映画のあらすじ

「ノイズ」のネタバレあらすじ結末

ノイズの紹介:2022年日本映画。筒井哲也による漫画『ノイズ【noise】』を、映画『デスノート』以来15年ぶりの共演となる藤原竜也と松山ケンイチのダブル主演で映画化したサスペンスドラマです。イチジク栽培で一躍有名になり、過疎化で沈みかけていた猪狩島に小さな希望が灯ります。イチジク栽培に携わる主人公の圭太と親友の純、そして新しく赴任してきた幼馴染の警官・真一郎、やがて小さな島で起こった殺人事件に巻き込まれていく様を描いています。
監督:廣木隆一 出演者:藤原竜也(泉圭太)、松山ケンイチ(田辺純)、神木隆之介(守屋真一郎)、黒木華(泉加奈)、伊藤歩(青木千尋)、渡辺大知(小御坂睦雄/鈴木睦雄)、酒向芳(横田昭一)、菜葉菜(横田洋子)、迫田孝也(野毛二郎)、鶴田真由(守屋仁美)、波岡一喜(酒井義昭)、大石吾朗(山下伸介)、諏訪太朗(鈴木賢治)、飯島莉央(泉恵里奈)、光山叶倭(中学生時代の泉圭太)、山田日向(中学生時代の田辺純)、丸山真亜弥(中学生時代の泉加奈)、寺島進(岡崎正)、余貴美子(庄司華江)、柄本明(横田庄吉)、永瀬正敏(畠山努)ほか

「ニトラム/NITRAM」のネタバレあらすじ結末

ニトラム/NITRAMの紹介:2021年オーストラリア映画。1996年4月28日にオーストラリア・タスマニア島のポート・アーサーで実際に発生した銃乱射による無差別大量殺人事件を、事件の犯人であるマーティン・ブライアントの生い立ちを絡めて描いた実録犯罪映画です。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演者:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ(マーティン・ニトラム・ブライアント)、ジュディ・デイヴィス(マーティンの母)、エッシー・デイヴィス(ヘレン)、アンソニー・ラパーリア(マーティンの父)、ショーン・キーナン(ジェイミー)、リック・ジェームス(武器屋の店主)ほか

「潜水艦クルスクの生存者たち」のネタバレあらすじ結末

潜水艦クルスクの生存者たちの紹介:2018年ルクセンブルク映画。2000年に実際に発生したロシアの原子力潜水艦クルスクの沈没事故を、ロバート・ムーアのノンフィクション本「ア・タイム・トゥ・ダイ」を基に映画化した作品です。軍事演習中に事故を起こしたクルスク、乗組員118名の運命を、クルスクを率いた司令官や救助にあたろうとした英国軍准将の視点から描いていきます。
監督:トマス・ヴィンターベア 出演:マティアス・スーナールツ(ミハイル・アヴェリン第7区画司令官)、レア・セドゥ(タニヤ・アヴェリーナ)、コリン・ファース(デヴィッド・ラッセル准将)、アルテミ・スピリトノフ(ミーシャ・アヴェリン)、ペーター・ジモニシェック(アンドレイ・グルジンスキー将軍)、マックス・フォン・シドー(ウラジーミル・ぺトレンコ指令長官)、マティアス・シュヴァイクホファー(パーヴェル・ソニン)ほか

「バブル」のネタバレあらすじ結末

バブルの紹介:2022年日本映画。謎の泡に包まれた東京を舞台に、孤独な少年と不思議な少女の心の交流を描くアニメーション作品。ある日、世界中に重力を操る謎の泡が降り注いだ。泡は東京中心部で原因不明の大爆発を起こし、巨大なドームで東京を包み込んでしまう。重力が壊れ、首都機能を失った東京には行き場を失った若者達が住み着くようになった。彼らはチームを組み、東京バトルクールというパルクールの試合を行っている。チーム「ブルーブレイズ(BB)」のエースである少年ヒビキは、特殊な聴力を持つ故に他人と上手くコミュニケーションを取れずにいた。そんなある夜、パルクールの練習中に海に転落し溺れかけたヒビキは、不思議な少女ウタに助けられる。2人の出会いは、やがて世界を大きく変えることになるのだった。
監督:荒木哲郎 声優:志尊淳(ヒビキ)、りりあ。(ウタ)、宮野真守(シン)、梶裕貴(カイ)、畠中祐(電気ニンジャリーダー)ほか

「不都合な理想の夫婦」のネタバレあらすじ結末

不都合な理想の夫婦の紹介:2019年イギリス映画。ニューヨークで貿易商を営むイギリス人のローリーは、アメリカ人の妻アリソンと息子のベンジャミン、娘のサマンサと4人で幸せに暮らしていた。しかし現状に満足せず大金を稼ぐことを夢見るローリーは、家族の不安を無視して好景気に沸くロンドンへの家族移住を決行する。かつての上司が経営する商社に再雇用されたローリーはその才能を周囲から評価され、復帰を歓迎された。プライベートではロンドン郊外に広大な屋敷を借り、息子を名門校へ編入させ、乗馬のインストラクターをしていたアリソンには広大な敷地と馬を用意した。しかし、ある日、アリソンは馬小屋の工事が進んでいないことに気付く。業者に問い合わせてみると、報酬の支払いが滞っており、さらには貯金が底をついていることをしってしまう。誰もが羨むような理想の夫婦に隠された不都合な真実とは。
監督:ショーン・ダーキン 出演:ジュード・ロウ(ローリー・オハラ)、キャリー・クーン(アリソン・オハラ)、ウーナ・ロッシュ(サマンサ)、チャーリー・ショットウェル(ベンジャミン)、アディール・アクタル(スティーブ)、アン・リード(ローリーの母)、マイケル・カルキン(アーサー・デイビス)ほか

「劇場版 呪術廻戦 0」のネタバレあらすじ結末

劇場版 呪術廻戦 0の紹介:2021年日本映画。週刊少年ジャンプで連載中の「呪術廻戦」本編に繋がる、前日譚に当たるストーリー。本編の主人公・虎杖悠仁の先輩・乙骨憂太が主人公となり、やがて呪術高専をも巻き込んでいく戦いに、彼に取り憑いた呪いである里香と共に挑んでいく。
監督:朴性厚 原作:芥見下々 声優:緒方恵美(乙骨憂太)、小松未可子(禪院真希)、内山昂輝(狗巻棘)、関智一(パンダ)、中村悠一(五条悟)、津田健次郎(七海 建人)、櫻井孝宏(夏油傑)、山寺宏一(ミゲル)、花澤香菜(折本里香)、ほか

「僕等がいた 後篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 後篇の紹介:2011年日本映画。高校時代に紆余曲折の末、惹かれ合い付き合う事ができた七美と矢野。しかし、離れ離れになってしまった2人、6年の時が過ぎてすっかり大人になった彼らは、再び出会うことができるのか。前編では語られなかった秘密が語られます。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、比嘉愛未(千見寺亜希子)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「僕等がいた 前篇」のネタバレあらすじ結末

僕等がいた 前篇の紹介:2011年日本映画。2002年に連載を開始し発行部数1000万部を越え、アニメ化にもなった人気コミックを原作に製作されました。生田斗真と吉高由里子の主演が注目され、特に当時24歳だった吉高由里子が女子高生役を卒なく演じたことも話題になりました。
監督:三木孝浩 出演:生田斗真(矢野元晴)、吉高由里子(高橋七美)、高岡蒼甫(竹内匡史)、本仮屋ユイカ(山本有里)、小松彩夏(山本奈々)、柄本佑(アツシ)、須藤理彩(竹内文香)、麻生祐未(矢野庸子)、ほか

「ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021」のネタバレあらすじ結末

ドラえもん のび太の宇宙小戦争 2021の紹介:2021年日本映画。「映画ドラえもん」シリーズ41作目で、1985年公開の『映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争』をベースにしたアニメ映画。ゲスト声優として、香川照之がクーデターを起こしピリカ星を支配する独裁者のギルモア将軍を、松岡茉優が今作のオリジナルキャラクターであるピリカ星の大統領パピの姉ピイナを演じるほか、朴ろ美、梶裕貴、諏訪部順一らが参加する。
監督:山口晋 声優:ドラえもん(水田わさび)、野比のび太(大原めぐみ)、源静香〔しずか〕(かかずゆみ)、剛田武〔ジャイアン〕(木村昴)、骨川スネ夫(関智一)、野比玉子〔のび太のママ〕(三石琴乃)、出木杉英才(萩野志保子)、しずかのママ(折笠愛)、パピ(朴・美)、ロコロコ(梶裕貴)、ピイナ(松岡茉優)、地下リーダー(内海崇)、パイロット(駒場孝)、ギルモア(香川照之)、ドラコルル(諏訪部順一)、ほか

「愛なのに」のネタバレあらすじ結末

愛なのにの紹介:2021年日本映画。今泉力哉と城定秀夫が互いに脚本を持ち寄りR15+指定のラブストーリーを制作するコラボレーション企画「L/R15」の一環として製作されたラブコメディです。古本屋の店主、店主に突然求婚する女子高生、店主の憧れながらも婚約者のいる女性が織りなす先の読めないラブコメディが描かれます。主演を瀬戸康史が務め、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーであるさとうほなみらが脇を固めています。
監督:城定秀夫 出演者:瀬戸康史(多田浩司)、さとうほなみ(佐伯一花)、河合優実(矢野岬)、中島歩(亮介)、向里祐香(隈本美樹)、丈太郎(正雄)、毎熊克哉(広重)、オセロ(カンタ)ほか

「ポプラン」のネタバレあらすじ結末

ポプランの紹介:2020年日本映画。「カメラを止めるな」で一躍脚光を浴びた上田慎一郎監督が、10年間も暖めてきた企画を映像化。ある日突然、自分のイチモツが消えてしまった主人公の田上。消えた謎に迫るべく、田上はポプランの会という団体に接触し、その真実を知り、自らのポプランを追っていくことになります。
監督:上田慎一郎 出演:皆川暢二(田上)、アベラヒデノブ(吉田)、徳永えり(奈緒)、しゅはまはるみ、井関友香、永井秀樹、竹井洋介、ほか

「バッテリー」のネタバレあらすじ結末

バッテリーの紹介:2006年日本映画。あさのあつこの大ヒット小説を原作とする実写映画化。ピッチャーとして天才的な能力を持つ主人公の少年・巧が相棒の捕手・豪を得て、その才能を遺憾なく発揮していき、いくつかの困難を乗り越え、成長していく姿を描いています。
監督:滝田洋二郎 出演:林遣都(原田巧)、山田健太(永倉豪)、鎗田晟裕(原田青波)、蓮佛美沙子(矢島繭)、天海祐希(原田真紀子)、岸谷五朗(原田広)、萩原聖人(戸村真)、上原美佐(小野薫子)、濱田マリ(永倉節子)、米谷真一(沢口文人)、太賀(東谷啓太)、菅原文太(井岡洋三)、ほか

「モービウス」のネタバレあらすじ結末

モービウスの紹介:2022年アメリカ映画。コロンビア・ピクチャーズとマーベル・エンターテインメントが贈る、スパイダーマンの敵役として知られるキャラクター『モービウス』の誕生を描いたダークアクション作品です。「ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース」第3作目となる本作は、血液の難病を抱える主人公が治療のためにコウモリの血清を使ったことで肉体や能力が激しく変化し、思いもよらぬ闘いに巻き込まれていく過程を描きます。
監督:ダニエル・エスピノーサ 出演者:ジャレッド・レト(マイケル・モービウス)、マット・スミス(マイロ/ルシアン)、アドリア・アルホナ(マルティーヌ・バンクロフト)、ジャレッド・ハリス(エミール・ニコラス)、タイリース・ギブソン(サイモン・ストラウド)、アル・マドリガル(アルベルト・ロドリゲス / アル)、チャーリー・ショットウェル(少年時代のマイケル・モービウス)、ジョセフ・エッソン(少年時代のマイロ)、コーリイ・ジョンソン(ミスター・フォックス)、マイケル・キートン(エイドリアン・トゥームス/バルチャー)ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「フォーエバー・パージ」のネタバレあらすじ結末

フォーエバー・パージの紹介:2021年アメリカ映画。人種差別的な政党が政権を掌握したアメリカで、12時間だけ殺人を含むあらゆる犯罪が合法になるパージが行われます。ところがパージが終わってもメキシコ移民を敵視する白人グループによる殺人、暴力、放火などの犯罪が続きます。メキシコ系のアデラとホアンは、パージを避けながらアメリカからメキシコへの脱出の旅を続けます。激しいアクション、カーチェイス、戦闘シーンが見どころになっています。
監督:エヴェラウド・ヴァレリオ 出演:アナ・デ・ラ・レゲラ(アデラ)、テノッチ・ウエルタ(ホアン)、ジョッシュ・ルーカス(ディラン・タッカー)、キャシディ・フリーマン(キャシディ・タッカー)、ウィル・パットン(ケイレブ・タッカー)レヴェン・ランビン(ハーパー・タッカー)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 820

キーワードから探す

TOP↑