アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・スピード/スーパーコンボの紹介:2019年アメリカ映画。大ヒットシリーズ「ワイルドスピード」の第9作目でスピンオフ作品。すでにシリーズの顔となっているドウェイン・ジョンソン扮するルーク・ホブスとジェイソン・ステイサム扮するデッカード・ショウがいがみ合いながら強敵に立ち向かう作品です。
監督:デヴィッド・リーチ 出演:ドウェイン・ジョンソン(ルーク・ホブス)、ジェイソン・ステイサム(デッカード・ショウ)、イドリス・エルバ(ブリクストン)、ヴァネッサ・カービー(ハッティ)、ヘレン・ミレン(マグダレーン・ショウ)、エリアナ・スア(サム・ホブス)、クリフ・カーティス(ジョナ・ホブス)、ロリ・ペレナイス・トゥイサノ(ルークたちの母)、ほか

「ヨコハマBJブルース」のネタバレあらすじ結末

ヨコハマBJブルースの紹介:1981年日本映画。元刑事で今はブルースシンガーの傍ら探偵をするBJが、元同僚で親友の刑事と会うも、目の前で射殺されてしまいました。この事件をきっかけに、ファミリーと警察の両方に命を狙われるはめになるBJは、自分で犯人さがしを始めました…という内容の、松田優作主演の作品です。松田優作が映画の中でブルースを歌うという珍しい1本です。
監督:工藤栄一 出演者:松田優作(BJ)、辺見マリ(椋民子)、蟹江敬三(蟻鉄雄)、クリフ・ラニング(近藤明)、山田辰夫(ヨシヲ)、山西道広(紅屋悟志)、財津一郎(牛宅麻)、安岡力也(安永)、宇崎竜童(除除)、内田裕也(椋圭介)ほか

「レディ・ドラゴン 怒りの鉄拳」のネタバレあらすじ結末

怒りの鉄拳 レディ・ドラゴンの紹介:2012年日本映画。少林拳の達人でありながら、いまや恋人の美麗に養ってもらっているヒモ状態の剛でしたが、高校時代の少林拳のライバルの純がこの街で道場を開くため、同じ少林拳の達人である美麗を道場に呼び寄せたことから再び少林拳をやる決意をした剛でしたが…という内容のアクションコメディ映画です。映画の中の拳法は素人同然で、拳法の作品というより、男と女のおかしな物語です。
監督:中田圭 出演者:阿部真里(美麗)、舩木壱輝(剛)、吉岡あや(チカ)、秋山真太郎(純)ほか

「ハイル・ミュタンテ!/電撃XX作戦」のネタバレあらすじ結末

ハイル・ミュタンテ!/電撃XX作戦の紹介:1993年スペイン映画。美しい者だけが権力を得る近未来で、フリークスのテロリスト集団が反撃の狼煙を上げるアクション&コメディ。美しい者から迫害され、美しさを憎むテロリスト集団「アクション・ミュタンテ」は、リーダーラモンの出所を機に大富豪の娘パトリシアを誘拐した。上手くいったかに見えた作戦だったが、身代金を巡って思わぬ裏切りが発生してしまう。スペインの鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア初の長編監督作品。
監督:アレックス・デ・ラ・イグレシア 出演:アントニオ・レシネス(ラモン・ヤリツ)、フェルナンド・ギーエン(オルホ)、フレデリケ・フェデール(パトリシア・オルホ)、アレックス・アングロ(アレックス・アバディ)、フアン・ヴィアダス(フアン・アバディ)ほか

「シュワルツェネッガー/レッドブル」のネタバレあらすじ結末

シュワルツェネッガー/レッドブルの紹介:1988年アメリカ映画。アーノルド・シュワルツェネッガーが東西冷戦時代・ソ連崩壊前のモスクワ市警察警務大尉を演じたアクション巨編で、ハリウッド映画としては初めてモスクワ市内でのロケが許可された作品です。アメリカに逃亡した麻薬王を追ってソ連の警務大尉がアメリカ・シカゴの刑事とタッグを組んで捜査に乗り出す過程を描きます。
監督:ウォルター・ヒル 出演:アーノルド・シュワルツェネッガー(イワン・ダンコ)、ジェームズ・ベルーシ(アート・リジック)、ピーター・ボイル(ルー・ドネリー)、エド・オロス(ヴィクター・ロスタビリ)、ローレンス・フィッシュバーン(チャーリー・スタッブス)、ジーナ・ガーション(キャサリン・“キャット”・マンゼッティ)、リチャード・ブライト(ギャラガー刑事)、ブライオン・ジェームズ(ストリーク)ほか

「GONIN」のネタバレあらすじ結末

GONINの紹介:1995年日本映画。バブルがはじけ、ヤクザからの借金が返せないディスコ経営者の万代は、自分に似た境遇の4人を集め、ヤクザから金を強奪しようと計画しました。金を奪って上手くいったと思った5人でしたが、やくざは殺し屋を雇い5人の命を狙い始めました…という内容のバイオレンス映画です。
監督:石井隆 出演者:佐藤浩市(万代樹木彦)、本木雅弘(三屋純一)、根津甚八(氷頭要)、竹中直人(荻原昌平)、椎名桔平(ジミー)、永島敏行(大越康正)、鶴見辰吾(久松茂)、ビートたけし(京谷一郎)、木村一八(柴田一馬)、室田日出男(式根)、横山めぐみ(ナミィー)ほか

「フレンチ・コネクション2」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・コネクション2の紹介:1975年アメリカ映画。1971年公開の『フレンチ・コネクション』の続編となるクライム・サスペンス作品です。前作で取り逃がした麻薬王を追うジーン・ハックマン演じるニューヨーク市警の刑事が妨害に遭いながらも執念で敵を追い詰めていく過程を描きます。
監督:ジョン・フランケンハイマー 出演者:ジーン・ハックマン(ジミー・“ポパイ”・ドイル)、ベルナール・フレッソン(アンリ・バルテルミー)、フェルナンド・レイ(アラン・シャルニエ)、ジャン=ピエール・カスタルディ(ラウール・ディロン)、シャルル・ミロット(ミレット)、フィリップ・レオタール(ジャック)、エド・ローター(ブライアン)、キャスリーン・ネスビット(チャールニア夫人)、アンドレ・ペンヴルン(バーテンダー)ほか

「沈黙の断崖」のネタバレあらすじ結末

沈黙の断崖の紹介:1997年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の「沈黙」シリーズの1作品となるアクション映画です。日本では公開当時「沈黙シリーズ完結!」と謳われたものの、結局シリーズは完結することなく今日に至っています。セガールが今回演じるのはアメリカ環境保護庁の調査官であり、有毒な産業廃棄物の不法投棄を調査するうちに裏側にうごめく巨大な陰謀に立ち向かっていきます。
監督:フェリックス・エンリケス・アルカラ 出演者:スティーヴン・セガール(ジャック・タガート)、マーグ・ヘルゲンバーガー(サラ・ケロッグ)、クリス・クリストファーソン(オーリン・ハンナ)、ハリー・ディーン・スタントン(コットン)、スティーブン・ラング(アール・ケロッグ)、ブラッド・ハント(オーリン・ハンナ・ジュニア)、レヴォン・ヘルム(ボブ・グッドール)、ブルー・デッカート(チック・ラーセン)、エド・ブルース(ロイド保安官)、マーク・コリー(ハッチ)、アレックス・ハーヴェイ(シムズ)ほか

「ロード・オブ・モンスターズ」のネタバレあらすじ結末

ロード・オブ・モンスターズの紹介:2019年アメリカ映画。海底採掘で巨大な富を得たフォードは、新しい鉱脈を見つけました。しかし遠隔操作で動かす採掘機が何かに壊されたことから、4人で回収に向かうと、海底から大きな怪獣が出てきます。採掘しか頭になかったフォードは、海底機構のマーレら3人を連れ、怪獣退治に向かいますが…という内容のモンスター映画です。CGを駆使した日本風の怪獣映画的作品です。
監督:マーク・アトキンス 出演者:エリック・ロバーツ(ホーン大将)、クリス・フィッシャー(ライリー)、エイドリアン・ブーシェ(フォード)、ナタリー・ロビー(マーレ)、ドナ・コーマック(シェリーズ)ほか

「レッド・ブレイド」のネタバレあらすじ結末

レッド・ブレイドの紹介:2018年日本映画。家庭内では両親の喧嘩、学校へ行けばいじめに遭う女子高生のマコは、いつも読んでいる忍者の絵本『雷風迅』の世界に憧れています。ある夜『雷風迅』に出てくる、くのいちのヒロとユウが現れ、あっちの世界に行こうと言って忍者の達人才蔵の元へ連れて行きました。絵本の世界に行ったマコはここで忍術を習う事になり…という内容のファンタジー忍者アクション映画です。
監督:石原貴洋 出演者:小倉優香(マコ)、搗宮姫奈(ヒロ)、花影香音(ユウ)、岩永ジョーイ(原田勘助)、TAK∴(才蔵)ほか

「野獣処刑人 ザ・ブロンソン」のネタバレあらすじ結末

野獣処刑人 ザ・ブロンソンの紹介:2018年アメリカ映画。街のダニを射殺して奪った金を、犯罪者の流れ弾に当たって車いす生活になった少女の母に送り続ける男がいました。やがて男は少女が車いす生活になった原因である麻薬売人のボスを追い込むことになり…という内容のバイオレンスアクション映画です。亡きチャールズ・ブロンソンにそっくりなロバート・ブロンジーの初主演作で、内容も『狼よさらば』を彷彿させるものとなっています。さらに、話し方や体の動きもそっくりに演じています。
監督:レネ・ペレス 出演者:ロバート・ブロンジー(男 / K)、リチャード・タイソン(タイレル)、ダニエル・ボールドウィン(DJ)、エヴァ・ハミルトン(アナ)、ストーミー・マヤ(タニヤ)ほか

「SHADOW/影武者」のネタバレあらすじ結末

SHADOW/影武者の紹介:2018年中国映画。中国映画界の巨匠チャン・イーモウ監督が『三国志』のエピソードのひとつ「荊州争奪戦」を大胆にアレンジして映画化した歴史アクション超大作です。古代中国の小国を舞台に、ある事情から国王の重臣の影武者となった男が自由を勝ち取るため大軍に挑む姿を描きます。
監督:チャン・イーモウ 出演者:ダン・チャオ(都督/影武者(二役))、スン・リー(小艾)、チェン・カイ(沛国の王)、ワン・チエンユエン(田戦)、クアン・シャオトン(青萍)、フー・ジュン(楊蒼)、レオ・ウー(楊平)ほか

「赤い手裏剣」のネタバレあらすじ結末

赤い手裏剣の紹介:1965年日本映画。原作はダシール・ハメットの『赤い収穫』を翻案した大藪春彦の小説「掟破り」。謎の浪人・伊吹新之介が宿場町のヤクザ一家たちを一掃する様子を描く。黒澤明の「用心棒」も同じハメットの原作に基づいているため、プロットがそっくりになっている。
監督:田中徳三 出演:市川雷蔵(伊吹新之介)、小林千登勢(お雪)、春川ますみ(千波)、南原宏治(北風の政)、吉田義夫(炭屋松次郎)、須賀不二男(絹屋源兵衛)、山形勲(仏の勘造)、ほか

「キルオール!! 殺し屋頂上決戦」のネタバレあらすじ結末

キル・オール!! 殺し屋頂上決戦の紹介:2012年アメリカ映画。バンコクで暗躍する殺し屋たちが、暗いコンクリートの部屋に集められました。そして殺し合いを行い生き残れるのは一人と言われ、闘いが始まりますが…という内容のソリッドスリラー&アクション映画です。低予算ながら格闘アクションは目を見張るものがあり、良作といえる一本です。
監督:レイムンド・ヒューバー 出演:ジョ二ー・メスナー(ガブリエル)、ゴードン・リュウ(スネークヘッド)、ジョー・ルイス(カーペンター)、アマラー・シリポン(ソム)、ティム・マン(キッド)ほか

「ジョン・ウィック:パラベラム」のネタバレあらすじ結末

ジョン・ウィック:パラベラムの紹介:2019年アメリカ映画。裏社会の掟を破ったことから粛清されることになったジョン・ウィックは育ての親に助けを求め、モロッコで再起します。しかし、彼を許さない裏社会の支配者の主席連合は彼を殺すため最強の殺し屋ゼロを雇います。ついに、ニューヨークを舞台にジョンと主席連合との壮絶なパラベラム(戦い)が始まります。『ジョン・ウィック:パラベラム』は大ヒットしたジョン・ウィックシリーズ3作目、キアヌ・リーブスのみせる激しいガン・フー(銃を使ったカンフーアクション)に、今回は馬、バイク、刀を使う激しいアクションが見どころです。
監督:チャド・スタエルスキ 出演:キアヌ・リーヴス(ジョン・ウィック)、ハル・ベリー(ソフィア)、イアン・マクシェーン(ウィンストン)、ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)、マーク・ダカスコス(ゼロ)、エイジア・ケイト・ディロン(裁定人)、ランス・レディック(シャロン)、アンジェリカ・ヒューストン(劇場ディレクター)、ランダル・ダク・キム(ドク)、トビアス・シーガル(アール)、ほか

1 2 3 4 5 73

キーワードから探す

TOP↑