映画のあらすじ

映画のあらすじと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のストーリーを映画の評価、感想、ネタバレとともにラストまで紹介しています。

「ラスト・サマーウォーズ」のネタバレあらすじ結末

ラスト・サマーウォーズの紹介:2016年ロシア映画。太平洋戦争終結間近の1945年8月8日、ソ連は突如日本に宣戦布告、満州国への侵攻を開始しました。第二次世界大戦に終止符を打つソ連軍と日本軍の戦いを迫力の戦闘シーン満載で描いた戦争アクション大作です。
監督:アレクセイ・ビストリツキー 出演者:ロマン・ポリアンスキー(イヴァン・ザベーリン)、アレクサンダー・アレシュキン(アレクサンドル・アンドレーエフ)、バレリー・オショムコフ(セルゲイ・マカロフ)、デニス・ポポフ(アリベルト・シーリン)、ゲン・セト(秦彦三郎)、ジュンスケ・キノシタ、オサマ・ヤマモトほか

「しびれくらげ」のネタバレあらすじ結末

しびれくらげの紹介:1970年日本映画。大企業の有能社員に、自分の出世のために利用されて捨てられた美人モデルのみどりが、助けてくれたヤクザと一緒に復讐するエロティック映画です。倒産する前の大映映画の作品で大映映画最後のスターといえる渥美マリさんの熱演が光ります。
監督:増村保造 出演者:渥美マリ(みどり)、田村亮(健次)、玉川良一(庄太)、川津祐介(山崎宏)、内田朝雄(小野田)、草野大悟(山野)ほか

「女のみづうみ」のネタバレあらすじ結末

女のみづうみの紹介:1966年日本映画。重役の妻が、若い男と不倫中に撮影した自分の裸体のフィルムを、帰り道に男に襲われ奪われたことから、不倫相手、脅迫相手、夫との間で揺れ動く女を描いたサスペンス映画です。川端康成の小説「みづうみ」が原作となっています。
監督:吉田喜重 出演者:岡田茉莉子(水木宮子)、芦田伸介(水木有造)、露口茂(桜井銀平)、早川保(北野)、夏圭子(町枝)ほか

「クリスマス・クロニクル」のネタバレあらすじ結末

クリスマス・クロニクルの紹介:2018年アメリカ映画。毎年一家で楽しく過ごしたクリスマスイブに今年はパパがいません。死んでしまったパパに変わり仕事が忙しいママはイブの夜も夜勤でした。テディとケイトの兄妹は留守番中に本物のサンタクロースに遭遇しました。そして・・・というNETFIXオリジナルのファンタジー映画です。
監督:クレイ・ケイティス 出演者:カート・ラッセル(サンタクロース)、ジュダ・ルイス(テディ)、ダービー・キャンプ(ケイト)、ラモーン・モリス、キンバリー・ウィリアムズ=ペイズリー、ほか

「イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師」のネタバレあらすじ結末

イカサマ貴婦人とうぬぼれ詐欺師の紹介:1976年アメリカ映画。公爵夫人と偽って玉の輿を狙う娼婦と、詐欺師で女たらしの男が、互いの目的を達成するため行動を共にするうちに愛が芽生える西部劇コメディ。
監督:メルヴィン・フランク 出演:ゴールディ・ホーン、ジョージ・シーガル、コンラッド・ジャニス、セイヤー・デヴィッド、ジェニファー・リー、ほか

「Unbalance アンバランス」のネタバレあらすじ結末

Unbalance -アンバランス-の紹介:2010年ドイツ,ベルギー映画。幼い頃に父を亡くしたことで、年の離れた男性としか付き合えない女性が、父の親友だった男性の出現で忘れていた過去を思い出していく。
監督:ソフィ・ショウケンス 出演:ハンダ・コージャ、バーバラ・サラフィアン、ヤン・デクレール、カロリーヌ・ベルリナール、ほか

「夜のピクニック」のネタバレあらすじ結末

夜のピクニックの紹介:2006年日本映画。第2回「本屋大賞」を受賞した恩田陸の同名小説を映画化した作品で、一昼夜かけて80kmの距離を歩く「歩行祭」を舞台に高校生の友情や葛藤を描いた作品になっています。シンプルな設定ながら学生生活を思い出すような描写がいくつも見られ、自然とノスタルジーに浸ることのできる一本です。
監督:長澤雅彦 出演:多部未華子(甲田貴子)、石田卓也(西脇融)、西原亜希(遊佐美和子)、郭智博(戸田忍)、加藤ローサ(榊杏奈)、貫地谷しほり(後藤梨香)、松田まどか(梶谷千秋)、柄本佑(高見光一郎)、ほか

「ベートーベン5」のネタバレあらすじ結末

ベートーベン5の紹介:2003年アメリカ映画。夏休みの間、片田舎の街クイックシルバーに住む叔父フレディの元に預けられることになったサラと愛犬ベートーベン。彼が発見した1920年代製造のお札をきっかけに、街は住民を巻き込んで大騒動へと発展する…。
監督:マーク・グリフィス 出演:デイヴ・トーマス、ジョン・ラロクエット、フェイス・フォード、デイヴィー・チェイス、トム・ポストン、キャサリン・ヘルモンド、サミー・カーン、リチャード・リール、クリント・ハワード、ほか

「カードキャプターさくら 封印されたカード」のネタバレあらすじ結末

カードキャプターさくら 封印されたカードの紹介:2000年日本映画。テレビアニメ「カードキャプターさくら」シリーズの劇場版第2作目。魔力を秘めた<クロウカード>を全て<さくらカード>に変え、平和な日々を送っていたさくら。町のお祭りが近付く中、思いがけず香港に帰っていた小狼と再会する。小狼の告白にまだ返事をしていなかったさくらは自分の想いを口にしようとするが、なかなか上手くいかない。その頃、町では最後のクロウカードが不思議な現象を起こし始めていた。
監督:浅香守生 声優:丹下桜(木之本桜)、岩男潤子(大道寺知世)、久川綾(ケルベロス)、小野坂昌也(ケルベロス)、関智一(木之本桃矢)ほか

「サイバークローン」のネタバレあらすじ結末

サイバークローンの紹介:1993年アメリカ映画。ゲーム開発をするベンが自分そっくりな男アレックスに出会い、話をするうち自宅に来るようになります。ベンにはアレックスに魅かれていく妻のエリザベスの姿が映りました。気になったベンが自分の出生の秘密を調べていくうちに…というクローン人間を題材にしたサスペンス映画です。
監督:ジャック・ショルダー 出演者:C・トーマス・ハウエル(ベン/アレックス)、リサ・ゼイン(エリザベス)、イーサン・フィリップス(ヘンリー)、ミコ・ヒューズ(ニック)、リチャード・ハミルトン、ニコラス・コスター、ジョアンナ・マイルズほか

「101日」のネタバレあらすじ結末

101日の紹介:2010年クロアチア映画。6か月間一室に閉じ込められた12人の男女の様子を中継するクロアチアの人気番組『ハウスド』の進行中に、クロアチアはヨーロッパ諸国に宣戦布告をし、遂には核ミサイルを撃ち込まれるという内容のクロアチア映画です。
監督:ネビオ・マラソビッツ 出演者:スベン・メドベセク(フィリップ)、ナターシャ・ドルチッチ(ヘレナ)、イバナ・ロスチ(ターニア)、マリンコ・ニコリッツ(ボゾ)、スティエパン・ペリッツ(ジャン)ほか

「偶然の恋人」のネタバレあらすじ結末

偶然の恋人の紹介:2000年アメリカ映画。搭乗チケットを譲った便が飛行機事故に遭い、自分の代わりに亡くなってしまったと自暴自棄になるバディは、グレッグの妻・アビーに偶然を装って償いをしようと出会うところからはじまるラブストーリー。過去、実際に恋人だったベン・アフレック、グウィネス・パルトロウの演技にも注目。
監督:ドン・ルース 出演:ベン・アフレック、グウィネス・パルトロー、トニー・ゴールドウィン、アレックス・D・リンツ、デヴィッド・ドーフマン、ナターシャ・ヘンストリッジ、ジョー・モートン、ジョニー・ガレッキ、ほか

「おとなの事情」のネタバレあらすじ結末

おとなの事情の紹介:2016年イタリア映画。イタリアのアカデミー賞と言われる、ダビッド・ディ・ドナテッロ賞にて、作品賞と脚本賞を受賞した話題作。男女7人が携帯のメールや電話内容をオープンにすることによって関係性が崩れていく様子を、ワンシチュエーションで描いたコメディ映画です。
監督:パオロ・ジェノヴェーゼ 出演:ジュゼッペ・バッティストン(ペッペ)、アンナ・フォリエッタ(カルロッタ)、マルコ・ジャリーニ(ロッコ)、エドアルド・レオ(コジモ)、ヴァレリオ・マスタンドレア(レレ)、アルバ・ロルヴァケル(ビアンカ)、カシア・スムートニアック(エヴァ)、ベネデッタ・ポルカローリー(ソフィア)、ほか

「ラブファイト」のネタバレあらすじ結末

ラブファイトの紹介:2008年日本映画。大沢たかお初の映画プロデュースをした映画「ラブファイト」。幼い頃からいじめられっ子の稔と、彼を守るために喧嘩が強くなった亜紀。ボクシングを通して様々な人と出会う二人の、青春ラブストーリー。
監督:成島出 出演:林遣都(稔)、北乃きい(亜紀)、大沢たかお(大木)、桜井幸子(順子)、波岡一喜(タケ)、藤村聖子(恭子)、鳥羽潤(芹沢)、ほか

「劇場版 BLEACH ブリーチ 地獄篇」のネタバレあらすじ結末

劇場版 BLEACH ブリーチ 地獄篇の紹介:2010年日本映画。長年愛された大人気コミック、『BLEACH』の劇場版第4弾。今作の舞台は生前罪を犯した者が送られる地獄。そして、地獄の住人達が自由を手に入れるため、一護の妹を人質に取ってしまう。一護と仲間達は、無事に妹を取り戻すことができるのか。
監督:阿部記之 原作:久保帯人 声優:森田成一(黒崎一護)、折笠富美子(朽木ルキア)、古谷徹(朱蓮)、中井和哉(黒刀 / コクトー)、伊藤健太郎(阿散井恋次)、松岡由貴(井上織姫)、杉山紀彰(石田雨竜)、安元洋貴(茶渡泰虎)、相沢正輝(群青)、ほか

1 2 3 4 5 505
TOP↑