映画

映画のあらすじと結末までのネタバレをまとめて解説している映画一覧です。作品に込められたメッセージや意味の紹介など、あらすじだけではなく解釈についての内容も含んでいます。シリーズ映画の復習や過去に見た映画だけどストーリーやラストを忘れてしまった時にダイジェストでご覧いただけます。映画のあらすじを結末まで解説していますのでネタバレに注意してご覧ください。

「アンデッド/ブラインド」のネタバレあらすじ結末

アンデッド/ブラインド 不死身の少女と盲目の少年の紹介:2018年オーストリア映画。人を襲って喰らう不死身のモンスターと化した少女と、両目を潰された少年の出会いと不思議な交流、そして再生を描いたオーストリア発のファンタジーホラーです。ブラジルのファンタスポア国際ファンタスティック映画祭にて最優秀脚本賞を受賞、日本では『未体験ゾーンの映画たち2019』で上映されました。
監督:ジャスティン・P・ラング 出演者:ナディア・アレクサンダー(ミーナ)、トビー・ニコルズ(アレックス)、カール・マルコヴィクス(ヨセフ・ホーファー)、サラ・マーフィー・ダイソン(ノリーン)、ディラン・トローブリッジ(ジェイソン)、ダン・バーン(ネイト)、スコット・ビューディン(ジョージ)、マルガレーテ・ティーゼル(アグネス)ほか

「美人が婚活してみたら」のネタバレあらすじ結末

美人が婚活してみたらの紹介:2018年日本映画。漫画アプリ「Vコミ」で累計1000万PV突破した、とあるアラ子著の同名人気コミックを実写化したラブコメディです。美人ながらもこれまで恋愛に恵まれてこなかったアラサー女性の婚活を通じて、婚活女性のタブーなしの本音を炙り出していきます。監督は『勝手にふるえてろ』などの大九明子、脚本はお笑いコンビ「シソンヌ」のじろうが手掛けています。
監督:大九明子 出演者:黒川芽以(タカコ)、臼田あさ美(ケイコ)、中村倫也(園木)、田中圭(矢田部)、村杉蝉之介(相坂充)、レイザーラモンRG(久保田)、市川しんぺー(梅沢)、矢部太郎(荒木)、平田敦子(沢渡)、成河(前澤)ほか

「虹いくたび」のネタバレあらすじ結末

虹いくたびの紹介:1956年日本映画。建築家が別々の女性に生ませた三人の娘。三女は芸妓の母と京都に住み、次女はまだ見ぬ妹を気にかけ、長女はつらい恋の思い出に苛まれている。三人が幸福の虹を見出すまでの物語。川端康成の同名小説の映画化。
監督:島耕二 出演者:京マチ子(百子)、若尾文子(麻子)、川上康子(若子)、上原謙(水原常男)、船越英二(大谷)、川崎敬三(青木啓太/青木夏二)、川口浩(竹宮)、市川春代(菊枝)その他

「女殺油地獄 (1992年)」のネタバレあらすじ結末

女殺油地獄(おんなごろしあぶらのじごく)の紹介:1992年日本映画。近松門左衛門作の浄瑠璃劇を原作に男女の愛憎を描く五社英雄監督による異色のサスペンス時代劇。油屋河内屋の放蕩息子与兵衛に母心とも恋心ともつかない思慕を募らせる豊島屋の女将お吉。与兵衛の恋人小菊への対抗心からやがて嫉妬の炎を燃やし始め、つに与兵衛を誘惑することに成功しますが…。主役お吉役の樋口可南子が中年女の情念を体当たりで熱演。本作は五社英雄監督の遺作となりました。
監督:五社英雄 出演者:樋口可南子(豊島屋お吉)、堤真一(河内屋与兵衛)、藤谷美和子(小倉屋小菊)、井川比佐志(河内屋徳兵衛)、岸部一徳(豊島屋七左衛門)、長門裕之(小倉屋市兵衛)、石橋蓮司(油搾親方・茂助)、ほか

「死の実況中継 劇場版」のネタバレあらすじ結末

死の実況中継 劇場版の紹介:2014年日本映画。大学のサークルで、『死の実況中継』をリアルな動画にして新入生歓迎作品にしようと取り組んだ結果、本当に『死の実況中継』が起こってしまうという、ネットで広がる都市伝説に巻き込まれた女子大生たちの物語です。乃木坂46のメンバー主演による、ホラー映画シリーズです。
監督:仁同正明 出演者:能條愛未(歩)、河内美里(依子)、船岡咲(リサ)、南羽翔平、新井裕介、ほか

「ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼」のネタバレあらすじ結末

ウルフ・オブ・リベンジ 復讐の狼の紹介:2019年イギリス映画。闇金とヤクの取引で金儲けをする兄のリンカーンらの策略により、刑務所に入った元ボクサーのカイルは毎日命を狙われていました。リンカーンが自分に懸賞金をかけていることを知ったカインは復讐の為に体を鍛え、ガンで闘病中の母の見舞いのタイミングで脱走し・・・という内容のバイレンスアクション映画です。怨みを晴らす相手達を監禁し、自分が何故こうなったかを話しながら回想するストーリーです。
監督:ジェシー・V・ジョンソン 出演者:スコット・アドキンス(カイン)、クレイグ・フェアブラス(リンカーン)、トーマス・ターグーズ(チューン)、ニック・モラン(ハイド)、カーストン・ウェアリング(ベス)ほか

「エクスペンダブル・レディズ」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブル・レディズの紹介:2014年アメリカ映画。カザフスタンで誘拐された大統領の娘を救出する為に招集されたのは、服役中の女性ばかり4人。誘拐したテロ集団の女ボスのウルリーカが極端な男嫌いだったことから、強者女性4人はウルリーカの要塞を目指します…いう内容のアクション映画です。女性ばかりとはいえ、ド派手な銃撃戦と格闘シーンは見ごたえがあります。
監督:クリストファー・レイ 出演者:クリスタナ・ローケン(キャット・モーガン)、ブリジット・ニールセン(ウルリーカ)、ゾーイ・ベル(カサンドラ・クレイ)、ビビカ・A・フォックス(レイヴン)、シンシア・ラスロック(モナ・ケンダル)、ニコール・ビルダーバック(メイリン・フォン)ほか

「パラダイスの夕暮れ」のネタバレあらすじ結末

パラダイスの夕暮れの紹介:1986年フィンランド映画。冴えない男女の不器用な恋を描くドラマ作品。ゴミ収集の仕事をしているニカンデルは、特に代わり映えのない凡庸な毎日を送っていた。スーパーのレジ係イロナをデートに誘うも上手くいかない。一方のイロナはスーパーから突然解雇されてしまい、衝動的に金庫を盗んでしまった。イロナはニカンデルの家に転がり込み、やっと恋が成就するかと思われたのだが。フィンランドの奇才アキ・カウリスマキの長編第3作目。
監督:アキ・カウリスマキ 出演者:マッティ・ペロンパー(ニカンデル)、カティ・オウティネン(イロナ)、サカリ・クオスマネン(メラルティン)、エスコ・ニッカリ(同僚)ほか

「故郷(山田洋次監督)」のネタバレあらすじ結末

故郷の紹介:1972年日本映画。山田洋次監督が手がけた、『男はつらいよ』のキャストによる“民子三部作”の第2作となるヒューマンドラマです。高度経済成長期の瀬戸内海の小島を舞台に、時代の荒波に飲まれる砂利運搬業者とその家族の姿をドキュメンタリータッチで描きます。
監督:山田洋次 出演者:倍賞千恵子(石崎民子)、井川比佐志(石崎精一)、笠智衆(石崎仙造)、前田吟(石崎健次)、阿部百合子(石田和枝)、矢野宣(石田耕司)、田島令子(石崎保子)、伊藤千秋(石崎千秋)、伊藤まゆみ(石崎まゆみ)、渥美清(松下松太郎)ほか

「アトランティックス」のネタバレあらすじ結末

アトランティックスの紹介:2019年フランス, セネガル, ベルギー映画。スレイマンとエイダは相思相愛です。給料が3ヶ月支払われなかったことによって、多くの男たちが生きていくために船でスペインへと向かいます。その船にスレイマンも乗っていました。セネガルの社会情勢によって引き裂かれた2人の思いの強さが試されるホラーを含んだラブストーリー映画です。第72回カンヌ国際映画祭(2019年)コンペティション部門でグランプリを受賞。
監督:マティ・ディオプ 出演:ママ・ビネタ・サネ(エイダ)、イブラヒマ・エムバイエ(ムスタファ)、ニコール・ソウゴウ(ディオール)、アミナタ・カネ(ファンタ)、ほか

「覚悟はいいかそこの女子。」のネタバレあらすじ結末

覚悟はいいかそこの女子。の紹介:2018年日本映画。椎葉ナナ原作の同名少女コミックで2018年にテレビドラマ化された作品を、主演の中川大志らドラマのキャストとスタッフ続投で映画化した青春ラブコメディです。学校で人気トップなイケメンながらも実は恋愛未経験のヘタレ男子が難攻不落を誇る学校一の美女を人生初の彼女としてゲットしようとするのですが・・・。
監督:井口昇 出演者:中川大志(古谷斗和)、唐田えりか(三輪美苑)、伊藤健太郎(新見律)、甲斐翔真(澤田惟智也)、若林時英(久瀬龍生)、荒川良々(荒木彰)、小池徹平(柾木隆次)ほか

「泣き虫しょったんの奇跡」のネタバレあらすじ結末

泣き虫しょったんの奇跡の紹介:2018年日本映画。35歳でプロとなった遅咲きの将棋棋士・瀬川晶司の自伝的小説を映画化したヒューマンドラマです。全国中学生選抜将棋選手権大会で優勝して奨励会に入るも年齢制限で退会、それでも棋士への夢を諦めなかった主人公・瀬川のプロになるまでの半生を描きます。主人公・瀬川役で松田龍平、友人にしてライバルの棋士役でロックバンド「RADWIMPS」の野田洋次郎 が出演しています。
監督:豊田利晃 出演者:松田龍平(瀬川晶司)、野田洋次郎(鈴木悠野)、永山絢斗(新藤和正)、染谷将太(村田康平)、渋川清彦(山川孝)、駒木根隆介(畑中良一)、新井浩文(清又勝)、早乙女太一(加東大介)、妻夫木聡(冬野渡)、上白石萌音(真理子)、石橋静河(南咲子)、板尾創路(山口)、藤原竜也(見知らぬ男性)、大西信満(瀬川靖司)、奥野瑛太(池田学)、遠藤雄弥(山中徹)、山本亨(中堅棋士)、桂三度(関西棋士)、三浦誠己(新條)、渡辺哲(安田師匠)、松たか子(鹿島澤佳子)、美保純(瀬川千香子)、イッセー尾形(工藤一男)、小林薫(藤田守)、國村隼(瀬川敏雄)ほか

「バニシング」のネタバレあらすじ結末

バニシングの紹介:2018年イギリス映画。3人の灯台守が遭遇したある男。彼が持っていた木箱を巡って欲望、狂気、殺意がむき出しにされる。1900年12月、スコットランド沖の北大西洋に浮かぶ無人島で3人の灯台守が忽然と消えた≪フラナン諸島の謎≫と呼ばれる実在の失踪事件。100年以上が経過した今でも謎のまま。大ヒットTVシリーズ『THE KILLING/キリング』のクリストファー・ニーホルム監督が劇場映画の初監督作品。
監督:クリストファー・ニーホルム 演:ジェラルド・バトラー(ジェームズ)、ピーター・ミュラン(トマス)、コナー・スウィンデルズ(ドナルド)、ソーレン・マリン(ロック)、オラフ・ダリ・オラフソン(ブア)、ゲイリー・ルイス(ケニー)ほか

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」のネタバレあらすじ結末

9人の翻訳家 囚われたベストセラーの紹介:2019年フランス,ベルギー映画。フランスの豪邸の地下に隠されたシェルター。大ベストセラーミステリー三部作の完結編『デダリュス』の翻訳のために選ばれた9人はシェルターから出ることもネット接続や電話も禁じられる。しかし原稿の一部がネットに流出。原稿にアクセスできるのは作者のオスカル・ブラックと出版社社長アングストロームと翻訳者のみ。翻訳者の内部犯行なのか?そして犯行の目的は?世界で一大現象を巻き起こした『ダビンチ・コード』の4作目『インフェルノ』の出版の際に海賊行為や違法流出を防ぐために、著者ダン・ブラウンの同意のもと、アメリカの出版元が各国の翻訳者たちをミラノにある秘密の地下室に隔離して翻訳作業を行ったという実話をもとにアクションや大どんでん返しを盛り込んだ本格派ミステリー。
監督: レジス・ロワンサル 出演:ランベール・ウィルソン(エリック・アングストローム)、オルガ・キュリレンコ(カテリーナ・アニシノバ)、リッカルド・スカマルチョ(ダリオ・ファレッリ)、シセ・バベット・クヌッセン(エレーヌ・トゥクセン)、エドゥアルド・ノリエガ(ハビエル・カサル)、アレックス・ロウザー(アレックス・グッドマン)、アンナ・マリア・シュトルム(イングリット・コルベル)、フレデリック・チョー(チェン・ヤオ)、マリア・レイチ(テルマ・アルヴェス)、マリノス・マヴロマタキス(コンスタンティノス・ケドリノス)、パトリック・ボーショー(ジョルジュ・フォンテーヌ)ほか

「アバランチエクスプレス」のネタバレあらすじ結末

アバランチエクスプレスの紹介:1979年アメリカ映画。ソ連諜報組織の要人が亡命。彼を乗せて走るアトランティック急行を舞台にソ連の陰謀をくじくための戦いが繰り広げられる。RKO映画の編集者からヴァル・リュートン製作作品で監督に転じ、その後も『哀愁の花びら』等多くの有名作品を手掛けたマーク・ロブソン、『007 ロシアより愛をこめて』、『ジョーズ』等で存在感を示したロバート・ショウが共に本作完成前に亡くなる。モンテ・ヘルマンが追加シーンを撮影して映画を完成させた。また、ショウのロシア語の台詞の吹き替えを担当したイタリア人俳優ロバート・リエッティが結局映画全編のショウの台詞を吹き替えることになった。コリン・フォーブスの原作を脚本にしたエイブラハム・ポロンスキーは監督作”Force of Evil”(1948)が高く評価されたにもかかわらず、赤狩りのために約20年間映画を演出する機会を奪われたことで知られる。大雪崩の特撮は見ごたえがあります。
監督:マーク・ロブソン 出演者:ロバート・ショー(マレンコフ)、リー・マーヴィン(ハリー・ウォーグレーヴ)、リンダ・エヴァンス(エルサ・ラング)、マクシミリアン・シェル(ブーニン)、マイク・コナーズ(ハラー)、ほか

1 2 3 4 5 645

キーワードから探す

TOP↑