ホラー映画のあらすじ

ホラー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までホラー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「肉の蝋人形(1933年)」のネタバレあらすじ結末

肉の蝋人形の紹介:1933年アメリカ映画。遺体安置所から死体が消えた。事件を追う女性記者は新しくオープンした蝋人形館に目をつけるが、彼女のルームメイト(『キングコング』のフェイ・レイ。本作品でも悲鳴を上げます)に危険が迫る。大手撮影所で作られた最後の二色テクニカラー作品(1935年に三色テクニカラーによる最初の長篇映画が製作され、『白雪姫』、『オズの魔法使』等の名作を生みだし、イーストマンカラーの普及までカラー撮影の主流になる)。1953年にアンドレ・ド・トス監督・ヴィンセント・プライス主演の3D映画としてリメイクされる。
監督:マイケル・カーティス 出演者:ライオネル・アトウィル(イワン・イゴール)、フェイ・レイ(シャーロット・ダンカン)、グレンダ・ファレル(フローレンス・デンプシー)、フランク・マクヒュー(ジム)、アレン・ヴィンセント(ラルフ・バートン)、ギャヴィン・ゴードン(ジョージ・ウィントン)、エドウィン・マクスウェル(ジョー・ワース)ほか

「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「クワイエット・プレイス 破られた沈黙」のネタバレあらすじ結末

クワイエット・プレイス 破られた沈黙の紹介:2020年アメリカ映画。音を立てたら、超即死――。2018年に公開され、大反響を呼んだ新体感サバイバルホラー『クワイエット・プレイス』の続編です。些細な音に反応して人間を襲う怪物に夫を殺された主人公が、3人の子供たちと逃避行を続けながら怪物以外の脅威にも見舞われる様を描きます。
監督:ジョン・クラシンスキー 出演者:エミリー・ブラント(イヴリン・アボット)、ミリセント・シモンズ(リーガン・アボット)、ノア・ジュープ(マーカス・アボット)、キリアン・マーフィー(エメット)、ジャイモン・フンスー(島の長)、ディーン・ウッドワード(ボー・アボット)、スクート・マクネイリー(桟橋の男)、アリス・ソフィー・マリコワ(少女)、オキエリエテ・オナオドワン(警察官)、ウェイン・デュヴァル(ロジャー)、ジョン・クラシンスキー(リー・アボット)ほか

「ミュータント・ハンド」のネタバレあらすじ結末

ミュータント・ハンドの紹介:1991年アメリカ映画。新薬によって作り出された奇怪な腕の恐怖を描くSF作品。科学者ハリソンは、父の研究を継いで万能薬「プラスミド」を作ろうとしていた。ある日、やっと完成したプラスミドは母ヘレナとその恋人ヴォーン博士に奪われそうになる。2人はプラスミドを金儲けに利用しようとしていた。諍いを起こしたハリソンはその騒ぎで右腕を切断してしまう。ヘレナ達から逃げたハリソンはプラスミドを自分自身に投与。すると切断された右腕が蘇生した。喜ぶハリソンだったが、腕は体を離れて次々と惨劇を引き起こしてしまう。
監督:デイモン・サントステファーノ 出演者:ビリー・モリセット(ハリソン・ハリソン)、エルケ・ソマー(ヘレナ・ハリソン)、オリヴァー・リード(ヴォーン博士)、ギャレット・モリス(ストライプス)、ロジャー・ペルコヴィチ(ローレンス)ほか

「アサイラム・バスターズ」のネタバレあらすじ結末

アサイラム・バスターズの紹介:2015年ノルウェー映画。取り壊される予定の廃病院を調査に行ったリーヴェら5人は、地図になかった地下病棟があるのを知ります。5人が地下病棟に入ったことで、地下に住む何者かに順番に殺されていくという内容の、ノルウェー発のサバイバルホラー映画です。
監督:ポール・オイエ 出演者:エレン・ドリト・ピーターセン(リーヴェ)、アンドレス・バースモ・クリスティアン(オーレ)、センマッツ・ショーグルド・ペターソン(エヴァン)、エヴァ・マジャルボード・オーヴェ(カール)、レナーテ・ラインスヴェ(シュンネ)ほか

「RUN/ラン」のネタバレあらすじ結末

RUN/ランの紹介:2020年アメリカ映画。生まれつき病弱な17歳のクロエは車椅子生活を余儀なくされていたが、常に前向きで大学に進学する予定で希望に満ち溢れていた。そんなある日、クロエは自分の体調や食事の管理を完璧なまでにしてくれる母ダイアンに不信感を抱き始める。ダイアンが新しい薬と称して差し出した緑色のカプセルを、クロエは懸命な調査によって犬用の薬だと突き止める。なぜ最愛の娘に嘘をついて、危険な薬を飲ませるのか。そこにはダイアンが長年ひた隠しにしてきた世にも恐ろしい秘密があった。
監督:アニーシュ・チャガンティ  出演:サラ・ポールソン(ダイアン・シャーマン)、キーラ・アレン(クロエ・シャーマン)、パット・ヒーリー(郵便配達人トム)、サラ・ソーン(看護師)ほか

「ゴーストマスター」のネタバレあらすじ結末

ゴーストマスターの紹介:2019年日本映画。TSUTAYA主催の映像企画発掘コンペ「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM FILM 2016」で準グランプリを受賞したヤング・ポール監督の長編デビュー作となるホラーコメディです。とある青春恋愛映画の撮影現場を舞台に、主人公の冴えない助監督が書き溜めていた脚本に悪霊が憑りついたことによって巻き起こる地獄絵図を描きます。
監督:ヤング・ポール 出演者:三浦貴大(黒沢明)、成海璃子(渡良瀬真菜)、板垣瑞生(桜庭勇也)、永尾まりや(牧村百瀬)、原嶋元久(石田謙信)、寺中寿之(室井凡太)、篠原信一(鈴木敦)、川瀬陽太(土田太志)、柴本幸(白石景子)、森下能幸(松尾正平)、手塚とおる(柴田彰久)、麿赤兒(轟哲彦)ほか

「ヘブン・イン・ザ・ヘル」のネタバレあらすじ結末

ヘブン・イン・ザ・ヘルの紹介:2017年イギリス映画。結婚式のため妹や友人たちと婚約者の実家に向かうメリッサは、ガソリンスタドで親切にしてやった青年に付きまとわれます。しかしこれは惨劇の序曲に過ぎなかったのです…という内容の、田舎の一軒家に立ち寄ったことで異常者に次々殺されていくという80年代のスラッシャー映画を彷彿させるようなホラー映画です。
監督:ダン・アレン 出演者:ケイト・リスター(メリッサ)、ルーシー・ジェーン・クインラン(リサ)、ベッキー・フレッチャー(ジーナ)、ロニーナ・アンドレア(タリア)、ほか

「京城学校:消えた少女たち」のネタバレあらすじ結末

京城学校:消えた少女たちの紹介:2015年韓国映画。日本統治下の韓国、森の中にある女学校で日本軍の命令で行われた人体実験にまつわるミステリー映画です。韓国映画ながら、先生も生徒も日本人名を持ち、韓国語と日本語でしゃべるという問題作です。
監督:イ・ヘヨン 出演者:パク・ボヨン(静子)、オム・ジウォン(加藤校長)、パク・ソダム(和恵)、コン・イェジ(優花)ほか

「THAT/ザット ジ・エンド」のネタバレあらすじ結末

THAT/ザット ジ・エンドの紹介:2019年アメリカ映画。25年前、ヒドゥン・デザートの町にやってきたサーカス団が皆殺しにされ、町は人がいなくなっていた。その町に、音楽フェスティバルに向かう途中のオースティンらの若者男女が立ち寄ります。そして古いサーカス村を見つけてお楽しみ小屋へ入ってしまった為、唯一の生き残りのピエロに襲われるという内容の、80年代テイストたっぷりのアメリカンホラーです。『IT/イット』を意識したパッケージですが、全く内容も展開もジャンルも違う別物です。
監督:エリック・フォースバーグ 出演者:アダム・エルシャー(オースティン)、ミカヴリー・アマイア(サラ)、オーブリー・ギブズ(サリー)、デイヴ・クレック(ピエロ)、サム・ラザロー(ゴーディ)、カミーユ・ワームサー(ジリアン)、テイラーワトソンスーペル(デイヴィ)ほか

「野良人間 獣に育てられた子どもたち」のネタバレあらすじ結末

野良人間 獣に育てられた子どもたちの紹介:2018年メキシコ映画。メキシコに伝わる禁断の実話をモチーフに、獣のように野生化した子供たちの姿をドキュメンタリータッチで描いたホラー映画です。1987年にメキシコの山奥にある小屋が全焼する事件が発生、焼け跡からは1本のビデオテープが発見されました。2017年、テレビ番組のクルーは事件を再検証すべく、入手した映像の検証を始めたのですが…。
監督:アンドレス・カイザー 出演者:エクトル・イリャネス(フアン・フェリペ・デ・ヘスス・ゴンザレス)、ファリド・エスカランテ(クリストバル)、カリ・ロム(アントニア)、ガストン・メロ(ドン・アルヌフロ)、エモエ・デ・ラ・パラ(プシコロガ)、ヒルデベルト・マヤ(エンリケ・アルバレス)、アドリアーナ・ブルゴス(ジョセフィーナ)ほか

「サイエンティスト 禁断の実験」のネタバレあらすじ結末

サイエンティスト 禁断の実験の紹介:2020年アメリカ映画。美容薬品を開発する研究所に勤めるスティーブは、最愛の妻が難病により余命を宣告されます。妻を失いたくないスティーブは独自に死体を蘇らせる薬を作り出します。マウスで実験し成功したスティーブは、人体実験をするため夜の街に検体を求めて繰り出します。死体を生き返らせる薬を開発した男の欲望を描いた作品でシリアスに進む展開の中、後半はゾンビ映画化します。
監督:デリック・グラナド 出演者:ロブ・ハズペス(スティーブ)、クリスティン・キース(ダーレン)、アディソン・マクギャリー(リリー)、シャノン・デネイ(ベティ)、デビッド・ディットマイヤー(ロバート)ほか

「闇はささやく」のネタバレあらすじ結末

闇はささやくの紹介:2021年アメリカ映画。夫のジョージの就職により、マンハッタンの都会からハドソンバレーの田舎に引っ越すことになったキャサリン。そこで購入した家は歴史が古く、度々怪奇現象が起こります。キャサリンと娘のフラニーは恐怖を感じていましたが、ジョージは気にしすぎだと感心を示しません。やがて、その家で何が起こったのか明らかになり、事件が発生します。『レ・ミゼラブル』でコゼット役を演じたアマンダ・セイフライドがキャサリンを演じ、『ベター・コール・ソール』シリーズのレイ・シーホン、『ホームランド』シリーズのF・マーリー・エイブラハム、『ストレンジャー・シングス』のナタリア・ダイアーなど豪華俳優陣を揃えた、心理スリラーホラー映画です。
監督: シャリ・スプリンガー・バーマン、ロバート・プルチーニ
出演: アマンダ・セイフライド(キャサリン)、ジェームズ・ノートン(ジョージ)、レイ・シーホン(ジャスティン)、F・マーリー・エイブラハム(フロイド)、ナタリア・ダイアー(ウィリス)、ほか

「バンク・オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

バンク・オブ・ザ・デッドの紹介:2007年アメリカ映画。銀行強盗犯が怪物の群れと戦うアクション&ホラー。黒人ギャングのスキーは、仲間と共に銀行強盗を企てていた。ギャングのボスであるハッスルに武器の調達を頼んだが、保険としてジャクソンという手練の男を付けられてしまう。分け前が減ること、更に計画の主導権を奪われたことにスキーは猛反発し、仲間を連れて勝手に銀行強盗に入った。しかし犯行は上手くいかず、保安官に囲まれたスキー達は銀行に籠城する羽目になってしまう。夜になり、周辺に保安官達の悲鳴が響いた。彼らは人間の形をした未知の怪物に襲われていた。大挙して現れた怪物の群れに、ジャクソン達は生き残りを賭けて武器を構える。
監督:ボ・ウェッブ 出演者:ブランドン・ハーディン(スキー)、DJ・ネイラー(ジャクソン)、ドミニク・サンタナ(マルコム)、ビッグ・ダディ・ケイン(ハンター)、E-40(ハッスル)ほか

「ウィッチサマー」のネタバレあらすじ結末

ウィッチサマーの紹介:2020年アメリカ映画。両親が離婚してしまったため、父親側で暮らすことになってしまった17歳の少年ベン。隣に住む少年が妙に母親におびえている事を知ったベンは、隣人夫婦の監視を始めます。やがて少年の母親の様子がおかしい事にベンは気づきますが、少年は行方不明になってしまい…。森に潜む魔女が子供たちを狙うというホラー作品。
監督:ブレット・ピアース、ドルー・T・ピアース 出演:ジョン・ポール・ハワード(ベン)、パイパー・クールダ(マロリー)、ツァラー・マーラー、ケヴィン・ビグリー、ジェイミソン・ジョーンズ(リアム)、アジー・テスファイ(サラ)、ほか

1 2 3 4 5 95

キーワードから探す

TOP↑