ムロツヨシ映画一覧

「横道世之介」のネタバレあらすじ結末

映画 横道世之介の紹介:2013年日本映画。1980年代の東京を舞台に、大学進学のため長崎から上京した、お人よしの横道世之介。持ち前の明るさで周囲の人を幸せにする世之介と、その周囲の人たちの青春像を、16年後の後日談を交えて切なく描いた力作。
監督:沖田修一 出演:高良健吾(横道世之介)、吉高由里子(与謝野祥子)、池松壮亮(倉持一平)、伊藤歩(片瀬千春)、綾野剛(加藤雄介)、朝倉あき(阿久津唯)、黒川芽以(大崎さくら)、柄本佑(小沢)、佐津川愛美(戸井睦美)、大水洋介(石田健次)、田中こなつ(清寺由紀江)、ムロツヨシ(前原)、ほか

「小野寺の弟 小野寺の姉」のネタバレあらすじ結末

小野寺の弟 小野寺の姉の紹介:2014年日本映画。一つ屋根の下で暮らす恋愛に臆病な弟とパワフルな姉が、間違って配達された手紙をめぐり、それぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく様子を描く。TVドラマ『妖怪人間ベム』やアニメ『TIGER & BUNNY』などの脚本を務めた西田征史が、自身の小説『小野寺の弟・小野寺の姉』を映画化、初監督した作品です。キャッチコピーは「最強のすぎるふたり。」「日本一・人生に不器用な姉と弟に、恋のチャンスが訪れた!?」で、一軒家に過ごす姉と弟の心の絆と二人の恋の行方をコメディタッチで描いたハートフルドラマです。監督・脚本は小説の作者の西田自身が担当、主役の小野寺姉弟は、2013年の舞台に引き続き、向井理と片桐はいりが務めています。映画初監督した西田は、この作品で第39回報知映画賞・新人賞を受賞しました。
監督:西田征史 出演:向井理(小野寺進)、片桐はいり(小野寺より子)、山本美月(岡野薫)、ムロツヨシ(河田耕輔)、寿美菜子(齋藤亜沙子)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑