西田敏行映画一覧

「釣りバカ日誌」のネタバレあらすじ結末

釣りバカ日誌の紹介:1988年日本映画。釣りバカ日誌シリーズ1作目。鈴木建設の高松始点から東京本社に転勤して来た浜崎伝助ことハマちゃんは、仕事や出世にまるで興味がない万年平社員。愛妻美智子さんと釣りをなによりも大事にしています。転勤初日から遅刻するありさまです。ひょんなことから、寂しそうな初老の男性と知り合い、釣りの師弟関係を結びますが、その老人はハマちゃんの勤める鈴木建設の社長・鈴木一之助・スーさんだった。そんなことはつい知らず、ハマちゃんとスーさんはとの友情が深まります。しかし、会社で二人が出会い、お互いのことを知ります。さて二人の友情はどうなるのでしょうか。
監督:栗山富夫 出演:西田敏行(浜崎伝助)、三國連太郎(鈴木一之肋)、石田えり(浜崎みち子)、山瀬まみ(久美子)、谷啓(佐々木和男)、ほか

「アウトレイジ最終章」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジ 最終章の紹介:2017年日本映画。アウトレイジシリーズ3作目。前作『アウトレイジ ビヨンド』で関東の山王会VS関西の花菱会の巨大抗争のあと、大友は韓国へ渡り日韓を牛耳る大物フィクサー張会長の下にいた。韓国の歓楽街を仕切っていた大友のもとへ、花菱会の花田よりクレームの電話が入る。これが元となり花田は大友の手下を殺してしまい、国際的フィクサー張グループを敵に回す形になった花菱会。また時同じくして、花菱会では会長の後釜に元証券マンで娘婿の野村が会長となったことで内紛が勃発していた。裏社会を生きる男たちの裏切りと抗争を描いた大ヒットシリーズが3作目にして最終章となる。キャッチコピーは『全員暴走』。過去の清算の機会を狙う大友の暴走と、花菱会のトップを狙う暴走を軸に、暴力や傲慢の裏で背負った苦悩や悲哀を重厚に描いた本作。第74回ヴェネツィア国際映画祭でクロージング上映され話題を呼んだ。
監督:北野武 出演:ビートたけし(大友 / 元大友組組長)、西田敏行(西野 / 花菱会若頭)、塩見三省(中田 / 花菱会若頭補佐)大森南朋(市川 / 大友の腹心)、ピエール瀧(花田 / 花菱会幹部)、大杉漣(野村 / 花菱会新会長)、松重豊(繁田刑事)、金田時男(張 / 張グループ会長)、白竜(李 / 張の側近)、原田泰造(丸山 / 花田の手下)、池内博之(吉岡 / 木村組組長)ほか

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」のネタバレあらすじ結末

ナミヤ雑貨店の奇蹟の紹介:2017年日本映画。日本を代表する小説家 東野圭吾原作の同名小説を映画化。大きな屋敷を飛び出し夜の街を走る敦也達3人。今しがたその屋敷で女性を縛り付けてカバンをひったくった3人は、一晩隠れるためにとある空き家へと侵入する。そこはかつて雑貨店として構えていたが、今では廃墟と化している場所。しかし、たった一晩過ごすつもりだったその場所に、突然一通の手紙が舞い込んできた。それは過去と現代を繋ぐ奇蹟の手紙だった。主演に人気アイドルグループから山田涼介、そして西田敏行が抜擢、主題歌「REBORN」を山下達郎が担当している。
監督:廣木隆一 出演:山田涼介(矢口敦也)、村上虹郎(小林翔太)、寛一郎(麻生幸平)、林遣都(松岡克郎)、成海璃子(皆月暁子)、門脇麦(セリ)、鈴木梨央(セリ / 少女時代)、山下リオ(川辺映子)、手塚とおる(刈谷)、PANTA(皆月良和)、小林薫(松岡健夫)、萩原聖人(浪矢貴之)、吉行和子(田代秀代)、尾野真千子(田村晴美)、西田敏行(浪矢雄治)、ほか

「ゲロッパ!」のネタバレあらすじ結末

ゲロッパ!の紹介:2003年日本映画。数日内に収監される予定のヤクザの組長・羽原大介は2つ叶えたい願いがありました。1つは何年も会っていない娘に会うこと、もう1つは大ファンであるジェームス・ブラウンの名古屋コンサートに行くことでした。そんな中、大介は組を解散すると子分達に話します。解散を阻止したい子分達はジェームス・ブラウンを拉致しようと計画し、大介は娘に会いに行きます。監督は井筒和幸さん、主演に西田敏行さん 組長の娘役に常盤貴子さんが演じています。
監督:井筒和幸 出演:西田敏行(羽原大介)、常盤貴子(かおり)、山本太郎(太郎)、岸部一徳(金山)、ほか

「太陽を盗んだ男」のネタバレあらすじ結末

太陽を盗んだ男の紹介:1979年日本映画。原子爆弾を作った男、城戸誠。彼の目的は政府に自分の要求を満たさせることだった。しかし、山下警部がそれを阻止しようとする。原子爆弾のために、城戸と山下の死闘が始まる。
監督:長谷川和彦 出演:沢田研二(城戸誠)、菅原文太(山下満州男警部)、池上季実子(沢井零子(ゼロ))、北村和夫(田中警察庁長官)、神山繁(仲山総理大臣秘書)、水谷豊(交番の警官)、西田敏行(サラ金の取り立て屋)、ほか

「はやぶさ/HAYABUSA」のネタバレあらすじ結末

はやぶさ/HAYABUSAの紹介:2011年日本映画。小惑星「イトカワ」のサンプルを持ち帰ることに成功した小惑星探査機「はやぶさ」とそれに携わったJAXAの人々の物語です。「はやぶさ」が話題になったことで同じ年に同じ題材の映画が3本製作されましたが、その内の1作となります。
監督:堤幸彦 出演者:竹内結子(水沢恵)、高嶋政宏(坂上健一)、鶴見辰吾(喜多修)、市川実和子(小田島加那子)、甲本雅裕(平山孝行)、佐野史郎(川渕幸一)、西田敏行(的場泰弘)、ほか

「終戦のエンペラー」のネタバレあらすじ結末

終戦のエンペラーの紹介:2012年日本,アメリカ映画。岡本嗣郎の著書「陛下をお救いなさいまし 河井道とボナー・フェラーズ」を原作に、太平洋戦争終結後の日本で起こった出来事を史実とフィクションを交えて描いた歴史映画です。GHQ司令官マッカーサーの指示を受けた知日家の将校は、昭和天皇に戦争責任があるのかを調査していくのですが…。
監督:ピーター・ウェーバー 出演者:マシュー・フォックス(ボナー・フェラーズ)、トミー・リー・ジョーンズ(ダグラス・マッカーサー)、初音映莉子(島田あや)、西田敏行(鹿島)、片岡孝太郎(昭和天皇)ほか

「ももへの手紙」のネタバレあらすじ結末

ももへの手紙の紹介:2012年日本映画。宮浦ももと母親のいく子は瀬戸内海の汐島の叔父と叔母の元へ引っ越してきた。ももの父親は事故で亡くなっている。引っ越した家の倉庫で箱に入った古い妖怪の本を見つけた。島に馴染めないもも。そんなある日いく子が出かける時に妙な影を見てしまう。それから天井の物音、話し声が聞こえ妙な影に追いかけられた。次第に姿を表す妖怪3人。妖怪達の目的とは何なのか。
監督:沖浦啓之 声優:美山加恋(宮浦もも)、優香(宮浦いく子)、坂口芳貞(大おじ・貞浜サチオ)、谷育子(大おば・貞浜サエ)、チョー(マメ)、山寺宏一(カワ)、西田敏行(イワ)、ほか

「陰日向に咲く」のネタバレあらすじ結末

陰日向に咲く(かげひなたにさく)の紹介:2008年日本映画。パチンコ依存症で借金取りに追われるシンヤはストリップ劇場に入れられそうになっている寿子という女性を助けます。彼女は母の足跡を追っていました。一方アイドルオタクのゆうすけはみゃーこというアイドルを追いかけていますが、彼女のテレビでの扱いは良いものではありませんでした。また社会に疲れたサラリーマン・リュウタロウは自由なホームレス・モーゼに憧れます。この6人のそれぞれの話が交錯するオムニバス形式の映画で、原作は劇団ひとり。
監督:平川雄一朗 出演:岡田准一(シンヤ)、宮崎あおい(鳴子・寿子)、伊藤淳史(雷太)、平山あや(みゃーこ)、緒川たまき(ジュピター)、西田敏行(モーゼ)、塚本高史(ゆうすけ)、三浦友和(リュウタロウ)、ほか

「ラブ&ピース(ラブアンドピース)」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。かつてはロックミュージシャンという夢を抱いていたが現在は落ちぶれた会社員の鈴木良一が、1匹の小さなミドリガメ、ピカドンと出会ったことから奇想天外な物語が始まる。
監督:園子温 出演:長谷川博己(鈴木良一)、麻生久美子(寺島裕子)、渋川清彦(稲川さとる)、奥野瑛太(Revolution Qメンバー)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、星野源(PC-300)、西田敏行(謎の老人)、ほか

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」のネタバレあらすじ結末

SPACE BATTLESHIP ヤマト(スペースバトルシップヤマト)の紹介:2010年日本映画。不朽の名作アニメ「宇宙戦艦ヤマト」シリーズ初の実写版は、アニメ第1作をベースに豪華キャストと最新鋭映像技術で描かれた超大作です。地球の危機を救うため、宇宙戦艦ヤマトの乗組員たちは遥か銀河の彼方を目指して出撃します。
監督:山崎貴 出演者:木村拓哉(古代進)、黒木メイサ(森雪)、柳葉敏郎(真田志郎)、堤真一(古代守)、山崎努(沖田十三)ほか

「ラブ&ピース」のネタバレあらすじ結末

ラブ&ピースの紹介:2015年日本映画。「ラブ&ピース」は園子温監督の「愛」をテーマにした映画作品です。園子監督初の特撮技術を使った大変変わった作品です。うだつが上がらない主人公が屋上で亀を拾ったことにより巻き起こるファンタジックな出来事を描いています。謎の老人役を西田敏行が演じています。いつもクールでかっこよい役が多い長谷川博己がこの上なく惨めな主人公を演じます。
監督:園子温 出演者:長谷川博己(鈴木良一 )、麻生久美子(寺島裕子)、西田敏行(謎の老人)、渋川清彦(マネージャー/稲川さとる)、マキタスポーツ(良一の会社の課長)、ほか

「憑神(つきがみ)」のネタバレあらすじ結末

憑神(つきがみ)の紹介:2007年日本映画。浅田次郎の小説「憑神」を実写化。夏木マリや妻夫木聡、西田敏行など超個性派且つ実力派俳優を揃えたことでも話題となった。神と青年とのテンポの良いやり取りがクセになる。
監督:降旗康男 出演:妻夫木聡(別所彦四郎)、夏木マリ(別所イト)、佐々木蔵之介(別所左兵衛)、鈴木砂羽(別所千代)、香川照之(甚平)、西田敏行(伊勢屋/貧乏神)、江口洋介(勝海舟)、ほか

「人生の約束」のネタバレあらすじ結末

人生の約束の紹介:2015年日本映画。「池中玄太80キロ」などのテレビドラマを手掛けてきた石橋冠監督が初めて手掛けた劇場作品です。仕事一筋に生きてきた男が親友の死を機に、親友の故郷・富山の曳山祭の危機を救おうと立ち上がる中で、失ってきた大切なものを取り戻そうとする過程が描かれています。
監督:石橋冠 出演者:竹野内豊(中原祐馬)、江口洋介(渡辺哲也)、西田敏行(西村玄太郎)、松坂桃李(沢井卓也)、ビートたけし(岩瀬厚一郎)ほか

「悪魔が来りて笛を吹く」のネタバレあらすじ結末

悪魔が来りて笛を吹くの紹介:1979年日本映画。横溝正史原作「金田一耕助シリーズ」の1つ。宝石店の強盗事件の容疑者となった元子爵が、それを苦にして自殺したと思われましたが、調べるうちに、忌まわしい過去が暴かれていきます。
監督:斎藤光正 出演:西田敏行(金田一耕助)、斉藤とも子(椿美禰子)、仲谷昇(椿英輔)、鰐淵晴子(椿秋子)、石濱朗(新宮利彦)、宮内淳(三島東太郎)、二木てるみ(お種)、ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑