坂井真紀映画一覧

「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃」のネタバレあらすじ結末

クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ3分ポッキリ大進撃の紹介:2005年日本映画。「クレヨンしんちゃん」の劇場版シリーズ第13弾作品。この「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」から監督が変わり今までの作風とは一味違っています。テレビシリーズのクリエイターだけでなく、外部のクリエイターを多く起用し制作された作品です。未来が舞台となり、怪獣が次々に登場する。
監督:ムトウユージ 声優:矢野晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、村井国夫(ミライマン)、坂井真紀(レポーター坂井真紀)、波田陽区(怪獣 波田陽区)、ほか

「怪談新耳袋 劇場版」のネタバレあらすじ結末

怪談新耳袋 劇場版の紹介:2004年日本映画。恐怖の連鎖を描く複数の監督が手掛けたオムニバスホラー劇場。
出演者:竹中直人(上司)、林泰文(警備員スタッフ)、峰大輔(補助警備員)、坂井真紀(朋美)、坂上香織(朋美の同僚)、佐藤康恵(朋美の後輩)、高岡早紀(女)、大沢樹生(女の元恋人)、井上晴美(幼児の母)、北村一輝(幽霊の男)、内野謙太(高校生1)、上條誠(高校生2)、曽根英樹(やすひろ)、小野寺昭(やすひろの伯父)、鳥丸せつこ(ひさおの母)、堀北真希(由加里)

「ドロップ」のネタバレあらすじ結末

ドロップの紹介:2008年日本映画。芸人品川庄司の品川が発表した自伝的小説、ドロップの映画版。水嶋ヒロや成宮寛貴といった人気俳優から、綾部祐二、レイザーラモンHGなど芸人も起用した幅広いキャスティングで話題に。
監督:品川ヒロシ 出演:成宮寛貴(信濃川ヒロシ)、水嶋ヒロ(井口達也)、本仮屋ユイカ(みゆき)、上地雄輔(木村ヒデオ(ヒデ))、中越典子(信濃川ユカ)、哀川翔(刑事)、坂井真紀(教師)、ほか

「向田邦子 イノセント 隣の女」のネタバレあらすじ結末

向田邦子 イノセント 隣の女の紹介:2012年日本映画。男女の愛をテーマに、平凡な主婦の心の奥底に潜む女の嫉妬心を鮮烈にあぶり出した作品。向田邦子の短編小説を現代風にリメイクしたストーリーとなっており、自分にないものに憧れる女の嫉妬心がリアルに描かれています。
監督:タナダユキ 出演者:寺島しのぶ(サチこ)、坂井真紀(峰子)、北村有起哉(麻田)、二階堂智(集太郎)ほか

「ゲゲゲの女房」のネタバレあらすじ結末

ゲゲゲの女房の紹介:2010年日本映画。漫画家・水木しげるの妻・武良布枝が執筆した自伝『ゲゲゲの女房』を原作にした映画です。水木しげるが有名漫画家になるまでの苦楽の夫婦生活を描いた作品です。水木しげる役は、監督や脚本家として活躍する「クドカン」こと、宮藤官九郎が演じています。監督の鈴木卓爾はこの作品で第25回高崎映画祭・最優秀監督賞、主演・吹石一恵は最優秀主演女優賞を受賞しました。主演・吹石一恵はこの作品で、おおさかシネマフェスティバル2011の主演女優賞も受賞しました。
監督:鈴木卓爾 出演:吹石一恵(武良布枝)、宮藤官九郎(武良茂)、村上淳(金内志郎(茂の家を間借りする絵描き))、坂井真紀(田所初枝(布枝の姉))、徳井優(ぬらりひょん)、南果歩(武良琴江(茂の母))、ほか

「その夜の侍」のネタバレあらすじ結末

その夜の侍の紹介:2012年日本映画。「お前も殺して、俺も死ぬ」。妻をひき逃げ事故によって亡くした男の復讐劇。どこにでもいるはずの普通のおじさんの狂気と、ひき逃げ事故を起こした犯人の狂気が入り入り乱れる、誰も観たことがない、ダークな雰囲気ただよう作品。
監督:赤堀雅秋 出演:堺雅人(中村健一)、山田孝之(木島宏)、綾野剛(小林英明)、谷村美月(関由美子)、坂井真紀(中村久子)、新井浩文(青木順一)、ほか

1 2

キーワードから探す

TOP↑