最新映画一覧

「ゾッキ」のネタバレあらすじ結末

ゾッキの紹介:2020年日本映画。漫画家・大橋裕之の初期短編集の中から選りすぐられたエピソードを、俳優の竹中直人、山田孝之、斎藤工(『齊藤工』名義)がエピソードごとにメガホンを執って実写映画化したコメディ群像劇です。全てのロケを大橋裕之の出身地である愛知県蒲郡市で行い、それぞれに秘密を抱えた人々が織り成す人間模様を描いていきます。ちなみにタイトルの「ゾッキ」とは「ひとまとめ」「寄せ集め」を意味しています。
監督:竹中直人、山田孝之、齊藤工 出演者:吉岡里帆(前島りょうこ)、鈴木福(伊藤)、満島真之介(旅人)、柳ゆり菜(若い女)、南沙良(松原京子)、安藤政信(道場の師範代)、ピエール瀧(漁師の定男)、森優作(牧田)、九条ジョー(伴くん)、木竜麻生(本田さん)、倖田來未(足立の女房)、竹原ピストル(マサルの父)、潤浩(マサル)、松井玲奈(幽霊のような女)、渡辺佑太朗(二十代のマサル)、石坂浩二(りょうこの祖父)、松田龍平(藤村)、國村隼(漁師のヤスさん)、板垣李光人(コンビニ店員)ほか

「21ブリッジ」のネタバレあらすじ結末

21ブリッジの紹介:2019年中国,アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタン島での麻薬強盗事件。ニューヨーク市警はマンハッタン島にある21の橋を犯人逮捕のために封鎖することを決めます。ニューヨーク市警のデイビス警部は犯人と戦いますが、事件には巨大な組織の関与がありました。『21ブリッジ』は、激しいアクションと意外なストーリーの展開が見所の映画です。2020年に死去したチャドウゥック・ボーズマンが犯人に立ち向かうニューヨーク市警の刑事を熱演しています。
監督:ブライアン・カーク 出演:チャドウィック・ボーズマン(アンドレ・デイビス)、シエナ・ミラー(フランキー・バーンズ)、ステファン・ジェームズ(マイケル)、キース・デヴィッド(スペンサー)、テイラー・キッチュ(レイ)、J・K・シモンズ(マッケナ警部)、ほか

「アンモナイトの目覚め」のネタバレあらすじ結末

アンモナイトの目覚めの紹介:2020年イギリス,オーストラリア,アメリカ映画。1840年代、イギリス南西部の海岸に面した町ライム・レジス。人間嫌いで世間とのつながりを断って暮らすメアリー・アニング。13歳で発掘したイクチオサウルスの化石は、世界初の全身化石として一世を風靡し、大英博物館に展示されているが、女性であるメアリーの名前はすぐ世間から忘れ去られ、今は観光客の土産物用アンモナイトを探しては細々と生計を立てていた。そんなある日、裕福な化石収集家の妻シャーロットを数週間預かることになる。次第にシャーロットの存在は、メアリーの心を溶かしていき、やがて彼女自身も知らなかった本当の想いを露わにさせていく。主人公は現代の恐竜ブームにもつながる化石を掘り起こした、実在の古生物学者メアリー・アニング。
監督:フランシス・リー 出演:ケイト・ウィンスレット(メアリー・アニング)、シアーシャ・ローナン(シャーロット・マーチソン)、フィオナ・ショウ(エリザベス・フィルポット)、ジェマ・ジョーンズ(モリー・アニング)、アレック・セカレアヌ(ドクター・リーバ-ソン)、ジェームズ・マッカードル(ロデリック・マーチソン)ほか

「パーム・スプリングス」のネタバレあらすじ結末

パーム・スプリングスの紹介:2020年アメリカ映画。米国カリフォルニア州、砂漠のリゾート地パーム・スプリングス。タラの結婚式で1人浮かない面持ちの姉サラは、お調子者で少し変わった男、ナイルズに興味を抱く。ところがナイルズといいムードになり彼を追って洞窟に入ったせいで、眠りから覚めると毎回結婚式の朝に戻るタイムループに閉じ込められてしまう。しかも、ナイルズはすでにループにハマり、これまでに数えきれないほど結婚式の日を繰り返していた。永遠に続くループに巻き込まれたふたりの行く末を描く。監督は本作が長編映画デビューとなるマックス・バーバコウ。ポップなラブコメをベースにファンタジーをのせ、ヒューマンドラマを融合させるというジャンルの枠を超えた作品。
監督:マックス・バーバコウ 出演:アンディ・サムバーグ(ナイルズ)、クリスティン・マリオティ(サラ)、J.K.シモンズ(ロイ)、メレディス・ハグナー(ミスティ)、カミラ・メンデス(タラ)、タイラー・ホークリン(エイブ)、ピーター・ギャラガー(ハワード)ほか

「劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班」のネタバレあらすじ結末

劇場版 シグナル 長期未解決事件捜査班の紹介:2020年日本映画。2016年の韓国ドラマ『シグナル』を日本でリメイクし、2018年にテレビ放映されたサスペンスドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』の劇場版です。現代と過去を繋げる1台の無線機で繋がった現代の刑事(坂口健太郎)と過去の刑事(北村一輝)が時を超えて再び手を組み、政府高官の不審死に端を発する巨大な陰謀に立ち向かっていきます。
監督:橋本一 出演者:坂口健太郎(三枝健人)、北村一輝(大山剛志)、吉瀬美智子(桜井美咲)、木村祐一(山田勉)、池田鉄洋(小島信也)、青野楓(安西理香)、林泰文(伊藤健吾)、水橋研二(雨宮竜一)、長田成哉(橘修平)、奈緒(小泉ミチル)、杉本哲太(三谷宗久)、田中哲司(山崎聡史)、鹿賀丈史(板垣真二郎)、伊原剛志(青木潤基)ほか

「ドリームランド」のネタバレあらすじ結末

ドリームランドの紹介:2019年アメリカ映画。1930年代のアメリカ、テキサス。17歳の少年ユージンは母の再婚相手ジョージとは気が合わない様子。そんな時に起こった銀行強盗事件。ユージンは美しき逃亡者アリソンと出会い恋に落ち、逃走を助けることになります。そしてメキシコへの逃亡を企て、そこが夢見る場所『ドリームランド』だと信じます。しかし、ジョージはユージンとアリソンを捕まえようとします…。『ドリームランド』は、マーゴット・ロビー主演の映画、テキサスの広大な大地を舞台に犯罪者と開拓者の出会いと愛を描いたストーリーです。
監督:マイルズ・ジョリス=ペイラフィット 出演:フィン・コール(ユージン・エバンズ)、マーゴット・ロビー(アリソン・ウェルズ)、トラヴィス・フィメル(ジョージ・エバンズ)、ギャレット・ヘドランド(ペリー・モントロイ)、ほか

「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」のネタバレあらすじ結末

きまじめ楽隊のぼんやり戦争の紹介:2020年日本映画。朝9時から夕方5時まで毎日規則正しく戦争している二つの町を舞台に、音楽隊への異動を命じられた真面目な兵士の顛末を周囲の一風変わった人々も交えてシュールに描いたヒューマンドラマです。第21回東京フィルメックスで審査員特別賞を受賞、第50回ロッテルダム国際映画祭ハーバー部門の正式出品作品となっています。
監督:池田暁 出演者:前原滉(露木)、今野浩喜(藤間)、中島広稀(三戸)、清水尚弥(平一)、橋本マナミ(春子)、矢部太郎(仁科)、片桐はいり(城子)、嶋田久作(板橋)、きたろう(伊達)、竹中直人(大木)、石橋蓮司(夏目)ほか

「まともじゃないのは君も一緒」のネタバレあらすじ結末

まともじゃないのは君も一緒の紹介:2020年日本映画。いま注目度ナンバーワンの俳優・成田凌と清原果耶がW主演を果たした本作は、他人とうまくコミュニケーションがとれない予備校講師と、恋愛に関する知識だけは豊富な頭でっかち女子高生とのおかしなラブストーリー。数学の講師・大野はイケメンなのに相手の言葉をすぐくり返してしまう残念な男。そんな大野にイラッとしつつ恋愛指南をする意識高い系女子の香住。ふたりの噛み合わないハイスピードな会話がなんともクセになる、そんな思わず笑っちゃう映画だ。
監督:前田弘二 脚本:高田亮 キャスト:成田凌(大野康臣)、清原果耶(秋本香住)、泉里香(戸川美奈子)、小泉孝太郎(宮本功)、山谷花純(君島彩夏)、倉悠貴(柳雄介)ほか

「劇場版 奥様は、取り扱い注意」のネタバレあらすじ結末

劇場版 奥様は、取り扱い注意の紹介:2020年日本映画。あの最強奥様がスクリーンに帰ってきた――。2017年に綾瀬はるかと西島秀俊のダブル主演で放映されたテレビドラマ『奥様は、取り扱い注意』がまさかの映画化。綾瀬はるか演じる凄腕の元特殊工作員と西島秀俊演じる公安の人間、互いに正体を隠して夫婦生活を送っていた二人。本作は衝撃の幕切れとなったテレビドラマ最終回のその後を描きます。
監督:佐藤東弥 出演者:綾瀬はるか(伊佐山菜美/桜井久美)、西島秀俊(伊佐山勇輝/桜井裕司)、鈴木浩介(矢部真二)、岡田健史(岩尾珠里)、前田敦子(三枝礼子)、みのすけ(横尾義文)、セルゲイ・ヴラソフ(ドラグノフ)、浅利陽介(小林大吾)、やしろ優(小林果穂)、鶴見辰吾(神岡恭平)、六平直政(五十嵐晴夫)、佐野史郎(浅沼信雄)、檀れい(坂上洋子)、小日向文世(池辺章)ほか

「ガールズ&パンツァー 最終章 第3話」のネタバレあらすじ結末

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話の紹介:2021年日本映画。TVアニメ「ガールズ&パンツァー」の劇場版第2弾「ガールズ&パンツァー 最終章」全6話のうちの第3話。無限軌道杯2回戦、知波単学園に追い詰められるも、西住みほの指揮により辛くも窮地を脱した大洗女子学園でしたが、知波単学園の周到な準備と巧みな戦術の前にまたも不利な状況となります。知波単学園の狙いは、大洗女子学園の支えである西住みほが乗車するあんこうチームのⅣ号戦車で、知波単学園が執拗に攻撃を繰り返す中、ついにⅣ号戦車に攻撃が命中します。
監督:水島努 声優:西住みほ(渕上舞)、武部沙織(茅野愛衣)、五十鈴華(尾崎真実)、秋山優花里(中上育実)、冷泉麻子(井口裕香)、西絹代(瀬戸麻沙美)、福田(大空直美)、玉田(米澤円)、細見(七瀬亜深)、ミカ(能登麻美子)、アキ(下地紫野)、ミッコ(石上美帆)、ほか

「騙し絵の牙」のネタバレあらすじ結末

騙し絵の牙の紹介:2021年日本映画。『罪の声』などを手掛けた小説家・塩田武士が大泉洋を主人公のモデルとして執筆した同名小説を『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が映画化した作品です。大泉洋自ら主演を務め、雑誌廃刊の危機に立たされた編集長が生き残りを賭けて起死回生の再建策に打って出る様を描きます。
監督:吉田大八 出演者:大泉洋(速水輝)、松岡茉優(高野恵)、宮沢氷魚(矢代聖)、池田エライザ(城島咲)、斎藤工(郡司一)、中村倫也(伊庭惟高)、坪倉由幸(柴崎真二)、和田聰宏(三村洋一)、石橋けい(中西清美)、森優作(安生充)、中野英樹(相沢徳朗)、赤間麻里子(伊庭綾子)、山本學(伊庭喜之助)、佐野史郎(宮藤和生)、リリー・フランキー(神座詠一)、塚本晋也(高野民生)、國村隼(二階堂大作)、木村佳乃(江波百合子)、小林聡美(久谷ありさ)、佐藤浩市(東松龍司)ほか

「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」のネタバレあらすじ結末

ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷の紹介:2021年日本映画。特撮ドラマ「令和仮面ライダーシリーズ」第1作『仮面ライダーゼロワン』のスピンオフ第1弾で、テレビ最終回後を描いた『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』の続編となる作品です。平和な生活を送っていた滅亡迅雷.netの面々の前にZAIAエンタープライズ本社のCEOが現れ、迅に秘められた過去が明らかになると共に滅亡迅雷.netの面々が壮大な陰謀に巻き込まれていく様を描きます。本作の続編にして『ゼロワン』完結編となる『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』は2021年秋の公開予定です。
監督:筧昌也 脚本:高橋悠也 原作:石ノ森章太郎 出演者:中川大輔(迅)、砂川脩弥(滅)、山口大地(雷)、中山咲月(亡)、岡田龍太郎(不破諫)、井桁弘恵(刃唯阿)、桜木那智(天津垓)、菅原健(ソルド9)、鳴海唯(ソルド20)、相島一之(大門寺茂)、ジェイ・ウエスト(リオン=アークランド)、鶴嶋乃愛(アズ)、高橋文哉(飛電或人)ほか

「BLISS ブリス」のネタバレあらすじ結末

BLISS ブリスの紹介:2019年アメリカ映画。堕ちた先に待ち受ける戦慄のクライマックス―――。スランプに陥った女流画家がインスピレーションを得ようと危険なドラッグに手を出したことがきっかけで狂気と暴力に満ちた世界に溺れていく様を描いたバイオレンスホラー映画です。タイトルの『BLISS』は『恍惚』を意味しています。
監督:ジョー・ベゴス 出演者:ドーラ・マディソン(デジー)、トゥルー・コリンズ(コートニー)、リース・ウェイクフィールド(ロニー)、ジェレミー・ガードナー(クライヴ)、グラハム・スキッパー(ヘイドリアン)、クリス・マッケナ(デヴィッド)、レイチェル・エイブリー(ニッキー)、マーク・ベルツマン(ランス)、ジョージ・ウェント(ポップス)、アブラハム・ベンルービ(エイブ)、ジェシー・マーリン(ダンテ)ほか

「ノマドランド」のネタバレあらすじ結末

ノマドランドの紹介:2020年アメリカ映画。2021年の第93回アカデミー賞で最優秀賞である作品賞・監督賞・主演女優賞の3部門最多受賞。リーマンショック後、企業の倒産とともになくなったネバダ州の企業城下町エンパイア。ここに暮らしていた60代の女性ファーンは長年住み慣れた家を失ってしまう。途方に暮れたファーンだったが、キャンピングカーに最低限の生活必需品を積み込み車上生活『現代のノマド』として生活をはじめる。日雇いの職を求め往く先々で出会うノマドたちとの交流とともに、誇りを持って自由を生きる彼女の旅は続いていく。2020年ベネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞。トロント国際映画祭でも最高賞の観客賞を受賞した。
監督:クロエ・ジャオ 出演:フランシス・マクドーマンド(ファーン)、デヴィッド(デヴィッド・ストラザーン)、リンダ・メイ(リンダ・メイ)、シャーリーン・スワンキー(スワンキー)、ボブ・ウェルズ(ボブ)ほか

「太陽は動かない」のネタバレあらすじ結末

太陽は動かないの紹介:2020年日本映画。『怒り』『悪人』などの著者・吉田修一のスパイアクション小説『太陽は動かない』『森は知っている』を藤原竜也と竹内涼真のダブル主演で映画化したサスペンス・アクション作品です。産業スパイ組織の2人の日本人諜報員が機密情報を巡って各国の裏組織や権力者たちとの頭脳戦に挑む様を描きます。
監督:羽住英一郎 出演者:藤原竜也(鷹野一彦)、竹内涼真(田岡亮一)、ハン・ヒョジュ(AYAKO)、ピョン・ヨハン(デイビッド・キム)、市原隼人(山下竜二)、南沙良(菊池詩織)、日向亘(鷹野一彦(高校時代))、加藤清史郎(柳勇次)、横田栄司(ジミー・オハラ)、翁華栄(アンディ・黄)、醍醐虎汰朗(デイビッド・キム(少年期))、八木アリサ(小田部奈々)、勝野洋(小田部教授)、宮崎美子(河上麻子)、鶴見辰吾(河上満太郎)、佐藤浩市(風間武)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 48

キーワードから探す

TOP↑