映画

映画のあらすじと結末までのネタバレをまとめて解説している映画一覧です。作品に込められたメッセージや意味の紹介など、あらすじだけではなく解釈についての内容も含んでいます。シリーズ映画の復習や過去に見た映画だけどストーリーやラストを忘れてしまった時にダイジェストでご覧いただけます。映画のあらすじを結末まで解説していますのでネタバレに注意してご覧ください。

「キャメラを止めるな!」のネタバレあらすじ結末

キャメラを止めるな!の紹介:2022年フランス映画。企業の宣伝ビデオなど面白味のない仕事にうんざりしていた監督レミーにある撮影のオファーが舞い込む。それは「山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影が勧められていたが、俳優たちの下手な演技にキレた監督が本物のゾンビを召喚してクルーを襲わせ、超リアルな映像をモノにする」という内容の大ヒット日本映画『ONE CUT OF THE DEAD』のリメイク。しかも条件は30分間生放送、カメラは1台でワンカット撮影をするというものだった。無茶すぎる撮影に断ろうとしていたレミーだったが、娘にいいところを見せたくて引き受けることに。しかし、チームはまとまらず、役者も降板や入院など次々とトラブルに見舞われる。急遽、レミーが主演を、そして見学に来ていた元女優の妻も代役を務め、本番がスタートする。本作は予算300万のインディーズ映画ながら、SNSの口コミ効果で全国公開へと拡大し、興行収入31億円突破という社会現象的大ヒットとなった『カメラを止めるな!』のフランス版リメイク。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ロマン・デュリス(レミー/監督:ヒグラシ役)、ベレニス・ベジョ(ナディア/メイク:ナツミ役)、グレゴリー・ガドゥボワ(フィリップ/カメラマン:ホソダ役)、フィネガン・オールドフィールド(ラファエル/俳優:ケン役)、マチルダ・ルッツ(アヴァ/女優:チナツ役)、セバスチャン・シャサーユ(アーメル/助監督:ヤマコシ役)、ラファエル・クエナード(ジョナタン/録音:アキラ役)、リエス・セーラム(プロデューサー:ムニール)、シモン・アザナヴィシウス(レミーの娘ロミー)、アニエス・ウーステル(スクリプター:ロラ)、チャーリー・デュポン(カメラマン:フレド)、ジャン=パスカル・ザディ(音響:ファティ)、ルアナ・バイラミ(助監督:ジョアナ)、ライカ・アザナヴィシウス(カメラ助手:マノン)、竹原芳子(日本のプロデューサー:マダム・マツダ)ほか

「X エックス」のネタバレあらすじ結末

X エックスの紹介:2022年アメリカ映画。セクシー映画撮影のため、テキサス州の田舎の農場へ向かう若い撮影クルーと女優と俳優。彼らは農場のオーナー夫妻の異様な性の世界と殺人に巻き込まれます。『X エックス』は、老夫婦の狂った性と殺しの世界を描いた映画です。若い映画関係者の成功への夢と老夫婦の若さへの嫉妬心が対称的に描かれたストーリーです。
監督:タイ・ウェスト 出演:ミア・ゴス(マキシーン / パール)、マーティン・ヘンダーソン(ウェイン)、ブリターニー・スノウ(ボビー=リン)、スコット・メスカディ(ジャクソン)、ジェナ・オルデガ(ロレイン)、オーウェン・キャンベル(RJ)、スティーブン・ユーア(ハワード)、ほか

「ソー:ラブ&サンダー」のネタバレあらすじ結末

ソー:ラブ&サンダーの紹介:2022年アメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」のメンバーである最強の雷神ソーを描いた「ソー」シリーズの第4作であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」第29作目となる作品です。前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年)でメガホンを執ったタイカ・ワイティティが続投、2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)までヒロインを演じたナタリー・ポートマンが“もう一人のソー”としてカムバックを果たし、新たな悪役として『ダークナイト ライジング』(2012年)以来10年ぶりのスーパーヒーロー作品出演となるクリスチャン・ベールがMCU初参戦、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の面々もゲスト参加しています。
監督:タイカ・ワイティティ 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター/マイティ・ソー)、テッサ・トンプソン(ブリュンヒルデ/ヴァルキリー)、タイカ・ワイティティ(コーグ)、クリス・プラット(ピーター・クイル/スター・ロード)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声)、ヴィン・ディーゼル(グルートの声)、カレン・ギラン(ネビュラ)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、ショーン・ガン(クラグリン・オブフォンテリ)、ジェイミー・アレクサンダー(シフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ディオニューソス)、アコシア・サベト(バスト)、カーリー・リース(ミーク)、ジョナサン・ブルー(ラプー)、マット・デイモン(ロキを演じる役者)、ルーク・ヘムズワース(ソーを演じる役者)、サム・ニール(オーディンを演じる役者)、メリッサ・マッカーシー(ヘラを演じる役者)、ベン・ファルコーン(演劇の監督)、ダーレイ・ピアソン(ダリル)、キーロン・L・ダイアー(アクセル)、インディア・ローズ・ヘムズワース(ラブ)、サシャ・ヘムズワース(幼少期のソー)、トリスタン・ヘムズワース(幼少期のソー)、アヴァ・カリョフィリス(少女時代のジェーン・フォスター)、ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ)、カット・デニングス(ダーシー・ルイス)、ブレット・ゴールドスタイン(ヘラクレス)、ジェニー・モリス(ニュー・アスガルドの市民)、エルサ・パタキー(狼女)、ドリス・エルバ(ヘイムダル)、ラッセル・クロウ(ゼウス)、クリスチャン・ベール(ゴア)ほか

「パンプキンヘッド 復讐の謝肉祭」のネタバレあらすじ結末

パンプキンヘッド 復讐の謝肉祭の紹介:2006年アメリカ映画。家族を殺された人々たちが犯人に復讐するため、森の魔女と悪魔の契約を交わした。魔女は人々の願いを聞き入れ、20年の月日を経て再びパンプキン・ヘッドを呼び起こすのであった。そしてパンプキン・ヘッドは、犯人たちを次々に殺していく…。
監督:ジェイク・ウエスト 出演:ダグ・ブラッドレイ(ドク・フレーザー)、ダグラス・ロバーツ(バント・ウォレス)、リサ・マキャリスター(ダリア・ウォレス)、テス・パンツァー(モリー・スー・アレン)、エマニュエル・パーヴュ(オリヴァー・アレン)、ランス・ヘンリクセン(エド・ハーレイ)、バート・サイドルズ(フレッド)、ボブ・ガンター(パンプキン・ヘッド)ほか

「ブラックキス」のネタバレあらすじ結末

ブラックキスの紹介:2004年日本映画。新人モデルのアスカは帰る家がなく困っていた。同じモデル仲間から紹介されたカスミの元に居候として居座るのだったが、カスミには奇妙な噂があった。それは、カスミに関わった人間はなぜか死んでしまう。という噂だった。それから少ししてアスカの周りで奇妙なことが起こり始めるのだった。
監督:手塚眞 出演:橋本麗香(星野明日香)、川村カオリ(黒木香純(ルーシー))、松岡俊介(白木祐介)、安藤政信(空山龍男)、小島聖(葵)、岩堀せり(愛華)、あんじ(綾部マリ)、SAWACO(マユミ)、岡田真善(木村勇)、オダギリジョー(ジョーカー城野)、草刈正雄(鷹山龍生)、奥田瑛二(嶺崎警部)、綾野剛、ほか

「恐怖依存症」のネタバレあらすじ結末

恐怖依存症の紹介:2006年日本映画。オタク系男子の富士見英武は、自分もヒッチコックの生まれ変わりと思い込み映画監督になることを夢みて妄想を膨らませる日々を送っていた。そんなある日、1人の女性と出会ったことで英武の人生は大きく変わっていくのであった。
監督: 藤井秀剛 出演者:窪塚俊介(富士見英武)、吉野公佳(白石有紀子/富士見凉子)、松本匠(元川)、中川愛海(恭子)、牛尾好宏(竹村)、宮純子、諏訪部仁、松嶋亮太、ほか

「シーフォーミー」のネタバレあらすじ結末

シーフォーミーの紹介:2021年カナダ映画。元スキーヤーでオリンピックを目指していたソフィは、病で盲目になってしまい夢を断念。その後、大富豪のデブラの家にキャットシッターとして住み込みで働く事になった彼女、そこに3人の男たちが金を狙って侵入してきます。盲目ならではの恐怖が彼女を襲います。
監督:ランドール・オキタ 出演:スカイラー・ダヴェンポート(ソフィ)、ジェシカ・パーカー・ケネディ(ケリー)、ローラ・ヴァンダーヴォート(デブラ)、キム・コーツ(リコ)、パスカル・ラングデイル(アーニー)、ジョー・ピングー(デイヴ)、ジョージ・チョートフ(オーティス)、キートン・カプラン(カム)ほか

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「ギャング対ギャング」のネタバレあらすじ結末

ギャング対ギャングの紹介:1962年日本映画。自分を裏切った組織への貸しを取り返すことを誓った男が新しい仲間と麻薬横取り作戦を展開する。カルト映画の帝王となる以前の石井輝男監督が主役に鶴田浩二を、敵役に石井監督晩年の作品にも出演を続けた丹波哲郎を迎えて送り出した白黒アクション映画。『吸血鬼ゴケミドロ』等の映画出演で知られるシャンソン歌手高英男も冷酷なヤクザを怪演。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(水原)、三田佳子(百合)、松尾和子(みよ子)、梅宮辰夫(金谷)、成瀬昌彦(男谷)、高英男(塚原)、三井弘次(柳沢)、西村晃(ハルヤマ)、丹波哲郎(波川)ほか

「エド・ゲイン」のネタバレあらすじ結末

エド・ゲインの紹介:2007年アメリカ映画。ウィスコンシン州のプレインフィールドという小さな町で連続殺人が起こる。行方不明者も後を絶たない中で、捜査を進める警察たち。そして一人の男が捜査線上に浮上する。その男こそ、全米を震撼させたエド・ゲインという男だった。
監督: マイケル・フェイファー 出演者:ケイン・ホッダー(エド・ゲイン)、エイドリアン・フランツ(エリカ)、プリシラ・バーンズ(ベラ)、ショーン・ホフマン(ボビー)、マイケル・ベリーマン(ジャック)、ほか

「キラー・バグズ」のネタバレあらすじ結末

キラー・バグズの紹介:2002年アメリカ映画。旧友が亡くなったという一報を受け、数十年ぶりに再び顔を合わせた旧友たち。葬儀後、別荘にてバカンスを楽しんでいたのだが、突如ハエの大群に襲われる一向。ハエに寄生された人間はたちまち狂暴になり襲いかかってくる。そのハエたちは政府が極秘に開発していた、殺人ハエだった。
監督: ジョッシュ・オルソン 出演:ザック・ギャリガン(ウォーレン)、リサ・アン・ハドリー、ダニエル・ジェンキンス(スティーブン)、エイミー・ジョー・ジョンソン(ジェシー)、ロバート・ダンカン・マクニール(エリック)、タック・ワトキンス(カール)、ほか

「ダーク・タイド」のネタバレあらすじ結末

ダーク・タイドの紹介:2011年アメリカ, 南アフリカ映画。小さい頃からサメの虜になっていたケイトは仲間と共にサメのドキュメンタリーを撮影するためサメとのダイビングを楽しんでいた。途中、仲間がサメに食われてしまいケイトは海に入ることをやめてしまった。月日はたち、当時の仲間から誘われ再びサメとのダイビングをするのだったが、数々の不幸がケイトに襲い掛かってくるのだった。
監督:ジョン・ストックウェル 出演者:ハル・ベリー(ケイト)、オリヴィエ・マルティネス(ジェフ)、ラルフ・ブラウン(ブレディ)、ルーク・タイラー(ルーク)、ほか

「ベン」のネタバレあらすじ結末

ベンの紹介:1972年アメリカ映画。身体の弱い男の子、ダニーがやっと心を許し合える親友に巡り合った。それはネズミのベン。だがベンの率いるネズミたちは街で人間の生存を脅かしつつあった。大ヒットした『ウイラード』の続編となるホラー映画だが、少年とネズミの友情を描いてファミリー向け映画風になっている。主題歌はジャクソン5の一員だったマイケル・ジャクソン少年の歌う「ベンのテーマ」。マイケルがソロアーティストとしては初の全米シングルチャート1位を記録した。監督は『ウォーキング・トール』等の傑作を遺したフィル・カールソン。
監督:フィル・カールソン 出演者:リー・ハーコート・モンゴメリー(ダニー・ガリソン)、ジョセフ・キャンパネラ(クリフ・カートランド)、アーサー・オコンネル(ビリー・ハットフィールド)、ローズマリー・マーフィー(ベス・ガリソン)、メレディス・バクスター(イヴ・ガリソン)ほか

「ウイラード」のネタバレあらすじ結末

ウイラードの紹介:1971年アメリカ映画。ウイラードは会社では社長のパワハラに耐え、家ではお母さんの小言に耐える日々を送っている。彼の友だちはネズミたちだけだったが、ネズミの賢さは人の想像を超えるものだった。数百匹のネズミが人々を襲うホラー映画。演じるのは全部本物のネズミたち。自由気ままなネズミたちを相手に撮影は難航したと言われる。この作品の大ヒットにより続編『ベン』も製作された。ウイラードを演じたのは『いちご白書』のブルース・デイヴィソン。
監督:ダニエル・マン 出演者:ブルース・デイヴィソン(ウイラード・スタイルズ)、エルザ・ランチェスター(ヘンリエッタ・スタイルズ)、 アーネスト・ボーグナイン、(マーティン)、ソンドラ・ロック(ジョーン)、マイケル・ダンテ(ブラント)、ジョディ・ギルバート(シャーロット)ほか

「エルヴィス」のネタバレあらすじ結末

エルヴィスの紹介:2022年アメリカ映画。ルイジアナの小さなライブに出演し、当時誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露する若き日のエルヴィス。若者たちは魅了され、熱狂で全米が揺らいだ。「次歌ったら、動いたら逮捕する」-エルヴィスは社会を乱したとして、多くの逆境に遭うこととなる。破天荒な日々の裏側にあった危険な真実を知るのは、強欲なマネージャーであるトム・パーカー大佐だった。人気絶頂の彼を殺したのは何だったのか?世界史上最も売れたソロ・アーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。エルヴィスの誰も知らなかった真実の物語。時代を背負うアイコンとなり世界を変えていくエルヴィスの生き様が多くの伝説的ライブと共に描かれる。
監督:バズ・ラーマン 出演:オースティン・バトラー(エルヴィス)、トム・ハンクス(トム・パーカー大佐)、ヘレン・トムソン(グラディス)、リチャード・ロクスバーク(ヴァーノン)、オリヴィア・デヨング(プリシラ)、ヨラ(シスター・ロゼッタ・サープ)、ションカ・デュクレ(ビック・ママ・ソーントン/ペンテコステ派シンガー)、アルトン・メイソン(リトル・リチャード)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(B.B.キング)、ゲイリー・クラーク・Jr(アーサー・“ビッグ・ボーイ”・クルーダップ)、デヴィッド・ウェンハム(ハンク・スノウ)、ルーク・ブレイシー(ジェリー・シリング)、ディカー・モンゴメリー(スティーブ・ビンダー)、コディ・スミット=マクフィー(ジミー・ロジャース・スノウ)ほか

1 2 3 4 5 824

キーワードから探す

TOP↑