Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

最新映画一覧

「ハンターキラー 潜航せよ」のネタバレあらすじ結末

ハンターキラー 潜航せよの紹介:2018年イギリス映画。ロシア内のクーデターにより捕虜となったロシアのザカリン大統領を助けるべく、ジョー・グラス率いるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーはネイビーシールズの精鋭部隊と共に自殺行為とも言える大統領救出作戦を実行する。ワイルドスピードの製作陣が贈る潜水艦アクション映画。
監督:ドノバン・マーシュ 出演:ジェラルド・バトラー(ジョー・グラス艦長)、ゲイリー・オールドマン(チャールズ・ドネガン統合参謀本部議長)、コモン(ジョン・フィスク海軍少将)、リンダ・カーデリーニ(ジェーン・ノーキスト)、ミカエル・ニクヴィスト(アンドロポフ艦長)、トビー・スティーヴンス(ビル・ビーマン)、ほか

「魂のゆくえ」のネタバレあらすじ結末

魂のゆくえの紹介:2017年アメリカ映画。ニューヨーク近郊にあるとある古い教会は、今では信者も少なくなり、牧師はアルコール中毒に悩み健康も悪化の一途です。ある日、一人の女性信者から、夫の過激な環境問題への考え方について相談を受けたことから、その牧師は地球の環境問題と大企業や政治家の関係に、宗教的観点から疑問を持つことになり、牧師は社会正義実現のために、ある決断をすることになります。『魂のゆくえ』はキリスト教と環境問題のストーリーで、キリスト教徒ではなくても宗教問題と環境問題などについて考え学ぶことのできる作品になっています。
監督:ポール・シュレイダー 出演:イーサン・ホーク(トラー牧師)、アマンダ・セイフライド(メアリー)、セドリック・カイルズ(ジェファーズ)、ヴィクトリア・ヒル(エスター)、フィリップ・エッティンガー(マイケル)、ほか

「マローボーン家の掟」のネタバレあらすじ結末

マローボーン家の掟の紹介:2017年スペイン,アメリカ映画。イギリスからアメリカの田舎に移住した家族でしたが、なぜか父はいません。母の死後、残された兄弟は家で見えない何かに怯える日々を送りますが、その理由は父の恐ろしい過去の犯罪にあり、ストーリーが進むにつれてその謎が明らかになります。『マローボーン家の掟』は見えない何かに怯える兄弟の対立と愛を描いた映画、ホラー映画というよりはストーリーの展開を楽しむ内容です。かなり細かく作られた映画なので注意深く見ることが必要、時系列をよく理解することが大事です。
監督:セルヒオ・G・サンチェス 出演:ジョージ・マッケイ(ジャック)、アニャ・テイラー=ジョイ(アリー)、チャーリー・ヒートン(ビリー)、ミア・ゴス(ジェーン)、マシュー・スタッグ(サム)、カイル・ソーラー(ポーター)、ニコラ・ハリソン(ローズ)、トム・フィッシャー(父親)、ほか

「ハロウィン(2018年)」のネタバレあらすじ結末

ハロウィンの紹介:2018年アメリカ映画。2019年4月12日日本公開。10月31日は仮装パーティなどで大人気のハロウィンで、子どもたちは大喜びです。そんな楽しいハロウィンに、殺人鬼が町に現れ人々を襲います。昔、その殺人鬼に襲われた女性は家族と市民を守るため再び殺人鬼と戦います。ジョン・カーペンター監督シリーズ第1作『ハロウィン(1978年)』のその後を、40年後を舞台に描きます。アメリカを代表するホラー映画シリーズですが、同シリーズを初めて見る方も問題なくストーリーを理解でき、恐怖感を感じられるようになっています。
監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 出演:ジェイミー・リー・カーティス(ローリー・ストロード)、ジュディ・グリア(カレン)、アンディ・マティチャック(アリソン)、ウィル・パットン(ホーキンス警察官)、ヴァージニア・ガードナー(ヴィッキー)、ニック・キャッスル(マイケル・マイヤーズ / ブギーマン)、ほか

「ビッチ・ホリデイ」のネタバレあらすじ結末

ビッチ・ホリデイの紹介:2018年デンマーク,オランダ,スウェーデン映画。ギャングファミリーのボス・マイケルと愛人サーシャは、ファミリーとともにリゾート地でバカンスを過ごす。贅沢なヴィラに豪華なパーティ。サーシャには高価なプレゼントまで用意されたが、セレブレティな日々と引き換えに、マイケルから身体を弄ばれ、まるでモノのような扱いを受けている。拝金主義と暴力に支配されても人が羨むような贅沢な生活はやめられない。そこへふとしたきっかけで知り合った好青年トーマス。サーシャは次第に好意を抱くようになりマイケルとの関係に変化が出てくる。脚本家ヨハネス・オルグレンの実体験をもとにした物語。性と暴力に支配された拝金主義的な女性の行く末を描く。2018年サンダンス映画祭審査員大賞ドラマ部門にノミネートを果たした。
監督:イザベラ・エクロフ 出演:ヴィクトリア・カルメン・ソンネ(サーシャ)、ライ・イェダ(マイケル)、タイス・ローマー(トーマス)、ほか

「バイス」のネタバレあらすじ結末

バイスの紹介:2018年アメリカ映画。1960年代半ば、青年チェイニーはのちの妻となる恋人リンに背中を押されるようにして政界の道を歩み始める。型破りな下院議員ラムズフェルドの元で政治の表裏を学んだチェイニーは次第に権力の虜になっていく。ジョージ・W・ブッシュ政権において副大統領に就任した彼は、次第に影の大統領として振る舞い始める。ハリウッド屈指の"演技の鬼"として名高いクリスチャン・ベールが約20キロに及ぶ体重の増量と、一度あたり5時間を要する特殊メイクを施して半世紀にわたるチェイニーを体現。題名の『バイス』には、バイス・プレジデント(副大統領)を指すだけでなく、「悪徳」「邪道」という意味もこめられている。
監督:アダム・マッケイ 出演:クリスチャン・ベール(ディック・チェイニー)、エイミー・アダムス(リン・チェイニー)、スティーヴ・カレル(ドナルド・ラムズフェルド)、サム・ロックウェル(ジョージ・W・ブッシュ)、タイラー・ペリー(コリン・パウエル)、アリソン・ピル(メアリー・チェイニー)、リリー・レーブ(リズ・チェイニー)、リサゲイ・ハミルトン(コンドリーザ・ライス)、ジェシー・プレモンス(カート)ほか

「ザ・プレイス 運命の交差点」のネタバレあらすじ結末

ザ・プレイス 運命の交差点の紹介:2017年イタリア映画。ローマのとあるカフェ「ザ・プレイス」に昼も夜も座っている謎の男。この男の元には、人生に迷った者たちが途切れることなく訪ねてくる。彼らが自分の願いを叶えるためには、男が告げることを行わなくてはいけない。全ての願望・欲望には他人の運命の代償が伴い、やがて9人の相談者たちの運命が交差していくことになる。カメラがカフェ以外を映すことはなく、緻密に練られたストーリーによるワンシチュエーションドラマとなっている。原作はアメリカの大ヒットドラマ『The Booth〜欲望を喰う男』。前作『おとなの事情』がイタリアの年間興行成績2位を記録したパオロ・ジェノヴェーゼ監督の最新作。前作と本作は繋がりがあり、次回作で三部作となる。2018年ダヴィッド・ドナテッロ賞7部門、イタリア批評家協会賞5部門にノミネートされた。
監督:パオロ・ジェノヴェーゼ 出演:ヴァレリオ・マスタンドレア(謎の男)、マルコ・ジャリーニ(エットレ)、アルバ・ロルヴァケル(修道女キアラ)、ヴィットリオ・プッチーニ(アッズッラ)、ロッコ・パパレオ(オドアクレ)、シルヴィオ・ムッチーノ(アレックス)、シルヴィア・ダミーコ(マルティーナ)、ヴィニーチョ・マルキオーニ(ルイージ)、アレッサンドロ・ボルギ(フルヴィオ)、サブリーナ・フェリッリ(アンジェラ)、ジュリア・ラッツァリーニ(マルチェラ婦人)ほか

「マックイーン:モードの反逆児」のネタバレあらすじ結末

マックイーン:モードの反逆児の紹介:2018年イギリス映画。リー・アレクサンダー・マックイーンは90年代から2000年代を代表するファッションデザイナー。世界中のセレブがファンになり、日本でも多くのファンがいました。華やかなファッションの世界に革新的な手法を持ち込み、人々を驚かせてきた彼は、ステージでは明るく振る舞いましたが、その内面は暗く多くの悩みを抱え、最後は自ら命を絶ちました。『マックイーン:モードの反逆児』はマックイーンの少年時代から自殺までの人生と仕事の思い出を親族や関係者が語ります。”Rotten Tomates”(アメリカの映画批評サイト)で大絶賛され、ファッションに興味がない人やマックイーンについて知らない人でも映画の中の彼の作品やショーを楽しめ、興味深く見られる内容になっています。
監督:ピーター・エディドギー 出演:リー・アレクサンダー・マックイーン(デザイナー)、イザベラ・ブロウ(スタイリスト)、トム・フォード(デザイナー)ほか

「ウトヤ島、7月22日」のネタバレあらすじ結末

ウトヤ島、7月22日の紹介:2018年ノルウェー映画。2011年7月22日に、ノルウェーのウトヤ島で実際に起きた銃乱射テロ事件を元に作られた実録ドラマ。たった一人の犯人が77人もの生命を奪ったノルウェーの大事件を72分間ワンカット映像で描く。監督は「ユナイテッド93」など、実録ドラマに定評のあるポール・グリーングラスです。
監督:ポール・グリーングラス 出演:ヨナス・ストラン・グラブリ(ビリヤル)、アンデルシュ・ダニエルセン・リー(ブレイビク)、オラ・G・フッルセット(首相)、マリア・ボック(クリスティン)、セダ・ウィット(ララ)ほか

「ダンボ(実写版)」のネタバレあらすじ結末

ダンボの紹介:2019年アメリカ映画。1941年公開のウォルト・ディズニー製作の名作アニメーション映画『ダンボ』を原点とする実写映画。愛らしいダンボが耳をはばたかせて空を飛びます。そして家族――ジャンボとダンボの母子、ホルトの一家、マックス・メディチのサーカス団――がよみがえる映画です。
監督:ティム・バートン 出演:コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、マイケル・キートン(V.A.ヴァンデヴァー)、ダニー・デヴィート(マックス・メディチ)、エヴァ・グリーン(コレット・マーチャント)、アラン・アーキン(J.グリフィン・レミントン)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンズ(ジョー・ファリア)、ほか

「記者たち 衝撃と畏怖の真実」のネタバレあらすじ結末

記者たち 衝撃と畏怖の真実の紹介:2017年アメリカ映画。2002年、大量破壊兵器保持を理由にジョージ・W・ブッシュ大統領がイラク侵攻を進めようとする中、それがアメリカ政府によって仕組まれた戦争だと知った地方新聞社の記者たちは真実を暴こうと奮闘する。
監督:ロブ・ライナー 出演:ウッディ・ハレルソン(ジョナサン・ランデー)、ジェームズ・マースデン(ウォーレン・ストロベル)、ロブ・ライナー(ジョン・ウォルコット)、トミー・リー・ジョーンズ(ジョー・ギャラウェイ)、ジェシカ・ビール(リサ)、ミラ・ジョボビッチ(ヴラトカ・ランデー)ほか

「生きてるだけで、愛。」のネタバレあらすじ結末

生きてるだけで、愛。の紹介:2018年日本映画。芥川賞錯覚・本谷有希子の同名小説を映画化したラブストーリーです。同棲を始めてから3年になる鬱がちで引きこもりの女性と出版社で働く男。そんなある日、男の元恋人が現れ、男と復縁しようと画策しますが・・・。
監督:関根光才 出演者:趣里(寧子)、菅田将暉(津奈木)、田中哲司(村田)、西田尚美(真紀)、松重豊(磯山)、石橋静河(美里)、織田梨沙(莉奈)、仲里依紗(安堂)ほか

「ねことじいちゃん」のネタバレあらすじ結末

ねことじいちゃんの紹介:2018年日本映画。イラストレーターのねこまき(ミューズワーク)原作による同名コミックを映画化したヒューマンドラマで、世界的な動物写真家・岩合光昭の監督デビュー作です。妻に先立たれ、愛猫と小さな島で暮らす老人と周囲の人々との日常を落語家・立川志の輔の主演で描きます。
監督:岩合光昭 出演:立川志の輔(春山大吉)、柴咲コウ(美智子)、柄本佑(若村健太郎)、銀粉蝶(サチ)、山中崇(春山剛)、葉山奨之(内村聡)、田根楽子(たみこ)、小林トシ江(トメ)、片山友希(あすみ)、立石ケン(幸生)、中村鴈治郎、田中裕子(春山よしえ)、小林薫(巌)、ベーコン(タマ)ほか

「そらのレストラン」のネタバレあらすじ結末

そらのレストランの紹介:2018年日本映画。大泉洋やTEAM NACSらを擁する北海道の芸能事務所「クリエイティブオフィスキュー」の企画・プロデュースによる“北海道映画シリーズ”の第3作であり、『しあわせのパン』『ぶどうのなみだ』に引き続いて大泉洋が主演するヒューマンドラマです。本作は北海道せたな町で循環型農業を営む農家ユニット「やまの会」の全面協力のもと、チーズ作りに情熱を燃やす酪農家が仲間たちと力を合わせて1日限りのレストランを開くまでの奮闘を描きます。
監督:深川栄洋 出演者:大泉洋(設楽亘理)、本上まなみ(設楽こと絵)、岡田将生(神戸陽太郎)、マキタスポーツ(石村甲介)、高橋努(富永芳樹)、石崎ひゅーい(野添隆史)、眞島秀和(朝田一行)、安藤玉恵(石村美智)、庄野凛(設楽潮莉)、鈴井貴之(稲熊)、風吹ジュン(大谷佐弥子)、小日向文世(大谷雄二)ほか

「未来を乗り換えた男」のネタバレあらすじ結末

未来を乗り換えた男の紹介:2018年ドイツ,フランス映画。ドイツの作家アンナ・ゼーガースが1944年に発表した小説『トランジット』を、舞台設定を現代に置き換えて映画化したサスペンス作品です。難民問題とファシズムの再台頭に揺れる祖国ドイツからフランスに逃れた男が、別の人間になりすました事で起きる美しい悲劇をサスペンスタッチで描いた映画。
監督:クリスティアン・ペッツォルト 出演者:フランツ・ロゴフスキ(ゲオルク)、パウラ・ベーア(マリー)、ゴーデハート・ギーズ(リヒャルド)、リリエン・バットマン(ドリス)、マリアム・ザリー(メリッサ)、ロナウド・ククリーズ(ハインツ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 27
TOP↑