どんでん返し映画一覧

「ローグアサシン」のネタバレあらすじ結末

ローグ アサシンの紹介:2007年アメリカ映画。アジアのアクションスターであるジェットリーと現代のアクションスターであるジェイソン・ステイサムが2度目の共演を果たした映画で、彼らのアクション対決がみられます。アジア系裏組織に雇われた殺し屋に扮したジェット・リーが、ジェイソン・ステイサムとの壮絶な抗争を繰り広げる。殺し屋の本当の目的は何なのか。それが明かされる驚愕のラストを見逃すな。
監督:フィリップ・G・アトウェル 出演者:ジェット・リー(ローグ)、ジェイソン・ステイサム(ジョン・クロフォード)、ジョン・ローン(リー・チャン)、デヴォン青木(キラ)、石橋凌(シロー・ヤナガワ)、ケイン・コスギ(ヤクザ)、ほか

「ヴィジット」のネタバレあらすじ結末

ヴィジット The Visitの紹介:2015年アメリカ映画。休日を過ごすため田舎にある母方の祖母祖父の家を訪れた姉弟は、優しい二人に歓迎されるが、三つの奇妙な約束を伝えられる。楽しい時間を過ごすこと、遠慮なく食べること、夜9時半以降は部屋から出ないことという内容だった。夜に変な気配を察知し起きてしまった姉弟は、恐怖のあまり約束を破ってドアを開けてしまい……予想外の結末が待っている。「シックス・センス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン監督が、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるプロデューサーのジェイソン・ブラムと初タッグを組んだスリラー映画。
監督:M・ナイト・シャマラン 出演:キャスリン・ハーン(ママ)、ディアナ・デュナガン(祖母)、ピーター・マクロビー(祖父)、エド・オクセンボールド(タイラー(弟))、オリビア・デヨング(ベッカ(姉))ほか

「セッション」のネタバレあらすじ結末

映画セッション(原題: Whiplash)の紹介:2014年アメリカ映画。ドラム奏者を目指す青年は厳しい指導によって頭角を現していく。彼らが目指した音楽とは何か?緊張感張り詰める演奏シーンはラストまで目が離せない。映画セッションは第87回アカデミー賞5部門ノミネート、その他世界中の映画賞で絶賛の旋風を巻き起こした。
監督:デイミアン・チャゼル セッションの出演者:マイルズ・テラー(アンドリュー・ニーマン)、J・K・シモンズ(テレンス・フレッチャー)、ポール・ライザー(ジム・ニーマン)、メリッサ・ブノワ(ニコル)、オースティン・ストウェル(ライアン・コノリー)、ネイト・ラング(カール・タナー)ほか

「ブラック・スワン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・スワンの紹介:2010年アメリカ映画。バレエダンサーが徐々に現実と虚構の区別がつかずにおかしくなっていく様を描いた映画で、主演のナタリーポートマンは多くの賞を受賞しました。
監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ナタリー・ポートマン(ニナ・セイヤーズ)、ヴァンサン・カッセル(トーマス・ルロイ)、ミラ・クニス(リリー)、バーバラ・ハーシー(エリカ・セイヤーズ)、ウィノナ・ライダーベス・マッキンタイア)、ほか

「ソウ」のネタバレあらすじ結末

ソウの紹介:2004年アメリカ/オーストラリア映画。密室で起こる殺人ゲームという内容となっており、サンダンス映画祭で好評を得た作品です。また、ソウという題名は、ノコギリのソウと見るの過去形であるソウ、そしてジグソウという犯人の名前をかけている題名になります。監督:ジェームズ ワン 出演:ケイリー・エルウィス、リー・ワネル、ダニー・グローヴァー、ケン・レオンほか

「オブリビオン」のネタバレあらすじ結末

オブリビオンの紹介:2013年アメリカ映画。新鋭の監督ジョセフ コシンスキーによる壮大なSF作品。トム クルーズが操縦するポッドは実際に作られたことが話題になりました。エイリアンの侵略で破壊された地球、人類は他の惑星に移住し、その後の荒廃した地球を舞台に監視のために地球に残る主人公を待ち受ける運命とは。
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ、モーガン・フリーマン、オルガ・キュリレンコ、メリッサ・レオ、アンドレア・ライズブローほか

「オールド・ボーイ(2013年アメリカ)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(2013年アメリカ)の紹介:2013年アメリカ映画。韓国で大ヒットを記録した映画オールド・ボーイを、ハリウッドがリメイクした本作では、日本のオリジナルの原作から逸脱しないよう作り上げ、1級のスリラーが誕生しました。
監督:スパイク・リー 出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・オルセン、シャールト・コプリー、サミュエル・L・ジャクソンほか

「オールド・ボーイ(2003年 韓国)」のネタバレあらすじ結末

オールド・ボーイ(韓国)の紹介:2003年韓国映画。日本の漫画『ルーズ戦記 オールドボーイ』原作による作品で、パク チャヌク監督による復讐3部作の第2弾でもあります。舞台は原作の日本から韓国に変わっている。カンヌ国際映画祭にて、グランプリを受賞するなど、国際的に高く評価されました。
監督:パク・チャヌク 出演:チェ・ミンシク、ユ・ジテ、カン・へジョン、チ・デハンほか

「インセプション」のネタバレあらすじ結末

インセプションの紹介:2010年アメリカ映画。夢の中に潜入し人間のアイデアを盗む(エクストラクト)人たちを描いた作品で、これまでの映画にはなかった重厚なストーリーに世界中が絶賛し、インセプションは大ヒットを記録します。人生を取り戻すチャンス「インセプション」という難易度の高いミッションが与えられる。インセプションのラストシーンには多くの議論が起こりました。
監督:クリストファー・ノーラン 出演:レオナルド・ディカプリオ(コブ)、渡辺謙(サイトー)、ジョセフ・ゴードン=レヴィット(アーサー)、マリオン・コティヤール(モル)、エレン・ペイジ(アリアドネ)、トム・ハーディ(イームス)、ディリープ・ラオ(ユスフ)、キリアン・マーフィ(ロバート・フィッシャー)、トム・ベレンジャー(ブラウニング)、マイケル・ケイン(マイルズ)、ピート・ポスルスウェイト(モーリス・フィッシャー)、ルーカス・ハース(ナッシュ)、ほか

「時計じかけのオレンジ」のネタバレあらすじ結末

時計じかけのオレンジの紹介:1971年アメリカ映画。荒廃した近未来のイギリスの街。夜の街にはギャングがのさばり毎夜闘争が繰り広げられる。ギャングをひきいるアレックスは高校生。学校には通わず昼夜逆転の生活。彼が率いるギャングの悪行は日に日にまして、そして彼は・・・。
監督:スタンリー・キューブリック 出演:マルコム・マクダウェル、パトリック・マギー、ウォーレン・クラーク、ジェームズ・マーカスほか

「ユージュアル・サスペクツ」のネタバレあらすじ結末

ユージュアル・サスペクツの紹介:1995年アメリカ作品。5人の犯罪者の歯車の狂い始めた犯罪計画の顛末を卓越した構成で描いた衝撃の結末のサスペンス・ミステリー。
監督:ブライアン・シンガー 出演:スティーヴン・ボールドウィン、ガブリエル・バーン、チャズ・パルミンテリ、ケヴィン・ポラック、ピート・ポスルスウェイト、ケヴィン・スペイシーほか

「鑑定士と顔のない依頼人」のネタバレあらすじ結末

鑑定士と顔のない依頼人の紹介:2013年イタリア映画。「鑑定士と顔のない依頼人」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督が「シャイン」のジェフリー・ラッシュを主演に迎え作成したミステリードラマ。天才オークション鑑定士が、姿を明かさない女性からの謎に満ちた鑑定依頼に翻弄され、思いがけない運命を辿る様を巧みな語り口と驚きのトリックでミステリアスに綴る。
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:ジェフリー・ラッシュ(ヴァージル・オールドマン)、シルヴィア・フークス(クレア)、ジム・スタージェス(ロバート)、ドナルド・サザーランド(ビリー)、ほか

「パフューム ある人殺しの物語」のネタバレあらすじ結末

パフューム ある人殺しの物語の紹介:2006年ドイツ/フランス/スペイン映画。パトリック・ジュースキントのベストセラー小説『香水 ある人殺しの物語』をトム・ティクヴァ監督が映画化した衝撃のサスペンスドラマ。第19回東京国際映画祭特別招待作品。東京国際シネシティ フェスティバル特別招待作品。
監督:トム・ティクヴァ キャスト:ベン・ウィショー(ジャン=バティスト・グルヌイユ)、レイチェル・ハード=ウッド(ローラ)、アラン・リックマン(リシ)、ダスティン・ホフマン(ジュゼッペ・バルディーニ)、ほか

「LUCY ルーシー」のネタバレあらすじ結末

LUCY ルーシーの紹介:2014年フランス作品 リュック・ベッソン監督がスカーレット・ヨハンソンとタッグを組んで描くアクションエンターテインメント LUCY ルーシー。覚醒した脳が100%機能して人間離れした能力をもったヒロインの予測不可能な戦いを、アメリカ、フランス、台湾を舞台に描く。モーガン・フリーマン、チェ・ミンシクら出演者が脇を固める。
監督:リュック・ベッソン 出演: スカーレット・ヨハンソン(ルーシー)、モーガン・フリーマン(ノーマン博士)、チェ・ミンシク(マフィアのボス)、アムール・ワケド(ピエール・デル・リオ)、アナリー・ティプトン(キャロライン)ほか

「白い肌の異常な夜」のネタバレあらすじ結末

白い肌の異常な夜の紹介:1971年アメリカ映画。南北戦争で傷を負った北軍の兵士クリント・イーストウッドがとある森の中の男子禁制の女子寄宿舎に命からがら保護され手厚い看病を受けます。男を知らない或いはしばらく男と遠ざかっていた彼女たちは女のいやらしい性(さが)に目覚め平静を装いながらそれぞれの思惑で男に近づき、それをいいことに男もまた彼女たちにそれぞれの方法で誘惑し、ワルな男と怖い女のおどろおどろしい展開となります。ドン・シーゲル監督とイーストウッドのコンビ作のひとつで、アクションを手掛けてきた彼らにとっては異色作。一人の男をめぐる女性たちの異常心理を描く。ノコギリを使った手術場面が凄惨。
監督・製作:ドン・シーゲル キャスト:クリント・イーストウッド(ジョン・マクバニー伍長)、エリザベス・ハートマン(エドウィーナ・ダブニー)、ジョー・アン・ハリス(キャロル)、ダーリーン・カー(ドリス)、ジェラルディン・ペイジ(マーサ・ファーンズワース)、メエ・マーサー(ヘイリー)、ほか

1 11 12 13 14 15

キーワードから探す

TOP↑