椎名桔平映画一覧

「64 (ロクヨン) 後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。64の時効まであと1年となった時に、あらたに64を模倣するような誘拐事件が発生する。マスコミと県警、家庭で葛藤する三上が真相に近づく。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)、柄本佑 (落合)、緒形直人(目崎正人)

「64 (ロクヨン)前編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)前編の紹介:2016年日本映画。日本映画最高峰のオールスターキャストが集結し、横山秀夫の究極ミステリー作が映画化。昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。身代金を奪われ、少女は殺され犯人がわからぬまま時は過ぎ去り、現在平成14年。ついに時効まで1年となった。当時刑事だった三上は、現在は広報官として64に再び関わることになる。
監督: 瀬々敬久 出演: 佐藤浩市(三上義信)、夏川結衣(三上美那子)、芳根京子(三上あゆみ)、綾野剛(諏訪)、金井勇太(蔵前)、榮倉奈々(美雲)、三浦友和(松岡勝俊)、筒井道隆(柿沼)、吉岡秀隆(幸田一樹)、窪田正孝(日吉浩一郎)、滝藤賢一(赤間)、仲村トオル(二渡真治)、永瀬正敏(雨宮芳男)、小橋めぐみ(雨宮敏子)、平田風果(雨宮翔子)、瑛太(秋川)

「64 (ロクヨン)後編」のネタバレあらすじ結末

64 (ロクヨン)後編の紹介:2016年日本映画。わずか七日間で幕を閉じた昭和64年。そこで起きた少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年が過ぎ、時効まであと1年。当時、刑事として捜査に加わっていた三上は、現在、県警広報官として別の職務に就いていた。しかし「ロクヨン」事件の遺族である雨宮の元を訪れたことをきっかけに、独自に「ロクヨン」事件の調査を始める。「ロクヨン」事件の裏に警察の組織ぐるみの隠蔽が隠されていることを突き止めた三上。さらに匿名報道を巡り、県警記者クラブのリーダー・秋川らと広報室は対立。三上は窮地に立たされていた。事態の収拾に奔走する三上。そんな矢先、「ロクヨン」を模倣した誘拐事件が発生。14年前「ロクヨン」に関わった者たちが封印できなかったある秘密。二つの事件の衝撃の真相とは?「ロクヨン」事件に隠された最大の謎が今明らかに。日本映画界最高峰の超豪華オールスターキャストが集結!横山秀夫の究極のミステリーが感動の人間ドラマとして、ついに完結。

「さくらん」のネタバレあらすじ結末

さくらんの紹介:2007年日本映画。吉原を舞台に、美しく咲き乱れる花魁の恋模様と、たくましい生きざまを描いた作品。安野モヨコの漫画が原作となっています。フォトグラファーでもある蜷川実花が監督をつとめており、その美しい映像世界も必見となっています。
監督:蜷川実花 出演者:土屋アンナ(きよ葉・日暮)、椎名桔平(倉之助)、成宮寛貴(惣次郎)、木村佳乃(高尾)、菅野美穂(粧ひ)、永瀬正敏(光信)、美波(若菊)、山本浩司(大工)、遠藤憲一(坂口)、小池彩夢(幼ききよ葉)、山口愛(しげじ)、小泉今日子(お蘭)、石橋蓮司(楼主)、夏木マリ(女将)、市川左團次(ご隠居)、安藤政信(清次)、蜷川みほ(桃花)、近野成美(雪路)、星野晶子(遣手)、翁華栄(番頭)、津田寛治(粧ひの客)、長塚圭史(きよ葉の客)、SABU(床紅葉の客)、丸山智己(日暮の客)、小栗旬(花屋)、ほか

「刑務所の中」のネタバレあらすじ結末

刑務所の中の紹介:2002年日本映画。サバイバル好きの花輪は、改造拳銃を作って、銃砲刀剣類不法所持、火薬類取締法違反で逮捕されて刑務所に入れられる。しかし刑務所の中の受刑者の様子や生活を、自分の目線からユーモラスに描いたコミック映画です。
監督:崔洋一 出演:山崎努(花輪かずいち)、香川照之(伊笠)、田口トモロヲ(田辺)、松重豊(小屋)、村松利史(竹伏)、大杉漣(高橋)ほか

「アウトレイジ」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジの紹介:2010年日本映画。アウトレイジシリーズ1作目。欲望と裏切り渦巻くヤクザ社会を舞台に豪華キャストの競演で描くバイオレンスアクション。ヤクザの世界で生き残りを賭けた男たちの壮絶な権力闘争が描かれる。全員悪人!とタイトルが銘打たれているほど出演者は全員悪人、性格も悪人のキャラクターしか出てこない。2017年10月にシリーズ3作目「アウトレイジ 最終章」が公開。
監督:北野武 出演:ビートたけし、椎名桔平、加瀬亮、小日向文世、北村総一朗、塚本高史、中野英雄、杉本哲太、石橋蓮司、三浦友和、國村隼ほか

「暗殺教室」のネタバレあらすじ結末

映画 暗殺教室(あんさつきょうしつ)の紹介:2015年日本作品。同タイトルマンガ『暗殺教室』の実写映画化。地球を簡単に破壊する能力を持つ謎の異星人“殺せんせー”と、日本政府からその暗殺を託された落ちこぼれ中学生たちが繰り広げる攻防をコミカルに描きつつも、その攻防の中で生徒たちが人間的に次第に成長していく姿を描いたコミカル・ヒューマンドラマです。
監督:羽住英一郎 原作:松井優征 出演者:山田涼介(潮田渚)、椎名桔平(烏間惟臣)、菅田将暉(赤羽業)、山本舞香(茅野カエデ)、橋本環奈(自律思考固定砲台)、加藤清史郎(イトナ)、二宮和也(殺せんせー)ほか

「冷静と情熱のあいだ」のネタバレあらすじ結末

「冷静と情熱のあいだ」の紹介。2001年日本映画。この映画は原作を江國香織と辻仁成がそれぞれ女性からの視点・男性からの視点を小説にまとめられています。これを映画化したものです。阿形順正役を竹野内豊・あおい役をケリーチャンがダブル主演です。またサブ出演に当時役者としては無名のユースケサンタマリアと篠原涼子が起用されています。10年後の再会約束をした男女が、その後別れてしまい、別の生活や恋人を持つが、ずっと約束を大事に思い、10年後にイタリアで再会する恋愛物語。
監督: 中江 功  出演:竹野内豊(阿形順正)、ケリー・チャン(あおい)、ユースケサンタマリア(崇)、篠原涼子(芽実)、椎名桔平ほか。

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑