サスペンス映画のあらすじ

サスペンス映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までサスペンス映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「丑三つの村」のネタバレあらすじ結末

丑三つの村の紹介:1983年日本映画。岡山県で実際に起こった、村人30人殺しの『津山事件』を題材にした作品です。結核と診断され、徴兵を断られた青年が村人からバカにされ、ののしられ続けた結果、村人全員の殺害を起こしてしまうという問題作です。同じ題材を扱った『八つ墓村』がありますが、『丑三つの村』の内容のほうが事実に基づいています。
監督:田中登 出演者:古尾谷雅人(犬丸継男)、原泉(はん)、田中美佐子(やすよ)、五月みどり(赤城ミオコ)、石橋蓮司(赤木中次)、池波志乃(千坂えり子)、団巌(千坂多四郎)、大場久美子(竹中和子)ほか

「刑事マディガン」のネタバレあらすじ結末

刑事マディガンの紹介:1967年アメリカ映画。リチャード・ドハティの小説『The Commissioner』を映画化したポリスアクション・サスペンス映画です。ギャングに拳銃を奪われるという失態を犯したニューヨーク市警の刑事が、自身や警視総監の身内のトラブルに悩まされながらも犯人を追うのですが・・・。
監督:ドン・シーゲル 出演者:リチャード・ウィドマーク(ダニエル・マディガン)、ヘンリー・フォンダ(アンソニー・ラッセル)、インガー・スティーヴンス(ジュリア・マディガン)、ハリー・ガーディノ(ロッコ・ボナーロ)、ジェームズ・ホイットモア(チャールズ・ケイン)、スーザン・クラーク(トリシア・ベントレー)、ウッドロー・パーフリー(マーヴィン)、シェリー・ノース(ジョーンジー)、スティーヴ・イーナット(バーニー・ベネシュ)、ウォーレン・スティーヴンス(ベン・ウィリアムズ)、ドン・ストラウド(ヒューイ)ほか

「ときめきに死す」のネタバレあらすじ結末

ときめきに死すの紹介:1984年日本映画。芥川賞作家・丸山健二の同名小説を森田芳光監督が映画化したサスペンス作品です。舞台は原作の信州の避暑地から北海道に置き換えられ、沢田研二演じる正体不明の暗殺者が謎の組織から派遣された男女と奇妙な共同生活を送りながら宗教団体会長の命を狙うまでの過程を描きます。
監督:森田芳光 出演者:沢田研二(工藤直也)、杉浦直樹(大倉洋介)、樋口可南子(梢ひろみ)、日下武史(中山)、岡本真(谷川)、矢崎滋(新城)、加藤治子(おたえさん)、宮本信子(旅館の女将)ほか

「堕天使のパスポート」のネタバレあらすじ結末

堕天使のパスポートの紹介:2002年イギリス映画。社会的弱者が自由を手に入れるため足掻く姿を描いたサスペンス・ドラマ。ロンドンで暮らす不法入国者オクウェは、政治亡命による難民シェナイの部屋に泊めて貰いながら日々を必死に生きていた。ある日、職場のホテルで人間の心臓を発見したオクウェ。ホテルではイギリスのパスポートを手に入れるため、訳ありの人間達が臓器を売っていたのだった。義憤に駆られるオクウェだったが、自由を望むシェナイも腎臓を売ることを決意してしまう。
監督:スティーヴン・フリアー ズ 出演者:オドレイ・トトゥ(シェナイ)、キウェテル・イジョフォー(オクウェ)、セルジ・ロペス(ファン)、ソフィー・オコネドー(ジュリエット)、ベネディクト・ウォン(グォイ)ほか

「ドリアン・グレイ」のネタバレあらすじ結末

ドリアン・グレイの紹介:2009年イギリス映画。かの有名なオスカー・ワイルドの原作「ドリアン・グレイの肖像」を映画化した作品です。イギリス社交界の光と闇を主人公ドリアン・グレイを中心に描き出します。男も女も魅了する美青年ドリアン・グレイの美しさに注目です。
監督:オリヴァー・パーカー 出演:ベン・バーンズ(ドリアン・グレイ)、コリン・ファース(ヘンリー卿 / ハリー)、ベン・チャップリン(バジル)、レベッカ・ホール(エミリー)、ダグラス・ヘンシュオール(アラン)、レイチェル・ハード=ウッド(シビル)、フィオナ・ショウ(アガサ)、ほか

「グレタ GRETA」のネタバレあらすじ結末

グレタ GRETAの紹介:2018年アイルランド,アメリカ映画。ある日地下鉄で見つけたバッグの忘れ物を、善意から持ち主の女性グレタに届けたフランシスは、年の離れた彼女に亡き母親を重ね、友人として仲を深めていくが、グレタは次第にストーカーへと化していき…戦慄の狂気に巻き込まれていく。
監督:ニール・ジョーダン 出演:イザベル・ユペール(グレタ)、クロエ・グレース・モレッツ(フランシス)、マイカ・モンロー(エリカ)、コルム・フィオール(クリス)、スティーヴン・レイ、ほか

「インヒアレント・ヴァイス」のネタバレあらすじ結末

インヒアレント・ヴァイスの紹介:2014年アメリカ映画。マリファナ中毒の私立探偵ドックの目の前に、昔の恋人シャスタが現われた事からドックは巨大な悪の組織へと潜入する事になり、たくさんの犠牲者を目にし、助ける事になるというラブミステリーです。アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説を映画化した作品。
監督:ポール・トーマス・アンダーソン 出演:ホアキン・フェニックス(ラリー・“ドック”・スポーテッロ)、ジョシュ・ブローリン(クリスチャン・F・“ビッグフット”・ビョルンセン警部補)、キャサリン・ウォーターストン(シャスタ・フェイ・ヘップワース)、リース・ウィザースプーン(ペニー・キンボル)、エリック・ロバーツ(ミッキー・ウルフマン)、セレナ・スコット・トーマス(スローン・ウルフマン)、マーティン・ショート(歯科医ドクター・ルーディ・ブラットノイド)、ほか

「ハイ・クライムズ」のネタバレあらすじ結末

ハイ・クライムズの紹介:2002年アメリカ映画。ある事件をきっかけに、自分の知らない、夫の過去を知ることになった弁護士の妻が、夫にかけられた殺人容疑を晴らすべく奔走するサスペンス。
監督:カール・フランクリン 出演:アシュレイ・ジャッド(クレア・キュービック)、モーガン・フリーマン(チャーリー・グライムス)、ジェームズ・カヴィーゼル(トム・キュービック/ロナルド・チャップマン)、アダム・スコット、アマンダ・ピート、ほか

「お傳地獄」のネタバレあらすじ結末

お傳地獄の紹介:1960年日本映画。「明治の毒婦」と呼ばれ、多くの映画に題材を提供している実在の殺人犯、高橋お傳(でん)。重病の夫に献身的に尽くすお傳が切なくも転落していく様を京マチ子主演で描く。邦枝完二の原作を木村恵吾の脚色・監督で映画化。
監督:木村恵吾 出演者:京マチ子(お傳)、船越英二(浪之助)、菅原謙二(平岡)、中村伸郎(後藤昌文)、川崎敬三(杉本)、殿山泰司(大八)、水谷良重(お初)その他

「10×10 テン・バイ・テン」のネタバレあらすじ結末

10×10 テン・バイ・テンの紹介:2018年イギリス映画。花屋の店主のキャシーを拉致監禁したルイスは、キャシーから、本人しか知りえない真実を聞き出そうとしますが、暴れるキャシーとその都度もみ合いになり、怪我をしました。ルイスは何を聞き出そうとしているのか、キャシーは何を知っているのか、正しいのはどっちなのか…など先の読めないスリラー作品です。
監督:スージー・ユーイング 出演者:ルーク・エヴァンス(ルイス)、ケリー・ライリー(キャシー/ナタリー)、オリヴィア・チェネリー (アラーナ)、ノーマ・ディクシット(アロンドラ)ほか

「CLIMAX クライマックス」のネタバレあらすじ結末

CLIMAX クライマックスの紹介:2018年フランス,ベルギー映画。 雪山の廃墟でオーディションを勝ち抜いた22人のダンサーが集められた。彼らは知らず知らずにLSD入りのサングリアを飲み、集団ドラッグ中毒に陥る。視覚と聴覚を刺激する圧巻の演出により狂乱とカオスを追体験することができる。1996年に実際に起きた事件をもとに鬼才ギャスパー・ノエ監督が地獄絵図をスクリーンで再現。撮影期間はわずか15日。主演のソフィア・デブラ以外はすべてが演技経験のないプロダンサーたち。序盤の圧倒的なダンスシーンはワンカットで撮られた。また彼らが即興で応じたインタビューや会話にも注目の作品。
監督:ギャスパー・ノエ 出演:ソフィア・ブテラ(セルヴァ)、ロマン・ギレルミク(ダヴィッド)、スエリア・ヤクーブ(ルー)、キディ・スマイル(DJダディ)、クロード・ガジャン・マウル(エマヌエル)ほか

「フラクチャード」のネタバレあらすじ結末

フラクチャードの紹介:2019年アメリカ映画。レイは妻の実家から帰る途中に、娘のペリが転落して怪我をし、病院に向かいました。妻の付添いで医師の診察を受ける間、一人で待合室にいたレイは眠りこけていました。目覚めると妻と娘のいなくなったレイは、必死で病院内を探しますが、この病院にはレイしか来ていないとい言われます。レイの妻と娘はどこにいったのか?というスリラー映画です。この手の作品をよく見ている人には、パターンの読める内容ですが、見ていない人にはとても面白い作品でしょう。
監督:ブラッド・アンダーソン 出演者:サム・ワーシントン(レイ・モンロー)、リリー・レーブ(ジョアン・モンロー)、スティーヴン・トボロウスキー(ベルスラム医師)、アッジョア・アンドー(ジェイコブス医師)ほか

「アローン」のネタバレあらすじ結末

アローンの紹介:2017年フランス映画。ヨーロッパの人気コミックシリーズを実写映画化した作品です。移動遊園地に遊びに行った少年少女が翌日目を覚ますと街の人々の姿が全て消えていました。残った若者達で状況を理解し力を合わせ生き残ろうと奮闘する話です。
監督:ダヴィド・モロー 出演:ステファヌ・バク(ドジ)、トマ・ドレ(サウル)、ソフィア・ルサーフル(レイラ)、ジャン=スタン・デュ・パック(テリー)、ポール・スカルフォッリョ(イヴァン)、キム・ロックハート(カミーユ)、ほか

「出獄」のネタバレあらすじ結末

出獄の紹介:1948年アメリカ映画。実話に基づいたフィルム・ノワールの名作。シカゴでロケ撮影された最初のハリウッド長篇で、そのリアリスティックな雰囲気は現在見ても新鮮。嘘発見器が使われた最も初期の映画でもある。ジェームズ・ステュアートが、正義感あふれる報道記者を好演。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演:ジェームズ・ステュアート(マクニール)、リチャード・コンテ(フランク・ウイーセック)、ベティー・ガルデ(ワンダ)、リー・J・コッブ(ケリー)、ヘレン・ウォーカー(ローラ・マクニール)、ほか

「白昼夢に抱かれる女」のネタバレあらすじ結末

白昼夢に抱かれる女の紹介:2010年デンマーク,チェコ,ポーランド,フランス映画。夢で見た男性が目の前に現れたことで、徐々に常軌を逸して、のめりこんでいく女性カメラマンの破滅を描いたエロティックサスペンス。ラストのシーンで、いったい誰の夢で、どこまでが現実なのかがわからなくなる。
監督:ペール・フリー 出演:ソニア・リヒター(カレン)、マルチン・ドロチンスキ(マチェック)、ミカエル・ニクヴィスト(ヨハン)、アルバーテ・ブリクフェルト(ジョセフィーヌ)、ほか

1 2 3 4 5 71
TOP↑