コメディ映画のあらすじ

コメディ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までコメディ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「六本木バナナ・ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

六本木バナナ・ボーイズの紹介:1989年日本映画。六本木を舞台に、幼馴染の二人が町のヤクザとケンカをしながら難題を解決していくというコメディ映画です。『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで主演を務めた仲村トオルと清水宏次朗が再びコンビを組み、二人を取り巻く俳優陣は、今では大物ばかりの面々です。
監督:成田裕介 出演者:仲村トオル(夏目涼太郎)、清水宏次朗(岩田哲男)、森川由加里(高見小百合)、カトリーヌ・ケーシー(ジュディ・エストラダ)、RIKACO(京子)、香川照之(渡辺)、栗田貫一(前島)、木之元亮(今井)、ジミー大西(アキラ)ほか

「とんかつDJアゲ太郎」のネタバレあらすじ結末

とんかつDJアゲ太郎の紹介:2020年日本映画。「少年シャンプ+」で配信されていた同名のギャグ漫画を、イケメン北村匠海主演でまさかの実写化。DJはもちろん、キャベツの千切りまで猛練習したという北村は、被り物でコミカルなダンスを踊るなどまさに体を張った熱演で新境地を拓いた。そんなアゲ太郎が憧れるスタイリスト見習い苑子を演じるのは山本舞香。そしてアゲ太郎を支える“三代目道玄坂ブラザーズ”の4人は皆個性的で常に笑いを誘う。とにかく見終わったあとハッピーな気分でとんかつが食べたくなる映画だ。
監督・脚本:二宮健 原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう キャスト:北村匠海(勝又揚太郎)、山本舞香(服部苑子)、伊藤健太郎(屋敷蔵人)、加藤諒(室満夫)、栗原類(白井錠助)、前原滉(平積タカシ)、浅香航大(夏目球児)、池間夏海(勝又ころも)、片岡礼子(勝又かつ代)、ブラザートム(勝又揚作)、伊勢谷友介(尾入伊織<DJオイリー>)ほか

「26世紀青年」のネタバレあらすじ結末

26世紀青年の紹介:2006年アメリカ映画。500年の冬眠実験から覚醒した男性が、馬鹿ばかりになってしまった国を立て直そうとするSFコメディ。アメリカ国防総省は、極秘に人間の冬眠実験を進めていた。被験者として選ばれたのは、凡人の軍人ジョーと売春婦のリタ。2人は1年間という約束で実験に参加したが、手違いで目を覚ました時には500年の時が経過していた。未来の世界は馬鹿ばかりが溢れ返り、農作物は育たず、砂漠化が進んでいるという悲惨な状態。その中で最も高い知能を持つジョーは、面倒事の解決を押し付けられてしまった。ジョーは何とかしてタイムマシーンを見つけ出し、元の時代に戻ろうと計画するのだが。
監督:マイク・ジャッジ 出演者:ルーク・ウィルソン(ジョー・バウアーズ)、マーヤ・ルドルフ(リタ)、ダックス・シェパード(フリート)、テリー・アラン・クルーズ(カマチョ大統領)、アンソニー・“シトリック”・カンポス(国防長官)ほか

「キレるオヤジの逆襲」のネタバレあらすじ結末

キレるオヤジの逆襲の紹介:2017年スペイン, アルゼンチン 映画。新天地で昇進が決まり、幸せの真っただ中だったハビエル。ひょんなことから見ず知らずの男に粘着されてしまい人生計画が狂っていくかに見えたが、そこには身近な黒幕の存在があった。
監督:ルーカス・フィゲロア 出演者:イマノル・アリアス、ダリオ・グランディネッティ、ウーゴ・シルバ、ルイス・ルケ、ミゲル・アンヘル・ソラ、トーマス・ポッツィ、イマノル・アリアス、ほか

「泥棒は幸せのはじまり」のネタバレあらすじ結末

泥棒は幸せのはじまりの紹介:2013年アメリカ映画。女詐欺師のダイアナは、一般家庭のサンディのクレジットカードを不正利用して豪遊をし、挙句の果てにはサンディの名義で逮捕もされてしまいます。それが原因で待遇の良い会社からサンディは解雇宣告されてしまいます。警察は頼りにならなかったので、サンディは1人でダイアナを見つけだし、この問題を解決しようと奮闘するコメディ映画です。『オザークへようこそ』に出演しているジェイソン・ベイトマンがサンディを、『タミー/Tammy』で主演を果たしたメリッサ・マッカーシが女詐欺師を演じます。
監督:セス・ゴードン 出演:ジェイソン・ベイトマン(サンディ・パターソン)、メリッサ・マッカーシ(ダイアナ/ドーン)、ジョン・ファブロー(コーニッシュ)、アマンダ・ピート(トリシュ)、ジョン・チョー(ダニエル)、ジェネシス・ロドリゲス(マリソール)、ほか

「レッドカーペット」のネタバレあらすじ結末

レッドカーペットの紹介:2014年韓国映画。ポルノ映画監督のジョンウの部屋に、ウンスという美女が現れます。彼女は部屋の2重貸しの詐欺に遭い、しばらく二人で部屋をシェアすることに。元子役だったウンスがジョンウの「士官と看護師」という映画の脚本を読んだことから、女優への復帰を目指し始めます。一方ジョンウはポルノ映画監督という事を隠していたため、撮影シーンをウンスに誤解され二人は離れ離れに。スターと売れないポルノ映画監督の立場になった二人の行く末は…という内容のラブコメディです。
監督:パーク・バムスー 出演者:ユン・ゲサン(ジョンウ)、チャンソン(デユン)、コ・ジュニ(ウンス)、オ・ジョンセ(ジナン)、チョ・ダルファン(ジュンス)ほか

「遊びの時間は終らない」のネタバレあらすじ結末

遊びの時間は終らないの紹介:1991年日本映画。筋書きのない本格的な銀行強盗の防災訓練を行うため、犯人役に選ばれた平田に、計画は自分で考えろと言われます。真面目で堅物の平田は入念に計画を立て、犯人になりきり、銀行を襲います。すぐ逮捕されるはずだったものの、平田の計画が勝り人質をとって籠城し始めます。この訓練が話題になりマスコミや野次馬が集まりだすと、事態は収拾がつかなくなり、本気で逮捕しようとする警察と、本気で金を持って逃げようとする平田との戦いになり…という内容のコメディ映画です。
監督:萩庭 貞明 出演者:本木雅弘(平田)、石橋蓮司(鳥飼署長)、西川忠志(深川警部補)、伊藤真美(桑名ゆり子)、原田大二郎(深川次長)斎藤晴彦(佐原),萩原流行(柏崎)ほか

「ファンシー」のネタバレあらすじ結末

ファンシーの紹介:2019年日本映画。現実(エロス)と幻想(ポエム)の狭間で揺れる、奇妙な三角関係――。「レッド」で第14回文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞した山本直樹の同名短編漫画を永瀬正敏と窪田正孝のダブル主演で映画化した作品です。寂れた地方の温泉街を舞台に、表の顔は郵便局員・裏の顔は彫師の男、寡黙でロマンチストな詩人、詩人のファンだという若い女性の三角関係が地元ヤクザの抗争と絡めて描かれていきます。
監督:廣田正興 出演者:永瀬正敏(鷹巣明)、窪田正孝(南十字星ペンギン)、小西桜子(月夜の星)、深水元基(新田)、長谷川朝晴(国広)、坂田聡(梶原)、吉岡睦雄(浅野)、澤真希(浅野美紀/みく)、榊英雄(鷹巣の旧友)、佐藤江梨子(鷹巣の元妻)、外波山文明(篠田)、宇崎竜童(竜男)、田口トモロヲ(田中)ほか

「キートンの蒸気船」のネタバレあらすじ結末

キートンの蒸気船の紹介:1928年アメリカ映画。喜劇王キートンが自分の製作会社で作った最後の長編サイレント喜劇(本作の後MGMと契約)。蒸気船船長の父のもとに、都会から一人息子ウィリーがやって来るが、船員としては使い物になりそうにない。おまけに商売敵の娘と恋仲だった。暴風雨の描写が圧倒的。風に立ち向かうキートン。日本初公開時の邦題は『キートンの船長』
監督:チャールズ・F・ライスナー、バスター・キートン 出演者:バスター・キートン(ウィリアム・カンフィールド・ジュニア[ウィリー])、アーネスト・トレンス(ウィリアム・カンフィールド[スチームボート・ビル])、マリオン・バイロン(キティ・キング)、トム・マグガイア(ジョン・ジェイムズ・キング)、トム・ルイス(トム・カーター)、ほか

「ハッピー・シェフ! 恋するライバル」のネタバレあらすじ結末

ハッピー・シェフ! 恋するライバルの紹介:2018年カナダ,アメリカ映画。かつてはピザ店を共同経営していたものの、父親同士のいさかいで決裂した2家族が再び結束し、想いを寄せ合うそれぞれの子の恋の行方を描いたロマンティック・コメディ。
監督:ドナルド・ペトリ 出演:エマ・ロバーツ(ニッキー)、ヘイデン・クリステンセン(レオ・カンポリ)、アリッサ・ミラノ(ドーラ・アンジョリ)、アダム・フェラーラ(サル)、ゲイリー・バサラバ(ヴィンス)、ダニー・アイエロ(カルロ)、アンドレア・マーティン(フランカ)、ほか

「濡れ髪牡丹」のネタバレあらすじ結末

濡れ髪牡丹の紹介:1961年日本映画。市川雷蔵主演の時代劇コメディ、「濡れ髪」シリーズの最終作。渡世人瓢太郎が京マチコ扮する女親分・おもんの婿選び試験を受ける。剣術、柔術、そろばんと何でも免許皆伝の瓢太郎だが、博打と女心は苦手だった。監督は雷蔵主演の多くの傑作を手掛けた田中徳三。
監督:田中徳三 出演者:市川雷蔵(瓢太郎)、京マチ子(おもん)、小林勝彦(岩吉)、小桜純子(おたき)、大辻伺郎(にょろ松)、安部徹(伊三郎)、ほか

「生理ちゃん」のネタバレあらすじ結末

生理ちゃんの紹介:2019年日本映画。手塚治虫文化賞短編賞を受賞した小山健の同名漫画を二階堂ふみと伊藤沙莉のダブル主演で映画化したコメディ作品です。女性にとって避けて通れない“生理”をテーマに、様々な女性たちの等身大の様々な悩みをコメディタッチで描いていきます。
監督:品田俊介 出演者:二階堂ふみ(米田青子)、伊藤沙莉(山本りほ)、松風理咲(米田ひかる)、須藤蓮(山内裕)、狩野見恭兵(北村ゆきち)、豊嶋花(久保かりん)、藤原光博(渋谷誠)、岡田義徳(久保勇輔)ほか

「108 海馬五郎の復讐と冒険」のネタバレあらすじ結末

108~海馬五郎の復讐と冒険~の紹介:2019年日本映画。劇団「大人計画」を主宰する松尾スズキが監督・脚本・主演を務めたオリジナル作品です。妻の不倫をSNSで知ってしまった脚本家の男が彼女に復讐すべく、煩悩と妻のSNSについた「いいね!」の数と同じ108人の女性を抱く計画を立てるのですが…。
監督:松尾スズキ 出演者:松尾スズキ(海馬五郎)、中山美穂(海馬綾子)、大東駿介(聖矢)、土居志央梨(あずさ)、栗原類(道夫)、LiLiCo(エイドリアン)、福本清三(海馬の父)、乾直樹(ドクタースネーク)、宍戸美和公(堀切すみれ)、堀田真由(赤井美月)、村杉蝉之介(プロデューサー)、オクイシュージ(演出家)、岩井秀人(糸井)、酒井若菜(スナックのママ)、坂井真紀(海馬マリ)、秋山菜津子(砂山美津子)ほか

「嘘八百 京町ロワイヤル」のネタバレあらすじ結末

嘘八百 京町ロワイヤルの紹介:2020年日本映画。幻のお宝をめぐり、中井貴一扮する古物商と佐々木蔵之介扮する陶芸家が騙し合いの大騒動を繰り広げるコメディのシリーズ第2作です。前作で幻の千利休の茶器を巡って一大勝負を繰り広げた古物商と陶芸家は、今度は京都を舞台に伝説の武将茶人・古田織部の幻の茶器にまつわる大騒動を巻き起こします。
監督:武正晴 出演者:中井貴一(小池則夫)、佐々木蔵之介(野田佐輔)、広末涼子(橘志野)、友近(野田康子)、森川葵(大原いまり)、山田裕貴(牧野慶太)、坂田利夫(よっちゃん)、前野朋哉(野田誠治)、木下ほうか(西田)、宇野祥平(材木屋)、塚地武雅(田中四郎)、桂雀々(後醍醐)、吹越満(青山一郎)、坂田聡(内村)、ブレイク・クロフォード(ピエール)、冨手麻妙(マリ)、山田雅人(番頭)、浜村淳(ギャラリーオーナー)、国広富之(橘正志)、竜雷太(億野万蔵)、加藤雅也(嵐山直矢)ほか

「喜劇 愛妻物語」のネタバレあらすじ結末

喜劇 愛妻物語の紹介:2020年日本映画。『百円の恋』『噓八百』などを手掛けた脚本家の足立紳が2016年に発表した自伝的小説「乳房に蚊」を基に自ら監督・脚本を務めて映画化したコメディ作品です。売れない脚本家と一家の家計を支える妻。セックスレスに陥っていた脚本家は何とか妻との寄りを戻そうと娘と共に仕事を兼ねて四国に向かうのですが…。2019年の東京国際映画祭で最優秀脚本賞を受賞しています。
監督:足立紳 出演者:濱田岳(柳田豪太)、水川あさみ(柳田チカ)、新津ちせ(柳田アキ)、大久保佳代子(吾妻)、坂田聡(代々木)、宇野祥平(ウスイ)、黒田大輔(警察官)、冨手麻妙(酔っぱらった女)、河合優実(ななみ)、夏帆(由美)、ふせえり(ななみの母)、光石研(ななみの父)ほか

1 2 3 4 5 59

キーワードから探す

TOP↑