Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画

映画のあらすじと結末までのネタバレをまとめて解説している映画一覧です。作品に込められたメッセージや意味の紹介など、あらすじだけではなく解釈についての内容も含んでいます。シリーズ映画の復習や過去に見た映画だけどストーリーやラストを忘れてしまった時にダイジェストでご覧いただけます。映画のあらすじを結末まで解説していますのでネタバレに注意してご覧ください。

「パーニシャス/Pernicious」のネタバレあらすじ結末

パーニシャス/Perniciousの紹介:2014年アメリカ映画。タイに旅行に行ったアメリカ人の3人娘が、宿泊した別荘で金色の少女像を見つけたことで、恐ろしい体験をするホラー映画です。オカルトホラーながら、血みどろのゴアシーン満載という、マニア向けの作品です。
監督:ジェームス・カレン・ブレザック  出演者:キアラ・ハンナ(アレックス)、エミリー・オブライエン(ジュリア)、ジャッキー・ムーア(レイチェル)、ラッセル・ジェフリー・バンクス(コリン)、ジャレッド・コーン(シェーン)ほか

「屋根裏部屋の花たち」のネタバレあらすじ結末

屋根裏部屋の花たちの紹介:1987年アメリカ映画。幽閉された子供達の恐怖と怒り、そして復讐を描くサスペンス・ミステリー。父親を亡くしたキャシーは、家族と一緒に母コリーンの実家に身を寄せることになった。しかし祖母から忌み嫌われ、コリーンと引き離されたキャシー達は幽閉されてしまう。きっとコリーンが助けてくれると辛抱するが、次第に母の心は遠ざかり、子供達には疑惑と死の恐怖が忍び寄る。原作はV・C・アンドリュースの同名小説。
監督:ジェフリー・ブルーム 出演者:ヴィクトリア・テナント(コリーン)、クリスティ・スワンソン(キャシー)、ルイーズ・フレッチャー(祖母)、ジェブ・スチュアート・アダムス(クリス)、ベン・ギャンガー(コリー)ほか

「見えない恐怖」のネタバレあらすじ結末

見えない恐怖の紹介:1971年イギリス映画。殺人鬼に狙われる盲目の女性の恐怖を描いたサスペンス作品。視力を失い、叔父一家の邸宅に身を寄せることになったサラ。ある日外出先から帰宅すると、家の中が妙に静かだった。実は叔父一家は殺害されていたのだが、サラには惨殺された遺体が見えない。しばらくして事態に気付いたサラのもとに、恐ろしい殺人鬼が忍び寄る。
監督:リチャード・フライシャー 出演者:ミア・ファロー(サラ)、ドロシー・アリソン(ベティ)、ロビン・ベイリー(ジョージ)、ダイアン・グレイソン(サンディ)、ノーマン・アシュレイ(スティーブ)ほか

「イリュージョニスト」のネタバレあらすじ結末

イリュージョニストの紹介:2010年イギリス,フランス映画。フランスの喜劇王ジャック・タチが愛娘のために書き上げた脚本を題材にした作品。1950年代のスコットランドを舞台に「ベルヴィル・ランデブー」の鬼才シルヴァン・ショメによるノスタルジックで心温まるアニメーション映画です。
監督:シルヴァン・ショメ 出演者:ジャン=クロード・ドンダ(タチシェフ)、エルダ・ランキン (アリス)、レイモンド・マーンズ、ダンカン・マクニール、ジェームズ・T・ミューアほか

「ハラがコレなんで」のネタバレあらすじ結末

ハラがコレなんでの紹介:2011年日本映画。『自分のことより、他人のこと』周りのみんなを元気にする、“粋”な妊婦ヒーローの誕生!妊娠9か月のシングルマザーが人々を救っていく姿をコメディタッチで描いた人情ドラマです。
監督:石井裕也 出演:仲里依紗(原光子)、中村蒼(児玉陽一)、稲川実代子(清)、並樹史朗(原芳隆)、竹内都子(原早苗)、大野百花(原光子 / 小学生)、鈴木励和(齋藤水生)、近藤芳正(斉藤)、螢雪次朗(加藤)、斉藤慶子(ママ)、石橋凌(児玉次郎)、ほか

「ソウルガールズ」のネタバレあらすじ結末

ソウルガールズの紹介:2012年オーストラリア映画。1960年代のオーストラリア。先住民族アボリジニの女性ボーカルグループの実話を題材にした人間ドラマ。4人の女性が差別や偏見を乗り越えながら逞しく成長していく姿をソウルミュージックやカントリーミュージックとともに綴っていきます。
監督:ウェイン・ブレア 出演者:クリス・オダウド(デイヴ)、デボラ・メイルマン(ゲイル)、ジェシカ・マーボイ(ジュリー)、シャリ・セベンズ(ケイ)、ミランダ・タプセル(シンシア)ほか

「カルト」のネタバレあらすじ結末

カルトの紹介:年アメリカ映画。タレントのあびる優、岩佐真悠子、入来茉里の3人が、心霊番組のレポーターを務めることになり、悪霊に悩まされる母子の家にスタッフ、霊媒師と共に行きました。しかしその家の悪霊は想像を絶するもので、3人のレポートは危険なものになっていきました・・・という白石晃士監督の疑似ドキュメンタリー風のホラー映画です。
監督:白石晃士 出演:あびる優(本人役)、岩佐真悠子(本人役)、入来茉里(本人役)、岡本夏美(金田美保子)、井上肇(龍玄)、山口森広(雲水)、小山田サユリ(金田朋絵)、三浦涼介(NEO)ほか

「探偵なふたり」のネタバレあらすじ結末

探偵なふたりの紹介:2015年韓国映画。目を見張る推理力を持つデマンは何かにつけて友人の刑事ジュンスの警察署を尋ねては追い出される日々。そんな時、ジュンスが殺人の罪で検挙され、ジュンスを助けるために“広域捜査隊の人喰いザメ”と恐れられていた刑事テスと共に捜査をする事になります。複雑な事件を抜群な推理力で犯人を割り出していく2人、ミステリーに笑いを取り入れた奥の深い作品です。
監督:キム・ジョンフン 演出:クォン・サンウ(カン・デマン)、ソン・ドンイル(ノ・テス)、ソ・ヨンヒ(イ・ミオク)、パク・ヘジュン(イ・ジュンス)、イ・スンジュン(キム・ヨンギュ)

「サタデーナイトチャーチ 夢を歌う場所」のネタバレあらすじ結末

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所の紹介:2017年アメリカ映画。以前はアメリカ社会で隠れて暮らしていたLGBTQ。今では同性同士の結婚も認められ、多くの人たちがその権利を認め始めていますが、まだまだ偏見を持つ人もいます。この映画は主人公の少年が男性から女性になりたい夢を持ち、悩みながらも夢を実現していくストーリーです。『サタデーナイト・チャーチ・夢を歌う場所』はアメリカで多いLGBTQの少年の悩みと成長を描き、批評家から絶賛された映画、アメリカのLGTBQのコミュニティについて学べる映画です。
監督:デイモン・カーダシス 出演:ルカ・カイン(ユリシーズ)、マーゴット・ブリングハム(アマラ、ユリシーズの母)、レジーナ・テイラー(ローズ / ユリシーズの叔母)、ほか

「L.A.ジョーンズ」のネタバレあらすじ結末

L.A.ジョーンズの紹介:1997年アメリカ映画。ビバリーヒルズでエリートだけを相手にする高級娼婦リズ。愛は不要、信じられるのはお金だけ、という彼女と、そんな彼女を取り巻く男たちとの関係を淡々と映し出す。
監督:ジョイス・チョプラ 出演:トーマス・キャラブロ、デボラ・ハリー、ブリトニー・パウエル、ジョン・テリー、ほか

「眼には眼を」のネタバレあらすじ結末

眼には眼をの紹介:1957年フランス,イタリア映画。中東の病院のフランス人医師が、ある夜、妻の容体の悪化から診察してくれという電話を断り、他の医師に診させて死なせてしまった事から、夫が医師に対し復讐をする様子を描いたサスペンス映画です。砂漠の山岳地帯を舞台にした映像には迫力があります。
監督:アンドレ・カイヤット 出演者:クルト・ユルゲンス(ヴァルテル)、フォルコ・ルリ(ボルタク)、パスカル・オードレ(ボルタクの義理の妹)、レア・パドヴァーニ(ロラ)ほか

「パラダイス・アーミー」のネタバレあらすじ結末

パラダイス・アーミーの紹介:1981年アメリカ映画。楽な生活を送るためにアメリカ陸軍に入隊した男達の騒動を描いたコメディ作品。毎日毎日怠惰な生活を送っていたジョンは、衣食住が保障されている軍で楽に暮らすことを考えついた。親友ラッセルを誘って入隊したものの、厳しい訓練に嫌気がさしてしまう。ところが思いがけず将軍から評価されてしまい、ジョン達は最新鋭部隊としてイタリアに派遣されることになるのだった。
監督:アイヴァン・ライトマン 出演者:ビル・マーレイ(ジョン)、ハロルド・ライミス(ラッセル)、ショーン・ヤング(ルイーズ)、ウォーレン・オーツ(ハルカ軍曹)、P・J・ソールズ(ステラ)ほか

「プロムナイト」のネタバレあらすじ結末

プロムナイトの紹介:1980年カナダ映画。プロムの夜に巻き起こる復讐劇を描いたホラー作品。廃校で5人の子ども達が鬼ごっこをしていたが、1人の少女が過剰に追い詰められ死亡してしまった。残った4人は捕まることを恐れ、自分達だけの秘密にしようと誓う。数年後、彼らは高校生になりプロムの夜を迎えた。賑やかなパーティーの裏側で、加害少女達を標的にした惨劇が始まる。
監督:ポール・リンチ 出演者:ジェイミー・リー・カーティス(キム)、レスリー・ニールセン(ハモンド校長)、ケイシー・スティーヴンス(ニック)、エディ・ベントン(ウェンディ)、マイケル・タフ(アレックス)ほか

「GOTH ゴス」のネタバレあらすじ結末

GOTH ゴスの紹介:2008年日本映画。死体を見るのが好きな変わった趣味を持つ高校生の男女が、お互い魅かれあい、その時発生していた手首切断猟奇連続殺人事件を二人で調査し始めました。そして行きつけの喫茶店で犯人のものと思われる手帳を拾ってから状況が一変し始めました・・・という乙一の同名ミステリー小説を映画化したものです。
監督:高橋玄 出演者:本郷奏多(神山樹)、高梨臨(森野夜)、松尾敏伸(喫茶店の常連客)、柳生みゆ(樹の妹)、山中聡(喫茶店の常連客)、鳥肌実(喫茶店の常連客)、長塚圭史(夜が通う喫茶店の店主)、ほか

「懺悔」のネタバレあらすじ結末

懺悔の紹介:1984年ソ連映画。旧ソ連のグルジア(現ジョージア) が生んだ世界的巨匠テンギズ・アブラゼの「祈り三部作」の三作目。スターリン時代を想起させる粛清と、その後の苦境を寓話的・象徴的手法で描き、ペレストロイカ期のソ連映画を代表する作品となった。第40回カンヌ国際映画祭 審査員特別大賞・国際批評家連盟賞・キリスト教審査員賞受賞。
監督:テンギズ・アブラゼ 出演者:アフタンディル・マハラゼ(ヴァルラム・アラヴィゼ/アベル・アラヴィゼ)、ゼイナブ・ボツヴァゼ(ケテヴァン・バラテリ)、エディシェル・ギオルゴビアニエ(サンドロ・バラテリ)、ケテヴァン・アブラゼ(ニノ・バラテリ)、メラブ・ニニゼ(トルニケ)その他

1 2 3 4 5 534
TOP↑