子(河野沙恵子)、千崎若菜(桐野涼子)、田口トモロヲ(小木啓介)ほか

「パンク侍、斬られて候」のネタバレあらすじ結末

パンク侍、斬られて候の紹介:2018年日本映画。「狂い咲きサンダーロード」等で知られる鬼才、石井岳流(当時は石井聰亙)監督。原作は数々の受賞歴がある小説家であり音楽活動や役者もこなす才人、町田康。脚本は言わずと知れた宮藤官九郎。このメンツだけでも凄いのに、主役級の俳優を惜しげもなく使い、しかも全員が振り切った演技でぶつかり合う、強烈にブッ飛んだ映画が出来てしまいました。主演は、作品ごとに全く違った顔をみせる綾野剛。長い刀を振り回す殺陣シーンは綾野剛史上最高にかっこいいです!
監督:石井岳龍 脚本:宮藤官九郎 キャスト: 綾野剛(掛十之進)、北川景子(ろん)、東出昌大(黒和直仁)、染谷将太(幕暮孫兵衛)、浅野忠信(茶山半郎)、永瀬正敏(大臼延珍)、國村隼(大浦主膳)、豊川悦司(内藤帯刀)ほか

「探偵はBARにいる3」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる3の紹介:2017年日本映画。東直己の『ススキノ探偵シリーズ』を原作とする人気ハードボイルド・サスペンスシリーズ第3作です。北海道最大の歓楽街ススキノを舞台に、大泉洋と松田龍平扮する探偵コンビが、女子大生の失踪を発端とする大事件に巻き込まれていきます。
監督:吉田照幸 出演者:大泉洋(探偵)、松田龍平(高田)、北川景子(岬マリ)、前田敦子(諏訪麗子)、鈴木砂羽(モンロー)、リリー・フランキー(北城仁也)、志尊淳(波留)ほか

「HERO(2015年)」のネタバレあらすじ結末

HEROの紹介:2015年日本映画。フジテレビ系列で放送された木村拓哉主演のTVドラマ『HERO』の映画版第2作です。キャッチコピーは「新たなる伝説が始まる」で、ある一人の若い女性の不審な交通死亡事故を発端に、常識にとらわれず自分の価値観で捜査をする検事・久利生公平と東京地検城西支部の個性的な仲間たちが、外交特権という高い壁に立ち向かっていく姿を軽妙なタッチで描いたサスペンス・ヒューマン映画です。この作品は、第33回ゴールデングロス賞(2015年)の日本映画部門・優秀銀賞を受賞し、出演した吉田羊は第40回報知映画賞助演女優賞しました。
監督:鈴木雅之 出演:木村拓哉(久利生公平)、北川景子(麻木千佳)、杉本哲太(田村雅史)、濱田岳(宇野大介)、正名僕蔵(井戸秀二)、吉田羊(馬場礼子)、松たか子(雨宮舞子)、佐藤浩市(松葉圭介)、ほか

「君の膵臓をたべたい」のネタバレあらすじ結末

君の膵臓をたべたい(キミスイ)の紹介:2017年日本映画。住野よる原作のベストセラー「君の膵臓をたべたい」を実写映画化した切ない青春ドラマ映画。高校教師生活6年目を迎えた志賀春樹こと【僕】は教師を辞めることを考えながらぼんやりとした日々を過ごす。ふと【僕】はかつて唯一の「友達」だった山内桜良の事を思い出す。クラスの人気者だった桜良は誰にも言えない「秘密」を抱えていて、【僕】がその秘密を知ったことで桜良との関係を築いていく。あまりにも儚い2人の過去と現在。そして、誰にでも起こりうる日常の生と死を描く。「君の膵臓をたべたい」この意味を知った時、あなたはきっと涙するだろう。若手人気俳優の北村匠海と浜辺美波が主演を務めた話題作。
監督:月川翔 出演:浜辺美波(山内桜良)、北村匠海(僕 / 志賀春樹)、大友花恋(恭子)、矢本悠馬(ガム君 / 宮田一晴)、桜田通(委員長)、森下大地(栗山)、上地雄輔(宮田一晴)、北川景子(12年後の恭子)、小栗旬(12年後の僕)、ほか

「抱きしめたい 真実の物語」のネタバレあらすじ結末

抱きしめたい 真実の物語の紹介:2013年日本映画。関ジャニ∞の錦戸亮と北川景子のW主演により、実話を基にして製作されたヒューマン・ラブストーリーです。障害を負った女性とタクシー運転手の恋が描かれます。
監督:塩田明彦 出演者:北川景子(山本つかさ)、錦戸亮(小柳雅己)、風吹ジュン(つかさの母)、國村隼(雅己の父)、角替和枝(雅己の母)ほか

「破門 ふたりのヤクビョーガミ」のネタバレあらすじ結末

破門 ふたりのヤクビョーガミの紹介:2017年日本映画。「疫病神」シリーズは現在6作あり、黒川博行の小説で2015年にドラマ化され、今回の作品「破門」は2014年2月に第151回直木賞を受賞しています。映画製作の出資金を持ち逃げされたヤクザと建設コンサルタントが、詐欺師を追い資金を回収する中、ヤクザの組同士のトラブルに巻き込まれていく様子を描く。
監督:小林聖太郎 出演:佐々木蔵之介(桑原保彦)、横山裕(二宮啓之)、北川景子(渡辺悠紀)、濱田崇裕(木下)、矢本悠馬(セツオ)、橋本マナミ(玲美/真鍋恵美)、ほか

「謎解きはディナーのあとで」のネタバレあらすじ結末

映画 謎解きはディナーのあとでの紹介:2013年日本映画。東川篤哉原作の小説『謎解きはディナーのあとで』を元にしたテレビドラマシリーズの映画版です。ドラマの続編という形になっていますが、テレビドラマ版「謎解きはディナーのあとで」を見てない人でも楽しめる内容になっています。シンガポールでロケが行われましたが、主に舞台は豪華客船の中でストーリが展開されています。驚くような話しの展開はありませんが、カンの良い人には分かってしまいますが、最後に少しびっくりするようなことがあります。嵐の櫻井翔と北川景子が笑えるポイントを含ませながら好演しています。あまり考えずにエンターテイメントとして楽しめる映画となっています。
監督:土方政人 出演:櫻井翔(影山)、北川景子(宝生麗子)、椎名桔平(風祭京一郎)、中村雅俊(藤堂卓也)、桜庭ななみ(藤堂凛子)、要潤(石川天明)ほか

「ジャッジ!」のネタバレあらすじ結末

ジャッジ!の紹介:2013年日本映画。国際広告祭の舞台裏をコミカルに描いたコメディー映画です。広告作りに情熱はあるものの、ドジで間抜けな広告代理店に勤める太田喜一郎が、国際広告祭の審査員の仕事を上司から押しつけられ奮闘する様子を面白おかしく描いています。広告祭には女性同伴で赴くことが必要と考え、同僚の女性、大田ひかりと広告祭に臨むことになりますが、ひかりは美しい女性ながら大変気が強く、喜一郎は良いように振り回されます。また、自社が出品した作品をを入賞させなければ、喜一郎は会社をクビになってしまうという事実を知ることとなり、必至の作戦を試みます。
監督:永井聡 出演:妻夫木聡(太田 喜一郎)、北川景子(大田 ひかり)、リリー・フランキー(鏡さん)、ほか

「パラダイス・キス」のネタバレあらすじ結末

パラダイス・キスの紹介:2011年日本映画。原作は矢沢あいの少女漫画『Paradise kiss』。進学校に通う優等生・早坂紫が、ひょんなことから芸術学院の生徒たちと出会い、学園祭で開催されるショーのモデルを頼まれる。最初は嫌がっていた紫だが、夢を持って懸命にそれに向かい合う彼らに惹かれ、自分自身の歩みたい道を見出していく。
監督:新城毅彦 出演者:北川景子(早坂紫)、向井理(小泉譲二)、山本裕典(徳森浩行)、五十嵐隼人(山本大助(イザベラ))、大政絢(櫻田実和子)、賀来賢人(永瀬嵐)、ほか

「ハンサムスーツ」のネタバレあらすじ結末

ハンサムスーツの紹介:2008年日本映画。ブサイクでモテない人生を歩んでいた主人公が、着るだけでハンサムになれるスーツを手に入れて変身する姿を描いた、ハッピーなラブコメディー。人間は、外見ではなく中身だということに気づかせてくれる作品となっています。
監督:英勉 出演者:谷原章介(杏仁)、 塚地武雅(琢郎)、北川景子(寛子)、大島美幸(本江)ほか

「間宮兄弟」のネタバレあらすじ結末

間宮兄弟の紹介:2006年日本映画。仲良し兄弟の絆を描いた、ハートフルコメディー。平凡だけど幸せに暮らす兄弟の日常を、温かい目線で描いたほのぼのとした作品です。ベストセラー作家の江國香織の小説が原作となっています。
監督:森田芳光 出演者:佐々木蔵之助(間宮明信)、塚地武雄(間宮徹信)、沢尻エリカ(本間直美)、北川景子(本間夕実)、常盤貴子(葛原依子)ほか

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの紹介:2006年アメリカ映画。カーアクション映画ワイルドスピードシリーズ3作目で、今作では初めて主人公が今までのシリーズは違う俳優を採用しており、舞台も東京という異色作となっています。ストリート・カーレースの世界に魅せられた若者の青春とそれに伴う華麗なアクションを描く。
監督:ジャスティン・リン 出演:ルーカス・ブラック、ナタリー・ケリー、サン・カン、パウ・ワウ、サニー千葉、北川景子、妻夫木聡ほか

TOP↑