アクション映画のあらすじ

アクション映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで人気アクション映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「エージェント:コール」のネタバレあらすじ結末

エージェント:コールの紹介:2014年アメリカ映画。別れた妻・サラがメキシコで行方不明になったと弟のジョニーから連絡が入ったコールがメキシコに着くと、サラは麻薬カルテルに関する情報を追っていたことが原因で拉致された事を知り、サラの友人のグレイシーと共に探し始めるという、サスペンスアクション映画です。
監督:R・エリス・フレイザー 出演者:ゲイリー・ダニエルズ(コール)、ヴァネッサ・ヴァスケス(グレイシー)、マイケル・グレコ(ジョニー)、ファビアン・ロペス(セザール・モンテネグロ)ジャスティン・ネスビット(デール)、ルイス・ガティカ(ラウル・モンテネグロ)ほか

「NINJA ニンジャ in L.A.」のネタバレあらすじ結末

NINJA ニンジャ in L.A.の紹介:2009年アメリカ映画。世界征服を目論む悪霊を殲滅するため、3人の男達が死闘を繰り広げるアクション作品。殺し屋マックスはロス市警から依頼を受け、仲間と共にカルト教団を襲撃した。早々に片付く仕事だと思ったマックスだったが、突然仲間に命を狙われ何とかその場から逃れる。どうやら仲間達は悪霊に魂を乗っ取られてしまったらしい。悪霊の殲滅を狙う暗殺者リュウ、テンプル騎士団の戦士カインと共に、立ち上がることを決意したマックス。僧侶の術によって悪霊を封じ込める体となったマックスは、待ち受ける死闘に身を投じるのだった。
監督:ミッチ・グールド、ヒロ・コーダ、デヴィッド・ウォルド 出演者:ジョニー・ヨング・ボシュ(リュウ)、レイ・パーク(マックス)、リチャード・セトロン(サマエル)、エステバン・クエト(カイン)、ダン・サウスワース(テツロー)ほか

「バイオレンスアクション」のネタバレあらすじ結末

バイオレンスアクションの紹介:2022年日本映画。このマンガがすごい!WEB大賞で一位を獲得した同名漫画を原作に映画化。日商簿記の資格をとりたいという風変わりな凄腕殺し屋のケイが、ヤクザの次世代抗争に巻き込まれていく姿を描いています。
監督:瑠東東一郎 出演:橋本環奈(菊野ケイ)、杉野遥亮(テラノ)、鈴鹿央士(渡辺)、馬場ふみか(店長)、森崎ウィン(金子)、大東駿介(アヤベ)、太田夢莉(だりあ)、猪塚健太(クラ)、箭内夢菜(りっか)、兵動大樹(国津)、くっきー!(大男)、佐藤二朗(三代目組長)、城田優(みちたかくん)、高橋克典(木下)、岡村隆史(ヅラさん)、ほか

「ザ・コントラクター」のネタバレあらすじ結末

ザ・コントラクターの紹介:2022年アメリカ映画。ジェームスはアメリカ軍を解雇され、新しい仕事を探します。新しい仕事は見つかりましたが、それは危険な任務。彼は家族のために危険なミッションを引き受け、意外な敵に襲われます。『ザ・コントラクター』は、クリス・パイン主演のアクション映画です。
監督:タリク・サレー 出演:クリス・パイン(ジェームス)、ベン・フォスター(マイク)、ギリアン・ジェイコブス(ブリアン)、エディ・マーサン(ヴァージル)、キーファー・サザーランド(ラスティ)、ほか

「CHAOS カオス」のネタバレあらすじ結末

CHAOS カオスの紹介:2017年ドイツ映画。ケバブ店で客たちを全員射殺したタンとジャビド。この二人に復讐するため、両親を殺され一人生き残ったエリアナは、カーソンを通じて色々な殺し屋を二人に送りこみました。この行動はアレンドの書く脚本通りに進んでいることがわかり、脚本を書きなおさせようとするタンとジャビド、何とかして二人を殺そうとするエリアナのドタバタ劇を描いた、ドイツ発のバイオレンスアクションです。
監督:アドルフォ・コルメラー 出演:エルカン・アジャール(タン)、レザ・ブロジャーディ(ジャビド)、クセーニャ・アセンツァ(エリアナ)、デヴィッド・マスターソン(カーソン)、アレクサンダー・シューベルト(アレンド)ほか

「復讐 THE REVENGE 運命の訪問者」のネタバレあらすじ結末

復讐 THE REVENGE 運命の訪問者の紹介:1997年日本映画。少年時代、借金取り二人組に両親と姉を殺され、自分だけ見逃してくれた安城は、今は刑事をやっていました。シャブ中で追い込んだ男が自殺し、遺体を引き取りに来た保護士の宮地を見た瞬間、安城はあの日に自分を見逃した男だと分かりました。やがて安城は、家族を殺した男たちの素性を知り、退職届を出し復讐の為立ち上がりました…という哀川翔主演の、ハードボイルド作品です。
監督:黒沢清 出演者:哀川翔(安城伍郎)、大沢逸美(安城冴子)、小日向文世(平沢)、清水大敬(宮地茂治)、由良よしこ(宮地ときえ)、六平直政(安城知治)、鈴木ヒロミツ(大石組長)ほか

「ヘルドッグス」のネタバレあらすじ結末

ヘルドッグスの紹介:2022年日本映画。深町秋生の小説「ヘルドッグス 地獄の犬たち」を映画化した作品。裏社会で生きてきた主人公が警察に見初められて潜入捜査官となり、極道の世界に入り暗躍を続け、その立場を上げ続けます。主人公を含めた悪人だらけの抗争が見どころです。
監督:原田眞人 出演:岡田准一(兼高昭吾=出月梧郎)、坂口健太郎(室岡秀喜)、松岡茉優(吉佐恵美裏)、MIYAVI(十朱義孝)、北村一輝(土岐勉)、大竹しのぶ(衣笠典子)、金田哲(三神國也)、木竜麻生(杏南)、中島亜梨沙(ルカ)、杏子(恭子)、大場泰正(大前田忠治)、吉原光夫(熊沢伸雄)、尾上右近[2代目](サロンの常連客)、田中美央(俵谷一房)、村上淳(番犬)、酒向芳(阿内将)、吉田壮辰(お歯黒)、小柳アヤカ(ミス・チャオ)、赤間麻里子(佐代子)、ほか

「ブレット・トレイン」のネタバレあらすじ結末

ブレット・トレインの紹介:2022年アメリカ映画。世界で最も運の悪い殺し屋レディバグの今回のミッションは東京発の超高速列車からブリーフケースを盗み次の品川駅で降りるという簡単な仕事だったはずが…次々やってくる殺し屋たちが乗り込みレディバグに襲いかかる。降りたくても降りられない状況の中、列車はレディバグを乗せたまま終着駅京都に。そこには世界最大の犯罪組織のボス=ホワイト・デスが待ち受けていた。原作は累計300万部を超える大ヒットを記録した伊坂幸太郎の小説『マリアビートル』。
監督: デヴィッド・リーチ 出演:ブラッド・ピット(レディバグ)、ジョーイ・キング(プリンス)、アンドリュー・小路(キムラ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(タンジェリン)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(レモン)、真田広之(エルダー)、マイケル・シャノン(ホワイト・デス)、バッド・バニー:ベニート・A・マルティネス・オカシオ(ウルフ)、ザジー・ビーツ(ホーネット)、ローガン・ラーマン(サン)、マシ・オカ(車掌)、福原カレン(車内販売の売り子)、ライアン・レイノルズ(カーバー)、チャニング・テイタム(乗客)、サンドラ・ブロック(マリア)ほか

「ソー:ラブ&サンダー」のネタバレあらすじ結末

ソー:ラブ&サンダーの紹介:2022年アメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」のメンバーである最強の雷神ソーを描いた「ソー」シリーズの第4作であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」第29作目となる作品です。前作『マイティ・ソー バトルロイヤル』 (2017年)でメガホンを執ったタイカ・ワイティティが続投、2作目『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年)までヒロインを演じたナタリー・ポートマンが“もう一人のソー”としてカムバックを果たし、新たな悪役として『ダークナイト ライジング』(2012年)以来10年ぶりのスーパーヒーロー作品出演となるクリスチャン・ベールがMCU初参戦、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の面々もゲスト参加しています。
監督:タイカ・ワイティティ 出演者:クリス・ヘムズワース(ソー)、ナタリー・ポートマン(ジェーン・フォスター/マイティ・ソー)、テッサ・トンプソン(ブリュンヒルデ/ヴァルキリー)、タイカ・ワイティティ(コーグ)、クリス・プラット(ピーター・クイル/スター・ロード)、デイヴ・バウティスタ(ドラックス)、ブラッドリー・クーパー(ロケットの声)、ヴィン・ディーゼル(グルートの声)、カレン・ギラン(ネビュラ)、ポム・クレメンティエフ(マンティス)、ショーン・ガン(クラグリン・オブフォンテリ)、ジェイミー・アレクサンダー(シフ)、サイモン・ラッセル・ビール(ディオニューソス)、アコシア・サベト(バスト)、カーリー・リース(ミーク)、ジョナサン・ブルー(ラプー)、マット・デイモン(ロキを演じる役者)、ルーク・ヘムズワース(ソーを演じる役者)、サム・ニール(オーディンを演じる役者)、メリッサ・マッカーシー(ヘラを演じる役者)、ベン・ファルコーン(演劇の監督)、ダーレイ・ピアソン(ダリル)、キーロン・L・ダイアー(アクセル)、インディア・ローズ・ヘムズワース(ラブ)、サシャ・ヘムズワース(幼少期のソー)、トリスタン・ヘムズワース(幼少期のソー)、アヴァ・カリョフィリス(少女時代のジェーン・フォスター)、ステラン・スカルスガルド(エリック・セルヴィグ)、カット・デニングス(ダーシー・ルイス)、ブレット・ゴールドスタイン(ヘラクレス)、ジェニー・モリス(ニュー・アスガルドの市民)、エルサ・パタキー(狼女)、ドリス・エルバ(ヘイムダル)、ラッセル・クロウ(ゼウス)、クリスチャン・ベール(ゴア)ほか

「ギャング対ギャング」のネタバレあらすじ結末

ギャング対ギャングの紹介:1962年日本映画。自分を裏切った組織への貸しを取り返すことを誓った男が新しい仲間と麻薬横取り作戦を展開する。カルト映画の帝王となる以前の石井輝男監督が主役に鶴田浩二を、敵役に石井監督晩年の作品にも出演を続けた丹波哲郎を迎えて送り出した白黒アクション映画。『吸血鬼ゴケミドロ』等の映画出演で知られるシャンソン歌手高英男も冷酷なヤクザを怪演。
監督:石井輝男 出演者:鶴田浩二(水原)、三田佳子(百合)、松尾和子(みよ子)、梅宮辰夫(金谷)、成瀬昌彦(男谷)、高英男(塚原)、三井弘次(柳沢)、西村晃(ハルヤマ)、丹波哲郎(波川)ほか

「マーベラス」のネタバレあらすじ結末

マーベラスの紹介:2021年アメリカ, イギリス映画。アナはベトナムで孤児として暗殺者のムーディに引き取られます。彼女は成人して凄腕の暗殺者になり、育ての親ムーディを殺害した男への復讐のため、ベトナムへ向かいます。『マーベラス』は、女性暗殺者の復讐劇を描くアクション映画です。
監督:マーティン・キャンベル 出演:マギー・Q(アナ)、マイケル・キートン(レンブラント)、サミュエル・L・ジャクソン(ムーディ)、ロバート・パトリック(ビリー)、デヴィッド・リントール、パトリック・マラハイド、オリ・フェッファー、レイ・フィアロン、フローリン・ピエルジク・Jr、キャロリン・ロンク、ヴェリザール・ビネヴ、ジョルジェ・ピステレアヌ、ほか

「ALIVEHOON アライブフーン」のネタバレあらすじ結末

ALIVEHOON アライブフーンの紹介:2022年日本映画。元レーシングドライバーの土屋圭市が監修したレーシング映画。カーレースゲームの屈指の腕前を持つ主人公・紘一が、実際のレーサーとなり厳しい環境に打ち勝ち、勝ち進んでいく姿を描いています。CGを使わずカースタントのみで撮影した迫力ある映像が見どころです。
監督:下山天 出演:野村周平(大羽紘一)、吉川愛(武藤夏実)、青柳翔(小林総一郎)、福山翔大(柴崎快)、本田博太郎(葛西隆司)、モロ師岡(檜山三郎)、土屋アンナ(チームスクリュー・オーナー)、きづき(田村孝)、土屋圭市(土屋圭市)、陣内孝則(武藤亮介)、ほか

「鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカー」のネタバレあらすじ結末

鋼の錬金術師 完結編 復讐者スカーの紹介:2022年日本映画。荒川弘原作の大人気コミックを実写化。シリーズ完結編二部作の第一作目にあたります。原作でも人気の高いキャラとなっている謎の男スカーとの戦いを中心に話が繰り広げられます。原作の世界観を見事に再現している様子が見どころです。
監督:曽利文彦 出演:山田涼介(エドワード・エルリック)、本田翼(ウィンリィ・ロックベル)、ディーン・フジオカ(ロイ・マスタング)、蓮佛美沙子(リザ・ホークアイ)、本郷奏多
(エンヴィー)、黒島結菜(ランファン)、渡邊圭祐(リン・ヤオ)、寺田心(セリム・ブラッドレイ)、内山信二(グラトニー)、大貫勇輔(スカーの兄)、ロン・モンロウ(メイ・チャン)、水石亜飛夢(アルフォンス・エルリック)、山田裕貴(ゾルフ・J・キンブリー)、堀内敬子(ブラッドレイ夫人)、麿赤兒(スカーの師父)、舘ひろし(キング・ブラッドレイ)、藤木直人(ユーリ・ロックベル)、奥貫薫(サラ・ロックベル)、高橋努(バルド)、山本耕史(アレックス・ルイ・アームストロング)、筧利夫(フー)、杉本哲太(ノックス)、風吹ジュン(ピナコ・ロックベル)、佐藤隆太(マース・ヒューズ)、新田真剣佑(スカー)、内野聖陽(ヴァン・ホーエンハイム/お父様)、ほか

「トップガン マーヴェリック」のネタバレあらすじ結末

トップガン マーヴェリックの紹介:2022年アメリカ映画。アメリカのエリート・パイロットチーム“トップガン”は、エースパイロットたちをもってしても絶対不可能な任務に直面していた。ミッション達成のため、白羽の矢を立てられたのは、伝説のパイロット、ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル海軍大佐。米海軍過去40年間において空中戦で3機の敵機撃墜記録を持つトップガン史上最高のパイロットだ。しかし常識破りの性格と、組織に縛られない振る舞いから、一向に昇進せず、現役であり続けるマーヴェリック。なぜ彼は、新世代トップガンと共にこのミッションに命を懸けるのか?前作『トップガン』より36年ぶりの続編。
監督:ジョセフ・コシンスキー 出演:トム・クルーズ(キャプテン ピート・“マーヴェリック”・ミッチェル)、マイルズ・テラー(ブラッドリー・“ルースター”・ブラッドショー海軍大尉)、ジェニファー・コネリー(ペニー・ベンジャミン)、ジョン・ハム(ボー・“サイクロン”・シンプソン海軍中将)、グレン・パウエル(ジェイク・“ハングマン”・セレシン海軍大尉)、ルイス・プルマン(ロバート・“ボブ”・フロイド海軍大尉)、モニカ・バルバロ(ナターシャ・“フェニックス”・トレース海軍大尉)、ジェイ・エリス(ルーベン・“ペイバック”・フィッチ海軍大尉)、ダニー・ラミレス(ミッキー・“ファンボーイ”・ガルシア海軍大尉)、グレッグ・ターザン・デイヴィス(ジャヴィ・“コヨーテ”・マチャド海軍大尉)、チャールズ・パーネル(ソロモン・“ウォーロック”・ベイツ海軍少将)、バシール・シャラフディン(バーニー・“ホンド”・コールマン准尉)、ヴァル・キルマー(トム・“アイスマン”・カザンスキー海軍大将)、エド・ハリス(チェスター・“ハンマー”・ケイン海軍少将)、ほか

「シン・ウルトラマン」のネタバレあらすじ結末

シン・ウルトラマンの紹介:2022年日本映画。誰もが知っているスーパーヒーロー「ウルトラマン」を、「シン・ゴジラ」を手掛けた庵野秀明と樋口真嗣のタッグで製作。カイジュウを倒すために颯爽と現れた銀色の巨人ウルトラマンと、カイジュウ対策本部である禍特対の奮闘を描いています。
監督:庵野秀明 出演:斎藤工(神永新二)、長澤まさみ(浅見弘子)、有岡大貴(滝明久)、早見あかり(船縁由美)、田中哲司(宗像龍彦)、西島秀俊(田村君男)、山本耕史(メフィラス星人)、津田健次郎(ザラブ星人)、高橋一生(ウルトラマン)、山寺宏一(ゾーフィの声)ほか

1 2 3 4 5 94

キーワードから探す

TOP↑