Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サスペンス映画のあらすじ

サスペンス映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までサスペンス映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「県警対組織暴力」のネタバレあらすじ結末

県警対組織暴力の紹介:1975年日本映画。広島県倉島市におけるヤクザ抗争と、ヤクザと癒着しながらも共存をはかる刑事たちの関係を赤裸々に描いた深作欣二監督の新境地の作品です。仁義なき戦いシリーズの俳優たちが出演し、ここでいう県警とは広島県警察がモデルになっていると言われています。
監督:深作欣二 出演者:菅原文太(久能徳松)、梅宮辰夫(海田昭一)、佐野浅夫(吉浦勇作)、山城新伍(河本靖男)、松方弘樹(広谷賢次)、遠藤太津朗(大原武男)、室田日出男(柄原進吾)、成田三樹夫(川手勝美)、川谷拓三(松井卓)、金子信雄(友安政市)ほか

「顔」のネタバレあらすじ結末

顔の紹介:1957年日本映画。列車から、邪魔な男を突き落として殺した秋子は、自分に都合のいい男を利用して、ファッションモデルのスターにまでのし上がっていました。しかし秋子の周りには、刑事と列車殺人の目撃者の石岡がうろつきはじめ・・・という内容の岡田茉莉子が悪女を演じる、松本清張原作のサスペンス映画です。
監督:大曾根辰夫 原作:松本清張 出演:大木実(石岡三郎)、岡田茉莉子(水原秋子)、笠智衆(長谷川刑事)、森美樹(江波彰)、宮城千賀子(三村容子)、内田良平(前田記者)、山内明(飯島哲次)、千石規子(久子)ほか

「MR.LONG/ミスター・ロン」のネタバレあらすじ結末

MR.LONG/ミスター・ロンの紹介:2017年日本,香港,台湾,ドイツ映画。『ポストマン・ブルース』『天の茶助』などのSABU監督と『グリーン・デスティニー』『レッドクリフ』などの台湾の実力派俳優チャン・チェンがタッグを組んだハートウォーミング・バイオレンス映画です。日本での仕事に失敗して逃亡した台湾の殺し屋が、彼を迎え入れた田舎町の人々との交流を通じて人間らしさを取り戻していく様を描きます。
監督:SABU 出演者:チャン・チェン(ミスター・ロン)、青柳翔(賢次)、イレブン・ヤオ(リリー)、バイ・ルンイン(ジュン)、有福正志(平助)、諏訪太朗(忠雄)ほか

「復讐のセクレタリー」のネタバレあらすじ結末

復讐のセクレタリーの紹介:2015年フランス, ベルギー, ルクセンブルク映画。交通事故で息子を失った母親が復讐のため加害者の一家に近づき、やがて常軌を逸した彼女は加害者の息子を我が子と混同し、息子を取り戻すため一家を排除しようとする。
監督:クリストフ・アリ 出演者:ナタリー・バイ(マリー)、マリック・ジディ(トマ)、ヨハン・レイゼン(エリック)、サブリナ・セヴク(オドレイ)、ジーン・スタン・デュ・パック(レオ)ほか

「隣人は静かに笑う」のネタバレあらすじ結末

隣人は静かに笑うの紹介:1998年アメリカ映画。大学で米国史を教える教授が越してきたばかりの向かいの一家と親しくなるが、彼らの恐るべき陰謀を知り巻き込まれていく、なんとも後味の悪い結末のサスペンス。
監督:マーク・ペリントン 出演:ジェフ・ブリッジス(マイケル・ファラディ)、ティム・ロビンス(オリヴァー・ラング)、ジョーン・キューザック(シェリル・ラング)、ホープ・デイヴィス(ブルック・ウルフ)、ロバート・ゴセット(ホイット・カーヴァー)、メイソン・ギャンブル(ブラディ・ラング)、スペンサー・トリート・クラーク(グラント・ファラディ)、スタンリー・アンダーソン(アーチャー・スコビー)、ほか

「山羊座のもとに」のネタバレあらすじ結末

山羊座のもとにの紹介:1949年イギリス映画。イギリスの流刑地だった19世紀のオーストラリアを舞台としたメロドラマ。『ガス燈』でイングリッド・バーグマンと共演したジョゼフ・コットンが再び彼女の相手役となる。『巌窟の野獣』以来のイギリスでの撮影となった本作はヒッチコックの自他共に認める失敗作という評価が一般的だが、『赤い靴』等のカメラマンであるジャック・カーディフのテクニカラー撮影等見どころはたっぷり。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演者:イングリッド・バーグマン(ヘンリエッタ・フラスキー)、ジョゼフ・コットン(サム・フラスキー)、マイケル・ワイルディング(チャールズ・アデア)、マーガレット・レイトン(ミリー)、セシル・パーカー(総督)その他

「疑惑の影」のネタバレあらすじ結末

疑惑の影の紹介:1942年アメリカ映画。カリフォルニアのある街で家族と平凡に暮らしているチャーリーは、突然訪れた叔父に秘密があることを感じとる。やがてチャーリーは叔父に未亡人殺しの容疑があることを知る。チャーリーだけが日常の中で叔父の殺人の疑惑にさいなまれていく様を描く。ヒッチコックの代表作のひとつで、日本では戦後すぐに公開されて好評を得た。ヒッチコック作品の中では、ドメスティックな異常心理ものという点で、2年前(1941年)に作った「断崖」と似た題材になっている。
監督:アルフレッド・ヒッチコック 出演:テレサ・ライト(チャーリー・ニュートン)、ジョゼフ・コットン(チャールズ・オークリー)、マクドナルド・ケリー(ジャック・グラハム)、パトリシア・コリンジ(エマ・ニュートン)、ヘンリー・トラヴァース(ジョセフ・ニュートン)、ほか

「亡国のイージス」のネタバレあらすじ結末

亡国のイージスの紹介:2005年アメリカ映画。福井晴敏が1999年に発表した同名小説を映画化したサスペンス・アクション映画で、某国のテロリストに乗っ取られ、東京都民全てを人質に取られた海上自衛隊のイージス艦の乗組員たちの苦闘を描きます。
監督:阪本順治 出演者:真田広之(仙石恒史)、勝地涼(如月行)、中井貴一(ホ・ヨンファ(溝口哲也))、寺尾聰(宮津弘隆)、佐藤浩市(渥美大輔)、吉田栄作(竹中勇)、豊原功補(杉浦丈司)、真木蔵人(宗像良昭)、谷原章介(風間雄大)、斉藤陽一郎(田所祐作)、安藤政信(ドンチョル(山崎謙二))、岸部一徳(瀬戸和馬)、原田芳雄(梶本幸一郎)、光石研(若狭祥司)ほか

「世界の涯ての鼓動」のネタバレあらすじ結末

世界の涯ての鼓動の紹介:2017年イギリス映画。ドイツの名匠ヴィム・ベンダース監督によるラブサスペンス。偶然出会った男女が5日間で激しく燃え上がり恋に落ちます。別れた後一転互いの命を脅かす事件が起こってしまうのです。極限に追い込まれたときに互いに思うのはもう一度会いたいという強い気持ちでした。
監督:ヴィム・ヴェンダース 出演:ジェームズ・マカヴォイ(ジェームズ・モア)、アリシア・ヴィカンダー(ダニー・フリンダーズ)、アレクサンダー・シディグ(ドクター・シャディッド)、ハキームシェイディ・モハメド(アミール・ユスフ・アル=アフガニ)、レダ・カテブ(サイーフ)、ほか

「江戸川乱歩の 陰獣」のネタバレあらすじ結末

江戸川乱歩の 陰獣の紹介:1977年日本映画。探偵小説の人気作家の寒川の元へ、ファンだという美人妻の静子が訪ねてきました。静子はもう一人の人気作家、大江春泥に脅迫されていると言いました。やがて寒川は、行方の分からない大江春泥を探すことになりますが・・・という江戸川乱歩の小説『陰獣』の映画化作品です。
監督:加藤泰 出演者:あおい輝彦(寒川光一郎)、香山美子(小山田静子)、大友柳太朗(小山田六)、川津祐介(市川荒丸)、田口久美(ヘレン・クリスティ)、加賀まりこ(増田芙美子)、尾藤イサオ(青木民蔵)、任田順好(佐々木初代)、若山富三郎(本田達雄)ほか

「NARC ナーク」のネタバレあらすじ結末

NARC ナークの紹介:2002年アメリカ映画。強引な捜査で、犯人以外に死者一人、そして妊婦を流産までさせた刑事テリスが、刑事殺しの未解決事件の再捜査のため復帰しました。相棒は殺された刑事の相棒でした。調べを進めるうち、殺された刑事の行動が明らかになってきました…というサスペンス映画です。
監督:ジョー・カーナハン 出演者:ジェイソン・パトリック(ニック・テリス)、レイ・リオッタ(ヘンリー・オーク)、アラン・ヴァン・スプラング(マイケル・カルベス)シャイ・マクブライド(チーバース警部)、カーソン・ダーヴェン(レオ・リー)、 バスタ・ライムス(ダーネル)ほか

「女囚701号 さそり」のネタバレあらすじ結末

女囚701号 さそりの紹介:1972年日本映画。刑事である恋人に裏切られ、恋人の命を狙い殺人未遂で女子刑務所に送られたナミは、囚人番号701号で呼ばれていました。ナミの最終目的は、元恋人への復讐でした・・という内容の篠原とおるの漫画『さそり』を原作とした『女囚さそりシリーズ』の一作目の作品です。全編を通じ、エロス、暴力、凌辱、拷問シーンの連続で、バイオレンスアクションと言えます。バックに流れる、梶芽衣子さんが唄う『怨み節』が印象的です。
監督:伊藤俊也 出演者:梶芽衣子(松島ナミ)、扇ひろ子(進藤梨恵)、渡辺やよい(木田由起子)、横山リエ(片桐)、渡辺文雄(郷田)、室田日出男(仲崎)、夏八木勲(杉見次雄)、伊達三郎(海津敏)ほか

「5IVE [ファイブ]」のネタバレあらすじ結末

5IVE [ファイブ]の紹介:2002年アメリカ映画。ビルのエレベーターが地震で止まり、居合わせた4人の男女の密室でのパニック状態を描いた作品です。パッケージを見るとスリラーの様ですが、実際はヒューマンドラマに近いです。4人しかいないのに題名がファイブというのは、お腹の中の赤ちゃんも含まれているためです。
監督:ドミンゴ・ヴァーラ 出演者:ダリル・シムズ(マイケル)、デヴィッド・アンドリオール(エリック)、ジョヴァンナ・ブロカウ(ジェニファー)、ステーシー・マルティーナ(ステーイシー)ほか

「すべてはその朝始まった」のネタバレあらすじ結末

すべてはその朝始まったの紹介:2005年アメリカ映画。ふとした弾みで不倫に走ったひと組の男女が、謎の強盗に脅迫され続けるサスペンス&ミステリー。ビジネスマンのチャールズは、ある朝の通勤電車で美しく聡明な女性ルシンダと知り合った。互いに大切な家族を持ちつつも、惹かれ合う2人はホテルで一夜を共にしようとする。そこに突然現れた強盗に不倫関係を気付かれてしまい、大金を要求されてしまった。チャールズは何とかしようと奔走するが、強盗の脅迫はどんどんエスカレートしていく。
監督:ミカエル・ハフストローム 出演者:クライヴ・オーウェン(チャールズ)、ジェニファー・アニストン(ルシンダ)、ヴァンサン・カッセル(ラロッシュ)、メリッサ・ジョージ(ディアナ)、アディソン・ティムリン(エイミー)ほか

「リトリート・アイランド」のネタバレあらすじ結末

リトリート・アイランドの紹介:2011年イギリス映画。外界と隔てられた孤島で、謎の男に監禁される夫婦の恐怖を描いたミステリー&サスペンス。大西洋の無人島で休暇を過ごしていたケイトとマーティンの夫婦は、ボートが難破したという軍人ジャックを介抱する。彼は現在世界中に死のウィルスが蔓延しており、生き残るためには島から出てはならないと言い出した。連絡手段も島から出る方法も無いため、真偽を確かめる術は無い。果たして死のウィルスは本当の話か、ジャックの狂った虚言なのか。
監督:カール・ティベッツ 出演者:タンディ・ニュートン(ケイト)、キリアン・マーフィ(マーティン)、ジェイミー・ベル(ジャック)、ジミー・ユール(ダグ)、マリリン・マントル(ダグ夫人)ほか

1 2 3 4 5 69
TOP↑