「僕達急行 A列車で行こう」のネタバレあらすじ結末

2017/02/14掲載

僕達急行 A列車で行こうの紹介:2011年日本映画。鉄道を通じて意気投合した2人の若者が、恋や仕事に奮闘する姿を描いたヒューマン・コメディ。鉄道会社の協力を得て行われた本作には、多くの列車や駅が登場し、物語だけでなく鉄道も楽しめる鉄道ファン必見の内容となっています。
監督:森田芳光 出演:松山ケンイチ(小町圭)、瑛太(小玉健太)、貫地谷しほり(相馬あずさ)、ピエール瀧(筑紫雅也)、村川絵梨(日向みどり)、星野知子(日向いなほ)、ほか

「ワイルド7」のネタバレあらすじ結末

2017/02/14掲載

ワイルド7の紹介:2011年日本映画。1969年から1979年にかけて漫画雑誌『週刊少年キング』に連載された漫画を原作にした映画です。キャッチコピーは「悪を撃ち抜け、愛を守り抜け」で、「ワイルド7」とは「法では裁けない悪党を、裁判にかけずに殺すことを許された超法規的警察組織」のグループ名で、様々な分野からスカウトされた7人のアウトローたちで構成されています。メンバーには、それぞれオートバイを与えられ、それに乗り悪党を追撃するという実写アクション映画です。
監督:羽住英一郎 出演:瑛太(飛葉大陸)、椎名桔平(セカイ)、丸山隆平(パイロウ)、阿部力(ソックス)、宇梶剛士(オヤブン)、深田恭子(本間ユキ)、中井貴一(草波勝)、ほか

「サバイバルファミリー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/14掲載

サバイバルファミリーの紹介:2017年日本映画。ある朝家中の電気が止まっていることに気付いた鈴木義之。ただの停電だと思い込んでいたがそれから一週間その状態が続いた。水も食料も尽きかけた頃鈴木はある決意をする。妻の実家のある鹿児島へと家族で向かうことにしたのだ。しかし車も電車も飛行機でさえも止まっているこの現状、鈴木一家は自転車で東京から鹿児島への長い道のりを行くことになる。「ウォーターボーイズ」の矢口史靖監督最新作。
監督:矢口史靖 出演:小日向文世(鈴木義之)、深津絵里(鈴木光恵)、泉澤祐希(鈴木賢司)、葵わかな(鈴木結衣)、時任三郎(斎藤敏夫)、藤原紀香(斎藤静子)、志尊淳(斎藤翔平)、ほか

「シークレットウインドウ」のネタバレあらすじ結末

2017/02/14掲載

シークレットウインドウの紹介:2004年アメリカ映画。スティーヴン・キングの小説『秘密の窓、秘密の庭』を原作とした作品です。キャッチコピーは「なぜ追われる、なぜ終われない」。人気作家のモート・レイニーは離婚問題のおかげでスランプになってしまいます。さらに彼の作品が盗作だという謎の男ジョン・シューターが現れ、盗作であることを認め世間に公表するように脅迫されます。身に覚えのない盗作疑惑でモートの周囲に影が落ち始めます。
監督:デヴィッド・コープ 出演:ジョニー・デップ(モート・レイニー)、ジョン・タートゥーロ(ジョン・シューター)、マリア・ベロ(エイミー)、ティモシー・ハットン(テッド)、ほか

「ナイトクローラー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/14掲載

ナイトクローラーの紹介:2014年アメリカ映画。事故や殺人現場に出向き映像を撮影、テレビ局に販売する事で生計を立てる「ナイトクローラー」達の苛烈な毎日を描いたサスペンス作品。主演は実力派として知られるジェイク・ギレンホール。
監督:ダン・ギルロイ 出演:ジェイク・ギレンホール(ルイス・ブルーム)、レネ・ルッソ(ニーナ・ロミナ)、リズ・アーメッド(リック)、ビル・パクストン(ジョー・ロダー)、アン・キューザック(リンダ)、ほか

「乱気流/タービュランス」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

乱気流/タービュランスの紹介:1997年アメリカ映画。乱気流にのみ込まれた航空機の中で、客室乗務員が凶悪な連続殺人犯に立ち向かうスカイパニック・アクション。2人の凶悪犯を特別護送することになったトランス・コンチネンタル航空47便。客室乗務員テリーは冤罪を訴えるライアン・ウィーバーに同情的な態度を示すが、機内が混乱に陥った時凶悪犯はその本性を現した。果たしてTC47便は無事着陸することができるのか。
監督:ロバート・バトラー 出演者:ローレン・ホリー(テリー・ハロラン)、レイ・リオッタ(ライアン・ウィーバー)、ヘクター・エリゾンド(ハインズ警部補)、ベン・クロス(ボウエン機長)、ブレンダン・グリーソン(スタッブス)ほか

「奇跡の海 (1996年)」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

奇跡の海の紹介:1996年デンマーク映画。『ダンサー・イン・ザ・ダーク』でも知られる名匠ラース・フォン・トリアー監督により制作されたデンマークの映画。読書しているかのような章仕立てのストーリー展開になっています。本作で、主人公のエミリーワトソンの演技は大変高く評価され、ヨーロッパ映画賞年間女優賞をはじめ数多くの賞を受賞し、1996年のアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされました。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演者:ベス・マクニール(エミリー・ワトソン)、ヤン(ステラン・スカルスガルド)、ドド(カトリン・カートリッジ)、リチャードソン医師(エイドリアン・ローリンズ)、テリー(ジャン=マルク・バール)ほか

「君への誓い」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

君への誓いの紹介:2012年アメリカ映画。実話に基づく感動のラブストーリーです。交通事故により記憶喪失になった妻に、彼女の記憶から忘れられてしまった夫が、再び愛を取り戻そうと奮闘します。『君に読む物語』でブレイクしたレイチェル・マクアダムス、『G.I.ジョー』等でおなじみのチャニング・テイタムが夫婦役を演じます。
監督:マイケル・サシー 出演者:ペイジ・コリンズ(レイチェル・マクアダムス)、レオ・コリンズ (チャニング・テイタム)、リタ・ソーントン(ジェシカ・ラング)、ビル・ソーントン(サム・ニール)ほか

「王様のためのホログラム」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

王様のためのホログラムの紹介:2016年アメリカ映画。上司に呼び出されたアランは突然海外出張を命じられる。行き先はサウジアラビア、彼の仕事はサウジアラビアの国王に自社のIT技術を売り込むことだった。現地に着いたアランに待ち受けていたのは様々な困難、通信環境も空調も食事すらまともにないその場所でアランは仕事だけでなく自身の人生について考える。「クラウド・アトラス」のトム・ティクヴァ監督最新作。主演は同じく「クラウド・アトラス」出演のトム・ハンクス。
監督:トム・ティクヴァ 出演:トム・ハンクス(アラン・クレイ)、アレクサンダー・ブラック(ユセフ)、サリタ・チョウドリー(ザーラ・ハキム)、シセ・バベット・クヌッセン(ハンナ)、ベン・ウィショー(デイヴ)、ほか

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の紹介:2008年アメリカ映画。ソ連はインディを使い、アメリカが秘匿していたオーパーツ、クリスタル・スカルを奪取する。その責任を取らされ大学を追われた彼の所に一人の青年がやってくる。彼はインディに母親の危機を救ってくれと頼んでくるが、その母親とは、かつての恋人マリオンだった。そしてその危機にも、ソ連とクリスタル・スカルが関わっていた。ジョーンズのアクションが止まらない大人気ファンタジーアクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第4弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)、レイ・ウィンストン(ジョージ・マクヘイル)、カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)、ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦の紹介:1989年アメリカ映画。考古学者インディに、父親で同じ考古学者のヘンリーが、学術調査中に行方不明になった事が知らされる。それを知らせきた大富豪にして支援者ドノヴァンは、ヘンリーの捜索と彼が生涯を掛けた、かのキリストの聖杯に関する調査を引き継ぐよう依頼してくる。ナチスの影が見え隠れする中、インディは十字軍のごとく聖杯探索に挑む。ヘンリー役にショーン・コネリーが抜擢された大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第3弾。
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:ハリソン・フォード(インディアナ・ジョーンズ)、ショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ教授)、デンホルム・エリオット(マーカス・ブロディ)、アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)、ジョン・リス=デイヴィス(サラー)、ジュリアン・グローヴァー(ウォルター・ドノヴァン)、リヴァー・フェニックス(若き日のインディ・ジョーンズ)、ほか

「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説の紹介:1984年アメリカ映画。考古学者インディ・ジョーンズは、危険な相手との取引に失敗し、その末にインドの山奥に降り立つ。彼はそこで出会った村人達に、奪われた彫像と攫われた子供達を救って欲しいと懇願され、ある宮殿へ乗り込む。そこは、シヴァの秘宝を悪用した邪教徒の巣窟となっていて、インディはその秘宝と子供達を守る為に奮戦する。東京ディズニーシーでもお馴染みのトロッコシーンは圧巻、大人気考古学アクションアドベンチャー映画インディジョーンズシリーズ第2弾。
監督:スティーブン・スピルバーグ 出演者:インディアナ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)、ウィリー・スコット(ケイト・キャプショー)、ショート・ラウンド(キー・ホイ・クァン)、モラ・ラム(アムリーシュ・プリー)ほか

「レッド・オクトーバーを追え!」のネタバレあらすじ結末

2017/02/13掲載

レッド・オクトーバーを追え!の紹介:1990年アメリカ映画。東西冷戦時代、大西洋沖に突然姿を現したソ連の原子力潜水艦レッドオクトーバーをめぐって繰り広げられる、米ソ戦略を描く軍事アクション・スパイ映画。トム・クランシーの長編ヒット小説を「ダイ・ハード」のJ・マクティアナンが監督した大作。
監督:ジョン・マクティアナン 出演:ショーン・コネリー(マルコ・ラミウス艦長)、アレック・ボールドウィン(ジャック・ライアン)、スコット・グレン(バート艦長)、サム・ニール(ボロデイン副艦長)、ほか

「ヴァンパイア・アカデミー」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ヴァンパイア・アカデミーの紹介:2014年アメリカ映画。リシェル・ミードの人気小説をマーク・ウォーターズが監督したヴァンパイアアクション映画。ローズはヴァンパイアのリサの親友で護衛。何者かに狙われているリサを守ることができるのか。
監督:マーク・ウォーターズ 出演:
ゾーイ・ドゥイッチ(ローズ)、ルーシー・フライ(リサ)、ドミニク・シャーウッド(クリスチャン)、ダニーラ・コズロフスキー(ディミトリ)、キャメロン・モナハン(メイソン)、ほか

「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のネタバレあらすじ結末

2017/02/12掲載

ダイ・ハード/ラスト・デイの紹介:2012年アメリカ映画。『ダイ・ハード』シリーズの第5弾。前作品から6年ぶりの最新作。ジョンの息子・ジャックが登場し、ロシアを舞台にジョンとジャックの親子で活躍するストーリー。
監督:ジョン・ムーア 出演者:ブルース・ウィリス(ジョン・マクレーン)、ジェイ・コートニー(ジャック・マクレーン)、セバスチャン・コッホ(ユーリ・コマロフ)、メアリー・エリザベス・ウィンステッド(ルーシー・マクレーン)、ユーリヤ・スニギル(イリーナ)ほか

1 161 162 163 164 165 166 167 168 169 350
TOP↑