Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

「オーヴァーロード」のネタバレあらすじ結末

オーヴァーロードの紹介:2018年アメリカ映画。第二次世界大戦中の1944年、ノルマンディー上陸作戦前に数名の米軍兵士はドイツ軍の施設を破壊する任務を与えられます。ドイツ軍に攻撃されながら向かった施設ではドイツ人医師による狂気の人体実験、アンデッド(不死身の兵士)開発計画が行われていました。若い兵士は地元のフランス人女性の助けを借りながら任務を遂行しますが、ドイツ軍による恐怖のモンスターとの戦いが待っています。本作『オーヴァーロード』は戦争を舞台としたアクション・ホラー映画、批評家からも好意的に受け止められました。J・J・エイブラムスが製作を務めています。タイトルにもなっている『オーヴァーロード』とは連合国軍によるドイツ占領国への侵攻作戦名のことです。
監督:ジュリアス・エイヴァリー 出演:ジョヴァン・アデポ(ボイス)、ワイアット・ラッセル(フォード)、マチルド・オリヴィエ(クロエ)、ピルー・アスベック(ワフナー)、ジョン・マガロ(ティベット)、イアン・デ・カーステッカー(チェイス)、ジェイコブ・アンダーソン(ドーソン)、ドミニク・アップルホワイト(ローゼンフェルド)、ジャニー・トーファー(ポール)、ジョセフ・クイン(グルナウアー)、ボキーム・ウッドバイン(レンシン)、エリック・レッドマン(Dr.シュミット)、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

「アガサ・クリスティー ねじれた家」のネタバレあらすじ結末

アガサ・クリスティー ねじれた家の紹介:2017年イギリス映画。『名探偵ポワロ』などで知られる“ミステリーの女王”ことアガサ・クリスティーが1949年に発表、自ら“最高傑作”と語った小説『ねじれた家』を豪華キャストで初映画化したミステリー作品です。大富豪暗殺事件の謎を追う私立探偵は、やがてその華麗なる一族の抱える深い闇に気付くことになります。
監督:ジル・パケ=ブレネール 出演:グレン・クローズ(イーディス・デ・ハヴィランド)、マックス・アイアンズ(チャールズ・ヘイワード)、ステファニー・マティーニ(ソフィア・レオニデス)、テレンス・スタンプ(タヴァナー主任警部)、クリスティーナ・ヘンドリックス(ブレンダ・レオニデス)、ジリアン・アンダーソン(マグダ・レオニデス)、アマンダ・アビントン(クレメンシー・レオニデス)、オナー・ニーフシー(ジョセフィーン・レオニデス)、ジュリアン・サンズ(フィリップ・レオニデス)、クリスチャン・マッケイ(ロジャー・レオニデス)、プレストン・ナイマン(ユースティス・レオニデス)、ジョン・ヘファーナン(ローレンス・ブラウン)、ジェニー・ギャロウェイ(乳母)ほか

「ドント・ウォーリー」のネタバレあらすじ結末

ドント・ウォーリーの紹介:2018年アメリカ映画。酒におぼれ交通事故で半身不随になった青年は絶望的な精神になります。再び酒びたりの生活を送りますが、幸いにも右手が動く彼は、漫画を書くという仕事を持ち、友達から励まされながら過去の贖罪をはじめ、人間的に成長していきます。『ドント・ウォーリー』は新聞にユーモアあふれる漫画を書いたジョン・キャラハンのストーリー、酒を絶ちたい、人生に生きがいを見つけたい、過去の反省をして人間的に成長したい人にはおすすめの映画です。
監督:ガス・ヴァン・サント 出演:ホアキン・フェニックス(ジョン・キャラハン)、ジョナ・ヒル(ドニー)、ルーニー・マーラ(アヌー)、ジャック・ブラック(デクスター)、ほか

「アベンジャーズ/エンドゲーム」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/エンドゲームの紹介:2019年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気スーパーヒーローたちが一堂に集結した一大英雄巨編『アベンジャーズ』シリーズ第4作にして完結編であり、『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』シリーズ第22作目であるSFアクション超大作です。「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、サノスによって人類の半分の命が失われた世界のその後を描いており、生き残ったヒーローたちが力を合わせ、仲間や愛する人達を救うため、最後の決戦に挑む。本作品は2019年公開の全ての映画作品の中でも最重要作品であり、2008年公開の『アイアンマン』から始まったMCUシリーズの集大成にしてグランドフィナーレを飾るに相応しい作品に仕上がっています。なお、本作は『アイアンマン』シリーズおよび初代『キャプテン・アメリカ』シリーズの完結編ともなっています。
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ キャスト:ロバート・ダウニー・Jr(トニー・スターク/アイアンマン)、クリス・エヴァンス(スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ)、マーク・ラファロ(ブルース・バナー/ハルク)、クリス・ヘムズワース(ソー)、スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、ジェレミー・レナー(クリント・バートン/ホークアイ)、ドン・チードル(ジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシン)、ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、グウィネス・パルトロー(ペッパー・ポッツ)、ジョシュ・ブローリン(サノス)ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「ある少年の告白」のネタバレあらすじ結末

ある少年の告白の紹介:2018年アメリカ映画。アメリカに今もあるという性的指向の矯正施設。この映画には、原作者ガラルド・コンリーが告発本を出版するに至った、ある施設での体験とそれによって生まれた人間ドラマが描かれている。主人公ジャレッドを演じるのは、20歳のときにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたこともあるルーカス・ヘッジズ。その両親に、ともにアカデミー賞主演男優賞・女優賞をとったラッセル・クロウとニコール・キッドマン。豪華キャスト陣の繊細かつ大胆な演技が見る者を圧倒する衝撃の実話だ。
監督:ジョエル・エドガートン 出演:ルーカス・ヘッジズ(ジャレッド・イーモンズ)、ニコール・キッドマン(母 ナンシー・イーモンズ)、ラッセル・クロウ(父 マーシャル・イーモンズ)、ジョエル・エドガートン(ヴィクター・サイクス)、ジョー・アルウィン(ヘンリー)、グザヴィエ・ドラン(ジョン)、トロイ・シヴァン(ゲイリー)、テオドール・ペルラン(ゼイヴィア)、フリー[レッド・ホット・チリペッパーズ ベーシスト](ブランドン)、ほか

「エマの瞳」のネタバレあらすじ結末

エマの瞳の紹介:2017年イタリア,スイス映画。『ベニスで恋して』などで知られるイタリアの名匠シルビオ・ソルディーニ監督が贈る大人のラブストーリーです。目が不自由ながらも自分らしく自立して生きる女性と、家族や恋人とまともに向き合ってこなかったプレイボーイの男との恋愛とその顛末を描きます。
監督:シルビオ・ソルディーニ 出演者:アドリアーノ・ジャンニーニ(テオ・モスコーニ)、バレリア・ゴリノ(エマ)、アンナ・フェルツェッティー(グレタ)、バレンティーナ・カーネッティ(ステファニア)、ローラ・アドリアーニ(ナディア)ほか

「シャザム!」のネタバレあらすじ結末

シャザム!の紹介:2019年アメリカ映画。15歳の少年ビリーはある日魔術師から勇士に選ばれ、スーパーパワーを与えられる。しかしそのパワーで人間の世界を脅かす計画をするドクター・シヴァナから狙われると、家族や世界を守る為戦う事となる。DCコミックスの異色ヒーローが騒動を巻き起こすコメディーアクション映画。
監督:デビッド・F・サンドバーグ 出演:ザカリー・リーヴァイ(シャザム)、アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)、マーク・ストロング(ドクター・サディアス・シヴァナ)、ジャック・ディラン・グレイザー(フレディ・フリーマン)、ほか

「多十郎殉愛記」のネタバレあらすじ結末

多十郎殉愛記(たじゅうろうじゅんあいき)の紹介:2019年日本映画。無類の剣豪なのに無為に日々を過ごす長州脱藩者と彼を想う女。やがて二人の運命を変える出来事が。『木枯し紋次郎』等の中島貞夫監督が時代劇の成立と衰退と尽きせぬ魅力を描いたドキュメンタリー映画『時代劇は死なず ちゃんばら美学考』(2015年)の監督を経て20年ぶりに手掛けた時代劇は『長恨』等の巨匠、伊藤大輔監督の霊に捧げられた。画一化された時代劇への危機感に突き動かされ、殺陣の魅力にこだわったこの作品のクライマックスは30分に及ぶ大立ち回り。
監督:中島貞夫 出演者:高良健吾(清川多十郎)、多部未華子(おとよ)、木村了(清川数馬)、寺島進(溝口蔵人)、永瀬正敏(桂小五郎)、栗塚旭(老僧)、ほか

「A-X-L / アクセル」のネタバレあらすじ結末

A-X-L /アクセルの紹介:2017年アメリカ映画。モトクロスバイク好きの青年マイルズが山岳地帯の廃品置き場で、軍用犬ロボットを見つけました。ロボット犬は故障して動けなくなっていたため修理をすると、マイルズをパートナーと認識して忠実になりました。このロボット犬こそA-X-L(アクセル)と呼ばれるAI搭載の軍事用ロボット犬でした。A-X-Lが再起動したことによってマイルズは軍から追われるようになり…という内容のSFアクション映画です。
監督:オリヴァー・デイリー 出演:アレックス・ニューステッター(マイルズ・ヒル)、ベッキー・G(サラ・レイエス)、アレックス・マクニコル (サム・フォンティン)、ドミニク・レインズ(アンドリック)、トーマス・ジェーン(チャック・ヒル)、ルー・テイラー・プッチ (ランドール)、パトリシア・ドゥ・レオン(ジョアンナ・レイエス)、ほか

「ザ・バニシング 消失」のネタバレあらすじ結末

ザ・バニシング-消失-の紹介:1988年オランダ,フランス映画。ある日、旅行中に突然姿を消したサスキア。恋人のレックスは彼女を捜すうちに執念の虜になり次第に精神を追い詰められていく。一方、レイモンは自分の異常性と正常性を立証するために、ある「実験」を行う。2人の男が対峙し運命は絶望と恐怖へと導かれる。1993年には監督自身の手によりジェフ・ブリッジス、キーファー・サザーランド、サンドラ・ブロック主演でハリウッド・リメイクされている作品。日本ではこれまで劇場未公開だったが、2019年4月12日から劇場公開が実現した。
監督:ジョルジュ・シュルイツァー 出演:ベルナール・ピエール・ドナデュー(レイモン・ルモン)、ジーン・ベルヴォーツ(レックス・ホフマン)、ヨハンナ・テア・ステーゲ(サスキア・ワグター)ほか

「荒野にて」のネタバレあらすじ結末

荒野にての紹介:2017年イギリス映画。幼い頃に母に捨てられ、1人で自分を育ててきてくれた父も亡くし、1人ぼっちになった15歳の少年チャーリーは、世話をしていた競走馬のリーン・オン・ピートと一緒に、唯一残された家族である叔母を探す旅に出る。
監督:アンドリュー・ヘイ 出演:チャーリー・プラマー(チャーリー・トンプソン)、クロエ・セヴィニー(ボニー)、トラヴィス・フィメル(レイ)、スティーヴ・ザーン(シルバー)、スティーヴ・ブシェミ(デル・モンゴメリー)、ほか

「ビューティフル・ボーイ」のネタバレあらすじ結末

ビューティフル・ボーイの紹介:2018年アメリカ映画。優等生でスポーツ万能、そんな才能豊かなニック。常に家族からの愛情に包まれた"いい息子・いい兄"だったが、つい手を出してしまったドラッグにより次第に堕ちていくこととなる。罪悪感と恐怖感に襲われるニックを、大きな愛と献身的なサポートで包む父デヴィッド。痛ましくも美しい父の愛と絶望の中に見えてくる確かな希望のひかりを描く。タイトルはジョン・レノンとオノ・ヨーコの最後のアルバムの収録曲『ビューティフル・ボーイ』から。なお、ジョン・レノンの生前最期のロングインタビューを行ったのは、当時音楽ライターだったデヴィッドだった。
監督:フェリックス・ヴァン・ヒュルーニンゲン 出演:スティーヴ・カレル(デヴィッド・シェフ)、ティモシー・シャラメ(ニック・シェフ)、モーラ・ティアニー(カレン・バーバー)、エイミー・ライアン(ヴィッキー・シェフ)、ケイトリン・デヴァー(ローレン)ほか

「名探偵コナン 紺青の拳」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)の紹介:2019年日本映画。「真実VS奇術VS蹴撃 雌雄を決する三位一体(トリニティ)バトルミステリー」興行収入90億円を超えるメガヒットとなった前作『ゼロの執行人』(2018年)の衝撃から1年、『名探偵コナン』の劇場版23作目となる本作「紺青の拳」はシリーズの原作者・青山剛昌の『まじっく快斗』の主人公であり、コナンの永遠のライバルである“怪盗キッド”をキーマンに据え、劇場版シリーズでは初の海外となるシンガポールを舞台に、伝説の宝石をめぐる謎にコナンと怪盗キッドが挑みます。
監督:永岡智佳 声の出演:高山みなみ(江戸川コナン)、山口勝平(怪盗キッド)、檜山修之(京極真)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、松井菜桜子(鈴木園子)、緒方賢一(阿笠博士)、岩居由希子(吉田歩美)、高木渉(小嶋元太)、大谷育江(円谷光彦)、林原めぐみ(灰原哀)、山崎育三郎(レオン・ロー)、河北麻友子(レイチェル・チェオング)ほか

1 2 3 4 5 6 7 27
TOP↑