最新映画一覧

「ヒトラーを欺いた黄色い星」のネタバレあらすじ結末

ヒトラーを欺いた黄色い星の紹介:2017年ドイツ映画。第二次世界大戦の時代のドイツ・ベルリンで、ナチスの迫害から逃れ、身分を隠して生き延びた1500人のユダヤ人。実際の生き残りであ4人のユダヤ人の証言を基に製作された、決して生きる希望を見失わなかった4人の若者の姿を描いた伝記ドラマです。
監督:クラウス・レーフレ 出演者:マックス・マウフ(ツィオマ・シェーンハウス)、アリス・ドワイヤー(ハンニ・レヴィ)、ルビー・O・フィー(ルート・アルント)、アーロン・アルタラス(オイゲン・フリーデ)、ヴィクトリア・シュルツ(エレン・レヴィンスキー)、フロリアン・ルーカス(ヴェルナー・シャルフ)、アンドレアス・シュミット(ハンズ・ウィンクラー)、ロベルト・フンガー=ビューラー(フランツ・カウフマン)、ルーカス・ライバー(ヨッヒェン・アーント)ほか

「オーシャンズ8」のネタバレあらすじ結末

オーシャンズ8の紹介:2018年アメリカ映画。全世界で社会現象を巻き起こしたオーシャンズがスケールアップして帰ってきた。新生オーシャンズを率いる司令塔はあのダニー・オーシャンの妹、デビー・オーシャン。彼女が声をかけたのはいずれも才能と個性の溢れる犯罪のプロたち。彼女らのターゲットとなるのは世界最大のファッションの祭典メットガラに登場するダイヤモンド。カルティエのクリエイティブ・ディレクターの名前からトゥーサンと名付けられた3キロのダイヤモンドを擁する総額1億5000万ドルの宝石。世界中から600人以上のセレブが集い、世界一の最高難度のセキュリティに守られた宝石を奪うことができるのか?『オーシャンズ』前3作の監督、スティーブン・ソダーバーグをプロティーサーに迎え、ゲイリー・ロスがメガホンを取った。たった1秒の狂いが命取りというゴージャスな作戦と豪華キャストのチームワークは必見。
監督:ゲイリー・ロス 出演:サンドラ・ブロック(デビー・オーシャン)、ケイト・ブランシェット(ルー)、アン・ハサウェイ(ダフネ・クルーガー)、ミンディ・カリング(アミーダ)、オークワフィナ(コンスタンス)、サラ・ポールソン(タミー)、リアーナ(ナインボール)、ヘレナ・ボナム=カーター(ローズ・ワイル)、ジェームズ・コーデン(ジョン・フレイジャー)、リチャード・アーミティッジ(クロード・ベッカー)ほか

「カメラを止めるな!」のネタバレあらすじ結末

カメラを止めるな!の紹介:2018年日本映画。ゾンビ映画を撮っていた製作陣が、本物のゾンビに襲われる様を、37分間に渡るワンシーン・ワンカットのサバイバルシーンを盛り込んで、意表を突いた衝撃的な展開で描きます。「カメラを止めるな!」は映画製作・俳優養成専門学校「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクトとして製作され、当初2館のみの上映ながら瞬く間に大反響を巻き起こし大ヒットした低予算インディーズムービーです。日本アカデミー賞では最優秀編集賞、話題賞を受賞し、全9部門にノミネートしました。
監督:上田慎一郎 キャスト:濱津隆之(日暮隆之)、真魚(日暮真央)、しゅはまはるみ(日暮晴美)、長屋和彰(神谷和明)、細井学(細田学)、市原洋(山ノ内洋)、山﨑俊太郎(山越俊助)、大沢真一郎(古沢真一郎)、竹原芳子(笹原芳子)、吉田美紀(吉野美紀)、合田純奈(栗原綾奈)、岩地紗希奈(松浦早希)、秋山ゆずき(松本逢花)、山口友和(谷口智和)、藤村拓矢(藤丸拓哉)、イワゴウサトシ(黒岡大吾)、高橋恭子(相田舞)、生見司織(温水栞)ほか

「ALONE/アローン」のネタバレあらすじ結末

ALONE/アローンの紹介:2016年アメリカ,スペイン,イタリア映画。誰もいない、何もない砂漠の地雷原に取り残された米軍兵の、悪夢のような52時間の苦闘を描いたワンシチュエーションスリラーです。『ソーシャル・ネットワーク』『君の名前で僕を呼んで』などのアーミー・ハマーが主人公の米軍兵を演じます。
監督:ファビオ・レジナーロ、ファビオ・ガリオーネ 出演者:アーミー・ハマー(マイク・スティーブンス)、アナベル・ウォーリス(ジェニー)、トム・カレン(トミー・マディソン)、ジェフ・ベル(マイクの父)、ジュリエット・オーブリー(マイクの母)、クリント・ディアー(ベルベル人)ほか

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film」のネタバレあらすじ結末

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー en film (アンフィルム)の紹介:2018年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第42作目にして初の2つの戦隊を同時進行で描いて大反響を呼んだ通称『ルパパト』の初の劇場版です。快盗と警察の2大戦隊の抗争に今度は田中直樹(ココリコ)演じる探偵も参戦、更には両戦隊のレッド2人が異世界にさらわれたことからまさかのありえない共闘へと発展していきます。
監督:杉原輝昭 出演者:伊藤あさひ(夜野魁利/ルパンレッド:声/ルパントリコロール:声)、結木滉星(朝加圭一郎/パトレン1号:声/パトレンU号:声)、濱正悟(宵町透真/ルパンブルー:声/ルパントリコロール:声)、工藤遥(早見初美花/ルパンイエロー:声/ルパントリコロール:声)、横山涼(陽川咲也/パトレン2号:声/パトレンU号:声)、奥山かずさ(明神つかさ/パトレン3号:声/パトレンU号:声)、元木聖也(高尾ノエル/ルパンエックス:声/パトレンエックス:声)、アイクぬわら(ヒルトップ管理官)、温水洋一(コグレ)、三ツ矢雄二(グッドストライカー:声)、藤原啓治(ジャックポットストライカー:声)、釘宮理恵(ジム・カーター:声)、茶風林(ウィルソン:声)、田中直樹(エルロック・ショルメ/怪人態:声)ほか

「仮面ライダービルド Be The One」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダービルド Be The One(ビー・ザ・ワン)の紹介:2018年日本映画。平成仮面ライダーシリーズ第19作となる『仮面ライダービルド』の劇場版にして原作者・石ノ森章太郎生誕80周年記念作品でもある本作品はテレビ本編の第45話と第46話の間に起こった出来事を描き、これまでテレビ本編などで描かれてきた伏線を回収した内容となっています。新たな敵勢力の登場で窮地に追い詰められた主人公・桐生戦兎の孤独な闘い、そしてもう一人の主人公・万丈龍我との友情を、福岡県北九州市での大規模ロケを交えて描いています。「さあ、最後の実験を始めようか」
監督:上堀内佳寿也 出演者:犬飼貴丈(桐生戦兎/仮面ライダービルド:声/クローズビルド:声)、赤楚衛二(万丈龍我/仮面ライダークローズ:声/クローズビルド:声)、高田夏帆(石動美空)、武田航平(猿渡一海/仮面ライダーグリス:声)、越智友己(内海成彰)、小久保丈二(葛城忍)、木山廉彬(葛城巧)、藤井隆(郷原光臣/ゼブラロストスマッシュ:声)、松井玲奈(才賀涼香/シザーズロストスマッシュ:声)、滝裕可里(滝川紗羽)、水上剣星(氷室幻徳/仮面ライダーローグ:声)、前川泰之(石動惣一/エボルト:石動惣一擬態時)、金尾哲夫(エボルト:声/仮面ライダーエボル:声)、勝村政信(伊能賢剛/仮面ライダーブラッド:声)ほか

「スターリンの葬送狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

スターリンの葬送狂騒曲の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー,カナダ映画。ソビエト連邦の最高権力者スターリンは粛清という名の大量虐殺による恐怖で、国民や側近を支配してきた。その独裁者が脳出血で危篤に陥り、後継者を指名することなく息を引き取った。表向きは厳粛な国葬の準備を進めるが、スターリンの腹心だったマレンコフ、モスクワ党第一書記フルシチョフ、秘密警察警備隊最高責任者のベリヤが3大トップとなり、そこへソビエト軍最高司令官ジェーコフ元帥まで参戦し、権力バトルが始まった。嘘と裏切り、仕掛け合う罠など国を担うはずの男たちのなんでもあり、やったもの勝ちのゲスな本性が暴かれていく。ロシアでは政府が上映を禁止したが、ヨーロッパ全土、さらにはアメリカやオーストラリアまでスマッシュヒットを記録した。
監督:アーマンド・イアヌッチ 出演:スティーヴ・ブシェミ(フルシチョフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ベリヤ)、パディ・コンシダイン(アンドレーエフ)、ルパート・フレンド(ワシーリー)、ジェイソン・アイザックス(ジェーコフ)、オルガ・キュリレンコ(マリヤ)、マイケル・ベイリン(モロトフ)、アンドレア・ライズブロー(ヴェトラーナ)、ポール・チャヒディ(ブルガーニン)、ダーモット・クロウリー(カガノーヴィチ)、アドリアン・マクローリン(スターリン)、ジェフリー・タンバー(マレンコフ)ほか

「ミッションインポッシブル6 フォールアウト」のネタバレあらすじ結末

ミッション:インポッシブル/フォールアウトの紹介:2018年アメリカ映画。『ミッション:インポッシブル』シリーズ第6作目となる本作はパリが舞台。盗まれたプルトニウムを用いてテロが計画されていることが判明する。事件は秘密組織「シンジケート」の残党が結成した「アポストル」が関与しており、ジョン・ラークという犯人の名前だけを手掛かりに不可能なミッションをこなしていく。前作に続いてクリストファー・マッカリー監督がメガホンを取り、飛行するヘリコプターにしがみついたり、ビルからビルへ跳躍したりトム渾身のスタントも見逃せない作品。
監督:クリストファー・マッカリー 出演:トム・クルーズ(イーサン・ハント)、ヘンリー・カヴィル(オーガスト・ウォーカー)、ヴィング・レイムス(ルーサー・スティッケル)、サイモン・ペッグ(ベンジー・ダン)、レベッカ・ファーガソン(イルサ・ファウスト)、ショーン・ハリス(ソロモン・レーン)、アンジェラ・バセット(エリカ・スローン)、ヴァネッサ・カービー(ホワイト・ウィドウ)、ウェス・ベントリー(パトリック)、フレデリック・シュミット(ゾラ)、ミシェル・モナハン(ジュリアン)、アレック・ボールドウィン(アラン・ハンリー)ほか

「インクレディブル・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

インクレディブル・ファミリーの紹介:2018年アメリカ映画。14年ぶりに帰ってきたミスター・インクレディブルの続編。スーパーヒーローに対するイメージが落ちている中、イメージ改善計画としてヘレンを中心に活動を再開することになる。スクリーンスレーバーという大敵に出くわし苦戦するが、ジャックジャックのパワーも発揮され最強のインクレディブル・ファミリーが力を合わせて正義のために戦う。
監督:ブラッド・バード 声優:クレイグ・T・ネルソン(ボブ / Mr.インクレディブル)、ホリー・ハンター(ヘレン / イラスティガール)、サラ・ヴォーウェル(ヴァイオレット)、ハック・ミルナー(ダッシュ)、サミュエル・L・ジャクソン(フロゾン)、ブラッド・バード(エドナ・モード)、ソフィア・ブッシュ(ヴォイド)、イーライ・フチーレ(ジャック・ジャック)、ジョン・ラッツェンバーガー(アンダーマイナー)、ほか

「劇場版コードブルー ドクターヘリ緊急救命」のネタバレあらすじ結末

劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命の紹介:2018年日本映画。2008年に夏に放送された「コードブルー ドクターヘリ緊急救命」から10年後。フライトドクター、フライトナースとして成長してきた彼らに別れの時が近づいていた。シーズン3期とスペシャルドラマ2本を経て、ついに劇場版映画として最終章を迎えたコードブルー。キャスト陣や主題歌Mr.Children「HANABI」はそのままに、たて続けに起こるかつてない大事故に立ち向かう姿がスクリーンいっぱいに映し出される。それぞれの道を歩き始める彼らの旅立ちを涙とともに見守ろう。
監督:西浦正記 キャスト:山下智久(藍沢耕作)、新垣結衣(白石恵)、(緋山美帆子)、比嘉愛未(冴島はるか)、浅利陽介(藤川一男)、有岡大貴(名取颯馬)、成田凌(灰谷俊平)、新木優子(横峯あかり)、馬場ふみか(雪村双葉)、新田真剣佑(岩田彰生)、かたせ梨乃(雪村沙代)、山谷花純(富澤未知)、丸山智己(緒方博嗣)、平埜生成(杉原剛志)、杉本哲太(西条章)、安藤政信(新海広紀)、椎名桔平(橘啓輔)、ほか

「ウインド・リバー」のネタバレあらすじ結末

ウインド・リバーの紹介:2017年アメリカ映画。ウインド・リバーは全米各地に点在するネイティブアメリカンの保留地のひとつ。荒れ果てた大自然の地で生活を強いられた人々は、貧困やドラッグなどの慢性的な問題を抱え苦しんでいた。そこへある日18歳の少女の遺体が発見される。捜査に当たるのはFBIより単身派遣された新人捜査官ジェーンと、ウインド・リバーに生きる凄腕ハンターのコリー。様々な苦難に見舞われながらも心を通わせ、理不尽な殺人事件の真相に迫っていく。『ボーダー・ライン』『最後の追跡』の脚本を担当したテイラー・シェリダンがフロンティア3部作最終章として本作を脚本・監督し、カンヌ国際映画祭〈ある視点〉部門で監督賞に輝いた作品。全米ではわずか4館の限定公開でスタートし、作品のクオリティより公開4週目で2095館へと拡大された。
監督:テイラー・シェリダン 出演:ジェレミー・レナー(コリー・ランバート)、エリザベス・オルセン(ジェーン・バナー)、ジョン・バーンサル(マット)、ギル・バーミンガム(マーティン)、ジュリア・ジョーンズ(ウィルマ)、ジェームズ・ジョーダン(ピート)、ケルシー・アスビル(ナタリー)、グレアム・グリーン(ベン)ほか

「BLEACH/ブリーチ」のネタバレあらすじ結末

BLEACHの紹介:2018年日本映画。久保帯人原作の大ヒットコミック「BLEACH」を「GANTZ」「アイアムアヒーロー」の佐藤信介監督が実写映画化。ある日突然、死神となった高校生一護が最強の悪霊「虚(ホロウ)」に立ち向かう姿を描く。主演の黒崎一護を福士蒼汰、朽木ルキアを杉咲花が演じる。
監督:佐藤信介 出演:福士蒼汰(黒崎一護)、杉咲花(朽木ルキア)、吉沢亮(石田雨竜)、MIYAVI(朽木白哉)、早乙女太一(阿散井恋次)、小柳友(茶渡泰虎)、真野恵里菜(井上織姫)、田辺誠一(浦原喜助)、江口洋介(黒崎一心)、長澤まさみ(黒崎真咲)

「フジコ・ヘミングの時間」のネタバレあらすじ結末

フジコ・ヘミングの時間の紹介:2018年日本映画。80歳を過ぎてなお世界各地で精力的な活動を続ける“魂のピアニスト”フジコ・ヘミング。約2年間に渡って世界中を飛び回るフジコに密着取材、彼女の素顔や知られざるヒストリーを映像美と共に綴った渾身のドキュメンタリーです。
監督:小松莊一良 出演者:フジコ・ヘミング、大月エルフ、三浦透子(ナレーション)ほか

「メイズ・ランナー:最期の迷宮」のネタバレあらすじ結末

メイズ・ランナー:最期の迷宮の紹介:2018年アメリカ映画。ジェームズ・ダシュナー原作の小説を映画化したSFサバイバルアクションシリーズの3作目にして完結編です。難攻不落の巨大迷宮に挑んできた若者たちは、辿り着いた都市で最期の闘いに挑みます。
監督:ウェス・ボール 出演者:ディラン・オブライエン(トーマス)、カヤ・スコデラリオ(テレサ)、トーマス・ブローディ・サングスター(ニュート)、キー・ホン・リー(ミンホ)、デクスター・ダーデン(フライパン)、ジャンカルロ・エスポジート(ホルヘ)、ローサ・サラザール(ブレンダ)、ウィル・ポールター(ギャリー)、ウォルトン・ゴギンズ(ローレンス)ほか

「50回目のファーストキス(2018日本)」のネタバレあらすじ結末

50回目のファーストキスの紹介:2018年日本映画。2004年公開のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」を、山田孝之と長澤まさみのダブル主演でリメイクしたラブストーリーです。舞台はオリジナル版同様ハワイのままで、新しい記憶は一晩で消えてしまう記憶障害の女性と、彼女に心を奪われて何度もアプローチする駆け出し研究者の青年との恋愛を描きます。
監督:福田雄一 出演者:山田孝之(弓削大輔)、長澤まさみ(藤島瑠衣)、ムロツヨシ(ウーラ山崎)、勝矢(味方和彦)、太賀(藤島慎太郎)、山崎紘菜(高頭すみれ)、大和田伸也(名取医師)、佐藤二朗(藤島健太)ほか

1 43 44 45 46 47 48

キーワードから探す

TOP↑