映画のあらすじ

「終わった人」のネタバレあらすじ結末

終わった人の紹介:2017年日本映画。今まで仕事一筋だった壮介が定年退職となり、毎日愚痴ばかり言って過ごす。これからの余生をどのように過ごせばいいのかわからず妻の千草や娘に愛想をつかされながらも自らの第二の人生を試行錯誤しながら家族や友人達とのつながりを通して確立していく。誰もが人生の転機を迎えたときに考えさせられるテーマをコメディ化している。舘ひろしが扮する壮介が情けないやら背中を押してあげたくなったりの面白くてちょっと切ない物語。
監督:中田秀夫 出演:舘ひろし(田代壮介)、黒木瞳(田代千草)、広末涼子(浜田久里)、臼田あさ美(山崎道子)、今井翼(鈴木直人)、ベンガル(工藤元一)、清水ミチコ(山下正美)、温水洋一(山下良夫)、高畑淳子(桜田美雪)、ほか

「万引き家族」のネタバレあらすじ結末

万引き家族の紹介:2018年日本映画。「誰も知らない」「そして父になる」の是枝裕和監督が、犯罪を通して繋がっていく家族の物語をオリジナル脚本で映画化。2018年第71回カンヌ国際映画祭で日本映画としては21年ぶりとなる、最高賞パルムドールを受賞した話題作。リリー・フランキー、安藤さくら、樹木希林等、ベテラン俳優に、松岡茉優や城桧吏ら期待の若手俳優が出演。
監督:是枝裕和 出演:リリー・フランキー(柴田治)、安藤サクラ(柴田信代)、城桧吏(柴田祥太)、松岡茉優(芝田亜紀)、樹木希林(柴田初枝)、佐々木みゆ(ゆり、凛)、池松壮亮(4番さん)、柄本明(川戸頼次)、高良健吾(前園巧)、池脇千鶴(宮部希衣)、ほか

「キムソンダル 大河を売った詐欺師たち」のネタバレあらすじ結末

キム・ソンダル 大河を売った詐欺師たちの紹介:2016年韓国映画。韓国の有名な説話に登場する伝説の老詐欺師に若さと美しさの魔性の魅力をキャラクターアレンジに加えた時代劇コメディー映画。気楽に生きていた詐欺師が私利私欲のために民を虐げる権力者に信義を胸に立ち向かうストーリー。
監督:パク・デミン 出演:ユ・スンホ(キム・イノン、キム・ソンダル)、チョ・ジェヒョン(ソン・デリョン)、コ・チャンソク(ポウォン)、ラ・ミラン(ユン菩薩)、シウミン(キョン)、ほか

「ロマンシングアドベンチャー キングソロモンの秘宝」のネタバレあらすじ結末

ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝の紹介:1985年アメリカ映画。ヘンリー・ライダー・ハガードの『ソロモン王の洞窟』を原作にした映画で、古代イスラエルの王ソロモンが持っていたという伝説の秘宝をめぐるアドベンチャー映画です。
監督:J・リー・トンプソン 出演:アラン・クォーターメイン(リチャード・チェンバレン)、ジェシー・ヒューストン(シャロン・ストーン)、ボックナー大佐(ハーバート・ロム)、ドカティ(ジョン・リス=デイヴィス)、ウンポポ(ケン・ガンプ)、ほか

「黒い太陽七三一/戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌」のネタバレあらすじ結末

黒い太陽七三一/戦慄!石井七三一細菌部隊の全貌の紹介:1988年香港映画。第二次世界大戦中、中国北部を制圧し満州国を設立した日本軍は極秘に七三一部隊という細菌兵器を作り出す組織を配備していました。中でも本部ハルビンでは石井四郎部隊長の指揮のもと残忍な人体実験が行われていました。この七三一部隊の実態を再現した香港映画です。映画の中には本物の死者も映されているという問題作です。
監督:ムー・トンフェイ 出演者:呉代尭、田介夫、王潤身、王綱、趙永棟ほか

「ジャッキー・ブラウン」のネタバレあらすじ結末

ジャッキー・ブラウンの紹介:1997年アメリカ映画。エルモア・レナードの小説『ラム・パンチ』を土台に、クエンティン・タランティーノが監督・脚本したクライム・サスペンス映画です。「すべてのカタは彼女がツケる。」というキャッチで、中年CAが武器密売人と警察を騙し、一獲千金を夢見て大博打に出る姿を描いた物語です。
監督:クエンティン・タランティーノ 出演:パム・グリア(ジャッキー・ブラウン)、サミュエル・L・ジャクソン(オデール・ロビー)、ロバート・フォスター(マックス・チェリー)、ブリジット・フォンダ(メラニー・ラルストン)、マイケル・キートン(レイ・ニコレット)、ロバート・デ・ニーロ(ルイス・ガーラ)、ほか

「夏の終り」のネタバレあらすじ結末

夏の終りの紹介:2012年日本映画。作家・瀬戸内寂聴が出家前の「瀬戸内晴美」時代に執筆した同名小説を映画化したものです。キャッチコピーは「だって、愛してるの。」で、瀬戸内自身の体験をもとに2人の男との三角関係に苦悩する女の姿を描いた恋情ドラマです。
監督:熊切和嘉 出演:満島ひかり(相澤知子)、綾野剛(木下涼太)、小林薫(小杉慎吾)、赤沼夢羅(鞠子)、安部聡子(小杉ゆき)、ほか

「ヘンリー・アンド・ザ・ファミリー」のネタバレあらすじ結末

ヘンリー・アンド・ザ・ファミリーの紹介:2011年アメリカ映画。ジュリア・ロバーツが製作総指揮をつとめたオフビートなファミリー・コメディ。生後9ヵ月で言葉をしゃべり、10才で大学に入学した天才少年、ヘンリー。ある日、祖父から自分は人工授精で生まれた試験管ベビーだと知らされる。そのヘンリーの生物学上の父親とされるオハラ博士は、12才の娘オードリーに手を焼いていた。ヘンリーを中心に描かれる、風変りな人々の人間模様が秀逸。主演は「シックス・センス」(1999)でアカデミー助演女優賞にノミネートされたトニ・コレット。
監督:デニス・リー 出演者:トニ・コレット(パトリシア)、ジェイソン・スベヴァック(ヘンリー)、マイケル・シーン(オハラ博士)、フランク・ムーア(スタン)、サマンサ・ワインスタイン(オードリー)、R.H.トムソン(ビリー)、ポール・ブラウンスタイン(グンター医師)ほか

「チルドレン・オブ・ザ・コーン」のネタバレあらすじ結末

チルドレン・オブ・ザ・コーンの紹介:1984年アメリカ映画。一人の少年に神が舞い降り、教祖となって少年たちを洗脳し大人狩りを行ったトウモロコシ畑のある街に、やってきた若い夫婦が、トウモロコシ畑の道路で一人の少年を撥ねてしまったことから、少年たちの生贄の儀式に巻き込まれるというホラー映画です。スティーヴン・キング原作『とうもろこし畑の子供たち』の映画化作品。
監督:フリッツ・カーシュ 出演者:ピーター・ホートン(バート)、リンダ・ハミルトン(ヴィッキー)、R・G・アームストロング(ディール)、ジョン・フランクリン(アイザック)、コートニー・ゲインズ(マラカイ)ほか

「鬼畜」のネタバレあらすじ結末

鬼畜の紹介:1978年日本映画。推理小説の大家、松本清張の同名小説を映画化した作品です。善良で気の弱い男が隠し子を押し付けられたことで追い詰められ、非道な行為に走っていく様がスリリングに描かれた人間ドラマです。
監督:野村芳太郎 出演:緒形拳(竹下宗吉)、岩下志麻(お梅)、大滝秀治(銀行貸付係)、加藤嘉(医師)、田中邦衛(パトカーの警官)、蟹江敬三(阿久津)、穂積隆信(ブローカーの水口)、大竹しのぶ(婦人警官)、ほか

「スキャタリング・ダッド」のネタバレあらすじ結末

スキャタリング・ダッドの紹介:1998年アメリカ映画。心の病のため何年も家から出ていない女性が、遺灰をまいてほしいという夫の遺言を果たすために外の世界に踏み出し、失いかけていた自信と娘たちとの絆を取り戻す。
監督:ジョーン・テュークスベリー 出演:オリンピア・デュスキス、アンディ・グリフィス、ミシェル・ルネ・トーマス、ルシンダ・ジェニー、ほか

「ミリオンズ」のネタバレあらすじ結末

ミリオンズの紹介:2004年イギリス,アメリカ映画。母を亡くし、兄アンソニーと父とともに家を引き払った純真無垢で少し変わり者の少年ダミアン。ある日、ダミアンの秘密の庵に近所を走る列車から大金が入った袋が投げ込まれた。ダミアンはこれを神様からの贈り物だと思い、思うままに善に使おうとするが…。
監督:ダニー・ボイル 出演:アレックス・エテル(ダミアン)、ルイス・マクギボン(アンソニー)、ジェームズ・ネスビット(ロニー)、デイジー・ドノヴァン(ドロシー)、クリストファー・フルフォード(貧しい男)、ほか

「キリング・サラザール 沈黙の作戦」のネタバレあらすじ結末

キリング・サラザール 沈黙の作戦(ミッション)の紹介:2016年アメリカ映画。東欧最大の麻薬組織のボス、ジョセフ・サラザール。彼の身を確保した麻薬取締局はアメリカへと移送しようとしていた。しかしそこで不自然な命令が空輸隊に下る。”あるホテルで彼を24時間護衛せよ”なぜすぐに移送しないのか?お馴染みスティーブン・セガール氏の拳が悪を打ち砕く。
監督:キオニ・ワックスマン 出演:スティーブン・セガール(ジョン・ハリソン)、ジョルジュ・サン・=ピエール(ブルーノ・シンクレア)、マルティーヌ・アルジャン(アマンダ・チャベス)、ダレン・E・スコット(スコニー)、マッシモ・ドブロヴィッチ(マッシモ)、ルーク・ゴス(トム・ジェンセン)、ほか

「ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で」のネタバレあらすじ結末

ランド・オブ・ウーマン/優しい雨の降る街で の紹介:2007年アメリカ映画。看病を言い訳に、祖母の暮らす街に引っ越してきた男性が、向かいに住む母娘と出会うことで失恋を癒し、新しい道へ進んでいくというストーリー。
監督:ジョナサン・カスダン 出演:アダム・ブロディ(カーター・ウェブ)、クリステン・スチュワート(ルーシー・ハードウィック)、メグ・ライアン(サラ・ハードウィック)、オリンピア・デュカキス(フィリス)、マッケンジー・ヴェガ(ペイジ・ハードウィック)、ほか

「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」のネタバレあらすじ結末

セント・オブ・ウーマン/夢の香りの紹介:1992年アメリカ映画。名門高校に通うチャーリーは、オレゴンの実家に帰るための旅費を稼ごうと、感謝祭の期間中アルバイトをすることに。ある家の離れに住む盲目の退役軍人フランクの面倒をみることになったのだ。気難しい性格のフランクかと思いきや、突然旅行に出ると言い出し…。
監督:マーティン・ブレスト 出演:アル・パチーノ(フランク・スレード中佐)、クリス・オドネル(チャーリー・シムズ)、ジェームズ・レブホーン(トラスク校長)、ガブリエル・アンウォー(ドナ)、フィリップ・S・ホフマン(ジョージ・ウィリス・Jr)、リチャード・ヴェンチャー(W・R・スレード)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 437
TOP↑