堤真一映画一覧

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 続・三丁目の夕日(オールウェイズ 続・三丁目の夕日)の紹介:2007年日本映画。オールウェイズ第一作目に次ぐ東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々のその後の様子が描かれています。それぞれに前作より成長した登場人物の活き活きとした暮らしぶりにふれることができます。前回建設中だった東京タワーが完成し、クライマックスでは登場人物たちが東京タワーから景色を眺める様子を見ることができます。
監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆(茶川竜之介)、堤真一(鈴木則文)、小雪(石崎ヒロミ)、堀北真希(星野六子)、もたいまさこ(大田キン)、三浦友和(宅間史郎)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、須賀健太(古行淳之介)、小清水一揮(鈴木一平)、ほか

「ALWAYS 三丁目の夕日」のネタバレあらすじ結末

ALWAYS 三丁目の夕日(オールウェイズ 三丁目の夕日)の紹介:2005年日本映画。昭和33年の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の人情に溢れた人間関係と新しい時代へ向かって前進していこうという人々の心意気をあたたかく描いています。建設中の東京タワーが時代の移り変わりを象徴するような存在で背景に映し出されているのが特徴的です。
監督:山崎貴 出演: 堤真一(鈴木則文)、薬師丸ひろ子(鈴木トモエ)、小清水一揮(鈴木一平)、堀北真希(星野六子)、小雪(石崎ヒロミ)、吉岡秀隆(茶川竜之介)、須賀健太(古行淳之介)ほか

「舞妓Haaaan!!!」のネタバレあらすじ結末

舞妓Haaaan!!!の紹介:2007年日本映画。京都を舞台に、舞妓に人生をかける男の姿を面白おかしく描いた抱腹絶倒のコメディー。宮藤官九郎が脚本を手掛けており、始終ハイテンションで、笑いのつぼが満載のクドカンワールド全開の作品となっています。
監督:水田伸生 出演者:阿部サダオ(鬼塚)、堤真一(内藤)、柴咲コウ(富士子)、小出早織(駒子)ほか

「着信アリ」のネタバレあらすじ結末

着信アリの紹介:2004年日本映画。自分の携帯から電話がかかってくるという「死の予告電話」があると噂があった。単なる噂話と思っていた由美達であったが、友人の一人の携帯から知らない着信音が流れて消えた。携帯の表示には「着信アリ」と書かれていた。そこから次々と「死の予告電話」の恐怖が広がっていく。
監督:三池崇史 原作:秋元康 出演:柴咲コウ、堤真一、吹石一恵、岸谷五朗、松重豊ほか

「日本のいちばん長い日(2015年)」のネタバレあらすじ結末

日本のいちばん長い日(2015年)の紹介:2015年日本映画。2015年、半藤一利の『日本のいちばん長い日 決定版』を原作として原田眞人監督により1967年の映画をリメイク。1945年8月15日終戦、70年前のあのとき、一体何が起きていたのか。原爆を落とされ、日本中が瀕死になっていても、なお戦争継続を叫ぶ人と、戦争を終わらせるべきと叫ぶ人がいました。終戦から70年を迎えた2015年、改めて70年前の大きな決断に迫る作品です。
監督:原田眞人 原作:半藤一利 出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努ほか

1 2 3

キーワードから探す

TOP↑