Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

「マンディ 地獄のロードウォリアー」のネタバレあらすじ結末

マンディ 地獄のロード・ウォリアーの紹介:2017年ベルギー映画。1980年代のアメリカの静かな湖畔地帯を舞台に、恋人をカルト集団に惨殺され、血で血を洗う凄惨な復讐に突入していく主人公を名優ニコラス・ケイジが怪演したバイオレンス・スリラー・アクション作品です。
監督:パノス・コスマトス 出演者:ニコラス・ケイジ (レッド・ミラー)、アンドレア・ライズボロー(マンディ・ブルーム)、ライナス・ローチ (ジェレマイア・サンド)、ネッド・デネヒー (ブラザー・スワン )、オルウェン・フエレ (マザー・マルレーネ)、リチャード・ブレイク(ザ・ケミスト)、ビル・デューク(カルザース)ほか

「来る」のネタバレあらすじ結末

来る の紹介:2018年日本映画。人間の嫌な部分をこれでもかと見せつける鬼才が岡田准一と妻夫木聡をW主演に迎え、得体の知れないものに迫られる恐さと日常の身近な人間に潜む怖さ、二重の恐怖を突きつける。ただのホラー映画にとどまらない良質な作品を彩るのは黒木華、小松菜奈、松たか子ら女優陣の怪演。彼女たちの演技を観るだけでも一見の価値ありの作品になっている。第22回日本ホラー小説大賞に選ばれた澤村伊智原作「ぼぎわんが、来る」の映画化。選考委員絶賛のこの作品を映画化したのはあの「告白」「渇き。」の監督を務めた中島哲也。
監督:中島哲也 キャスト:岡田准一(野崎和浩)、小松菜奈(比嘉真琴)、妻夫木聡(田原秀樹)、黒木華(田原香奈)、松たか子(比嘉琴子)、青木崇高(津田大吾)、柴田理恵(逢坂セツ子)、太賀(高梨重明)ほか

「パッドマン 5億人の女性を救った男」のネタバレあらすじ結末

パッドマン 5億人の女性を救った男の紹介:2018年インド映画。ラクシュミことラクシュミカントはタブーの多いインドにおいて、いまだに「穢れ」とされている生理用のナプキンの製造機を開発し、女性たち自らが製造・販売するシステムを作った。モデルとなった実在の人物、アルナーチャラム・ムルガナンダムの足跡を大筋でとらえフィクションを交えながら彼の奮闘劇を描く。
監督:R.バールキ 出演:アクシャイ・クマール(ラクシュミカント)、ソーナム・カプール(パリー)、ラーディカー・アープテー(ガヤトリ)ほか

「おとなの恋は、まわり道」のネタバレあらすじ結末

おとなの恋は、まわり道の紹介:2018年アメリカ映画。ヘンクツでいつも不機嫌なフランクと、過去の恋愛で心に傷を負っている毒舌リンジー。同じ飛行機で出会った2人は偶然同じ結婚式に招待されることに。豪華でロマンティックなリゾート婚は楽しいお祝い旅行のはずだが、2人にとっては悪夢だった。口を開けば悪態をつき意見は対立。バトルを繰り広げる2人だが、思いがけないときめきを感じ始める。結婚式を舞台に、共演者も多数いるなかで、招待客である主人公のふたりのみの会話で展開される作品。アメリカで最も幸せな都市と呼ばれるカルフォルニア州サンルイスオビスポののどかな自然を背景に、ふたりの会話の相性とリズムがスパイスとなる大人のラブストーリー。
監督:ヴィクター・レヴィン 出演:ウィノナ・ライダー(リンジー)、キアヌ・リーブス(フランク)、ジ・ダレンバック(ブライド)、グレッグ・ルーシー(フランクの継父)、テッド・デュボスト(キース)、ほか

「キックス」のネタバレあらすじ結末

キックスの紹介:2016年アメリカ映画。カルフォルニア州のベイエリア(サンフランスコ、オークランド、シリコンバレーなどがあるエリア)に住むブランドンは古い靴をバカにされる少年。宇宙に憧れ、いつも宇宙の夢を見ています。そんな彼はアメリカの少年が憧れる”エア・ジョーダン”シューズを手に入れて人気者になります。しかし、その靴も町のギャンググループに奪われてしまいます。ブランドンは有名なギャングリーダーを相手に取り返すことを決意します。ブランドンは突然現れる宇宙飛行士、二人の友達に励まされながら成長していきます。『キックス』はキャストが全て黒人、小さな少年の成長、友情を描いた映画です。
監督:ジャスティン・ティッピング 出演:ジャーキング・ギロリー(ブランドン)、クリストファー・マイヤー(リコ)、クリストファー・ジョーダン・ウォーレス(アルバート)、コフィ・シリボー(フラコ)、マハーシャラ・アリ(マーロン)、ほか

「アース:アメイジング・デイ」のネタバレあらすじ結末

アース:アメイジング・デイの紹介:2017年イギリス,中国映画。私達が暮らす地球には多くの動物と植物が暮らしています。地球はオーロラなどの美しい自然現象を作り出し、植物は美しく動物は人間のような豊かな表情と家族愛を持ち空を飛ぶなど人間にはできない能力があります。『アース;アメイジング・デイ』はそのような地球に暮らす人間以外の動植物の日頃は目にすることができない活動が描かれています。世界中各地の地球の姿を朝から夜までカメラに収め、その素晴らしい動植物の活動と人間のような家族愛には笑い、驚き、泣いてしまうこともあります。アメリカの映画批評サイト”Rotten Tomato”では100%の支持率を受け、動物好きなら小さな子供でも楽しめる家族向けの映画です。
監督:リチャード・ディル 、ピーター・ウェバー、ファン・リーシン 出演動物:サーバル、ウミイグアナ、ジャイアントパンダ、サバンナシマウマ、イッカク、ピグミーミュビナナマケモノ、ヒグマ、カヤネズミ、キリン、ライオン、マッコウクジラ、ヒゲペンギン、ハクトウラングール、ラケットハチドリ、ネムリブカ、モンカゲロウ、他 ナレーション:佐々木蔵之介(日本語)、ロバート・レッドフォード(英語)、ジャッキー・チェン(中国語)

「くるみ割り人形と秘密の王国」のネタバレあらすじ結末

くるみ割り人形と秘密の王国の紹介:2018年アメリカ映画。愛する母を亡くし心を閉ざしていたクララ。クリスマスイブの夜にくるみ割り人形に導かれ、不思議な世界へと迷い込む。そこには「花の国」「雪の国」「お菓子の国」「第4の国」という4つの王国があり、クララはプリンセスと呼ばれることに。しかし「第4の国」には秘密があり、あることをきっかけに起きた戦いにクララは巻き込まれていく。チャイコフスキーのバレエで知られる「くるみ割り人形」をディズニーが実写映画化。バレエ界のトップダンサー、ミスティ・コープランドとセルゲイ・ポルーニンの華麗なるバレエも必見。
監督:ラッセ・ハルストレム、ジョー・ジョンストン 出演:マッケンジー・フォイ(クララ)、キーラ・ナイトレイ(シュガー・プラム)、ヘレン・ミレン(マザー・ジンジャー)、モーガン・フリーマン(ドロッセルマイヤー)、マシュー・マクファディン(シュタールバウム)、エウヘニオ・デルベス(ホーソーン)、リチャード・E・グラント(シヴァー)、ジェイデン・フォーラ=ナイト(キャプテン・フィリップ)ほか

「Merry Christmas!ロンドンに奇跡を起こした男」のネタバレあらすじ結末

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~の紹介:2017年アメリカ映画。チャールズ・ディケンズの「クリスマスキャロル」は英語圏で今でも読まれる小説です。映画化や舞台化もされ、本作の吹替版でスクルージ役の市村正親主演でミュージカル化もされています。強欲なビジネスマンのスクルージが幽霊との対話から心を変え自分の部下とその家族にクリスマスの夢を与えるというストーリーです。その誕生の裏にはスランプになり金にも困り父とも喧嘩をし、悩んだ末に作品を書き上げた秘話がありました。『メリークリスマス ロンドンに奇跡を起こした男』はディケンズが作品執筆から家族愛に目覚め、クリスマスを今日のような大きなイベントにしたストーリーが描かれています。
監督:バハラット・ナルルーリ 出演:ダン・スティーヴンス(チャールズ・ディケンズ)、クリストファー・プラマー(エベネーゼ・スクルージ)、ジョナサン・プライス(ジョン・ディケンズ)、ドナルド・サンプター(ハドック/マーレイの亡霊)、モーフィッド・クラーク(ケイト・ディケンズ)、マイルス・ジャップ(サッカレー)、サイモン・キャロウ(リーチ)、ジャスティン・エドワーズ(ジョン・フォースター/現在の幽霊)、ミリアム・マーゴリーズ(フィスク)、イアン・マクニース(チャップマン)、アナ・マーフィ(タラ/過去の幽霊)、ほか

「ヘレディタリー/継承」のネタバレあらすじ結末

ヘレディタリー/継承の紹介:2018年アメリカ映画。母と娘を失った女性は悲しみから立ち直るために、同じ境遇の人が集まるグループに参加します。しかし、そこで出会った女性から教えてもらった、死者とコミュニケーションする霊的体験が、息子と夫を巻き込む恐ろしい大騒動に発展します。『ヘレディタリー 継承』はトニ・コレットが狂気の母を演じ批評家から絶賛されたホラー映画です。
監督:アリ・アスター 出演:トニ・コレット(アニー・グラハム)、アレックス・ウォルフ(ピーター・グラハム)、ミリー・シャピロ(チャーリー・グラハム)、アン・ダウド(ジョーン)、ガブリエル・バーン(スティーブン・グラハム)、ほか

「ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生の紹介:2018年アメリカ映画。J.K.ローリングが描く魔法の世界スァンタスティック・ビーストシリーズで5部にわたり展開する新たな冒険の第2部。前作でニュートによって正体を暴かれた、強力な暗黒の魔法使いゲラート・グリンデルバルド。投獄されていたアメリカ合衆国魔法議会(MACUSA)から逃げ出し、真の目的のためにパリへと向かう。ホグワーツ魔法魔術学校での恩師であり、友人でもあるダンブルドアからの依頼で、ニュートは再び危険でさらに強力になったグリンデルバルドと対峙することとなる。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、ジョニー・デップ(ゲラート・グリンデルバルド、エズラ・ミラー(クリーデンス).ゾーイ・クラビッツ(リタ・レストレンジ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、クローディア・キム(ナギニ)ほか

「イット・カムズ・アット・ナイト」のネタバレあらすじ結末

イット・カムズ・アット・ナイトの紹介:2017年アメリカ映画。謎の病原体から逃れるため山奥に住む一家に、突然見知らぬ男が侵入します。一家は不審感を持ちながらも彼の家族と共同生活を始めます。対立しながらも信頼感を築いたような彼らですが、極限状態と、夜に訪れる正体不明の「それ」から徐々に不信感が生まれていきます。両家のその運命は?『イット・カムズ・アット・ナイト』は極限状態に置かれた人間が正体不明の「それ」に怯えながらも生きていくサバイバルを描いた心理スリラーです。
監督:トレイ・エドワード・シュルツ 出演:ジョエル・エドガートン(ポール)、クリストファー・アボット(ウィル)、カーメン・イジョゴ(サラ)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(トラヴィス)、グリフィン・ロバート・フォークナー(アンドリュー)、ライリー・キーオ(キム)、ほか

「ポリス・ストーリー/REBORN」のネタバレあらすじ結末

ポリス・ストーリー/REBORNの紹介:2017年中国映画。刑事のリンは幼い娘が危篤状態である中、人造人間を造った博士を守るために、博士が造った人造人間と闘っていました。しかし博士は殺され、娘も死んでしまいました。13年後、リンはナンシーという女子大生を人造人間から守るため再び闘いを始めていました・・・というジャッキー・チェン主演・製作総指揮のアクション映画です。今までの『ポリス・ストーリー』シリーズとは一味違ったSFタイプのエンターテインメント作品です。
監督:レオ・チャン 出演者:ジャッキー・チェン(リン)、ショウ・ルオ(リスン)、オーヤン・ナナ(ナンシー / シーシー)、エリカ・シアホウ(スー)、カラン・マルヴェイ(アンドレ)、テス・ハウブリック(女殺し屋)、ほか

「人魚の眠る家」のネタバレあらすじ結末

人魚の眠る家の紹介:2018年日本映画。脳死をテーマにした映画。我が子がもし事故に巻き込まれ、脳死状態になったとしたら…。心臓が動いて体の温もりを感じれば、もしかしたら意識が戻るかもしれないと期待を持ちながら介護をしていくのか、あるいは死を受け入れるのか、でも心臓が動いているのであればいつを死とするのか、母親は最新の医療技術をわずかな光として希望を持とうとするが、事故の当事者にとってはどうなのか。それは親の自己満足にすぎないのか、あるいは究極の愛情なのか。あなたならどうしたいですか?といった他人事ではない誰がいつ当事者になってもおかしくない、東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。
監督:堤幸彦 出演:篠原涼子(播磨薫子)、西島秀俊(播磨和昌)、坂口健太郎(星野祐也)、川栄李奈(川嶋真緒)、山口紗弥加(美晴)、田中哲司(進藤)、田中泯(播磨多津朗)、松坂慶子(千鶴子)、ほか

「スマホを落としただけなのに」のネタバレあらすじ結末

スマホを落としただけなのに の紹介:2018年日本映画。志駕晃の同名小説「スマホを落としただけなのに」をリングなどを手掛けた中田秀夫監督、北川景子主演で映画化したSNSミステリー作品です。ごく普通の女性の恋人が偶然にもスマホを落としてしまったことから、スマホの拾い主から監視され、追い詰められていく女性。思わぬ事件に巻き込まれていき、やがて女性の秘められた過去が明らかになる様子を描きます。原作では続編となる『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』が発売されている。
監督:中田秀夫 出演者:北川景子(稲葉麻美)、千葉雄大(加賀谷学)、田中圭(富田誠)、成田凌(浦野善治)、原田泰造(毒島徹)、バカリズム(小柳守)、要潤(武井雄哉)、高橋メアリージュン(杉本加奈子)、酒井健太(大野俊也)、筧美和子(天城千尋)、桜井ユキ(山本美奈代)ほか

「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリーの紹介:2017年アメリカ映画。主人公はシーツ姿の幽霊C。ミュージシャンだったCは自分のいなくなった世界で、愛する妻への想いを胸に彷徨い続ける。彼の時空を超えた旅路を、Cが作った切ない音楽と共に体験。幽霊の視点から見た死後の世界。死んでしまった魂はその後どのように消化されていくのか?サンダンス映画祭では観客賞に輝き、世界各地の映画祭でも大絶賛を受けた作品。
監督:デヴィッド・ロウリー 出演:ケイシー・アフレック(C)、ルーニー・マーラ(M)ほか

1 2 3 4 5 6 7 27
TOP↑