アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「21ブリッジ」のネタバレあらすじ結末

21ブリッジの紹介:2019年中国,アメリカ映画。ニューヨークのマンハッタン島での麻薬強盗事件。ニューヨーク市警はマンハッタン島にある21の橋を犯人逮捕のために封鎖することを決めます。ニューヨーク市警のデイビス警部は犯人と戦いますが、事件には巨大な組織の関与がありました。『21ブリッジ』は、激しいアクションと意外なストーリーの展開が見所の映画です。2020年に死去したチャドウゥック・ボーズマンが犯人に立ち向かうニューヨーク市警の刑事を熱演しています。
監督:ブライアン・カーク 出演:チャドウィック・ボーズマン(アンドレ・デイビス)、シエナ・ミラー(フランキー・バーンズ)、ステファン・ジェームズ(マイケル)、キース・デヴィッド(スペンサー)、テイラー・キッチュ(レイ)、J・K・シモンズ(マッケナ警部)、ほか

「沈黙の監獄」のネタバレあらすじ結末

沈黙の監獄の紹介:2012年アメリカ映画。スティーヴン・セガール主演の「沈黙シリーズ」第33作であり、セガールとプロレス界のスーパースター“ストーンコールド”ことスティーブ・オースティンがタッグを組んだアクション作品です。閉鎖間際の刑務所を舞台に、収監された女囚人が握る機密情報を巡って民間軍事会社と傭兵集団、極悪非道の囚人が激しい三つ巴の抗争を繰り広げます。キャッチフレーズは「最高のオヤジが最強の漢(オトコ)と最も危険なタッグを組んだ!」「無敵オヤジ、今度は監獄で大暴れ!」「消耗品たちには負けられねぇ!」。
監督:キオニ・ワックスマン プロデュース:スティーヴン・セガール 出演者:スティーヴン・セガール(クロス)、スティーブ・オースティン(マニング)、マイケル・パレ(クリストファー・ブレイク)、ステフ・ソング(サマンサ・メンデス)、イアン・ロビンソン(ウォーデン・サミュエルズ)、アリーヤ・オブライエン(シャーロット・ウォーカー)、ブレン・フォスター(ブラッドリー)、リチャード・ストロー(テランス)、ザック・サンティアゴ(フィールズ)、マイケル・アダムスウェイト(コリンズ)ほか

「ツングースカ・バタフライ サキとマリの物語」のネタバレあらすじ結末

ツングースカ・バタフライ サキとマリの物語の紹介:2018年日本映画。前科を暴露されて工場をクビになった咲は、万引きをする少女・真理を見つけ話をするようになります。咲は真理に自分の生い立ちをだぶらせて可愛がりはじめますが、そんな頃、真理の母・歌子が特殊詐欺の男に騙され殺されてしまいます。グラビア、セクシー女優を経てバイオレンスアクション女優の地位を確立し、引退の決まった亜紗美が主演するバイオレンスリベンジムービーです。
監督:野火明 出演者:亜紗美(咲)、丁田凛美(真理)、加藤理恵(歌子)、施鐘泰(工藤)、笠原竜司、黒板七郎、ほか

「天使の処刑人 バイオレット&デイジー」のネタバレあらすじ結末

天使の処刑人 バイオレット&デイジーの紹介:2011年アメリカ映画。ティーンエイジャーの殺し屋バイオレットとデイジーの2人組と、殺されたがっている風変わりなターゲットとの思いがけない交流を描いたバイオレンス&ハートウォーミング・ムービー。
監督:ジェフリー・フレッチャー 出演:シアーシャ・ローナン(デイジー)、アレクシス・ブレデル(バイオレット)、ジェームズ・ガンドルフィーニ(マイケル)、ダニー・トレホ(ラス)、マリアンヌ・ジャン=バプティスト(アイリス)、ほか

「Mr.&Miss.ポリス」のネタバレあらすじ結末

Mr.&Miss. ポリスの紹介:2014年アメリカ,ロシア映画。ロサンゼルスで多発するロシア人女性殺害事件。殺された女性は黒いバラを咥え、胸にはロシア語のメモがあることから、ダラノ捜査部長はロシアから腕利きの刑事カザトフを呼び寄せ、女性刑事エミリーを相棒に付けて捜査を始めますが…という内容のアメリカ、ロシア合作のクライムアクション映画です。
監督:アレクサンダー・ネフスキー 出演者:アレクサンダー・ネフスキー(カザトフ)、クリスタナ・ローケン(エミリー)、エイドリアン・ポール(マット)、ロバート・ダヴィ(ダラノ捜査部長)、ロバート・マドリッド(トニー)、オクサナ・シドレンコ(サンドラ)ほか

「OUTRAGE 全員標的」のネタバレあらすじ結末

OUTRAGE 全員標的の紹介:2009年アメリカ映画。父の遺産である山奥の家を休暇を利用して片付けに行ったクリスティーナ達4人が、謎の元スナイパーらに拉致され、命を狙われるというサバイバルアクション映画です。スナイパー達と争う展開と、悟りの瞑想の世界が交差する、少し変わった作品です。
監督:エース・クルーズ  出演者:マイケル・マドセン(ファラガット)、ナターシャ・リオン(モリー)、エース・クルーズ(トレイ)、デレク・リー・ニクソン(ジャック)、ケイティファウンテン(クリスティーナ)、マイケル・ベリーマン(オベア)ほか

「ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷」のネタバレあらすじ結末

ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷の紹介:2021年日本映画。特撮ドラマ「令和仮面ライダーシリーズ」第1作『仮面ライダーゼロワン』のスピンオフ第1弾で、テレビ最終回後を描いた『劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME』の続編となる作品です。平和な生活を送っていた滅亡迅雷.netの面々の前にZAIAエンタープライズ本社のCEOが現れ、迅に秘められた過去が明らかになると共に滅亡迅雷.netの面々が壮大な陰謀に巻き込まれていく様を描きます。本作の続編にして『ゼロワン』完結編となる『ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー』は2021年秋の公開予定です。
監督:筧昌也 脚本:高橋悠也 原作:石ノ森章太郎 出演者:中川大輔(迅)、砂川脩弥(滅)、山口大地(雷)、中山咲月(亡)、岡田龍太郎(不破諫)、井桁弘恵(刃唯阿)、桜木那智(天津垓)、菅原健(ソルド9)、鳴海唯(ソルド20)、相島一之(大門寺茂)、ジェイ・ウエスト(リオン=アークランド)、鶴嶋乃愛(アズ)、高橋文哉(飛電或人)ほか

「ボルケーノ in N.Y.」のネタバレあらすじ結末

ボルケーノ in N.Y.の紹介:2006年アメリカ映画。ニューヨークの地底から突如マグマが噴出し、街が大混乱に陥るパニック・アクション。地下送水トンネルの工事現場で働くマットは、工事中思いがけない事故に遭遇した。冷却水パイプから強酸性の熱水が噴出し、作業員3人が死亡したのだ。逃げる最中、マットはトンネルの壁からマグマの流出を目撃するが、誰に言っても信じて貰えない。その後調査に入ったマットの元妻で地質学者のスーザンは、調べを進める内にマットの証言は正しいと確信。2人は危険を訴えるが、地熱エネルギーを利用しようと目論む科学者レベリングと副市長に邪魔され、事態は悪化の一途を辿るのだった。
監督:ロバート・リー 出演者:コスタス・マンディロア(マット・マクラフリン)、マイケル・アイアンサイド(レベリング)、アレクサンドラ・ポール(スーザン・フォックスレイ)、マイケル・ボアバート(エース)、エリック・ブレカー(RJ)ほか

「ミュータント・タートルズ」のネタバレあらすじ結末

ミュータント・タートルズの紹介:1990年アメリカ映画。アメリカの大人気コミックスを映画化。突然変異で巨大化したカメが、忍術を駆使して活躍する痛快SFアクション。犯罪組織フット団に遭遇したテレビリポ―ターのエイプリルは、謎の巨大なカメ4匹に助けられる。彼らは放射能による突然変異で人間と同じ体格と知能を持っており、同じく突然変異のネズミである師匠スプリンターの下で忍術の修行に励んでいた。彼らと意気投合したエイプリルだったが、フット団の首領シュレッダーの指示でアジトが暴かれ、スプリンターが連れ去られてしまう。ひょんなことから知り合った青年ケイシーも加え、スプリンターを救出すべくフット団との戦いに挑む。
監督:スティーヴ・バロン 出演者:ジュディス・ホーグ(エイプリル・オニール)、イライアス・コティーズ(ケイシー・ジョーンズ)、ジェームズ・サイトウ(シュレッダー)、マイケル・ターニー(ダニー・ペニントン)、レイモンド・セラ(スターンズ)、ほか

「女番長(スケバン)」のネタバレあらすじ結末

女番長(スケバン)の紹介:1973年日本映画。「スケバン」という日本語の創造者という説もある鈴木則文監督の「女番長」シリーズ第4弾。女子少年院行きの護送車から脱走した女たちが、大坂や琵琶湖で女を金儲けの道具にするヤクザたちと対決する。東映のお色気路線の二枚看板、杉本美樹、池玲子が競演。
監督:鈴木則文 出演者:杉本美樹(関東小政)、池玲子(学ラン摩耶)、太田美鈴(鈴江)、丘ナオミ(ラン子)、西来路ひろみ(桃子)、宮内洋(達夫)、荒木一郎(一郎)そのほか

「ノンストップ」のネタバレあらすじ結末

ノンストップの紹介:2020年韓国映画。地上1万メートル、テロリストにハイジャックされた航空機内を舞台に、事件に巻き込まれた揚げパン屋店主とパソコン修理工の夫婦の戦い、そして夫婦の隠された正体が明るみになっていく様を描いた韓国発の超乱気流アクションです。
監督:イ・チョルハ 出演者:オム・ジョンファ(ミヨン)、パク・ソンウン(ソクファン)、ぺ・ジョンナム(ヒョンミン)、イ・ソンビン(美女/モクレン)、キム・ナムギル(高所恐怖症の男)、イ・サンユン(チョルソン)ほか

「燃えよデブゴン」のネタバレあらすじ結末

燃えよデブゴンの紹介:1980年香港映画。俳優のサモハン・キンポーが寵愛するブルース・リーをオマージュし作り上げたのが本作。作品も同様にブルース・リーに憧れる主人公が悪党を倒していくというストーリー。サモハン=デブゴンとなるそのきっかけとなった作品です。
監督:サモ・ハン・キンポー 出演:サモハン・キンポー(ウォン・ロン)、リー・ハイシュウ(メイ・チェン)、リク・チュセク(カオ)、ピーター・K・ヤン(ドクター・バー)、ほか

「殺し屋PAZUZU(パズズ)」のネタバレあらすじ結末

殺し屋PAZUZU(パズズ)の紹介:2000年日本映画。かつてパズズと呼ばれる殺し屋だった富樫は、金沢の片田舎でレストランを経営していました。もめごとがあり地元のヤクザ門脇の命を助けたことから、門脇と親しくなります。この門脇こそ、かつての相棒である南雲を殺した男で、復讐を誓った南雲の娘からの依頼を受けた富樫は娘と共に行動に出ます…という内容の松方弘樹主演のハードボイルド作品です。
監督:渡辺武 出演者:松方弘樹(富樫)、高橋かおり(南雲惠子)、名高達男(門脇)、京本政樹(田野倉)、石立鉄男(南雲健作)ほか

「ノンストップ 救出」のネタバレあらすじ結末

ノンストップ 救出の紹介:2012年カナダ,南アフリカ映画。シリア情報局のエージェントだったアディブの娘が、シリアのダマスカスでカメラマンの仕事中に失踪したことから、救出のため再びシリアに向かいます。昔の仲間を頼って娘を探すアディブでしたが、シリアでは自分がスパイ容疑で死刑判決を受けていることを知ります…という内容のサスペンスアクション映画です。
監督:ルバ・ナッダ 出演者:アレクサンダー・シディグ(アディブ)、ジョシュア・ジャクソン(ポール)、マリサ・トメイ(ファティマ)、オデッド・フェール(サイード)、サード・シディクイ(ハリム)、ほか

「レッド・バレッツ」のネタバレあらすじ結末

レッド・バレッツの紹介:2011年アメリカ映画。高級娼婦が招待された乱交パーティーの場で、政府の軍用兵器を扱う高官が誤って娼婦を殺してしまった事で、目撃者は一人を残して全員射殺されます。その一人はカタリナという高級娼婦で、高官が殺害する様子が映った防犯ビデオのディスクを持ちだしていたことから、彼女を狙って女殺し屋が襲い、カタリナに一目ぼれした私立探偵コンビも巻き込まれるという、ちょっとセクシーなアクション映画です。女殺し屋のジャネット・マクティアの演技が光っています。
監督:ジョン・ストックウェル 出演者:パス・ベガ(カタリナ)、ジャネット・マクティア(ヘレン)、クリストファー・マクドナルド(ビル・クレブ)、スコット・ミシュロウィック(アンソニー)、トニー・カラン(ショーン)、カレル・ローデン(カーヴァー)ほか

1 2 3 4 5 88

キーワードから探す

TOP↑