映画のあらすじ

「ほかげ」のネタバレあらすじ結末

ほかげの紹介:2023年日本映画。製作・脚本・撮影・美術などを自らこなし、俳優としても活躍する映画監督・塚本晋也。戦争や暴力の悲惨さを描いたこの『ほかげ』は2023年ヴェネツィア国際映画祭オリゾンティ部門で最優秀アジア映画賞を受賞した。主演はNHK連続テレビ小説「ブギウギ」でヒロインに抜擢された趣里。朝ドラとは全く違う表情で作品の緊張感を高める。物語のキーマンに森山未來。『ラーゲリより愛を込めて』で主人公の息子を演じた塚尾桜雅の真っ直ぐなまなざしが印象に残る。
監督・脚本・撮影・編集:塚本晋也 出演:趣里(女)、塚尾桜雅(戦争孤児)、河野宏紀(復員兵)、利重剛(中年)、大森立嗣(優しそうな男)、森山未來(テキ屋の男)、ほか

「ジュラシック・ブリーダー」のネタバレあらすじ結末

ジュラシック・ブリーダーの紹介:2013年アメリカ, ロシア映画。アメリカの田舎で、ひっそりを恐竜を育てていた老人が死んでしまい、都会から来た若者たちが恐竜の柵を解放したことから巻き起こる、恐竜VS人間の話です。Z級作品の様な匂いがしますが、CGもしっかりできていて、コメディホラーとして楽しめる作品です。
監督:ダニー・ビショップ 出演者:ヤナ・メイション(アビー)、ロレンツォ・ラマス(ローガン)、デクラン・ジョイス(オライリー)、コールブラウン(ビリー)、ドニー・ボアズ(ルーカス)、コーディー・ヴォーン(シェルドン)、アレクサンドラ・フルム(コリン)、キム・マトゥーラ(ジョーシー)ほか

「トゥルース 真実の行方」のネタバレあらすじ結末

トゥルース 真実の行方の紹介:2017年アメリカ映画。夫婦そろって激流下りをカヤックで楽しむガブリエルでしたが、夫のパークーが途中で見えなくなりカヤックだけが流れてきます。必死の捜索もかなわずパーカーは死亡となり、多額の保険金をもらうガブリエルでしたが、保険金は口座から何者かによって全額送金されていました。パークは生きていると思ったガブリエルの探求が始まります・・・という内容の、誰が見方で誰が裏切り者なのかというサスペンス作品です。
監督:ジェフ・ビーズリー 出演者:エマニュエル・ヴォージエ(ガブリエル)、キャメロン・バンクロフト(アッシャー)、クリステン・ハリス(ジェナ)、ステファニー・シー(ドナー)、アダム・ハーティグ(トラビス)ほか

「刺青 匂ひ月のごとく」のネタバレあらすじ結末

刺青 匂ひ月のごとくの紹介:2008年日本映画。社交性が強く、わがままで気の強いダンス講師の陽花。内向的で出しゃばらない妹の葉月。陽花は恋人で、ダンスのパートナーの亮介が葉月にダンスを教えることに嫉妬し、出会った彫師に頼み、葉月に刺青を彫らせることにしたのですが・・という内容の谷崎潤一郎の小説を映画化“刺青”の第2弾です。さとう珠緒さんの嫉妬女の演技が見事です。
監督:三島有紀子 出演者:井村空美(藤堂葉月)、さとう珠緒(藤堂陽花)、今拓哉(桐悟)、鈴木一真(亮介)ほか

「ラスト・ドア」のネタバレあらすじ結末

ラスト・ドアの紹介:2018年イタリア映画。移民難民排除運動にに賛成する若者エンリケが、突然現れたゾンビ達から逃げる為、ビルの中に入ります。そこは移民や難民が隠れているビルだったのです。エンリケは移民難民反対運動に反対をしていたと言って、仲間に入れてもらいますが、ビルの周囲はゾンビ達に囲まれていました。イタリア発のゾンビ映画ですが、根底に移民難民に対する人種差別問題があり、イタリアゾンビ映画の中でも異色の作品だと言えます。
監督:ルナ・グアラーノ 出演者:アントニオ・バンノ(エンリケ)、シディ・ディオップ(イブラヒム)、アワ・コウンドウル(サラ)、パピ・モマル・ディオップ(アリ)、シーク・ドーダ(ファルハン)ほか

「狂覗」のネタバレあらすじ結末

狂覗の紹介:2017年日本映画。ある中学校を舞台に、いじめをテーマにした教師たちを描いた問題作です。体育の授業中に、教室で持ち物検査をする教師たち。彼らの教室での狂ったような行動を、延々映しだします。実話をモデルにした、宮沢章夫の『14歳の国』を原案にした作品で、監督は生地獄の藤井秀剛で、教師たちの異常さをおぞましいまでに増幅させています。
監督:藤井秀剛 出演者:杉山樹志(谷野十)、田中大貴(森由紀夫)、宮下純(橋本瑞穂)、坂井貴子(片山絵里子)、桂弘(管直樹)、望月智弥(野々村龍二)、種村江津子(舛添五月校長)、納本歩(小沢四郎教頭)、河野仁美(辻本清美)、井下原元(上西譲)ほか

「エビデンス 第6地区」のネタバレあらすじ結末

エビデンス 第6地区の紹介:2011年アメリカ映画。ドキュメンタリー映画の撮影の為に、森に入った4人が、得体のしれない獣に襲われます。その一帯には獣以外にゾンビ化した人間までいたのでした。はたして4人は逃げることが出来るのか?という内容のPOV手法で撮影された、サバイバルホラーです。カメラブレが酷く、見慣れた人でないと見づらい映像で、評価真っ二つという作品です。
監督:ハウィー・アスキンス 出演者:ブレット・ローゼンバーグ(ブレット)、アビゲイル・リッチー(アビー)、アシュリー・ブラッケン(アシュリー)、ライアン・マッコイ(ライアン)ほか

「新選組オブ・ザ・デッド」のネタバレあらすじ結末

新選組オブ・ザ・デッドの紹介:2015年日本映画。幕末に存在した新撰組をテーマにし、南蛮渡来のゾンビをかけあわせたコメディゾンビ時代劇です。主人公は男装し新選組に入った山本千尋演ずる火籐で、バナナマンの日村演じる屑山はわき役になっています。坂本龍馬も登場し、歴史上の出来事とは無関係に物語は進みます。
監督:渡辺一志 出演者:日村勇紀(屑山下衆太郎)、山本千尋(火藤純)、竹石吾朗(拝勘助)、上杉周大(風吉)、水樹たま(なすび奴)、チャド・マレーン(ジョージ)、尚玄(唐人エックス)、渡辺一志(坂本龍馬)、コッセこういち(黄泉慎之介)、川岡大次郎(山崎烝)ほか

「ジェイコブス・ラダー」のネタバレあらすじ結末

ジェイコブス・ラダーの紹介:1990年アメリカ映画。ベトナム戦争で腹を刺されたジェイコブは、妻・サラと別れ同僚のジェジーと暮らしています。そんなジェイコブには突如として、戦場に戻ったり、サラや息子たちと一緒に生活したりと不安定な状態です。ジェイコブはベトナムで何かされたに違いないと、かつての戦友たちと真相を探ろうとし始めます。当時の米軍が開発したとされる「化学兵器BZガス」による自軍兵士への人体実験と、その後遺症を背景にしたスリラー作品です。
監督:エイドリアン・ライン 出演者:ティム・ロビンス(ジェイコブ・シンガー)、エリザベス・ペーニャ(ジェジー)、ダニー・アイエロ(ルイ)、マット・クレイヴン(マイケル)、マコーレー・カルキン(ゲイブ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(ポール)、ジェイソン・アレクサンダー(ギアリー)、パトリシア・カレンバー(サラ)、エリック・ラ・サール(フランク)、ヴィング・レイムス(ジョージ)ほか

「ピンカートンに会いにいく」のネタバレあらすじ結末

ピンカートンに会いにいくの紹介:2007年日本映画。そんなに売れてなかったアイドルグループ”ピンカートン”の解散から20年。当時ファンだった少年が成長し、レコード会社で働くことになったことから”ピンカートン”再結成の企画を立ち上げます。そしてリーダーの優子に連絡を取りメンバーを訪ねますが、一番人気の葵だけ行方がわかりませんでした。かつてのアイドルたちが、30代後半になり復活をかけた勝負に出るという内容の、ハートフルドラマです。
監督:坂下雄一郎 出演者:内田慈(神崎優子)、松本若菜(中川葵)、山田真歩(藤塚美紀)、水野小論(五十嵐かおり)、岩野未知(渡辺葉月)、田村健太郎(松本浩一)ほか

「都市霊伝説 霊視学園」のネタバレあらすじ結末

都市霊伝説 霊視学園の紹介:2008年日本映画。ダンスの授業中に、同級生が殺される様子が見えてしまった美咲は、それ以来、殺された同級生が見えるようになります。同じころ、幼馴染だった信吾が編入してきます。更に二人の犠牲者が出たことで、美咲は信吾を疑いはじめますが・・・という内容のオカルトサスペンス作品です。60分強の短い作品ですが、展開がよく見ごたえがあります。
監督:雑賀俊郎 出演者:武田航平(風間信吾)、佐久間信子(大宮里子)、藤原ひとみ(藤原美咲)、勝村美香(美咲の姉)ほか

「ラビッド」のネタバレあらすじ結末

ラビッドの紹介:1977年カナダ映画。バイク事故で重度のやけどを負ったローズは、ケロイドクリニックのダニー医師から、認められていない皮膚移植手術を施されます。この手術により、吸血鬼になったローズは次々人を襲い、感染が一気に広がっていくのでした。アイドルからポルノ女優に転身したマリリン・チェンバースの主演の感染映画で、監督は異才デビット・クローネンバーグです。マリリン・チェンバースの美貌が光ります。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:マリリン・チェンバース(ローズ)、フランク・ムーア(ハート・リード)、ジョー・シルヴァー(マレイ・サイファー)、スーザン・ロマン(ミンディ・ケント)、ハワード・リシュパン(Dr.ダニー・ケロイド)、ジュリー・アナ(看護婦リタ)ほか

「大菩薩峠(1966年)」のネタバレあらすじ結末

大菩薩峠の紹介:1966年日本映画。岡本喜八が『侍』に続いて迫力のある殺陣を盛り込んで作り上げた時代劇。何度も映画化された原作だが、ここでは「甲源一刀流の巻」から「壬生と島原の巻」までを映像化している。脚本担当は『侍』や『日本のいちばん長い日』でも岡本監督と組んだ橋本忍。海外でカルト映画になっている。
監督:岡本喜八 出演:仲代達矢(机竜之助)、新珠三千代(お浜)、加山雄三(宇津木兵馬)、内藤洋子(お松)、藤原釜足(お松の祖父)、西村晃(裏宿の七兵衛)、中谷一郎(宇津木文之丞)、佐藤慶(芹沢鴨)、中丸忠雄(近藤勇)、宮部昭夫(土方歳三)、三船敏郎(島田虎之助)、ほか

「善魔」のネタバレあらすじ結末

善魔の紹介:1951年日本映画。岸田國士の長編小説を巨匠木下恵介が映画化。日本では珍しい観念的な恋愛映画に仕上げた。主役の一人である純真な新聞記者役で三國連太郎が映画デビューし、この時の役名をそのまま芸名にしている。
監督:木下恵介 出演:森雅之(中沼茂生)、三國連太郎(三國連太郎)、淡島千景(北浦伊都子)、桂木洋子(鳥羽三香子)、笠智衆(鳥羽了遠)、千田是也(北浦剛)、小林トシ子(小藤鈴江)、楠田薫(浅見てつ)、竜岡晋(編集局長)、宮口精二(編集次長)、北龍二(弁護士)、ほか

「女(1948年)」のネタバレあらすじ結末

女の紹介:1948年日本映画。主要な登場人物がわずか2人、上映時間も67分という小品だが、サスペンスに満ちた佳作。叙情的なドラマを得意とした木下恵介としては異色作で、米国で流行したフィルム・ノワールを思わせる。
監督:木下恵介 出演:水戸光子(敏子)、小沢栄太郎(町田正)、ほか

1 2 3 4 5 6 868

キーワードから探す

TOP↑