サスペンス映画のあらすじ

サスペンス映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までサスペンス映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「セールスマン」のネタバレあらすじ結末

セールスマンの紹介:2016年イラン, フランス映画。イランとフランスの合作で2度目のアカデミー賞外国語映画賞を獲得した作品。劇団をしている夫婦、妻が何者かに襲われた事で生活が一変し、夫は犯人探しに躍起になり始めます。やがて犯人に辿り着くと彼らに皮肉とも言える結末が待ち受けていました。
監督:アスガー・ファルハディ 出演:シャハブ・ホセイニ(エマッド)、タラネ・アリシュスティ(ラナ)、ファリド・サッジャディホセイニ(義父)、ミナ・サダティ(サナム)、ババク・カリミ(ババク)、ほか

「シークレット・チルドレン 禁じられた力」のネタバレあらすじ結末

シークレット・チルドレン 禁じられた力の紹介:2015年アメリカ映画。高い壁で社会から隔絶された土地で両親と暮らすザックとエヴァには、瞬間移動できるという力があった。彼らの力を恐れる父親は、病弱な母親の死を引き金に、彼らを引き離したのだが…。
監督:アンドリュー・ドロス・パレルモ 出演者:ティモシー・シャラメ(ザック)、キーナン・シプカ(エヴァ)、エリザベス・リーサー(エリザベス)、グラント・バウラー(ダニエル)、レイヴン・シモーン・ファレル(ダニー)、レベッカ・クーン(ジェイミー)、ほか

「4番目の男」のネタバレあらすじ結末

4番目の男の紹介:1979年オランダ映画。不可解な死の連鎖に巻き込まれた男の恐怖を描くサスペンス・ドラマ。アルコール中毒を抱えるカトリック教徒の作家ジェラルドは、講演した町で美容院経営者クリスティンと出会う。誘われるまま関係を持ったジェラルドだったが、クリスティンが過去3人の男性と結婚し、その全員を事故で亡くしていると知った。偶然ではないと感じたジェラルドは、クリスティンの現在の恋人ハーマンに4番目の被害者にならないよう警告する。しかしハーマンは耳を貸さなかった。果たして「4番目の男」になるのはハーマンなのか、それともジェラルド自身なのか。
監督:ポール・ヴァーホーヴェン 出演者:ジェローン・クラッベ(ジェラルド・リーブ)、レネ・ソーテンダイク(クリスティン・ハルスラグ)、トム・ホフマン(ハーマン)、ドルフ・デ・ヴリーズ(ブライズ医師)、ジールト・デ・ジョング(リア)ほか

「ザ・キーパー [監禁]」のネタバレあらすじ結末

ザ・キーパー [監禁]の紹介:2003年カナダ, イギリス映画。暴漢に襲われたストリッパーのジーナは病院での取り調べ後、クレブス警部補のパトカーで帰宅中にそのまま自宅に拉致監禁されます。クレブスが暴漢だったのか?クレブスの狙いはなんなのか?ラスト近くまで真相がわからないサスペンス映画です。名優デニス・ホッパーの怪演が光っています。
監督:ポール・リンチ 出演者:デニス・ホッパー(クレブス)、アーシア・アルジェント(ジーナ)、ロックリン・マンロー(バーンズ)、ヘレン・シェイバー(ルーシー)ほか

「ザ・インタープリター」のネタバレあらすじ結末

ザ・インタープリターの紹介:2005年アメリカ映画。国連本部で通訳として働くシルヴィアは、偶然立ち聞きした話から、国を巻き込んだ大きな陰謀に巻き込まれていく。シルヴィアさえも嘘をついていて、どれが本当のことなのか分からない、二転三転する展開が見どころです。
監督:シドニー・ポラック 出演:ニコール・キッドマン(シルヴィア・ブルーム)、ショーン・ペン(トビン・ケラー)、キャサリン・キーナー(トッド・ウッズ捜査官)、イェスパー・クリステンセン(ニルス・ラッド)、イヴァン・アタル(フィリップ)、アール・キャメロン(マトボ共和国大統領エドモンド・ズワーニ)、ジョージ・ハリス、マイケル・ライト、クライド草津、ほか

「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」のネタバレあらすじ結末

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカの紹介:2019年ドイツ映画。1970年代にドイツで実際に起こった殺人事件を題材にした同名小説を原作に映画化したものとなっています。一見無害そうに見える孤独な男が猟奇的な二面性を見せたとき、何も知らない女性たちに悲劇が起こってしまうのです。
監督:ファティ・アキン 出演:ヨナス・ダスラー(フリッツ・フォンカ)、マルガリーテ・ディーゼル(ゲルダ)、トリスタン・ゴベル(ウィリー)、グレタ・ソフィ・シュミット(ペトラ)、ハーク・ボーム(ジン・マックス)、ほか

「TITANE/チタン」のネタバレあらすじ結末

TITANE/チタンの紹介:2021年フランス, ベルギー映画。第74回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールを受賞したフランス・ベルギー合作のスリラー作品です。子供の頃に交通事故で重傷を負い、頭にチタン製のプレートを埋め込まれた女性。やがて犯罪に手を染めた彼女は肉体改造を施し、年老いた消防士の行方不明になった息子に成りすますのですが・・・。
監督:ジュリア・デュクルノー 出演者:ヴァンサン・ランドン(ヴァンサン)、アガト・ルセル(アレクシア/アドリアン)、ギャランス・マリリエ(ジュスティーヌ)、ライス・サラーマ(ライアン)、ドミニク・フロ(マカレナの女性)、ミリエム・アケディウ(アドリアンの母)、ベルトラン・ボネロ(アレクシアの父)ほか

「前科者」のネタバレあらすじ結末

前科者の紹介:2021年日本映画。罪を犯し、その後更生するために奮闘する前科者。その彼らの社会復帰を後押しするために存在する保護司。犯した罪に苦しむ工藤を優しく支える保護司の佳代、再び警察から追われることになった工藤を頑なに信じる姿が印象的です。
監督:岸善幸 出演:有村架純(阿川佳代)、森田剛(工藤誠)、磯村勇斗(滝本真司)、若葉竜也(実)、マキタスポーツ(鈴木充)、石橋静河(斉藤みどり)、北村有起哉(高松直治)、宇野祥平(松山)、リリー・フランキー(遠山史雄)、木村多江(宮口エマ)、ほか

「シャドウ・イン・クラウド」のネタバレあらすじ結末

シャドウ・イン・クラウドの紹介:2020年ニュージーランド, アメリカ映画。第二次世界大戦中、モード・ギャレットは空軍将校ですが、秘密の任務のためニュージランドからサモアに向かう飛行機に乗り込みます。しかし、乗組員たちはモードに敵対的、そして、日本軍機とモンスターのグレムリンが飛行機を襲います。本作はサスペンスアクション映画で、クロエ・グレース・モレッツの迫真ある演技が見どころです。
監督:ロザンヌ・リャン 出演:クロエ・グレース・モレッツ(モード・ギャレット)、ビューラ・コアレ(アントン・ウィリアムズ)、テイラー・ジョン・スミス(ウォルター・クエイド)、カラン・マルヴェイ(ジョン・リーヴス)、ニック・ロビンソン(スチュ・ベッケル)、ほか

「ワイルド・バレット」のネタバレあらすじ結末

ワイルド・バレットの紹介:2006年ドイツ, アメリカ映画。一丁の銃が一人の下っ端マフィアの運命を大きく変える。大きな事件に巻き込まれ命を追われていく一人のマフィアと、事件に関わってしまった少年の長過ぎるほどの一夜を描いています。故ポール・ウォーカーが主演しています。
監督:ウェイン・クラマー 出演:ポール・ウォーカー(ジョーイ・ガゼル)、キャメロン・ブライト(オレグ・ユゴルスキー)、ヴェラ・ファーミガ(テレサ・ガゼル)、カレル・ローデン(アンゾ・ユゴルスキー)、チャズ・パルミンテリ(ライデル刑事)、ほか

「真夜中乙女戦争」のネタバレあらすじ結末

真夜中乙女戦争の紹介:2022年日本映画。作家Fの同名小説をアイドルグループ「King & Prince」の永瀬廉の主演で実写映画化した青春ドラマです。ごく平凡な大学生の青年が謎の男との出会いをきっかけに東京全土を爆破し尽くす計画に巻き込まれていく姿を描きます。
監督:二宮健 出演者:永瀬廉(私)、池田エライザ(先輩)、篠原悠伸(田中)、安藤彰則(松本)、山口まゆ(カナ)、佐野晶哉(佐藤)、成河(高橋)、渡辺真起子(教授)、柄本佑(黒服)ほか

「ノイズ」のネタバレあらすじ結末

ノイズの紹介:2022年日本映画。筒井哲也による漫画『ノイズ【noise】』を、映画『デスノート』以来15年ぶりの共演となる藤原竜也と松山ケンイチのダブル主演で映画化したサスペンスドラマです。架空の島・猪狩島を舞台に、殺人を犯した3人の男と事件を追う刑事、その一件をきっかけに揺れ動く島民たちの姿を描きます。
監督:廣木隆一 出演者:藤原竜也(泉圭太)、松山ケンイチ(田辺純)、神木隆之介(守屋真一郎)、黒木華(泉加奈)、伊藤歩(青木千尋)、渡辺大知(小御坂睦雄/鈴木睦雄)、酒向芳(横田昭一)、菜葉菜(横田洋子)、迫田孝也(野毛二郎)、鶴田真由(守屋仁美)、波岡一喜(酒井義昭)、大石吾朗(山下伸介)、諏訪太朗(鈴木賢治)、飯島莉央(泉恵里奈)、光山叶倭(中学生時代の泉圭太)、山田日向(中学生時代の田辺純)、丸山真亜弥(中学生時代の泉加奈)、寺島進(岡崎正)、余貴美子(庄司華江)、柄本明(横田庄吉)、永瀬正敏(畠山努)ほか

「ナイトメア・アリー」のネタバレあらすじ結末

ナイトメア・アリーの紹介:2021年アメリカ映画。野心に胸を膨らませた青年スタンがたどり着いたのは、怪しい見世物小屋“カーニバル”の一座。そこで出会った読心術の達人からテクニックを学んだスタンは“感電ショー”で人気者だったモリーを誘い、ショービジネス界での成功を目指して大都会へと旅に出る。やがてスタンは持前のカリスマ性を武器にトップショーマンとなり、豪華なホテルのステージで上流階級の人々から拍手喝采を浴びるようになる。しかし、心理学博士のリリス・リッターとの出会いがスタンの運命を大きく変えていく。原作はウィリアム・リンゼイ・グレシャムの『ナイトメア・アリー 悪夢小路』。
監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:ブラッドリー・クーパー(スタントン・カーライル)、ルーニー・マーラ(モリー・ケイヒル)、ケイト・ブランシェット(リリス・リッター博士)、トニ・コレット(ジーナ・クランバイン)、ウィレム・デフォー(クレム・ホートリー)、リチャード・ジェンキンス(エズラ・グリンドル)、ロン・パールマン(ブルーノ)、メアリー・スティーンバージェン(フェリシア・キンボール)、デヴィッド・ストラザーン(ピート・クルンバイン)、ホルト・マッキャラニー(アンダーソン)ほか

「白い牛のバラッド」のネタバレあらすじ結末

白い牛のバラッドの紹介:2020年イラン, フランス映画。死刑執行数が世界2位のイランを舞台に、冤罪による死刑で夫を失いシングルマザーとなった女性の姿を通じて社会の不条理や人間の闇について描いたサスペンス映画です。主人公のシングルマザーを演じたマリヤム・モガッダムはベタシュ・サナイハと共同で監督と脚本を勤めています。本作は第71回ベルリン国際映画祭で金熊賞と観客賞にノミネートされています。
監督:マリヤム・モガッダム、ベタシュ・サナイハ 出演者:マリヤム・モガッダム(ミナ・エグバリ)、アリレザ・サニファル(レザ・エスファンデアリ)、プーリア・ラヒミサム(ババクの弟)、アヴィン・プルラウフィ(ビタ・エグバリ)、ファリド・ゴーバディ(レザの同僚)、リリ・ファルハドプール(ミナの近所の人)ほか

「シルクロード.com 史上最大の闇サイト」のネタバレあらすじ結末

シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―の紹介:2021年アメリカ映画。2013年に摘発を受けた実在の闇サイト「シルクロード」の実話を基に製作されたサイバー・ダーク・サスペンスです。自由な世界を作ろうとサイトを立ち上げたものの、やがて違法ドラッグや武器の売買、殺人の依頼など犯罪に手を染めていく若き天才と、パソコンも使えない引退間近の捜査官の闘いを描きます。
監督:ティラー・ラッセル 出演者:ジェイソン・クラーク(リチャード・ボーデン / リック)、ニック・ロビンソン(ロス・ウルブリヒト)、ケイティ・アセルトン(サンディ・ボーデン)、ジミ・シンプソン(クリス・ターベル)、ダニエル・デヴィッド・スチュアート(マックス)、ダレル・ブリット=ギブソン(レイフォード)、レクシー・レーブ(エディ・ボーデン)、ウィル・ロップ(シールズ)、ポール・ウォルター・ハウザー(カーティス・クラーク・グリーン)、アレクサンドラ・シップ(ジュリア・ヴィー)ほか

1 2 3 4 5 94

キーワードから探す

TOP↑