永瀬正敏映画一覧

「さくらん」のネタバレあらすじ結末

さくらんの紹介:2007年日本映画。吉原を舞台に、美しく咲き乱れる花魁の恋模様と、たくましい生きざまを描いた作品。安野モヨコの漫画が原作となっています。フォトグラファーでもある蜷川実花が監督をつとめており、その美しい映像世界も必見となっています。
監督:蜷川実花 出演者:土屋アンナ(きよ葉・日暮)、椎名桔平(倉之助)、成宮寛貴(惣次郎)、木村佳乃(高尾)、菅野美穂(粧ひ)、永瀬正敏(光信)、美波(若菊)、山本浩司(大工)、遠藤憲一(坂口)、小池彩夢(幼ききよ葉)、山口愛(しげじ)、小泉今日子(お蘭)、石橋蓮司(楼主)、夏木マリ(女将)、市川左團次(ご隠居)、安藤政信(清次)、蜷川みほ(桃花)、近野成美(雪路)、星野晶子(遣手)、翁華栄(番頭)、津田寛治(粧ひの客)、長塚圭史(きよ葉の客)、SABU(床紅葉の客)、丸山智己(日暮の客)、小栗旬(花屋)、ほか

「あん」のネタバレあらすじ結末

あんの紹介:2015年日本映画。「やり残したことはありませんか」。訳ありの過去を持つどら焼きやの雇われ店長が、美味しいあんの作り方を知っている老女や訳ありの女子中学生との出会いを通じて生きる意味を見出していきますが、老女には壮絶な過去がありました・・・。ドリアン助川の同名小説を『萌の朱雀』『殯の森』などの河瀬直美監督が映画化、差別や偏見にも屈せず、己の信念を貫いた元ハンセン病患者の老女と周囲の人々の心のふれあいを丁寧に描きあげたヒューマン・ドラマです。主演の樹木希林は孫である内田伽羅と二度目の共演を果たしています。
監督:河瀬直美 出演者:樹木希林(吉井徳江)、永瀬正敏(千太郎)、内田伽羅(ワカナ)、市原悦子(佳子)、浅田美代子(どら春のオーナー)、水野美紀(ワカナの母)、仲野太賀(陽平)、兼松若人(若人)ほか

「隠し剣 鬼の爪」のネタバレあらすじ結末

隠し剣 鬼の爪の紹介:2004年日本映画。東北の海坂藩士の片桐宗蔵は、裕福ではなかったが母と妹の志乃と下働きのきえとの暮らしは幸せであった。しかし、母が亡くなり、妹ときえを嫁に出して一人になってしまう。きえは宗蔵を好いていたが、身分違いの恋とあきらめて嫁に行ったのだが、嫁ぎ先で惨い仕打ちにあっていた。宗蔵はきえを家に連れ戻します。逃亡した狭間弥市郎を討つよう藩命がくだります。隠し剣 鬼の爪は、藤沢周平原作の時代劇映画です。
監督:山田洋次 出演:永瀬正敏(片桐宗蔵)、松たか子(きえ)、吉岡秀隆(島田左門)、小澤征悦(狭間弥市郎)、田畑智子(島田志乃)、高島礼子(狭間桂)、倍賞千恵子(片桐吟)、緒形拳(家老・堀将監)他

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末

虹をつかむ男の紹介:1996年日本映画。就職試験に失敗して家を飛び出した、平山亮は四国の徳島の光町で今にも潰れそうな映画館オデオン座で働くことになり、オーナーの
活っちゃんに振り回されるが、映画に対する情熱と町の人々の人情に触れて、段々と感化されていく、人情コメディーです。
監督:山田洋次 出演:西田敏行(白銀活男)、吉岡秀隆(平山亮)、田中裕子(十成八重子)、倍賞千恵子(平山春子)、田中邦衛(常さん)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑