SF映画のあらすじ

SFのあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気SF映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「レミニセンス」のネタバレあらすじ結末

レミニセンスの紹介:2021年アメリカ映画。クリストファー・ノーランの弟ジョナサン・ノーランが製作を務めた近未来SFサスペンス。人の記憶に入り込み真実を知ることが出来る主人公ニック。ある日一人の女性客に一目惚れしたニックがやがて大きな事件に巻き込まれていくことになります。
監督:リサ・ジョイ 出演:ヒュー・ジャックマン(ニック)、レベッカ・ファーガソン(メイ)、タンディ・ニュートン(ワッツ)、ダニエル・ウー(セイント・ジョー)、クリフ・カーティス(サイラス)、ほか

「夏への扉 キミのいる未来へ」のネタバレあらすじ結末

夏への扉 ―キミのいる未来へ―の紹介:2021年日本映画。1956年にアメリカで発表された小説「夏への扉」。タイムトラベル物の古典ともいうべき伝説の小説を、舞台を日本に移し世界で初の映画化。監督は『思い、思われ、ふり、ふられ』など切ないラブストーリーに定評のある三木孝浩。主人公の科学者宗一郎を演じるのは『キングダム』のヒットも記憶に新しい山﨑賢人。その妹のような存在の璃子は朝ドラや主演映画など出演作目白押しの清原果耶が演じる。ラストで流れる主題歌「サプライズ」は映画を見てLiSAが歌詞を書き下ろしたまさにベストマッチの楽曲。
監督:三木孝浩 原作:ロバート・A・ハインライン(著)/福島正実(訳)(ハヤカワ文庫刊) キャスト:山﨑賢人(高倉宗一郎)、清原果耶(松下璃子)、藤木直人(ロボット:ピーート13)、夏菜(白石鈴)、眞島秀和(松下和人)、浜野謙太(坪井剛太)、田口トモロヲ(遠井教授)、原田泰造(佐藤太郎)、高梨臨(佐藤みどり)ほか

「最後にして最初の人類」のネタバレあらすじ結末

最後にして最初の人類の紹介:2020年アイスランド映画。1930年代~1940年代に活躍し、後のSF作家に多大な影響を与えたオラフ・ステープルドンの同名小説を、2018年に急逝した音楽家ヨハン・ヨハンソンが自身の映画監督デビュー作にして遺作として製作した壮大な叙事詩です。20億年先の遠い未来から20世紀の人類に託された、人類の存亡を巡る壮大な時間旅行が繰り広げられます。
監督・音楽:ヨハン・ヨハンソン 声の出演者:ティルダ・スウィントン(ナレーション)

「SEOBOK/ソボク」のネタバレあらすじ結末

SEOBOK/ソボクの紹介:2021年韓国映画。秦の始皇帝の時代に不老の霊薬を探し求めたとされる古代中国の人物・徐福(ソボク)の伝説をモチーフにした韓国発のSFサスペンス映画です。不治の病に侵された元国家情報院諜報員と不死身の肉体を持つクローン人間の物語を描きます。
監督:イ・ヨンジュ 出演者:コン・ユ(ミン・ギホン)、パク・ボゴム(ソボク)、チョ・ウジン(アン部長)、チャン・ヨンナム(イム・セウン)、パク・ビョンウン(シン・ハクソン)、キム・ジェゴン(キム・チョノ)、ヨン・ジェウク(ホ課長)、キム・ホンパ(ペ局長)、イ・オンジョン(ユン・ヒョンス)ほか

「アーカイヴ」のネタバレあらすじ結末

アーカイヴの紹介:2020年イギリス映画。近未来の日本の山奥を舞台に、事故で妻を亡くしたロボット工学者が妻を甦らせるために契約違反を犯してまでアンドロイド開発に挑む姿とその顛末を描いたイギリス発のSFミステリー映画です。
監督:ギャビン・ロザリー 出演者:テオ・ジェームズ(ジョージ・アルモア)、ステイシー・マーティン(ジュールス・アルモア/J3/J2(声))、ローナ・ミトラ(シモーヌ)、トビー・ジョーンズ(ヴィンセント・シンクレア)、ピーター・フェルディナンド(ミスター・タッグ)、リチャード・グローヴァー(メルヴィン)、ハンス・ピーターソン(エルソン)、リア・ウィリアムズ(管理システムの電子音声)ほか

「東京リベンジャーズ」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズの紹介:2020年日本映画。旬の若手俳優を集めた人気マンガの実写化映画『東京リベンジャーズ』。監督は『映像研には手を出すな!』など実写化作品に定評のある英勉。主役の花垣武道は映画にドラマ、そしてバンドDISH//のフロントマンとしても活躍中の北村匠海。ヒロイン橘日向に今田美桜、その弟直人に杉野遥亮、そのほか磯村勇斗、吉沢亮、山田裕貴、間宮祥太朗、清水尋也、眞栄田郷敦、鈴木伸之など、全員マンガから抜け出てきたかのようなビジュアルの再現度でキャラクターを演じている。
監督: 英勉 原作:「東京卍リベンジャーズ」和久井健(週刊少年マガジン) 出演:北村匠海(花垣武道[タケミチ])、山田裕貴(龍宮寺堅[ドラケン])、杉野遥亮(橘直人[ナオト])、今田美桜(橘日向[ヒナ])、鈴木伸之(清水将貴[キヨマサ])、眞栄田郷敦(三ツ谷隆[ミツヤ])、清水尋也(半間修二[ハンマ])、磯村勇斗(千堂敦[アッくん])、間宮祥太朗(稀咲鉄太[キサキ])、吉沢亮(佐野万次郎[マイキー])ほか

「コンティニュー」のネタバレあらすじ結末

コンティニューの紹介:2021年アメリカ映画。暗殺集団に襲われる出来事を経験した元特殊部隊の主人公。襲われた後再び同じ襲撃を繰り返してしまう不思議な体験の謎に迫っていくストーリー。タイムリープの謎に迫っていく様がスリリングで見所たっぷりです。
監督:ジョー・カーナハン 出演:フランク・グリロ(ロイ・パルヴァー)、メル・ギブソン(クライヴ・ヴェンター大佐)、ナオミ・ワッツ(ジェマ・ウェルズ)、アナベル・ウォーリス(アリス)、ケン・チョン(ブレット)、ミシェル・ヨー(ダイ・フォン)、ほか

「JUNK HEAD」のネタバレあらすじ結末

JUNK HEAD(ジャンク・ヘッド)の紹介:2017年日本映画。本業は内装業という経歴を持つアニメーション作家・堀貴秀が7年の歳月をかけ、監督・脚本・原案・原作・キャラクターデザイン・セット製作・撮影・音楽・編集・声の出演など何役も兼任して完成させたSFストップモーション・アニメーション作品です。本作は短編『JUNK HEAD 1』をベースに製作された三部作の第1作にあたり、環境破壊によって絶滅の危機に瀕した人類が地下世界で独自に進化していた人工生命体の調査を開始する様を描きます。
監督:堀貴秀 声の出演:堀貴秀(パートン/三バカ/博士/職長)、三宅敦子(ニコ)、杉山雄治(女衆)ほか

「人数の町」のネタバレあらすじ結末

人数の町の紹介:2019年日本映画。借金取りに追われ、暴行を受けていた哲也がポールという男に助けられます。哲也はポールの言うがままついて行くと、フェンスに囲まれた広い土地にある大きな建物に連れて行かれます。そこには多くの人がいて、少しの作業を指示通り行えば、衣食住そしてSEXまで自由にできます。緑という女性と仲良くなった哲也は、緑を探して入所してきた紅子と出会った事で、二人でここから逃げ出す計画をします。中村倫也主演の謎の町を描いたミステリー作品です。
監督:荒木伸二 出演者:中村倫也(蒼山哲也)、石橋静河(木村紅子)、山中聡(ポール)、立花恵理(末永緑)、橋野純平、植村宏司、菅野莉央、松浦祐也、草野イニ、川村沙也、柳英里紗、ほか

「グリーンランド 地球最後の2日間」のネタバレあらすじ結末

グリーンランド 地球最後の2日間の紹介:2020年アメリカ,イギリス映画。かつて恐竜を絶滅させたのは巨大隕石の地球への衝突であったと言われています。21世紀にその隕石による人類滅亡の危機が世界を襲います。アメリカ政府と軍は人類生存のための秘密計画を発動させ、一部の選ばれた人のみを救うをいう計画でした。少数の選ばれた避難組に入ろうとする人々の醜い争いが始まります。『グリーンランド 地球最後の2日間』は、巨大隕石衝突による人類絶滅の危機を描くパニック映画です。危険に直面する人間のパニックとエゴと欲望、家族の愛を描いています。
監督:リック・ローマン・ウォー 出演:ジェラルド・バトラー(ジョン・ギャリティ)、モリーナ・バッカリン(アリソン・ギャリティ)、ロジャー・デイル・フロイド(ネイサン・ギャリティ)、スコット・グレン(デイル)、ほか

「タイムシャッフル」のネタバレあらすじ結末

タイムシャッフルの紹介:2014年アメリカ映画。賃貸住宅の管理人をするフィンと同居する、キャリーとジャスパーら3人は、向かいの部屋に住むベゼリデスの様子を見に行った時、24時間後の写真が撮れるカメラを見つけました。毎夜8時に24時間後の自分たちが映し出されることから、3人はそれぞれ自分の思惑の為にそのカメラを使い始め…というSFサスペンス映画です。
監督:ブラッドリー・キング 出演者:ダニエル・パナベイカー(キャリー)、マット・オリアリー(フィン)、ジョージ・フィン(ジャスパー)、ジョン・リス=デイヴィス、アミン・ジョセフ、ジェイソン・スピサック、デヴィッド・フィグリオーリ、シャロン・モーン、ジュディス・ドレイク、ほか

「ハープ・プロジェクト」のネタバレあらすじ結末

ハープ・プロジェクトの紹介:2013年ドイツ映画。ネットで流行っている、GPSを使った宝探しをしている男女が、戦争兵器を作る『ハープ計画』の施設に入りこみます。そこは電磁波によって人間を制御して殺す実験施設で、電磁波に襲われながら彼らは逃げ出すことが出来るのか…という内容のスリラー映画です。
監督:ソルステン・クライン 出演者:フランソワ・グースケ(ダニエル)、イェッテ=メルレ・ボールンゼン(エリ)、ピット・ボウスキー(トーマス)、ヨゼフィーヌ・プロイス(ジェシカ)、アナトール・トーブマン(防護服の男)、ほか

「ニュー・ミュータント」のネタバレあらすじ結末

ニュー・ミュータントの紹介:2020年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気作品を原作とする『X-MEN』シリーズの通算13作目(スピンオフ含め)であり、20世紀FOX製作としては最終作となる作品です。本作は過去作品のキャラクターは登場せず、シリーズ初となる青春ホラー作品となりました。日本では劇場公開されずデジタル配信となりました。
監督:ジョシュ・ブーン 出演者:アニャ・テイラー=ジョイ(イリアナ・ラスプーチン/マジック)、ブルー・ハント(ダニエル・ダニー・ムーンスター/ミラージュ)、メイジー・ウィリアムズ(レイン・シンクレア/ウルフスベーン)、チャーリー・ヒートン(サム・ガスリー/キャノンボール)、ヘンリー・ザーガ(ロベルト・ダ・コスタ/サンスポット)、アリシー・ブラガ(セシリア・レイエス)ほか

「氷の世界へ」のネタバレあらすじ結末

氷の世界への紹介:2016年フランス, ベルギー映画。憧れの教授の手伝いに指名された引っ込み思案なクリストフィンは、とある物質の研究に自分の身体を被検体として差し出すことにした。二人だけの秘密の研究の行方はいかに。
監督:マリー・マディニエ 出演者:シャルロット・ルボン、ギョーム・カネ、アンヌ・ル・ニ、パトリック・ダスンサオ、ダミアン・シャペル、グザヴィエ・ボーヴォワ、ヴァンサン・ローネー=フラン、チェスキーニ、ほか

「レポマン」のネタバレあらすじ結末

レポマンの紹介:1984年アメリカ映画。ロサンゼルスのパンクな少年がひょんなことから、ローン未払いの自動車を利用者から奪っていく悪名高いレポマンに転職。会社には変人ぞろい。その彼らが、国家機密を隠した一台の自動車の争奪戦に巻き込まれる。異色のフィルム・ノワールである『キッスで殺せ』(1955年)の精神を受け継いだ、ぶっ飛んだSF映画。『シド・アンド・ナンシー』等のアレックス・コックス監督の長篇映画デビュー作。イギー・ポップの歌うテーマ曲も必聴。撮影監督はヴィム・ヴェンダース監督の作品で既に名高かったロビー・ミューラー。
監督:アレックス・コックス 出演者:エミリオ・エステベス(オットー)、ハリー・ディーン・スタントン(バッド)、トレイシー・ウォルター(ミラー)、オリビア・バラシュ(レイラ)、スーザン・バーンズ(ロジャース)、フォックス・ハリス(パーネル)、ほか

1 2 3 4 5 34

キーワードから探す

TOP↑