映画のあらすじ

映画のあらすじと結末を解説している作品一覧です。名作映画から最新作まで人気映画のストーリーを映画の評価、感想、ネタバレとともにラストまで紹介しています。

「インストール」のネタバレあらすじ結末

インストールの紹介:2004年日本映画。受験戦争に嫌気がさし、不登校になった朝子。ある日、マンションのごみ捨て場で少年と出会う。その少年と仲良くなった朝子は、少年からインターネットで売春婦のアルバイトをやるように誘われる。インターネットで男たちとチャットをしながら、お金を稼いでいく2人だった。「生き甲斐」について、若者たちの視点から切り込んだ、綿矢りさ原作の映画。
監督:片岡K 出演者:上戸彩(野沢朝子)、神木隆之介(青木かずよし)、中村七之助(コウイチ)、菊川怜(モモコ先生)、田中好子(野沢毬恵)ほか

「ギャング対ギャング」のネタバレあらすじ結末

ギャング対ギャングの紹介:1962年日本映画。自分を裏切った組織への貸しを取り返すことを誓った男が新しい仲間と麻薬横取り作戦を展開する。カルト映画の帝王となる以前の石井輝男監督が主役に鶴田浩二を、敵役に石井監督晩年の作品にも出演を続けた丹波哲郎を迎えて送り出した白黒アクション映画。『吸血鬼ゴケミドロ』等の映画出演で知られるシャンソン歌手高英男も冷酷なヤクザを怪演。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(水原)、三田佳子(百合)、松尾和子(みよ子)、梅宮辰夫(金谷)、成瀬昌彦(男谷)、高英男(塚原)、三井弘次(柳沢)、西村晃(ハルヤマ)、丹波哲郎(波川)ほか

「エド・ゲイン」のネタバレあらすじ結末

エド・ゲインの紹介:2007年アメリカ映画。ウィスコンシン州のプレインフィールドという小さな町で連続殺人が起こる。行方不明者も後を絶たない中で、捜査を進める警察たち。そして一人の男が捜査線上に浮上する。その男こそ、全米を震撼させたエド・ゲインという男だった。
監督: マイケル・フェイファー 出演者:ケイン・ホッダー(エド・ゲイン)、エイドリアン・フランツ(エリカ)、プリシラ・バーンズ(ベラ)、ショーン・ホフマン(ボビー)、マイケル・ベリーマン(ジャック)、ほか

「キラー・バグズ」のネタバレあらすじ結末

キラー・バグズの紹介:2002年アメリカ映画。旧友が亡くなったという一報を受け、数十年ぶりに再び顔を合わせた旧友たち。葬儀後、別荘にてバカンスを楽しんでいたのだが、突如ハエの大群に襲われる一向。ハエに寄生された人間はたちまち狂暴になり襲いかかってくる。そのハエたちは政府が極秘に開発していた、殺人ハエだった。
監督: ジョッシュ・オルソン 出演:ザック・ギャリガン(ウォーレン)、リサ・アン・ハドリー、ダニエル・ジェンキンス(スティーブン)、エイミー・ジョー・ジョンソン(ジェシー)、ロバート・ダンカン・マクニール(エリック)、タック・ワトキンス(カール)、ほか

「ダーク・タイド」のネタバレあらすじ結末

ダーク・タイドの紹介:2011年アメリカ, 南アフリカ映画。小さい頃からサメの虜になっていたケイトは仲間と共にサメのドキュメンタリーを撮影するためサメとのダイビングを楽しんでいた。途中、仲間がサメに食われてしまいケイトは海に入ることをやめてしまった。月日はたち、当時の仲間から誘われ再びサメとのダイビングをするのだったが、数々の不幸がケイトに襲い掛かってくるのだった。
監督:ジョン・ストックウェル 出演者:ハル・ベリー(ケイト)、オリヴィエ・マルティネス(ジェフ)、ラルフ・ブラウン(ブレディ)、ルーク・タイラー(ルーク)、ほか

「ベン」のネタバレあらすじ結末

ベンの紹介:1972年アメリカ映画。身体の弱い男の子、ダニーがやっと心を許し合える親友に巡り合った。それはネズミのベン。だがベンの率いるネズミたちは街で人間の生存を脅かしつつあった。大ヒットした『ウイラード』の続編となるホラー映画だが、少年とネズミの友情を描いてファミリー向け映画風になっている。主題歌はジャクソン5の一員だったマイケル・ジャクソン少年の歌う「ベンのテーマ」。マイケルがソロアーティストとしては初の全米シングルチャート1位を記録した。監督は『ウォーキング・トール』等の傑作を遺したフィル・カールソン。
監督:フィル・カールソン 出演者:リー・ハーコート・モンゴメリー(ダニー・ガリソン)、ジョセフ・キャンパネラ(クリフ・カートランド)、アーサー・オコンネル(ビリー・ハットフィールド)、ローズマリー・マーフィー(ベス・ガリソン)、メレディス・バクスター(イヴ・ガリソン)ほか

「ウイラード」のネタバレあらすじ結末

ウイラードの紹介:1971年アメリカ映画。ウイラードは会社では社長のパワハラに耐え、家ではお母さんの小言に耐える日々を送っている。彼の友だちはネズミたちだけだったが、ネズミの賢さは人の想像を超えるものだった。数百匹のネズミが人々を襲うホラー映画。演じるのは全部本物のネズミたち。自由気ままなネズミたちを相手に撮影は難航したと言われる。この作品の大ヒットにより続編『ベン』も製作された。ウイラードを演じたのは『いちご白書』のブルース・デイヴィソン。
監督:ダニエル・マン 出演者:ブルース・デイヴィソン(ウイラード・スタイルズ)、エルザ・ランチェスター(ヘンリエッタ・スタイルズ)、 アーネスト・ボーグナイン、(マーティン)、ソンドラ・ロック(ジョーン)、マイケル・ダンテ(ブラント)、ジョディ・ギルバート(シャーロット)ほか

「エルヴィス」のネタバレあらすじ結末

エルヴィスの紹介:2022年アメリカ映画。ルイジアナの小さなライブに出演し、当時誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露する若き日のエルヴィス。若者たちは魅了され、熱狂で全米が揺らいだ。「次歌ったら、動いたら逮捕する」-エルヴィスは社会を乱したとして、多くの逆境に遭うこととなる。破天荒な日々の裏側にあった危険な真実を知るのは、強欲なマネージャーであるトム・パーカー大佐だった。人気絶頂の彼を殺したのは何だったのか?世界史上最も売れたソロ・アーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。エルヴィスの誰も知らなかった真実の物語。時代を背負うアイコンとなり世界を変えていくエルヴィスの生き様が多くの伝説的ライブと共に描かれる。
監督:バズ・ラーマン 出演:オースティン・バトラー(エルヴィス)、トム・ハンクス(トム・パーカー大佐)、ヘレン・トムソン(グラディス)、リチャード・ロクスバーク(ヴァーノン)、オリヴィア・デヨング(プリシラ)、ヨラ(シスター・ロゼッタ・サープ)、ションカ・デュクレ(ビック・ママ・ソーントン/ペンテコステ派シンガー)、アルトン・メイソン(リトル・リチャード)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(B.B.キング)、ゲイリー・クラーク・Jr(アーサー・“ビッグ・ボーイ”・クルーダップ)、デヴィッド・ウェンハム(ハンク・スノウ)、ルーク・ブレイシー(ジェリー・シリング)、ディカー・モンゴメリー(スティーブ・ビンダー)、コディ・スミット=マクフィー(ジミー・ロジャース・スノウ)ほか

「リコリス・ピザ」のネタバレあらすじ結末

リコリス・ピザの紹介:2021年アメリカ映画。15歳の男子高校生ゲイリーは、10歳年上のアラナに恋をしてしまいます。アラナは最初は相手にしませんが、彼の熱意に押されて交際を始めます。ゲイリーは事業をはじめますがうまくいきません。アラナはそんな彼を支えていきます。本作は10歳年の違う二人の恋愛を描いた青春映画。石油ショックなどの1970年代の世相や、当時のセレブ、政治家などが登場します。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:アラナ・ハイム(アラナ・ケイン)、クーパー・ホフマン(ゲイリー・バレンタイン)、ショーン・ペン(ジャック・ホールデン)、トム・ウェイツ(レックス・ブロウ)、ブラッドリー・クーパー(ジョン・ピーターズ)、ベニー・サフディ(ジョエル・ワックス)、ほか

「マーベラス」のネタバレあらすじ結末

マーベラスの紹介:2021年アメリカ, イギリス映画。アナはベトナムで孤児として暗殺者のムーディに引き取られます。彼女は成人して凄腕の暗殺者になり、育ての親ムーディを殺害した男への復讐のため、ベトナムへ向かいます。『マーベラス』は、女性暗殺者の復讐劇を描くアクション映画です。
監督:マーティン・キャンベル 出演:マギー・Q(アナ)、マイケル・キートン(レンブラント)、サミュエル・L・ジャクソン(ムーディ)、ロバート・パトリック(ビリー)、デヴィッド・リントール、パトリック・マラハイド、オリ・フェッファー、レイ・フィアロン、フローリン・ピエルジク・Jr、キャロリン・ロンク、ヴェリザール・ビネヴ、ジョルジェ・ピステレアヌ、ほか

「マルケータ・ラザロヴァー」のネタバレあらすじ結末

マルケータ・ラザロヴァーの紹介:1967年チェコスロヴァキア映画。チェコ・ヌーベルバーグの巨匠、フランチシェク・ヴラーチルの傑作が半世紀以上の時を経て日本初公開。『アンドレイ・ルブリョフ』(アンドレイ・タルコフスキー監督)、『七人の侍』(黒澤明監督)などと並び、その後の多くの監督たちに影響を与えたといわれる本作は、13世紀のボヘミア王国を舞台にした壮大な叙事詩だ。極寒の山奥で当時と同じように暮らしながら548日間にもわたる撮影を敢行したという本作は、21世紀の現代でもなお鮮烈な印象を残す。
監督・脚本:フランチシェク・ヴラーチル 原作:ヴラジスラフ・ヴァンチュラ 出演:マグダ・バーシャーリオバー(マルケータ)、ヨゼフ・ケルム(コズリーク)、フランチシェク・ベレツキー(ミコラーシュ)、ミハル・コジュフ(ラザル)、イヴァン・パルウィッチ(アダム)、パブラ・ポラーシュコヴァー(アレクサンドラ)、ヴラスチミル・ハラペス(クリスティアン)ほか

「ジャバーウォッキー」のネタバレあらすじ結末

ジャバーウォッキーの紹介:1977年イギリス映画。樽職人デニスは父に勘当され愛する女性からも見捨てられます。彼は成功を目指して王様の暮らす城に向かいます。しかし城内はモンスターに怯える避難民であふれ、王様は悩んでいます。デニスは城内で村では考えられない体験をします…。本作は1970年代の伝説的な名作で、今回4Kレストア版が完成、再び注目を集めています。
監督:テリー・ギリアム 出演:マイケル・ペイレン(デニス・クーパー)、マックス・ウォール(ブルーノ懐疑王)、テリー・ジョーンズ(密猟者)、デボラ・ファレンダー(王女)、ジョン・ル・メスリエール(パセルリュー)、アネット・バッドランド(グリゼルダ・フィッシュフィンガー)、ハリー・H・コルベット(従者)、ほか

「ドラゴンボール超 スーパーヒーロー」のネタバレあらすじ結末

ドラゴンボール超 スーパーヒーローの紹介:2022年日本映画。『ドラゴンボール』シリーズの劇場版作品誰21作、『ドラゴンボール超(スーパー)』の劇場版としては2作目となるアクション巨編です。本作も原作者の鳥山明自ら脚本とキャラクターデザインを務め、孫悟空の長男・悟飯とその師匠であるピッコロをメインに据え、復活を果たしたかつての悟空の敵・レッドリボン軍と死闘を繰り広げます。
監督:児玉徹郎 原作・脚本:鳥山明 声優:野沢雅子(孫悟空/孫悟飯/孫悟天)、古川登志夫(ピッコロ)、皆口裕子(パン/ビーデル)、堀川りょう(ベジータ)、久川綾(ブルマ)、草尾毅(トランクス)、田中真弓(クリリン/ヤジロベー)、伊藤美紀(人造人間18号)、山寺宏一(ビルス)、森田成一(ウイス)、平野綾(デンデ)、魚建(カリン)、大友龍三郎(神龍)、島田敏(ブロリー)、杉田智和(レモ)、入野自由(Dr.ヘド)、ボルケーノ太田(マゼンタ)、竹内良太(カーマイン)、神谷浩史(ガンマ1号)、宮野真守(ガンマ2号)、若本規夫(セルマックス)ほか

「神は見返りを求める」のネタバレあらすじ結末

神は見返りを求めるの紹介:2021年日本映画。売れないYouTuberのゆりちゃんを、献身的に支えるイベント会社の会社員である田母神。ゆりちゃんはやがてチャンスを掴み、田母神のもとを離れます。過去の恩に見返りを求め始める田母神、そんな恩をものともせず、仇で返そうとするゆりちゃん。そんな二人の関係の行方はどうなるのでしょうか?
監督:吉田恵輔 出演:ムロツヨシ(田母神尚樹)、岸井ゆきの(川合優里)、若葉竜也(梅川葉)、吉村界人(チョレイ)、淡梨(カビゴン)、柳俊太郎(村上アレン)、田村健太郎、中山求一郎、廣瀬祐樹、下川恭平、前原滉、ほか

「恋は光」のネタバレあらすじ結末

恋は光の紹介:2022年日本映画。ウルトラジャンプで連載された、秋★枝(あきえだ)が描く原作コミックが映画化された本作。恋愛している女性が光って見えるという主人公の西条。恋愛に臆病だった彼が一目惚れした同じ大学生の東雲。本当の恋とは?を問いかける彼らの恋の行方に注目です。
監督:小林 啓一 出演:神尾楓珠(西条)、西野七瀬(北代)、平祐奈(東雲)、馬場ふみか(宿木)、伊東蒼、宮下咲、花岡咲、森日菜美、山田愛奈、田中壮太郎、ほか

1 2 3 4 5 823

キーワードから探す

TOP↑