映画のあらすじ

「夏へのトンネル、さよならの出口」のネタバレあらすじ結末

夏へのトンネル、さよならの出口の紹介:2022年日本映画。第13回小学館ライトノベル大賞で「ガガガ賞」と「審査員特別賞」をW受賞した八目迷の小説が原作の本作。監督・脚本は、『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』やテレビアニメ「アクダマドライブ」で知られる田口智久、『映画大好きポンポさん』のCLAPが制作をつとめた。主演は、塔野カオル役に声優初挑戦の俳優・鈴鹿央士、花城あんず役にはモデルで女優、声優としても活躍する飯豊まりえが起用され、心に傷をもつ地味な男子と都会から来た意志の強い女子を好演している。
監督:田口智久 原作:八目迷(小学館「ガガガ文庫」) 声優:鈴鹿央士(塔野カオル)、飯豊まりえ(花城あんず)、畠中祐(加賀翔平)、小宮有紗(川崎小春)、照井春佳(浜本先生)、小山力也(カオルの父)、小林星蘭(塔野カレン)ほか

「デリシュ!」のネタバレあらすじ結末

デリシュ!の紹介:2020年フランス, ベルギー映画。1789年、革命直前のフランス。宮廷料理人のマンスロンはシャンフォール公爵主催の食事会で渾身の料理をふるまう。しかし、自慢の創作料理にジャガイモを使ったことが貴族たちの反感を買い解雇されてしまう。息子バンジャマンと共に実家に戻ったマンスロンは、彼のもとで料理を学びたいと訪ねてきた女性ルイーズの助けを借りながら世界で初めて一般人のために開かれたレストランを営むことに。店はたちまち評判となり、公爵にその存在を知られることとなる。
監督:エリック・ベナール 出演:グレゴリー・ガドゥボワ(マンスロン)、イザベル・カレ(ルイーズ)、バンジャマン・ラベルネ(シャンフォール公爵)、ギョーム・ドゥ・トンケデック(イアサント)、クリスチャン・ブイエ(ジャコブ)、ロレンゾ・ルフェーブル(バンジャマン)、マリー=ジュリー・ボー(サン=ジュネ伯爵夫人)ほか

「この子は邪悪」のネタバレあらすじ結末

この子は邪悪の紹介:2022年日本映画。事故に遭った後おかしくなった心理療法医の家族と、彼らを興味本位で調べようと近づいた高校生が巻き込まれる恐怖を描いた作品。「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2017」で準グランプリを獲得した作品を映画化したものです。
監督:片岡翔 出演:南沙良(窪花)、大西流星(四井純)、桜井ユキ(窪繭子)、渡辺さくら(窪月)、桜木梨奈(窪繭子)、二ノ宮隆太郎(鮎川祐一)、玉木宏(窪司朗)、ほか

「ブレット・トレイン」のネタバレあらすじ結末

ブレット・トレインの紹介:2022年アメリカ映画。世界で最も運の悪い殺し屋レディバグの今回のミッションは東京発の超高速列車からブリーフケースを盗み次の品川駅で降りるという簡単な仕事だったはずが…次々やってくる殺し屋たちが乗り込みレディバグに襲いかかる。降りたくても降りられない状況の中、列車はレディバグを乗せたまま終着駅京都に。そこには世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスが待ち受けていた。原作は累計300万部を超える大ヒットを記録した伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』。
監督: デヴィッド・リーチ 出演:ブラッド・ピット(レディバグ)、ジョーイ・キング(プリンス)、アンドリュー・小路(キムラ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(タンジェリン)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(レモン)、真田広之(エルダー)、マイケル・シャノン(ホワイト・デス)、バッド・バニー:ベニート・A・マルティネス・オカシオ(ウルフ)、ザジー・ビーツ(ホーネット)、ローガン・ラーマン(サン)、マシ・オカ(車掌)、福原カレン(車内販売の売り子)、ライアン・レイノルズ(カーバー)、チャニング・テイタム(乗客)、サンドラ・ブロック(マリア)ほか

「NOPE/ノープ」のネタバレあらすじ結末

NOPE/ノープの紹介:2022年アメリカ映画。『ゲット・アウト』(2017年)、『アス』(2019年)のジョーダン・ピール監督が、とびきり怖いUFO映画を撮ろうと製作したのが本作。前2作同様、人種差別への問題提起も織り込みつつ過去の様々な作品をリスペクトする内容になっている。主演は『ゲット・アウト』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたダニエル・カルーヤ。その妹にシンガーとしても活躍するキキ・パーマー。元子役のジュープを「ウォーキング・デッド」『ミナリ』のスティーヴン・ユァンが演じている。
監督:ジョーダン・ピール  出演:ダニエル・カルーヤ(OJ・ヘイウッド)、キキ・パーマー(エメラルド・ヘイウッド)、スティーヴン・ユァン(リッキー・“ジュープ”・パク)、ブランドン・ペレア(エンジェル・トーレス)、マイケル・ウィンコット(アントレス・ホルスト)ほか

「Zola ゾラ」のネタバレあらすじ結末

Zola ゾラの紹介:2021年アメリカ映画。デトロイトで昼間ウェイトレスをしながらストリッパーとしての顔を持つゾラはフーターズの仕事中、客としてやってきたステファニと意気投合し連絡先を交換する。翌日、さっそくステファニから「ダンスで大金を稼ぐフロリダ旅行に出よう」と誘われ、困惑するも勢いで乗ることに。これが48時間の悪夢の始まりだとは知らずに…。2015年、アザイア“ゾラ”キングが自らの実体験をTwitterに投稿し、大きな話題となった148のツイートをスタジオA24が映画化。全米ではスマッシュヒットを記録し、各国の映画祭で高い評価を得て多数の賞に輝いた本作は、“ストリッパー・サーガ”と呼ばれ若者を中心に熱狂的なファンを生み出した。
監督:ジャニクサ・ブラヴォー  出演:テイラー・ペイジ(ゾラ)、ライリー・キーオ(ステファニ)、ニコラス・ブラウン(デレク)、コールマン・ドミンゴ(X)、アリエル・スタッチェル(ショーン)、ジェイソン・ミッチェル(ディオン)、TS マディソン(ハリウッド)、ソフィー・ホール(ベイビー)ほか

「スワンソング」のネタバレあらすじ結末

スワンソングの紹介:2021年アメリカ映画。ミスター・パットことパトリック・ピッツェンバーガーは、かっては町の有名なヘアメイクドレッサーとして活躍し、現在は引退して老人ホームで孤独な日々を過ごしています。そんな彼に、昔の客の死の知らせと死化粧の依頼が来ます。パットは悩みながらもその依頼を引き受け、老人ホームを抜け出します。『スワンソング』は、高齢者の再起を描いた映画で、お年寄りに勇気を与えてくれるストーリーです。
監督:トッド・スティーブンス 出演:ウド・キアー(パット)、ジェニファー・クーリッジ(ディーディー)、リンダ・エヴァンス(リタ)、マイケル・ユーリー(ジャスティン)、ほか

「反逆のパンク・ロック」のネタバレあらすじ結末

反逆のパンク・ロックの紹介:1983年アメリカ映画。家庭内で問題を抱えて家を出た孤児たちは自身をT.R.(The Reject=拒否された脱落者)と呼び、仲間を求めて集ってはパンク・ロックに酔いしれる日々を過ごす。彼らを嫌悪し街からの排除を求める住民たちは次第に激化、T.R.たちは追い詰められていく。社会に馴染めず、T.R.ハウスで生活を送るパンクスたちのはかない日常を描く。パンク映画のバイブルとされる本作は、T.S.O.L.、ヴァンダルズ、D.I.などのUSハードコアバンドのライヴが盛り込まれ、本物のパンクスたちの非情な現実を映し出す。
監督:ペネロープ・スフィーリス 出演:クリス・ペダーソン(ジャック・ディドリー)、ビル・コイン(エヴァン・ジョンソン)、ジェニファー・クレイ(シーラ)、ティモシー・オブライエン(スキナー)、ウェイド・ウォルストン(ジョー・シュモ)、マイク・B.ザ・フリー/フリー(ラズル)、アンドリュー・ピース(イーサン・ジョンソン)、ニッキー・ビート(クラブオーナー)、ドン・アレン(ビル・レナード)、グラント・マイナー(キーフ)ほか

「みんなのヴァカンス」のネタバレあらすじ結末

みんなのヴァカンスの紹介:2020年フランス映画。ある夏の夜、セーヌ川でフェリックスはアルマと出会い夢のような時間を過ごしたが、その翌朝アルマはヴァカンスへ旅立ってしまう。フェリックスは親友シェリフと相乗りアプリで知り合ったエドゥアールを道連れに、彼女を追って南フランスの田舎町ディーにサプライズで会いに行く。自分勝手で不器用なフェリックスと、生真面目なエドゥアール、その間を取り持つ優しいシェリフ。そんな3人の愛おしいヴァカンスが静かに映し出されていく。2017年製作の「7月の物語」に続いてギョーム・ブラック監督がフランス国立高等演劇学校の学生たちと制作した作品で、俳優には同学校の生徒たちを起用。南フランスの風光明媚な景色と生徒たちの演技が高く評価され、ベルリン国際映画祭パノラマ部門で国際映画評論家連盟賞特別賞を受賞した。
監督:ギョーム・ブラック 出演:エリック・ナンチュアング(フェリックス)、サリフ・シセ(シェリフ)、エドゥアール・シュルピス(エドゥアール)、アスマ・メサウデンヌ(アルマ)、アナ・ブラゴジェヴィッチ(エレナ)、イリナ・ブラック・ラペルーザ(ニナ)、リュシー・ガロ(リュシー)、マルタン・メニエ(マルタン)、ニコラ・ピエトリ(ニコラ)、ほか

「DC がんばれ!スーパーペット」のネタバレあらすじ結末

DC がんばれ!スーパーペットの紹介:2022年アメリカ映画。アメコミで大人気のジャスティスリーグに彼らのようなスーパーパワーを手に入れたペットがスーパーペットが参戦し大活躍します。可愛いペットの面々がヒーローみたく活躍する姿が愛らしく、爽快な気分になります。
監督:ジャレッド・スターン 声優:ドウェイン・ジョンソン(クリプト)、ケヴィン・ハート(エース)、ケイト・マッキノン(ルル)、ジョン・クラシンスキー(スーパーマン/クラーク・ケント)、ヴァネッサ・ベイアー(PB)、ナターシャ・リオン(マートン)、ディエゴ・ルナ(チップ)、トーマス・ミドルディッチ(キース)、ベン・シュワルツ(マーク)、キアヌ・リーヴス(バットマン)、ほか

「ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ」のネタバレあらすじ結末

ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズの紹介:2022年アメリカ映画。原作ゲームでお馴染みのソニック・ザ・ヘッジホッグが劇場を所狭しと大暴れした前作からさらにパワーアップして帰ってきました。強敵ナックルズや前作のライバルであるロボトニックも登場し本作を盛り上げています。
監督:ジェフ・ファウラー 出演:ベン・シュワルツ(ソニック)、コリーン・オショーネシー(テイルズ)、イドリス・エルバ(ナックルズ)、ジム・キャリー(ロボトニック)、ジェームズ・マースデン(トム)、ナターシャ・ロスウェル(レイチェル)、ティカ・サンプター(マディ)、ほか

「サバカン SABAKAN」のネタバレあらすじ結末

サバカン SABAKANの紹介:2022年日本映画。大ヒットドラマ「半沢直樹」を手掛けた金沢知樹の映画初監督となる作品。金沢知樹監督の故郷長崎を舞台に、二人の少年が育む友情物語がテーマとなります。楽しいだけじゃない一夏の思い出が少年たちを大きくさせる、そんなお話です。
監督:金沢知樹 出演:番家一路(久田孝明/子供時代)、原田琥之佑(竹本健次)、尾野真千子(久田良子)、竹原ピストル(久田広重)、貫地谷しほり(竹本雅代)、草なぎ剛(久田孝明)、岩松了(内田のじじい)、村川絵梨(弥生)、福地桃子(亜子)、ゴリけん(大内田健夫)、八村倫太郎(金山)、茅島みずき(由香)、篠原篤(宮田学)、泉澤祐希(市川)、ほか

「TANG タング」のネタバレあらすじ結末

TANG タングの紹介:2022年日本映画。イギリスの小説家デボラ・インストールの「ロボットインザガーデン」を、舞台を日本に変えてアレンジし映像化しました。ある事件で自信をなくし無気力になってしまった主人公の健を二宮和也が好演しています。
監督:三木孝浩 出演:二宮和也(健)、満島ひかり(絵美)、小手伸也(加藤)、京本大我(林原)、武田鉄矢(馬場)、奈緒(大槻)、ほか

「セイント・フランシス」のネタバレあらすじ結末

セイント・フランシスの紹介:2019年アメリカ映画。SXSWフィルムフェスティバル2019で観客賞と審査員特別賞受賞を受賞した本作。主演のケリー・オサリバンは、「レディ・バード」(2017)の女性の描き方に触発されてこの自伝的な脚本を執筆した。これが初長編作品となる監督のアレックス・トンプソンは実生活でのケリーのパートナーで、彼女のたっての願いで監督を引き受けたそうだ。観客を魅了するフランシス役のラモナ・エディス=ウィリアムズはオーディションで選ばれ、現在はスケートに夢中だという。
監督:アレックス・トンプソン 脚本:ケリー・オサリバン 出演:ケリー・オサリバン(ブリジット)、ラモナ・エディス=ウィリアムズ(フランシス)、チャリン・アルヴァレス(マヤ)、リリー・モジェク(アニー)、マックス・リプシッツ(ジェイス)、ジム・トゥルー=フロスト(アイザック)ほか

「ぜんぶ、ボクのせい」のネタバレあらすじ結末

ぜんぶ、ボクのせいの紹介:2022年日本映画。現代社会で孤立した人々を描いたこの作品、監督・脚本は、秋葉原無差別殺傷事件をモチーフにした『Noise ノイズ』が話題となった新鋭、松本優作だ。
主演の白鳥晴都はオーディションで選ばれた15歳。『とんび』でデビュー後、2作目で主役に抜擢された。彼と交流する女子高生に『ある船頭の話』で評価の高い川島鈴遥。そしてオダギリジョーがふたりを支え、息のあった家族のような雰囲気を醸し出す。
重要な部分で使われるのが大滝詠一の名曲「夢で逢えたら」。内容にリンクした歌詞と美しいメロディが切ない。
監督・脚本:松本優作 出演:白鳥晴都(松下優太)、川島鈴遥(杉村詩織)、松本まりか(松下梨花)、若葉竜也(山﨑重之)、仲野大賀(片岡)、片岡礼子(中川千里)、木竜麻生(宮本由美香)、駿河太郎(白石凌)、オダギリジョー(坂本健二)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 830

キーワードから探す

TOP↑