Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

「ノーザン・ソウル」のネタバレあらすじ結末

ノーザン・ソウルの紹介:2014年イギリス映画。1960年〜70年代のイングランド。北部の工業地帯では、ワーキング・クラスの若者たちが10代の頃から選択の余地はなく工場労働に従事していた。単調な仕事をこなし、週末になると地元のクラブでソウル・ミュージュックに身体を委ね朝まで踊る。彼らが退屈な毎日から解き放たれる唯一の場所であり時間でもあった。題名にもなっている「ノーザン・ソウル」とは、彼らが好んだアップ・ビートなレアソウル。それは自分たちの魂を守り抜こうという生き方そのものの音楽でもあった。商業主義に走る音楽も多い中で、純粋にアンダーグラウンドとして今日まで愛され続けているノーザン・ソウル。後の音楽シーンに影響を与えつつもあまり知られることのなかった実態を描く。
監督:エイレン・コンスタンティン 出演:エリオット・ジェームズ・ラングリッジ(ジョン)、ジョシュ・ホワイトハウス(マット)、スティーブ・クーガン(ミスター・バンクス)、アントニア・トーマス(アンジェラ)、リサ・スタンスフィールド(ジョンの母親)ほか

「ファースト・マン」のネタバレあらすじ結末

ファースト・マンの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代のアメリカ。まだ携帯電話すらなかった時代に、ブリキ缶のようや宇宙船で月を目指した者たちがいた。このミッションの発足と過酷な訓練、またそれを通して結ばれた宇宙飛行士たちの絆、そして様々なトラブルにより散った仲間の命や家族の葛藤など、1969年に成し遂げられた人類初の月面着陸の裏で起こった人間ドラマを描く。臨場感溢れる映像により、まるでアポロ11号に同乗しているかのように緊張感と閉塞感、そして宇宙に放たれた開放感の中であの一歩を体感することができる。
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング(ニール・アームストロング)、クレア・フォイ(ジャネット・アームストロング)、ジェイソン・クラーク(エド・ホワイト)、カイル・チャンドラー(ディーク・スレイトン)、コリー・ストール(バズ・オルドリン)、キアラン・ハインズ(ボブ・ギルルース)、パトリック・フュジット(エリオット・シー)、ルーカス・ハース(マイク・コリンズ)ほか

「アクアマン」のネタバレあらすじ結末

アクアマンの紹介:2018年アメリカ映画。アトランティス王国の血を引きながら、人間として育てられたアーサー。母であるアトランナ女王が海に戻ったあとは、バルコからアトランティス人としての教育を受け海底人の能力や戦い方を学んだ。ある日突如海から現れたメラから、海底王国が人類の征服を狙い侵略しようとしていることを告げられる。規格外のパワーをそなえアクアマンとして戦いに臨む。豪華キャストによる魅力的なキャラクターと迫力満点の映像世界も見逃せない。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カーリー/アクアマン)、アンバー・ハード(メラ)、ウィレム・デフォー(バルコ)、パトリック・ウィルソン(オーム王)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、ルディ・リン(マーク)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ニコール・キッドマン(アトランナ女王)、ほか

「デス・ショット」のネタバレあらすじ結末

デス・ショットの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。銀行勤務の真面目な男が突然、犯罪に巻き込まれます。自分の関与がFBIに疑われたのか、潔白を証明るため男は自ら犯人を探します。一人で悪に立ち向かう彼に近所の元警官がアドバイスします。犯人を追い詰める男ですが、犯人は恐ろしい行動で男と対決します。『デス・ショット』は激しいアクション映画、フランク・グリロが主演で激しいアクションを演じ、ブルース・ウィリスが元警官の脇役として犯人を追い詰めます。
監督:ブライアン・A・ミラー 出演:ブルース・ウィリス(ジェームス)、フランク・グリロ(ジェイコブ)、ジョナサン・シェック(ガブリエル)、オリヴィア・クルポ(クリスティナ)、ほか

「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」のネタバレあらすじ結末

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVERの紹介:2018年日本映画。『平成仮面ライダーシリーズ』第20作記念にして最終作の『仮面ライダージオウ』と第19作『仮面ライダービルド』をメインに据えた劇場版であり、『ジオウ』テレビ本編の「クウガ編」「電王編」「W(ダブル)編」にあたります。平成ライダーの歴史を抹消しようと企むスーパータイムジャッカー、そして最強最悪の敵である3体の“アナザーライダー”の野望にジオウとビルド、そして歴代平成仮面ライダーたちが立ち向かいます。キャッチコピーは「時代が終わる。すべてがはじまる」「仮面ライダーを愛してくれたあなたへ あなたの記憶に、彼らは生きているか」。
監督:山口恭平 キャスト:奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ)、犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド)、押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ)、大幡しえり(ツクヨミ)、渡邉圭祐(ウォズ(黒ウォズ))、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ)、生瀬勝久(常磐順一郎)、福崎那由他(久永アタル/アナザー電王)、斎藤汰鷹(シンゴ)、伊藤健太郎(アナザーW)、関俊彦(モモタロス/仮面ライダー電王)、遊佐浩二(ウラタロス/仮面ライダー電王)、てらそままさき(キンタロス/仮面ライダー電王)、鈴村健一(リュウタロス/仮面ライダー電王)、石丸謙二郎(デンライナーのオーナー)、滝藤賢一(フータロス)、賀集利樹(仮面ライダーアギト)、須賀貴匡(仮面ライダー龍騎)、井上正大(仮面ライダーディケイド)、西銘駿(仮面ライダーゴースト)、大東駿介(ティード/アナザークウガ/アナザーアルティメットクウガ)、佐藤健(野上良太郎)ほか

「ゴッズ・オウン・カントリー」のネタバレあらすじ結末

ゴッズ・オウン・カントリーの紹介:2017年イギリス映画。2017年サンダンス映画祭ワールド・シネマ ドラマ・コンペティション 監督賞受賞、ベルリン映画祭パノラマ部門出品テディ賞受賞など、世界中で注目され高評価を得た本作はフランシス・リーの初監督作。“神の恵みの地”と呼ばれるイギリス・ヨークシャー地方の美しい風景の中、どうにもならない現実に閉塞感を感じる主人公。酒とセックスに逃避する彼の前に現れたのは異国からの労働者。この物語は男性同士の恋愛を描きながら、人と人との心の交流、そしてその先にある希望を感じさせる作品になっている。
監督:フランシス・リー 出演:ジョシュ・オコナー(ジョニー)、アレック・セカレアヌ(ゲオルゲ)、ジェマ・ジョーンズ(ジョニーの祖母)、イアン・ハート(ジョニーの父)、ジョン・マックレア(青年)ほか

「ポーラー 狙われた暗殺者」のネタバレあらすじ結末

ポーラー 狙われた暗殺者の紹介:2019年アメリカ, ドイツ映画。殺し屋が従業員の暗殺請負会社は50歳が定年です。社員への多額の企業年金が会社の負担になると考えた社長は、定年間近の史上最強の暗殺者を殺して年金を払わないようにする計画を立てます。狙われた暗殺者はそれに気づき、暗殺部隊と激しい戦いとなります。『ポラー・狙われた暗殺者』は激しいアクション映画で、マッツ・二ケルセンが無口で女好き、殺し方は残忍、昔殺した一家の少女が忘れられない暗殺者を演じています。
監督:ヨナス・アカーランド 出演:マッツ・ミケルセン(ダンカン・ヴィズラ)、ヴァネッサ・ハジェンズ(カミーユ)、キャサリン・ウィニック(ヴィヴィアン)、マット・ルーカス(ミスター・ブルート)、ロバート・メイレット(カール)、ルビー・O・フィーア(シンディ)、ほか

「フロントランナー」のネタバレあらすじ結末

フロントランナーの紹介:2018年アメリカ映画。1984年、民主党大会大統領予備選挙。ジョン・F・ケネディの再来と言われ、史上最年少で候補者となったコロラド州選出の上院議員ゲイリー・ハートは好戦を見せる。しかし、結果は落選。カーター大統領時代に副大統領を務めたウォルター・モンデールが当選した。それから4年後の1988年。大統領選に向け再びハートは出馬。民主党大統領候補者の中で圧倒的人気で他候補者を抑えフロントランナー(最有力候補)となる。しかし、あるスキャンダル発覚により、それからたった3週間の間で全てを変えられ、ハートは奈落の底に突き落とされてしまう。実在する人物ゲイリー・ハートの試練だけでなく、大統領選挙や民主主義、そしてメディアについても客観的に描かれている。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演:ヒュー・ジャックマン(ゲイリー・ハート)、ヴェラ・ファーミガ(リー・ハート)、J.K.シモンズ(ビル・ディクソン/選挙参謀)、アルフレッド・モリーナ(ベン・ブラッドリー/ワシントンポスト紙主幹)、モリー・イフラム(アイリーン・ケリー/スケジュール担当)、クリス・コイ(ケヴィン・スィーニー/報道担当)、アレックス・カルポフスキ(マイク・ストラットン/アドバンス・マン)、ジョシュ・ブレナー(ダグ・ウィルソン/政策アドバイス・スタッフ)、マムドゥ・アチー(A.J.パーカー/ワシントン・ポスト紙記者)、スティーヴ・ジシス(トム・フィドラー/マイアミ・ヘラルド紙記者)、サラ・パクストン(ドナ・ライス)ほか

「メリー・ポピンズ リターンズ」のネタバレあらすじ結末

メリー・ポピンズ リターンズの紹介:2018年アメリカ映画。前作の20年後、大人になり妻の死や金銭的な問題で苦しんでいるマイケルの元へ再び姿を現したメリーポピンズは、彼に力を貸し再び子供の様な気持ちになる事を思い出させる。そして今度はマイケルの3人の子供達を不思議な世界へと連れて行くのだった。名作『メリー・ポピンズ』から半世紀ぶりの続編。大恐慌時代を舞台にメリー・ポピンズが再び起こす奇跡を描く。
監督:ロブ・マーシャル 出演:エミリー・ブラント(メリー・ポピンズ)、リン=マヌエル・ミランダ(ジャック)、ベン・ウィショー(マイケル・バンクス)、エミリー・モーティマー(ジェーン・バンクス)、ジュリー・ウォルターズ(エレン)、ピクシー・デイヴィーズ(アナベル・バンクス)、サナニエル・サレー(ジョン・バンクス)、ジョエル・ドーソン(ジョージー・バンクス)、コリン・ファース(ミスター・ウィルキンズ)、メリル・ストリープ(トプシー)、ほか

「この道」のネタバレあらすじ結末

この道の紹介:2018年日本映画。明治から昭和にかけて「この道」「雨ふり」「待ちぼうけ」「からたちの花」など数多くの童謡作品を詩人・北原白秋と音楽家・山田耕筰のコンビの数奇な友情を、大森南朋とAKIRA(EXILE)のダブル主演で描いた伝記ドラマです。
監督:佐々部清 出演者:大森南朋(北原白秋)、AKIRA(山田耕筰)、貫地谷しほり(菊子)、松本若菜(松下俊子)、小島藤子(記者)、津田寛治(菊池寛)、升毅(秦彦三郎)、柳沢慎吾(鈴木三重吉)、羽田美智子(与謝野晶子)、松重豊(与謝野鉄幹)、由紀さおり(歌手)、安田祥子(歌手)ほか

「十二人の死にたい子どもたち」のネタバレあらすじ結末

十二人の死にたい子どもたちの紹介:2018年日本映画。集団安楽死を望んで廃病院に集まった少年少女12人が、死体を見つける。死体は何者なのか、自殺?他殺?殺人犯がこの12人の中にいるのか。疑心暗鬼に陥りながら、十二人の死にたい理由が明かされていく。直木賞の候補になったことでも知られる「十二人の死にたい子どもたち」は、様々なジャンルの作品を生み出すことで知られる作家冲方丁(うぶかた とう)初のサスペンス。その傑作小説を「SPEC」シリーズや「人魚の眠る家」の記憶も新しい堤幸彦監督がメガホンをとり、当代きっての若手俳優たちによる息つく暇もない密室劇に仕立て上げた。ここ数年の活躍もめざましいイケメン俳優たち、美少女の面影残る女優たちの濃密な演技バトルが繰り広げられ、特に5台のカメラによる40分の長回しは圧巻。
監督:堤幸彦 原作:冲方丁 キャスト:高杉真宙(サトシ – 1番)、渕野右登(ケンイチ – 2番)、古川琴音(ミツエ – 3番)、橋本環奈(リョウコ – 4番)、新田真剣佑(シンジロウ – 5番)、黒島結菜(メイコ – 6番)、杉咲花(アンリ – 7番)、萩原利久(タカヒロ – 8番)、北村匠海(ノブオ – 9番)、坂東龍汰(セイゴ – 10番)、吉川愛(マイ – 11番)、竹内愛紗(ユキ – 12番)、ほか

「デイアンドナイト」のネタバレあらすじ結末

デイアンドナイトの紹介:2018年日本映画。小さな田舎の町で父は大企業の不正を知り、内部告発をした。小さな自動車工場を営む父はそのあと自殺。父が内部告発したことは正しかったのか、それで誰が得をしたのか?東北の風力発電のある小さな田舎町。父が内部告発することで村八分にされたり、仕事を回してもらえなくなったり、あげくのはては借金を抱え込むことに。どんどん住みにくい状況に追い込まれていく。幸次の父は本当に正しかったのか、何が善で何が悪か、人として家族を守るために悪い行いをしてもいいのか、正義のために人を死にまで追い詰めていいものかを考えさせられる。究極のヒューマンドラマです。
監督:藤井道人 出演:阿部進之介(明石幸次)、安藤政信(北村健一)、清原果耶(大野奈々)、小西真奈美(トモコ)、佐津川愛美(友梨佳)、渡辺裕之(明石和幸)、室井滋(明石京子)、田中哲司(三宅良平)、ほか

「ナチス第三の男」のネタバレあらすじ結末

ナチス第三の男の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー映画。ローラン・ビネのベストセラー小説『HHhH プラハ、1942年』の映画化。ラインハルト・ハイドリヒの暗殺事件は『死刑執行人もまた死す』(1943年)、『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』(2016年)等の映画によってあつかわれてきたが、本作品ではレジスタンス組織の英雄的活動と悲劇的末路のみならず、青年ハイドリヒがナチ党の残忍さを象徴する存在、ユダヤ人大量虐殺の首謀者へと変貌する過程をも描いている。
監督:セドリック・ヒメネス 出演:ジェイソン・クラーク(ラインハルト・ハイドリヒ)、ロザムンド・パイク(リナ・ハイドリヒ)、ジャック・オコンネル(ヤン・クビシュ)、ジャック・レイナー(ヨゼフ・ガブチーク)、ミア・ワシコウスカ(アンナ・ノヴァーク)その他

「パウロ 愛と赦しの物語」のネタバレあらすじ結末

パウロ 愛と赦しの物語の紹介:2018年アメリカ映画。『新約聖書』の著者のひとりである使徒パウロの生涯を、晩年にキリスト教徒の迫害で捕らえられ処刑を待つパウロを見続けてきた看守マウリティウスと医者のルカの視点から描きます。ルカ役にはメル・ギブソン監督作『パッション』でイエス・キリストを演じたジム・カヴィーゼルが演じています。
監督:アンドリュー・ハイアット 出演者:ジム・カヴィーゼル(ルカ)、オリヴィエ・マルティネス(マウリティウス)、ジョアンヌ・ウォーリー(プリスカ)、ジョン・リンチ(アキラ)、ジェームズ・フォークナー(パウロ)ほか

「ROMA/ローマ」のネタバレあらすじ結末

ROMA/ローマの紹介:2018年メキシコ映画。Netflix製作のオリジナル映画。ゼロ・グラビティの監督でメキシコ出身のアルフォンソ・キュアロン監督が、幼少時代にお世話になった家政婦に捧げた作品です。家政婦のクレオが揺れ動くメキシコで、女性らしい強さで生きていく姿を映し、第91回アカデミー賞、作品賞を含む10部門にノミネートされた超話題作です。2018年のヴェネチア国際映画祭最高賞の金獅子賞を受賞しました。
監督:アルフォンソ・キュアロン 出演:ヤリッツァ・アパリシオ(クレア)、マリーナ・テ・ダビラ(ソフィ)、ジョージ・アントニオ・ゲレーロ(フェルミン)、ベロニカ・ガルシア(テレサ)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 22
TOP↑