アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「沈黙の粛清」のネタバレあらすじ結末

沈黙の粛清の紹介:2016年アメリカ映画。このオヤジ、無双!――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第41作となるクライムアクション作品です。セガールは本作では製作総指揮も兼任、セガール演じる主人公の闇の仕置き人、彼を捕らえようとするFBI捜査官、主人公に部下を殺されて復讐に燃えるマフィアのボスといった三つ巴の血みどろの抗争が描かれていきます。
監督:マイケル・ウィニック 出演者:スティーヴン・セガール(ロバート・サイクス)、クレイグ・シェイファー(ウィリアム・ポーター)、ルイス・マンディロア(ジェームズ・ピーターソン)、ジェームズ・ルッソ(ヴィンセント・ロマノ)、ヘレナ・マットソン(ケリー・グリーン)、マイケル・フリン(コネリー警部)、グリフ・ファースト(ジェリー・サイモン)、ラファエル・ペタルディ(カルロス)、R・D・コール(ランドルフ市長)ほか

「沈黙の鉄槌」のネタバレあらすじ結末

沈黙の鉄槌の紹介:2019年アメリカ映画。今度のオヤジはキレるとヤバい! スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第48作となるクライム・アクション作品です。息子を殺された元刑事が犯人を追い続けるうちに、事件の裏で暗躍する壮大な陰謀に巻き込まれていきます。
監督:ジェームズ・カレン・ブレザック 出演者:スティーヴン・セガール(オーガスティノ・“フィン”・アデア)、DMX(レイ・マンス)、ジョニー・メスナー(フランク・ウィルソン)、ザック・ウォード(デズモンド・パッカード)、ビル・コッブス(スウィリー)、ランディー・シャラチ(フィッチニー)、パトリック・キルパトリック(テランス)、チェスター・ラッシング(チャンス・ウィルソン)、サクソン・シャービノ(シャルロット・ベイルズ)、キム・デロンギ(アシュレイ・ミレット)、ジェフ・M・ヒル(バーリガン)、ショーン・カナン(デラハント)、ユリア・クラス(カリーナ)、ケン・ガリート(エド)ほか

「沈黙の鉄拳」のネタバレあらすじ結末

沈黙の鉄拳の紹介:2009年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第18作となる本作はセガール自ら製作総指揮を務め、『沈黙の逆襲』などでタッグを組んできたキオニ・ワックスマン監督がメガホンを執りました。セガール演じる元特殊部隊員が些細なことをきっかけに中国マフィア、悪徳警官、ロシアン・マフィア、中国人軍人らの抗争に巻き込まれていく様を描きます。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(シェーン・ダニエルズ)、マーライナ・マー(ティア)、ジェシー・ハッチ(セルゲイ)、ヴィタリー・クラチェンコ(ヴラッド)、バイロン・マン(大佐)、テリー・チェン(チェン)、ジェリー・ワッサーマン(リッチー)、バイロン・ローソン(マオ)、エイダン・ディー(ホリー)、ロビン・ニールセン(マルコフ)、マイク・ドブド(クラーク)、ヴィンセント・チェン(クワン)、ショーン・C・オア(サンチェス)、ダン・リズート(スカー)、ロビー・ニールセン(マルコフ)、ジャネッタ・アントニオ(ジャネット)ほか

「沈黙の大陸」のネタバレあらすじ結末

沈黙の大陸の紹介:2017年中国映画。最強VS最凶――。スティーヴン・セガール主演の『沈黙シリーズ』第45作となるアクション・サスペンスです。本作はセガールとボクシング界のレジェンドであるマイク・タイソンがまさかの共演を果たし、北アフリカを舞台に通信インフラ整備の利権を巡って暗躍する男たちの姿が描かれていきます。
監督:タン・ピン 出演者:スティーヴン・セガール(ラウダー)、マイク・タイソン(カバ)、リー・トンシュエ(ヤン・ジェン)、ジャニケ・アスケヴォルド(スザンナ)、エリック・エブアニー(アサイド)、リー・アイ(ルアン・リン)、ワン・ジーチァン(ゼン・ミン)、クロヴィス・フーアン(マイケル)ほか

「ダイナソーinL.A.」のネタバレあらすじ結末

ダイナソーinL.A.の紹介:2013年アメリカ映画。皮膚再生で成功をおさめたジェネティ・シャープ社が極秘に研究していたDNAから恐竜を再生させる実験に成功。そのお披露目パーティーで恐竜たちが暴れ出し、外に飛び出して人々を襲うという内容の恐竜パニック映画です。B級作品ながらCG映像による、ロサンゼルスの街中を暴れまわる恐竜の姿などは見ごたえがあります。
監督:ジョセフ・J・ローソン 出演者:トリート・ウィリアムズ(ゲイブ)、ロニー・コックス(ジャスティン)、ジリアン・ローズ・リード(ジェイド)、ジョシュ・アレン(カーソン)ほか

「山猫は眠らない8 暗殺者の終幕」のネタバレあらすじ結末

山猫は眠らない8 暗殺者の終幕の紹介:2020年アメリカ映画。アメリカ海兵隊の伝説の狙撃手ベケット親子の戦いを描く人気戦争アクション映画の第8作です。本作はゲスト悪役として本作がハリウッドデビュー作となる元AKB48の秋元才加を迎え、要人殺人事件の濡れ衣を着せられた息子ブランドン(チャド・マイケル・コリンズ)が謎の暗殺者(秋元才加)に狙われながらも父トーマス(トム・ベレンジャー)と共に事件の真相を探る様を描きます。
監督:カーレ・アンドリュース 出演:チャド・マイケル・コリンズ(ブランドン・ベケット)、トム・ベレンジャー(トーマス・ベケット)、秋元才加(ユキ・“レディ・デス”・ミフネ)、ライアン・ロビンズ(ジーク・“ゼロ”・ローゼンバーグ)、ロックリン・マンロー(ジョン・フランクリン)、エミリー・テナント(ジュリエット・クローバー)、マイケル・ジョンソン(ドレイク・フェニックス)ほか

「ガンズ・アンド・ストレンジャー」のネタバレあらすじ結末

ガンズ・アンド・ストレンジャーの紹介:2012年アメリカ映画。麻薬取引現場を押さえる為、車で向かった4人の刑事でしたが、罠にはめられ銃撃を受け3人が射殺されます。生き残った男は、ギャング達を殺し、金を奪ってメキシコに入国しエルフロンテラスという町に入ります。しかしこの町は、よそ者を排除する習慣があり、誰一人水一杯すら飲ませてくれませんでした。そんな中、バーを経営するアナだけは男に飲み物を与え、男の手助けをしますが、町のギャング達や保安官が嫌がらせをはじめ…という内容の西部劇風アクション映画です。
監督:エドゥアルド・ロドリゲス 出演者:スコット・アドキンス(男)、クリスチャン・スレイター(ウエスト)、イヴェット・イエーツ(アナ)、ザハリー・バハロフ(保安官)ほか

「オールド・ガード」のネタバレあらすじ結末

オールド・ガードの紹介:2020年アメリカ映画。アンディを筆頭とした謎の特攻部隊4人組は、不死の身体を持っており、人類のために歴史の影で戦い続けていました。その情報を聞きつけた製薬会社のCEOメリックがその部隊に目をつけ、新たな薬を開発して一儲けするべくアンディたちを狙います。一方その頃、200年ぶりに新たな不死の身体をもつものが現われ、アンディは仲間に向かえようと尽力します。
監督:ジーナ・プリンス=バイスウッド 出演:シャーリーズ・セロン(アンディ)、キキ・レイン(ナイル・フリーマン)、マティアス・スーナールツ(ブッカー)、マーワン・ケンザリ(ジョー)、ルカ・マリネッリ(ニッキー)、キウェテル・イジョホー(コプリー)、ハリー・メリング(スティーブン・メリック)、ゴー・タイン・バン(クイン)、ほか

「リベンジャー 処刑人」のネタバレあらすじ結末

リベンジャー 処刑人の紹介:2016年フランス映画。殺人犯を捕えて射殺した殺人罪で6年間服役した元捜査官のフランクは、金で人殺しもする裏稼業をやっていました。ある日カミーユという女性に妹を探してくれと頼まれ、フランクは妹を殺したエリックという人物を見つけ殺します。しかしエリックが麻薬を牛耳るギャングのボス・アンテックの弟だったことからフランクは命を狙われ始め…というフランス発のバイオレンス映画です。
監督:ステファヌ・ロケ 出演者:ジャン=イブ・ブルジョワ(フランク)、マリー・デルマ(カミーユ)、エマニュエル・ボナミ(アンテック)、パトリック・メディオニグ(ベルナール)、ザビエ・ペレス(エリック)ほか

「群狼大戦」のネタバレあらすじ結末

群狼大戦(原題:獵魔群英)の紹介:1990年香港映画。犯罪組織のフォン一味を取り締まるため、警察は麻薬取引が行われる遊園地を張り込んでいました。準備が整った時、募金活動の女学生に邪魔され一味を取り逃がしてしまいます。その後、フォン一味と取引をする予定だった売人らが殺されると、フー警部に、募金活動をしていた女性が協力を求めに来て…という香港発のカンフーガンアクション映画です。この撮影のラストで、スタントなしで演じたムーン・リーとシベール・フーが爆発による重傷を負い入院しましたが、そのシーンがそのまま劇中で使われているといういわくつきの作品です。
監督:ジミー・ウォン 出演者:ムーン・リー(リー)、シベール・フー(フー刑事)、レイ・ルイ(ユエ)、アレックス・マン(ツサン)ほか

「ジェノサイド・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

ジェノサイド・ゲームの紹介:2014年オーストラリア映画。リビアの独裁者を暗殺したタイラーは刑務所に投獄されていました。3年後、元上官で大将の命令で釈放されたタイラーは、生中継で殺し合いをする人気テレビ番組『ターキーシュート』への出演が待っていました。そこには元同僚がシューターとしてタイラーを狙っていました。やがて余命宣告された大将は、タイラーの元恋人のウィリアム少佐にタイラー投獄の真実を話すと、ウィリアムはヘリでタイラーの救出に向かい…というアクションサスペンス映画です。
監督:ジョン・ヒューイット 出演者:ドミニク・パーセル(リック・タイラー)、ヴィヴァ・ビアンカ(ウィルソン少佐)、ロバート・テイラー(ラムロッド)、ニコラス・ハモンド(サッチャー大将)、ベリンダ・マックローリー(バクスター)ほか

「悪名桜」のネタバレあらすじ結末

悪名桜の紹介:1966年日本映画。堅気になり焼き鳥屋をやり始めた元ヤグザの朝吉と清次でしたが、愚連隊の猛をかくまった事から、地元の大鯛組と新興勢力のABC会の抗争に巻き込まれてしまいます。愚連隊の猛は、町の土地を牛耳る大地主で質屋の沢村の息子でした。大鯛組とABC会は沢村の利権を奪い合い抗争が起こり、住人が犠牲になりました。怒りに燃える朝吉は遂に立ち上がりますが…という大映の「悪名」シリーズの13作目です。
監督:田中徳三 出演者:勝新太郎(朝吉)、田宮二郎(清次)、市原悦子(菊枝)、藤岡琢也(乾)、沢村貞子(房枝)、多々良純(沢村亀之助)、酒井修(猛)、須賀不二男(後藤)ほか

「メッセージマン」のネタバレあらすじ結末

メッセージマンの紹介:2018年インドネシア,オーストラリア映画。リタイアした凄腕の殺し屋ライアンは、のんびり過ごすためジャカルタの小島にやって来ます。島でドーニという少年と仲良くなったライアンは、ドーニの家族とも気心がふれあうようになります。しかし、島に女や金を奪いに来る海賊の車にドーニが撥ねられ、そのはずみで海賊を殺してしまったライアンは、海賊たちに命を狙われるハメになってしまい…という内容のバイオレンス映画です。ホラー映画並みの残虐シーンも満載で、隠れた良作と言えます。
監督:コーリー・パーゾン 出演者:ポール・オブライエン(ライアン)、ヴェルディ・ソライマン(リー)、アジ・サントサ(ドーニ)、マイク・ルイス(スナイパー)ほか

「クリッシュ」のネタバレあらすじ結末

クリッシュの紹介:2013年インド映画。インドで大人気を博した仮面のスーパーヒーローによるアクションSF映画。本作はシリーズ3作目である「Krrish3」にあたる。正統派ヒーロー映画だった前作までからコメディ路線に大幅転向し、アメリカでも初登場14位という快挙を成し遂げた。
監督: ラケシュ・ローシャン 出演者:リティク・ローシャン(クリシュナ・メーラ/クリッシュ/ロヒト・メーラ)、ヴィヴェーク・オベロイ(カール)、プリヤンカ・チョープラー(プリヤ・メーラ)、カングナ・ラナウト(カヤ), アリフ・ザカリア(ヴァルン・シェッティ博士)、アシフ・バサラ(アロク・セン博士)、ほか

「雄呂血」のネタバレあらすじ結末

雄呂血の紹介:1925年日本映画。久利富平三郎こと坂東妻三郎が、堪えに堪えたあげく、最後に刀を振りかざして、敵役を叩き斬る凄まじいラストシーンが用意されています。並みの芸当ではない坂妻の殺陣と運動能力がこの映画の迫力を生み出していますが、のちのチャンバラ時代劇に大きな影響を与えたと言われる殺陣シーンもさることながら、誤解と曲解から道を逸れていく男の哀しい横顔を映して阪東妻三郎の名演が光ります。
監督: 二川 文太郎 出演者:阪東妻三郎(久利富平三郎)、(漢学者・松澄永山)、環歌子(娘・奈美江)、春路謙作(夫・江崎真之丞)、山村桃太郎(浪岡真八郎)、 中村琴之助(二十日鼠の幸吉)、嵐しげ代(にらみの猫八)、安田善一郎(うすばかの三太)、森静子(お千代)ほか

1 2 3 4 5 83

キーワードから探す

TOP↑