SF映画のあらすじ

SFのあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気SF映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「シャドーチェイサー/地獄の殺戮アンドロイド」のネタバレあらすじ結末

シャドーチェイサー/地獄の殺戮アンドロイドの紹介:1992年アメリカ映画。政府により作られていた、人間兵器のアンドロイドが研究員たちを殺し逃げ出しました。そしてアンドロイドたちは病院を襲い大統領の娘達を人質にして。高額の身代金を要求してきました。FBIは急遽ビルの設計者で服役中の男を釈放し救出作戦に参加させますが人違いだったとわかり・・・という内容の近未来アクション映画です。
監督:ジョン・エアーズ 出演者:フランク・ザカリーノ(ロミュラス)、マーティン・コーヴ(ダシルバ)、メグ・フォスター(セーラ)、ポール・コスロ(トレベニアン)、ジョス・アクランド(キンダーマン)、リッコ・ロス(ジャクソン)、キム・ハフマン(ナオミ)、ブライアン・ジャクソン(大統領)ほか

「IQ スプレマシー」のネタバレあらすじ結末

IQ スプレマシーの紹介:2013年アメリカ映画。人工知能IC187という飛躍的に人間の知能をアップさせるチップを開発したウィリアムが、チップに改良を加え、人間兵器を作り諸外国に売り込もうとする組織からチップを守るため、自社を偽装爆破させチップの行方をくらましました。8年後ウイリアムの息子のネイトはチップを探す男たちにつけ狙われ始めます・・・という内容のSFサスペンス作品です。
監督:ビリー・ディクソン 出演者:トーマス・デッカー(ネイト)、デヴィッド・アンドリュース(ウィリアム・パーマー)、ランス・ヘンリクセン(トライデン)ほか

「チェイサー (1997年)」のネタバレあらすじ結末

チェイサーの紹介:1997年アメリカ映画。少年犯罪が頻発する地区の刑事のディランは、少年であっても犯罪は許さないと過激な取り締まりを行っていました。それがゆえ、起訴されずに釈放されている少年がいました。そんな時、犯罪を重ねる少年を次々処刑していく3人組が現れました・・・というSFアクション映画です。
監督:ジョナサン・ヒープ 出演者:エリック・ロバーツ(ディラン)、ニック・マンキューゾ(ストーン)、ローリー・ホールデン(アリー)、マーシー・メリッシュ(ゾーイ)、マーク・ヒルドレス(ラスティ)、エミリー・パーキンス(ダニエルス)ほか

「クリエイター」のネタバレあらすじ結末

クリエイターの紹介:1985年アメリカ映画。この作品は、「バイオで〈愛〉も創ってしまう…ノーベル賞博士がいま現代のタブーに挑んだ!」というキャッチで、ある科学者が亡き愛妻の再生を試みる姿を通し、生と死の問題を描いた感動のSFラブ・ロマンス映画です。
監督:アイヴァン・パッサー 出演:ピーター・オトゥール(ハリー)、マリエル・ヘミングウェイ(メリ)、ヴィンセント・スパーノ(ボリス)、ヴァージニア・マドセン(バーバラ)、デヴィッド・オグデン・スタイアーズ(シド)、ほか

「クロニクル」のネタバレあらすじ結末

クロニクルの紹介:2012年アメリカ映画。冴えない人生を送っていた男子高校生のアンドリュー。しかし、ある日アンドリューは同級生と共に、この世のものとは思えない不思議な物体に出会う。そして、なんと彼らは超能力に目覚めていたのだった。彼らの人生が、大きく動き出す。
監督:ジョシュ・トランク 出演:デイン・デハーン(アンドリュー)、アレックス・ラッセル(マット)、マイケル・B・ジョーダン(スティーブ)、マイケル・ケリー(リチャード・デトマー)、アシュリー・ヒンショウ(ケイシー)、ほか

「地球に落ちて来た男」のネタバレあらすじ結末

地球に落ちて来た男の紹介:1976年イギリス映画。故郷の星を救おうと地球に降り立った宇宙人が、帰郷目前で夢絶たれ、研究材料にされて地球に留め置かれてしまう。D・ボウイ主演のSF映画。
監督:ニコラス・ローグ 出演:デヴィッド・ボウイ、リップ・トーン、キャンディ・クラーク、バック・ヘンリー、バーニー・ケイシー、ほか

「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」のネタバレあらすじ結末

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーの紹介:2018年アメリカ映画。『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ第2弾は、シリーズ本編の『エピソード4/新たなる希望(1977年)』の約10年前を舞台に、駆け出しの密輸業者だった若き日のハン・ソロとチューバッカらその仲間たち、そして愛船ミレニアム・ファルコン号との出会いを描きます。
監督:ロン・ハワード 出演者:オールデン・エアエンライク(ハン・ソロ)、ヨーナス・スオタモ(チューバッカ)、ドナルド・グローヴァー(ランド・カルリジアン)、ウディ・ハレルソン(トバイアス・ベケット)、エミリア・クラーク(キーラ)、タンディ・ニュートン(ヴァル)、フィービー・ウォーラー=ブリッジ(L3-37)、ポール・ベタニー(ドライデン・ヴォス)、レイ・パーク(ダース・モール)ほか

「メランコリア」のネタバレあらすじ結末

メランコリアの紹介:2011年デンマーク,スウェーデン,フランス,ドイツ映画。鬱病の女性ジャスティンの結婚披露宴を姉の家でとり行うものの、ジャスティンの奇行によりすべてが台無しになり、一人になったジャスティンを引き取ることになったクレア一家ですが、惑星メランコリアが地球に大接近し、ジャスティンとメランコリアの間で揺れる一家を描いた話です。
監督:ラース・フォン・トリアー 出演:キルスティン・ダンスト(ジャスティン)、 シャルロット・ゲンズブール(クレア)、アレクサンダー・スカルスガルド(マイケル)、ブラディ・コーベット(ティム)、キャメロン・スパー(レオ)、シャーロット・ランプリング(ギャビー)、イェスパー・クリステンセン(リトル・ファーザー)、ジョン・ハート(デクスター)、ステラン・スカルスガルド(ジャック)、キーファー・サザーランド(ジョン)ほか

「セコンド」のネタバレあらすじ結末

セコンド/アーサー・ハミルトンからトニー・ウィルソンへの転身の紹介:1966年アメリカ映画。別人になってもう一度人生をやり直せたら。そんな中年男たちの密かな望みをかなえてくれる会社がアーサー・ハミルトンに接近してくる。だが、彼が得た第二の人生は決してバラ色ではなかった。『影なき狙撃者』、『ブラック・サンデー』等のジョン・フランケンハイマー監督によるSF風なドラマ。撮影監督ジェームズ・ウォン・ハウによる特徴的な構図の白黒映像が音楽や編集と相まって不安をかきたてる。
監督:ジョン・フランケンハイマー 出演者:ロック・ハドソン(トニー・ウィルソン)、サロメ・ジェンス(ノーラ・マーカス)、ジョン・ランドルフ(アーサー・ハミルトン)、ウィル・ギア(老人)、ウェズリー・アディ(ジョン)ほか

「デスマシーン」のネタバレあらすじ結末

デスマシーンの紹介:1994年イギリス映画。近未来のチャンク社内で、人造人間を作る『バートマン計画』が続けられていましたが、裏では『殺人兵器デスマシーン』の開発も行われていました。殺人兵器を作っているのがダンテとわかったケイルが、ダンテに会いますが強盗が現れてデスマシーンに追われるハメになる・・・という近未来アクションホラーです。
監督:スティーヴン・ノリントン  出演者:ブラッド・ドゥーリフ(ジャック・ダンテ)、エリ・プージェ(ヘイドン・ケイル)、リチャード・ブレイク(スコット・リドリー)、ウィリアム・フットキンス(ジョン・カーペンター)、アンドレアス・ウィズニュースキー(ウィランド)、ジョン・シャリアン(ライミ)、マーティン・マクドウガル(ユタニ)、ほか

「処刑惑星」のネタバレあらすじ結末

処刑惑星の紹介:2009年アメリカ映画。砂漠の惑星に不時着したシドニア星人の宇宙船から捕虜が逃げ出し、その捕虜を追って3人の兵士が銃撃戦になりました。兵士らの任務は捕虜を殺さずに移送することでした…というSFアクションです。SFと言ってもほとんどが砂漠の中で話が進むという作品です。
監督:サンディ・カローラ 出演者:アイザック・C・シングルトン・Jr(カルザ中佐)、クラーク・バートラム(オーリン・ジェリコ)、ダミオン・ポワチエ(ケンタウリ・セブン大尉)、サイモン・ポッター(クロイヤー)ほか

「ギャラクシーオブテラー 恐怖の惑星」のネタバレあらすじ結末

ギャラクシー・オブ・テラー/恐怖の惑星の紹介:1981年アメリカ映画。惑星モルガンタスで遭難したリーマス号の救出のために向かったクエスト号が、モルガンタスにあるけ巨大建造物の強力な隕石に引き寄せられ不時着し、調査に出た隊員たちが一人ずつ殺されていくという内容の宇宙アクションホラー映画です。
監督:B・D・クラーク 出演者:エドワード・アルバート(キャブレン)、エリン・モーラン(アルーマ)、レイ・ウォルストン(コア)、バーナード・ベーレンス(イルヴァー隊長)、ザルマン・キング(ベイロン副隊長)、シド・ヘイグ(キュオド)、ロバート・イングランド(レンジャー)、グレイス・ザブリスキー(トランター船長)ほか

「禁断の惑星エグザビア」のネタバレあらすじ結末

禁断の惑星エグザビアの紹介:1982年アメリカ映画。マイクの乗る宇宙船に宇宙連邦軍より、エグザビアに行って事故の処理をせよという指令を受けました。エグザビアの研究室では、宇宙バクテリアの研究が行われ、生物が変異するという現象が起き、変異体が一体逃げ出していました・・・という話です。エイリアン風なエロチックSF映画です。
監督:アラン・ホルツマン 出演者:ジェシー・ヴィント(マイク・コルビー)、ジューン・チャドウィック(バーバラ)、ドーン・ダンラップ(トレーシー)、フォックス・ハリス(カル・ティンバーゲン)、マイケル・ボーウェン(ジミー)、リンデン・チャイルズ(ゴードン)、レイモンド・オリヴァー、スコット・ポーリンほか

「アンドリューNDR114」のネタバレあらすじ結末

アンドリューNDR114の紹介:1999年アメリカ映画。人間になりたいと願うロボットの一生を描いたSFヒューマン・ドラマ。マーティン家にやって来た家事用ロボットNDR114。アンドリューと名付けられた彼は、マーティン家との交流を経て次第に人間への憧れを募らせていく。やがて人間の姿と心を手に入れた彼は、人間の女性と恋に落ちるのだった。原作はアイザック・アシモフの小説『バイセンテニアル・マン』。
監督:クリス・コロンバス 出演者:ロビン・ウィリアムズ(アンドリュー)、エンベス・デイヴィッツ(アマンダ/ポーシャ)、サム・ニール(リチャード・マーティン)、オリヴァー・プラット(ルパート・バーンズ)、キルステン・ウォーレン(ガラテア)ほか

「アイアン・スカイ」のネタバレあらすじ結末

アイアン・スカイの紹介:2012年フィンランド,ドイツ,オーストラリア映画。第二次世界大戦を生き延びたナチス・ドイツが月に逃れて地球への侵攻を企てていた。そんな斬新かつユーモアあふれる題材を基にして作られた本作品。作中に知っている人ならにやりとするネタを随所に盛り込み現代社会への皮肉をも込められた意欲作です。
監督:ティモ・ヴオレンソラ 出演:ユリア・ディーツェ(レナーテ・リヒター)、ゲッツ・オットー(クラウス・アドラー)、クリストファー・カービイ(ジェームズ・ワシントン)、ペータ・セージエント(ヴィヴィアン・ワグナー)、ステファニー・ポール(アメリカ合衆国大統領)、ティロ・プリュックナー(リヒター博士)、ほか

1 2 3 4 5 22
TOP↑