Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「バリスティック」のネタバレあらすじ結末

バリスティックの紹介:2002年アメリカ映画。国防情報局“DIA”長官のガントの息子が女に誘拐され、元FBI捜査官のエクスが呼び出されました。女を追ううち、死んだはずの妻が生きていることを知り、DIA長官のガントがFBI時代の元同僚だということがわかり…という内容のアクション映画です。タイ出身のカオス監督のハリウッドデビュー作品です。
監督:カオス 出演者:アントニオ・バンデラス(ジェレミー・エクス)、ルーシー・リュー(シーバー)、グレッグ・ヘンリー(ロバート・ガント)、レイ・パーク(A・J・ロス)、タリサ・ソト(ヴィン)、ミゲル・サンドバル(FBIフリオ・マーティン副長官)ほか

「ゴルゴ13」のネタバレあらすじ結末

ゴルゴ13の紹介:1973年日本映画。国籍、年齢、住所も不詳の狙撃の名手で殺し屋のデューク・東郷はゴルゴ13と呼ばれ、恐れられていました。中東の秘密警察から、犯罪組織のボスを射殺する仕事を依頼されたゴルゴは、イランのテヘランに飛びました…。”さいとうたかお”の人気ハードボイルド劇画、ゴルゴ13の実写映画版です。
監督:佐藤純彌 出演者:高倉健(ゴルゴ13/デューク・東郷)、モセネ・ソーラビ(アマン警部)、ジャレ・サム(シーラ)、プリ・バナイ(キャサリン)、アレズゥ(イボンヌ)、ガダキチアン(マックス・ボア)、ヤドロ・シーランダミ(ワルター)ほか

「ブラック・オプス 超極秘任務」のネタバレあらすじ結末

ブラック・オプス 超極秘任務の紹介:2015年オーストラリア映画。民間警備会社の面接を受けに訪れた一人の元特殊部隊隊員の男。ところが、この施設の内部には死んだ傭兵の遺体を蘇らせた不死身の戦士“ゾンビ忍者”が潜んでいました。そして施設には事実を隠蔽しようと目論む者の影も・・・。人間の能力を遥かに超えるパワーと戦闘能力を秘めたゾンビ忍者とその背後にうごめく陰謀に立ち向かう主人公の死闘を描いたバトルアクション作品です。
監督:ロディ・クロード 出演者:アダム・T・パーキンス(ディロン)、ジェイソン・ブリッツァ(AK)、キーラ・リー・ケイン(マリ)、コルム・エリス(エディ)、セレナ・フィルゲイラ(アニータ)ほか

「狼たちの絆」のネタバレあらすじ結末

狼たちの絆(原題:縦横四海)の紹介:1991年香港映画。絵画収集家で大泥棒のチョウによって、幼い頃から泥棒として育てられたブッジャイ、ジム、ホンタウの3人は絵画泥棒で生計を立て、優雅な暮らしをしていました。そんな時、『呪いの絵』を盗んでくれという仕事が入り、盗みに向かったジムとブッジャイは罠にはめられてしまい、ブッジャイの車は大爆発を起こしました…という香港ノワール作品です。
監督:ジョン・ウー 出演者:チョウ・ユンファ(ブッジャイ)、レスリー・チャン(ジム)、チェリー・チェン(ホンタウ)、ケネス・ツァン(チョウ)ほか

「男たちの挽歌」のネタバレあらすじ結末

男たちの挽歌(原題:英雄本色)の紹介:1986年香港映画。香港ヤクザの顔役ホーは、取引で罠にかかって銃撃戦となり、相手を射殺しました。弟のキットが刑事になるため足を洗うつもりだったホーは自首し逮捕されるものの、相手組織が仕返しにホーの父を殺しました。3年後、出所してきたホーを待っていたものは、父が死んだ恨みを抱く弟と、かつての子分だったシンの嫌がらせでした…という内容の香港映画です。『男たちの挽歌』は香港ノワール映画を確立させ、チョウ・ユンファを大スターにした作品と言えます。
監督:ジョン・ウー 出演者:チョウ・ユンファ(マーク)、ティ・ロン(ホー)、レスリー・チャン(キット)、エミリー・チュウ(ジャッキー)、レイ・チーホン(シン)、ティエン・ファン(ホーの父)、シー・イェンズ(ユー社長) ほか

「サイクロンZ」のネタバレあらすじ結末

サイクロンZの紹介:1988年香港映画。弁護士のジャックが化学工場を経営するファーの弁護をすることになったものの、原告側のメイに一目ぼれしてしまい、弁護そっちのけでメイにアタックし始めました。更に仲間のウォンも原告のイップに惚れてしまい裁判どころではなくなったという内容のカンフーアクション映画です。ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウという香港カンフー映画界3大スターに当時大人気の格闘家のベニー・ユキーデも出演した豪華キャストです。
監督:サモ・ハン・キンポー 出演者:ジャッキー・チェン(弁護士・ジャッキー)、サモ・ハン・キンポー(ウォン)、ユン・ピョウ(トン)、ディニー・イップ(イップ)、ポーリン・ヤン(メイ)、ベニー・ユキーデ(用心棒)、ユン・ワー(ファー)ほか

「ナイトホークス」のネタバレあらすじ結末

ナイトホークスの紹介:1981年アメリカ映画。ニューヨーク市警の敏腕刑事と国際的テロリストとの闘い。刑事は『ロッキー』で大スターとなったシルベスター・スタローン。テロリストは母国オランダでポール・バーホーベン監督等の作品でキャリアを積んできたルトガー・ハウアー。『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』等のビリー・ディー・ウィリアムズ、テレビシリーズ『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』等のリンゼイ・ワグナー等が共演。
監督:ブルース・マルムース 出演者:シルベスター・スタローン(ディーク・ダシルバ)、ルトガー・ハウアー(ウルフガー)、ビリー・ディー・ウィリアムズ(マシュー・フォックス)、リンゼイ・ワグナー(アイリーン)、パーシス・カンバッタ(シャッカ)、ナイジェル・ダヴェンポート(ピーター・ハートマン)その他

「スレイブメン」のネタバレあらすじ結末

スレイブメンの紹介:2016年日本映画。身体能力は3倍以上、恨みや憎しみも倍増し、憎い相手を消滅させ、さらに自分中心の世界に変えられるスレイブヘッドを手にしたやすゆきは、一目ぼれした彩乃を振り向かせるために奮闘しますが、スレイブヘッドの威力は予想を超えるものでした…という内容の、ヒーローバイオレンスアクション映画です。
監督:井口昇 出演者:中村優一(しまだやすゆき)、奥田佳弥子(小暮彩乃)、味岡ちえり(島田悦子)、松井望(柴田俊二)、杉原勇武(赤沼正平)、渡部龍平(赤沼隆太)、春川桃菜(赤沼ジェーン)、阿部亮平(貴龍幸治)、津田寛治(貴龍雄山)ほか

「ロケッティア」のネタバレあらすじ結末

ロケッティアの紹介:1991年アメリカ映画。原作は同名タイトルの人気アメリカンコミックが基になっています。ひょんな事で手に入れたロケットを背負い自由に空を飛び回るスーパーヒーローになった若きスタントパイロットが、ナチス相手に奮闘するアクション作品です。
監督:ジョー・ジョンストン 出演:ビル・キャンベル(クリフ)、ジェニファー・コネリー(ジェニー)、アラン・アーキン(ピーヴィ)、ティモシー・ダルトン(ネヴィル・シンクレア)、ポール・ソルヴィノ(エディ・ヴァレンタイン)、テリー・オクィン(ハワード・ヒューズ)、エド・ローター(フィッチ)、ほか

「極道兵器」のネタバレあらすじ結末

極道兵器の紹介:2010年日本映画。父親である岩鬼組の組長が殺されたことで、海外から帰ってきた息子の将造は仇を取るべく倉脇を追いますが、片手・片足を奪われてしまいました。その後、体に武器を埋め込まれ蘇った将造が再び倉脇を追います…という内容のコメディアクション映画です。アニメ『極道兵器』の実写映画化です。
監督:坂口拓、山口雄大 出演者:坂口拓(将造)、鶴見辰吾(倉脇)、黒川芽以(なよこ)、仁科貴(拓三)、西明彦(三太郎)、山中アラタ(鉄男)ほか

「騎士竜戦隊リュウソウジャー タイムスリップ! 恐竜パニック!!」のネタバレあらすじ結末

騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!の紹介:2019年日本映画。「スーパー戦隊シリーズ」第43作の初の劇場版となる本作は、テレビ本編の6500万年前に起こった出来事を含むいわば「エピソード0」に位置付けられ、テレビ本編では明らかにされてこなかった秘密が明かされていきます。
監督:上堀内佳寿也 出演者:一ノ瀬颯(コウ/リュウソウレッド)、綱啓永(メルト/リュウソウブルー)、尾碕真花(アスナ/リュウソウピンク)、小原唯和(トワ/リュウソウグリーン)、岸田タツヤ(バンバ/リュウソウブラック)、兵頭功海(カナロ)、金城茉奈(龍井うい)、吹越満(龍井尚久)、佐野史郎(ヴァルマ)、北原里英(ユノ)、森田涼花(恐竜博物館職員)ほか

「仮面ライダージオウ Over Quartzer」のネタバレあらすじ結末

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzerの紹介:2019年日本映画。「平成仮面ライダーシリーズ」第20作にして最終作となる『仮面ライダージオウ』の単独劇場版です。本作はテレビ本編における「ドライブ編」も兼ねているほか、“平成ライダー20作品の最終回”という位置付けのみならず「平成」という時代を生きた“平成ライダー”にカウントされないライダーたちにもスポットライトを当てた作品ともなっています。本作では2019年秋に始動する新シリーズ「令和仮面ライダーシリーズ」第1作の「仮面ライダーゼロワン」が先行登場するほか、まさかのサプライズゲストも登場します。
監督:田崎竜太 出演者:奥野壮(常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ)、押田岳(明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ)、大幡しえり(ツクヨミ)、渡邊圭祐(ウォズ/仮面ライダーウォズ)、生瀬勝久(常磐順一郎)、前野朋哉(織田信長)、若林時英(牛三)、ISSA(DA PUMP)(常盤SOUGO /仮面ライダーバールクス)、DAICHI(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、KENZO(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、TOMO(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、KIMI(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、YORI(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、U-YEAH(DA PUMP)(クォーツァーのメンバー)、斉藤秀翼(ジョウゲン/仮面ライダーザモナス)、パパイヤ鈴木(カゲン/仮面ライダーゾンジス)、蒼葉える(クララ・スタインベルト)、稲葉友(詩島剛/仮面ライダーマッハ)、クリス・ペプラー(クリム・スタインベルト)、小山力也(オーマジオウの声)、高橋文哉(仮面ライダーゼロワンの声)、木梨憲武(木梨猛)ほか

「プリズン:インポッシブル」のネタバレあらすじ結末

プリズン:インポッシブルの紹介:2017年アメリカ,メキシコ映画。ドルフ・ラングレン主演による、難攻不落の巨大刑務所を舞台にしたアクション作品です。ドルフ・ラングレン扮するアメリカ麻薬取締局(DEA)のエージェントとそのチームがメキシコの麻薬王を追ううちに、組織の金がメキシコ最悪の巨大刑務所“ハウラ連邦刑務所”にあることを知り、成功率0%の過酷なミッションに挑んでいきます。
監督:R・エリス・フレイジャー 出演者:ドルフ・ラングレン(ジャック・スマイリー)、ルイス・マンディロア(パンプル上院議員)、ジョスリン・オソリオ(ノーマ)、アイザック・シングルトン(タンク)、コービン・バーンセン(プライス捜査官)、ジェフリー・ロス(ヘクター)、ルイス・ガティカ(キャピタン)ほか

「シャフト(2019年)」のネタバレあらすじ結末

シャフトの紹介:2019年アメリカ映画。幼馴染みのカリムが突然亡くなり、その死に疑問を感じたFBI分析官のJJは、私立探偵である父のシャフトと調べ始めました。そして祖父のシャフト・シニアまで加わり親子3代によるギャングとの戦いが始まりました…と言う内容のアクションコメディ映画です。『黒いジャガー(1971年)』のリメイク作品『シャフト(2000年)』の続編です。
監督:ティム・ストーリー 出演者:サミュエル・L・ジャクソン(ジョン・シャフト)、ジェシー・T・アッシャー(ジョン・シャフト・ジュニア/JJ)、レジーナ・ホール(マヤ・ババニコス)、アレクサンドラ・シップ(サーシャ・アリエス)、リチャード・ラウンドトゥリー(ジョン・シャフト・シニア)、アヴァン・ジョーギア(カリム)ほか

「jam」のネタバレあらすじ結末

jamの紹介:2018年日本映画。ファンのストーカー女に拉致された場末の人気演歌歌手、自分を売ったヤクザに復讐をする刑務所帰りの男、恋人の回復を祈って善行を繰り返す男、この3人が同じ時系列でからみあう、劇団EXILEのメンバー総出演のアクションサスペンス映画です。
監督:SABU 出演:青柳翔(横山田ヒロシ)、町田啓太(西野タケル)、鈴木伸之(川崎テツオ)、秋山真太郎(山下)、八木将康(金城)、小澤雄太(世良)、小野塚勇人(滝口)、佐藤寛太(前島)、野替愁平(港町)、筒井真理子(向井昌子)ほか

1 2 3 4 5 71
TOP↑