西田敏行映画一覧

「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジビヨンドの紹介:2012年日本映画。北野武監督が手掛ける、登場人物が全員悪人の映画シリーズ、アウトレイジ2作目の映画。2010年公開の前作アウトレイジから5年後を舞台に、関東最大の暴力団・山王会と関西最大の暴力団・花菱会が絡む権力抗争が描かれたバイオレンスヤクザ映画です。前作のラストで死んだはずだった大友組組長の大友が実は生きており、東西の抗争に巻き込まれていく。ヤクザ同士の言い争いシーンは迫力があり見ものです。2017年10月にはアウトレイジビヨンドの続編となる「アウトレイジ最終章」が公開。
監督:北野武 出演者:ビートたけし(大友)、西田敏行(西野)、三浦友和(加藤)、加瀬亮(石原)、小日向文世(片岡)ほか

「自虐の詩」のネタバレあらすじ結末

自虐の詩の紹介:2007年日本映画。業田良家のベストセラー漫画を映画化。笑いあり涙ありの感動エンターテインメント作品。夫に尽くす幸薄な幸江役に中谷美紀。元ヤクザの夫・イサオ役は阿部寛が演じる。豪快なイサオのちゃぶ台返しは必見! キャッチコピーは「伝説の4コマ漫画映画化!笑いあり、涙ありの怒涛のエンターテインメント!」で、舞台は原作の東京から大阪の下町になり、小さい頃から不幸の連続であった女性の半生を描きます。主演の中谷美紀はこの作品で第31回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しました。
監督:堤幸彦 出演:中谷美紀(森田幸江)、阿部寛(葉山イサオ)、遠藤憲一(あさひ屋マスター)、カルーセル麻紀(福本小春)、ミスターちん(難波警部)、名取裕子(美和子)、西田敏行(森田家康)、ほか

「オリエント急行殺人事件(2015年)」のネタバレあらすじ結末

オリエント急行殺人事件の紹介:2015年日本。豪華寝台車オリエント急行の中である日殺人事件が起き、たまたまそこに居合わせた探偵が、事件の真相を解いていきます。その時代の衣装や髪型も見物です。アガサ・クリスティ原作小説の日本版リメイクTVドラマです。
脚本:三谷幸喜 原作:アガサ・クリスティ 出演: 野村萬斎(勝呂武尊(すぐろたける))、松嶋菜々子(馬場舞子)、二宮和也(幕内平太)、杏(安藤伯爵夫人)、玉木宏(安藤伯爵)、沢村一樹(能登陸軍大佐)、吉瀬美智子(剛力曽根子)、石丸幹二(剛力大佐)、池松壮亮(羽佐間)、黒木華(小百合)、八木亜希子(呉田)、青木さやか(昼出川)、藤本隆宏(保土田)、富司純子(羽鳥夫人)、高橋克実(莫)、笹野高史(須田)、小林隆(益田)、草笛光子(轟侯爵夫人)、西田敏行(三木武一)、佐藤浩市(藤堂)、ほか

「ジヌよさらば かむろば村へ」のネタバレあらすじ結末

ジヌよさらば かむろば村への紹介:2015年日本映画。いがらしみきおの漫画「かむらば村へ」を原作とする松尾スズキ監督の映画です。都会の生活に疲れた若者が、田舎へと移住しそこでくせのある人々と出会い、とんでもないことに巻き込まれます。笑いどころがたくさんある映画ですが、それに反して暴力描写や下ネタも多いので、ほのぼのとしたストーリーだと思って見ると少し痛い思いをする映画です。ですが主演の松田龍平が騒動に巻き込まれる少し抜けた若者を好演しています。
監督:松尾スズキ 出演:松田龍平(高見武晴)、阿部サダヲ(天野与三郎)、松たかこ(天野亜希子)、西田敏行(なかぬっさん)、二階堂ふみ(青葉)ほか

「大奥 永遠[右衛門佐・綱吉篇]」のネタバレあらすじ結末

大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]の紹介:2012年日本映画。一人の女将軍に多くの男達が仕えるという男女逆転の異色な設定の大奥を舞台に、世継ぎの誕生をめぐり繰り広げられる権力争いや男女の愛憎を描いた作品。よしながふみの漫画が原作となっています。
監督:金子文紀 出演:堺雅人(右衛門佐)、菅野美穂(徳川綱吉)、尾野真千子(柳沢吉保)、柄本佑(秋本)、田中聖(玉栄)、要潤(伝兵衛)、堺正章(隆光)、宮藤官九郎(御台所・信平)、西田敏行(桂昌院)、ほか

「星守る犬」のネタバレあらすじ結末

星守る犬の紹介:2011年日本映画。この作品は『漫画アクション』(双葉社)の村上たかしの連載漫画を原作にした映画です。平成20年度第12回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品で、キャッチコピーは、「望みつづけるその先に、きっと希望があると思う。」です。タイトルの「星守る犬」とは、決して手に入らない星をずっと見続けている犬のことで、「高望みをする人」を例えていう言葉です。監督は『犯人に告ぐ』(2007年)などを手がけた瀧本智行、脚本は『守護天使』(2009年)などを手がけた橋本裕志です。
監督:瀧本智行 出演:西田敏行(おとうさん)、玉山鉄二(奥津京介)、川島海荷(川村有希)、余貴美子(旅館の女将)、温水洋一(「リサイクルショップ河童」店長・富田)、濱田マリ(富田の女房)、ほか

「陽はまた昇る」のネタバレあらすじ結末

陽はまた昇るの紹介:2002年日本映画。赤字続きに苦しむビデオ事業部の事業部長に任命された開発技師と苦境に立たされた従業員達が一致団結し、家庭用ビデオの開発に奮闘する姿を描いた感動ドラマ。従業員たちの雇用を守るために奮闘する一人の男の熱き想いに胸を打たれる感動作となっています。VHS開発プロジェクトをもとにしており、ビクター、ソニー、松下電器産業などが登場する。
監督佐々部清 出演:西田敏行(加賀谷静男)、緒形直人(江口涼平)、篠原涼子(柏木夏佳)、真野響子(加賀谷圭子)、石橋蓮司(金沢紀之)、倍賞美津子(村上雅恵)、江守徹(寺山彰)、渡辺謙(大久保修)、仲代達矢(松下幸之助)、ほか

「学校」のネタバレあらすじ結末

学校の紹介:1993年日本映画。山田洋次監督の構想15年間にもわたる教育をテーマにした企画を映画化したドラマ作品。東京の下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇、試練、そして、学校で学ぶとは?を問いかける、生徒と先生の交流を描いたドラマ。映画「学校」はその後シリーズ化され4作品が公開されている。
監督:山田洋次 出演:西田敏行(黒井先生)、新屋英子(オモニ)、裕木奈江(みどり)、竹下景子(田島先生)、萩原聖人(カズ)、翁華栄(張 / チャン)、中江有里(えり子)、田中邦衛(イノさん)、神戸浩(修)、渥美清(八百屋の親父)、大江千里(河合茂)、笹野高史(土屋)、大和田伸也(えり子の父)、坂上二郎(リネン工場の社長)、ほか

「ラーメンガール」のネタバレあらすじ結末

ラーメンガールの紹介:2008年アメリカ映画。ひょんなことから、ラーメン職人を志すことになったアメリカ人のヒロインが、周りの人々に支えられながら、自分の店を持つという夢を実現するまでの過程を描いた心温まるヒューマン・ドラマ。
監督:ロバート・アラン・アッカーマン 出演者:ブリタニー・マーフィ(アビー)、西田敏行(マエズミ)、余貴美子(レイコ)、山崎努(ラーメンの達人)ほか

「武士の献立」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。武士の献立は江戸時代を背景にした「包丁侍」にスポットを当てた日本映画です。「包丁侍」とは剣術ではなく、料理の腕で大名や将軍家を支える武士のことです。題名からして男性が主人公と想像しますが、その「包丁侍」を支える妻が主人公の物語です。主人公を演じるのは女優の上戸彩で、映画の主演が8年ぶりということで話題ともなりました。主人公は女性でありながら、大名や将軍家の胃袋を掴むすばらしい料理の腕を持っており、嫁いだ先の「包丁侍」として生きる夫のために料理の指南をします。この夫がいまいち「包丁侍」としての職務に身が入らず、彼女のことも最初のうちは冷たく当たります。あまりにも主人公の女性が献身的に尽くしているにも関わらず、それに応えようとしない夫にかなりの時間いらいらしてしまいますが、最終的には彼女の愛は報われるので、見終わると満足した気持ちになります。厳しい時代を生き抜かなければいけなかった人々の知恵と情熱を感じ取れることができます。
監督:朝原雄三  出演者: 上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、西田敏行(舟木伝内)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(真如院)、緒方直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田直躬)ほか

「武士の献立(2013年)」のネタバレあらすじ結末

武士の献立の紹介:2013年日本映画。料理上手の腕を見込まれて加賀藩の包丁侍の家に嫁いだヒロインが、持ち前の料理の腕を発揮し、活躍する姿を描いた心温まる人情ドラマ。実在する加賀料理の指南書「料理無言抄」を題材にした作品です。
監督:朝原雄三 出演者:上戸彩(舟木春)、高良健吾(舟木安信)、余貴美子(舟木満)、成海璃子(今井佐代)、柄本佑(今井定之進)、夏川結衣(お貞の方~真如院)、緒形直人(大槻伝蔵)、鹿賀丈史(前田土佐守直躬)、西田敏行(舟木伝内)、ほか

「清須会議」のネタバレあらすじ結末

清須会議の紹介:2013年日本映画。三谷幸喜が執筆した小説を映画化したものです。織田信長が亡くなった「本能寺の変」の後、継嗣問題及び領地再分配を話し合うために行われた「清須会議」を描く。歴史的に有名な清州会議を個性あふれるキャストがコミカルに演じています。登場人物の思惑を感じつつ、俳優達の演技に笑わせられます。重要で後に歴史的には大きな意味を持つ会議ですが、現代社会にもよく見られる、人と人との駆け引きが上手く描かれています。
監督:三谷幸喜 出演:役所広司(柴田勝家)、大泉洋(羽柴秀吉)、小日向文世(丹羽長秀)、佐藤浩市(池田恒興)、妻夫木聡(織田信雄)、浅野忠信(前田利家)、寺島進(黒田官兵衛)、でんでん(前田玄以)、松山ケンイチ(堀秀政)、伊勢谷友介(織田三十郎信包)、鈴木京香(お市様)、中谷美紀(寧)、剛力彩芽(松姫)、坂東巳之助(織田信孝)、阿南健治(滝川一益)、市川しんぺー(佐々成政)、染谷将太(森蘭丸)、篠井英介(織田信長)、戸田恵子(なか)、梶原善(小一郎)、瀬戸カトリーヌ(小袖)、近藤芳正(義兵衛)、浅野和之(明智光秀)、中村勘九郎(織田信忠)、天海祐希(枝毛)、西田敏行(更級六兵衛)、ほか

「相棒 劇場版 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」のネタバレあらすじ結末

相棒-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソンの紹介:2008年日本映画。テレビ朝日系の刑事ドラマシリーズ『相棒』の劇場版第1作目です。テレビ朝日開局50周年記念映画作品として制作されました。公式サイトで募集した1万人のエキストラが参加した撮影が行われたことで話題となりました。2008年上半期での映画興行ランキングでも1位に輝き、東映映画としては『男たちの大和/YAMATO』(2005年12月公開)以来の久々の大ヒット作となりました。
監督:和泉聖治 出演:水谷 豊(杉下右京)、寺脇康文(亀山薫)、鈴木砂羽(亀山美和子)、山西惇(角田六郎)、平幹二朗(御厨紀實彦)、西田敏行(木佐原芳信)ほか

「虹をつかむ男」のネタバレあらすじ結末

虹をつかむ男の紹介:1996年日本映画。就職試験に失敗して家を飛び出した、平山亮は四国の徳島の光町で今にも潰れそうな映画館オデオン座で働くことになり、オーナーの
活っちゃんに振り回されるが、映画に対する情熱と町の人々の人情に触れて、段々と感化されていく、人情コメディーです。
監督:山田洋次 出演:西田敏行(白銀活男)、吉岡秀隆(平山亮)、田中裕子(十成八重子)、倍賞千恵子(平山春子)、田中邦衛(常さん)ほか

「探偵はBARにいる」のネタバレあらすじ結末

探偵はBARにいる(たんていはバーにいる)の紹介:2011年日本映画。札幌を舞台に、探偵をしている主人公が、バーにかかってきた謎の電話を機に、事件に巻き込まれていくミステリー。複数の事件が複雑に絡み合い、真相がわかる結末まで目を離せません。この作品は、札幌在住の作家・東直己の推理小説『ススキノ探偵シリーズ』を原作とした映画です。
監督:橋本一 出演者:大泉洋(探偵・俺)、松田龍平(高田)、小雪(沙織)、西田敏行(霧島)ほか

1 2 3 4 5

キーワードから探す

TOP↑