青春映画のあらすじ

青春映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで青春映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ウィーアーリトルゾンビーズ」のネタバレあらすじ結末

WE ARE LITTLE ZOMBIES ウィーアーリトルゾンビーズの紹介:2018年日本映画。日本人で初めてサンダンス映画祭短編部門でグランプリを獲得した長久允監督の長編デビュー作になります。両親を失ったにも関わらず全く泣けなかった4人の少年少女がバンドを結成し、音楽を通じて失った心を取り戻していく話です。
監督:長久允 出演:二宮慶多(ヒカリ)、水野哲志(イシ)、奥村門土(タケムラ)、中島セナ(イクコ)、佐々木蔵之介(高見弦)、工藤夕貴(大田理恵)、池松壮亮(望月悟)、初音映莉子(江口栗子)、村上淳(竹村倫太郎)、西田尚美(竹村南)、佐野史郎(加茂慶一郎)、菊地凛子(伊武侑子)、永瀬正敏(伊武春彦)、ほか

「スケート・キッチン」のネタバレあらすじ結末

スケート・キッチンの紹介:2018年アメリカ映画。実在するガールズスケボーチーム「スケート・キッチン」のメンバーが主演、ウィル・スミスの息子であるジェイデン・スミスが共演した青春ドラマです。ニューヨーク郊外を舞台に、スケーターとして生きる女の子たちの日常や恋愛、等身大の悩みなどを描き上げていきます。
監督:クリスタル・モーゼル 出演者:レイチェル・ヴィンベルク(カミーユ)、ジェイデン・スミス(デヴォン)、アーディーリア・ラブレス(ジャネイ)、カブリーナ・アダムズ(ルビー)、ニーナ・モラン(カート)、ジュールス・ロレンゾ(エリザ)、アジャニ・ラッセル(インディゴ)、ブレン・ロレンゾ(クイン)、エリザベス・ロドリゲス(レナータ)ほか

「シークレット・スーパースター」のネタバレあらすじ結末

シークレット・スーパースターの紹介:2017年インド映画。厳格な父親に歌うことを禁じられた14歳の少女が顔を隠して歌った動画がネットを通じて世間に広まっていくという話です。世界中の人たちを涙や笑いで包みこみ、苦難を乗り越えていく逞しさや、夢と希望を描くサクセスストーリーです。インド映画界のスーパースター、アーミル・カーンが製作と主演、アーミル・カーンの元マネージャーのアドベイト・チャンダンが監督を務めた作品。
監督:アドヴェイト・チャンダン 出演:ザイラー・ワシーム(インシア)、メヘル・ヴィジュ(母親)、アーミル・カーン(シャクティ・クマール)、ラージ・アルジュン、ティルト・シャルマ、カビール・サジード、ファルーク・ジャファル、ほか

「世界は今日から君のもの」のネタバレあらすじ結末

世界は今日から君のものの紹介:2016年日本映画。門脇麦がオタク女子を演じた作品。高校の頃から、5年間引きこもっていた主人公の小沼真実。好きなマンガやイラストを正確に模写し、毎日過ごしてきました。ある時ゲームのバグ出しの仕事を始めた真実は、ひょんなことからゲームのイラストに手を加え、それをきっかけに特技である絵を描く才能が認めらるようになります。しかし思い通りに事は進まず…。
監督:尾崎将也 出演:門脇麦(真実)、三浦貴大(矢部遼太郎)、比留川游(安藤恵利香)、マキタスポーツ(英輔)、YOU(美佳)、ほか

「死にたすぎるハダカ」のネタバレあらすじ結末

死にたすぎるハダカの紹介:2012年日本映画。いつも死にたいと思っているものの、怖くて死ねない高校生ミチルはいつも不良グループにいじめられていた。ソノミチルを助けたのはセーラー服を着たデリヘル嬢のさやかでした。さやかも母から虐待を受け、学校ではいじめを受けた過去を持っていました。やがて二人は一緒に自殺ごっこをしたりして遊ぶようになりました…という内容の2012年ファンタジア国際映画祭で上映されたアベラヒデノブ監督のデビュー作です。
監督:アベラヒデノブ 出演者:アベラヒデノブ(ミチル)、今中菜津美(さやか)、井口由美子、アベジュンイチ、板倉修平、森智之、下元佳好、ほか

「太陽の季節」のネタバレあらすじ結末

太陽の季節の紹介:1956年日本映画。ボクシングをしながら、酒と女で遊ぶ高校生の竜哉は、銀座でナンパした英子に惚れ、関係を持ちました。冷たい感じだった英子が竜哉に気持ちが行き出すと、竜哉は反対に英子を避けるようになりました…という内容の、芥川賞を受賞した石原慎太郎の同名小説の映画化作品です。石原裕次郎のデビュー作として有名ですが、わき役として出ているくらいです。
監督:古川卓巳 出演者:長門裕之(津川竜哉)、三島耕(兄・道久)、南田洋子(武田英子)、佐野朝夫(江田)、岡田眞澄(バンド・マスター)、石原裕次郎(伊豆)ほか

「惡の華」のネタバレあらすじ結末

惡の華の紹介:2019年日本映画。押見修造の同名漫画を原作とし、過去にテレビアニメ化された作品を実写映画化した作品です。キャッチフレーズは「絶望の青春を突き進む、超<変態>狂騒劇の幕が上がる!」。一人の少年が出来心から取った行動を発端とする彼と彼を取り巻く女性たちとの関係を描いていきます。
監督:井口昇 出演者:伊藤健太郎(春日高男)、玉城ティナ(仲村佐和)、飯豊まりえ(常磐文)、秋田汐梨(佐伯奈々子)、坂井真紀、鶴見辰吾、高橋和也、ほか

「蜜蜂と遠雷」のネタバレあらすじ結末

蜜蜂と遠雷(みつばちとえんらい)の紹介:2019年日本映画。原作は、2017年に直木賞と本屋大賞W受賞という快挙を成し遂げた恩田陸の同名小説。映像化不可能といわれた508ページの大作を、『愚行録』で知られる石川慶監督が2時間の脚本にまとめ、まるで聴衆として国際ピアノコンクールを聞きにきているかのような緊張感のある映画に仕立て上げた。主演は、『勝手にふるえてろ』や『万引き家族』などでその演技力を高く評価されている松岡茉優。かつて天才少女と呼ばれたピアニストの復活を、セリフの少ない表情のみで表現するその演技は一見の価値あり。
監督:石川慶 出演:松岡茉優(栄伝亜夜)、松坂桃李(高島明石)、森崎ウィン(マサル・カルロス・レヴィ・アナトール)、鈴鹿央士(風間塵)、臼田あさ美(高島満智子)、ブルゾンちえみ(仁科雅美)、福島リラ(ジェニファ・チャン)、眞島秀和(ピアノ修理職人の男)、片桐はいり(コンクール会場のクローク係)、光石研(菱沼忠明)、平田満(田久保寛)、アンジェイ・ヒラ(ナサニエル・シルヴァーバーグ)、斉藤由貴(嵯峨三枝子)、鹿賀丈史(小野寺昌幸)、ほか

「Girl/ガール」のネタバレあらすじ結末

Girl/ガールの紹介:2018年ベルギー映画。実在するバレリーナ、ノラ・モンスクールをモデルにしたヒューマンドラマ。トランスジェンダーの女性が苦難にまみれながらバレリーナを目指していくという話です。本作はカンヌ国際映画祭で最優秀演技賞等のさまざまな賞を受賞した作品です。
監督:ルーカス・ドン 出演:ヴィクトール・ポルスター(ララ)、アリエ・ワルトアルテ(マティアス)、オリヴィエ・ボダール(ミロ)、タイメン・ホーファーツ(ルイス)、カテライネ・ダーメン(ナート先生)、ヴァレンタイン・ダーネンス(パスカル先生)、マガリ・エラリ(クリスティーヌ)、アリス・ドゥ・ブロックヴィール(ロイス)、アラン・オノレ(アラン)、アンジェロ・タイセンス(ヘンドリックス)、マリー=ルイーズ・ヴィルデライクス(マリー・ルイーズ)、ヴィルジニア・ヘンドリクセン(アランの助手)、ほか

「チアーズ3」のネタバレあらすじ結末

チアーズ3の紹介:2006年アメリカ映画。成績優秀でチアのキャプテンを務めるブリトニーは、女子の憧れの存在です。しかし、父親の仕事の都合で引っ越すことになってしまいます。黒人ばかりの新しい学校の中、チアに奮闘する様子を描いた作品です。
監督:スティーヴ・ラッシュ 出演:ヘイデン・パネッティーア(ブリトニー)、ソランジュ・ノウルズ・スミス(カミール)、ジェイク・マクドーマン(ブラッド)、エメ・リラン(ウィニー)、ガス・カー(ジェシー)、ほか

「宮本から君へ」のネタバレあらすじ結末

宮本から君への紹介:2019年日本映画。人一倍正義感が強いが愚直で暑苦しい営業マン・宮本が自立した女と恋に落ちるが、二人を試練が待ち受けていた。1990年に連載開始した原作漫画の作者・新井英樹も宮本の父の役で出演。『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也が、全12話のテレビドラマ「宮本から君へ」に続いて監督を務めた。主演の池松壮亮にとって22歳で原作に出会って以来強い思い入れのある企画。マンション8階の外に張り出した非常階段で撮影された生々しい決闘シーンは必見。
監督:真利子哲也 出演者:池松壮亮(宮本浩)、蒼井優(中野靖子)、井浦新(風間裕二)、一ノ瀬ワタル(馬淵拓馬)、古舘寛治(岡崎部長)、ピエール瀧(馬淵敬三)、佐藤二朗(大野平八郎)、松山ケンイチ(神保和男)ほか

「エイスグレード 世界でいちばんクールな私へ」のネタバレあらすじ結末

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私への紹介:2018年アメリカ映画。エイス・グレード=8年生。日本に置き換えれば中学2年生。人生の岐路にして最もめんどくさいこの時期を生きている主人公ケイラ。特別に嫌われている訳ではなく、かといって人気者という訳でもない。太っていてニキビがあってノリは決して良くない。なんとなくクラスメイトたちから見下されていて、誰とも特別に仲良くならない、そんな存在だった。不器用な自分を変えようと動画投稿やSNSなどを使って必死にクラスメイト達とつながろうとするもののうまくいかない。人気者のケネディには冷たいし、父親はおせっかいでウザいし、恋するエイデンに近づく方法も分からない。これから待ち受ける高校生活も不安いっぱい。そんなケイラが自分を変えようと少しずつ踏み出していく。SNSと共に生きる子供たちの恋愛、友人や家族関係、成長をリアルに描き、全米で社会現象を巻き起こした。オバマ前大統領が2018年のベスト映画に選出、主人公ケイラが最多新人女優賞を隠したこと大きな話題となった。
監督:ボー・バーナム 出演:エルシー・フィッチャー(ケイラ)、ジョシュ・ハミルトン(マーク/ケイラの父)、エミリー・ロビンソン(オリヴィア)、ジェイク・ライアン(ゲイブ)、ルーク・プラエル(エイデン)、ダニエル・ゾルガードリ(ライリー)、フレッド・ヘッキンジャー(トレヴァー)ほか

「バッド・チューニング」のネタバレあらすじ結末

バッド・チューニング(別題:新アメリカン・グラフィティ/クールで行こう)の紹介:1993年アメリカ映画。バッド・チューニングの紹介:夏休み最初の夜を満喫しようとする高校生たち。そこには大人たちの縛りがあり、自分らしく生きることを、お酒やドラッグに囲まれながらそれぞれが語り合う、豪華俳優人が揃った青春映画です。
監督:リチャード・リンクレイター 出演:ジェイソン・ロンドン(ピンク)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(ミシェル)、ベン・アフレック(オバニオン)、ワイリー・ウィギンズ(ミッチ)、マシュー・マコノヒー(ウッダーソン)、サッシャ・ジェンソン(ドン)、ショーン・アンドリュース(ピックフォード)ほか

「僕たちは希望という名の列車に乗った」のネタバレあらすじ結末

僕たちは希望という名の列車に乗ったの紹介:2018年ドイツ映画。1956年、ベルリンの壁の建設の5年前に旧東ドイツで起こった実話を、元教員ディートリッヒ・ガルスカの手記『沈黙する教室』を基に『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』のラース・クラウメ監督が映画化したヒューマンドラマです。東ドイツのごく普通の高校生たちが取った“たった2分間の黙祷”が国家から問題視され、高校生たちは友情をとるのか、密告してエリートへの道を進むのか選択を迫られることになります。
監督:ラース・クラウメ 出演者:レオナルド・シャイヒャー(テオ・レムケ)、トム・グラメンツ(クルト・ヴェヒター)、レナ・クレンク(レナ)、ヨナス・ダスラー(エリック・バビンスキー)、イザイア・ミカルスキ(パウル)、ロナルト・ツェアフェルト(ヘルマン・レムケ)、ブルクハルト・クラウスナー(ランゲ国民教育大臣)ほか

「青い体験」のネタバレあらすじ結末

青い体験の紹介:1973年イタリア映画。母が亡くなり、葬儀が終わって家に帰ると、若い美人の家政婦がいました。母が亡くなる前に契約した家政婦で、次男のニーノは夢中になりますが、ニーノ同様、父と兄も夢中になり、親子3人による家政婦争奪戦が始まりました…という内容の、思春期の少年の性への憧れと初体験を題材にした大ヒット映画です。
監督:サルバトーレ・サンペリ 出演者:ラウラ・アントネッリ(アンジェラ)、テューリ・フェッロ(イグナツィオ)、アレッサンドロ・モモ(ニ-ノ)、ティナ・オーモン(ルチアナ)、ジャンルイージ・キリッツィ(アントニオ)ほか

1 2 3 4 5 28

キーワードから探す

TOP↑