アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「仮面ライダーアマゾンズ 最後ノ審判」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判の紹介:2018年日本映画。2018年で生誕80周年を迎えた石ノ森章太郎原作の『仮面ライダーアマゾン』をリブートし、Amazonプライム・ビデオにてシーズン1・2に渡って配信された特撮ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』の続編となる劇場版にして完結編です。人工生命体“アマゾン”を巡り、二人の仮面ライダーの最後の戦いが幕を開けます。
監督:石田秀範 出演者:藤田富(水澤悠/仮面ライダーアマゾンオメガ(声)/仮面ライダーアマゾンニューオメガ(声))、谷口賢志(鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファ(声))、武田玲奈(水澤美月)、東亜優(泉七羽)、三浦孝太(黒崎武)、籾木芳仁(札森一郎)、俊藤光利(志藤真)、宮原華音(高井望)、勝也(三崎一也)、田邊和也(福田耕太)、神尾佑(橘雄悟)、姜暢雄(御堂英之助/仮面ライダーアマゾンネオアルファ(声))、国府田聖那(ムク/リスアマゾン(声))、加藤貴子(水澤令華)、藤木孝(天条隆顕)ほか

「アルティメット」のネタバレあらすじ結末

アルティメットの紹介:2004年フランス映画。脚本・製作にリュック・ベッソン、主演にフランス発祥のスポーツ「パルクール」の第一人者、ダウィット・ベルとスタント俳優のシリル・ラファエリ。アクションシーンにはCG、スタントマン、ワイヤーが一切使われておらず、 肉体の潜在能力を最大限に引き出したアクションが見る者の視線を釘付けにします。
監督:ピエール・モレル 出演者:シリル・ラファエリ(ダミアン)、ダヴィッド・ベル(レイト)、トニー・ダマリオ(K2)、ビビ・ナセリ(タハ)、ダニー・ヴェリッシモ(ローラ)ほか

「グリーン・ランタン」のネタバレあらすじ結末

グリーン・ランタンの紹介:2011年アメリカ映画。グリーンランタンの紹介:意志の力で宇宙を守るグリーンランタン達。しかし宇宙は恐怖の力で壊滅の危機に陥っていた。瀕死の重傷をおった戦士の指輪が、次のグリーンランタンに選んだ者。それは一人の地球人だった。
監督:マーティン・キャンベル 出演:ライアン・レイノルズ(ハル・ジョーダン/グリーン・ランタン)、ブレイク・ライヴリー(キャロル・フェリス)、マーク・ストロング(シネストロ)、ピーター・サースガード(ヘクター・ハモンド博士)、ジェイ・O・サンダース(カール・フェリス)、テムエラ・モリソン(エイビン・スール)、タイカ・ワイティティ(トム・カルマク)、アンジェラ・バセット(アマンダ・ウォラー)、ティム・ロビンス(ロバート・ハモンド)、ほか

「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」のネタバレあらすじ結末

ファンタスティック・フォー:銀河の危機の紹介:2007年アメリカ映画。ファンタスティック・フォー:銀河の危機の紹介:宇宙エネルギーの力で特殊能力を得た四人。仲間の結婚も控え幸せいっぱいの四人の前に現れたのは、なんと宇宙からの使者だった。果たして四人の力は通用するのか?
監督:ティム・ストーリー 出演:ヨアン・グリフィズ(リード・リチャーズ(Mr.ファンタスティック))、ジェシカ・アルバ(スーザン・ストーム(インヴィジブル・ウーマン))、クリス・エヴァンス(ジョニー・ストーム(ヒューマン・トーチ))、マイケル・チクリス(ベン・グリム(ザ・シング))、ジュリアン・マクマホン(ヴィクター・フォン・ドゥーム(Dr.ドゥーム))、アンドレ・ブラウアー(ヘイガー将軍)、ほか

「S.W.A.T. 闇の標的」のネタバレあらすじ結末

S.W.A.T. 闇の標的の紹介:2011年アメリカ映画。2003年公開の映画『S.W.A.T.』の続編となるクライム・アクション作品です。ロサンゼルス市警の特殊部隊S.W.A.T.を率いるエリート指揮官は、その能力を買われてデトロイトのS.W.A.T.部隊を訓練することになるのですが…。『ターミネーター2』のロバート・パトリックや『ターミネーター3』のクリスタナ・ローケンも出演しています。
監督:ベニー・ブーム 出演者:ガブリエル・マクト(ポール・カトラー)、ロバート・パトリック(ウォルター・ハッチ)、ジャンカルロ・エスポジート(ホランダー)、クリスタナ・ローケン(ローズ・ウォーカー)、カーリー・ポープ(キム・バイヤーズ)、ニコラ ス・ゴンザレス(ジャスティン・ケロッグ)ほか

「マキシマム・ブロウ」のネタバレあらすじ結末

マキシマム・ブロウの紹介:2012年アメリカ映画。『エクスペンダブルズ』で共演したスティーヴ・オースティンとドルフ・ラングレンが再びタッグを組んだバイオレンス・アクション作品です。決して開けてはならない “荷物”を巡って、過去に因縁のある男二人が抗争を繰り広げるストーリーです。
監督:ジェシー・V・ジョンソン 出演者:スティーヴ・オースティン(トミー・コノリン)、ドルフ・ラングレン(ジャーマン)、マイク・ドプド(フリオ)、ダーレン・シャラヴィ(デボン)、ロックリン・マンロー(エディ)ほか

「ゴッド・スピード・ユー!」のネタバレあらすじ結末

ゴッド・スピード・ユー!の紹介:2016年イタリア映画。イタリアGTのレーサーである17歳のジュリアは監督である父とレースを戦っていた。父がレース中に急死し、元天才レーサーだった音信不通の兄が現れ、衝突しながらもレースに挑んでいく。
監督 マッテオ・ロヴェーレ 出演:ステファノ・アコルシ(ロリス)、マティルダ・デ・アンジェリス(ジュリア)、パオロ・グラツィオージ(トニーノ)、ロベルタ・マッテイ(アンナレッラ)、ロレンツォ・ジョイエッリ(ミノッティ)、ほか

「沈黙の包囲網 アジアンコネクション」のネタバレあらすじ結末

沈黙の包囲網 アジアン・コネクションの紹介:2015年アメリカ,タイ映画。アジアに拠点を置く麻薬組織のボス・シランキリ役をスティーブン・セガール氏が演じる。現代カンボジア、何もしらない二人組ジャックとサムは銀行強盗を計画し見事成功します。しかしそこにあったお金はある犯罪組織のボス、シランキリのお金でした。ジャックとサムはシランキリの手から逃げ切れるのか?
監督:ダニエル・ジリーリ 出演:スティーヴン・セガール(ガン・シランキリ)、ジョン・エドワード・リー(ジャック)、バイロン・ギブソン(サム)、ピム・ブビア(アヴァロン)、サハジャック・ブーンタナキット(ニラン・カタナ)、ほか

「アイアンクラッド」のネタバレあらすじ結末

アイアンクラッドの紹介:2010年イギリス,アメリカ,ドイツ映画。13世紀イングランドで実際に起こったロチェスター城包囲戦を題材にした歴史活劇です。イングランド国内を混乱に陥れるジョン王の軍およそ1,000人に対抗するのはわずか20人と、「7人の侍」や「300(スリーハンドレッド)」を彷彿とさせる設定です。投石機や攻城やぐらを使った城攻めは迫力満点です。
監督:ジョナサン・イングリッシュ 出演:ジェームズ・ピュアフォイ(マーシャル)、ブライアン・コックス(オルバーニ卿)、デレク・ジャコビ(コーンヒル)、ケイト・マーラ(イザベル)、ポール・ジアマッティ(ジョン王)、ほか

「RE:BORN リボーン」のネタバレあらすじ結末

RE:BORN リボーンの紹介:2017年日本映画。特殊部隊に所属していた敏郎が、訓練で部隊を全滅させてしまった事から、後に命を狙われ、元同僚たちと闘うという、和製アクションスプラッター映画です。武器をもっての格闘シーンは、目を見張るものがあり日本映画ではトップクラスのアクションシーンが見どころです。
監督:下村勇二 出演者:坂口拓(黒田敏郎)、近藤結良(サチ)、斎藤工(真壁健二)、長谷部瞳(松本静香)、稲川義貴(アビス)、 篠田麻里子(ニュート)、大塚明夫(ファントム)、いしだ壱成(ロック)、望月オーソン(マックス)、賢太(マサル)ほか

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレあらすじ結末

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーの紹介:2018年アメリカ映画。人類を守るために、最強ヒーローたちが集結した究極のチーム、アベンジャーズ。今回の敵は絶大なるパワーで銀河に破滅と恐怖をもたらそうとするサノス。宇宙に散らばる究極の力を持つ石、インフィニティ・ストーンを集め宇宙を支配しようとする。6つのストーン全てを手にした者は無限大の力が与えられることとなる。サノスを倒すために、アベンジャーズに加え、銀河一の落ちこぼれチーム”ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”、魔術を操るドクター・ストレンジ、そしてワカンダの王ブラックパンサーが集結。アベンジャーズの究極の戦いが始まる。2008年の『アイアンマン』公開以来、18本のヒーロー映画を展開してきたマーベルの記念すべき10周年目の作品。
監督:アンソニー&ジョー・ルッソ 出演:ロバート・ダウニーJr.(アイアンマン/トニー・スターク )、クリス・ヘムズワース(ソー)、 マーク・ラファロ(ハルク/ブルース・バナー)、クリス・エヴァンス(キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャース)、スカーレット・ヨハンソン(ブラック・ウィドウ/ナターシャ・ロマノフ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ/スティーヴン・ストレンジ)、ドン・チードル(ウォーマシン/ジェームズ・ローズ)、トム・ホランド(アイアン・スパイダー/ピーター・パーカー)、チャドウィック・ボーズマン(ブラック・パンサー/ティ・チャラ)、ポール・ベタニー(ヴィジョン)、エリザベス・オルセン(スカーレット・ウィッチ/ワンダ・マキシモフ)、アンソニー・マッキー(ファルコン/サム・ウィルソン)、クリス・プラット(スター・ロード/ピーター・クイル)ほか

「いぬやしき」のネタバレあらすじ結末

いぬやしきの紹介:2018年日本映画。「GANTZ」を手がけた奥浩哉による人気コミック「いぬやしき」を実写化。メガホンを取るのは「GANTZ」に引き続き今回で2回目のタッグとはる佐藤信介監督。主演は木梨憲武、佐藤健。冴えないサラリーマン、犬屋敷壱郎はとある事故に巻き込まれ、超人的な力を手に入れる。同じ事故に巻き込まれたごく普通の高校生、獅子神皓は、壱郎が能力で人命を救う反面、力を殺人に使っていく。対極な2人はやがて激しくぶつかり、命をかけた闘いに発展していく。
監督:佐藤信介 出演:木梨憲武(犬屋敷壱郎)、佐藤健(獅子神皓)、本郷奏多(安堂直行)、二階堂ふみ(渡辺しおん)、三吉彩花(犬屋敷麻理)、濱田マリ(犬屋敷万理江)福崎那由他(犬屋敷剛史)、伊勢谷友介(萩原刑事)

「仮面ライダードライブ サプライズフューチャー」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャーの紹介:2015年日本映画。未来に、希望はあるのか…仮面ライダードライブは、人類を滅ぼす<悪魔>だった…。平成仮面ライダーシリーズ第16作の劇場版で、歴代ライダーの象徴であるバイクには乗らずに自動車に乗る異色のライダー・仮面ライダードライブ=泊進ノ介と、未来からやってきた彼の息子が世界を揺るがす陰謀に立ち向かっていきます。
監督:柴﨑貴行 出演者:竹内涼真(泊進ノ介/仮面ライダードライブ(声)/仮面ライダー超デッドヒートドライブ(声))、内田理央(詩島霧子)、上遠野太洸(チェイス/仮面ライダーチェイサー(声))、稲葉友(詩島剛/仮面ライダーマッハ(声))、新田真剣佑(泊エイジ/スパイダー型ロイミュード108人間態(二役)/仮面ライダーダークドライブ(声))、柳沢慎吾(古葉進次)、片岡鶴太郎(本願寺純)ほか

「撃鉄 ワルシャワの標的」のネタバレあらすじ結末

撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。撃鉄 GEKITETZ ワルシャワの標的の紹介:2003年アメリカ映画。ヨーロッパを舞台にとある小包を運ぶ依頼を受けるジョナサン。彼は凄腕の諜報員だった。小包をめぐって様々な思惑が交差する。いったい小包の中身は?張り巡らされる陰謀をスティーヴン・セガール氏演じるジョナサンが叩き潰す。
監督:マイケル・オブロウィッツ 出演:スティーヴン・セガール(ジョナサン・コールド)、マックス・ライアン(デュノワ)、アンナ=ルイーズ・ブロウマン(メレディス・エイカン)、ジェフリー・ピアース(弟ショーン)、シャーマン・オーガスタス(CIAに雇われた男ミムズ)、ハリー・ヴァン・ゴーカム(小包の受取人ヴァン・エイカン)、ゲイリー・レイモンド(CIAの上官オリファント)ほか

「沈黙の逆襲」のネタバレあらすじ結末

沈黙の逆襲の紹介:2009年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の『沈黙』シリーズの1作品であるこの作品では、セガール扮する凄腕のロス市警刑事が、依頼人から保護を要請された女性を守りながらマフィア一味に立ち向かっていく姿を描いています。
監督:キオニ・ワックスマン 出演者:スティーヴン・セガール(ローランド・サリンジャー)、アーロン・シヴァー(メイソン)、リーズル・カーステンス(ニキータ・ウェルズ)、ステフ・デュヴァル(コナー・ウェルズ)、ルース・レインズ(ジェイソン・クロス)ほか

1 2 3 4 5 51
TOP↑