「植物図鑑」のネタバレあらすじ結末

2016/06/11掲載

映画 植物図鑑 運命の恋、ひろいましたの紹介:2016年日本映画。松竹配給作品。ある冬の夜、仕事も恋愛もうまく言っていない普通の女の子・さやかの目の前に倒れていた、青年・樹。思いもよらない出会いから突然始まった二人の「半年」という期限付き同居生活。しかし彼は、自分の名前と、野草に詳しいということ以外は、謎に包まれていました。家事万能で植物オタクの樹。週末ごとに近所の土手や川原で「植物狩り」をする日々は、仕事で疲れたさやかの心を癒していくのでした。そんな毎日を通して徐々に惹かれ合っていく二人ですが、樹にはさやかに伝えられないある秘密があり・・・。「名前した知らない、あなたを好きになってもいいですか?」というヒロイン・さやかと謎の青年・樹との純愛を描いた有川浩原作、泣ける度No.1の甘く切なく、最高にキュンとなるラブストーリー。

「ウォーターズ」のネタバレあらすじ結末

2016/06/11掲載

ウォーターズの紹介:2005年日本映画。人生につまずいてホストになった7人の男達の友情を描いたヒューマン・ドラマ。2転3転する大どんでん返しに笑いつつも、見た後に爽やかな気持ちになれる感動作です。
監督:西村了 出演者:小栗旬(リョウヘイ)、真中瞳(美奈子)、山口紗弥加(美奈子の友人)、成海璃子(チカ)ほか

「言の葉の庭」のネタバレあらすじ結末

2016/06/10掲載

言の葉の庭の紹介:2013年日本映画。雨の日には庭園で靴を描いている孝雄と雨の日には庭園に行き時間を過ごす雪野。梅雨の間、偶然に会うようになった二人はお互いのことを知り、どんどん好きになる。『秒速5センチメートル』や『星を追う子ども』の新海誠が原作・監督・脚本を手掛けたアニメーション作品。現代の東京、男子高校生と、生きることに不器用な年上女性との淡い恋物語を描く。
監督:新海誠 声優:入野自由(秋月孝雄(タカオ))、花澤香菜(雪野由香里(ユキノ))、平野文(タカオの母)、前田剛(タカオの兄)、寺崎裕香(タカオの兄の彼女)、ほか

「ストロベリーショートケイクス」のネタバレあらすじ結末

2016/06/10掲載

ストロベリーショートケイクスの紹介:2006年日本映画。フリーターの里子、デリヘル嬢の秋代、OLのちひろ、イラストレーターの塔子の4人の女性の日常をつづるストーリー。
監督:矢崎仁司  出演者: 池脇千鶴(里子)、 中越典子(ちひろ)、 中村優子(秋代)、 岩瀬塔子(塔子 )ほか

「アイランド」のネタバレあらすじ結末

2016/06/10掲載

アイランドの紹介:2005年アメリカ映画。2019年、死にたくない、いつまでも元気でいたいという人間の本能を満たすためにクローンが作られる。そしてクローンは自分がクローンという事実すら知らないまま生きているが、その中リンカーンというクローンが自分たちの存在に気付く。
監督: チャン・ギュソン 出演者: ユアン・マクレガー ( リンカーン・6・エコー / トム・リンカーン )、 スカーレット・ヨハンソン ( ジョーダン・2・デルタ / サラ・ジョーダン )、 ジャイモン・フンスー ( ローラン )、 ショーン・ビーン ( バーナード・メリック医師 )ほか

「陰陽師 II」のネタバレあらすじ結末

2016/06/10掲載

陰陽師 IIの紹介:2003年日本映画。前作「陰陽師」と同じく、夢枕獏原作の伝奇小説「陰陽師」が原作の伝奇時代劇。時は平安時代。京の都では人が鬼に襲われ、身体の一部を食われてしまうという怪事件が起きていた。一方、陰陽師・安倍清明は藤原安麻呂から、娘の日美子が毎夜夢遊病にみまわれていると相談を受け、調査を開始する。そんななか、都に現れた謎の術師・幻角は、どんな病や怪我も治してしまう不思議な力で、貧民たちから崇められていた。
監督:滝田洋二郎 出演者:野村萬斎(安倍清明)、伊藤英明(源博雅)、今井絵理子(蜜虫)、深田恭子(日美子)、市原隼人(須佐)、伊武雅刀(藤原安麻呂)、中井貴一(幻角)ほか

「陰陽師~おんみょうじ~」のネタバレあらすじ結末

2016/06/10掲載

陰陽師 ~おんみょうじ~の紹介:2001年日本映画。原作は夢枕獏の伝記小説「陰陽師」。魑魅魍魎が跋扈していた平安時代。京の都で随一の実力を持つ陰陽師・安倍清明は、源博雅からもたらされた怪事件をきっかけに、都転覆を狙う巨大な陰謀に巻き込まれていく。
監督:滝田洋二郎 出演者:野村萬斎(安倍清明)、伊藤英明(源博雅)、今井絵理子(蜜虫)、夏川結衣(祐姫)、荻原聖人(早良新王)、柄本明(藤原元方)、真田広之(道尊)、ほか

「フレディVSジェイソン」のネタバレあらすじ結末

2016/06/09掲載

フレディVSジェイソンの紹介:2003年アメリカ映画。フレディー・クルーガーの惨劇から10年の月日がたちエルム街に平和が訪れた。フレディーは再びエルム街に恐怖をもたらすためジェイソン・ボービーズを蘇らせる。
監督:ロニー・ユー 出演者: フレディー・クルーガー (ロバート・イングランド)、ジェイソン・ボーヒーズ (ケン・カージンガー)、ローリー・キャンベル (モニカ・キーナ)、ウィル・ローリンズ (ジェイソン・リッター)、キーア (ケリー・ローランド)、ギブ (キャサリン・イザベル)ほか

「デッド・サイレンス」のネタバレあらすじ結末

2016/06/09掲載

デッド・サイレンスの紹介:2007年アメリカ映画。ある日ジェイミーとその妻リサのもとに送り主不明の腹話術人形が届けられる。そして、ジェイミーの外出中リサは舌を切り取られ何者かに殺された。ジェイミーは第一容疑者として警察に目をつけられながら、事件当日に届いた腹話術人形を元に真相に迫っていく。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイミー・アーシェン (ライアン・クワンテン)、リサ・アーシェン (ローラ・レーガン)、リプトン刑事 (ドニー・ウォールバーグ)、エラ・アーシェン (アンバー・ヴァレッタ)、メアリー・ショウ (ジュディス・ロバーツ)ほか

「鉄道員(ぽっぽや)」のネタバレあらすじ結末

2016/06/09掲載

鉄道員(ぽっぽや)の紹介:1999年日本映画。原作は浅田次郎の同名の短編小説。北海道にある、廃止が決定したローカル線の終着駅で駅長を務める孤独な男と、雪のなか駅を訪れた少女との交流を描く。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(佐藤乙松)、大竹しのぶ(佐藤静枝)、広末涼子(佐藤雪子)、小林稔侍(杉浦仙次)、田中好子(杉浦明子)、志村けん(吉岡肇)、奈良岡朋子(加藤ムネ)、ほか

「駆込み女と駆出し男」のネタバレあらすじ結末

2016/06/09掲載

駆込み女と駆出し男の紹介:2015年日本映画。原案は井上ひさしの時代小説東慶寺だより。女性からの離婚が困難だった江戸時代。夫との離縁を求め、幕府公認の縁切り寺を頼る女たちを、調停人の医者見習い・信次郎は口八丁手八丁で彼女たちの再出発を手助けする。
第39回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞(大泉洋)・優秀主演女優賞(満島ひかり)を受賞。
監督:原田眞人 出演者:大泉洋(中村信次郎)、戸田恵梨香(じょご)、満島ひかり(お吟)、内山理名(戸賀崎ゆう)、松岡哲永(田の中勘助)、陽月華(法秀尼)、キムラ緑子(お勝)、木場勝己(利平)、神野三鈴(おゆき)、武田真治(重蔵)、北村有起哉(鳥居耀蔵)、橋本じゅん(近江屋三八)、樹木希林(三代目柏屋源兵衛)、堤真一(堀切屋三郎衛門)ほか

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」のネタバレあらすじ結末

2016/06/09掲載

スキャナー 記憶のカケラをよむ男の紹介:2016年日本映画。特殊な能力を持つが人間嫌いの男と元漫才師の相方という異色な二人が失踪事件を捜査するうちに、大きな事件へ巻き込まれていくバディムービー。「ALWAYS」シリーズや「リーガル・ハイ」で知られる人気脚本家・古沢良太が野村萬斎のために当て書きしたオリジナル脚本が見所です。
監督:金子修介 出演:野村萬斎(仙石和彦)、宮迫博之(丸山竜司)、安田章大(佐々部悟)、杉咲花(秋山亜美)ほか

「ズートピア(ZOOTOPIA)」のネタバレあらすじ結末

2016/06/08掲載

ズートピアの紹介:2016年アメリカ映画。ウォルトディズニー・アニメーションスタジオ長編アニメ。ズートピアで働く新米警官ウサギのジュディは駐車違反切符係。そんな彼女が謎の失踪事件に詐欺師のキツネ・ニックと挑む。凸凹コンビが大活躍?!
監督:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア 共同監督:ジャレット・ブッシュ 声の出演:ジニファー・グッドウィン(ジュディ・ホップス)、ジェイソン・ベイトマン(ニック・ワイルド)、イドリス・エルバ(チーフ・ボゴ)、ネイト・トレンス(クロウハウザ)、J・K・シモンズ(ライオンハート市長)、ジェニー・スレイト(ベルウェザー副市長)、ほか

「デッドプール」のネタバレあらすじ結末

2016/06/08掲載

デッドプールの紹介:2016年アメリカ映画。マーベルコミックスの異色ヒーロー・デッドプールが活躍するアクション映画。恋人と幸せな日々を過ごしていた矢先にガンの余命宣告を受けたウェイド・ウィルソンはガンを治せると誘われたリクルーターを訪ねる。しかしそこで人体実験の末恐ろしい外見になってしまう。そこで彼はデッドプールのスーツを着て人体実験の黒幕エイジャックスを追う。
監督:ティム・ミラー 出演:ライアン・レイノルズ(ウェイド・ウィルソン/デッドプール)、モリーナ・バッカリン(ヴァネッサ)、エド・スクレイン(フランシス/エイジャックス)ほか

「チャイルド・プレイ チャッキーの種」のネタバレあらすじ結末

2016/06/08掲載

チャイルド・プレイ/チャッキーの種の紹介:2004年アメリカ映画。『チャイルド・プレイ』シリーズの第5作。腹話術師に拾われたチャッキーたちの子供。通称シットフェイスは毎日悪夢にうなされていた。ある日テレビでチャッキーとティファニーを見て自分の親ではないかと思いアメリカへ向かうそこで魂のない二人にブードゥの魔術をかけ再び命を吹き込んだ。
監督:ドン・マンシーニ 出演者:チャッキー(声:ブラッド・ドゥーリフ)、ティファニー(声:ジェニファー・ティリー)、グレン (声:ビリー・ボイド)、ジェニファー・ティリー、レッドマン、ジョーン (ハナ・スピアリット)ほか

1 161 162 163 164 165 166 167 168 169 257
TOP↑