Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画のあらすじ

映画のあらすじと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のストーリーを映画の評価、感想、ネタバレとともにラストまで紹介しています。

「黒い十人の女」のネタバレあらすじ結末

黒い十人の女の紹介:1961年日本映画。1人の男を巡り、10人の女達が愛憎に塗れた人間模様を見せるサスペンス。風松吉は9人もの愛人を持つ浮気者。ある日愛人の1人から、妻と愛人達の間に松吉の殺害計画が持ち上がっていると聞かされる。焦った松吉は妻双葉と相談し、愛人と手を切るため狂言殺人を行おうとするのだが。90年代に入って高い評価を受け、テレビドラマ等で数度に渡りリメイクされた作品。
監督:市川崑 出演者:船越英二(風松吉)、岸恵子(石ノ下市子)、山本富士子(風双葉)、宮城まり子(三輪子)、中村玉緒(四村塩)ほか

「コクーン2/遥かなる地球」のネタバレあらすじ結末

コクーン2/遥かなる地球の紹介:1988年アメリカ映画。大ヒットSFファンダジー映画「コクーン」の後日談を描く第2弾。宇宙人たちの母星、不老不死のユートピアへ旅立った老人たちが5年ぶりに地球に帰ってきます。主要キャストは、前作から引き続いての出演です。海外ドラマ「フレンズ」でブレイクする前のコートニー・コックスが出演しています。
監督:ダニエル・ペトリー 出演者:ドン・アメチー(アート)、ウィルフォード・ブリムリー(ベン)、ヒューム・クローニン(ジョー)、ジャック・ギルフォード(バーニー)、コートニー・コックス(サラ)ほか

「コクーン」のネタバレあらすじ結末

コクーンの紹介:1985年アメリカ映画。老人ホームの住人アート、ベン、ジョーの3人組は、未知の繭(コクーン)の力で、若かりし頃の気力が蘇っていきます。第二の人生を謳歌する彼らは、重大な決断をすることになります。おとぎ話のような題材に“生と死”というテーマを綴ったSFファンダジー映画です。1988年に続編の『コクーン2/遥かなる地球』が公開されています。
監督:ロン・ハワード 出演者:ドン・アメチー(アート)、ウィルフォード・ブリムリー(ベン)、ヒューム・クローニン(ジョー)、ジェシカ・タンディ(アルマ)、ジャック・ギルフォード(バーニー)ほか

「悪魔の少女ジュリー」のネタバレあらすじ結末

悪魔の少女ジュリーの紹介:1982年カナダ,ドイツ映画。父親を溺愛する少女ジュリーは、母親が御用聞きに襲われ死亡したことで、父親を独り占めできると思っていました。しかし、父親は再婚し、ジュリーは継母殺しを計画しはじめます・・・・というサイコホラー映画です。少女ジュリーの演技がうまく怖さを増幅させます。
監督:ポール・ニコラス 出演者:アンソニー・フランシオサ(ワイルディング(父親))、シビル・ダニング(スージー)、イザベル・メジア(ジュリー)、ベンジャミン・ゴーダン(デニス)、ポール・ハバード(ウエストン)、ラインハルト・コルデホフ、ほか

「13デイズ」のネタバレあらすじ結末

13デイズの紹介:2000年アメリカ映画。1962年に実際に起こったキューバ危機をテーマにしたケネディ大統領と政府閣僚、軍幹部らの秘密裏に行われた会議の様子を、大統領補佐官のオドネルの視点を通して描いた作品です。好戦的な軍幹部の描写に、クレームが出たという事です。
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:ケビン・コスナー(ケネス・オドネル大統領特別補佐官)、ブルース・グリーンウッド(ジョン・F・ケネディ大統領)、スティーヴン・カルプ(ロバート・ケネディ司法長官)、ディラン・ベイカー(ロバート・マクナマラ国防長官)、ビル・スミトロヴィッチ(マクスウェル・D・テイラー陸軍大将・統合参謀本部議長)、マイケル・フェアマン(アドレー・スティーブンソン国連大使)、ヘンリー・ストロジャー(ディーン・ラスク国務長官)、ほか

「エンジェル・ダスト」のネタバレあらすじ結末

エンジェル・ダストの紹介:1994年日本映画。一部のファンからカルト的な人気を誇る、知る人ぞ知る名作。普段は舞台を中心に活躍している若松武史がスクリーンに出演している貴重な一作でもあり、そんな彼の流石の演技力にも注目。
監督:石井聰亙 出演:南果歩(須磨節子)、若松武(阿久礼)、豊川悦司(トモオ))、滝沢涼子(武井ゆうき)、塩野谷正幸、近藤等則、ユキオ・ヤマト、秋山仁、田口トモロヲ、ほか

「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」のネタバレあらすじ結末

裁判長!ここは懲役4年でどうすかの紹介:2010年日本映画。女性映画プロデューサーから裁判の映画の脚本を書いてくれと頼まれたライターが、取材のため裁判所を毎日訪れるうち、傍聴マニアのメンバーと仲良くなり、裁判の世界にのめり込んでいくという内容の日本映画です。
監督:豊島圭介 出演者:設楽統(南波タモツ)、片瀬那奈(長谷部真理検事)、螢雪次朗(西村)、村上航(谷川)、尾上寛之(永田)、鈴木砂羽(須藤光子)、木村了、堀部圭亮、斎藤工、日村勇紀、ほか

「バーバラと心の巨人」のネタバレあらすじ結末

バーバラと心の巨人の紹介:2017年アメリカ,ベルギー,イギリス,中国映画。アメリカの海辺の美しい町に暮らす少女は巨人が町を襲う、その巨人を倒すのが自分の使命という妄想?を抱いています。彼女は家族を心配させ、級友からは除け者にされ、先生たちもどうすることもできません。彼女は心配し馬鹿にする周囲を巨人の脅威を理解できない愚か者とし相手にせず、自分の世界に閉じこもり巨人を倒す使命を実行します。彼女の心に住む巨人の正体とは?『バーバラと心の巨人』は少女の成長、友情、家族愛を描いた秀作で批評家から好意的に評価された映画です。
監督:アンダース・ウォルター 出演:マディソン・ウルフ(バーバラ)、ゾーイ・サルダナ(モル先生)、イモージェン・プーツ(カレン)、シドニー・ウェイド(ソフィア)、ロリー・ジャクソン、ほか

「あなたとのキスまでの距離」のネタバレあらすじ結末

あなたとのキスまでの距離の紹介:2013年アメリカ映画。イギリスからの留学生で18歳の少女と、高校の音楽教師でチェロ奏者でもある家庭ある男性とのラブストーリー。ドキドキする展開に最後に二人が選ぶ道から目が離せません。
監督:ドレイク・ドレマス 出演:ガイ・ピアース(キース・レイノルズ)、フェリシティ・ジョーンズ(ソフィー)、エイミー・ライアン(メーガン・レイノルズ)、マッケンジー・デイヴィス(ローレン・レイノルズ)、ベン・シェンクマン(シェルドン)、ほか

「人生、サイコー!」のネタバレあらすじ結末

人生、サイコー!の紹介:2013年アメリカ映画。さえない借金まみれの男が若かりし頃に精子を提供した事で、ある日142人の生物学的の子供達がいることが判明、身元開示請求を行っていると告げられ、その日から人生と考え方が変わって行き、最後には恋人との間にも子供が出来、生物学的な子供達も本当の家族になる日がやってくるという、人生について考えさせられる作品です。
監督:ケン・スコット 出演:ヴィンス・ヴォーン(デヴィッド・ウォズニアック)、クリス・プラット(ブレット)、コビー・スマルダーズ(エマ)、アンジェイ・ブルーメンフェルト(ミコワイ)、サイモン・デラニー(ヴィクター)、ボビー・モナハン(アレクセイ)、ブリット・ロバートソン(クリステン)、ほか

「魔法少女を忘れない」のネタバレあらすじ結末

魔法少女を忘れないの紹介:2011年日本映画。魔法を使えなくなった元魔法少女が、兄や友人達と過ごす日々を描いた青春ファンタジー。北岡悠也は、ある日突然妹になった元魔法少女みらいとの生活を、困惑しながらも楽しんでいた。しかし元魔法少女には、人々の記憶から消えてしまうという残酷な運命が課せられている。悠也達は何とかみらいを忘れまいと懸命に努力するのだが。原作はしなな泰之の同名小説。
監督:堀禎一 出演者:高橋龍輝(北岡悠也)、谷内里早(北岡みらい)、森田涼花(佐々木千花)、碓井将大(小田直樹)、前田亜季(秋村希美)、伴大介(佐々木淳)、ほか

「アンダー・ザ・シルバーレイク」のネタバレあらすじ結末

アンダー・ザ・シルバーレイクの紹介:2018年アメリカ映画。ビッグになる夢を抱いていたが、気づけば33歳にして職はなく家賃まで払えない状態まで落ちぶれたオタク青年サム。ある日隣人の美女サラに一目惚れし、デートの約束まで取り付けたが、翌日、彼女は忽然と姿を消してしまう。部屋の壁に書かれた記号、置き忘れた荷物、友人をたどり調べていくうちに陰謀の匂いを嗅ぎとる。大富豪や映画プロデューサーらの謎の失踪や死が相次ぎ、夜中に犬殺しが出没。暗号を追ううちに街を操る裏組織の存在にたどり着く。セレブやアーティストたちが暮らすLAの街シルバーレイクを舞台に、無声映画時代から現代までのあらゆるポップカルチャーが隅々まで散りばめられている。現代人の恐怖心と好奇心を揺さぶる作品。
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル 出演:アンドリュー・ガーフィールド(サム)、ライリー・キーオ(サラ)、トファー・グレイス(サムの友達)、ゾーシャ・マメット(トロイ)、キャリー・ヘルナンデス(ミリセント・セヴンス)、パトリック・フィスクラー(コミック・マン)、グレイス・ヴァン・パタン(バルーン・ガール)、ジミ・シンプソン(アレン)、ジェレミー・ボブ(ソングライター)、リキ・リンドホーム(サムのガールフレンド)、インディア・メニューズ(シューティング・スター)ほか

「野獣(クーガ)の城2」のネタバレあらすじ結末

野獣(クーガ)の城 ~女子刑務所~ 2の紹介:2017年日本映画。時は、20XX年。日本は死刑制度を廃止し終身刑が採用された。犯罪者が激増。刑務所は民営化へと移行し各地に民間刑務所が次々と設立されていった。所在地の知られていない謎の刑務所があった。
監督:奥渉 出演:倉持由香(理緒)、池田夏希、鈴木咲、菜乃花、生田佳那、藤岡範子、衣緒菜、IZAM、ほか

「野獣(クーガ)の城」のネタバレあらすじ結末

野獣(クーガ)の城 ~女子刑務所~の紹介:2017年日本映画。時は、20XX年。日本は死刑制度を廃止し終身刑が採用された。犯罪者が激増。刑務所は民営化へと移行し各地に民間刑務所が次々と設立されていった。所在地の知られていない謎の刑務所があった。
監督:奥渉 出演:倉持由香(理緒)、池田夏希、鈴木咲、菜乃花、生田佳那、藤岡範子、衣緒菜、松井理子、IZAM、ほか

「携帯彼女」のネタバレあらすじ結末

携帯彼女の紹介:2011年日本映画。『携帯彼氏』の続編的作品で、前作とのつながりをもっています。『あい・すくりーむ』のアプリから携帯彼女のエリカをダウンロードした若者が次々殺人事件を起こし、自分も、死んでしまうという事件が連続していました。この事件に絡み、エリカの兄と、同名の絵里香、そして刑事がエリカを探すことになりました・・というジャパニーズホラーです。
監督:船曳真珠 出演者:鈴木愛理(絵里香)、竹富聖花(エリカ)、馬場徹(タカシ)、平野靖幸(井上)、宮下ともみ(アヤ)ほか

1 2 3 4 5 484
TOP↑