アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「プリズナーズ・オブ・ゴーストランド」のネタバレあらすじ結末

プリズナーズ・オブ・ゴーストランドの紹介:2021年アメリカ映画。世界のすべてを牛耳る悪徳ガバナーの魔の手から逃げだしたバーニスをゴーストタウンから連れ戻すよう命じられた、悪名高き銀行強盗ヒーロー。5日以内にサムライタウンに戻らなければ命はない。運命やいかに…。数々の主演男優賞を獲得し現在も活躍を続けるニコラス・ケイジが、本作では悪人でありながらも市井の人々のために立ち上がるヒーローを演じる。園子温監督のハリウッドデビュー作。
監督:園子温 出演:ニコラス・ケイジ(ヒーロー)、ソフィア・ブテラ(バーニス)、ビル・モーズリー(ガバナー)、ニック・カサヴェテス(サイコ)、TAK∴(ヤスジロウ)、中屋柚香(スージー)、YOUNG DAIS(ラットマン)、古藤ロレナ(スタラ)、縄田カノン(ナンシー)、栗原類(キュリ)、渡辺哲(ナベ)、潤浩(ガムボールボーイ)、ほか

「キャッシュトラック」のネタバレあらすじ結末

キャッシュトラックの紹介:2021年アメリカ,イギリス映画。LAにある現金輸送専門の警備会社フォーティコ・セキュリティ社。日々多額の現金を守るため、現金輸送車<キャッシュトラック>を運転するのは特殊な訓練を受けた強者の警備員たち。ここに新たに雇われた新人、パトリック・ヒル、通称“H”。試験を合格点ギリギリでくぐり抜けた彼は、周りから気に留められる存在ではなかった。しかし、彼の乗ったトラックが強盗に襲われたとき、驚くほど高い戦闘スキルで敵をなぎ倒し阻止した。彼は一体何者なのか。周囲が疑心暗鬼に陥る中、全米で最も現金が動く日、ブラック・フライデーにフォーティコに集まる1億8000万ドルの大金を狙う強奪計画が進行していた。
監督:ガイ・リッチー 出演:ジェイソン・ステイサム(H)、ホルト・マッキャラニー(ブレット)、ジェフリー・ドノヴァン(ジャクソン)、ジョシュ・ハートネット(ボーイ・スウェット・デイヴ)、ニーヴ・アルガー(デイナ)、スコット・イーストウッド(ジャン)、エディ・マーサン(テリー)、ダレル・デシルヴァ(マイク)、リン・ルネー(調達屋カースティ)、ポスト・マローン(強盗)、アンディ・ガルシア(FBI大物エージェント)ほか

「白頭山大噴火」のネタバレあらすじ結末

白頭山大噴火の紹介:2019年韓国映画。イ・ビョンホンとハ・ジョンウが初共演を果たした、観測史上最大の大噴火による大地震で朝鮮半島が迎えた危機を描いたディザスタームービー。国と国、人と人との繋がりを細やかに豪華キャストで演出しています。
監督:イ・ヘジュン、キム・ビョンソ 出演:イ・ビョンホン(リ・ジュンピョン)、ハ・ジョンウ(チョ・インチャン)、マ・ドンソク(カン・ボンネ)、チョン・ヘジン(チョン・ユギョン)、ペ・スジ(チェ・ジヨン)、ほか

「ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー」のネタバレあらすじ結末

ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリーの紹介:2021年日本映画。令和仮面ライダーシリーズ第1作『仮面ライダーゼロワン』のスピンオフシリーズ『ゼロワン Others』第2弾であり、『ゼロワン』シリーズの完結編です。前作『仮面ライダー滅亡迅雷』での事件の直後を舞台に、暴走する仮面ライダー滅亡迅雷を食い止めるべく、ある使命を果たすべく最期の戦いに挑む仮面ライダーバルカンこと不破諫、仮面ライダーバルキリーこと刃唯阿を描きます。
監督:筧昌也 原作:石ノ森章太郎 脚本:高橋悠也 主題歌:MONKEY MAJIK 出演:岡田龍太郎(不破諫)、井桁弘恵(刃唯阿)、鶴嶋乃愛(イズ)、桜木那智(天津垓)、伊藤正之(倖田和彦)、菅原健(ソルド9)、鳴海唯(ソルド20)、阿見201(ソルド404)、浅井宏輔(仮面ライダーバルカン)、藤田慧(仮面ライダーバルキリー)、蜂須賀祐一(仮面ライダーバルキリー)、縄田雄哉(仮面ライダー滅亡迅雷)、Maynard(MONKEY MAJIK)(仮面ライダー滅亡迅雷の声)、Blaise(MONKEY MAJIK)(仮面ライダー滅亡迅雷の声)、相島一之(大門寺茂)、中川大輔(迅)、砂川脩弥(滅)、山口大地(雷)、中山咲月(亡)、高橋文哉(飛電或人)ほか

「スーパー戦闘 純烈ジャー」のネタバレあらすじ結末

スーパー戦闘 純烈ジャーの紹介:2021年日本映画。特撮出身者を中心に結成され、3度の「NHK紅白歌合戦」出場を誇る歌謡コーラスグループ「純烈」の初主演作となる特撮映画です。監督は「仮面ライダーシリーズ」「スーパー戦隊シリーズ」などで特撮監督を務める佛田洋が務め、スーパー銭湯アイドルとして活動する純烈の4人が温泉施設の平和を守るヒーローとして戦う姿が描かれます。
監督:佛田洋 主題歌:純烈「NEW (入浴)YORK 出演者:後上翔太(後上翔太)、白川裕二郎(白川裕二郎)、小田井涼平(小田井涼平)、酒井一圭(酒井一圭)、小林綾子(天地星子)、出口亜梨沙(桶川アリサ)、ふせえり(赤の女神)、中島ゆたか(青の女神)、しのへけい子(紫の女神)、山本康平(康助)、松下恵(売店の店員)、岩永洋昭(ザウナ)、松本享恭(ガラン)、白又敦(ゾープ)、龍真(ジャワー)、栄信(桜井)、宮澤佑(竹中)、蜂須賀祐一(純グリーン)、縄田雄哉(純レッド)、坂本隆(純ブルー)、鍜治洸太朗(純バイオレット)、今井靖彦(純バイオレット)、小林幸子(女王フローデワルサ)、前川清(御前川清)、鈴村健一(ナレーション)ほか

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」のネタバレあらすじ結末

007/ノー・タイム・トゥ・ダイの紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。MI-6を退職し、ジャマイカで愛するマドレーヌと平穏な日々を過ごしていたジェームズ・ボンド。そんなある日、彼のもとにCIA諜報部員であり親友でもあるフィリックス・ライターが現れ、誘拐された科学者の救出を依頼する。現役復帰したボンドは、危険な最新技術を操る正体不明の敵と過酷な闘いに身を投じていく。前作『007スペクター』から6年ぶりとなる、シリーズ第25作目。主演のダニエル・クレイグにとって通算5作目のボンド作品となる本作はこれまでの集大成となる最終章。有終の美を飾る。
監督:キャリー・ジョージ・フクナガ 出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)、ラミ・マレック(サフィン)、レア・セドゥ(マドレーヌ)、ラシャーナ・リンチ(ノーミ)、ベン・ウィショー(Q)、アナ・デ・アルマス(パロマ)、ナオミ・ハリス(イヴ・マネーペニー)、レイフ・ファインズ(M)、ロリー・キニア(タナー)、ジェフリー・ライト(フェリックス・ライター)、ビリー・マグヌッセン(ローガン・アッシュ)、ダリ・ベンサーラ(プリモ)、クリストフ・ヴァルツ(エルンスト・スタヴロ・ブロフェルド)ほか

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のネタバレあらすじ結末

シャン・チー/テン・リングスの伝説の紹介:2021年アメリカ映画。アメリカ、サン・フランシスコでホテルマンとして働く、地味な青年シャン・チー。同僚であり居候させてもらっているケイティと平穏な暮らしを送っていたある日、犯罪組織テン・リングスの刺客に襲われる。実はテン・リングスのリーダーこそ、シャン・チーの父親ウェンウーだった。シャン・チーは父の魔の手から逃れられていなかったことを悟り、過去と向き合う決意をする。伝説の腕輪テン・リングスを操るウェンウーを相手に、シャン・チーもかつて父から授かった力を解き放つ。マーベル・シネマティック・ユニバースから、新たな時代を築く武術を使うヒーローが誕生した。
監督:デスティン・ダニエル・クレットン 出演:シム・リウ(ショーン/シャン・チー)、オークワフィナ(ケイティ)、メンガー・チャン(シャーリン)、ファラ・チャン(リー)、フロリアン・ムンテアヌ(レーザー・フィスト)、ベネディクト・ウォン(ウォン)、ミシェル・ヨー(イン・ナン)、トニー・レオン(ウェンウー)ほか

「フリー・ガイ」のネタバレあらすじ結末

フリー・ガイの紹介:2020年アメリカ映画。何でもありのオンライン・ゲーム<フリー・シティ>。暴力に溢れ、銃撃戦が日常に存在する街のモブキャラとして、代わり映えのない日々を繰り返し過ごしていた銀行員のガイ。ある日、そんな毎日に疑問を抱き、ついに強盗に反撃。奪い取った眼鏡をかけてみると、今までは見えていなかったアイテムやミッションなどが街中に溢れていた。ガイがいた世界はビデオゲームの中で、自分はそのモブキャラだと知ったガイがゲーム史上最大の危機が迫る中、世界を救おうと立ち上がる。
監督:ショーン・レヴィ 出演:ライアン・レイノルズ(ガイ)、ジョディ・カマー(ミリー/モロトフ・ガール)、ジョー・キーリー(キーズ)、リル・レル・ハウリー(銀行の守衛:バディ)、ウトカルシュ・アンブドゥカル(マウサー)、タイカ・ワイティティ(アントワン)、カミーユ・コステック(ボムシェル)、ブリトニー・オールドフォード(ミッシー)ほか

「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」のネタバレあらすじ結末

ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結の紹介:2021年アメリカ映画。死刑や終身刑の極悪受刑者から選抜されたクレイジーすぎる14人の悪党たちで結成された、新生スーサイド・スクワッド。サメ人間、悪カワ、武器オタ、筋肉野郎、水玉陰キャなど、やばいやつらが減刑と引き換えに、政府の極秘ミッションとして人類最大の脅威「怪獣」プロジェクトに立ち向かう。首の後ろに爆弾を埋め込まれ、命令に背けば即死、ミッション失敗でも即死というデス・ミッション。悪党たちの運命や如何に…
監督:ジェームズ・ガン 出演:マーゴット・ロビー(ハーレイ・クイン)、イドリス・エルバ(ブラッドスポート)、ジョン・シナ(ピースメイカー)、ジョエル・キナマン(リック・フラッグ)、ジェイ・コートニー(キャプテン・ブーメラン)、ピーター・カパルディ(シンカー)、デヴィッド・ダストマルチャン(ポルカドットマン)、ダニエラ・メルキオール(ラットキャッチャー2)、マイケル・ルーカー(サバント)、アリシー・ブラガ(ソル・ソリア)、ピート・デヴィッドソン(ブラックガード)、ファン・ディエゴ・ボト(ルナ将軍)、ネイサン・フィリオン(T.D.K.)、ショーン・ガン(ウイーゼル)、メイリン・ン(モンガル)、フルーラ・ボルク(ジャベリン)、ジェニファー・ホランド(エッミリア・ハーコート)、シルベスター・スタローン(キング・シャーク)、ヴィオラ・デイヴィス(アマンダ・ウォーラー)ほか

「ワイルド・スピード/ジェットブレイク」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード/ジェットブレイクの紹介:2020年アメリカ映画。全世界的な人気を誇るカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの第9作(スピンオフを除く)、シリーズ最終章となる三部作の第1弾です。本作は第3作『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(2006年)から第6作『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)までの4作のメガホンを執ったジャスティン・リンが監督に復帰。前作『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)の5年後が舞台となり、主人公ドミニク(ヴィン・ディーゼル)の弟(ジョン・シナ)が本作の敵として登場。『X3 TOKYO DRIFT』で死んだはずのハン(サン・カン)がまさかのカムバックを果たし、ドミニクとファミリーは新たな闘いに巻き込まれていきます。
監督:ジャスティン・リン プロデュース:ヴィン・ディーゼル、ジャスティン・リンほか 出演者:ヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット)、ミシェル・ロドリゲス(レティ・オルティス)、ジョーダナ・ブリュースター(ミア・トレット)、タイリース・ギブソン(ローマン・ピアース)、クリス・リュダクリス・ブリッジス(テズ・パーカー)、ナタリー・エマニュエル(ラムジー)、サン・カン(ハン・ルー)、ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ)、マイケル・ルーカー(バディ)、カート・ラッセル(ミスター・ノーバディ)、ルーカス・ブラック(ショーン・ボズウェル)、バウ・ワウ(トゥインキー)、ジェイソン・トビン(アール)、シェー・ウィガム(マイケル・スタジアック捜査官)、カーディ・B(レイサ)、アンナ・サワイ(エル)、ジム・パラック(ケニー・リンダー)、マーティン・フォード(スー)、トゥエ・アーステッド・ラスムッセン(オットー)、ヴィニー・ベネット(若き日のドミニク・トレット)、フィン・コール(若き日のジェイコブ・トレット)、ドン・オマール(リコ・サントス)、オズナ(若き日のリコ・サントス)、J・D・パルド(ジャック・トレット)、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)、シャーリーズ・セロン(サイファー)、ジョン・シナ(ジェイコブ・トレット)ほか

「セイバー+ゼンカイジャースーパーヒーロー戦記」のネタバレあらすじ結末

セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記の紹介:2021年日本映画。『仮面ライダー』生誕50周年および『スーパー戦隊シリーズ』45作を記念して、『仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦』(2017年公開)以来4年ぶりに仮面ライダーとスーパー戦隊のコラボレーションが実現。令和仮面ライダーシリーズ第2作『仮面ライダーセイバー』とスーパー戦隊シリーズ第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』を軸に歴代ライダーと戦隊が集結、2大ヒーロー誕生の謎に迫っていくダブルアニバーサリー作品です。同時上映は仮面ライダー50周年記念作&令和ライダー第3作の劇場版短編作品『仮面ライダーリバイス』です。
監督:田﨑竜太 脚本:毛利亘宏(「ゼンカイジャー」監修:香村純子) 原作:石ノ森章太郎&八手三郎 主題歌:東京スカパラダイスオーケストラ

「ザ・バッド・ガイズ」のネタバレあらすじ結末

ザ・バッド・ガイズの紹介:2019年韓国映画。韓国の人気俳優マ・ドンソクが出演するアクション作品。護送車襲撃が原因で多くの犯罪者が野に放たれた事で彼らを再び逮捕するため服役中の犯罪者を使って逃げた犯罪者を捕まえようとする極秘プロジェクトが始動することとなった。
監督:ソン・ヨンホ 出演:キム・サンジュン(オ・グタク)、マ・ドンソク(パク・ウンチョル)、キム・アジュン(クァク・ノスン)、チャン・ギヨン(コ・ユソン)、カン・イェウォン(ユ・ミヨン)、ほか

「ブラック・ウィドウ」のネタバレあらすじ結末

ブラック・ウィドウの紹介:2020年アメリカ映画。マーベル・コミックの人気キャラクターであり「アベンジャーズ」のメンバーでもあるブラック・ウィドウを単独主人公とするSFアクション超大作です。マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズ第24作目となる本作は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年公開)での事件の直後を舞台に、最強の女スパイであるブラック・ウィドウが自らの知られざる過去と向き合う過程を描きます。
監督:ケイト・ショートランド 出演者:スカーレット・ヨハンソン(ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ)、フローレンス・ピュー(エレーナ・ベロワ)、デヴィッド・ハーバー(アレクセイ・ショスターコフ/レッド・ガーディアン)、レイチェル・ワイズ(メリーナ・ヴォストコフ)、O・T・ファグベンル(リック・メイソン)、ウィリアム・ハート(サディアス・サンダーボルト・ロス)、レイ・ウィンストン(ドレイコフ)、エヴァー・アンダーソン(少女時代のナターシャ・ロマノフ)、ヴァイオレット・マッグロウ(少女時代のエレーナ・ベロワ)、オルガ・キュリレンコ(アントニア・ドレイコフ)、ジュリア・ルイス=ドレイファス(ヴァレンティーナ・アレグラ・デ・フォンティーヌ)ほか

「ゴジラvsコング」のネタバレあらすじ結末

ゴジラvsコングの紹介:2021年アメリカ映画。日米の巨大怪獣が集結する「モンスターバース」シリーズの第4作目で、「ゴジラ」シリーズとしては第36作(ハリウッド製作版としては4作目)、「キングコング」シリーズとしては第12作となる特撮アクション超大作です。『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(2019年)と『キングコング 髑髏島の巨神』(2017年)の続編であり、『キングコング対ゴジラ』(1962年)以来となるゴジラとキングコングの宿命の対決を描きます。
監督:アダム・ウィンガード 出演者:アレクサンダー・スカルスガルド(ネイサン・リンド)、ミリー・ボビー・ブラウン(マディソン・ラッセル)、レベッカ・ホール(アイリーン・アンドリュース)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(バーニー・ヘイズ)、小栗旬(芹沢蓮)、エイザ・ゴンザレス(マヤ・シモンズ)、ジュリアン・デニソン(ジョシュ・ヴァレンタイン)、カイル・チャンドラー(マーク・ラッセル)、デミアン・ビチル(ウォルター・シモンズ)、カイリー・ホットル(ジア)、ランス・レディック(ギラーミン)、ハキーム・ケイ=カジーム(ウィルコックス提督)、ロニー・チェン(ジェイ・ウェイン)ほか

「ファイナル・プラン」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・プランの紹介:2020年アメリカ映画。全米の銀行から900万ドルもの金を盗んだ男トムは愛する女性アニーのために強盗をやめ、FBIに自首することにします。しかし、強欲で冷酷なFBI捜査官ニーブンズは自首した彼の金を横領し、アニーを殺害しようとします。トムのニーブンズへの戦いが始まります。『ファイナル・プラン』はリアーム・ニーソン主演のサスペンスアクション映画です。
監督:マーク・ウィリアムズ 出演:リーアム・ニーソン(トム・カーター)、ケイト・ウォルシュ(アニー・サンプター)、ロバート・パトリック(サム・ベイカー捜査官)、アンソニー・ラモス(ラモン・ホール捜査官)、ジェフリー・ドノヴァン(ショーン・マイヤーズ捜査官)、ジェイ・コートニー(ジョン・ニーブンズ捜査官)、ほか

1 2 3 4 5 90

キーワードから探す

TOP↑