Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

青春映画のあらすじ

青春映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで青春映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「グライド・イン・ブルー」のネタバレあらすじ結末

グライド・イン・ブルーの紹介:1973年アメリカ映画。夢破れた男達の孤独と挫折を描いたドラマ作品。アリゾナの砂漠地帯で白バイ警官を務めるジョンは、殺人課の刑事になることを夢見ていた。なかなかチャンスに恵まれない中、自殺に見せかけた殺人事件が起こる。理想通りの刑事ハーブの補佐についたジョンは有頂天で捜査に取り掛かるが、待ち受けていたのは残酷な現実だった。
監督:ジェームズ・ウィリアム・ガルシオ 出演者:ロバート・ブレイク(ジョン・ウィンターグリーン)、ビリー・グリーン・ブッシュ(ジッパー)、ミッチェル・ライアン(ハーブ・プール刑事)、ジャニーン・ライリー(ジョリーン)、エリシャ・クック(ウィリー)ほか

「転入生は10点満点」のネタバレあらすじ結末

転入生は10点満点の紹介:2016年オーストラリア映画。アメリカ体操のジュニア代表チームで活躍していたケリーは、コーチである父親の指導の下、思うような成績が残せないようになり、一旦、競技の世界から離れるため、外科医の母親とともにオーストラリアに移住する。転入先の高校で友達になったニックは、体操部の入門コースに在籍。上級コースのジェスから嫌われている。ニックを上級コースのチームに入れるため、ケリーも一肌脱いで体操部に入部する。体操に情熱を持つ女子高生たちのライバル心と友情の物語。
監督: クレイ・グレン 出演: ケリー・バーグランド、リリ・カラマリキス、テス・フォウラー、ほか

「小さな恋のうた」のネタバレあらすじ結末

小さな恋のうたの紹介:2019年日本映画。沖縄出身の人気ロックバンド「MONGOL800」の代表曲のひとつ「小さな恋のうた」の世界観をモチーフに、『羊と鋼の森』『雪の華』などの橋本光二郎監督が沖縄ロケを敢行して映画化した青春ロックムービーです。ロックに全てを捧げた沖縄の高校の軽音楽部の仲間たちの青春を、沖縄の“今”を絡めながら描いていきます。
監督:橋本光二郎 出演者:佐野勇斗(真栄城亮多)、森永悠希(池原航太郎)、山田杏奈(譜久村舞)、眞栄田郷敦(譜久村慎司)、鈴木仁(新里大輝)、トミコクレア(リサ)、金山一彦(池原昌盛)、佐藤貢三(譜久村一幸)、中島ひろ子(譜久村静代)、清水美沙(真栄城慶子)、世良公則(根間敏弘)、上江洌清作(MONGOL800)、儀間崇(MONGOL800)、高里悟(MONGOL800)ほか

「湾岸バッド・ボーイ・ブルー」のネタバレあらすじ結末

湾岸バッド・ボーイ・ブルーの紹介:1992年日本映画。ガソリンスタンドで働く明夫は、大型バイクの免許を取り、憧れのバイクGSX1100S KATANAを購入しました。夜、馴らし運転を続ける明夫の前に、美緒子という女子高生が現れてから、明夫の周囲にゴタゴタが起り始めました・・・という青春映画です。
監督:富岡忠文 出演者:菊池健一郎(明夫)、瀬戸朝香(美緒子)、佐々木優子(理佐)、大森嘉之(貴志)、椎名桔平(菊地田)、ルー大柴、きたろう、翔、大事MANブラザーズバンド、ほか

「ワルボロ」のネタバレあらすじ結末

ワルボロの紹介:2007年日本映画。ゲッツ板谷の小説「ワルボロ」を映画化。1980年代の東京立川市が舞台。松田翔太演じる優等生だった中学生が、突然不良に転身し喧嘩に明け暮れます。仲間との友情や不良同士の抗争を描いた、青春コメディ。
監督:隅田靖 出演:松田翔太(コーちゃん)、新垣結衣(山田)、福士誠治(ヤッコ)、木村了(キャーム)、城田優(小佐野)、古畑勝隆(ヒデチャン)、途中慎吾(カッチン)、ピエール瀧、仲村トオル、ほか

「GSワンダーランド」のネタバレあらすじ結末

GSワンダーランドの紹介:2008年日本映画。GS(グループ・サウンズ)ブームの1968年を舞台に、4人の若者たちの青春を描いた音楽コメディ。三か月でGSをデビューさせることとなり、急遽集められたマサオ、シュン、そしてケンタ。しかしデビュー曲にはオルガンパートがあり、昔、ピアノの地区大会で優勝したミックが無理やりメンバーに加入させられます。しかしミックは女性で…。
監督:本田隆一 出演者:栗山千明(ミック)、石田卓也(マサオ)、水嶋ヒロ(シュン)、浅利陽介(ケンタ)、武田真治(梶井)、温水洋一、三倉茉奈、三倉佳奈、ケンドーコバヤシほか

「イージー・ライダー」のネタバレあらすじ結末

イージー・ライダーの紹介:1969年アメリカ映画。1960年代後半からアメリカで作られた、反体制的な若者の心情を映したアメリカン・ニューシネマというジャンルの初期の作品。ジャック・ニコルソンがアカデミー賞助演男優賞にノミネートにされたほか、その映画史における重要性が再評価され、アメリカ国立フィルム登録簿に登録された。麻薬の密売に成功し大金を稼いだ2人のバイク乗りが、白人主義者たちから差別されても自由を謳歌しながら生きようとするロード・ムービーである。劇中歌には公開当時も絶大な人気を誇っていたステッペンウルフやジミ・ヘンドリクスなどの音楽が使用されている。
監督:デニス・ホッパー 出演者:ピーター・フォンダ(ワイアット)、デニス・ホッパー(ビリー)、ジャック・ニコルソン (ジョージ・ハンセン)、ルーク・アスキュー (ヒッチハイカー)、トニー・バジル (メアリー) ほか

「シムソンズ」のネタバレあらすじ結末

シムソンズの紹介:2006年アメリカ映画。北海道・常呂町で結成され、2002年ソルトレークシティオリンピックに出場した実際のチームを題材にした作品。実際のカーリングホールを使って撮影が行われ、劇中には近江谷杏菜や吉田夕梨花など、のちにカーリング日本代表として活躍する選手たちも出演しています。
監督:佐藤祐市 出演者:加藤ローサ(伊藤和子)、藤井美菜(尾中美希)、高橋真唯(小野菜摘)、星井七瀬(林田史江)、大泉洋(大宮平太)、田中圭(加藤真人)、山本浩司(渡辺恭輔)、宇梶剛士(伊藤謙一)、高田延彦(本島則之)、松重豊(高松康文)、ほか

「さよならくちびる」のネタバレあらすじ結末

さよならくちびるの紹介:2019年日本映画。インディーズ・シーンで注目を浴び出したのに、解散を決意した女性デュオ〈ハルレオ〉。ローディー兼マネージャーのシマと三人で、最後のツアーに臨むが…。小松菜奈と門脇麦が歌唱とギターを初歩から学んでハルレオ役に挑む。この映画のために主題歌「さよならくちびる」を秦基博が、挿入歌「たちまち嵐」と「誰にだって訳がある」をあいみょんが提供している。
監督:塩田明彦 出演:小松菜奈(レオ)、門脇麦(ハル)、成田凌(シマ)、篠山輝信、松本まりか、青柳尊哉、松浦祐也、篠原ゆき子、マキタスポーツ、ほか

「ポンチョに夜明けの風はらませて」のネタバレあらすじ結末

ポンチョに夜明けの風はらませての紹介:2017年日本映画。『ひゃくはち』『イノセント・デイズ』などの原作者である小説家・早見和真の同名青春小説を『世界グッドモーニング!!』の廣原暁監督が映画化した青春ロードムービーです。卒業を間近に控える三人の仲良し高校生が成り行きから父の車を奪って高校最後の旅に出、行く先々で様々な人々との触れ合いを通じて成長していきます。
監督:廣原暁 出演者:太賀(又八)、中村蒼(ジン)、矢本悠馬(ジャンボ)、染谷将太(中田)、佐津川愛美(白石愛)、阿部純子(マリア/大貫カンナ)、角田晃広(東京03)(DJジャミラ(声))、佐藤二朗(八兵衛)、西田尚美(尚美)ほか

「ひゃくはち」のネタバレあらすじ結末

ひゃくはちの紹介:2008年日本映画。早見和真の同名小説を基に、甲子園の常連である野球の強豪校に通う万年補欠の部員二人の友情と青春を描いた青春ドラマです。タイトルの“ひゃくはち(108)”とはボールの縫い目の数と人間の煩悩の数を表したものです。
監督:森義隆 出演者:斎藤嘉樹(青野雅人)、中村蒼(小林伸広)、市川由衣(相馬佐和子)、高良健吾(佐々木純平)、北条隆博(星野健太郎)、桐谷健太(コーチ)、竹内力(サンダー監督)、RED RICE(湘南乃風)、VERBAL(m-flo)ほか

「海すずめ」のネタバレあらすじ結末

海すずめの紹介:2016年日本映画。雀は愛媛県宇和島の図書館”自転車課“で図書を島民に配達する仕事をしている。雀は賞をとったことがある小説家だが、二作目が書けず故郷に戻ってきたのだった。街をあげての宇和島伊達祭りが近づく中、復刻される着物の模様を記した書物が見つからずに、図書館は大騒ぎとなる。雀は空襲で焼けた旧図書館にあった可能性を信じ、仲間達と本を探すことにする。そのうちに何事にも真剣に向き合うことができなかった雀の心境にも変化があらわれ・・。
監督:大森研一 出演:武田利奈(赤松雀)、小林豊(岡崎賢一)、内藤剛志(赤松武男)、岡田奈々(赤松京子)、目黒裕樹(赤松辰三)、宮本真希(兵藤秀子)、二階堂智(原田貴之)、 佐生雪(原田ハナ)、上野優華(渡部美咲)、佐藤永典(清家壮太)、野川由美子(戸田サチ)、吉行和子(三好トメ)、ほか

「Dear Friends ディア フレンズ」のネタバレあらすじ結末

Dear Friends ディア フレンズの紹介:2007年日本映画。「友達は利用するもの」と豪語する女子高生リナと、同級生のマキとの友情青春物語。容姿端麗で周りからちやほやされて生きてきたリナ。ある日、突然病魔に侵されてしまいます。そんなリナの前に、小学校からの同級生・マキがあらわれるのですが…。
監督:両沢和幸 出演:北川景子(高橋リナ)、本仮屋ユイカ(遠藤マキ)、黄川田将也(洋介)、大杉漣(幸三)、久保田悠来(クラブの常連客)、通山愛里(ヒロコ)、佐々木麻緒(カナエ)、松嶋初音(エミ)、ほか

「愛唄 約束のナクヒト」のネタバレあらすじ結末

愛唄 -約束のナクヒト-の紹介:2018年日本映画。「キセキ あの日のソビト」に続いて人気グループGreeeeNの楽曲「愛唄」を元に作られた作品です。前作『キセキ -あの日のソビト-』と違い、本作はGreeeeNが脚本に参加し、彼らの実体験も織り混ぜたオリジナルストーリーになっています。生と死、人を愛する事、友情と泣ける要素を盛り込んでいます。
監督:川村泰祐 出演:横浜流星(野宮透 / トオル)、清原果耶(伊藤凪)、飯島寛騎(坂本龍也)、中村ゆり(小池妙子)、野間口徹(副島浩一)、成海璃子(相川比呂乃)、中山美穂(橋野冴子)、奥野瑛太(タコス屋オーナー)、富田靖子(伊藤佐和)、財前直見(野宮美智子)、ほか

「パワー・オブ・ワン」のネタバレあらすじ結末

パワー・オブ・ワンの紹介:1992年アメリカ映画。南アフリカを舞台に人種差別に立ち向かう英国系白人少年の成長を描いた人間ドラマ。ボクシングや音楽、様々な人々との出会いを通して差別や偏見と対峙していく少年の姿が逞しく描かれていきます。「ロッキー」、「ベスト・キッド」のジョン・G・アヴィルドセンによる監督作品です。
監督:ジョン・G・アヴィルドセン 出演者:スティーヴン・ドーフ(PK)、モーガン・フリーマン(ヘール・ピート)、アーミン・ミューラー=スタール(ドク)、ダニエル・クレイグ(ヤッピー・ボータ)、クライヴ・ラッセル(ボルマン軍曹)、ジョン・ギールグッド(セント・ジョン学長)、ほか

1 2 3 4 5 26
TOP↑