ホラー映画のあらすじ

ホラー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までホラー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「もう終わりにしよう。」のネタバレあらすじ結末

もう終わりにしよう。の紹介:2020年アメリカ映画。ルーシーはジェイクと付き合っていますが、ルーシーはこの関係をもう終わりにしたい様子。そんな心理的な状況の中、ジェイクの両親に会いに向かいます。その両親の家で次々と不思議なことが起こり、ルーシーは頭を混乱させます。『エターナル・サンシャイン』の監督、チャーリー・カウフマンが久々にメガホンを取り、独特な世界観を現した心理ホラー映画。『ブレイキング・バッド』でトッド役を務めたジェシー・プレモンス、『リトル・ミス・サンシャイン』でシェリル役を務めたトニ・コレット、ハリーポッターシリーズでリーマス・ルーピン役を務めたデヴィット・シューリスの豪華俳優人がそろった話題作です。
監督:チャーリー・カウフマン 出演:ジェシー・バックリー(ルーシー)、ジェシー・プレモンス(ジェイク)、デヴィット・シューリス(ジェイクの父)、トニ・コレット(ジェイクの母)、ほか

「東京トワイライト」のネタバレあらすじ結末

東京トワイライトの紹介:2013年日本映画。東京を舞台に、怪奇現象、不思議現象のショートストーリーを4話集めたオムニバス映画です。『二〇二の女』『弾痕』『油男』『最後の一杯』の4話を、ストーリーテラーの八代みなせが、途中で話をつなげていきます。
監督:中野貴雄 出演者:八代みなせ(ストーリーテラー )、夏目鈴(202号室の女)、増田裕生(哲夫)、津田英佑(金城)、成田梨紗(佐和子)ほか

「ホーンテッド・ハウス 不貞の館」のネタバレあらすじ結末

ホーンテッド・ハウス 不貞の館の紹介:2015年イギリス映画。幽霊屋敷と噂される家に、便利屋として入ってきたフランクが、美人妻のマリアンヌと不倫関係になると同時に家の中に幽霊が見え始め…という内容のオカルトホラー映画です。過去に使用人と不倫をした妻と使用人が殺され、死体が隠されていたことで、幽霊となって出てくるストーリーですが、ホラーというよりサスペンススリラー色の強い作品です。
監督:アンドリュー・ジョーンズ 出演:リー・ベイン(フランク)、スージー・フランシズ・ガートンマリアンヌ)、トム・ボニントン(ライオネル)、サラ・ルイーズ・タイラー(墓地の女)、ほか

「高速ばぁば」のネタバレあらすじ結末

高速ばぁばの紹介:2012年日本映画。マイナーアイドルグループの『ジャージガール』の3人が、廃墟の老人ホームで心霊体験を撮影中に、老婆の霊に襲われ、順番に乗り移られて殺されていくという内容の和製ホラー映画です。2013年に企画されたホラー三部作『カルト』、『高速ばぁば』、『トーク・トゥ・ザ・デッド』の中の1本で、都市伝説『ターボばあちゃん』をモデルにしています。
監督:内藤瑛亮 出演者:未来穂香(アヤネ)、北山詩織(ナナミ)、後藤郁(マユコ)、岡田義徳(榎本信也)、中村愛美(望月千里)ほか

「オフィスキラー」のネタバレあらすじ結末

オフィスキラーの紹介:1997年アメリカ映画。地味で真面目な女性がオフィス内で次々と殺人を犯し、死体をコレクションしていくサスペンス&ホラー。出版社に勤めるドリーンは、ある夜残業中に上司の死のきっかけを作ってしまった。これまで抑圧されて生きてきたドリーンは突然狂気に目覚め、死体を自宅に持ち帰り遊び相手にしてしまう。彼女は会社の人間を次々に襲っては自宅に持ち帰り、恐ろしい死体のコレクションを作っていくのだった。セルフ・ポートレイトで有名な写真家シンディ・シャーマンの初監督作品。
監督:シンディ・シャーマン 出演者:キャロル・ケイン(ドリーン)、モリー・リングウォルド(キム)、ジーン・トリプルホーン(ノラ)、バルバラ・スコヴァ(バージニア)、マイケル・インペリオリ(ゲイリー)ほか

「カウントダウン」のネタバレあらすじ結末

カウントダウンの紹介:2019年アメリカ映画。スマホにダウンロードしたユーザーに余命宣告をするカウントダウンというアプリ。看護師のクインはこのアプリに潜む悪魔に襲われ、妹のジョーダンとともに悪魔と対決します。『カウントダウン』は、悪魔のアプリとその恐怖に怯える女性との対決を描いたホラー映画です。
監督:ジャスティン・デック 出演:エリザベス・ライル(クイン)ジョーダン・キャロウェイ(マット)タリサ・ベイトマン(ジョーダン)ピーター・ファシネリ(サリヴァン)、ほか

「ファナティック ハリウッドの狂愛者」のネタバレあらすじ結末

ファナティック ハリウッドの狂愛者の紹介:2019年アメリカ映画。大道芸人のムースは観光客の集まるハリウッドでパフォーマンスをしますが、人気は上がりません。彼には憧れのスター、ハンター・ダンバーがいます。しかしムースはサイン会でハンターにバカにされます。怒ったムースはハンターに復讐を開始します。『ファナティック ハリウッドの狂愛者』はジョン・トラボルタがファナティックな(狂信的な)ストーカーを演じるスリラー映画です。
監督:フレッド・ダースト 出演:ジョン・トラヴォルタ(ムース)、デヴォン・サワ(ハンター・ダンバー)、アナ・ゴーリャ(リア)、ジェイコブ・グロドニック、ジェームズ・パクストン、ほか

「グッド・シリアルキラー」のネタバレあらすじ結末

グッド・シリアルキラーの紹介:2018年アメリカ映画。あなたの“毒親”殺します――。高校でソーシャルワーカーとして働く主人公は良き夫であり良き父親。しかし、過去にトラウマを持つ主人公は子供を傷つける親に怒りを募らせ…。『スプリット』『バージ』『ハッピー・デス・デイ』などを手掛けた「ブラムハウス・プロダクションズ」が贈る予測不能のサプライズ・スリラーです。
監督:ヘンリー・ジェイコブソン 出演者:ショーン・ウィリアム・スコット(エヴァン・コール)、マリエラ・ガリガ(ローレン・コール)、デイル・ディッキー(マリー・コール)、カッサンドラ・バラード(若き日のケリー・コール)、クリスティー・ハーリング(ケリー)、レイモンド・アレクサンダー・チャム・Jr(クリス)、ニック・ボレイン(ロー)、ショーン・H・スカリー(レイ)、ケヴィン・キャロル(オーバーストリート刑事)ほか

「ホラー・シネマ・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

ホラー・シネマ・パラダイスの紹介:2010年アメリカ映画。劇場を経営する父から、大女優になるんだと言われた幼いデボラは、26年後、父が死に図書館で働きながら、夜だけ劇場でホラー映画を上映していました。ある日、劇場を売ると言ってきた母をはずみで殺してしまい、その監視カメラ映像を間違って劇場で流してしまいます。しかしこの映像が観客にうけ人気が出たことから、本当の殺人映画を撮ることになりますが…という内容のスプラッターホラー映画です。今までありそうでなかったストーリーと、残虐描写が受けたヒット作です。
監督:ジョシュア・グランネル 出演者:ナターシャ・リオン(デボラア)、トーマス・デッカー(スティーブン)、カサンドラ・ピーターソン(リンダ)、ミンク・ストール(エヴァリン)、ジャック・ドナー(トウィグス)ほか

「事故物件 恐い間取り」のネタバレあらすじ結末

事故物件 恐い間取りの紹介:2020年日本映画。事故物件住みます芸人こと松原タニシ自らの体験談をもとにエピソードを作成したオリジナルストーリー。ある日、山野ヤマメは仕事でいわくつき物件に住むことになり、そこで数々の霊障とおぼしき体験に遭遇する。先代から潜む霊、不気味な音声…そして、共通して目にするのが赤い服の女の霊。これらの正体は一体何か。監督には「リング」「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」でおなじみの中田秀夫、「こどもつかい」の脚本家ブラジリィー・アン・山田らを迎え、迫力のサウンドで展開する珠玉のホラー映画。
監督:中田秀夫 出演:亀梨和也(山野ヤマメ)、奈緒(小坂梓)、瀬戸康史(中井大佐)、江口のりこ(横水純子)、MEGUMI(カオリ)、真魚(下中裕美)、瀧川英次(熊谷)、木下ほうか(松尾雄二)、宇野祥平(定食屋店主)、高田純次(伊崎努)、小手伸也(篠崎)、有野晋哉(有名タレント)、濱口優(有名タレント)、ほか

「ストレイ 悲しみの化身」のネタバレあらすじ結末

ストレイ 悲しみの化身の紹介:2019年ロシア映画。最愛の一人息子が行方不明となり、悲しみに暮れる夫妻は養子を迎え入れましたが、やがて養子は次第に実子に似てきて夫妻を恐怖に陥れることに…。人の悲しみにつけ入る悪魔的存在を描いたロシア発のゴシック・ホラー作品です。
監督:オルガ・ゴルデツカヤ 出演者:エレナ・リャードフ(ポリーナ・ベロワ)、ウラディーミル・ウドヴィチェンコフ(イゴール・ベロワ)、セバスチャン・ブガーエフ(ヴァーニャ(“それ”))、イェン・ラノフ(ヴァーニャ・ベロワ)、エフゲニー・ツィガノフ(セリョージャ・ワシリー)、ローザ・カイルリーナ(シスター・イシドラ)ほか

「REVENGE リベンジ」のネタバレあらすじ結末

REVENGE リベンジの紹介:2017年フランス映画。妻子持ちでセレブのリチャードが、友人たちと砂漠で狩りを楽しむ前々日、不倫相手のジェニファーを連れて別荘にやって来ます。友人が来るまでの間、二人でくつろぐ予定でしたが、一日早く友人のスタンとディミトリがやって来ます。ジェニファーの事が気に入ったスタンがリチャードがいない隙にジェニファーをレイプしたことから、4人の関係がおかしくなり…という内容のバイオレンスリベンジムービーです。残虐描写で有名なフランス映画だけあって、ゴアシーン満載です。
監督:コラリー・ファルジャ 出演者:マチルダ・ルッツ(ジェニファー)、ケヴィン・ヤンセンス(リチャード)、ヴァンサン・コロンブ(スタン)、ギヨーム・ブシェード(ディミトリ)ほか

「アントラム 史上最も呪われた映画」のネタバレあらすじ結末

アントラム 史上最も呪われた映画の紹介:2018年カナダ映画。「この映画を見たら死ぬ」おぞましく警告された映画『アントラム』は1970年代に製作され、謎の死を遂げたり、火災により多数の人が犠牲になったとされるいわく付きの映画で、消失してしまいます。それを見つけた者がついにその封印を解き上映するという話です。
監督:マイケル・ライシーニ、デヴィッド・アミト 出演:ニコール・トンプキンス、ローワン・スミス、サーカス=サレフスキ、ダン・イストラーテ、シュー・サキモト、クリステル・エリング、ほか

「ボディ・チェンジャー」のネタバレあらすじ結末

ボディ・チェンジャーの紹介:1989年アメリカ映画。地球に流刑されたエイリアンが、次々に人間の頭部をもぎ取り惨殺していくSFホラー。地球を「野蛮な星」と呼ぶほど文明が発展した星から、連続殺人犯が流刑されてきた。遺伝子を組み換えられ人間の姿になった彼は、逆進化の影響でダメージを受けると全身が変形し頭部が破裂してしまう。流刑囚は変形が起こる度に人間を襲って頭部を奪い、次々と取り替えていくのだった。
監督:ジョン・マクノートン 出演者:レイ・ドーン・チョン(ダイアナ・ピアス)、ドン・ゴードン(チャールズ・クリーガー)、トム・トウルズ(ボブ・レイニー)、アントニオ・ファーガス(ジュリウス)、ニール・ジュントーリ(スカリー)ほか

「ビースト 獣の日」のネタバレあらすじ結末

ビースト 獣の日の紹介:1995年スペイン映画。中年男性3人組が、悪魔による世界滅亡を阻止しようと戦うホラー&コメディ。長年聖書の研究に取り組んできたアンヘル神父は、ついに暗号を解き明かすことに成功した。それによると、1995年12月25日に反キリストが誕生し、世界を滅亡へと導くのだという。アンヘルは反キリストの誕生を阻止するため、ヘヴィメタ・ショップの店員ホセ、オカルト研究の第一人者カヴァン教授らと共に悪魔を呼び出す儀式を行うのだった。別題は「ビースト/悪魔の黙示録」。
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 出演者:アレックス・アングロ(アンヘル・ベリアルトゥア)、サンティアゴ・セグーラ(ホセ・マリア)、アルマンド・デ・ラッツァ(カヴァン)、テレレ・パベス(ロサリオ)、マリア・グラツィア・クチノッタ(スサーナ)ほか

1 2 3 4 5 85

キーワードから探す

TOP↑