Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

サスペンス映画のあらすじ

サスペンス映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までサスペンス映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「日本の黒い夏 冤罪」のネタバレあらすじ結末

日本の黒い夏 冤罪の紹介:2000年日本映画。1994年6月に起った松本サリン事件は、第一通報者である一般市民を犯人であるかの様に報道しました。警察がこの市民を犯人と決め付け、捜査状況を話したことをそのまま報道した結果でした。そんな中で地方テレビ局は冤罪の可能性のある報道を続けました。この報道の様子を女子高生のインタビューに答える形で回想する問題作です。ほぼ事実通りに再現されていますが、オウム真理教だけはカルト集団という名で伏せられています。
監督:熊井啓 出演者:中井貴一(笹野誠)、寺尾聰(神部俊夫)、細川直美(花沢圭子)、遠野なぎこ(島尾エミ)、北村有起哉(浅川浩司)、加藤隆之(野田太郎)、石橋蓮司(吉田警部)、北村和夫(永田威雄)、二木てるみ(神部の妻)ほか

「ハードキャンディ」のネタバレあらすじ結末

ハード キャンディの紹介:2005年アメリカ映画。少女に追い詰められる男性の恐怖を描いたサスペンス・スリラー。小児性愛者のジェフは、いつもチャットで14歳以下の少女を狙っていた。新しく知り合った14歳のヘイリーは背伸びをしたい年頃で、会ったばかりのジェフの家に警戒もせずに入ってしまう。内心ほくそ笑むジェフだったが、ヘイリーは態度を一変させ去勢手術を行うと言い出した。彼女は傷つけられた少女達に代わって、ジェフに制裁を加えるため現れたのだ。
監督:デヴィッド・スレイド 出演者:パトリック・ウィルソン(ジェフ・カルバー)、エレン・ペイジ(ヘイリー・スターク)、サンドラ・オー(ジュディ・トクダ)、ジェニファー・ホームズ(ジャネル・ロジャース)、ギルバート・ジョン(ナイトホークの店員)ほか

「死の接吻(1947年)」のネタバレあらすじ結末

死の接吻の紹介:1947年アメリカ映画。当時アメリカで流行した「復員兵の苦難」をテーマにした映画のひとつで、フィルム・ノワールの古典的名作。何と言っても話題になったのがリチャード・ウィドマークの強烈な演技(これがデビュー作)で、車椅子の女性を階段から突き落とす場面はその残酷さで有名です。
監督:ヘンリー・ハサウェイ 出演:ヴィクター・マチュア(ニック・ビアンコ)、ブライアン・ドンレヴィ(ルイス・ダンジェロ)、コリーン・グレイ(ネッティ)、リチャード・ウィドマーク(トミー・ユードー)、カール・マルデン(ウィリアム)、ほか

「暗殺のオペラ」のネタバレあらすじ結末

暗殺のオペラの紹介:1969年イタリア映画。北イタリアの町に呼び寄せられた男が父の暗殺の真相の究明を依頼される。英雄だった父と、父の謎を探る息子をジュリオ・ブロージが二役で演じる。アルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスの『伝奇集』に収められた「裏切り者と英雄のテーマ」から着想を得ているが、舞台を北イタリアの架空の町に置き換えている。『地獄の黙示録』をはじめ3度アカデミー賞撮影賞に輝くヴィットリオ・ストラーロが本作で初めてベルトルッチ作品の撮影監督になり、以後二人は名コンビとして『ラストエンペラー』等の傑作を生みだす。
監督:ベルナルド・ベルトルッチ 出演者:ジュリオ・ブロージ(アトス・マニャーニ)、アリダ・ヴァリ(ドライファ)、ピッポ・カンパニーニ(ガイバッツィ)、ティノ・スコッティ(コスタ)、フランコ・ジョヴァネッリ(ラゾーリ)その他

「シンプル・フェイバー」のネタバレあらすじ結末

シンプル・フェイバーの紹介:2018年アメリカ,カナダ映画。忙しいママ友で親友のエミリーに代わり彼女の息子ニッキーを学校へ迎えに行く“シンプル・フェイバー”を快く受けていたシングルマザーのステファニーだったが、エミリーが数日経ってもニッキーを迎えに来ず謎の失踪を遂げたことにより事件へと巻き込まれて行く。
監督:ポール・フェイグ 出演:アナ・ケンドリック(ステファニー)、ブレイク・ライヴリー(エミリー)、ヘンリー・ゴールディング(ショーン)、アンドリュー・ラネルズ(ダーレン)、リンダ・カーデリーニ(ダイアナ)、ジーン・スマート(マーガレット)、ルパート・フレンド(デニス)、ほか

「カオス(2005年)」のネタバレあらすじ結末

カオスの紹介:2005年カナダ,イギリス,アメリカ映画。ベテランと新米の刑事が張り巡らされた策略に挑むサスペンス・アクション。シアトルで銀行強盗が発生した。犯人グループの要求は、数ヶ月前に犯人もろとも人質を死なせ停職処分中の刑事、コナーズを現場に引きずり出すこと。新人のデッカーとコンビを組んだコナーズは指揮を執るが、犯人グループには逃げられてしまった。捜査を続けるコナーズ達の前に次々現れる謎。やがてそれらは驚愕の真実を暴くのだった。
監督:トニー・ジグリオ 出演者:ジェイソン・ステイサム(クエンティン・コナーズ)、ウェズリー・スナイプス(ローレンツ)、ライアン・フィリップ(シェーン・デッカー)、ジャスティン・ワデル(テディー・ギャロウェー刑事)、ヘンリー・ツェーニー(マーティン・ジェンキンス刑事)ほか

「薔薇は死んだ」のネタバレあらすじ結末

薔薇は死んだの紹介:2015年ハンガリー映画。高級娼婦から実業家の愛人となってセレブに成り上がった女と、かつては同業者だったメイド、職を求めてやってきた少女が織り成す愛憎劇。
監督:アッティラ・スアース 出演:パトリシア・コヴァーチ、ドルカ・クリッウス、ラウラ・ドーブローシ、ヤノス・クルカ、ほか

「ザ・セル2」のネタバレあらすじ結末

ザ・セル2の紹介:2008年アメリカ映画。持ち物から持ち主の心の中に入ることができる特殊能力をもったマヤ。彼女は連続殺人犯の被害者であり、唯一の生還者だった。その殺人犯が犯行を繰り返す中、FBIの捜査に協力することとなり、マヤは被害者達の心の中に入り犯人と繋がることになる。現実と精神世界が交差するサスペンス作品。
監督:ティム・イアコファーノ 出演:テシー・サンティアゴ(マヤ)、クリス・ブルーノ(ハリス保安官)、フランク・ホエーリー(ダンカン)、バート・ジョンソン(スカイラー捜査官)、アミー・ウェルデン(ペネロピ)、マイケル・フリン(ケッセル捜査官)、チャールズ・ハルフォード(フィンチ)、ほか

「ザ・セル」のネタバレあらすじ結末

ザ・セルの紹介:2000年アメリカ映画。キャサリンは相手の精神世界に入り治療を行う心理学者である。そんな彼女に意識不明となった連続殺人犯から誘拐された被害者女性の居所を探るようFBIから依頼が入る。特殊な機器で繋がり、キャサリンは犯人の精神世界にダイブするが、そこに広がっていたのは彼女を窮地に陥れる程の異質な世界だった・・。エンターテイメントの女王ジェニファー・ロペスを主演に迎えたサスペンス作品。ターセム・シン監督の幻想的な映像も美しい。
監督:ターセム・シン 出演:ジェニファー・ロペス(キャサリン・ディーン)、ヴィンス・ヴォーン(ピーター・ノヴァク捜査官)、ヴィンセント・ドノフリオ(カール)、マリアンヌ・ジャン=バプティスト(ケント博士)、ジェイク・ウェバー(ゴードン・ラムジー)、ディラン・ベイカー(ヘンリー・ウエスト)、タラ・サブコフ(ジュリア・ヒクソン)、ジェームズ・ギャモン(テディ・リー)、プルイット・テイラー・ヴィンス(リード博士)、ほか

「イマジネーションゲーム」のネタバレあらすじ結末

イマジネーションゲームの紹介:2018年日本映画。家出をした専業主婦の葵が深夜の公園で野宿しようとした時、大手ゼネコンの中年の女やり手部長の真紀子と会いました。それぞれ裏の顔を持つ二人は、真紀子のマンションで同居を始めましたという内容の、一風変わった人間ドラマです。
監督:畑泰介 出演者:久本雅美(早見真紀子)、板野友美(池内葵)、田中幸太朗(池内勉)、仙石みなみ(白石久美子)ほか

「バトルフィールドTOKYO」のネタバレあらすじ結末

バトルフィールド TOKYOの紹介:2008年アメリカ映画。アメリカ人のサラとエリンの姉妹が、地球温暖化の取材の記録映画を作るため東京に向かい、環境大臣にインタビューしている最中にミズチと呼ばれる怪物の襲来に遭い、必死に逃げながら撮影を続けるという疑似ドキュメンタリー映画です。POV手法でカメラブレを多用し臨場感を出しています。
監督:エリック・エステンバーグ 出演者:サラ・リンチ(サラ)、エリン・サリヴァン(エリン)ほか

「WASABI」のネタバレあらすじ結末

WASABIの紹介:2001年フランス映画。強引な捜査によって謹慎となった刑事ユベール。そんな彼が愛した女性ミコの急死により、19年ぶりに日本を訪れる。そこで弁護士から、ミコの相続人である娘ユミの後見人になることを求められる。ユミはユベールの実の娘でもあり、ユミに残された遺産の額は2億ドル。ミコの不審な死と、周囲の怪しい男たち。突然の出来事に自分が父親であることを名乗り出せないまま、二人は行動を共にする……。日本とフランスのスターがタッグを組んだコメディ調のアクションサスペンス映画です。広末涼子が流暢なフランス語で演じたことでも話題になりました。
監督:ジェラール・クラヴジック 出演:ジャン・レノ(ユベール)、広末涼子(ユミ)、ミシェル・ミューアー(モモ)、キャロル・ブーケ(ソフィア)、ほか

「凜 りん」のネタバレあらすじ結末

凜-りん-の紹介:2018年日本映画。又吉直樹が芥川賞を受賞した『火花』より前のに書いた初長編、それが『凛』。2007年に舞台化され、又吉の文才がファンの間で話題になった幻の作品が待望の映画化。物語は長野県の小さな村を舞台に、神隠しの伝説さながらに起こった子どもたちの失踪事件を追う男子高校生たちの日々が描かれる。7人組ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバーとしても活躍する佐野勇斗と、漫画原作の実写化作品に多く出演する本郷奏多がW主演を果たし、7歳の年の差を感じさせない同級生ぶりを演じている。
監督:池田克彦 脚本:又吉直樹 キャスト:佐野勇斗(野田耕太)、本郷奏多(天童義男)、須賀健太(石倉優太[大仏])、亀田侑樹(折田竜二)、櫻井圭佑(真島泰輔)ほか

「眠れぬ夜のために」のネタバレあらすじ結末

眠れぬ夜のためにの紹介:1984年アメリカ映画。不眠症を患う平凡な男が、たまたま出会った行きずりの女性を助けたことから国際的な犯罪に巻き込まれていく姿と、男女が巻き起こす騒動を豪華キャストで描いたサスペンス・コメディです。
監督:ジョン・ランディス 出演者:ジェフ・ゴールドブラム(エド・オーキン)、ミシェル・ファイファー(ダイアナ)、リチャード・ファーンズワース(ジャック・ケイパー)、イレーネ・パパス(シャヒーン・パーヴィッチ)、キャスリン・ハロルド(クリスティ)、ダン・エイクロイド(ハーブ)、デヴィッド・ボウイ(コリン・モリス)、ヴェラ・マイルズ(ジョーン・ケイパー)ほか

「ギルティ / THE GUILTY」のネタバレあらすじ結末

THE GUILTY/ギルティの紹介:2018年デンマーク映画。緊急通報指令室でオペレーターをしているアスガー。女からかかってきた1本の電話により、とある事件と関わることになる。電話からの声と音だけを頼りに誘拐事件を解決させようと試みる。視覚情報がない中で、耳に入る様々な声と音を頼りに犯人を見つけ出すことができるのか。サンダンス映画祭やロッテルダム国際映画祭をはじめとする世界中の映画祭で観客賞を総なめし、アカデミー賞外国語映画賞デンマーク代表にも選ばれた。また、ジェイク・ギレンホール主演でハリウッドリメイクも決まっている。
監督:グスタフ・モーラー 出演:ヤコブ・セーダーグレン(アスガー・ホルム)、イェシカ・ディナウエ(イーベン)、オマール・シャガウィー(ラシッド)、ヨハン・オルセン(ミケル)ほか

1 2 3 4 5 60
TOP↑