サスペンス映画のあらすじ

「赤い犯行 夢の後始末」のネタバレあらすじ結末

赤い犯行 夢の後始末の紹介:1997年日本映画。ヒット作を出すことを夢見る映画監督の細野は普段はAV監督をやっています。そんな細野は、映画プロデューサーから映画の話が入り脚本家に台本を書いてもらうものの、没にされて困っていると、脚本家が書いていた別の台本を見つけます。その台本を盗んだ細野はプロデューサーに認められ、はれて映画の撮影が始まろうとしていた頃、脚本家に返却を迫られ思わず殺してしまいます・・・という内容のサスペンス映画です。
監督:サトウトシキ 出演者:町田康(細野)、伊藤美紀(圭子)、葉月螢(優子)、小川流菜(朝子)、河名麻衣(AVの女)、伊藤猛(AVの男)、隈本吉成(小池)ほか

「最後まで行く(2023年)」のネタバレあらすじ結末

最後まで行くの紹介:2023年日本映画。思わず車で人を撥ねてしまった刑事の身に起こる数々の災難を描いた韓国発のクライムサスペンス映画『最後まで行く』(2015年)を、舞台を日本に置き換えてリメイクした作品です。主人公の刑事を岡田准一、刑事を追う謎の男を綾野剛、刑事の妻を広末涼子が演じ、愛知県名古屋市に隣接する架空の街・埃原(あいはら)を舞台に男たちの駆け引きが描かれます。
監督:藤井道人 出演者:岡田准一(工藤祐司)、綾野剛(矢崎)、広末涼子(工藤美沙子)、磯村勇斗(尾田創)、駿河太郎(久我山太地)、山中崇(梶征士)、黒羽麻璃央(松田優生)、駒木根隆介(川上昌平)、山田真歩(植松由紀子)、清水くるみ(岸谷真由子)、杉本哲太(淡島幹雄)、柄本明(仙葉泰)ほか

「青い戦慄」のネタバレあらすじ結末

青い戦慄の紹介:1946年アメリカ映画。海軍飛行士が復員したとたんに妻殺しの容疑をかけられ、真犯人を独自に捜し始める。アラン・ラッドをスターの座に押し上げた『拳銃貸します』、『ガラスの鍵』に続く3本目のラッドとヴェロニカ・レイクの共演。レイモンド・チャンドラーのオリジナル脚本が映画化された唯一の機会となったが、検閲により彼には不満の多い作品となった。それでも第19回アカデミー賞脚本賞にノミネートされる。チャンドラーにとって、ビリー・ワイルダーとの共同脚本だった第17回の『深夜の告白』の脚色賞ノミネートに続くノミネーションだった。
監督:ジョージ・マーシャル 出演者:アラン・ラッド(ジョニー・モリソン)、ヴェロニカ・レイク(ジョイス・ハーウッド)、ウィリアム・べンディックス(バズ)、ハワード・ダ・シルヴァ(エディー・ハーウッド)、ヒュー・ボーモント(ジョージ)、ドリス・ダウリング(ヘレン・モリソン)、ウィル・ライト(ニューウェル)、トム・パワーズ(ヘンドリクソン警部)ほか

「カード・カウンター」のネタバレあらすじ結末

カード・カウンターの紹介:2021年アメリカ, イギリス, 中国, スウェーデン映画。元上等兵のウィリアム・テルは特殊作戦兵士として自らがアブグレイブ捕虜収容所で犯した罪に苦しみ、刑務所で服役したあとはギャンブラーとして出直そうとしていた。しかし目立たぬよう生きてきたウィリアムのもとに、一人の青年が声をかけてきた。青年の目は復讐心に燃え、ウィリアムが自分の仲間になるだろうと確信してのことだった。ウィリアムの過去が徐々に明らかとなり、人生を賭けた復讐と贖罪のゲームが幕を開ける。
監督:ポール・シュレイダー 出演:オスカー・アイザック(ウィリアム・テル)、ティファニー・ハディッシュ(ラ・リンダ)、ウィレム・デフォー(ジョン・ゴード少佐)ほか

「ソフト/クワイエット」のネタバレあらすじ結末

ソフト/クワイエットの紹介:2022年アメリカ映画。差別主義な考えを持つ女性グループたちがその考えから起こした些細な諍いから、とんでもない事件へと繋がっていく過程を描いた作品。90分の作品をワンカットで撮影する手法がとても珍しく、胸糞の悪さを上手く引き出せています。
監督:ベス・デ・アラウージョ 出演:ステファニー・エステス(エミリー)、オリヴィア・ルッカルディ(レスリー)、エレノア・ピエンタ(マージョリー)、デイナ・ミリキャン(キム)、メリッサ・パウロ(アン)、シシー・リー(リリー)、ほか

「KCIA 南山の部長たち」のネタバレあらすじ結末

KCIA 南山の部長たちの紹介:2020年韓国映画。1979年に発生した、当時の韓国大統領朴正煕の暗殺事件をモチーフにした政治スパイサスペンスです。主演をイ・ビョンホンが務め、大統領直属の諜報機関である大韓民国中央情報部(KCIA)のトップが大統領暗殺に傾いていった経緯が描かれます。本作は歴史上の事実をベースにしていますが、登場人物はいずれも別名に置き換えられています。
監督:ウ・ミンホ 出演:イ・ビョンホン(キム・ギュピョン)、イ・ソンミン(パク大統領)、クァク・ドウォン(パク・ヨンガク)、イ・ヒジュン(クァク・サンチョン)、キム・ソジン(デボラ・シム)、ソ・ヒョヌ(チョン・トヒョク)、キム・ミンサン(チャン・スンホ)、ジェリー・レクター(ロバート・アドラー)ほか

「AKA」のネタバレあらすじ結末

AKAの紹介:2023年フランス映画。犯罪組織に侵入し、捜査を開始した凄腕の特殊部隊員アダム。犯罪組織の中でもメキメキと頭角を現したアダムは、やがて犯罪組織のボスの妻の連れ子に、死んだ弟を重ねて心通わせるようになっていきます。やがて子供たちにも危険が迫ってくるのでした…。
監督:モルガン・S・ダリベール 出演:アルバン・ルノワール(アダム)、エリック・カントナ(ヴィクトル)、ケヴィン・レイン(タエブ)、ノエ・シャバ(ジョナサン)、ルシル・ギヨーム(エレーヌ)、サイードゥ・カマラ(ピーウィー)、ヴァンサン・エネヌ(シスコ)、ナタリー・オジェレイコ(モナ)、ほか

「search/#サーチ2」のネタバレあらすじ結末

search/#サーチ2の紹介:2023年アメリカ映画。ストーリーの全てがパソコンの画面上で展開する異色のサスペンススリラー『search/サーチ』(2018年)の続編です。南米コロンビアを旅行中に行方不明になった母親を捜すため、ロサンゼルズ在住の女子高生がSNSなどあらゆるテクノロジーを駆使して捜索を試みる姿を描きます。
監督:ウィル・メリック、ニック・ジョンソン 出演者:ストーム・リード(ジューン・アレン)、ヨアキム・デ・アルメイダ(ハビエル)、ケン・レオン(ケビン)、エイミー・ランデッカー(ヘザー)、ダニエル・ヘニー(パーク捜査官)、ニア・ロング(グレース・アレン)、ティム・グリフィン(ジェームズ)、マイケル・セゴビア(エンジェル)、ローレン・B・モズリー(レイチェル)、トレイシー・ヴィラール(ゴメス刑事)、ショーン・オブライアン(ラジオ司会者)、ほか

「聖地には蜘蛛が巣を張る」のネタバレあらすじ結末

聖地には蜘蛛が巣を張るの紹介:2022年デンマーク, ドイツ, スウェーデン, フランス映画。売春婦が連続で殺害される事件が発生、事件を追う女性ジャーナリストのラヒミとシャリフィ、性差別的な風潮があるイランで真相を追っていきます。実際にあった事件を基にして製作され、差別される女性側からの視点がとても良く描かれています。 
監督:アリ・アッバシ 出演:メフディ・バジェスタニ(サイード)、ザール・アミール=エブラヒミ(ラヒミ)、アラシュ・アシュティアニ(シャリフィ)、フォルザン・ジャムシドネジャド(ファティメ)、ほか

「愛を複製する女」のネタバレあらすじ結末

愛を複製する女の紹介:2010年ドイツ, ハンガリー, フランス映画。美しい海辺で出会ったレベッカとトミー。幼い愛情で結ばれた二人。大人になって再会した時、二人を隔てた年月はたちまち消え去ったように思えたが、それもつかの間、突然の事故でトミーは帰らぬ人となる。トミーとの幸せな日々を取り戻すためのレベッカの決断が波紋を呼び起こす。近未来の、一見静謐な浜辺に起きるサスペンス。
監督:ベネデク・フリーガウフ 出演者:エヴァ・グリーン(レベッカ)、マット・スミス(トミー)、レスリー・マンヴィル(トミーの母・ジュディス)、ピーター・ワイト(トミーの父・ラルフ)、ハンナ・マリー(モニカ)ほか

「MEMORY メモリー」のネタバレあらすじ結末

MEMORY メモリーの紹介:2022年アメリカ映画。アレックスは殺し屋として大金と引き換えに殺人を実行します。しかし、アルツハイマー病に侵され引退を考えています。そんな彼にアメリカ国境の町での殺人依頼が来ます。大金のため引き受けた彼ですが、地元の金持ちと腐敗した警察との事件に巻き込まれます。『MEMORY メモリー』は、年老いた暗殺者の最後の仕事を描いたサスペンス映画です。
監督:マーティン・キャンベル 出演:リーアム・ニーソン(アレックス・ルイス)、ガイ・ピアース(ヴィンセント・セラ)、モニカ・ベルッチ(ダヴァナ・シールマン)、ハロルド・トレス(ウーゴ)、タジ・アトウォル(リンダ)、レイ・ファーソン(ヌスバウム)、ミア・サンチェス(ベアトリス)、ほか

「TAR/ター」のネタバレあらすじ結末

TAR/ターの紹介:2022年アメリカ映画。俳優としても活躍するトッド・フィールドが16年振りに監督したのが本作『TAR ター』だ。当初男性を主人公にした物語として映画会社から打診があったものの、ケイト・ブランシェットを想定して女性指揮者の話に書き換えたというフィールド監督。ブランシェットはその期待を超える演技で、ヴェネチア国際映画祭の最優秀女優賞やゴールデングローブ賞の最優秀主演女優賞を獲得している。共演は『燃ゆる女の肖像』のノエミ・メルランやドイツ出身のニーナ・ホスなど。
監督・脚本:トッド・フィールド 
出演:ケイト・ブランシェット(リディア・ター)、ノエミ・メルラン(フランチェスカ・レンティーニ)、ニーナ・ホス(シャロン・グッドナウ)、ソフィー・カウアー(オルガ・メトキナ)、アラン・コーデュナー(セバスチャン・ブリックス)、ジュリアン・グローバー(アンドリス・デイヴィス)、マーク・ストロング(エリオット・カプラン)ほか

「Wの殺人 〜マグダは名探偵〜」のネタバレあらすじ結末

Wの殺人 〜マグダは名探偵〜の紹介:2021年ポーランド映画。アガサ・クリスティーの小説に没頭するマグダが、犬の散歩中に女性の死体を見つけます。友人の刑事ヤツェクに通報するも、ヤツェクと一緒に捜査をするようになります。やがて殺された女性が、失踪した親友のベロニカのネックレスをつけていたことから、マグダは殺人事件と同時にベロニカの足取りを追うようになるのです。推理小説のように事件を推理し犯人を追いつめる主婦を描いたポーランド映画です。映像には原色がちりばめられ、異国情緒たっぷりの雰囲気にさせられます。
監督:ピョートル・ムラルク 出演:アンナ・スモウオヴィク(マグダ)、パヴェウ・ドマガラ(ヤツェク)、シモン・ボブロフスキ(チェルビンスキー)、ピョートル・アダムチク(マズール)、ドロタ・セグダ(バーバラ)ほか

「スタンド」のネタバレあらすじ結末

スタンドの紹介:2016年アメリカ, 台湾, ベトナム映画。ベトナムで貧しい子供の治療をする兄・アレックスを訪ねた軍人のボブ。再会を喜び兄弟二人で楽しむはずだったものの、ボブがスマホを少年にひったくられ、追いかけてジャングルに入ったことから、二人揃って地雷を踏みつけてしまいます。人喰いトラのいるジャングルで立ったままの二人の運命は・・・という内容のスリラードラマです。サバイバル作品の様ですが、地雷を踏んだまま動けない二人の会話が中心のストーリーで、確執と葛藤の兄弟が死の窮地でわかり合う様子を描いています。
監督:コスモス・ キーンダリウス 出演者:ルーク・オルブライト(アレックス)、ルイス・カラソ(ボブ)、ほか

「アブナイ女 GETAWAY」のネタバレあらすじ結末

アブナイ女 GETAWAYの紹介:1996年日本映画。勝手な捜査と犯人射殺によりクビとなった刑事・達也でしたが、恋人の美沙子と買い物に来たコンビニで強盗を射殺してしまい刑務所にいれられてしまいます。美沙子は刑務所から達也を出所されるために、ヤクザの塚本の条件をのむことになります。それは警察署から、押収したヤクを盗む事で、成功した二人でしたが塚本から殺されそうになり、逆に塚本を殺してしまいます。このことで達也と美沙子は、塚本の息子リュウイチロウと警察に追われるハメになり、二人の逃避行が始まります・・・という内容のエロチックサスペンス映画です。
監督:白井政一 出演者:片岡礼子(美沙子)、新藤栄作(山口達也)、小沢和義(塚本リュウイチロウ)ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 101

キーワードから探す

TOP↑