映画のあらすじ

「TALK TO ME トーク・トゥ・ミー」のネタバレあらすじ結末

TALK TO ME トーク・トゥ・ミーの紹介:2022年オーストラリア映画。チャンネル登録者数682万人、再生回数15億回を誇るオーストラリアのユーチューバー、フィリッポウ兄弟の長編監督デビュー作となるホラー映画です。母を亡くした主人公の女子高校生は仲間と共にSNSで話題の「#90秒憑依チャレンジ」にチャレンジしてみたのですが・・・。
監督:ダニー・フィリッポウ、マイケル・フィリッポウ 出演者:ソフィー・ワイルド(ミア)、アレクサンドラ・ジェンセン(ジェイド)、ジョー・バード(ライリー)、オーティス・ダンジ(ダニエル)、ミランダ・オットー(スー)、ゾーイ・テラケス(ヘイリー)、クリス・アロシオ(ジョス)、マーカス・ジョンソン(マックス)、アレクサンドリア・ステファンセン(レア)、サニー・ジョンソン(ダケット)、アリ・マッカーシー(コール)ほか

「愛にイナズマ」のネタバレあらすじ結末

愛にイナズマの紹介:2023年日本映画。『舟を編む』『茜色に焼かれる』などを手がけた石井裕也監督が、主演に松岡茉優を迎えて描き出す人間ドラマです。念願の映画監督デビューを目前にその夢を踏みにじられた主人公の女性が、疎遠だった家族や運命的に出会った男の力を借りて理不尽な社会に立ち向かう姿を描きます。主題歌はロックバンド「エレファントカシマシ」が手がけています。
監督:石井裕也 出演者:松岡茉優(折村花子)、窪田正孝(舘正夫)、池松壮亮(折村誠一)、若葉竜也(折村雄二)、仲野太賀(落合)、趣里(携帯ショップの女)、高良健吾(ホテルの社長)、MEGUMI(原)、三浦貴大(荒川)、芹澤興人(バーのマスター)、鶴見辰吾(佐々木智夫(声))、北村有起哉(配送会社の社長)、中野英雄(鬼頭三郎)、益岡徹(則夫)、佐藤浩市(折村治)ほか

「名探偵コナン vs. 怪盗キッド」のネタバレあらすじ結末

名探偵コナン vs. 怪盗キッドの紹介:2024年日本映画。日本を代表するドル箱作品に成長した、青山剛昌原作のテレビアニメ『名探偵コナン』の劇場版第27作『名探偵コナン 100万ドルの五稜星(みちしるべ)』(2024年公開予定)の公開に先駆け、同作のキーパーソンでありコナンの宿命のライバルでもある、『コナン』と世界観を共有する『まじっく快斗』の主人公・怪盗キッドとコナンの対決の数々を過去のテレビシリーズより厳選し、新規映像も交えて再編集した特別総集編です。
原作:青山剛昌(『名探偵コナン』『まじっく快斗』) 構成・脚本:宮下隼一 主題歌:WANDS『大胆』 声優:高山みなみ(江戸川コナン/中森青子)、山口勝平(黒羽快斗(怪盗キッド)/工藤新一)、神谷明(毛利小五郎)、山崎和佳奈(毛利蘭)、松井菜桜子(鈴木園子)、緒方賢一(阿笠博士)、石塚運昇(中森銀三)、茶風林(目暮十三)、林原めぐみ(小泉紅子)、岩居由希子(桃井恵子)、永井一郎(鈴木次郎吉)、田中秀幸(工藤優作)、肝付兼太(寺井黄之助)、秋元羊介(寺井黄之助)ほか

「蟻の王」のネタバレあらすじ結末

蟻の王の紹介:2023年イタリア映画。同性愛者が異端視されていた1960年代のイタリアを舞台に、実在の詩人で劇作家のアルド・ブライバンティが教え子の若者と恋に落ちたことで教唆罪に問われ、有罪判決を受けた「ブライバンティ事件」をモデルにしたドラマです。
監督:ジャンニ・アメリオ 出演者:ルイジ・ロ・カーショ(アルド・ブライバンティ)、エリオ・ジェルマーノ(エンニオ・スクリバーニ)、レオナルド・マルテーゼ(エットレ・タリアフェッリ)、サラ・セラヨッコ(グラツィエラ)、アンナ・カテリーナ・アントナッチ(マッダレーナ・タリアフェッリ)、ダヴィデ・ヴェッキ(リッカルド・タリアフェッリ)ほか

「月」のネタバレあらすじ結末

月の紹介:2023年日本映画。芥川賞作家・辺見庸が実際に発生した障がい者殺傷事件を題材として執筆した同名小説を、『茜色に焼かれる』『舟を編む』『愛にイナズマ』などの石井裕也が監督・脚本を務めて映画化したドラマです。『新聞記者』『茜色に焼かれる』などを手がけ、本作の企画・製作総指揮を担当したプロデューサーの河村光庸は本作の公開を待たず2022年6月に急逝したため、本作が遺作となりました。原作にはない映画オリジナルの主人公を宮沢りえが、物語のカギを握る青年を磯村勇斗が演じています。
監督:石井裕也 出演者:宮沢りえ(堂島洋子)、磯村勇斗(さとくん)、長井恵里、大塚ヒロタ、笠原秀幸、板谷由夏、モロ師岡、戸田昌宏、鶴見辰吾、原日出子、高畑淳子、二階堂ふみ(坪内陽子)、オダギリジョー(堂島昌平)ほか

「シチリア・サマー」のネタバレあらすじ結末

シチリア・サマーの紹介:2023年イタリア映画。1980年にイタリア・シチリア島で実際に発生した事件を元にしたラブストーリー作品です。育った艦橋も性格も異なる二人の少年が偶然にも出会い、やがて心を通わせ合っていきますが、二人の行く先には悲劇が待ち受けていました・・・。
監督:ジュゼッペ・フィオレッロ 出演:ガブリエーレ・ピッツーロ(ニーノ)、サムエーレ・セグレート(ジャンニ)、シモーナ・マラート(リーナ)、ファブリツィア・サッキカル(カルメラ)、アントーニオ・デ・マッテオアル(アルフレッド)、エンリコ・ロッカフォルテ(フランコ)、ジュゼッペ・スパータ(チッチョ)、アレッシオ・シモネッティ(トゥーリ)、シモーネ・ラッファエーレ・コルディアーノ(トト)、ジュディッタ・バジーレ(イザベッラ)、ロベルト・サレーミ(ピエトロ)、アニータ・ポマーリオ(ジュゼッピーナ)ほか

「劇場版 SPY×FAMILY CODE: White」のネタバレあらすじ結末

劇場版 SPY×FAMILY CODE: Whiteの紹介:2023年日本映画。遠藤達哉の人気コミックで、テレビアニメ化や舞台化された『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』の初の劇場版作品となる長編アニメーション作品です。本作は原作者の遠藤達哉自ら監修とキャラクターデザイン原案を手がけた完全オリジナルストーリーとなっており、旅行に出かけた主人公3人組の“かりそめの家族”がトラブルに巻き込まれていく様を描きます。
監督:片桐崇 主題歌:Official髭男dism「SOULSOUP」、星野源「光の跡」 声優: 江口拓也(ロイド・フォージャー/黄昏)、種崎敦美(アーニャ・フォージャー)、早見沙織(ヨル・フォージャー)、 松田健一郎(ボンド・フォージャー)、甲斐田裕子(シルヴィア・シャーウッド)、佐倉綾音(フィオナ・フロスト)、吉野裕行(フランキー・フランクリン)、小野賢章(ユーリ・ブライア)、 山路和弘(ヘンリー・ヘンダーソン)、藤原夏海(ダミアン・デズモンド)、 加藤英美里(ベッキー・ブラックベル)、庄司宇芽香(カミラ)、石見舞菜香(リー)、熊谷海麗(シャロン)、銀河万丈(スナイデル)、武内駿輔(タイプF)、中村倫也(ドミトリ)、賀来賢人(ルカ)ほか

「ハンガー・ゲーム0」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲーム0の紹介:2023年アメリカ映画。スーザン・コリンズの小説『ハンガー・ゲーム』シリーズを原作に、三部作として映画化された『ハンガー・ゲーム』シリーズの前日譚として製作されたSF戦争冒険映画です。本作は映画第1作『ハンガー・ゲーム』(2012年)の64年前を舞台とし、三部作で独裁者となる悪役コリオレーナス・スノーの若き日の姿に迫っていきます。
監督:フランシス・ローレンス 出演者:トム・ブライス(コリオレーナス・スノー)、レイチェル・ゼグラー(ルーシー・グレイ・ベアード)、ピーター・ディンクレイジ(キャスカ・ハイボトム)、ジェイソン・シュワルツマン(ルクレティウス・”ラッキー”・フリッカーマン)、ハンター・シェイファー(タイガレス・スノー)、ジョシュ・アンドレス・リヴェラ(セジャナス・プリンツ)、ヴィオラ・デイヴィス(ヴォラムニア・ゴール博士)、フィオヌラ・フラナガン(グランドマム)、バーン・ゴーマン(ホフ司令官)、アシュリー・リャオ(クレメンシア・ダヴコート)、マックス・ラファエル(フェストゥス・クリード)、ゾーイ・レネー(リュシストラテ・ヴィッカース)、ニック・ベンソン(ジェサップ)、イソベル・ジェスパー・ジョーンズ(メイフェア・リップ)、ジョージ・ソムナー(スプルース)、アーマー・フセイン(フェリックス・ラヴィンスティル)、イレーネ・ベーム(ラミナ)、ディミトリ・アボルド(リーパー)、マイケル・グレコ(ストラボ・プリンツ)、ダニエラ・グルーベル(プリンツ夫人)、マッケンジー・ランシング(コーラル)、クーパー・ディロン(ミズン)、ヒロキ・ベレクロス(トリーチ)、ヴォーン・ライリー(モード・アイボリー)、ダコタ・シャピロ(ビリー・トープ)、オナー・ギリーズ(バーブ・アズール・ベアード)、アイケ・オニャンブ(タム・アンバー)、コンスタンティン・タフェット(クラーク・カーマイン)ほか

「PERFECT DAYS」のネタバレあらすじ結末

PERFECT DAYSの紹介:2023年日本映画。2023年のカンヌ国際映画祭で主演の役所広司が男優賞を受賞した日独合作映画『PERFECT DAYS』。監督は『パリ、テキサス』(1984年)『ベルリン・天使の詩』(1987年)などで知られる名匠ヴィム・ヴェンダースだ。渋谷区内の公衆トイレ刷新プロジェクトのPRとして製作を依頼された監督が、役所扮する清掃員の男性・平山の日常を淡々と、そして慈しむように丁寧に描いている。劇中で使用される音楽は平山がカセットテープで聞く曲として流れ、映画の印象を際立たせている。
監督: ヴィム・ヴェンダース 出演:役所広司(平山)、アオイヤマダ(アヤ)、中野有紗(ニコ)、石川さゆり(ママ)、田中泯(ホームレス)、麻生祐未(ケイコ)、柄本時生(タカシ)、三浦友和(友山)ほか

「エクスペンダブルズ ニューブラッド」のネタバレあらすじ結末

エクスペンダブルズ ニューブラッドの紹介:2023年アメリカ映画。往年のアクションスターが集結する“最強の消耗品集団”を描いたアクション映画シリーズ『エクスペンダブルズ』の第4作です。前作『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014年)から約9年ぶりとなる本作は主役が過去3作のシルヴェスター・スタローンからジェイソン・ステイサムにバトンタッチ、新たにカーティス・“50セント”・ジャクソン、ミーガン・フォックス、トニー・ジャー、イコ・ウワイス、アンディ・ガルシアらが参戦しています。
監督:スコット・ウォー 出演者:ジェイソン・ステイサム(リー・クリスマス)、カーティス・“50セント”・ジャクソン(イージー・デイ)、ミーガン・フォックス(ジーナ)、ドルフ・ラングレン(ガンナー・ヤンセン)、トニー・ジャー(デーシャ)、イコ・ウワイス(スアルト・ラフマト)、ランディ・クートゥア(トール・ロード)、ジェイコブ・スキピオ(ガラン)、レヴィ・トラン(ラッシュ)、ルーシー・ニューマン・ウィリアムズ(ルッソ)、ダレン・ノップ(ボク)、マイク・モラー(ジャンボ・シュリンプ)、カリム・サイディ(フェザン将軍)、アンディ・ガルシア(マーシュ)、シルヴェスター・スタローン(バーニー・ロス)ほか

「仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐」のネタバレあらすじ結末

映画 仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐の紹介:2023年日本映画。令和仮面ライダーシリーズ第4作『仮面ライダーギーツ』の劇場版作品です。ある事件により世界が4つに分裂、主人公・浮世英寿もそれぞれ性格や能力が異なる4人の英寿に分裂してしまい・・・。ゲストとして『快盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー』の工藤遥、お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平が参戦。監督はテレビ本編メイン監督の中澤祥次郎、脚本はテレビ本編のメインライターである高橋悠也、主題歌は2023年にメジャーデビュー20周年を迎え、テレビ本編(倖田來未とのコラボレーション)や平成ライダー第15作『仮面ライダー鎧武』(「鎧武乃風」名義)の主題歌を務めた湘南乃風が担当。さらに『ギーツ』の次回作となる令和ライダー第5作・仮面ライダーガッチャードも放送開始に先駆けて先行登場しています。
監督:中澤祥次郎 脚本:高橋悠也 原作:石ノ森章太郎 主題歌:湘南乃風「Desire」 出演:簡秀吉(浮世英寿/ガンマンの浮世英寿/書生の浮世英寿/漂浪者の浮世英寿/吟遊詩人の浮世英寿)、佐藤瑠雅(桜井景和)、星乃夢奈(鞍馬祢音)、杢代和人(吾妻道長)、青島心(ツムリ)、中田裕士(仮面ライダーギーツ)、永徳(仮面ライダータイクーン/仮面ライダーガッチャード)、宮澤雪(仮面ライダーナーゴ)、縄田雄哉(仮面ライダーバッファ)、志田音々(桜井沙羅)、小貫莉奈(我那覇冴)、藏内秀樹(丹波一徹)、崎山つばさ(晴家ウィン)、福圓美里(ホッパー1)、塩野潤二(運営ナレーション)、鈴木福(ジーン)、工藤遥(メロ)、長田庄平(メラ)、本島純政(仮面ライダーガッチャードの声)ほか

「大雪海のカイナ ほしのけんじゃ」のネタバレあらすじ結末

大雪海のカイナ ほしのけんじゃの紹介:2023年日本映画。アニメ製作会社「ポリゴン・ピクチュアズ」の設立40周年記念作品として、同社の設立30周年記念作『シドニアの騎士』を手がけた弐瓶勉を原作者に迎えたメディアミックス作品として製作、2023年に放映したテレビアニメ『大雪海のカイナ』の完結編となる劇場版作品です。文明や文字が衰退し、人類滅亡の危機にある世界を舞台に、主人公の青年と小国の王女が世界の崩壊を食い止めるために戦う姿を描いたポスト・アポカリプスファンタジー超大作です。テレビアニメ版のキャスト・スタッフが続投し、新たな敵役として『鬼滅の刃』の花江夏樹が参戦しています。
監督:安藤裕章 声優:細谷佳正(カイナ)、高橋李依(リリハ)、村瀬歩(ヤオナ)、坂本真綾(アメロテ)、小西克幸(オリノガ)、杉田智和(ンガポージ)、堀内賢雄(ハレソラ)、大原さやか(ムルノタ)、熊谷健太郎(ノゼ)、諸星すみれ(チル)、花江夏樹(ビョウザン)ほか

「アクアマン/失われた王国」のネタバレあらすじ結末

アクアマン/失われた王国の紹介:2023年アメリカ映画。DCコミックスのスーパーヒーローであり、「ジャスティス・リーグ」の一員でもある「アクアマン」を描いたシリーズ第2作です。本作は「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」第16作でもありますが、同シリーズの再編・リブートが決定したことにより本作は現行の「DCEU」最終作となりました。監督のジェームズ・ワン(『ワイルド・スピード SKY MISSION』など)、主演のジェイソン・モモア(『ワイルド・スピード ファイヤーブースト』など)ら主要キャストが続投、古代の力が解き放たれたことにより存亡の危機を迎えた故郷アトランティスを救うために奔走するアクアマンたちの戦いを描きます。
監督:ジェームズ・ワン 出演:ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、パトリック・ウィルソン(オーム・マリウス/オーシャンマスター)、アンバー・ハード(メラ)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(デイビッド・ケイン/ブラックマンタ)、テムエラ・モリソン(トム・カリー)、ランドール・パーク(スティーブン・シン博士)、ヴィンセント・リーガン(アトラン王)、ジョン・リス=デイヴィス(ブライン王(声))、ジャニ・ジャオ(スティングレイ)、インディア・ムーア(カーション)、マーティン・ショート(キング・フィッシュ(声))、ピルウ・アスベック(キング・コーダックス)、ドルフ・ラングレン(ネレウス王)、ニコール・キッドマン(アトランナ)ほか

「屋根裏のラジャー」のネタバレあらすじ結末

屋根裏のラジャーの紹介:2023年日本映画。スタジオポノックが『メアリと魔女の花』(2017年)以来6年ぶりに贈るの長編アニメーション映画です。イギリスの詩人で作家のA・F・ハロルド著『ぼくが消えないうちに』を原作に、少女の想像によって生まれた“イマジナリフレンド”である主人公の少年が、現実と想像が交錯する世界で起こる冒険を繰り広げる様を描いたファンタジーアドベンチャーです。
監督:百瀬義行 声優:寺田心(ラジャー)、鈴木梨央(アマンダ)、安藤サクラ(リジー)、仲里依紗(エミリ)、杉咲花(オーロラ)、山田孝之(ジンザン)、高畑淳子(ダウンビートおばあちゃん)、寺尾聰(冷蔵庫)、イッセー尾形(ミスター・バンティング)、かぬか光明(小雪ちゃん)、一龍斎貞友(骨っこガリガリ)、大谷育江(ドロン)、平澤宏々路(ジュリア)、川原瑛都(ジョン)ほか

「窓ぎわのトットちゃん」のネタバレあらすじ結末

窓ぎわのトットちゃんの紹介:2023年日本映画。女優・タレントの黒柳徹子が1981年に書き下ろし、大ベストセラーとなった同名ノンフィクション自伝作品を、黒柳徹子生誕90周年・テレビ朝日開局65周年作品として映像化した長編アニメーション作品です。黒柳徹子自ら製作とナレーションを務め、第二次世界大戦時代に東京に実在した「トモエ学園」を舞台に黒柳徹子の小学生時代を描いていきます。
監督:八鍬新之介 原作・製作:黒柳徹子 主題歌:あいみょん『あのね』 声優:大野りりあな(黒柳徹子(トットちゃん))、役所広司(小林宗作(小林先生))、小栗旬(黒柳守綱(トットちゃんの父))、杏(黒柳朝(トットちゃんの母))、滝沢カレン(大石先生)、松野晃士(山本泰明(泰明ちゃん))、石川浩司(自由が丘の駅員)、ダニエル・ケルン(ローゼンシュトック)、駒田航(齋藤秀雄)、園崎未恵(赤松小学校の先生)、加納千秋(泰明ちゃんの母)、黒柳徹子(ナレーション)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 878

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑