映画

映画のあらすじと結末までのネタバレをまとめて解説している映画一覧です。作品に込められたメッセージや意味の紹介など、あらすじだけではなく解釈についての内容も含んでいます。シリーズ映画の復習や過去に見た映画だけどストーリーやラストを忘れてしまった時にダイジェストでご覧いただけます。映画のあらすじを結末まで解説していますのでネタバレに注意してご覧ください。

「ネバーエンディング・ストーリー3」のネタバレあらすじ結末

ネバーエンディング・ストーリー3の紹介:1994年アメリカ,ドイツ映画。架空の本の中の世界ファンタージェンを三度救うことになる主人公バスチアンの冒険を描いた大ヒット人気シリーズ「ネバーエンディング・ストーリー」の第3作目。2度もファンタージェンを救ったバスチアンが中学生になり、父親の再婚相手の所に引っ越してきた先で、またしてもファンタージェンの危機に関わっていくという話です。
監督:ピーター・マクドナルド 出演:ジェイソン・ジェームズ・リクター(バスティアン)、メロディ・ケイ(ニコル)、ジャック・ブラック(スリップ)、フレディ・ジョーンズ(コレアンダーさん)、ジュリー・コックス(幼ごころの君)、ほか

「くも漫。」のネタバレあらすじ結末

くも漫。の紹介:2017年日本映画。中川学の実話を元に描かれた作品。くも膜下出血という大病を患った学だが、発症した場所が風俗店ということで関わった人々全てがその事を隠すために嘘をつく姿と、学のばつの悪い顔が笑いを誘うコメディ映画です。
監督:小林稔昌 出演:脳みそ夫(中川学)、柳英里紗(ゆのあ)、沖ちづる(学の妹・敦子)、板橋駿谷(石毛医師)、坂田聡(遠藤さん)、立石涼子(学の母)、平田満(学の父)、ほか

「好人好日」のネタバレあらすじ結末

好人好日(こうじんこうじつ)の紹介:1961年日本映画。数学者の岡潔をモデルとしたコメディ。奈良市で大々的なロケーション撮影がおこなわれた。笠智衆が浮世離れした世界的数学者を好演。「ジャンケン娘」などで知られる中野実の原作を松山善三が脚色している。
監督:渋谷実 出演:笠智衆(尾関等)、淡島千景(尾関節子)、岩下志麻(尾関登紀子)、乙羽信子(佐竹美津子)、川津祐介(佐竹竜二)、北林谷栄(お徳婆さま)、ほか

「街の野獣」のネタバレあらすじ結末

街の野獣の紹介:1950年アメリカ映画。「裸の町」「日曜はダメよ」で知られるジュールス・ダッシン監督がロンドンで撮ったフィルム・ノワール。プロレスの興行を題材にしているところが異色。1992年製作の「ナイト・アンド・ザ・シティ」はこの映画のリメイク。
監督:ジュールス・ダッシン 出演:リチャード・ウィドマーク(ハリー・ファビアン)、ジーン・ティアニー(メアリー)、フランシス・L・サリヴァン(フィル・ナゼロス)、グーギー・ウィザース(ヘレン・ナゼロス)、ハーバート・ロム(クリスト)、スタニスラウス・ズビスコ(グレゴリウス)、ほか

「大殺陣 雄呂血」のネタバレあらすじ結末

大殺陣 雄呂血の紹介:1966年日本映画。1925年の阪東妻三郎主演の名作「雄呂血」をリメイクしたもので、オリジナル同様、ラストの大立ち回りが見どころ。阪妻版では主人公は捕囚の身となるが、このリメイクでは追手を全員切り捨てる。脚色は後に直木賞作家となった星川清司。
監督:田中徳三 出演:市川雷蔵(小布施拓馬)、八千草薫(真壁波江)、中谷一郎(真壁十郎太)、加藤嘉(真壁半太夫)、内田朝雄(井坂弥一郎)、藤村志保(志乃)、ほか

「ウィンチェスター銃’73」のネタバレあらすじ結末

ウィンチェスター銃’73の紹介:1950年アメリカ映画。西部劇の古典で、ウィンチェスター銃を狂言回しに男たちの確執が描かれる。ジェームズ・ステュアートがマン監督と顔合わせした作品で、以降彼らは「怒りの河」「裸の拍車」「グレン・ミラー物語」「ララミーから来た男」でタッグを組む。
監督:アンソニー・マン 出演:ジェームズ・ステュアート(リン・マカダム)、シェリー・ウィンタース(ローラ)、ダン・デュリエ(ワコ・キッド)、スティーヴン・マクナリー(ダッチ・ヘンリー)、ミラード・ミッチェル(ハイスペード)、チャールズ・ドレイク(スティーヴ)、ジョン・マッキンタイア(ジョー)、ウィル・ギア(ワイアット・アープ)、ロック・ハドソン(ヤング・ブル)、ほか

「ナショナルギャラリー 英国の至宝」のネタバレあらすじ結末

ナショナル・ギャラリー 英国の至宝の紹介:2014年フランス,アメリカ,イギリス映画。英国ナショナル・ギャラリーの名品と共に、スタッフ達の裏側のたゆまぬ努力、芸術の発信場所としての役割を覗く。
監督:フレデリック・ワイズマン 出演者:ナショナル・ギャラリーPRスタッフ、運営委員、および修復保存スタッフ、ほか

「THE UPSIDE/最強のふたり」のネタバレあらすじ結末

THE UPSIDE/最強のふたり(別題:人生の動かし方)の紹介:2017年アメリカ映画。金も職もなく犯罪歴と離婚歴はあるダメ男が就職活動をします。仕事内容も分からず受けた面接の会場ではネクタイを締めた経歴のある候補者の中で、だらしない格好と態度の彼はなぜか採用されます。その仕事は大富豪の身体障害者の男性の介護役でした。境遇が違う二人は悪戦苦闘しながら少しずつ友情を深めていきます。『THE UPSIDE/最強のふたり』は世界中で大ヒットしたフランス映画『最強のふたり』のアメリカ版リメイク作品。黒人と白人の人種対立が残るアメリカで、違う人種と文化背景を持つ二人をコメディタッチで描いています。
監督:ニール・バーガー 出演:ブライアン・クランストン(フィリップ・ラカッセ)、ケヴィン・ハート(デル・スコット)、ニコール・キッドマン(イヴォンヌ)、ゴルシフテ・ファラハニ、アヤ・ナオミ・キング、テイト・ドノヴァン、ほか

「ニューヨーク公共図書館 エクスリブリス」のネタバレあらすじ結末

ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリスの紹介:2016年アメリカ映画。アメリカ内外の様々な組織について、ナレーションやインタビューを一切使わない、劇映画のようなドキュメンタリー映画を作ってきたワイズマン監督が、ニューヨーク有数の観光スポットでもあるニューヨーク公共図書館(NYPL)へ。NYPLは世界有数のコレクションを誇りつつ、市民の生活に密着した場所でもあり、図書館への固定観念を砕く活動を続けている。観光客の立ち入れない図書館の舞台裏や会議での意見のやり取りが見られる。エルヴィス・コステロ、パティ・スミスなどNYPLに招かれた著名人のトークも興味深い。
監督:フレデリック・ワイズマン 出演者:リチャード・ドーキンス、エルヴィス・コステロ、パティ・スミス、ほか

「殺人遊戯」のネタバレあらすじ結末

殺人遊戯の紹介:1978年日本映画。5年前、頭山会会長を射殺した殺し屋の鳴海は、女子高生の昭子と秘書の美沙子に見られていました。5年後、帰ってきた鳴海は、クラブのママで寿会の会長の女になっている美沙子と、ぼったくりバーのホステスになっている昭子に再会します。やがてやくざ同士の抗争事件に絡み、殺しを依頼される鳴海ですが…という内容の、松田優作主演の遊戯シリーズ2作目のハードボイルド作品です。
監督:村川透 出演者:松田優作(鳴海昌平)、中島ゆたか(津山美沙子)、佐藤蛾次郎(江川)、阿藤快(井筒文太)、草薙幸二郎(花井万次)、竹田かほり(桜井昭子)、桑原大輔(二宮俊彦)、今井健二(頭山会会長)、佐藤慶(勝田省一)ほか

「南國土佐を後にして」のネタバレあらすじ結末

南國土佐を後にしての紹介:1959年日本映画。サイコロ賭博でのもめごとから刑務所に入っていた譲司は、まじめになるため故郷の土佐に帰ります。しかし賭博の仲間から刑務所帰り者だと噂を広げられ、再び東京に戻ることに。そして恋人の春江をヤクザから取り返すために一世一代の勝負に出ました…という内容の小林旭主演のサスペンスアクション映画です。
監督:斎藤武市 出演者:小林旭(原田譲司)、小林旭(兄義之)、高野由美(母のぶ)、浅丘ルリ子(春江)、南田洋子(はま子)、中原早苗(麻子)、二本柳寛(会津)、西村晃(ベレーの寛)、内田良平(北村定男)、金子信雄(大川)ほか

「ネバーエンディングストーリー第2章」のネタバレあらすじ結末

ネバーエンディング・ストーリー第2章の紹介:1990年アメリカ,ドイツ映画。ミヒャエル・エンデ原作の大ヒット作の第2弾。不思議な本に導かれ本の中の世界に入り込んだ少年バスチアンが本の世界を救うため再び本の世界で冒険を繰り広げる話です。ファルコンやアトレーユ等の懐かしい顔も健在です。
監督:ジョージ・ミラー 原作:ミヒャエル・エンデ 出演:ジョナサン・ブランディス(バスチアン)、ケニー・モリソン(アトレーユ)、クラリッサ・バート(サイーデ)、アレクサンドラ・ジョーンズ(幼ごころの君)、ヘレナ・ミシェル(バスチアンの母)、ジョン・ウェズリー・シップ(バスチアンの父)、マルティン・ウンバッハ(ニンブリー)、ほか

「2001人の狂宴」のネタバレあらすじ結末

2001人の狂宴の紹介:2005年アメリカ映画。大学の休暇を利用してアメリカ南部へと車を走らせるアンダーソンたちは、途中、プレザント・バレーと呼ばれる町へと迷い込む。町の人間は北部からきたアンダーソンたちを歓迎してくれるのだが、この町の住人たちはどこか様子が変だった。そして仲間が次々に消えていくのだった。
監督:ティム・サリヴァン 出演:ロバート・イングランド(町長・バックマン)、マーラ・リー・マルコム(ジョーイ)、ジェイ・ギレスピー(アンダーソン)、リン・シェイ、ジュゼッペ・アンドリュース、マシュー・キャリー、ほか

「マリオネット 私が殺された日」のネタバレあらすじ結末

マリオネット 私が殺された日の紹介:2017年韓国映画。女子高生のミナは同級生の男たちに集団強姦され、その動画をネット上にアップロードされてしまう。犯人逮捕後、マスコミに追われて街を出たミナは、ソリンという名前で新たな人生をスタートさせる。過去のトラウマに苦しむミナだったが、教師になり結婚も控え、ようやく幸せを掴もうとしていた。しかし、そんなミナを再び悪夢が襲うのだった。
監督:イ・ハンウク 出演:イ・ユヨン(ハン・ソリン / ミナ)、キム・ヒウォン(オ・グクチョル)、オ・ハニ、イ・ハクジュ、ほか

「恐怖新聞」のネタバレあらすじ結末

恐怖新聞の紹介:2011年日本映画。深夜2時、一枚の新聞が大学生の鬼形の部屋へ投函される。恐怖新聞と書かれたその新聞の購読料は1年分の寿命。恐怖新聞には同級生が刺殺されるという内容が書かれていた。最初は半信半疑だった鬼形だったが数日後、恐怖新聞に書かれた通り、同級生が通り魔に刺殺され…。
監督:大森研一 出演:真司郎(鬼形経)、近野成美(雨宮しずく)、相馬圭祐(永森隆太)、宮川一朗太(高清水学 / マスター)、ほか

1 2 3 4 5 632

キーワードから探す

TOP↑