「カリガリ博士」のネタバレあらすじ結末

カリガリ博士の紹介:1919年ドイツ映画。ドイツ表現主義映画の代表作であり、世界初のホラー映画とも言われている。フランシスは村人に、ある恐ろしい体験を語って聞かせることにした。フランシスは親友アランと共に祭りへ出かけ、カリガリ博士と名乗る人物の見世物小屋を見つける。カリガリ博士が所有している夢遊病の男チェザーレは、どんな質問にも答えられる能力を持っているらしい。面白がったアランが自分の寿命を尋ねると、チェザーレは明日の朝までだと答えた。翌朝、アランは何者かに殺害され遺体で発見される。不審に思ったフランシスは、思い人ジェインの父親オルセン博士と共に、カリガリ博士の身辺を調べ始めるのだった。
監督:ロベルト・ウイーネ 出演者:コンラート・ファイト(チェザーレ)、ヴェルナー・クラウス(カリガリ博士)、リル・ダゴファー(ジェイン)、フリードリッヒ・フェーヘル(フランシス)、ハンス・ハインリッヒ・フォン・トワルドフスキー(アラン)ほか

「サニーサイド」のネタバレあらすじ結末

サニーサイドの紹介:1919年アメリカ映画。ホテルの雑用係が愛する女性を振り向かせようと奮闘するコメディ作品。とある農村のホテルで働くチャーリーは、唯一の従業員としてあらゆる仕事を行っていた。しかし朝寝坊をしたり、牛に逃げられたりとドジばかり踏んでいる。そんな彼にも美しい想い人がいた。ところが彼女は街からやって来た紳士に惹かれ始めてしまう。チャーリーは何とか娘を振り向かせようと、あの手この手でアピールを続けるのだが。監督・脚本・主演を務めるのは、喜劇王チャールズ・チャップリン。
監督:チャールズ・チャップリン 出演者:チャールズ・チャップリン(ホテルの雑用係)、エドナ・パーヴィアンス(村一番の美人)、トム・ウィルソン(ホテルの主人)、トム・テリス(都会からきた若者)、アルバート・オースチン(村の医者)ほか

「ジャズ・シンガー」のネタバレあらすじ結末

ジャズ・シンガーの紹介:1927年アメリカ映画。映像と音声が同期したトーキー映画での長編第一作となるのが本作。本作をきっかけに時代はトーキー映画へ結びつき今に至ります。映画史上初めての「お楽しみはこれからだ」は映画史に残る名台詞として語り継がれています。
監督:アラン・クロスランド 出演:アル・ジョンソン(ジェイキー/ジャック)、メイ・マカヴォイ(メアリー)、ユージニー・ベッセラー(サラ)、ワーナー・オーランド、オットー・レデラー、ウィリアム・デマレスト、ロスコー・カーンズ、マーナ・ロイ、ほか

「散り行く花」のネタバレあらすじ結末

散り行く花の紹介:1919年アメリカ映画。トーマス・バークの短編小説「中国人と子供」を映画化。無垢な少女と中国人青年の美しくも儚い恋を描いたサイレント映画。仏教を広めるため渡英した中国人青年チェン・ハンは、挫折を味わい中国人街で阿片を吸う生活を送っていた。そんな折、彼は美しい少女ルーシーに恋をする。ルーシーは父バトリングから凄絶な虐待を受けており、笑うことすら出来なくなっていた。チェンは家から逃げ出したルーシーを匿い、2人は心を通わせる。しかし居所がバトリングにばれてしまい、ルーシーは連れ戻されてしまうのだった。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(ルーシー)、リチャード・バーセルメス(チェン・ハン(イエローマン))、ドナルド・クリスプ(バトリング・バロウズ)、アーサー・ハワード(バトリング・バロウズのマネージャー)、エドワード・ペイル・シニア(イーヴィル・アイ)ほか

「國民の創生」のネタバレあらすじ結末

國民の創生の紹介:1915年アメリカ映画。北部の有力議員ストーンマンの子供たちは南部のキャメロン一家と親交を結んでいたが、南北戦争によって両家は引き裂かれる。そして内乱の後、南部をさらなる不幸が襲う。「映画の父」D・W・グリフィスがニューヨークからカリフォルニアに製作拠点を移して放った空前の超大作。映画史の最初の二十年の芸術的・技術的達成を詰め込み、大ヒットを記録し映画産業を巨大ビジネスに育てた。しかし、あからさまな黒人差別は公開当時から批判を浴び、今日この作品を嫌悪するアメリカ国民は多い(白人至上主義団体クー・クラックス・クランの復興に結果的に力を貸してしまったという汚名も)。映画史のランドマークであると同時に映画史上最大の問題作の一つであり続ける。
監督:D・W・グリフィス 出演者:リリアン・ギッシュ(エルシー・ストーンマン)、エルマー・クリフトン(フィル・ストーンマン)、ヘンリー・B・ウォルソール(ベン・キャメロン)、ミリアム・クーパー(マーガレット・キャメロン)、メエ・マーシュ(フローラ・キャメロン)、ジョージ・シーグマン(サイラス・リンチ)その他

「つばさ」のネタバレあらすじ結末

つばさの紹介:1927年アメリカ映画。ジャックとデイヴィットは恋敵でありながら、共に空を夢見る飛行士です。ジャックを一途に想うメリーとの関係や、二人の友情は戦争によりどのような結果を辿るのでしょうか。アカデミー第一回作品賞受賞作。
監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:ジャック(チャールズ・バディー・ロジャース)、デイヴィット(リチャード・アーレン)、メリー(クララ・ボウ)、シルヴィア(ジョビナ・ラルストン)、ほか

「サンライズ」のネタバレあらすじ結末

サンライズの紹介:1927年アメリカ映画。「吸血鬼ノスフェラトゥ」や「最後の人」で広く知られた巨匠F・W・ムルナウがアメリカに渡って撮ったサイレント映画史上に残る傑作。オールセットによる凝った撮影で、映像の交響楽ともいうべき仕上がりになっている。
監督:F・W・ムルナウ 出演:男(ジョージ・オブライエン)、妻(ジャネット・ゲイナー)

「メトロポリス (1926)」のネタバレあらすじ結末

メトロポリス (1926)の紹介:1926年ドイツ映画。権力者が労働者を支配する未来都市メトロポリスを舞台に、支配者と労働者の歩み寄りを描いた物語。現存するフィルムを可能な限りの編集技術で再現したSF映画の原点とも称されるモノクロサイレント映画。日本での初公開は1929年ですが、一般的に知られるようになったのは作曲家ジョルジオ・モロダーが再編集し1984年に公開されたジョルジオ・モロダー版と思われます。
監督:フリッツ・ラング 出演:ブリギッテ・ヘルム、アルフレート・アーベル、グスタフ・フレーリヒ、テオドア・ロースほか

「エド・ゲイン」のネタバレあらすじ結末

エド・ゲインの紹介:2007年アメリカ映画。ウィスコンシン州のプレインフィールドという小さな町で連続殺人が起こる。行方不明者も後を絶たない中で、捜査を進める警察たち。そして一人の男が捜査線上に浮上する。その男こそ、全米を震撼させたエド・ゲインという男だった。
監督: マイケル・フェイファー 出演者:ケイン・ホッダー(エド・ゲイン)、エイドリアン・フランツ(エリカ)、プリシラ・バーンズ(ベラ)、ショーン・ホフマン(ボビー)、マイケル・ベリーマン(ジャック)、ほか

「キラー・バグズ」のネタバレあらすじ結末

キラー・バグズの紹介:2002年アメリカ映画。旧友が亡くなったという一報を受け、数十年ぶりに再び顔を合わせた旧友たち。葬儀後、別荘にてバカンスを楽しんでいたのだが、突如ハエの大群に襲われる一向。ハエに寄生された人間はたちまち狂暴になり襲いかかってくる。そのハエたちは政府が極秘に開発していた、殺人ハエだった。
監督: ジョッシュ・オルソン 出演:ザック・ギャリガン(ウォーレン)、リサ・アン・ハドリー、ダニエル・ジェンキンス(スティーブン)、エイミー・ジョー・ジョンソン(ジェシー)、ロバート・ダンカン・マクニール(エリック)、タック・ワトキンス(カール)、ほか

「ダーク・タイド」のネタバレあらすじ結末

ダーク・タイドの紹介:2011年アメリカ, 南アフリカ映画。小さい頃からサメの虜になっていたケイトは仲間と共にサメのドキュメンタリーを撮影するためサメとのダイビングを楽しんでいた。途中、仲間がサメに食われてしまいケイトは海に入ることをやめてしまった。月日はたち、当時の仲間から誘われ再びサメとのダイビングをするのだったが、数々の不幸がケイトに襲い掛かってくるのだった。
監督:ジョン・ストックウェル 出演者:ハル・ベリー(ケイト)、オリヴィエ・マルティネス(ジェフ)、ラルフ・ブラウン(ブレディ)、ルーク・タイラー(ルーク)、ほか

「ベン」のネタバレあらすじ結末

ベンの紹介:1972年アメリカ映画。身体の弱い男の子、ダニーがやっと心を許し合える親友に巡り合った。それはネズミのベン。だがベンの率いるネズミたちは街で人間の生存を脅かしつつあった。大ヒットした『ウイラード』の続編となるホラー映画だが、少年とネズミの友情を描いてファミリー向け映画風になっている。主題歌はジャクソン5の一員だったマイケル・ジャクソン少年の歌う「ベンのテーマ」。マイケルがソロアーティストとしては初の全米シングルチャート1位を記録した。監督は『ウォーキング・トール』等の傑作を遺したフィル・カールソン。
監督:フィル・カールソン 出演者:リー・ハーコート・モンゴメリー(ダニー・ガリソン)、ジョセフ・キャンパネラ(クリフ・カートランド)、アーサー・オコンネル(ビリー・ハットフィールド)、ローズマリー・マーフィー(ベス・ガリソン)、メレディス・バクスター(イヴ・ガリソン)ほか

「ウイラード」のネタバレあらすじ結末

ウイラードの紹介:1971年アメリカ映画。ウイラードは会社では社長のパワハラに耐え、家ではお母さんの小言に耐える日々を送っている。彼の友だちはネズミたちだけだったが、ネズミの賢さは人の想像を超えるものだった。数百匹のネズミが人々を襲うホラー映画。演じるのは全部本物のネズミたち。自由気ままなネズミたちを相手に撮影は難航したと言われる。この作品の大ヒットにより続編『ベン』も製作された。ウイラードを演じたのは『いちご白書』のブルース・デイヴィソン。
監督:ダニエル・マン 出演者:ブルース・デイヴィソン(ウイラード・スタイルズ)、エルザ・ランチェスター(ヘンリエッタ・スタイルズ)、 アーネスト・ボーグナイン、(マーティン)、ソンドラ・ロック(ジョーン)、マイケル・ダンテ(ブラント)、ジョディ・ギルバート(シャーロット)ほか

「エルヴィス」のネタバレあらすじ結末

エルヴィスの紹介:2022年アメリカ映画。ルイジアナの小さなライブに出演し、当時誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露する若き日のエルヴィス。若者たちは魅了され、熱狂で全米が揺らいだ。「次歌ったら、動いたら逮捕する」-エルヴィスは社会を乱したとして、多くの逆境に遭うこととなる。破天荒な日々の裏側にあった危険な真実を知るのは、強欲なマネージャーであるトム・パーカー大佐だった。人気絶頂の彼を殺したのは何だったのか?世界史上最も売れたソロ・アーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。エルヴィスの誰も知らなかった真実の物語。時代を背負うアイコンとなり世界を変えていくエルヴィスの生き様が多くの伝説的ライブと共に描かれる。
監督:バズ・ラーマン 出演:オースティン・バトラー(エルヴィス)、トム・ハンクス(トム・パーカー大佐)、ヘレン・トムソン(グラディス)、リチャード・ロクスバーク(ヴァーノン)、オリヴィア・デヨング(プリシラ)、ヨラ(シスター・ロゼッタ・サープ)、ションカ・デュクレ(ビック・ママ・ソーントン/ペンテコステ派シンガー)、アルトン・メイソン(リトル・リチャード)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(B.B.キング)、ゲイリー・クラーク・Jr(アーサー・“ビッグ・ボーイ”・クルーダップ)、デヴィッド・ウェンハム(ハンク・スノウ)、ルーク・ブレイシー(ジェリー・シリング)、ディカー・モンゴメリー(スティーブ・ビンダー)、コディ・スミット=マクフィー(ジミー・ロジャース・スノウ)ほか

「リコリス・ピザ」のネタバレあらすじ結末

リコリス・ピザの紹介:2021年アメリカ映画。15歳の男子高校生ゲイリーは、10歳年上のアラナに恋をしてしまいます。アラナは最初は相手にしませんが、彼の熱意に押されて交際を始めます。ゲイリーは事業をはじめますがうまくいきません。アラナはそんな彼を支えていきます。本作は10歳年の違う二人の恋愛を描いた青春映画。石油ショックなどの1970年代の世相や、当時のセレブ、政治家などが登場します。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:アラナ・ハイム(アラナ・ケイン)、クーパー・ホフマン(ゲイリー・バレンタイン)、ショーン・ペン(ジャック・ホールデン)、トム・ウェイツ(レックス・ブロウ)、ブラッドリー・クーパー(ジョン・ピーターズ)、ベニー・サフディ(ジョエル・ワックス)、ほか

「マーベラス」のネタバレあらすじ結末

マーベラスの紹介:2021年アメリカ, イギリス映画。アナはベトナムで孤児として暗殺者のムーディに引き取られます。彼女は成人して凄腕の暗殺者になり、育ての親ムーディを殺害した男への復讐のため、ベトナムへ向かいます。『マーベラス』は、女性暗殺者の復讐劇を描くアクション映画です。
監督:マーティン・キャンベル 出演:マギー・Q(アナ)、マイケル・キートン(レンブラント)、サミュエル・L・ジャクソン(ムーディ)、ロバート・パトリック(ビリー)、デヴィッド・リントール、パトリック・マラハイド、オリ・フェッファー、レイ・フィアロン、フローリン・ピエルジク・Jr、キャロリン・ロンク、ヴェリザール・ビネヴ、ジョルジェ・ピステレアヌ、ほか

「マルケータ・ラザロヴァー」のネタバレあらすじ結末

マルケータ・ラザロヴァーの紹介:1967年チェコスロヴァキア映画。チェコ・ヌーベルバーグの巨匠、フランチシェク・ヴラーチルの傑作が半世紀以上の時を経て日本初公開。『アンドレイ・ルブリョフ』(アンドレイ・タルコフスキー監督)、『七人の侍』(黒澤明監督)などと並び、その後の多くの監督たちに影響を与えたといわれる本作は、13世紀のボヘミア王国を舞台にした壮大な叙事詩だ。極寒の山奥で当時と同じように暮らしながら548日間にもわたる撮影を敢行したという本作は、21世紀の現代でもなお鮮烈な印象を残す。
監督・脚本:フランチシェク・ヴラーチル 原作:ヴラジスラフ・ヴァンチュラ 出演:マグダ・バーシャーリオバー(マルケータ)、ヨゼフ・ケルム(コズリーク)、フランチシェク・ベレツキー(ミコラーシュ)、ミハル・コジュフ(ラザル)、イヴァン・パルウィッチ(アダム)、パブラ・ポラーシュコヴァー(アレクサンドラ)、ヴラスチミル・ハラペス(クリスティアン)ほか

「ジャバーウォッキー」のネタバレあらすじ結末

ジャバーウォッキーの紹介:1977年イギリス映画。樽職人デニスは父に勘当され愛する女性からも見捨てられます。彼は成功を目指して王様の暮らす城に向かいます。しかし城内はモンスターに怯える避難民であふれ、王様は悩んでいます。デニスは城内で村では考えられない体験をします…。本作は1970年代の伝説的な名作で、今回4Kレストア版が完成、再び注目を集めています。
監督:テリー・ギリアム 出演:マイケル・ペイレン(デニス・クーパー)、マックス・ウォール(ブルーノ懐疑王)、テリー・ジョーンズ(密猟者)、デボラ・ファレンダー(王女)、ジョン・ル・メスリエール(パセルリュー)、アネット・バッドランド(グリゼルダ・フィッシュフィンガー)、ハリー・H・コルベット(従者)、ほか

「彼女たちの革命前夜」のネタバレあらすじ結末

彼女たちの革命前夜の紹介:2019年イギリス映画。サリーは結婚し出産後に大学に入学。そんな彼女は1970年に女性差別に反対する団体に加わり、世界最大のミス・コンテストであるミス・ワールドへの反対運動を始めます。しかし当時、人気のあったミス・コンテストへの反対は大きな反発を招きます。本作は1970年にロンドンで開かれたミス・ワールドに反対した女性達の活躍を描いた映画です。
監督:フィリッパ・ロウソープ 出演:キーラ・ナイトレイ(サリー・アレクサンダー)、ググ・バサ=ロー(ジェニファー・ホステン)、ジェシー・バックリー(ジョー・ロビンソン)、グレッグ・ギニア(ボブ・ホープ)、ほか

「オフィサー・アンド・スパイ」のネタバレあらすじ結末

オフィサー・アンド・スパイの紹介:2019年フランス, イタリア映画。1894年フランス。ユダヤ系陸軍大尉ドレフュスが、ドイツに軍事機密を流したスパイ容疑で終身刑を言い渡される。ところが軍の中で対敵情報活動を指揮するジョルジュ・ピカール大佐は、ドレフュスの無実を示す証拠を発見する。上官に対処を迫るが、軍の信用を損なうことを理由に事実は隠蔽され左遷を命じられた。ピカールは全てを失ってもドレフュスの無実を晴らすため国家権力に抗いながら、真実と正義を追い求める。19世紀末にフランスで実際に起こった冤罪事件“ドレフュス事件”をもとにしたロバート・ハリスの『アン・オフィサー・アンド・ア・スパイ』を原作としている。ベネツィア国際映画祭では銀獅子賞、本国フランスではセザール賞で3部門を受賞し大ヒットを記録した。
監督:ロマン・ポランスキー 出演:ジャン・デュジャルダン(ジョルジュ・ピカール大佐)、ルイ・ガレル(アルフレド・ドレフュス大尉)、エマニュエル・セニエ(ポーリーヌ・モニエ)、グレゴリー・ガドゥボワ(ユベール・アンリ)、メルヴィル・プポー(フェルナン・ラボリ弁護士)、マチュー・アマルリック(アルフォンス・ベルティヨン筆跡鑑定人)、ヴィンセント・グラス(ジャン=バプティスト・ビヨ将軍)ほか

「君を想い、バスに乗る」のネタバレあらすじ結末

君を想い、バスに乗るの紹介:2021年イギリス映画。最愛の妻を亡くした90歳トム・ハーパーはローカルバスのフリーパスを利用してイギリス縦断の壮大な旅に出ることを決意する。目指すは妻と出会い、ふたりの人生が始まった1300キロ先のランズエンド。行く先々で様々な人と出会い、トラブルに巻き込まれながらも妻と交わしたある約束を果たすために果敢に旅を続ける。特殊メイクなしで実年齢より30歳近く年老いた主人公トムを演じたティモシー・スポールは、イタリアのバーリ国際映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞した。
監督:ギリーズ・マッキノン 出演:ティモシー・スポール(トム)、フィリス・ローガン(メアリー)、ベン・ユーイング(青年期のトム)、ナタリー・ミットソン(青年期のメアリー)ほか

「FLEE フリー」のネタバレあらすじ結末

FLEE フリーの紹介:2021年デンマーク, スウェーデン, ノルウェー, フランス映画。“FLEE”とは安全な場所へ逃げるという意味。本作は祖国アフガニスタン、受け入れ先のソ連(ロシア)からの脱出を語る青年アミンの姿をアニメーションで描いたドキュメンタリーだ。名を変え、アニメにすることで当事者の安全を確保した作品で、20年の時を経てようやく語れるようになったことからもその壮絶さがうかがえる。アカデミー賞で3部門にノミネートされたほか、アヌシー国際アニメーション映画祭では最高賞となるクリスタル賞ほか3部門を受賞した。
監督:ヨナス・ポヘール・ラスムセン 脚本:ヨナス・ポヘール・ラスムセン、アミン・ナワビ

「ブラック・フォン」のネタバレあらすじ結末

ブラック・フォンの紹介:2021年アメリカ映画。コロラド州デンバー北部のとある町で、子どもの行方不明事件が頻発。13歳の少年フィニー・ショーも連続誘拐犯に拉致され、地下室に閉じ込められてしまう。壁に囲まれたその部屋は叫んでも聞こえない防音の密室で、鍵のかかった扉と鉄格子の窓、 そして断線している黒電話があった。すると突如、断線しているはずの電話のベルが鳴り、フィニーが受話器を取ると犠牲者の声が聞こえた。そして彼らは、自分たちに起こったことがフィニーに起こらないように忠告する。一方、行方不明のフィニーを探している妹のグウェンは兄の失踪に関する不思議な予知夢を見たと言う。原作はジョー・ヒルのニューヨークタイムズのベストセラー『20世紀の幽霊たち』の中から受賞したショートストーリーを基にしている。
監督:スコット・デリクソンン 出演:イーサン・ホーク(グラバー)、メイソン・テムズ(フィニー)、マデリーン・マックグロウ(グウェン)、ジェレミ-・デイヴィス(テレンス)、ジェームズ・ランソン(マックス)、E.ロジャー・ミッチェル(ライト刑事)、トリスタン・プラヴォン(ブルース)、ミゲル・カザレス・モラ(ロビン)、J.ギャバン・ワイルド(ムース)、ジェイコブ・モラン(新聞配達人ビリー)、バンクス・レペタ(グリフィン)、プレイディ・ヘプナー(ヴァンス)ほか

キーワードから探す

TOP↑