ホラー映画のあらすじ

「28時間後…」のネタバレあらすじ結末

28時間後…の紹介:2011年アメリカ映画。ウイルス研究をする田舎の施設から女性が逃げ出したことで、ウイルス感染が広がり、ゾンビ化した人々が増え始めます。ジョンの独身最後を祝おうとやってきたマット、クレイグ、ジョンはくしくも、このウィルス感染騒動に巻き込まれてしまうのです…。という内容の感染型ゾンビ映画です。28日後や28週後のパクリか?と思われますが、原題はHorridで、日本版のパッケージと、原版のパッケージは別物です。
監督:ジェームス・プロネス 出演者:ケヴィン・カイザー(ジョン)、リズ・リバーチェック(マリア)、カイル・バーグ(クレイグ)、アンバー・レイ・ハラマ(バレリー)ほか

「ティン&ティナ -双子の祈り-」のネタバレあらすじ結末

ティン&ティナ -双子の祈り-の紹介:2023年スペイン映画。お腹の子どもを失ってしまった若い夫婦ロラとアドルフォは、修道院で孤児を引き取ることにします。そこで双子のティンとティナと出会い、家族になることに。双子はキリスト教の信仰心が強く、そのことがロラをだんだんと苦しめていく、スペインのサスペンスホラー映画です。『ペーパーハウス』のハイメ・ロレンテが夫のアドルフォ役を演じます。
監督: ルービン・スタイン 出演: ミレナ・スミット(ロラ)、ハイメ・ロレンテ(アドルフォ)、アナスタシア・ルッソ(ティナ)、カルロス・G・モロヨン(ティン)、ほか

「バード・ボックス バルセロナ」のネタバレあらすじ結末

バード・ボックス バルセロナの紹介:2023年スペイン映画。突然として、続々と自殺者がバルセロナで発生。ニュース報道によれば、“あれ”を見た者は自殺衝動にかられるとのこと。セバスティアンは娘のアンナとともに“あれ”から逃げるため、道行く人に助けを求めます。手を差し伸べてくれたメンバーの1人は、“あれ”よりも卑劣な存在がいると話しはじめ、セバスティアンはある行動をとります。2018年にネットフリックスで配信され話題をよんだ『バード・ボックス』の、スペインを舞台にしたスピンオフ映画です。
監督:ダビ・パストール、アレックス・パストール 出演:マリオ・カサス(セバスティアン)、アレジャンドラ・ハワード(アンナ)、ジョージナ・キャンベル(クレア)、ディエゴ・カルバ(オクタビオ)、ロラ・ドゥエニャス(イサベル)、ナイラ・シューバース(ソフィア)、パトリック・クリアド(ラファ)、ゴンサロ・カストロ(ロベルト)、ほか

「ブギーマン」のネタバレあらすじ結末

ブギーマンの紹介:2023年アメリカ, カナダ映画。1973年にスティーブン・キングが短編小説で発表した物が原作。その後もいくつものブギーマンが発表されました。闇に紛れて襲い来る怪物が母親を亡くし、傷ついた少女たちを恐怖に陥れます。ベッドの下に潜む怪物がトラウマ級の怖さを引き出してくれます。  
監督:ロブ・サヴェッジ 出演:ソフィー・サッチャー(セイディ)、クリス・メッシーナ(ウィル)、ヴィヴィアン・ライラ・ブレア(ソーヤ)、マリン・アイアランド(リタ)、リサゲイ・ハミルトン(ウィラー)、デヴィッド・ダストマルチェイン(レスター)、ほか

「クライムズ・オブ・ザ・フューチャー」のネタバレあらすじ結末

クライムズ・オブ・ザ・フューチャーの紹介:2023年カナダ, ギリシャ映画。80歳になった鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督の新作。2022年カンヌ国際映画祭に出品された本作は、退場者が続出するなど賛否両論を巻き起こした。
人間が痛みを感じなくなった近未来。体内で作り出される新たな臓器を取り出す手術をアートパフォーマンスとしてみせる男ソールをヴィゴ・モーテンセン、そのパートナーの外科医カプリースをレア・セドゥが演じる。『スペンサー ダイアナの決意』でダイアナ元皇太子妃を演じたクリステン・スチュワートが彼らを監視する役で出演している。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ウィゴ・モーテンセン(ソール・テンサー)、レア・セドゥ(カプリース)、クリステン・スチュワート(ティムリン)、ドン・マッケラー(ウィペット)、スコット・スピードマン(ラング・ドートリス)、ヴェルゲット・ブンゲ(コープ刑事)、ヨルゴス・ピルパソプロス(ドクター・ナサティール)、リヒ・コノルフスキー(ジュナ)、ソトス・ソリティス(ブレッケン)、タナヤ・ビーティ、ソティリス・ショーゾスほか

「ミンナのウタ」のネタバレあらすじ結末

ミンナのウタの紹介:2023年日本映画。数々のジャパニーズホラー映画を世に送り出してきた清水崇監督とダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」がタッグを組んだスリラー映画です。GENERATIONSはメンバー全員が本人役で主演を務め、メンバーがカセットテープから流れる呪いのメロディーを聴いてしまったことで不可解な事件に巻き込まれていく姿を描きます。
監督:清水崇 出演者:白濱亜嵐(GENERATIONS)(白濱亜嵐)、片寄涼太(GENERATIONS)(片寄涼太)、小森隼(GENERATIONS)(小森隼)、佐野玲於(GENERATIONS)(佐野玲於)、関口メンディー(GENERATIONS)(関口メンディー)、中務裕太(GENERATIONS)(中務裕太)、数原龍友(GENERATIONS)(数原龍友)、早見あかり(角田凛)、マキタスポーツ(権田継俊)、天野はな(柳明日香)、穂紫朋子(高谷さな)、山川真里果(高谷詩織)、白鳥廉(高谷俊雄)、内田奈那(権田ゆづき)、山田竜弘(探偵助手)ほか

「Pearl パール」のネタバレあらすじ結末

Pearl パールの紹介:2022年アメリカ映画。ティ・ウェスト監督とミア・ゴス主演のホラー映画「Xエックス」で誕生した殺人鬼パールの前日譚を描いています。厳格な両親の元で成長したパールはスクリーンスターになりたいという夢がありましたが、その厳しい縛り付けがやがてパールを狂気に走らせることになるのでした。
監督:ティ・ウェスト 出演:ミア・ゴス(パール)、タンディ・ライト(母親)、マシュー・サンダーランド(父親)、デヴィッド・コレンスウェット(映写技師)、エマ・ジェンキンス=パロ(義妹)、アリステア・スウェル(ハワード)、ほか

「幻覚」のネタバレあらすじ結末

幻覚の紹介:2005年日本映画。兄貴分のセジマから、セジマの女・キミコのヤクを抜く毒消しを命じられたタツヤは、アキラとロブ、そしてブンタと一緒に山奥の別荘に向います。やがて禁断症状の現れたキミコが発狂しだすと、タツヤ達にまで幻覚が見え始め、メンバー間の疑心暗鬼が始まります・・・という内容の、ホラー映画です。ヤクザ映画とホラー映画をミックスさせた作品で、どちらのファンも満足させる仕上がりです。
監督:宮坂武志 出演者:山口祥行(タツヤ)、吉野きみか(キミコ)、三輪ひとみ(ノリコ)、舘昌美(アキラ)、加藤知宏(ロブ)、矢縄沙弓(エミ)、森羅万象(狂犬・ブンタ)、竹内力(セジマ)ほか

「ウイジャ・エクスペリメント2: 死の劇場」のネタバレあらすじ結末

ウイジャ・エクスペリメント2: 死の劇場の紹介:2015年アメリカ映画。西洋版こっくりさん・ウィジャ盤のホラー映画が、呪われた劇場と呼ばれる場所で上映されました。大喝采の中、翌日の夜はこの劇場でホラーツアーが開催されます。メンバーに選ばれたミシェルたちは興奮して劇場に乗りこみますが、スタッフが遊び半分でやったウィジャ盤による降霊で悪霊が呼ばれていたのでした・・・という内容のホラー映画です。オカルトホラーのような感じですが、スラッシャー映画の展開です。
監督:イズラエル・ルナ 出演者:ジャスティン・アームストロング(ジャスティン)、ジェラルド・クラム(ダニー)、サリー・グリーンランド(ミシェル)、エリック・ウィンドウ(エリック)ほか

「ROKUROKU」のネタバレあらすじ結末

ROKUROKUの紹介:2014年日本映画。映像クリエイター・雨宮慶太が原作と総監督を務めた、現代社会にいる妖怪と人間との戦いを描いた異色ホラー作品です。主人公イズミがミカと共に妖怪に巻き込まれるストーリーに、妖怪の短編話9話を盛り込んだ内容で、雨宮慶太ワールドが堪能できます。
監督:中西美帆(イズミ)、志保(ミカ)、野本かりあ(ロクロク)、遠山景織子、いしだ壱成、マキタスポーツ、駿河太郎、仁科貴、落合モトキ、朝倉えりか、岩佐真悠子、佐々木心音、螢雪次朗、伊藤かずえ、ミッキー・カーチス、ほか

「ヘルゲート 地獄の門」のネタバレあらすじ結末

ヘルゲート 地獄の門の紹介:2011年アメリカ映画。ミュータントがあふれる2179年のサンフランシスコ。ミュータントを戦わせ賭博をするメンバーのオーソンが、新しい賭博場の中の、開かずの扉を開けたことにより、それが地獄の門で、中から強力な悪魔がで出てきて、死んだ人間をミュータントに変え始めていくという内容のSFホラー映画です。
監督:ホセ・フィゲロア 出演者:マーセア・モンロー(ベセスダ)、ダリウス・マクラリー(エクストラクト)、シェーン・コフィ(オーセン)、ほか

「忌怪島/きかいじま」のネタバレあらすじ結末

忌怪島/きかいじまの紹介:2023年日本映画。天才脳科学者と呼ばれる主人公・片岡友彦がとある島での科学実験を実施し取り入れていくことになりますが、そこで聞いたことのない怪事件に巻き込まれていくことになります。AIと呪いの融合した手法が新しい作品です。
監督:清水崇 出演:西畑大吾(片岡友彦)、生駒里奈(深澤未央)、平岡祐太(山本春樹)、水石亜飛夢(北島弘治)、川添野愛(三浦葵)、笹野高史(新納シゲル)、當真あみ(金城リン)、なだぎ武(肥後)、伊藤歩(出井文子)、山本美月(園田環)、ほか

「DASHCAM ダッシュカム」のネタバレあらすじ結末

DASHCAM ダッシュカムの紹介:2021年アメリカ映画。迷惑系ユーチューバーのアニーがレストランでとある老女を運ぶように依頼され、引き受けてしまったが故に想像もしなかった恐怖に巻き込まれてしまう話です。全編アニーが配信するPOVになっているので、迫る恐怖が際立っています。
監督:ロブ・サヴェッジ 出演:アニー・ハーディ(アニー)、アマル・チャーダ=パテル(ストレッチ)、アンジェラ・エナホロ(アンジェラ)、モガリ・マスク(アンジェラの母親)、セイラン・バクスター(セイラン)、ジェマ・ムーア(ジェンマ)、ほか

「ヴァチカンのエクソシスト」のネタバレあらすじ結末

ヴァチカンのエクソシストの紹介:2023年アメリカ, イギリス, スペイン映画。カトリックの総本山ヴァチカンに仕え、生涯で数万回の悪魔祓いを行ってきた実在のチーフエクソシスト、ガブリエーレ・アモルト神父(1925年~2016年)の回顧録『エクソシストは語る』を映画化したホラー作品です。本作がホラー映画初主演となるラッセル・クロウがアモルト神父を演じ、ある少年の悪魔祓いをしたことを機に強大な悪魔に立ち向かうこととなるアモルト神父と若き相棒の神父の闘いを描きます。
監督:ジュリアス・エイヴァリー 出演者:ラッセル・クロウ(ガブリエーレ・アモルト神父)、ダニエル・ゾバット(トマース・エスキベル神父)、アレックス・エッソー(ジュリア)、フランコ・ネロ(ローマ教皇)、ピーター・デスーザ・フェイグハニー(ヘンリー)、ローレル・マースデン(エイミー)、コーネル・ジョン(ルムンバ司教)、ライアン・オグレディ(サリバン枢機卿)、ラルフ・イネソン(悪魔の声)ほか

「闇刻の宴」のネタバレあらすじ結末

闇刻の宴の紹介:2015年日本映画。女達の悪夢を描いた、6話のショートストーリーからなるオムニバス作品。『うつしえ』『子の棲む家』『36℃の視線』『幽閉confinement』『岩』『ひなげし』の6話で、話のつなぎには、義母の介護をする嫁の様子が流れます。
監督:坂元啓二、菊嶌稔章、国沢実、三宮英子、亀井亨 出演者:河嶋遥伽(仲居)、太三(管理人)、星野ゆず(少女)、YOSHIHIRO(旦那)、櫻井信太郎(番頭)、藤堂海(星野美里)、くわの空(星野かなえ)、田中良一(星野真司)、和田光沙(幻想の母親)、こうのゆか(宮川リサ)、松下愛子(朋子)、星野佳世(宗教勧誘の女)、オオタブンペイ(白井課長)、大澤雄一(犬の飼い主)、桜(犬)、三宮英子(黒い女)、アカリ(人形)、綾乃テン(人形師)、水井真希(岩)、三貝豪(男)、谷川みゆき(義母)、三宮英子(義娘)、むう(猫)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 108

キーワードから探す

TOP↑