ピエール瀧映画一覧

「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」のネタバレあらすじ結末

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESSの紹介:2008年日本映画。かの有名な「隠し砦の三悪人」を元に制作されていますが、ストーリーはオリジナルで別の作品として認識して見た方が良い作品です。主人公に嵐の松本潤を起用し、現代的で分かりやすくアレンジされています。「隠し砦の三悪人」をオマージュしている人にとっては少々もの足りない作品となったと評価されていますが、気楽に見れる娯楽作品としては適した映画とも言えます。全体的に自由でのびのびと制作されており、若い層には見やすい内容となっています。
監督:樋口真嗣 出演:松本潤(武蔵)、長澤まさみ(雪姫)、阿部寛(真壁六郎太)、椎名桔平(鷹山刑部)、宮川大輔(新八)、高嶋政宏(本庄久之進)、國村隼(長倉和泉)ほか

「のぼうの城」のネタバレあらすじ結末

のぼうの城の紹介:2011年日本映画。TBS開局60周年記念作品として2012年に公開されました。主演は野村萬斎で、彼の個性と演技力が光る作品となっています。「でくのぼう」と呼ばれた温和な殿様が危機を脱するために奮闘する話しですが、力がなければ生き残れなかった厳しい時代の中で、自分らしく懸命に生き抜いた人々の姿がよく描かれています。また、長親と甲斐姫のかなわなかった恋も背景に描かれています。
監督:犬童一心、樋口正嗣 出演:野村萬斎(成田長親)、榮倉奈々(甲斐姫)、成宮寛貴(丹羽長秀)、佐藤浩市(正木丹羽守利英)、上地雄輔(石田三成)、山田孝之(大谷吉継)、尾野真千子(ちよ)、山口智充(柴崎和泉守)、西村雅彦(成田氏長)、市村正親(豊臣秀吉)ほか

「少年メリケンサック」のネタバレあらすじ結末

少年メリケンサックの紹介:2008年日本映画。勘違いにより、中年おやじたちのバンドグループをデビューさせることになってしまった音楽会社の契約社員の奮闘ぶりを描いた、クドカンワールド全開のハイテンション・コメディー。
監督:宮藤官九郎 出演者:宮崎あおい(かんな)、佐藤浩一(アキオ)、木村祐一(ハルオ)、ユースケ・サンタマリア(社長)、勝地涼(マサル)ほか

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 続・三丁目の夕日(オールウェイズ 続・三丁目の夕日)の紹介:2007年日本映画。オールウェイズ第一作目に次ぐ東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々のその後の様子が描かれています。それぞれに前作より成長した登場人物の活き活きとした暮らしぶりにふれることができます。前回建設中だった東京タワーが完成し、クライマックスでは登場人物たちが東京タワーから景色を眺める様子を見ることができます。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ 三丁目の夕日)の紹介:2005年日本映画。昭和33年の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の人情に溢れた人間関係と新しい時代へ向かって前進していこうという人々の心意気をあたたかく描いています。建設中の東京タワーが時代の移り変わりを象徴するような存在で背景に映し出されているのが特徴的です。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド」のネタバレあらすじ結末

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールドの紹介:2015年日本映画。巨人が人間を食べるという衝撃的なテーマが話題性を呼びました。諌山創の人気コミック 進撃の巨人を実写映画化した後編。
監督:樋口真嗣 出演者:三浦春馬(エレン)、長谷川博己(シキシマ)、水原希子(ミカサ)、本郷奏多(アルミン)、三浦貴大(ジャン)、桜庭ななみ(サシャ)、松尾諭(サンナギ)、石原さとみ(ハンジ)、ピエール瀧(ソウダ)、國村隼(クバル)ほか

「モテキ」のネタバレあらすじ結末

モテキの紹介:2011年日本映画。突然のモテキの到来に翻弄されるモテない草食系男子の恋の葛藤を面白おかしく描いたラブ・コメディー。モテキの作中に使われている個性的な音楽やダンスも見どころの一つです。
監督:大根仁 出演者:森山未來(幸世)、長澤まさみ(みゆき)、麻生久美子(るみ子)、仲里衣紗(愛)ほか

「虹の女神 Rainbow Song」のネタバレあらすじ結末

虹の女神 Rainbow Songの紹介:2006年日本映画。大切な人の存在を失って初めて気づく青年の姿を通して、男女のすれ違いを描いた切ないラブストーリー。恋に鈍感な青年を演じる市原隼人と、一見、強気な性格に見えるけど、好きな人に想いを伝えられない女の子を演じる上野樹里の等身大の演技が光る感動作です。
監督:熊澤尚人 出演者:市原隼人(智也)、上野樹里(あおい)、蒼井優(かな)、佐々木蔵之介(映像制作会社の上司)、田中圭、酒井若菜、鈴木亜美、相田翔子、小日向文世ほか

「百万円と苦虫女」のネタバレあらすじ結末

百万円と苦虫女の紹介:2008年日本映画。主人公の鈴子(蒼井優)がひょんなことから前科持ちになってしまい、実家を離れて誰も知らないところで暮らしたいと実家を離れる。そして100万円が貯まる度に次の土地へと渡り歩く姿を描いた青春ロードムービー。
監督:タナダユキ 出演者:蒼井優(佐藤鈴子)、森山未來(中島亮平)、ピエール瀧(藤井春夫)、竹財輝之助(ユウキ)、齋藤隆成(佐藤拓也)、笹野高史(白石)、佐々木すみ江(藤井絹)、ほか

「そして父になる」のネタバレあらすじ結末

そして父になるの紹介:2013年日本映画。産院で子供を取り違えられたまま6年間育てられた2組の家族の子供。取り違えを知らされた家族の葛藤や絆を描く是枝裕和監督制作のヒューマンドラマ映画。2組の夫婦が最後に選ぶのは、血の繋がりか?それとも、過ごした時間か? 「そして父になる」は70年代の沖縄で実際に起きた新生児取違え事件の小説「ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年(奥野修司)」をモデルにしているとされる。「そして父になる」はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞。スティーヴン・スピルバーグによりリメイクされることが決定しています。
監督:是枝裕和 キャスト:福山雅治(野々宮良多)、尾野真千子(野々宮みどり)、二宮慶多(野々宮慶多)、真木よう子(斎木ゆかり)、リリー・フランキー(斎木雄大)、黄升げん(斎木琉晴)、ほか

「アナと雪の女王」のネタバレあらすじ結末

アナと雪の女王の紹介:2013年アメリカ作品。ディズニー史上最高の記録的No.1大ヒット長編アニメ「アナと雪の女王(アナ雪)」。過酷な運命を辿る王家の美しい姉妹アナとエルサを主人公に、雪と氷に閉ざされてしまった王国とエルサを救う、真実の愛が描かれた物語。主題歌の 『Let It Go(レットイットゴー)』も世界中で大ヒットしました。
声優:クリステン・ベル(アナ)、イディナ・メンゼル(雪の女王/エルサ)、ジョシュ・ギャッド(オラフ)ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑