最新映画一覧

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「ジェイン・ジェイコブズ」のネタバレあらすじ結末

ジェイン・ジェイコブズ:ニューヨーク都市計画革命の紹介:2016年アメリカ映画。20世紀に入り大発展を遂げたニューヨーク、その都市計画を考えるにあたり2つの異なる考えがありました。一つはロバート・モーゼスに代表される高層ビルと高速道路を中心とした開発、もう一つはジェイン・ジェイコブスに代表される人間の生活を中心とした開発でした。ロバート・モーゼスはニューヨーク市の大きな権力を持つ役人、ジェインは市民活動家、強引な開発をすすめるモーゼスに対しジェインはそれに反対する市民活動を展開します。『ジェイン・ジェイコブスーニューヨーク都市革命』はジェイン・ジェイコブスのモーゼスとニューヨーク市の都市開発に反対する市民活動を描いたドキュメンタリー映画です。
監督:マット・ティルナー 出演:ジェイン・ジェイコブズ(本人・アメリカとカナダでの市民活動家、作家) ロバート・モーゼス(本人・ニューヨーク市役人) 他

「いぬやしき」のネタバレあらすじ結末

いぬやしきの紹介:2018年日本映画。「GANTZ」を手がけた奥浩哉による人気コミック「いぬやしき」を実写化。メガホンを取るのは「GANTZ」に引き続き今回で2回目のタッグとはる佐藤信介監督。主演は木梨憲武、佐藤健。冴えないサラリーマン、犬屋敷壱郎はとある事故に巻き込まれ、超人的な力を手に入れる。同じ事故に巻き込まれたごく普通の高校生、獅子神皓は、壱郎が能力で人命を救う反面、力を殺人に使っていく。対極な2人はやがて激しくぶつかり、命をかけた闘いに発展していく。
監督:佐藤信介 出演:木梨憲武(犬屋敷壱郎)、佐藤健(獅子神皓)、本郷奏多(安堂直行)、二階堂ふみ(渡辺しおん)、三吉彩花(犬屋敷麻理)、濱田マリ(犬屋敷万理江)福崎那由他(犬屋敷剛史)、伊勢谷友介(萩原刑事)

「パティ・ケイク$」のネタバレあらすじ結末

パティ・ケイク$の紹介:2017年アメリカ映画。パティはニューヨークの隣のニュージャージー州で暮らす23歳の白人女性、元歌手の母と病気の祖母との3人暮らし、彼女の夢は黒人歌手が多いラップミュージックのスターになることです。彼女は太った体型を笑われ、祖母の病気、経済的困難、周囲からの好奇の目にさらされるなどの困難をへながらも、黒人とインド系とバンドを結成しスターへの道を目指します。『パティ・ケイク$』は人種的、文化的な共存と目指す現代アメリカの若者を描き、スター不在ながらも批評家からは好意的に評価されたストリー、勇気や希望を与えてくれるような映画です。
監督:ジェレミー・ジャスパー 出演:ダニエル・マクドナルド(パトリシア・ドンブロウスキー / パティ・ケイク$)、シッダルト・ダナンジェイ(ジェリ)、ブリジット・エヴァレット(バーブ)、マムドゥ・アチー(バスタード)、キャシー・モリアーティ(ナナ)、ほか

「女は二度決断する」のネタバレあらすじ結末

女は二度決断するの紹介:2017年ドイツ映画。ドイツを舞台に、ネオナチの爆弾テロによりトルコ移民の夫と息子を失った女性が復讐のために立ち上がる姿を、昨今の移民問題と絡めて描いた社会派ドラマです。第70回カンヌ国際映画祭では主人公を演じたダイアン・クルーガーが主演女優賞を獲得しています。
監督:ファティ・アキン 出演者:ダイアン・クルーガー(カティヤ)、デニス・モシット(ダニーロ)、ヨハネス・クリシュ(ハバーベック)、サミア・ムリエル・シャンクラン(ビルギット)、ヌーマン・アチャル(ヌーリ)、ウルリッヒ・トゥクール(ユルゲン)、ラファエル・サンタナ(ロッソ)ほか

「アンロック/陰謀のコード」のネタバレあらすじ結末

アンロック/陰謀のコードの紹介:2017年チェコ,スイス,イギリス,アメリカ映画。イスラム過激派のテロに悩むアメリカとイギリス両国は諜報機関を使いテロの情報を集めています。アリスはCIA(アメリカ諜報機関)の諜報員として、MI5(イギリス諜報機関)と協力でテロの情報を集めます。そんな中、アリスは生物兵器によるテロの情報をつかみます。アリスはテロを防ぐために戦いますが、CIA内部の裏切り者とも戦うことになります。テロリストと戦うアリス、彼女を追う裏切り者のCIA諜報員、この戦いには意外な結末が待ち構えています。『アンロック/陰謀のコード』は、展開がはやく、最後まで飽きさせないストーリー、豪華俳優の共演が見どころの映画です。
監督:マイケル・アプテッド 出演:ノオミ・ラパス(アリス・ラシーン)、オーランド・ブルーム(ジャック・オルコット)、トニ・コレット(エミリー・ノウルズ)、ジョン・マルコヴィッチ(ボブ・ハンター)、マイケル・ダグラス(エリック・ラッシュ)、ほか

「リベンジgirl」のネタバレあらすじ結末

リベンジgirlの紹介:2017年日本映画。桐谷美玲主演で贈る政治ラブコメディです。才色兼備ながらも性格の悪さから友人が全くいない主人公が、失恋をきっかけに女性初の内閣総理大臣を目指して奮闘する姿を描きます。
監督:三木康一郎 出演者:桐谷美玲(宝石美輝)、鈴木伸之(門脇俊也)、清原翔(斎藤裕雅)、馬場ふみか(仲手川万里子)、佐津川愛美(百瀬凛子)、大和田伸也(斎藤茂)、斉藤由貴(如月凪子)ほか

「ドラえもん のび太の宝島」のネタバレあらすじ結末

映画ドラえもん のび太の宝島の紹介:2018年日本映画。国民的マンガ『ドラえもん』劇場版シリーズの第38作は、脚本にメガヒット映画『君の名は。(新海誠監督、2016年公開)』のプロデューサーを務めた川村元気、主題歌に星野源を迎え、財宝が眠るとされる宝島を巡ってのドラえもんとその仲間たちの冒険、そして海賊たちとの攻防を描きます。
監督:今井一暁 声の出演者:水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(野比のび太)、かかずゆみ(源静香)、木村昴(剛田武/ジャイアン)、関智一(骨川スネ夫)、山下大輝(フロック)、折笠富美子(セーラ)、悠木碧(クイズ)、大泉洋(キャプテンシルバー)、高橋茂雄(トマト)、長澤まさみ(フィオナ)ほか

「パシフィック・リム2:アップライジング」のネタバレあらすじ結末

パシフィック・リム:アップライジングの紹介:2018年アメリカ映画。超巨大人型兵器、イェーガーが謎の巨大生物KAIJUに挑むSFアクション超大作「パシフィック・リム」の続編。物語は前作の10年後。再び現れたKAIJUに、人類は新たなパイロットとイェーガーで立ち向かう。監督は前作と変わり、スティーブン・S・デナイト。主演は「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のジョン・ボイエガ。日本人キャストに菊地凛子、新田真剣佑を迎える。
監督:スティーブン・S・デナイト 出演:ジョン・ボイエガ(ジェイク・ペントコスト)、スコット・イーストウッド(ネイト・ランバート)、カイリー・スパイニー(アマーラ・ナマーニ)、菊地凛子(森マコ)、チャーリー・デイ(ニュートン・ガイズラー)、ジン・ティエン(リーウェン・シャオ)、バーン・ゴーマン(ハーマン・ゴッドリーブ)、マックス・チャン(チュアン司令官)、新田真剣佑(リョーイチ)

「ダンガル きっと、つよくなる」のネタバレあらすじ結末

ダンガル きっと、つよくなるの紹介:2016年インド映画。実話を基に、レスリングの才能を開花させた二人の女性と、自らの果たせなかった夢を娘たちに託した元レスリング選手の父との絆を描いたインド発のヒューマンドラマです。歴代インド映画で世界興行収入No.1の大ヒットとなり、中国では『君の名は。』をも遥かに上回る大ヒットを記録した作品です。
監督:ニテーシュ・ティワーリー 出演者:アーミル・カーン(マハヴィル・シン・フォーガット)、ファーティマー・サナー・シャイク(ギータ・フォーガット)、サニャー・マルホートラ(バビータ・クマリ)、サークシー・タンワル(ダーヤ)、アパルシャクティ・クラーナー(オムカル)ほか

「BPM ビート・パー・ミニット」のネタバレあらすじ結末

BPM ビート・パー・ミニットの紹介:2017年フランス映画。1990年代初頭のフランス・パリを舞台に、HIV・エイズの感染者に対する不当な差別に抗議する実在の団体「ACT UP」の活動を通じて、エイズに侵された若者たちの儚い恋や生き様を描いたヒューマンドラマです。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しています。
監督:ロバン・カンピヨ 出演者:ナウエル・ペレ・ビスカヤー(ショーン・ダルマッツォ)、アルノー・ヴァロワ(ナタン)、アデル・エネル(ソフィー)、アントワン・ライナルツ(チボー)、フェリックス・マリタード(マックス)ほか

「勝手にふるえてろ」のネタバレあらすじ結末

勝手にふるえてろの紹介:2017年日本映画。芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を映画化したラブコメディです。映画初主演となる松岡茉優扮する恋愛経験がなく妄想癖のあるOLが二人の男の間で揺れ動くさまを描いています。
監督:大九明子 出演者:松岡茉優(江藤良香)、北村匠海(一宮/イチ)、渡辺大知(霧島/ニ)、石橋杏奈(月島来留美)、古舘寛治(釣りおじさん)、片桐はいり(オカリナ)、趣里(金髪店員)、前野朋哉(最寄り駅の駅員)ほか

「ワンダーストラック」のネタバレあらすじ結末

ワンダーストラックの紹介:2017年アメリカ映画。『キャロル』のトッド・ヘインズ監督による、二つの時代の、自分の帰属する場所を探す子供たちを主人公にした映画。1927年、孤独な少女ローズは憧れの女優に会うためにニュージャージー州からニューヨークへ出る。1977年、母の遺品をヒントに、ベン少年は謎の父親を求めてミネソタ州からニューヨークへ向かう。モノクロのサイレント映画である1927年の物語とカラー有声映画の1977年の物語は頻繁に切り替えられながら並行して進み、やがて一つの物語になる。
監督:トッド・ヘインズ 出演者:オークス・フェグリー(ベン)、ミリセント・シモンズ(ローズ)、ジュリアン・ムーア(リリアン・メイヒュー / 1977年)、ミシェル・ウィリアムズ(エレイン)、ジェイデン・マイケル(ジェイミー)、トム・ヌーナン(ウォルター / 1977年)、コーリー・マイケル・スミス(ウォルター)、ほか

「劇場版 SERVAMP サーヴァンプ Alice in the Garden」のネタバレあらすじ結末

劇場版「SERVAMP サーヴァンプ」Alice in the Gardenの紹介:2018年日本映画。月刊コミックジーンで連載中の「SERVAMP-サーヴァンプ-」。2016年夏にテレビアニメ化され、本作は登場人物の一人、有栖院御園に焦点を当てた初の劇場版となる。サーヴァンプとは、サーヴァント(下僕)ヴァンパイア(吸血鬼)の略。名前と何か物を一つ与えてくれたイヴ(主人)と契約し、その血と引き換えに命令をきく存在である。彼らは“怠惰”・“傲慢”・“嫉妬”・“憤怒”・“強欲”・“暴食”・“色欲”の七人兄弟だが、そこに“憂鬱”の真祖を名乗る椿が登場し、戦いを仕掛けてきた。この映画はその戦いがひとまず終わった後の物語である。
監督:中野英明 声優:寺島拓篤(城田真昼)、梶 裕貴(クロ)、下野 紘(有栖院御園)、堀江一眞(スノウリリイ)、柿原徹也(有栖院御国)、津田健次郎(ジェジェ)ほか

「さよなら、僕のマンハッタン」のネタバレあらすじ結末

さよなら、僕のマンハッタンの紹介:2017年アメリカ映画。有名作家の家庭に生まれた青年、学業とスポーツに優秀ながら容貌は冴えず人生に夢を見いだせません。彼女との中も今ひとつで父と母の良くない関係も気がかり、父の愛人とも知り合いになってしまいます。そんな時出会った謎の老人、なぜか青年に人生のアドバイスを始めます。この老人と青年の意外な関係は?『さよなら僕のマンハッタン』は家庭、友人、恋愛、仕事の悩みにぶつかりながら成長していく青年を描いた映画です。映画の英語タイトルはサイモン&ガーファンクルの曲”The only living boy in New York”(日本語タイトル;ニューヨークの少年)から来ています。
監督:マーク・ウェブ 出演:カラム・ターナー(トーマス・ウェブ)、ケイト・ベッキンセイル(ジョハンナ)、ピアース・ブロスナン(イーサン・ウェブ)、シンシア・ニクソン(ジュディス・ウェブ)、カーシー・クレモンズ(ミミ・パストーリ)、ジェフ・ブリッジス(W.F.ジェラルド)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 20
TOP↑