アクション映画のあらすじ

「仮面ライダー THE WINTER MOVIE ガッチャード&ギーツ 最強ケミー★ガッチャ大作戦」のネタバレあらすじ結末

仮面ライダー THE WINTER MOVIE ガッチャード&ギーツ 最強ケミー★ガッチャ大作戦の紹介:2023年日本映画。令和仮面ライダーシリーズ第5作『仮面ライダーガッチャード』と前作(第4作)『仮面ライダーギーツ』のコラボレーション作品であり、平成ライダー期より続く『仮面ライダーMOVIE大戦』シリーズの第14作です。人工生命体ケミーの捜索を続けるガッチャード・一ノ瀬宝太郎たちと再び出現したジャマトに立ち向かうギーツ・浮世英寿たちの前に突如としてレベル10最強ケミーが現れたことをきっかけに、宝太郎と英寿たちはそれぞれチームを組んで“最強のケミー捕獲ゲーム”に挑むことに・・・。本作では『ガッチャード』テレビ本編に先駆け、ライダー史上初となる女性2号ライダー・仮面ライダーマジェードが先行登場しています。監督は『ギーツ』『ガッチャード』両作品に参加している山口恭平、脚本は『ガッチャード』の脚本を手がける内田裕基、脚本監修として『ギーツ』の脚本を手がけた高橋悠也が参加しています。主題歌は正体不明のユニット「blank paper」が手がけています。
監督:山口恭平 脚本:内田裕基(脚本監修:高橋悠也) 原作:石ノ森章太郎 出演者:本島純政(一ノ瀬宝太郎)、簡秀吉(浮世英寿)、松本麗世(九堂りんね)、藤林泰也(黒鋼スパナ)、安倍乙(銀杏蓮華)、富園力也(鶴原錆丸)、熊木陸斗(ミナト)、佐藤瑠雅(桜井景和)、星乃夢奈(鞍馬祢音)、杢代和人(吾妻道長)、青島心(ツムリ)、本宮泰風(釘宮リヒト)、南野陽子(一ノ瀬珠美)、石丸幹二(九堂風雅)、永徳(仮面ライダーガッチャード)、中田裕士(仮面ライダーギーツ)、下園愛弓(仮面ライダーマジェード)、福圓美里(ホッパー1)、高橋李依(クロスウィザード)、白上フブキ(ギーツケミー)、トム・コンスタンタイン(ジョン)、KENN(ビートルクス)、宮本充(リクシオン)、杉田智和(テンフォートレス)、甲斐田裕子(ゼグドラシル)、天﨑滉平 (エクシードファイター)、葉菜(コンスタンティン)、伊藤彩沙(ユニコン)、逢坂良太(ザ・サン)、小西克幸(ガッチャードライバー)、東雲はる(アルケミスドライバー)ほか

「OUT」のネタバレあらすじ結末

OUTの紹介:2023年日本映画。本作の監督を務める品川ヒロシ著の小説で映画化やテレビドラマ化された『ドロップ』の登場人物で、実在の人物である井口達也が自らの青年時代の実体験を描いた不良漫画『OUT』(作画: みずたまこと)の実写映画化作品です。少年院を出所した主人公・井口達也は更生生活を送ることになりましたが、西千葉を縄張りとする暴走族との出会いを機に抗争に巻き込まれていく姿を描きます。
監督・脚本:品川ヒロシ 原作:井口達也(ストーリー)、みずたまこと(作画) 出演者:倉悠貴(井口達也)、醍醐虎汰朗(丹沢敦司)、与田祐希(皆川千紘)、水上恒司(安部要)、與那城奨(長嶋圭吾)、大平祥生(目黒修也)、金城碧海(沢村良)、小柳心(田口勝)、久遠親(武藤将吾)、山崎竜太郎(今井啓二)、宮澤佑(下原一雅)、長田拓郎(下原孝二)、仲野温(下原賢三)、じろう(石戸)、大悟(少年院の教官)、庄司智春(焼肉屋「三塁」の客)、渡辺満里奈(伊丹静香(おばちゃん))、杉本哲太(伊丹九蔵(おじちゃん))ほか

「爆裂魔神少女 バーストマシンガール」のネタバレあらすじ結末

爆裂魔神少女 バーストマシンガールの紹介:2019年日本映画。スラム街のイシナリ地区の見世物小屋で、アイドルとしてステージに立つアミとヨシエの姉妹は、この地区を牛耳る人体売買の青山ダルマ率いるダルマ屋に、かつて臓器と腕を売られていました。そんな姉妹はダルマに復讐するため機会をうかがっていたのです。大ヒットバイオレンススプラッター作品「片腕マシンガール」を基に、過激にエンターティメント化させた作品です。
監督:小林勇貴 出演:搗宮姫奈(アミ)、花影香音(ヨシエ)、坂口拓(マツカタ)、北原里英(吉凶)、根岸季衣(青山ダルマ)、佐々木心音(カゴ)、住川龍珠(リュージ)ほか

「ビーチ・シャーク」のネタバレあらすじ結末

ビーチ・シャークの紹介:2011年アメリカ映画。砂を泳ぐ人喰いサメの現れたホワイトサンズ島に、町長の息子ジミーが帰って来ます。ジミーは一攫千金の為、ビーチで大学生を集め広大なパーティーを開く計画をしていました。開催の中止を迫る保安官ジョー達でしたが町長が賛成しパーティは始まります。人喰い鮫がいるのに、イベントを強行するというよくあるパターンのサメ映画ですが、この作品のサメは砂の中を泳ぐという新しい発想です。随所随所に名作映画のパロディもでてきます。
監督:マーク・アトキンス 出演者:コリン・ネメック(ジミー・グリーン)、ヴァネッサ・リー・エヴィガン(ブレンダ・ストーン保安官代理)、ブルック・ホーガン(サンディ・パワーズ)、エリック・スコット・ウッズ(ジョン・ストーン保安官)、ジーナ・ホールデン(アマンダ)ほか

「RePlay-Girls リプレイガールズ」のネタバレあらすじ結末

RePlay-Girls リプレイガールズの紹介:2010年日本映画。幼い事からの親友にいじめを受けた女子高生ミチは自殺を考え、自殺サイトにアクセスします。そこには自殺したい女子高生が参加する”リプレイガールズ”というゲームが用意され、ミチも参加します。集まった12人の女子高性のサバイバルゲームが始まったのでした。前半のいじめと自殺をテーマにした重く暗い展開から、後半は一気にスプラッターアクションに変貌する「死にたい美少女たちは生きるために戦った―」のキャッチコピーで公開されたYuki Saito監督の初めての長編作品です。
監督:Yuki Saito 出演者:外岡えりか(ミチ)、佐武宇綺(アリサ)、佐藤さくら(ハルナ)、小泉麻耶(リオ)、かの夏帆(カホ)、三浦萌(ワカナ)、小林香菜(マミ)、藤沢玲花(チヒロ)、真知りさ(コナツ)、水野神菜(モモ)、早麻ひかる(キヨミ)、藤波心(サヤ)、大坂俊介(ジツハラ)ほか

「ブラッド・オブ・ブラザース」のネタバレあらすじ結末

ブラッド・オブ・ブラザースの紹介:2012年アメリカ映画。父が殺され、行き場のなくなった3人兄弟。兄は叔父に殺し屋として育てられ、弟と妹は父の親友に育てられます。成人した兄が殺しを命じられた相手は、弟と武術を教える師範でした。兄は弟を殺すことが出来ず、逆に父を殺した男に復讐を誓います。ロサンゼルスを舞台に、アジア系マフィアの抗争に巻き込まれる兄弟の姿を描いた、武術アクション作品です。
監督:ビリー・ション 出演者:サラ・フレンチ(リン・チョウ)、ロッキー・ハー(ジミー)、アンガス・ハー(トミー)、ウィリアム・シオン(ジェームス)ほか

「みんな〜やってるか!」のネタバレあらすじ結末

みんな〜やってるか!の紹介:1994年日本映画。“世界のキタノ”こと北野武の監督作品通算5作目、“ビートたけし”名義としては初監督作となるコメディ作品です。女にモテたい一心の主人公の男が欲望のあまり異常な行動へと駆り立てられていく様を歴史上の実際の事件や様々な映画作品、時代劇、任侠映画、特撮などのパロディも交えつつ描いていく奇想天外なナンセンスコメディです。
監督・脚本:ビートたけし 出演:ダンカン(朝男)、そのまんま東(ヤクをチェックする博士)、ガダルカナル・タカ(パイロット)、つまみ枝豆(石川五右衛門)、ラッシャー板前(マッサージ師 目の不自由な男)、柳ユーレイ(ルパン)、玉袋筋太郎(臓器移植の子供)、水道橋博士(AV助監督)、大杉漣(殺し屋の先生)、寺島進(血まみれのヤクザ・流しの男)、白竜(オーディションの審査員)、芦川誠(透明人間推進協会・助手)、津田寛治(地球防衛軍隊員)、沢村一間(ポルシェの男)、立野しのぶ(ポルシェの女)、日野陽仁(自動車店店長)、芹澤名人(社長風の男 自動車店の客)、バス停の若い女(上野美津恵)、小池幸次(朝男の祖父のジジイ)、雨空トッポ(強盗)、雨空ライポ(臓器移植の子供)、横山あきお(鋳物工場のオヤジ)、絵沢萌子(鋳物工場のかみさん)、久保晶(銀行の部長)、 坂田雅彦(二枚目俳優)、松本コンチータ(二枚目俳優のファンの女)、ドリームかずよし(腹話術師)、上田耕一(「座頭市」の監督)、高木均(「座頭市」の俳優)、山本廉(埋蔵金ジジイ)、秋山見学者(原始人)、ノーカット星(原始人)、谷村好一(ヤクを買うヤクザ)、関山耕司(本物の殺し屋(宍戸ジョー))、不破万作(ヤクザ)、関根大学(ヤクザ)、結城哲也(親分(あかいわ))、南方英二(相手方の親分)、志茂山高也(相手方の幹部)、前田竹千代(相手方の幹部)、佐藤央之(ガキの使い)、宮部昭夫(大親分)、安藤麗二(相手方の拳銃遣い)、山根伸介(刀使い)、及川ヒロヲ(サラリーマン)、松金よね子(サラリーマンの妻)、谷体調(AVアニマル監督)、紺野透(地球防衛軍隊員)、曽田邦之(地球防衛軍隊員)、レミ(地球防衛軍隊員)、左時枝(朝男の母)、春木みさよ(朝男の妹)、佐竹チョイナチョイナ(裸で逃げる男)、水上竜士(チンピラ)、宮路年雄(宮路年雄)、岡田真澄(スターリン(トスカルビッチ))、小林昭二(地球防衛軍隊長)、ビートたけし(透明人間推進協会・博士)ほか

「マーベルズ」のネタバレあらすじ結末

マーベルズの紹介:2023年アメリカ映画。宇宙でひとり戦うキャロル・ダンヴァースのもとにニック・フューリーから連絡が入る。突然現れた不安定なジャンプポイントの調査をしてほしいとのこと。しかし対処したキャロルはジャンプポイントに触れた瞬間、不可解な現象に襲われてしまう。キャロルと、亡き親友の娘のモニカ・ランボー、そしてキャロルに憧れる高校生の新人ヒーロー、カマラ・カーンの3人の間で空間を越えた入れ替わり現象が起こったのだ。この事件の背後にはキャロルに恨みを抱く宿敵クリーの新司令官ダー・ベンの野望があった。宇宙を舞台に最強チーム“マーベルズ”の友情と冒険の物語。『キャプテン・マーベル』の続編で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の33作品目。
監督:ニア・ダコスタ 出演:ブリー・ラーソン(キャロル・ダンヴァース/キャプテン・マーベル)、テヨナ・パリス(モニカ・ランボー)、イマン・ヴェラーニ(カマラ・カーン/ミズ・マーベル)、ゾウイ・アシュトン(ダー・ベン)、パク・ソジュン(ヤン王子)、サミュエル・L・ジャクソン(ニック・フューリー)ほか

「SISU/シス 不死身の男」のネタバレあらすじ結末

SISU/シス 不死身の男の紹介:2023年フィンランド映画。第二次世界大戦末期のフィンランド。主人公のアタミは掘り当てた金塊を換金しに行く途中でナチス軍に見つかり狙われてしまいます。しかし、そのアタミこそがかつて単独で大軍を殲滅させた伝説の兵士、不死身の男だったのです。
監督:ヤルマリ・ヘランダー 出演:ヨルマ・トンミラ(アタミ・コルビ)、アクセル・へニー(ブルーノ・ヘルドロフ)、ジャック・ドゥーラン(ウルフ)、オンニ・トンミラ(シュルツ)、ミモサ・ヴィッラモ(アイノ)、ほか

「ゴジラ-1.0」のネタバレあらすじ結末

ゴジラ-1.0の紹介:2023年日本映画。日本が世界に誇る特撮映画『ゴジラ』シリーズの第37作(海外製作・アニメ版含む)、国産実写作品としては『シン・ゴジラ』(2016年)以来7年ぶりとなる第30作、そしてゴジラ生誕70周年記念作品であり、第1作『ゴジラ』が公開された1954年11月3日(ゴジラの日)にちなんで2023年11月3日に日本公開されました。本作は監督に『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどの山崎貴、主演に連続テレビ小説『らんまん』でも共演している神木隆之介と浜辺美波を迎え、時代設定を第1作(公開年・舞台設定ともに1954年)よりも前の太平洋戦争終戦直後とし、大戦を生き残った元特攻隊員や復興途中の日本がゴジラの脅威に立ち向かう様を描きます。 
監督・脚本:山崎貴 出演者:神木隆之介(敷島浩一)、浜辺美波(大石典子)、山田裕貴(水島四郎)、青木崇高(橘宗作)、吉岡秀隆(野田健治)、安藤サクラ(太田澄子)、佐々木蔵之介(秋津淸治)、田中美央(堀田辰雄)、遠藤雄弥(齋藤忠征)、飯田基祐(板垣昭夫)、水谷咲笑(明子)ほか

「オペレーション・フォーチュン」のネタバレあらすじ結末

オペレーション・フォーチュンの紹介:2023年アメリカ, イギリス映画。英国諜報機関MI6御用達の敏腕エージェント、オーソン・フォーチュンへの新たなミッションは、“ハンドル”と呼ばれるアイテムを追跡し、回収することだった。“ハンドル”が何かは知らされておらず、100億ドルで取引されるとてつもなくヤバいブツという情報のみ。フォーチュンはMI6のコーディネーター・ネイサンや毒舌の天才ハッカー・サラ、新米スナイパーのJJという即席チームを率いてミッションを開始した。能天気なハリウッドスターのダニー・フランチェスコをむりやり任務に巻き込んで、武器商人グレッグに接近。次第に明らかになっていく巨大な陰謀とは。
監督:ガイ・リッチー 出演:ジェイソン・ステイサム(オーソン・フォーチュン)、オーブリー・プラザ(サラ・フィデル)、ジョシュ・ハートネット(ダニー・フランチェスコ)、ケイリー・エルウィズ(ネイサン)、バグジー・マローン(JJデイヴィス)、エディ・マーサン(ナイトン)、ヒュー・グラント(グレッグ・シモンズ)ほか

「特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER」のネタバレあらすじ結末

特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTERの紹介:2015年日本映画。2004年から2005年にかけて放送された「スーパー戦隊シリーズ」第28作『特捜戦隊デカレンジャー』。本作はテレビ本編から10年後を舞台にした10周年記念作として製作され、オリジナルキャストが再集結、宇宙警察地球署を揺るがす陰謀にデカレンジャーが立ち向かう様を描きます。なお、2024年には20周年記念作『特捜戦隊デカレンジャー 20th ファイヤーボール・ブースター』の公開が決定しています。
監督:竹本昇 脚本:荒川稔久 原作:八手三郎 出演&声優:さいねい龍二(赤座伴番(バン))、林剛史(戸増宝児(ホージー))、伊藤陽佑(江成仙一(センちゃん))、木下あゆ美(日渡茉莉花(ジャスミン))、菊地美香(胡堂小梅(ウメコ))、吉田友一(姶良鉄幹(テツ))、稲田徹(ドギー・クルーガー)、石野真子(白鳥スワン)、小林里乃(キャリー)、栩原楽人(アサム・アシモフ)、秦瑞穂(ムギ・グラフトン)、筒井巧(キャリーの父)、上村祐翔(日渡氷狩)、中尾隆聖(クローンアブレラ)、中井和哉(イーガロイド)、小山力也(カイト・レイドリッヒ/アリエナイザーX)、ささきいさお(マイケル・マイクソン)、古川登志夫(ナレーション)ほか

「イコライザー THE FINAL」のネタバレあらすじ結末

イコライザー THE FINALの紹介:2023年アメリカ映画。デンゼル・ワシントンが闇の仕置人マッコールを演じるアクション映画『イコライザー』シリーズの第3作であり最終章です。本作は舞台をイタリアに移し、住民を苦しめるマフィアとの最後の戦いに挑むマッコールの姿を描きます。本作のゲストヒロインを演じたダコタ・ファニングはデンゼル・ワシントンとは『マイ・ボディガード』(2004年)以来19年ぶりの共演となりました。
監督:アントワーン・フークア 出演者:デンゼル・ワシントン(ロバート・マッコール)、ダコタ・ファニング(エマ・コリンズ)、エウジェニオ・マストランドレア(ジオ・ボヌッチ)、デヴィッド・デンマン(フランク・コンロイ)、ソニア・ベン・アマル(キアラ・ボヌッチ)、レモ・ジローネ(エンゾ・アリシオ)、ガイア・スコデラーロ(アミーナ)、アドルフォ・マルジオッタ(バレラ警部)、ブルーノ・ビロッタ(ロレンゾ・ヴィターレ)、デア・ランザロ(ガビー)、ダニエレ・ペローネ(アンジェロ)、アンドレア・スカルデュジオ(ヴィンセント・クアランタ)、アンドレア・ドデロ(マルコ・クアランタ)ほか

「グランツーリスモ」のネタバレあらすじ結末

グランツーリスモの紹介:2023年アメリカ映画。世界的大ヒットのリアルドライビングシミュレーター、“グランツーリスモ”のプレイに夢中なヤン。父からは「現実を見ろ」とあきれられる日々だったが、ある日ヤンにビックチャンスが訪れる。世界中から集められたグランツーリスモのプレイヤーたちを、本物の国際カーレーサーとして育成するため、競い合わせて選抜するプログラム『GTアカデミー』の参加権を得たのだ。バーチャルなゲームの世界では百戦錬磨のトッププレイヤーたちが、想像を絶するトレーニングやアクシデントを乗り越えて夢へ向かって走り出す、実話をもとにしたストーリー。
監督:ニール・ブロンカンプ 出演:デヴィッド・ハーバー(ジャック・ソルター)、オーランド・ブルーム(ダニー・ムーア)、アーチー・マデクウィ(ヤン・マーデンボロー)、ジャイモン・フンスー(スティーヴ・マーデンボロー)、ダレン・バーネット(マティ・デイヴィス)、ジェリ・ハリウェル・ホーナー(レスリー・マーデンボロー)、平岳大(山内一典)、ヨシャ・ストラドフスキー(ニコラス・キャパ)ほか

「ジョン・ウィック:コンセクエンス」のネタバレあらすじ結末

ジョン・ウィック:コンセクエンスの紹介:2023年アメリカ映画。キアヌ・リーブスが伝説の殺し屋を演じるアクション映画『ジョン・ウィック』シリーズの第4弾です。裏社会の掟を破ったことで全世界の殺し屋たちから命を狙われることとなった主人公ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は自由の身となるべく組織との決着をつけることを決意、ニューヨーク・大阪・ベルリン・パリで壮絶な死闘に臨みます。『イップ・マン』『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』などのドニー・イェン、『IT/イット』シリーズなどのビル・スカルスガルド、真田広之らが参戦しています。
監督:チャド・スタエルスキ 出演者:キアヌ・リーブス(ジョン・ウィック)、ドニー・イェン(ケイン)、ビル・スカルスガルド(ヴィンセント・ビセ・ド・グラモン侯爵)、イアン・マクシェーン(ウィンストン)、ローレンス・フィッシュバーン(バワリー・キング)、真田広之(シマヅ・コウジ)、リナ・サワヤマ(アキラ)、シャミア・アンダーソン(トラッカー/ミスター・ノーバディ)、ランス・レディック(シャロン)、スコット・アドキンス(キーラ)、マルコ・サロール(チディ)、ナタリア・テナ(カティア)、クランシー・ブラウン(告知人)、ジョージ・ゲオルギウ(首長)ほか

1 2 3 4 5 6 100

キーワードから探す

TOP↑