アクション映画のあらすじ

「レッド・ノーティス」のネタバレあらすじ結末

レッド・ノーティスの紹介:2021年アメリカ映画。伝説のクレオパトラの3つの卵型宝石を手に入れるため、ひょんなことから、業界で有名な詐欺師ブースとFBIのハートリーが手を組むことに。お互いにけむたい存在でしたが、ライバルのビショップに卵を横どりされないよう、協力しあいます。『ジュマンジ ネクストレベル』のドウェイン・ジョンソン、『デッドプールー』のライアン・ノイノルズ、『ワンダーウーマン』のガル・ガドット、豪華俳優陣が揃った話題作です。
監督: ローソン・マーシャル・サーバー 出演: ドウェイン・ジョンソン(ハートリー)、ライアン・ノイノルズ(ブース)、ガル・ガドット(ビショップ)、リトゥ・アーヤ(ダス)、クリス・ディアマントプーロス(ソット・ボーチェ)、ほか

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホームの紹介:2021年アメリカ映画。ミステリオによって正体を世間に暴かれ、殺人犯の容疑までかけられてしまったピーター・パーカーの人生は大混乱に陥る。高校生活最後の1年を恋人のMJ、親友のネッドと共に楽しもうとするが、正体がバレたことによりピーターの周囲の人々を混乱に巻き込んでしまう。この事態を解決するために、ピーターはかつて共にサノスと戦った魔術師ドクター・ストレンジのもとを訪ねる。全ての人から正体に関する記憶を消してほしいというピーターの願いを聞き入れたストレンジは、禁じられた魔法の呪文を唱える。しかし呪文は思いもよらぬ効果をもたらせ、多次元宇宙『マルチバース』の扉が開いてしまった。ニューヨークの街にヴィランの群れが現れ人々に危機が迫る。
監督:ジョン・ワッツ 出演:トム・ホランド(ピーター・パーカー/スパイダーマン)、ゼンデイヤ(MJ)、ベネディクト・カンバーバッチ(ドクター・ストレンジ)、ジェイコブ・バタロン(ネッド・リーズ)、ジョン・ファヴロー(ハロルド・ハッピー・ホーガン)、ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン)、アルフレッド・モリーナ(オットー・オクタビアス/ドック・オク)、ジェイミー・フォックス(マックス・ディロン/エレクトロ)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(フリント・マルコ/サンドマン)、リス・エヴァンス(カート・コナーズ/リザード)ベネディクト・ウォン(ウォン)、トニー・レヴォロリ(ユージーンフラッシュ・トンプソン)、マリサ・トメイ(メイ・パーカー)、J・K・シモンズ(J・ジョナ・ジェイムソン)、チャーリー・コックス(弁護士マット・マードック)ほか

「マークスマン」のネタバレあらすじ結末

マークスマンの紹介:2021年アメリカ映画。アリゾナのメキシコ国境付近で一人暮らしするジムは、金がなくなり牧場まで取り上げられようとしていました。そんな時、国境を超える母と男の子を助けますが、追ってきた男たちとフェンス越しに銃撃戦になってしまいます。一人射殺し逃げたジムでしたが、ジムが殺したのはカルテルのボスの弟で、母が持っていたのはカルテルの金でした。国境を越えた母子を助けたことでカルテルに命を狙われるハメになる元海兵隊員を描いたスリラーアクション作品です。
監督:ロバート・ローレンツ 出演者:リーアム・ニーソン(ジム)、キャサリン・ウィニック(サラ)、テレサ・ルイズ(ローザ)、ファン・バブロ・ラバ(マリウシオ)、ジェイコブ・ペレス(ミゲル)ほか

「キングスマン:ファースト・エージェント」のネタバレあらすじ結末

キングスマン:ファースト・エージェントの紹介:2020年イギリス,アメリカ映画。表の顔は高貴なる英国紳士。裏の顔は、世界最強のスパイ組織『キングスマン』。国家に属さない秘密結社の最初の任務は、世界大戦を終わらせることだった。1914年。世界大戦を密かに操るのは『羊飼い』率いる闇の狂団。彼らに立ち向かうのは、英国貴族のオックスフォード公爵と息子コンラッド。人類破滅の危機が迫る中、戦争を止めることができるのか。マーク・ミラーとデイヴ・ギボンズのコミック『ザ・シークレット・サービス』を原作とする映画『キングスマン』シリーズの3作目。1作目、2作目の前日譚で第一次世界大戦前夜を舞台に、イギリスのスパイ組織『キングスマン』の誕生の秘話を描く。
監督:マシュー・ヴォーン 出演:レイフ・ファインズ(オーランド・オックスフォード公爵)、ハリス・ディキンソン(コンラッド・オックスフォード)、ジャイモン・フンスー(ショーラ)、ジェマ・アータートン(ポリー・ワトキンズ)、リス・エヴァンス(グレゴリー・ラスプーチン)、トム・ホランダー(イギリス国王ジョージ5世/ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世/ロシア皇帝ニコライ2世)、チャールズ・ダンス(ハーバート・キッチナー)、マシュー・グード(キャプテン・モートン/ジェパード)、ダニエル・ブリュール(エリック・ヤン・ハヌッセン)、ヴァレリー・パフナー(マタ・ハリ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(アーチー・リード)ほか

「リベンジ・ガン」のネタバレあらすじ結末

リベンジ・ガンの紹介:2014年アメリカ映画。カジノ強盗をして刑務所に入っていた4人が、10年後1000万ドルを持ったまま居なくなった仲間を探して砂漠の町に着きました。銃弾を受けた仲間は記憶を無くして保安官として生活していました。4人から追い込まれ、仲間を殺され家族にまでその手が及んだことから、男は再び銃を持って立ち向かうという内容の、現代風西部劇と言ってもいいガンアクション映画です。
監督:キース・パーマー 出演者:ジャン=クロード・ヴァン・ダム(スティルマン)、レニー・ジェームズ(ビショップ)、アルフレッド・モリナ(ドック)、ブラッド・カーター(マケイン)、カタリーナ・サンディノ・モレノ(カルメン)、ジョシュ・ヘンダーソン(ボイド)、トレイシー・ウォルター(ジョンソン)、グラント・バウラー(コール)ほか

「ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たち」のネタバレあらすじ結末

ブラッディ・ホワイト 白の襲撃者たちの紹介:2015年アメリカ映画。1年に一回の休暇を家族で楽しもうとしていた刑事ベンが呼び出されます。病院爆破テロの現場に着いたベンは、機動隊の3人と院内の調査中、中にいた犯人の爆弾を浴びて入院。何かおかしい病院内でベンは記憶をたどりながら調べ始め…という内容のオカルトホラータイプのスリラー映画です。
監督:ドリュー・ホール 出演者:クレイン・クロフォード(ベン)、イーサン・エンブリー(ダニエル・ドナー)、ミケルティ・ウィリアムソン(ミラー警部)、チェルシー・ブルーランド(ナース)、ゲイリー・グラッブス(ピーター・グレイソン警備員)ほか

「モータルコンバット」のネタバレあらすじ結末

モータルコンバットの紹介:2021年アメリカ映画。人気の対戦型格闘ゲーム『モータルコンバット』を、1995年以来約26年ぶりに再映画化した格闘技アクション映画です。
監督:サイモン・マッコイド 出演者:ルイス・タン(コール・ヤング)、ジェシカ・マクナミー(ソニア・ブレイド)、ジョシュ・ローソン(カノウ)、浅野忠信(ライデン)、メカッド・ブルックス(ジャクソン・ジャックス・ブリッグス)、ルディ・リン(リュウ・カン)、マックス・ハン(クン・ラオ)、チン・ハン(シャン・ツン)、ジョー・タスリム(ビ・ハン/サブゼロ)、ネイサン・ジョーンズ(レイコ)、シシ・ストリンガー(ミレーナ)、ダニエル・ネルソン(カバル)、デイモン・ヘリマン(カバル(声))、アンガス・サンプソン(ゴロー(声))、メル・ジャーンソン(ニタラ(声))、マチルダ・キャンバー(エミリー)、ローラ・ブレント(アリソン)、真田広之(ハサシ・ハンゾウ/スコーピオン)ほか

「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のネタバレあらすじ結末

ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジの紹介:2021年アメリカ映画。前作のその後、記者のエディはシンビオートのヴェノムとの共存生活に苦労をする。そんな中、連続殺人鬼として収監されているクレタスがエディに取材を指名。刑務所を訪れたエディに噛みつき、その血液を体内へ入れたクレタス。エディの血中に生息していたシンビオートがクレタスの体内で結合。おびただしい数の赤い触手が体内を蝕みカーネイジが誕生した。世に放たれたクレタスの目的は愛するフランシスの奪還。2人の狂気がひとつになろうとしている。
監督:アンディ・サーキス 出演:トム・ハーディ(エディ・ブロック/ヴェノム)、ミシェル・ウィリアムズ(アン・ウェイング)、ナオミ・ハリス(フランシス・バリソン)、リード・スコット(ダン・ルイス医師)、スティーヴン・グリアツ(マリガン刑事)、ペギー・ルー(ミセス・チェン)、ウディ・ハレルソン(クレタス・キャサディ/カーネイジ)ほか

「テン・ゴーカイジャー」のネタバレあらすじ結末

テン・ゴーカイジャーの紹介:2021年日本映画。スーパー戦隊シリーズ第35作記念作品として2011年~2012年にかけて放映された『海賊戦隊ゴーカイジャー』。本作はゴーカイジャー10周年を記念して製作された正式な続編であり、かつてのヒーローたちが賭けの対象とされている現在の地球を舞台に解散していたはずのゴーカイジャーの6人が再集結して壮絶な戦いを繰り広げます。
監督:中澤祥次郎 脚本:荒川稔久 原作:八手三郎、石ノ森章太郎 出演:小澤亮太(キャプテン・マーベラス)、山田裕貴(ジョー・キブケン)、市道真央(ルカ・ミルフィ)、清水一希(ドン・ハカセ・ドッゴイヤー)、小池唯(アイム・ド・ファミーユ)、池田純矢(伊狩鎧)、田村ゆかり(ナビィ(声))、福沢博文(ゴーカイレッド)、押川善文(ゴーカイブルー)、蜂須賀祐一(ゴーカイイエロー)、竹内康博(ゴーカイグリーン)、野川瑞穂(ゴーカイピンク)、佐藤太輔(ゴーカイシルバー)、細貝圭(益子田昭郎)、松本寬也(松本寬也)、関智一(リングアナ)、松原剛志(服部博人/バッドリー(声))、庄司浩平(クリスタリア宝路)、山崎潤(国防大臣)、坂田梨香子(綾小路鳳佳/レム(声))、吉田メタル(堀内礼図/アグダロス)、川野快晴(丹羽野将年)、清水らら(女子高生)、石井薫子(女子高生)ほか

「ゴールデン・スパイ」のネタバレあらすじ結末

ゴールデン・スパイの紹介:2013年中国,香港映画。2枚揃うと天文学的な価値がある『富春山居図』が、2枚揃って博物館で披露されることになります。2つの絵を狙ってドバイ、東京から盗み出そうとする2つの窃盗グループが動きはじめます。司令を受けた香港警察のショウは妻で保険会社の警備システム担当のリンと共に絵を守るための行動を起こしていましたが、そこへ美女リサが現れ、一目ぼれしたショウは任務をしながらも魅かれていきます…という内容の台湾、東京、ドバイを股にかけた窃盗グループとの戦いを描いたアクション映画です。
監督:旭正嗣 出演者:アンディ・ラウ (シォウ)、チャン・チンチュー(リン)、リン・チーリン(リサ)、トン・ダーウェイ(山本)、スーチン・ガオワー(女帝)ほか

「ウィズアウト・リモース」のネタバレあらすじ結末

ウィズアウト・リモースの紹介:2021年アメリカ映画。シリアからCIA工作員の救出に成功したジョンは、除隊し妊娠中の妻と穏やかな生活をしようとしていました。しかし同じ隊員たちが何者かに殺され、自身も襲われ妻が殺されてしまいます。ロシアが絡んでいる事を突き止めたCIAはジョンをメンバーに復帰させ、ロシアへ向かわせますが…。トム・クランシーの人気小説「ジャック・ライアン」シリーズの1作「容赦なく」を原作に作られたアクションサスペンス作品です。
監督:ステファノ・ソッリマ 出演者:マイケル・B・ジョーダン(ジョン・ケリー上級兵曹長)、ジェイミー・ベル(ロバート・リター)、ジョディ・ターナー=スミス(カレン・グリア少佐)、ローレン・ロンドン(パメラ・ケリー/パム)、ブレット・ゲルマン(ヴィクトル・ルイコフ)、ジェイコブ・スキーピオ(ハチェット)、ジャック・ケシー(サンダー)、コールマン・ドミンゴ(ウェスト牧師)、ガイ・ピアース(トーマス・クレイ国防長官)ほか

「SAS:反逆のブラックスワン」のネタバレあらすじ結末

SAS:反逆のブラックスワンの紹介:2021年イギリス, ハンガリー, オランダ, スイス映画。ウィルアム・ルイス率いる民間軍事会社ブラックスワンは、政府の要請にて村人を大量虐殺。それが公になってしまったため、英軍特殊空挺部隊SASのクレメンツは政府の陰謀を隠すためブラックスワン排除に取り掛かります。その裏切り行為に対抗するため、グレースは列車をハイジャックし、乗客を人質にとります。そこにSASに所属するトムが乗り合わせ、ブラックスワンに立ち向かいます。
監督: マグヌス・マーティス 出演:サム・ヒューアン(トム)、ルビー・ローズ(グレース)、アンディ・サーキス(クレメンツ)、ハナ・ジョン=カーメン(ソフィー)、トム・ホッパー(デクラン)、ほか

「エターナルズ」のネタバレあらすじ結末

エターナルズの紹介:2021年アメリカ映画。エターナルズとは、宇宙の創造主セレスティアルズより命を受け、7000年前に遠い惑星から地球にやってきた不死の超人たち。 彼らはディヴィアンツと呼ばれる凶悪な怪物から人類を守り、知恵を授け、人知れず導いてきた。長い時を経て現在仲間たちは世界中に散らばって暮らしていた。しかし、ある出来事によりかつてない脅威が迫り、7日後に地球が滅亡する危機に。戦略的リーダー・イカリスとその元恋人セルシは、バラバラになった仲間たちを終結させる。しかし、2人はチームを根底から揺るがす驚愕の秘密を知ることになる。ますます拡大を続けるマーベル・シネマティック・ユニバースがフェーズ4として新たにスタートさせたヒーローチーム。監督はアジア系女性として初のアカデミー賞を受賞したクロエ・ジャオ。独特の壮大な映像美で現代に神話を甦らせる。
監督:クロエ・ジャオ 出演:ジェンマ・チャン(セルシ)、リチャード・マッデン(イカリス)、クメイル・ナンジアニ(キンゴ)、リア・マクヒュー(スプライト)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ファストス)、ローレン・リドロフ(マッカリ)、バリー・コーガン(ドルイグ)、ドン・リー/マ・ドンソク(ギルガメッシュ)、ハーリッシュ・パテル(カルーン)、キット・ハリントン(デイン・ウィットマン)、サルマ・ハエック(エイジャック)、アンジェリーナ・ジョリー(セナ)ほか

「アーミー・オブ・シーブズ」のネタバレあらすじ結末

アーミー・オブ・シーブズの紹介:2021年ドイツ,アメリカ映画。金庫オタクのセバスティアンは、その金庫破りの技術を買われ、世界的な犯罪組織に加わることに。アメリカがゾンビで汚染されているニュースで話題になる中、伝説の錠前師ハンス・ワーグナーの傑作である金庫を破るため、奮闘します。Netflixで話題になったゾンビ映画『アーミー・オブ・ザ・デッド』のスピンオフ映画です。
監督: マティアス・シュヴァイクホファー 出演: マティアス・シュヴァイクホファー(セバスティアン)、ナタリー・エマニュエル(グウェンドリン)、ガズ・カーン(ロルフ)、ルビー・O・フィー(コリーナ)、スチュアート・マーティン(ブラッド・ケイジ)、ジョナタン・コーエン(ドラクロウ刑事)、中井ノエミ(ビアトリクス刑事)、ほか

「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」のネタバレあらすじ結末

ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカットの紹介:2021年アメリカ映画。スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマンなどDCコミックスのスーパーヒーローが一堂に会したオールスタームービー『ジャスティス・リーグ』(2017年公開)。本作は同作の製作途中で降板せざるを得なくなり、『アベンジャーズ』のジョス・ウェドン監督に残りを託したザック・スナイダー監督が、自身が本来構想していた内容通りにすべく再編集と追加撮影を施し、ファンやスタッフの熱望に応える形で公開したバージョンです。2時間ちょうどに短縮されたウェドン版『ジャスティス・リーグ』とは異なり、本作は6つのパートとエピローグの全7章で構成される4時間2分の超大作に仕上がりました。
監督:ザック・スナイダー 出演者:ベン・アフレック(ブルース・ウェイン/バットマン)、ヘンリー・カヴィル(カル=エル/クラーク・ケント/スーパーマン)、ガル・ガドット(ダイアナ・プリンス/ワンダーウーマン)、ジェイソン・モモア(アーサー・カリー/アクアマン)、エズラ・ミラー(バリー・アレン/フラッシュ)、レイ・フィッシャー(ビクター・ストーン/サイボーグ)、エイミー・アダムス(ロイス・レイン)、ジェレミー・アイアンズ(アルフレッド・ペニーワース)、ダイアン・レイン(マーサ・ケント)、コニー・ニールセン(ヒッポリタ女王)、リサ・ローベン・コングスリ(メナリッペ)、ウィレム・デフォー(ヌイディス・バルコ)、J・K・シモンズ(ジェームズ・ゴードン)、キアラン・ハインズ(ステッペンウルフの声)、ジェシー・アイゼンバーグ(レックス・ルーサーJr.)、アンバー・ハード(メラ)、ジョー・モートン(サイラス・ストーン)、カレン・ブライソン(エリノア・ストーン)、ハリー・レニックス(ジョン・ジョンズ/カルヴィン・スワンウィック国務長官/マーシャン・マンハンター)、キアシー・クレモンズ(アイリス・ウェスト)、チェン・カイ(ライアン・チョイ)、ピーター・ギネス(デサード)、レイ・ポーター(ユクサス/ダークサイド)、ジョー・マンガニエロ(スレイド・ウィルソン/デスストローク)、ビリー・クラダップ(ヘンリー・アレン)、カーラ・グギノ(クリプトン船のA.I.の声)、ロビン・ライト(アンティオペ将軍)、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(古代アトランティスの王)、フランシス・マギー(アーサー・ペンドラゴン)、セルジ・コンスタンス(ゼウス)、ニック・マッキンレス(アレス)、デヴィッド・シューリス(アレスの声)、オーロア・ラウゼラル(アルテミス)、マイケル・マケルハットン(テロリストのリーダー)、マーク・マクルーア(ベン・サドウスキー/ジェリー)、ラッセル・クロウ(ジョー=エルの声)、ケビン・コスナー(ジョナサン・ケントの声)、ジャレッド・レト(ジョーカー)ほか

1 2 3 4 5 6 93

キーワードから探す

TOP↑