青春映画のあらすじ

青春映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで青春映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「リコリス・ピザ」のネタバレあらすじ結末

リコリス・ピザの紹介:2021年アメリカ映画。15歳の男子高校生ゲイリーは、10歳年上のアラナに恋をしてしまいます。アラナは最初は相手にしませんが、彼の熱意に押されて交際を始めます。ゲイリーは事業をはじめますがうまくいきません。アラナはそんな彼を支えていきます。本作は10歳年の違う二人の恋愛を描いた青春映画。石油ショックなどの1970年代の世相や、当時のセレブ、政治家などが登場します。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:アラナ・ハイム(アラナ・ケイン)、クーパー・ホフマン(ゲイリー・バレンタイン)、ショーン・ペン(ジャック・ホールデン)、トム・ウェイツ(レックス・ブロウ)、ブラッドリー・クーパー(ジョン・ピーターズ)、ベニー・サフディ(ジョエル・ワックス)、ほか

「恋は光」のネタバレあらすじ結末

恋は光の紹介:2022年日本映画。ウルトラジャンプで連載された、秋★枝(あきえだ)が描く原作コミックが映画化された本作。恋愛している女性が光って見えるという主人公の西条。恋愛に臆病だった彼が一目惚れした同じ大学生の東雲。本当の恋とは?を問いかける彼らの恋の行方に注目です。
監督:小林 啓一 出演:神尾楓珠(西条)、西野七瀬(北代)、平祐奈(東雲)、馬場ふみか(宿木)、伊東蒼、宮下咲、花岡咲、森日菜美、山田愛奈、田中壮太郎、ほか

「さよなら、ベルリン」のネタバレあらすじ結末

さよなら、ベルリン またはファビアンの選択についての紹介:2021年ドイツ映画。1931年のドイツ、ベルリン。ナチズムに向かって世界が大きく変わろうとする予感と、出口のない不況への不安の中で、作家を志してベルリンにやってきたファビアンは戸惑い立ち尽くす。そんな中、女優志望のコルネリアと知り合いたちまち恋に落ちる。しかし、ただ一人の親友ラブーデが破滅し、コルネリアはキャリアのためファビアンの元を離れてしまう…。原作はエーリヒ・ケストナーの『ファビアン あるモラリストの物語』。当時の狂躁と頽廃を刺激的にカリカチュアした映像や実写のコラージュ、スーパー8撮影のざらついた質感などを縦横無尽に駆使。ドイツのアカデミー賞と言えるドイツ映画賞では最多となる10部門にノミネートされ、主要3部門の受賞に輝いた注目作。
監督:ドミニク・グラフ 出演:トム・シリング(ヤーコプ・ファビアン)、アルブレヒト・シューフ(シュテファン・ラブーデ)、ザスキア・ローゼンダール(コルネリア・バッテンベルク)、ミヒャエル・ヴィッテンボルン(ラブーデ弁護士)、ペトラ・カルクチュケ(ヤーコプの母/ファビアン夫人)、エルマー・グートマン(ヤーコプの父/ファビアン氏)、アリョーシャ・シュターデルマン(マーカルト監督)、アンネ・ベネント(ルート・ライター男爵)、メレット・ベッカー(イレーネ・モル)ほか

「僕等がいた 後篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 後篇の紹介:2011年日本映画。高校時代に紆余曲折の末、惹かれ合い付き合う事ができた七美と矢野。しかし、離れ離れになってしまった2人、6年の時が過ぎてすっかり大人になった彼らは、再び出会うことができるのか。前編では語られなかった秘密が語られます。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、比嘉愛未(千見寺亜希子)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「僕等がいた 前篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 前篇の紹介:2011年日本映画。2002年に連載を開始し発行部数1000万部を越え、アニメ化にもなった人気コミックを原作に製作されました。生田斗真と吉高由里子の主演が注目され、特に当時24歳だった吉高由里子が女子高生役を卒なく演じたことも話題になりました。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「バッテリー」のネタバレあらすじ結末

バッテリーの紹介:2006年日本映画。あさのあつこの大ヒット小説を原作とする実写映画化。ピッチャーとして天才的な能力を持つ主人公の少年・巧が相棒の捕手・豪を得て、その才能を遺憾なく発揮していき、いくつかの困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都(原田巧)、山田健太(永倉豪)、鎗田晟裕(原田青波)、蓮佛美沙子(矢島繭)、天海祐希(原田真紀子)、岸谷五朗(原田広)、萩原聖人(戸村真)、上原美佐(小野薫子)、濱田マリ(永倉節子)、米谷真一(沢口文人)、太賀(東谷啓太)、菅原文太(井岡洋三)、ほか

「君が落とした青空」のネタバレあらすじ結末

君が落とした青空の紹介:2022年日本映画。櫻いいよが2010年に小説アプリ『野いちご』で発表し、「野いちご切ない小説ランキング」第1位を獲得した同名ケータイ小説を福本莉子と本作が映画初出演となるジャニーズJr.のアイドルグループ「Travis Japan」の松田元太のダブル主演で映画化した青春ラブストーリーです。主人公の女子高生の彼氏が突然の事故に遭い、女子高生はタイムリープを繰り返しながら彼を助けようとするのですが・・・。
監督:Yuki Saito 出演者:福本莉子(水野実結)、松田元太(篠原修弥)、板垣瑞生(本山佑人)、横田真悠(西村トモカ)、莉子(丸井佐喜子)、矢柴俊博(クラスの担任教師)、松本若菜(実結の母)ほか

「ハニーレモンソーダ」のネタバレあらすじ結末

ハニーレモンソーダの紹介:2021年日本映画。累計発行部数500万部を超える人気コミックを、SnowManのラウールを主演に実写化されました。地味で大人しい子だった羽花が、人気者の界と一緒にいることで恋をし、強く成長していく青春ラブストーリーとなっています。
監督:神徳幸治 出演:ラウール(三浦界)、吉川愛(石森羽花)、堀田真由(菅野芹奈)、坂東龍汰(瀬戸悟)、岡本夏美(遠藤あゆみ)、濱田龍臣(高嶺友哉)、ほか

「ランナウェイズ」のネタバレあらすじ結末

ランナウェイズの紹介:2010年アメリカ映画。1970年代後半に一大ブームを起こし、時のグループとなったガールズバンド『ザ・ランナウェイズ』の結成から解散までを、ボーカルのシェリーとギターのジョーンを中心に描いたサクセスストーリーです。原作は本人のシェリーとあって、『ザ・ランナウェイズ』の歴史を忠実に再現されています。配役も本人たちに良く似ていて、歌声もそっくりです。
監督:フローリア・シジスモンディ 出演:クリステン・スチュワート(ジョーン・ジェット)、ダコタ・ファニング(シェリー・カーリー)、マイケル・シャノン(キム・フォーリー)、ステラ・メイヴ(サンディ・ウェスト)、スカウト・テイラー=コンプトン(リタ・フォード)ほか

「乳酸菌飲料販売員の女」のネタバレあらすじ結末

乳酸菌飲料販売員の女の紹介:2017年日本映画。高校3年生の春樹と元喜は、胸をはだけ太ももをあらわに出し男たちを釘づけにして乳酸菌飲料を販売する女を見て、虜になります。二人は女を調べるため、彼女の家に忍び込んで覗き見をはじめますが、女は自分たちに見せる様に肌をさらけ出します。二人の初体験は成功するのでしょうか?という思春期のエロスを描いた青春ドラマです。
監督:熊谷祐紀 出演者:卯水咲流(岬)、長村航希(春樹)、吉原卓弥(元喜)、落丸紗矢(千里)ほか

「かそけきサンカヨウ」のネタバレあらすじ結末

かそけきサンカヨウの紹介:2021年日本映画。『ふがいない僕は空を見た』などの作家・窪美澄が2014年に発表した短編集『水やりはいつも深夜だけど』収録の一編を映画化したヒューマンドラマです。父親の再婚に戸惑う主人公の女子高生が「家族」のありかたについて悩みながら成長していく姿を描きます。
監督:今泉力哉 出演者:志田彩良(国木田陽)、井浦新(国木田直)、鈴鹿央士(清原陸)、中井友望(鈴木沙樹)、鎌田らい樹(有村みやこ)、遠藤雄斗(宮尾数人)、石川恋(劇中劇:レマ役)、鈴木咲(国木田ひなた)、芹澤興人(須田)、海沼未羽、古屋隆太、鷺坂陽菜、和宥、辻凪子、佐藤凛月、梅沢昌代(清原絹枝)、菊池亜希子(国木田美子)、西田尚美(清原夏紀)、石田ひかり(三島佐千代)ほか

「うみべの女の子」のネタバレあらすじ結末

うみべの女の子の紹介:2021年日本映画。浅野いにお原作の同名青年漫画を実写映画化した青春ラブストーリーです。夏になっても賑わうことのない田舎の海辺の町を舞台に、思春期を迎えた少女と少年の恋愛とセックスを描きあげていきます。
監督:ウエダアツシ 出演者:石川瑠華(佐藤小梅)、青木柚(磯辺恵介)、前田旺志郎(鹿島翔太)、中田青渚(小林桂子)、倉悠貴(三崎修平)、宮﨑優(白瀬香菜惠)、髙橋里恩(湯ノ原明)、平井亜門(大津克俊)、円井わん(鈴木摩理)、西洋亮(土井洋文)、高崎かなみ(うみべの女の子)、村上淳(磯辺の父)ほか

「太陽の子」のネタバレあらすじ結末

映画 太陽の子の紹介:2021年日本, アメリカ映画。太平洋戦争末期を舞台に、極秘裏に日本の原爆開発に携わった若き科学者たちが時代に翻弄されていく姿を描いた青春群像劇として2020年にテレビ放送されたドラマ『太陽の子』。本作はドラマ版の作・演出を手掛けた黒崎博がメガホンを執り、テレビドラマ版とは異なる視点と結末を加えた劇場版として広島原爆投下から76年目の2021年8月6日に劇場公開されました。
監督:黒崎博 出演者:柳楽優弥(石村修)、有村架純(朝倉世津)、三浦春馬(石村裕之)、イッセー尾形(澤村)、山本晋也(朝倉清三)、ピーター・ストーメア(アルベルト・アインシュタインの声)、三浦誠己(木戸貴一)、宇野祥平(岡野真三)、尾上寛之(清田薫)、渡辺大知(花岡喜一)、葉山奨之(堀田茂太郎)、奥野瑛太(村井正史)、土居志央梨(澤村はな)、國村隼(荒勝文策)、田中裕子(石村フミ)ほか

「GAGARINE/ガガーリン」のネタバレあらすじ結末

GAGARINE/ガガーリンの紹介:2020年フランス映画。パリの郊外に実在するガガーリン団地に母を待つ主人公ユーリが、団地の取り壊しに反対し滞在し続ける様を描いた作品。本作がスクリーンデビューとなるアルセニ・バティリが、デビューとは思えない質の高い演技を披露しています。
監督:ファニー・リアタール&ジェレミー・トルイユ 出演:アルセニ・バティリ(ユーリ)、リナ・クードリ(ディアナ)、ジャミル・マクレイヴン(フサーム)、ドニ・ラヴァン(ジェラルド)、フィネガン・オールドフィールド(ダリ)、ほか

1 2 3 4 5 36

キーワードから探す

TOP↑