「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「サニーサイド」のネタバレあらすじ結末

サニーサイドの紹介:1919年アメリカ映画。ホテルの雑用係が愛する女性を振り向かせようと奮闘するコメディ作品。とある農村のホテルで働くチャーリーは、唯一の従業員としてあらゆる仕事を行っていた。しかし朝寝坊をしたり、牛に逃げられたりとドジばかり踏んでいる。そんな彼にも美しい想い人がいた。ところが彼女は街からやって来た紳士に惹かれ始めてしまう。チャーリーは何とか娘を振り向かせようと、あの手この手でアピールを続けるのだが。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ホテルの雑用係)、エドナ・パーヴィアンス(村一番の美人)、トム・ウィルソン(ホテルの主人)、トム・テリス(都会からきた若者)、アルバート・オースチン(村の医者)ほか

「ジャズ・シンガー」のネタバレあらすじ結末

ジャズ・シンガーの紹介:1927年アメリカ映画。映像と音声が同期したトーキー映画での長編第一作となるのが本作。本作をきっかけに時代はトーキー映画へ結びつき今に至ります。映画史上初めての「お楽しみはこれからだ」は映画史に残る名台詞として語り継がれています。
監督:アラン・クロスランド 出演:アル・ジョンソン(ジェイキー/ジャック)、メイ・マカヴォイ(メアリー)、ユージニー・ベッセラー(サラ)、ワーナー・オーランド、オットー・レデラー、ウィリアム・デマレスト、ロスコー・カーンズ、マーナ・ロイ、ほか

「散り行く花」のネタバレあらすじ結末

散り行く花の紹介:1919年アメリカ映画。トーマス・バークの短編小説「中国人と子供」を映画化。無垢な少女と中国人青年の美しくも儚い恋を描いたサイレント映画。仏教を広めるため渡英した中国人青年チェン・ハンは、挫折を味わい中国人街で阿片を吸う生活を送っていた。そんな折、彼は美しい少女ルーシーに恋をする。ルーシーは父バトリングから凄絶な虐待を受けており、笑うことすら出来なくなっていた。チェンは家から逃げ出したルーシーを匿い、2人は心を通わせる。しかし居所がバトリングにばれてしまい、ルーシーは連れ戻されてしまうのだった。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(ルーシー)、リチャード・バーセルメス(チェン・ハン(イエローマン))、ドナルド・クリスプ(バトリング・バロウズ)、アーサー・ハワード(バトリング・バロウズのマネージャー)、エドワード・ペイル・シニア(イーヴィル・アイ)ほか

「國民の創生」のネタバレあらすじ結末

國民の創生の紹介:1915年アメリカ映画。北部の有力議員ストーンマンの子供たちは南部のキャメロン一家と親交を結んでいたが、南北戦争によって両家は引き裂かれる。そして内乱の後、南部をさらなる不幸が襲う。「映画の父」D・W・グリフィスがニューヨークからカリフォルニアに製作拠点を移して放った空前の超大作。映画史の最初の二十年の芸術的・技術的達成を詰め込み、大ヒットを記録し映画産業を巨大ビジネスに育てた。しかし、あからさまな黒人差別は公開当時から批判を浴び、今日この作品を嫌悪するアメリカ国民は多い(白人至上主義団体クー・クラックス・クランの復興に結果的に力を貸してしまったという汚名も)。映画史のランドマークであると同時に映画史上最大の問題作の一つであり続ける。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(エルシー・ストーンマン)、エルマー・クリフトン(フィル・ストーンマン)、ヘンリー・B・ウォルソール(ベン・キャメロン)、ミリアム・クーパー(マーガレット・キャメロン)、メエ・マーシュ(フローラ・キャメロン)、ジョージ・シーグマン(サイラス・リンチ)その他

「つばさ」のネタバレあらすじ結末

つばさの紹介:1927年アメリカ映画。ジャックとデイヴィットは恋敵でありながら、共に空を夢見る飛行士です。ジャックを一途に想うメリーとの関係や、二人の友情は戦争によりどのような結果を辿るのでしょうか。アカデミー第一回作品賞受賞作。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:ジャック(チャールズ・バディー・ロジャース)、デイヴィット(リチャード・アーレン)、メリー(クララ・ボウ)、シルヴィア(ジョビナ・ラルストン)、ほか

「サンライズ」のネタバレあらすじ結末

サンライズの紹介:1927年アメリカ映画。「吸血鬼ノスフェラトゥ」や「最後の人」で広く知られた巨匠F・W・ムルナウがアメリカに渡って撮ったサイレント映画史上に残る傑作。オールセットによる凝った撮影で、映像の交響楽ともいうべき仕上がりになっている。
監督:F・W・ムルナウ 出演:男(ジョージ・オブライエン)、妻(ジャネット・ゲイナー)

「メトロポリス (1926)」のネタバレあらすじ結末

メトロポリス (1926)の紹介:1926年ドイツ映画。権力者が労働者を支配する未来都市メトロポリスを舞台に、支配者と労働者の歩み寄りを描いた物語。現存するフィルムを可能な限りの編集技術で再現したSF映画の原点とも称されるモノクロサイレント映画。日本での初公開は1929年ですが、一般的に知られるようになったのは作曲家ジョルジオ・モロダーが再編集し1984年に公開されたジョルジオ・モロダー版と思われます。
監督:フリッツ・ラング 出演:ブリギッテ・ヘルム、アルフレート・アーベル、グスタフ・フレーリヒ、テオドア・ロースほか

「ダーティー30/爆発! 三十路トリオ」のネタバレあらすじ結末

ダーティー30/爆発! 三十路トリオの紹介:2016年アメリカ映画。高校からの親友3人組。思い描いた未来とかけ離れた自分に愕然としながらも、ハチャメチャな誕生日パーティーをきっかけに、それぞれが自分らしい道を歩んでいく様を描いたコメディー映画。
監督:アンドリュー・ブッシュ 出演:グレース・ヘルビッグ、ハンナ・ハート、マムリー・ハート、アンナ・アカナ、ほか

「天使の入江」のネタバレあらすじ結末

天使の入江の紹介:1963年フランス映画。フランス・ニースの海辺『天使の入江』のカジノを舞台に、ギャンブルに魅せられた2人の男女が深みにはまっていく様を描く。一見ハッピーエンド的なラストシーンにも疑いを持ちたくなるような曖昧さが際立つ作品。
監督:ジャック・ドゥミ 出演:ジャンヌ・モロー、クロード・マン、ポール・ゲール、アンナ・ナシエ、ほか

「日々と雲行き」のネタバレあらすじ結末

日々と雲行きの紹介:2007年イタリア, スイス, フランス映画。夫の失業によって優雅な生活から一転、苦境に立たされた1組の夫婦が、互いにもがきながら危機を乗り越え、再出発を決意するまでを描いたヒューマンドラマ。
監督:シルヴィオ・ソルディーニ 出演:マルゲリータ・ブイ、アントニオ・アルバネーゼ、ジュゼッペ・バッティストン、アルバ・ロルヴァケル、ほか

「愛の狩人」のネタバレあらすじ結末

愛の狩人の紹介:1971年アメリカ映画。プレイボーイの男と真面目な男、親友同士の2人の長年における女性遍歴を、若き日のジャック・ニコルソン、サイモン&ガーファンクルのアーサー・ガーファンクル、のちのフォトグラファーとして活躍するキャンディス・バーゲンら賑やかなキャスティングで描く。
監督:マイク・ニコルズ 出演:ジャック・ニコルソン(ジョナサン)、キャンディス・バーゲン(スーザン)、アーサー・ガーファンクル(サンディ)、アン=マーグレット(ボビー)、リタ・モレノ(ルイーズ)、シンシア・オニール(シンディ)、キャロル・ケイン(ジェニファー)、ほか

「ミス・メドウズ 悪魔なのか?天使なのか?」のネタバレあらすじ結末

ミス・メドウズ ~悪魔なのか? 天使なのか?~の紹介:2014年アメリカ映画。可憐で美しい風貌と裏腹に、幼い頃に母を無差別発砲事件で亡くしたことから、悪人を容赦なく撃ち殺す小学校教師ミス・メドウズが、自身の正義を貫く様を描いたサスペンス。
監督:カレン・リー・ホプキンス 出演:ケイティ・ホームズ、ジェームズ・バッジ・デール、カラン・マルヴェイ、エヴァ・コルカー、グレアム・ベッケル、ケイト・リンダー、ジェームズ・ランドリー・ヘバート、ジェームズ・キーン、メアリー・ケイ・プレイス、ジーン・スマート、ほか

「リヴァプール、最後の恋」のネタバレあらすじ結末

リヴァプール、最後の恋の紹介:2017年イギリス映画。オスカー女優グロリア・グレアムと、彼女が晩年に出会った若き舞台俳優ピーター・ターナーと過ごした愛の日々と、彼女の最期をピーターの手による回顧録をもとに映画化。
監督:ポール・マクギガン 出演:アネット・ベニング(グロリア・グレアム)、ジェイミー・ベル(ピーター・ターナー)、ジュリー・ウォルターズ(ベラ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ジーン・グレアム)、ほか

「リ・スタート 明るいミライ」のネタバレあらすじ結末

リ・スタート 明るいミライの紹介:2010年アメリカ映画。高校教師の男が母の死、自閉症の弟との関係、妻との別れ、元教え子との恋愛と様々な出来事に遭遇しながら、自分の人生を前向きに進んでいくヒューマンストーリー。
監督:マイケル・メラメドフ 出演:ボビー・カナヴェイル、ダニエル・パナベイカー、ジューン・ダイアン・ラファエル、ジョシュ・チャールズ、ほか

「フレンチアルプスで起きたこと」のネタバレあらすじ結末

フレンチアルプスで起きたことの紹介:2014年スウェーデン映画。アルプスの高級リゾート地にバカンスで訪れたものの、予期せぬ出来事によって家族崩壊の危機に陥ったスウェーデン人家族の顛末を描いたコメディ映画。ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞等多数受賞しました。
監督:リューベン・オストルンド 出演:ヨハネス・バー・クンケ、リーサ・ローヴェン・コングスリ、クリストファー・ヒヴュ、クララ・ヴェッテルグレン

「パリ13区」のネタバレあらすじ結末

パリ13区の紹介:2021年フランス映画。2015年『ディーパンの闘い』でカンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞したジャック・オディアール監督。70歳の彼が、セリーヌ・シアマとレア・ミシウスという若手監督たちの共同脚本による現代の愛の物語を美しいモノクロ映像で映したのがこの『パリ13区』だ。高級高層住宅が立ち並ぶ今まで知らなかったパリの街並みと、そこに暮らす様々なルーツの人々の、愛を求めてもがく姿がていねいに描き出されている。原作は、日系アメリカ人四世のグラフィック・ノベル作家、エイドリアン・トミネの短編小説。
監督:ジャック・オディアール 原作:エイドリアン・トミネ 出演:ルーシー・チャン(エミリー)、マキタ・サンバ(カミーユ)、ノエミ・メルラン(ノラ)、ジェニー・ベス(アンバー・スウィート)ほか

「マイ・ニューヨーク・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

マイ・ニューヨーク・ダイアリーの紹介:2020年アイルランド, カナダ映画。90年代のニューヨーク。作家を夢見るジョアンナは老舗出版会社でJ.D.サリンジャー担当の女上司マーガレットのアシスタントとして働き始める。仕事は世界中から毎日届くサリンジャーへの熱烈なファンレターの処理。送られてくるのは、小説の主人公に自分を重ねる10代の若者、戦争体験を打ち明ける退役軍人、作家志望の娘を亡くした母親などから。ジョアンナは彼らの思いのこもった心揺さぶられる手紙に定型文を送り返すことに嫌気がさし、個人的に手紙を返してしまう。そんな中、ジョアンナが受けた電話の相手はあのサリンジャーだった。電話だけのやりとりを繰り返すうちにやがてジョアンナは自分自身を見つめなおすことになる。原作はジョアンナ・ラコフの自叙伝『サリンジャーと過ごした日々』。サリンジャー担当のベテランエージェントと新人アシスタントの知られざる実話の物語。
監督:フィリップ・ファラルドー 出演:マーガレット・クアリー(ジョアンナ)、シガニー・ウィーバー(マーガレット)、ダグラス・ブース(ドン)、サーナ・カーズレイク(ジェニー)、ブライアン・F・オバーン(ヒュー)、コルム・フィオール(ダニエル)、セオドア・ペレリン(ウィンストン・セーラム在住の青年)、ヤニック・トゥルースデール(マックス)、ハムザ・ハック(カール)、レニ・パーカー(パム)、エレン・デヴィッド(就活エージェント)、ロマーヌ・ドゥニ(A評価が欲しい少女)、ティム・ポスト(J.D.サリンジャー)、ギャヴィン・ドレア(マーク)、マット・ホランド(クリフォード・ブラッドベリ)ほか

「ドクター・ストレンジ / マルチバースオブマッドネス」のネタバレあらすじ結末

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネスの紹介:2022年アメリカ映画。元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジは、禁断の魔術で“マルチバース”と呼ばれるパラレルワールドに通ずる謎の扉を開けてしまう。マルチバースから新たな脅威が人類に迫る中で、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操るもう一人の自分だった。2016年製作の『ドクター・ストレンジ』の続編でシリーズとして2作目、また「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」として28作目の作品。
監督:サム・ライミ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン)、エリザベス・オルセン(ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、レイチェル・マクアダムス(クリスティーン・パーマー)、キウェテル・イジョフォー(バロン・モルド)、ソーチー・ゴメス(アメリカ・チャベス)、トミー・マキシモフ(ジェット・クライン)、ビリー・マキシモフ(ジュリアン・ヒルヤード)ほか

「オードリー・ヘプバーン」のネタバレあらすじ結末

オードリー・ヘプバーンの紹介:2020年イギリス映画。オードリー・ヘプバーンは『ローマの休日』で、24歳にしてアカデミー賞を受賞し、世界で最も偉大なミューズのひとりとなった。圧倒的な美貌を持ち、ハリウッド黄金期の伝説的スターと称されたオードリー。しかしその幼少期は戦争による栄養失調、父親による裏切りなど過酷な環境で、彼女は過去のトラウマと一生向き合わねばならなかった。映画女優として輝かしい活躍をする一方で、幾度の離婚を繰り返し傷つきながらも子供たちへの深い愛情を注ぎ、後年はユニセフ国際親善大使として世界中の子供たちのために名声を捧げていく。近親者たちのインタビューと貴重なアーカイブ映像によってオードリー・ヘプバーンを鮮やかによみがえらせたドキュメンタリー作品。
監督:ヘレナ・コーン 出演:オードリー・ヘプバーン、ショーン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの長男)、エマ・キャサリン・ヘプバーン・ファーラー(オードリーの孫)、クレア・ワイト・ケラー(ジバンシィの元アーティスティック・ディレクター)、ピーター・ボグダノヴィッチ、リチャード・ドレイファス、ほか

「メイド・イン・バングラデシュ」のネタバレあらすじ結末

メイド・イン・バングラデシュの紹介:2019年フランス, バングラデシュ, デンマーク, ポルトガル映画。バングラデシュの労働運動に若い頃から携わってきたダリヤ・アクター・ドリの実体験を元に製作された作品。裁縫工場で働く主人公の女性が、不当な事に対する訴えを通すため労働組合を設立し、困難に立ち向かいながら奮闘していく姿を描いたドラマです。
監督:ルバイヤット・ホセイン 出演:リキタ・ナンディニ・シム(シム)、ノヴェラ・ラフマン(ダリヤ)、ディーパンウィッタ・マルティン(レジーナ)、マヤビ・マヤ(タニヤ)、モスタファ・モンワル (ショヘル)、ほか

「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密の紹介:2022年アメリカ, イギリス映画。前作『黒い魔法使いの誕生』での出来事から数年後の1930年代。闇の魔法使いグリンデルバルドが魔法界を支配しようと企てていることを知ったダンブルドアは、ニュートに助けを求める。グリンデルバルドの軍隊との衝突につながる任務を託されたニュートは、助手のバンティ、兄のテセウス、そしてマグル(=普通の人間)のジェイコブらとチームを結成。史上最悪の魔法使いグリンデルバルドに立ち向かう。そしてダンブルドアの過去に隠された秘密が明かされることとなる。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法の誕生』の続編であり、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目。原作者J.K.ローリングがつくり上げた「魔法ワールド」では11作目となる本作。ホグワーツ城、ホグズミード村、そして魔法動物たちと動物の世界につながる不思議なドランクなど、物語はますます「ハリー・ポッター」の世界とつながっていく。
監督:デイビッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン(ニュート・スキャマンダー)、ジュード・ロウ(アルバス・ダンブルドア)、マッツ・ミケルセン(ゲラート・グリンデルバルド)、エズラ・ミラー(クリーンデンス)、ダン・フォグラー(ジェイコブ・コワルスキー)、アリソン・スドル(クイニー・ゴールドスタイン)、ウィリアム・ナディラム(ユスフ・カーマ)、カラム・ターナー(テセウス・スキャマンダー)、ジェシカ・ウィリアムズ(ユーラリー・ヒックス)、キャサリン・ウォーターストン(ティナ・ゴールドスタイン)、ヴィクトリア・イェーツ(バンティ・ブロードエーカー)、リチャード・コイル(アバーフォース・ダンブルドア)、マリア・フェルナンダ・カーンヂド(ヴィセンシア・サントス)、オリバー・マスッチ(アントン・フォーゲル)ほか

「ベルファスト」のネタバレあらすじ結末

ベルファストの紹介:2021年イギリス映画。1969年に北アイルランド・ベルファストで起こった動乱を背景に、ベルファスト出身の俳優・監督・舞台演出家ケネス・ブラナーが自身の幼少期の体験を投影して描き上げた半自伝的作品です。平穏に暮らしていた主人公の少年の一家は動乱を機に新天地に移住することを決断しましたが、そのことをきっかけに家族の絆にヒビが入り・・・。本作は第46回トロント国際映画祭で最高賞の観客賞を受賞、第94回アカデミー賞でも7部門にノミネートされて脚本賞(ケネス・ブラナー)を受賞しています。
監督:ケネス・ブラナー 出演者:ジュード・ヒル(バディ)、カトリーナ・バルフ(マー(バディの母))、ジェイミー・ドーナン(パー(バディの父))、ジュディ・デンチ(グラニー(バディの祖母))、キアラン・ハインズ(ポップ(バディの祖父))、コリン・モーガン(ビリー・クラントン)、ララ・マクドネル(モイラ)、ジェラード・ホラン(マッキー)、コナー・マクニール(マクローリー)、ターロック・コンヴェリー(首相)、ジェラード・マッカーシー(ボビー・フランク)、ルイス・マカスキー(ウィル)、オリーヴ・テナント(キャサリン)、ヴィクター・アリー(兵士)、ジョシー・ウォーカー(ヴァイオレットおばさん)ほか

キーワードから探す

TOP↑