アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「アンビュランス」のネタバレあらすじ結末

アンビュランスの紹介:2022年アメリカ映画。2005年に公開されたデンマークの同名映画を『アルマゲドン』や実写版『トランスフォーマー』シリーズなどのマイケル・ベイがリメイクしたアクションスリラー作品です。妻の高額な医療費を調達するため、退役軍人は犯罪に手を染めていた義兄弟と組んで銀行強盗を行うのですが、救急救命士と瀕死の警察官を人質にとったことから事態は意外な展開へ・・・。
監督:マイケル・ベイ 出演者:ジェイク・ギレンホール(ダニー・シャープ)、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン2世(ウィリアム・シャープ)、エイザ・ゴンザレス(キャム・トンプソン)、ギャレット・ディラハント(モンロー警部)、A・マルティネス(パピ)、キーア・オドネル(アンソン・クラーク捜査官)、モーゼス・イングラム(エイミー・シャープ)、ウェール・フォラリン(カストロ)、セドリック・サンダース(マーク警察官)、ジャクソン・ホワイト(ザック警察官)、コリン・ウッデル(スコット)、オリビア・スタンブーリア(ダズギグ中尉)、ジェシー・ガルシア(ロバート)、ヴィクター・ゴジカジ(ヴィクター)、レミ・アデレケ(ウェイド)、デヴァン・チャンドラー・ロング(メル・ギブソン)、ジェシカ・キャプショー(ロージー・ソーントン)ほか

「ガンパウダー・ミルクシェイク」のネタバレあらすじ結末

ガンパウダー・ミルクシェイクの紹介:2021年フランス, ドイツ, アメリカ映画。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」や「アベンジャーズ」シリーズなどのマーベル作品で女暗殺者ネビュラを演じるカレン・ギランが主演を務めたアクションスリラーです。主人公である凄腕の女殺し屋は標的の娘を庇ったことから所属する犯罪組織に追われる身となり、自分と同じく元殺し屋だった母やその仲間たちと組んで壮絶な戦いに身を投じていきます。
監督:ナヴォット・パプシャド 出演者:カレン・ギラン(サム)、フレイヤ・アーラン(若い頃のサム)、レナ・ヘディ(スカーレット)、アンジェラ・バセット(アンナ・メイ)、ポール・ジアマッティ(ネイサン)、ミシェール・ヨー(フローレンス)、カーラ・グギノ(マデレーン)、クロエ・コールマン(エミリー)、イヴァン・ケイ(ヤンキー)、アダム・ナガイティス(ヴァージル)、ラルフ・アイネソン(ジム・マカレスター)、デヴィッド・バーネルIV世(ショッカー)ほか

「タワーリング・ダウン」のネタバレあらすじ結末

タワーリング・ダウンの紹介:2017年フランス, ブルガリア, ベルギー映画。手抜き工事で建てられたUBXタワーの60階にあるオフィスで離婚調停の話をしていたトムとブリアナ。離婚調停の原因はブリアナの不倫写真でした。自宅で母の不倫写真が偽造だと見破ったベンとアンの兄妹は、両親に知らせるため、UBXタワーに向かいます。ベン達がエレベーターで60階に向かっていると、手抜き工事で発生した電気系統の異常で機械室が爆発し、ビルが炎上を始めます。ビルに閉じ込められた家族の運命は…という内容のパニック映画です。
監督:エリック・サマー 出演:クレア・フォーラニ(ブリアナ・ブロンソン)、ジェイミー・バンパー(トム・ブロンソン)、ナイジェル・バーバー(ボーモント)、リリー・ジャクソン(アン)、アイザック・ルース(ベン)ほか

「キリングゲーム」のネタバレあらすじ結末

キリングゲームの紹介:2013年アメリカ映画。ボスニア紛争で敵同士だった2人が、18年後に森の中で殺し合いを始めるというロバート・デ・ニーロ、ジョン・トラヴォルタの両大御所が初共演したサバイバルスリラー映画です。銃を使わず弓で戦うという内容で、攻守が目まぐるしく入れ替わります。
監督:マーク・スティーヴン・ジョンソン 出演者:ロバート・デ・ニーロ(ベンジャミン)、ジョン・トラヴォルタ(コバチ)、マイロ・ヴィンティミリア(クリス)ほか

「バックファイア」のネタバレあらすじ結末

バックファイアの紹介:2017年アメリカ映画。若いジェロームとO.T.が強盗で勢い余って銃弾を浴びせたのは、イタリアンマフィアのボスの息子でした。マフィアの復讐が始まり、O.T.と恋人が殺されると、ジェロームは和解策を探しはじめますが、助けを頼んだギャングのボスも殺され、ジェロームは戦う事を決意し弟といっしょに…という内容のクライムアクション映画です。
監督:デイブ・パットン 出演:ブラック・デニーロ(ジェローム)、ジョウハラー・ジョーンズ(アミーナ)、ジョー・コスタ(ドミニク)、トニー・デヴォ(マルコ)、バイロン・スクアリー・ヴィンソン(スモーク)ほか

「THE BATMAN ザ・バットマン」のネタバレあらすじ結末

THE BATMAN-ザ・バットマン-の紹介:2021年アメリカ映画。ミステリアスな青年ブルース・ウェインは両親殺害の復讐のため、夜はマスクで素顔を隠し犯罪者を見つけては力でねじ伏せて、悪と敵対する存在<バットマン>になろうとしている。ある日、権力者たちが次々と標的にされる連続殺人事件が発生。その犯人を名乗る知能犯リドラーは、犯行後に必ずなぞなぞを残し、警察やブルースを挑発する。最後に残されたメッセージは『次の犠牲はバットマン』。そして暴かれる政府の陰謀とブルースにまつわる過去の出来事。追い詰められた彼はついに良心が狂気へと変貌していく…。
監督:マット・リーヴス 出演:ロバート・パティンソン(バットマン/ブルース・ウェイン)、ゾーイ・クラヴィッツ(キャットウーマン/セレーナ・カイル)、ポール・ダノ(リドラー/エドワード・ナッシュトン)、ジェフリー・ライト(ジェームズ・ゴードン警部補)、ジョン・タートゥーロ(カーマイン・ファルコーネ)、ピーター・サースガード(ギル・コルソン検事)、アンディ・サーキス(アルフレッド・ペイーワース)、コリン・ファレル(ペンギン/オズワルド・コブルポット / オズ)、ジェイミー・ローソン(ベラ・リアル市長候補)、ルパート・ペンリー=ジョーンズ(ドン・ミッチェル市長)、ルーク・ロバーツ(トーマス・ウェイン)、ステラ・ストッカー(マーサ・ウェイン)、ハナ・ハルジック(アニカ・コスロフ)、ピーター・マクドナルド(ウィリアム・ケンジー麻薬捜査官)、アレックス・ファーンズ(ピート・サベージ本部長)、コン・オニール(マッケンジー・ボック署長)、ギル・ペリッツ=アブラハム(マルティネス巡査)、チャーリー・カーヴァー(ツインズ)、マックス・カーヴァー(ツインズ)ほか

「仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーセイバー 深罪の三重奏(トリオ)の紹介:2022年日本映画。2020年から2021年にかけて放映された令和仮面ライダーシリーズ第2作『仮面ライダーセイバー』の最終回のその後を描いた完全オリジナルストーリーです。あれから8年後、主人公・神山飛羽真らライダーたちはそれぞれの人生を歩んでいましたが、世間からライダーの記憶が忘れ去られ、その存在も消失する事件が起こったことをきっかけに新たな戦いに巻き込まれていきます。
監督:上堀内佳寿也 脚本:福田卓郎 原作:石ノ森章太郎 出演者:内藤秀一郎(神山飛羽真)、山口貴也(新堂倫太郎)、川津明日香(須藤芽依)、青木瞭(富加宮賢人)、生島勇輝(尾上亮)、富樫慧士(緋道蓮)、岡宏明(大秦寺哲雄)、市川知宏(ユーリ)、アンジェラ芽衣(神代玲花)、庄野崎謙(神代凌牙)、浅井宏輔(仮面ライダーセイバー)、今井靖彦(仮面ライダーブレイズ)、中田裕士(仮面ライダーエスパーダ/仮面ライダーファルシオン)、飛鳥凛(立花結菜)、嶺岸煌桜(陸)、長谷部瞳(白井ゆき)、フェスタ(ラッキー)、松原冬真(幼い間宮/幼い陸)、新垣翼(幼い飛羽真)、宮宇地怜央(幼い倫太郎)、新井笑琳(幼い芽依)、福峯壱真(幼い賢人)、木村了(間宮)、橋本さとし(篠崎真二郎)、知念里奈(ソフィア)ほか

「355」のネタバレあらすじ結末

355の紹介:2022年イギリス映画。アカデミー賞などで名を連ねた女優たちが勢ぞろいし、男顔負けのアクションをド派手に決める。第3次世界大戦を引き起こそうと企てるテロリスト組織に立ち向かいます。男ばかりのスパイ映画に女がいないのがおかしいと、女性が活躍するスパイ映画を作り上げました。今までにない斬新な出来に大満足です。
監督:サイモン・キンバーグ 出演:ジェシカ・チャステイン(メイソン・ブラウン / メイス)、ペネロペ・クルス(ドクター・グラシエラ / グラシー)、ファン・ビンビン(リン・ミーシェン)、ダイアン・クルーガー(マリー)、ルピタ・ニョンゴ(ハディージャ)、エドガー・ラミレス(ルイス)、セバスチャン・スタン(ニック)、ほか

「バイオハザード:ウェルカムトゥラクーンシティ」のネタバレあらすじ結末

バイオハザード:ウェルカム・トゥ・ラクーンシティの紹介:2021年アメリカ映画。カプコンが開発し超ロングランを記録する人気ゲームとなったバイオハザードシリーズ。その原点となる話が本作です。クレアやレオン、ジルやクリスなどゲームでも主役として活躍したキャラが出てくるのもファンとしては嬉しい所です。
監督:ヨハネス・ロバーツ 出演:カヤ・スコデラリオ(クレア)、ロビー・アメル(クリス)、ハナ・ジョン=カーメン(ジル)、アヴァン・ジョーギア(レオン)、トム・ホッパー(ウェスカー)、リリー・ガオ(エイダ)、ニール・マクドノー(ウィリアム)、ドナル・ローグ(アイアンズ)、ほか

「ハード・ヒット 発信制限」のネタバレあらすじ結末

ハード・ヒット 発信制限の紹介:2021年韓国映画。「SEOBOK/ソボク」のチョ・ウジンが単独主演を務めた韓国発のノンストップアクションサスペンススリラーです。いつものように我が子を学校へ送り届けて車で職場に向かおうとしていた主人公の銀行支店長は謎の脅迫電話を受け、車から降りれば仕掛けた爆弾が爆発すると脅されます。支店長の運命は・・・。
監督:キム・チャンジュ 出演者:チョ・ウジン(イ・ソンギュ)、イ・ジェイン(ヘイン)、チン・ギョン(パン班長)、チ・チャンウク(ジンウー(脅迫者))、キム・ジホ(ヨンス)、リュ・スンス(警察署長)、チョン・ソクホ(ジョンホ)ほか

「囚人ディリ」のネタバレあらすじ結末

囚人ディリの紹介:2019年インド映画。インドでかつて囚人だった男が酔いつぶれた警察官たちを救ったという、ごく短い新聞記事をモチーフとして制作されたアクション映画です。刑期を終えて出所したばかりの男が、警察と麻薬組織との抗争に巻き込まれ、特殊部隊の隊長と共に壮絶な戦いに身を投じていきます。
監督:ローケーシュ・カナガラージ 出演者:カールティ(ディリ)、ナレーン(ビジョイ)、ラーマナー(チップス)、ジョージ・マリヤーン(ナポレオン)、アルジュン・ダース(アンブ)、ハリーシュ・ウッタマン(アダイカラム)、ディーナ(カーマッチ)、ベイビー・モニカ(アムダ)、マラヴィカ・アビナッシュ(ナリニ)ほか

「ボーダーライン」のネタバレあらすじ結末

ボーダーラインの紹介:2015年アメリカ映画。メキシコの麻薬カルテルに挑むFBI捜査官たちの活躍を描いたクライムアクション。大物を捕まえるための小さな犯罪は見てみないふりをするという衝撃的なやり方が印象的で、何が正義で何が悪なのか分からない展開に引きつけられます。
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エミリー・ブラント(ケイト・メイサー)、ベニチオ・デル・トロ(アレハンドロ)、ジョシュ・ブローリン(マット・グレイヴァー)、ヴィクター・ガーバー(デイヴ・ジェニングス)、ジョン・バーンサル(テッド)、ダニエル・カルーヤ(レジー・ウェイン)、ジェフリー・ドノヴァン(スティーヴ・フォーシング)、ほか

「土竜の唄 FINAL」のネタバレあらすじ結末

土竜の唄 FINALの紹介:2021年日本映画。高橋のぼるの人気コミックを実写化した土竜の唄シリーズ第3弾。暴力団に潜入捜査した主人公、菊川玲二が奮闘するドタバタアクションコメディです。玲二の奮闘もこれが最後、最後に相応しい任務とフィナーレが玲二を待ち受けています。
監督:三池崇史 出演:生田斗真(菊川玲二)、鈴木亮平(轟烈雄)、岡村隆史(猫沢一誠)、菜々緒(胡蜂)、滝沢カレン(沙門夕磨)、仲里依紗(若木純奈)、堤真一(日浦匡也)、吹越満(酒見路夫)、遠藤憲一(赤桐一美)、皆川猿時(福澄独歩)、岩城滉一(轟周宝)、ほか

「危いことなら銭になる」のネタバレあらすじ結末

危いことなら銭になるの紹介:1962年日本映画。都筑道夫の長篇『紙の罠』を映画化したコメディ。中平康監督の才走った演出ぶりがよくうかがえる。撮影は今村昌平作品で知られた名手・姫田真佐久。主題歌「危いことなら銭になる」は谷川俊太郎が作詞している
監督:中平康 出演:宍戸錠(近藤錠次)、長門裕之(沖田哲三)、浅丘ルリ子(秋山とも子)、左卜全(坂本雅章)、草薙幸二郎(芹沢健)、浜田寅彦(土方重助)、武智豊子(坂本の妻)、藤村有弘(王)、平田大三郎(ボーカーフェースの秀)、ほか

「ライダーズ・オブ・ジャスティス」のネタバレあらすじ結末

ライダーズ・オブ・ジャスティスの紹介:2020年デンマーク,スウェーデン,フィンランド映画。妻が列車事故で亡くなり、アフガニスタンで任務に就いていた軍人マークスは娘のもとへ帰国する。悲しみに暮れる娘を前に無力感にさいなまれるマークスだったが、ある日彼のもとを2人の男が訪ねてきた。その中の1人は、妻と同じ列車に乗っていたという数学者オットー。彼は、ライダーズ・オブ・ジャスティスという犯罪組織によって計画された事故だとマークスに告げる。怒りに震えるマークスは妻の無念を晴らすため、オットーらの協力を得て復讐に身を投じていく。デンマークのアカデミー賞と言われるロバート賞で最多15ノミネートを果たし、主演女優賞、助演男優賞、作曲賞、視覚効果賞の4冠に輝いた。
監督:アナス・トマス・イェンセン 出演:マッツ・ミケルセン(マークス・ハンセン)、ニコライ・リー・コース(オットー・ホフマン)、アンドレア・ハイク・ガデベルク(マチルデ・ハンセン)、ラース・ブリグマン(レナート・ガーナー・ニルセン)、ニコラス・ブロ(ウルフ・エメンタール)、グスタフ・リンド(ボダシュカ・リトビネンコ)、ローラン・ムラ(カート・“タンデム”・オーレセン)、アルバルト・ルズベク・リンハート(シリウス)、アンネ・ビルギッテ・リンド(エマ)、オマー・シャガウィー(パレ・オーレセン/アハロン・ナハス・シャディッド)ほか

1 2 3 4 5 93

キーワードから探す

TOP↑