アクション映画のあらすじ

「クリード 過去の逆襲」のネタバレあらすじ結末

クリード 過去の逆襲の紹介:2023年アメリカ映画。ボクシング映画の金字塔『ロッキー』シリーズでロッキー・バルボアのライバルであり親友だったアポロ・クリードの息子アドニスを主人公にしたスピンオフ『クリード』シリーズの第3作です。本作ではアドニス役のマイケル・B・ジョーダン自らメガホンを執って映画監督デビューを果たし、ボクサーとして名声全てを手に入れて一度は引退したアドニスとかつての親友の再会を軸に、今まで語られなかったアドニスの過去が明かされていきます。アドニスの元親友役は『マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)』で征服者カーンを演じるジョナサン・メジャースが演じています。
監督:マイケル・B・ジョーダン 出演者:マイケル・B・ジョーダン(アドニス・クリード)、テッサ・トンプソン(ビアンカ・クリード)、ウッド・ハリス(リトル・デューク)、フロリアン・ムンテアヌ(ヴィクター・ドラゴ)、ミラ・デイヴィス=ケント(アマーラ・クリード)、フィリシア・ラシャド(メアリー・アン・クリード)、ホセ・ベナビデス・Jr(フェリックス・チャベス)、セレニス・レイバ(ローラ・チャベス)、アンソニー・ベリュー(“プリティ” リッキー・コンラン)、テレンス・クロフォード(本人役)、タデウス・J・ミクソン(アドニス・クリード(15歳時))、スペンス・ムーア2世(デイミアン・アンダーソン(18歳時))、ジョナサン・メジャース(“ダイヤモンド” デイミアン(デイム)・アンダーソン)ほか

「聖闘士星矢 The Beginning」のネタバレあらすじ結末

聖闘士星矢 The Beginningの紹介:2023年日本, アメリカ映画。かつて大人気漫画となった車田正美の代表作「聖闘士星矢」をハリウッドで実写映画化した作品。地下闘技場で謎の鎧集団に襲われた星矢が、自らの運命を知り、やがてアテナの生まれ変わりであるシエナを守るための戦いに立ち向かっていく様を描いています。
監督:トメック・バギンスキー 出演:新田真剣佑(星矢)、ファムケ・ヤンセン(ヴァンダー・グラード)、マディソン・アイズマン(シエナ)、ディエゴ・ティノコ(ネロ)、マーク・ダカスコス(マイロック)、ニック・スタール(カシオス)、ショーン・ビーン(アルマン・キド)、ほか

「ツイスター2008」のネタバレあらすじ結末

ツイスター2008の紹介:2008年アメリカ映画。シアトルで発生した巨大竜巻を前に、気象学者の女性が家族との関係を見つめ直していくパニック&アクション。幼い頃竜巻によって両親を亡くしたエイプリルは、以来竜巻の研究に取りつかれ気象学者となっていた。仕事を優先するあまり、一人娘ダナとの間には気まずい溝が出来ている。そんなある日、エイプリルは弟ショーンを訪ねダナと共にシアトルへ向かった。ところがシアトルに到着すると、異常気象のため竜巻が発生。エイプリルはまたしても仕事に没頭してしまい、怒ったダナは不良青年ライアンと付き合い始める。ダナの身の危険を察知したエイプリルは娘を必死に探すが、その前に巨大竜巻が立ち塞がるのだった。
監督:スティーヴン・R・モンロー 出演者:ミミ・ロジャース(エイプリル)、ロバート・モロニー(ショーン)、アンドリュー・エアリー(トラビス)、ライアン・ケネディ(ライアン)、エリス・レヴェスク(ダナ)ほか

「フロム デプス」のネタバレあらすじ結末

フロム デプスの紹介:2003年アメリカ映画。DNA操作により巨大化したサメの恐怖を描くパニック&アクション。海洋生物学者のデーンは、アトランティス大陸探索の資金を得るため、相棒ロビンと共に多くの詐欺を働いていた。そんなある日、デーンは父親の仇である富豪サマービルに拉致される。彼はバミューダトライアングルの海底基地と連絡が取れなくなったことを説明し、その調査に同行するよう依頼して来たのだ。渋々依頼を受けたデーンは、ロビン達と共に潜水艦で海底基地へ向かう。ところがそこには恐ろしい怪物が待ち受けていた。海軍が極秘で開発していた巨大なサメが、次々とデーン達に襲いかかる。
監督:フィリップ・ロス 出演者:ロレンツォ・ラマス(デーン・クォントレル)、シモーネ・ジェイド・マッキノン(ロビン・ターナー)、ブルース・グレイ(アリスター・サマービル)、ジェフリー・ゴーマン(ジョン・ミクロス)、ステファン・リセンコ(ヤーボロウ船長)ほか

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3」のネタバレあらすじ結末

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3の紹介:2023年アメリカ映画。サノスとの闘いで最愛の恋人ガモーラを失ったショックから立ち直れないピーターが率いるガーディアンズは、本拠地ノーウェアで暮らしていた。ある夜、全身が金色の謎の男に奇襲され、応戦するもロケットが重傷を負い、命を失う危機に陥ってしまう。その上、ロケットの身体にはキルスイッチが埋め込まれていたため治療をすることができない。大切な仲間の命を救う鍵は、彼の過去に隠されていた。
監督:ジェームズ・ガン 出演:クリス・プラット (スター・ロード/ピーター・クイル)、ブラッドリー・クーパー (ロケット)、ヴィン・ディーゼル (グルート)、ゾーイ・サルダナ (ガモーラ)、カレン・ギラン (ネビュラ)、デイヴ・バウティスタ (ドラックス)、ポム・クレメンティエフ (マンティス)、ショーン・ガン(クラグリン)、チャック・イウジ(ハイ・エボリューショナリー)、ウィル・ポールター(アダム・ウォー)、マリア・バカローヴァ(コスモ)、ダニエラ・メルシオール(ウラ)、シルヴェスター・スタローン(スタカール・オゴード)ほか

「ファイナル・リベンジ」のネタバレあらすじ結末

ファイナル・リベンジの紹介:2021年イタリア映画。刑務所で弁護士と名乗る男から特赦で釈放だと言われたセルジョ。弁護士は特赦の代わりにオレの仕事をやるんだと言います。指示されるがまま高級住宅のミケーレ邸へ乗り込んだセルジョでしたが、探せといわれている書類は出てきませんでした。イタリア・ブラジル合作のバイオレンスサスペンスで、どんでん返しもありテンポのいい面白い作品です。
監督:ガブリエル・アルバネージ 出演:フォルトゥナート・チェルリーノ(カリゴラ)、マルコ・ボッチ(セルジョ)、ペピーノ・マッツォッタ(ミケーレ)、アマンダ・カンパーナ(フィオーレ)、マリア・フェルナンダ・カーンヂド(ダミアナ)、ブルーノ・コンティ(カサグランデ)ほか

「ドライブ・アングリー」のネタバレあらすじ結末

ドライブ・アングリーの紹介:2010年アメリカ映画。カルト教団に孫娘をさらわれ、取り返そうと信者たちを殺しながら追いかけるミルトンと、ミルトンを車に乗せたことがきっかけで、暴力彼氏から助けてもらったパイパー。パイパーが途中で警官を殺してしまったため、ミルトンについて行く羽目になりカルト教団と警察、そして謎の監査役を相手に銃撃戦を繰り返しながら車で走って行くという内容の、アクション作品です。
監督:パトリック・ルシエ 出演者:ニコラス・ケイジ(ジョン・ミルトン)、アンバー・ハード(パイパー)、ウィリアム・フィクナー(監査役)、ビリー・バーク(ジョナ・キング)、シャーロット・ロス(キャンディ)、トム・アトキンス(警部)ほか

「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命」のネタバレあらすじ結末

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 運命の紹介:2023年日本映画。大人気漫画、東京リベンジャーズの実写劇場版の第2弾、原作でも人気の高い『血のハロウィン編』を前後編の二部作に分けた前編にあたります。前作の原作の再現度は変わらずに、さらにパワーアップした展開は見どころたっぷりです。
監督:英勉 原作:和久井健 出演:北村匠海(タケミチ)、山田裕貴(ドラケン)、杉野遥亮(ナオト)、今田美桜(ヒナタ)、鈴木伸之(キヨマサ)、眞栄田郷敦(三ツ谷)、清水尋也(半間)、磯村勇斗(アッくん)、高良健吾(真一郎)、永山絢斗(場地)、村上虹郎(一虎)、高杉真宙(千冬)、間宮祥太朗(稀咲)、吉沢亮(マイキー)、ほか

「暴太郎戦隊ドンブラザーズVSゼンカイジャー」のネタバレあらすじ結末

暴太郎戦隊ドンブラザーズVSゼンカイジャーの紹介:2023年日本映画。2022年~2023年にかけて放映された、スーパー戦隊シリーズ第46作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』と第45作『機界戦隊ゼンカイジャー』のコラボ作品です。数ある戦隊作品のなかでもカオスな作風でファンに衝撃を与え続けてきた両戦隊が縁を結んだ時、まさかの奇跡が起こる・・・?! 本作の時間軸はドンブラザーズのテレビ本編最終回の1年後および『機界戦隊ゼンカイジャーVSキラメイジャーVSセンパイジャー』(2022年)の後となり、「ゼンカイジャー編」「ドンブラザーズ編」「VS編」の三部構成となっています。
監督:渡辺勝也 脚本:井上敏樹、香村純子 原作:八手三郎(スペシャルサンクス:石ノ森章太郎) 出演:樋口幸平(桃井タロウ/ドンモモタロウ)、駒木根葵汰(五色田介人(ゼンカイジャー)/五色田介人(マスター)/ゼンカイザー)、別府由来(猿原真一/サルブラザー)、志田こはく(鬼頭はるか/オニシスター)、柊太朗(犬塚翼/イヌブラザー)、鈴木浩文(雉野つよし/キジブラザー)、石川雷蔵(桃谷ジロウ/ドンドラゴクウ)、富永勇也(ソノイ)、宮崎あみさ(ソノニ)、タカハシシンノスケ(ソノザ)、浅沼晋太郎(ジュラン/ゼンカイジュラン)、梶裕貴(ガオーン/ゼンカイガオーン)、宮本侑芽(マジーヌ/ゼンカイマジーヌ)、佐藤拓也(ブルーン/ゼンカイブルーン)、増子敦貴(ゾックス・ゴールドツイカー/ツーカイザー)、森日菜美(フリント・ゴールドツイカー)、世古口凌(ステイシー/ステイシーザー)、村瀬歩(ドンムラサメ)、福圓美里(セッちゃん)、榊原郁恵(五色田ヤツデ)、川岡大次郎(五色田功/ハカイザー)、甲斐まり恵(五色田美都子)、鈴木崚汰(カッタナー・ゴールドツイカー)、松田颯水(リッキー・ゴールドツイカー)、新田桃子(倉持夏美)、滝晃太朗(山田部長)、喜多川2tom(スーさん)、高田将司(朝田刑輔)、朝乃あかり(朝田ひかり)、水野千春(大野稔の母)、能登麻美子(マザー)、榊原卓士(大野稔/王様鬼/機界鬼)、阿部敦(カシワモチワルド)ほか

「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のネタバレあらすじ結末

アントマン&ワスプ:クアントマニアの紹介:2023年アメリカ映画。マーベル・コミックのヒーローのひとりである伸縮自在のヒーロー・アントマンを描いたシリーズ第3作であり、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」第31作です。アベンジャーズの一員として一躍時の人となった主人公アントマンは最愛の娘や相棒らを巻き込んで未知の量子世界に潜む最凶最悪の征服者と対峙することに・・・。
監督:ペイトン・リード 出演者:ポール・ラッド(スコット・ラング/アントマン)、エヴァンジェリン・リリー(ホープ・ヴァン・ダイン/ワスプ)、キャスリン・ニュートン(キャシー・ラング)、ミシェル・ファイファー(ジャネット・ヴァン・ダイン)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム)、デヴィッド・ダストマルチャン(ヴェブ)、ケイティ・オブライアン(ジェントーラ)、ウィリアム・ジャクソン・ハーパー(クアズ)、ビル・マーレイ(クライラー卿)、コリー・ストール(ダレン・クロス/M.O.D.O.K.)、ランドール・パーク(ジェームズ・“ジミー”・E・ウー)、グレッグ・ターキンソン(デイル)、オーウェン・ウィルソン(メビウス・M・メビウス)、トム・ヒドルストン(ロキ)、ジョナサン・メジャース(征服者カーン/ラマ・タト/イモータス/センチュリオン/ヴィクター・タイムリー)ほか

「リバイスForward 仮面ライダーライブ&エビル&デモンズ」のネタバレあらすじ結末

リバイスForward 仮面ライダーライブ&エビル&デモンズの紹介:2022年日本映画。2021年~2022年にかけて放映された令和仮面ライダーシリーズ第3作・仮面ライダー生誕50周年記念作『仮面ライダーリバイス』のスピンオフ作品です。本作はテレビ本編最終回後および2022年公開映画『仮面ライダーギーツ×リバイス MOVIEバトルロワイヤル』のその後を舞台とし、『リバイス』主人公のひとりである五十嵐一輝(仮面ライダーリバイ)の弟・大二(仮面ライダーライブ/仮面ライダーエビル)と門田ヒロミ(仮面ライダーデモンズ)を主役とした新たなる戦いが描かれます。監督は数多くの特撮作品(仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズ/パワーレンジャー、ウルトラマン)などを手がける坂本浩一です。
監督:坂本浩一 原作:石ノ森章太郎 出演者:日向亘(五十嵐大二/カゲロウ)、小松準弥(門田ヒロミ/ムラマサ)。高橋良輔(市村景孝)、芹沢凛(留美)、伊万里有(染井俊一郎)、梶原颯(ユキオ)、松田リマ(マリコ)、永徳(仮面ライダーライブ)、縄田雄哉(仮面ライダーエビル)、小森拓真(仮面ライダーライブ)、宮島咲良(キャスター)、どうきひろし(ラーメン屋店主)、宇治清高(田淵竜彦)、八条院蔵人(玉置豪)、関隼汰(オルテカ)、田邊和也(若林優次郎)、井本彩花(五十嵐さくら)、椛島光(夏木花)、濱尾ノリタカ(ジョージ・狩崎)、前田拳太郎(五十嵐一輝)ほか

「スーパーマリオ/魔界帝国の女神」のネタバレあらすじ結末

スーパーマリオ/魔界帝国の女神の紹介:1993年アメリカ映画。全世界的な人気を誇る任天堂のゲーム『スーパーマリオ』シリーズの映像化作品です。『スーパーマリオブラザーズ ピーチ姫救出大作戦!』(1986年)に続く2度目の映像化となる本作は初の実写作品となり、マリオとルイージの兄弟が悪の帝王クッパが支配する地下世界を冒険する様を描きます。
監督:ロッキー・モートン、アナベル・ヤンケル 出演者:ボブ・ホスキンス(マリオ)、ジョン・レグイザモ(ルイージ)、デニス・ホッパー(クッパ)、サマンサ・マシス(デイジー)、フィッシャー・スティーヴンス(イギー)、リチャード・エドソン(スパイク)、フィオナ・ショウ(レナ)、ダナ・カミンスキー(ダニエラ)、モジョ・ニクソン(トード)、ジャンニ・ルッソ(スカペリ)、フランチェスカ・P・ロバーツ(ビッグ・バーサ)、ランス・ヘンリクセン(王)、ドン・レイク(サイモン巡査部長)、プレストン・レーン(ジェームズ)、ロバート・D・レインフォード(TVアナウンサー)、パット・ノーデイ(リポーター)、マシュー・ザッカリー・ホプキンス(スネークピザの店員)、フランク・ウェルカー(ヨッシーの声/グンバの声)、ダン・カステラネタ(ナレーション)ほか

「シン・仮面ライダー」のネタバレあらすじ結末

シン・仮面ライダーの紹介:2023年日本映画。日本を代表する特撮ドラマシリーズ『仮面ライダー』生誕50周年記念作品です。監督・脚本に『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズなどの庵野秀明、主演に池松壮亮を迎え、1971年~1973年に放映されたテレビシリーズ第1作『仮面ライダー』をベースにした新たなライダーの物語が描かれます。
監督・脚本:庵野秀明 原作:石ノ森章太郎 出演者:池松壮亮(本郷猛/仮面ライダー/第1バッタオーグ)、浜辺美波(緑川ルリ子)、柄本佑(一文字隼人/仮面ライダー第2号/第2バッタオーグ)、森山未來(緑川イチロー/仮面ライダー第0号/チョウオーグ)、西野七瀬(ヒロミ/ハチオーグ)、塚本晋也(緑川弘)、松尾スズキ(SHOCKER創設者)、手塚とおる(コウモリオーグ)、本郷奏多(カマキリ・カメレオン(K.K)オーグ)、上杉柊平(ハチオーグの手下の背広の男)、市川実日子(緑川イチローの母)、大森南朋(クモオーグの声)、松坂桃李(ケイの声)、長澤まさみ(サソリオーグ)、仲村トオル(本郷猛の父)、安田顕(犯人)、斎藤工(滝和也)、竹野内豊(立花藤兵衛)ほか

「シャザム!~神々の怒り~」のネタバレあらすじ結末

シャザム!~神々の怒り~の紹介:2023年アメリカ映画。魔術師から神々の力を授けられたビリー・バットソンと義兄弟たちは、その能力を使ってフィラデルフィアの平和を守っていた。しかし、前作の激闘により魔術師の杖が折れたことで神々の領域が衰退。怒り狂った神アトラスに命じられ地球侵略を開始したヘスペラとカリプソ姉妹は地球に生命の種を植え付け、ドラゴンやサイクロプスなどのモンスターを次々と送り込む。果たしてシャザムは世界を救うことができるのか?前作『シャザム!』の続編であり、急拡大を続ける「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」の第12作目。
監督:デビッド・F・サンドバーグ 出演:ザッカリー・リーヴァイ(シャザム)、アッシャー・エンジェル(ビリー・バットソン)、ジャック・ディラン・グレイザー(フレディ・フリーマン)、レイチェル・ゼグラー(アンテア)、アダム・ブロディ(スーパーフレディ)、ロス・バトラー(スーパーユージーン)、ミーガン・グッド(スーパーダーラ)、D・J・コトローナ(スーパーペドロ)、グレイス・キャロライン・カリー(メアリー・ブロムフィールド/スーパーメアリー)、フェイス・ハーマン(ダーラ・ダドリー)、イアン・チェン(ユージーン・チョイ)、ジャバン・アルマンド(ペドロ・ペーニャ)、ルーシー・リュー(カリプソ)、ジャイモン・フンスー(魔術師)、ヘレン・ミレン(ヘスペラ)ほか

「ブラックライト」のネタバレあらすじ結末

ブラックライトの紹介:2021年オーストラリア映画。ベトナム帰還兵の老練トラビスは、元上官だったFBI長官・ガブリエルの下でフィクサーをやっています。そんな時、同じフィクサーで行方不明になっていたクレンが拳銃所持と暴行罪で逮捕されます。ガブリエルはトラビスに引退と引き換えにクレンを連れ戻すことを命じます。クレンを追うトラビスでしたが、やがてジャーナリストのミラに会い、自分たちが罪のない民間人殺しに使われていることを知ります。政府とFBIに使われていた男が、秘密を知ったことで娘と孫を誘拐され命がけで取り戻そうとするサスペンスアクション作品です。
監督:マーク・ウィリアムズ 出演者:リーアム・ニーソン(トラビス・ブロック)、エイダン・クイン(ガブリエル・ロビンソン)、テイラー・ジョン・スミス(ダスティ・クレン)エミー・レイバー=ランプマン(ミラ)、クレア・ヴァン・ダー・ブーム(アマンダ・ブロック)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 9 100

キーワードから探す

  • 人気記事ランキング

    まだデータがありません。

TOP↑