Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

コメディ映画のあらすじ

コメディ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までコメディ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ハングオーバーゲーム」のネタバレあらすじ結末

ハングオーバーゲームの紹介:2014年アメリカ映画。過去に制作された「ハングオーバー!」をベースに作られた作品で今回のストーリーはダグの独身最後の夜を飲み明かすが、目を覚ますとなぜか列車の中におり、そこから命がけのハングオーバー・ゲームの会場へ行く事になり、ダグの姿もなくなっていた。夢の中のことなのかどうかは観る人におまかせ、という作品です。
監督:ジョシュ・ストールバーグ 出演:ロス・ネイサン(ブラッドリー)、ベン・ベグリー(エド)、ハーバート・ラッセル(ザック)、リタ・ヴォルク(カットニプ)、タラ・リード(エフィング)、ジョン・リヴィングストン、ロバート・ワグナー、ほか

「パッケージ: オレたちの珍騒動」のネタバレあらすじ結末

パッケージ: オレたちの”珍”騒動の紹介:2018年アメリカ映画。男女5人の高校生が、森でのキャンプに向かいました。酒を飲み大盛り上がりの時、一人の男子がナイフでふざけていて自分のアソコを切断してしまいました。更に救助ヘリにアソコを間違えて乗せなかったことで、アソコを持った4人の珍道中が始まりました…といったNetflixの青春コメディ映画です。
監督:ジェイク・シマンスキ 出演者:ダニエル・ドヘニー(ショーン・フロイド)、セイディ・カルヴァノ(サラ)、ジェラルディン・ヴィスワナサン(ベッキー・アベラ―)、アレクサンダー・カルヴァート(チャド)、ルーク・スペンサー・ロバーツ(ドニー)、エドゥアルド・フランコ(ジェレミー・アベラ―)、ほか

「けんかえれじい」のネタバレあらすじ結末

けんかえれじいの紹介:1966年日本映画。児童文学作家・鈴木隆の同名小説を鬼才・鈴木清順が映画化して異色の青春アクション・コメディです。第二次世界大戦前夜の岡山や会津などを舞台に、喧嘩に明け暮れる中学生の主人公・南部麒六(高橋英樹)の破天荒な青春を描きます。
監督:鈴木清順 出演者:高橋英樹(南部麒六)、浅野順子(道子)、川津祐介(スッポン)、片岡光雄(タクアン)、宮城千賀子(ヨシノ)、加藤武(マンモス先生)、佐野浅夫(近藤大尉)、浜村純(アヒル先生)、松尾嘉代(みさ子)、緑川宏(北一輝)ほか

「嘘八百」のネタバレあらすじ結末

嘘八百の紹介:2017年日本映画。古美術商の小池が、陶芸家だった野田に贋作を本物と騙され金を取られたことから二人は親しくなり、かつて自分らを利用して金儲けをした男たちを、贋作を作って騙そうと、一世一代の作戦が始まりました…という千利休の贋作をテーマにしたコメディドラマです。
監督:武正晴 出演者:中井貴一(小池則夫)、佐々木蔵之介(野田佐輔)、友近(野田康子)、森川葵(大原いまり)、前野朋哉(野田誠治)、堀内敬子(大原陽子)、坂田利夫(よっちゃん)、木下ほうか(土竜のマスター)、塚地武雅(田中四郎)、桂雀々(文化庁文化財部長)、寺田農(絹田昭太郎)、芦屋小雁(樋渡忠康)、近藤正臣(棚橋清一郎)ほか

「ザ・マペッツ2/ワールド・ツアー」のネタバレあらすじ結末

ザ・マペッツ2/ワールド・ツアーの紹介:2014年アメリカ映画。人間と操り人形“マペット”が共存する世界を描いた、ディズニーのミュージカルコメディ映画『マペット』シリーズの通算8作目、リブート版の第2弾です。凶悪なマペットが刑務所を脱獄、ワールドツアーに出ていた“ザ・マペッツ”の面々はとんでもない陰謀に巻き込まれていきます。トム・ヒドルストン、クロエ・グレース・モレッツ、セリーヌ・ディオン、レディー・ガガら豪華スターがこぞってカメオ出演しています。
監督:ジェームズ・ボビン 出演者:リッキー・ジャーヴェイス(ドミニク・バジー)、タイ・バーレル(ジャン・ピエール・ナポレオン)、ティナ・フェイ(ナディア)、トム・ヒドルストン(囚人)、クロエ・グレース・モレッツ(新聞紙配りの少女)、セリーヌ・ディオン(ミス・ピギーのフェアリーゴッドマザー)、レディー・ガガ(本人役)ほか

「ピンク・パンサー2」のネタバレあらすじ結末

ピンク・パンサー2の紹介:1975年イギリス映画。「ピンクの豹」(1963年公開)「暗闇でドッキリ」(1964年公開)に続くコメディ映画「ピンク・パンサー」シリーズの第3作です。 「ピンクの豹」以来となる伝説のダイヤモンド「ピンク・パンサー」を巡り、パリ警察のジャック・クルーゾー警部や因縁の怪盗ファントム、クルーゾー警部を目の敵にする上司のドレフュス主任警部らがドタバタ騒ぎを繰り広げます。
監督:ブレイク・エドワーズ 出演者:ピーター・セラーズ(ジャック・クルーゾー警部)、クリストファー・プラマー(チャールズ・リットン卿)、カトリーヌ・シェル(クローディーヌ)、ハーバート・ロム(ドレフュス主任警部)、ピーター・アーン(シャーキ大佐)ほか

「ウェインズ・ワールド2」のネタバレあらすじ結末

ウェインズ・ワールド2の紹介:1993年アメリカ映画。アメリカの人気テレビ番組「サタデー・ナイト・ライブ」の1コーナーを映画化した『ウェインズ・ワールド』(1992年公開)の続編です。人気ケーブルテレビ番組を手掛けるロック好きな二人の男が伝説のカリスマミュージシャンから啓示を受け、ロックフェスティバルを開こうと悪戦苦闘する姿をロックな小ネタを挟みながら描いていきます。
監督:スティーブン・サジーク 出演者:マイク・マイヤーズ(ウェイン・キャンベル)、ダナ・カーヴィ(ガース・アルガー)、ティア・カレル(カサンドラ・ウォン)、クリストファー・ウォーケン(ボビー・カーン)、キム・ベイシンガー(ハニー・ホーネー)、エアロスミス(本人役)ほか

「愛を語れば変態ですか」のネタバレあらすじ結末

愛を語れば変態ですかの紹介:2015年日本映画。カレー店を開店しようとする夫婦の元に、続々とクセの強い男たちが集まる。それにより、一見普通そうな店主の妻が徐々に本性を現し、同時に崩壊していく様をコメディータッチに描いている。劇団ピチチ5主宰者が初メガホンを取った作品。
監督:福原充則 出演:黒川芽以(あさこ)、野間口徹、今野浩喜、栩原楽人、川合正悟、永島敏行、ほか

「銀魂2 掟は破るためにこそある」のネタバレあらすじ結末

銀魂2 掟は破るためにこそある の紹介:2018年日本映画。空知英秋による人気コミックを福田雄一監督が映画化したヒット作の第2弾。原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合させたストーリーが展開される。家賃も払えないほど追い詰められた万次屋の3人はアルバイトする事になるが、国をも揺るがすような大事態へと発展していく。主役の銀時を前作に引き続き小栗旬が演じる。
監督:福田雄一 出演:小栗旬(坂田銀時)、菅田将暉(志村新八)、橋本環奈(神楽)、柳楽優弥(土方十四郎)、三浦春馬(伊東鴨太郎)、窪田正孝(河上万斉)、吉沢亮(沖田総悟)、勝地涼(徳川茂茂)、夏菜(猿飛あやめ)、長澤まさみ(志村妙)、岡田将生(桂小太郎)、ムロツヨシ(平賀源外)、キムラ緑子(お登勢)、佐藤二朗(キャバクラ店長)、堤真一(松平片栗虎)、中村勘九郎(近藤勲)、堂本剛(高杉晋助)、ほか

「地球は女で回ってる」のネタバレあらすじ結末

地球は女で回ってるの紹介:1997年アメリカ映画。作家のハリーは表彰される予定の大学に向かうが、私生活を晒した半自伝的小説のせいで彼を取り巻く女性たちは怒り爆発。ハリーが作った小説のストーリー(フィクション)とハリーの実生活(現実)がごちゃ混ぜに描かれている。またこの作品自体も半自伝的な作品でもある。豪華な出演陣にも注目。
監督:ウディ・アレン 出演者:ウディ・アレン、ビリー・クリスタル、デミ・ムーア、ロビン・ウィリアムズ、トビー・マグワイア、スタンリー・トゥッチ、ほか

「七年目の浮気」のネタバレあらすじ結末

七年目の浮気の紹介:1955年アメリカ映画。ジョージ・アクセルロッド原案によるブロードウェイの同名舞台劇を映画化した名作ラブコメディです。避暑地に家族を送り出した結婚7年目の恐妻家の男が、階上に間借りするブロンドの髪の美女に惹かれていく様をコミカルに描きます。主演のマリリン・モンローが地下鉄の通気口からの風でめくれるスカートを抑えるシーンは映画史に残る名シーンとしてあまりにも有名です。
監督:ビリー・ワイルダー 出演者:マリリン・モンロー(ブロンド美女)、トム・イーウェル(リチャード・シャーマン)、ロバート・ストラウス(クルフリック)、オスカー・ホモルカ(ブルベイカー医師)、ソニー・タフツ(トム・マッケンジー)ほか

「星くず兄弟の新たな伝説」のネタバレあらすじ結末

星くず兄弟の新たな伝説の紹介:2017年日本映画。1985年に公開された伝説のカルトムービー『星くず兄弟の伝説』の続編となるロックミュージカルコメディです。『仮面ライダーオーズ』の三浦涼介と『仮面ライダーキバ』『仮面ライダービルド』の武田航平をダブル主演に迎え、前作のキャストも多数参加しています。近未来を舞台に、若返った伝説の“スターダスト・ブラザーズ”が奇想天外で破天荒な大冒険を繰り広げます。
監督:手塚眞 出演者:三浦涼介(カン)、武田航平(シンゴ)、荒川ちか(ウサコ)、高木完(カン)、久保田慎吾(シンゴ)、ISSAY(チェザーレ伊東)、藤谷慶太朗(チェリー喜美雄)、谷村奈南(カンコ)、田野アサミ(シンコ)、ラサール石井(ドクター雅智)、板野友美(ラン)、野宮真貴(スペースポートスタッフ)、浅野忠信(クリスト)、夏木マリ(ベタール卑美子)、井上順(アストロ南北)、内田裕也(ロックの神様)ほか

「リアリズムの宿」のネタバレあらすじ結末

リアリズムの宿の紹介:2003年日本映画。カルト的な人気を誇るつげ義春の漫画を題材にした作品。ひなびた温泉街を訪れた青年二人は海辺で出会った若い女性と一緒に旅をはじめますが、彼女は何も言わずに姿を消してしまいます。行き当たりばったりの奇妙な旅を続ける青年達の姿を独特なユーモアと悲哀を交えて描くロードムービーです。
監督:山下敦弘 出演者:長塚圭史(坪井小介)、山本浩司(木下俊弘)、尾野真千子(川島敦子)、康すおん(ポンちゃん)、山本剛史(船木テツヲ)ほか

「ターナー&フーチ/すてきな相棒」のネタバレあらすじ結末

ターナー&フーチ/すてきな相棒の紹介:1989年アメリカ映画。小さな港町の警察捜査官ターナー(トム・ハンクス)が船上生活者エーモスが殺された事から始まるエーモスの愛犬フーチとの同居生活とエーモスを殺した組織をフーチと共に追いかけ犯人と組織を逮捕するという物語で、特に綺麗好きのターナーがフーチを受け入れるまでがコミカルで心温まる作品です。
監督:ロジャー・スポティスウッド 出演:トム・ハンクス(ターナー)、メア・ウィニンガム(エミリー)、クレイグ・T・ネルソン(チーフ)、レジナルド・ヴェルジョンソン(デビット)、スコット・ポーリン(ザック)、ブルドック犬(フーチ)、コリー犬(カミール)ほか

「スターリンの葬送狂騒曲」のネタバレあらすじ結末

スターリンの葬送狂騒曲の紹介:2017年フランス,イギリス,ベルギー,カナダ映画。ソビエト連邦の最高権力者スターリンは”粛清”という名の大量虐殺による恐怖で、国民や側近を支配してきた。その独裁者が脳出血で危篤に陥り、後継者を指名することなく息を引き取った。表向きは厳粛な国葬の準備を進めるが、スターリンの腹心だったマレンコフ、モスクワ党第一書記フルシチョフ、秘密警察警備隊最高責任者のベリヤが3大トップとなり、そこへソビエト軍最高司令官ジェーコフ元帥まで参戦し、権力バトルが始まった。嘘と裏切り、仕掛け合う罠など国を担うはずの男たちの”なんでもあり”、”やったもの勝ち”のゲスな本性が暴かれていく。ロシアでは政府が上映を禁止したが、ヨーロッパ全土、さらにはアメリカやオーストラリアまでスマッシュヒットを記録した。
監督:アーマンド・イアヌッチ 出演:スティーヴ・ブシェミ(フルシチョフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ベリヤ)、パディ・コンシダイン(アンドレーエフ)、ルパート・フレンド(ワシーリー)、ジェイソン・アイザックス(ジェーコフ)、オルガ・キュリレンコ(マリヤ)、マイケル・ベイリン(モロトフ)、アンドレア・ライズブロー(ヴェトラーナ)、ポール・チャヒディ(ブルガーニン)、ダーモット・クロウリー(カガノーヴィチ)、アドリアン・マクローリン(スターリン)、ジェフリー・タンバー(マレンコフ)ほか

1 2 3 4 5 42
TOP↑