アドベンチャー映画のあらすじ

アドベンチャー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画からおすすめ映画まで人気アドベンチャー映画のストーリーを映画のネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「太平洋ひとりぼっち」のネタバレあらすじ結末

太平洋ひとりぼっちの紹介:1963年日本映画。設立されたばかりの石原プロモーションが最初の劇場用映画として企画。裕次郎が市川崑と初めて(そして唯一)タッグを組み、前年にベストセラーとなった堀江謙一の体験記を映画化した。脚色は市川夫人の和田夏十で、単調になりがちな話を劇的な構成に仕上げている。
監督:市川崑 出演:石原裕次郎(堀井)、森雅之(堀井の父)、田中絹代(堀井の母)、浅丘ルリ子(堀井の妹)、ハナ肇(堀井の先輩)、大坂志郎(造船所の主人)、芦屋雁之助(造船所の船大工)、草薙幸二郎(渡航課の職員)、ほか

「キング」のネタバレあらすじ結末

キングの紹介:2019年オーストラリア, アメリカ映画。ティモシー・シャラメ主演でイングランド王ヘンリー5世を演じるNetflixオリジナル映画。父であるイングランド国王と考え方の違いにより見放されていたハル。しかし、父の死によって王座を継承することになります。戦争に興味のなかったハルでしたが、周りの環境にのまれてフランスと戦うことに。果たしてこの戦いは国のためになるのか。
監督:デビッド・ミショッド 出演:ティモシー・シャラメ(ハル、ヘンリー5世)、ジョエル・エドガートン(ジョン)、ロバート・パティンソン(フランス皇太子)、ベン・メンデルソーン(ヘンリー4世)、ショーン・ハリス(ウィリアム)、ほか

「ポセイドン・アドベンチャー2」のネタバレあらすじ結末

ポセイドン・アドベンチャー2の紹介:1979年アメリカ映画。パニック映画の傑作「ポセイドンアドベンチャー」。その話と同時に進行していた別の物語を描いたのが本作。転覆していたポセイドン号をサルベージしていた主人公達クルーが、共に動いていた医療チームの隠されていた陰謀に巻き込まれていくストーリーです。
監督:アーウィン・アレン 出演:マイケル・ケイン(マイク・ターナー船長)、テリー・サヴァラス(ステファン)、カール・マルデン(ウィルバー・ハバード)、サリー・フィールド(セレステ・ホイットマン)、ピーター・ボイル(フランク・マゼッティ)、ジャック・ウォーデン(ハロルド・メレディス)、シャーリー・ナイト(ハンナ・メレディス)、シャーリー・ジョーンズ(ジーナ・ロウ)、ヴェロニカ・ハーメル(スザンヌ・コンスタンティン)、アンジェラ・カートライト(テレサ・マゼッティ)、マーク・ハーモン(ラリー・シンプソン)、ポール・ピサーニ(カート)、ほか

「フッド:ザ・ビギニング」のネタバレあらすじ結末

フッド:ザ・ビギニングの紹介:2018年アメリカ映画。領主として不自由無い生活をしてきたロビン・ロクスリーが戦争から帰ってくると自分の財産も何もかもが奪われており市民は腐敗した政府によって苦しんでいた。政府に逆襲する為表では領主として政府と親しい顔をしながら裏では顔を隠しフッドとして政府から金を盗み市民を助ける。
監督:オットー・バサースト 出演:タロン・エガートン(ロビン・ロクスリー)、ジェイミー・フォックス(ヤキヤ/ジョン)、ベン・メンデルソーン(ノッティンガム州長官)、イヴ・ヒューソン(マリアン)、ティム・ミンチン(タック修道士)、F・マーレイ・エイブラハム(枢機卿)、ジェイミー・ドーナン(ウィル)、ほか

「アド・アストラ」のネタバレあらすじ結末

アド・アストラの紹介:2019年アメリカ映画。伝説的な宇宙飛行士だった父を目標に宇宙飛行士となったロイ。だが、死んだと思われていた父は海王星付近の宇宙で生きていた。太陽系の運命をかけてロイに極秘任務が課せられる。現代の宇宙開発をベースにしたリアルなSFアドベンチャー映画。監督は『リトル・オデッサ』等のジェームズ・グレイ。主演のブラッド・ピットは製作にも参加。2019年の第76回ベネチア国際映画祭でコンペティション部門に出品された。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ブラッド・ピット(ロイ・マクブライド)、トミー・リー・ジョーンズ(H・クリフォード・マグブライド)、ルース・ネッガ(ヘレン・ラントス)、リヴ・タイラー(イヴ)、ドナルド・サザーランド(トム・プルイット大佐)ほか

「THE GREY 凍える太陽」のネタバレあらすじ結末

THE GREY 凍える太陽の紹介:2012年アメリカ映画。山奥の掘削現場で狼退治をするオットウェイは休暇を利用して、作業員たちと一緒に帰郷する飛行機に乗り込みました。しかし悪天候で飛行機はアラスカ山中に墜落し、オットウェイら7人が生き残りました。しかしその場所は狼の群生地で、生き残るため7人は歩きはじめました…というサバイバルアドベンチャー映画です。
監督:ジョー・カーナハン 出演者:リーアム・ニーソン(オットウェイ)、フランク・グリロ(ディアス)、ダーモット・マローニー(タルゲット)、ダラス・ロバーツ(ヘンリック)、ジョー・アンダーソン(フラナリー)、ノンソー・アノジー(バーク)、ベン・ブレイ(ヘルナンデス)ほか

「フールズ・ゴールド」のネタバレあらすじ結末

フールズ・ゴールド/カリブ海に沈んだ恋の宝石の紹介:2008年アメリカ映画。2003年公開のラブコメディ『10日間で男を上手にフル方法』で共演したマシュー・マコノヒーとケイト・ハドソンが再び共演したアドベンチャー・コメディ作品です。カリブ海に沈んだ18世紀初頭のスペイン国王を巡って、妻に逃げられたトレジャーハンターやマフィアが争奪戦を繰り広げます。
監督:アンディ・テナント 出演者:マシュー・マコノヒー(ベンジャミン・“フィン”・フィネガン)、ケイト・ハドソン(テス・フィネガン)、ドナルド・サザーランド(ナイジェル・ハニーカット)、ユエン・ブレムナー(アルフォンズ)、アレクシス・ジーナ(ジェマ・ハニーカット)、ケヴィン・ハート(ビッグ・バニー)、レイ・ウィンストン(モー・フィッチ)、デヴィッド・ロバーツ(サイラス)、マイケル・マルヘレン(エディ)、アダム・ルフェーヴル(ゲーリー)ほか

「恐竜時代」のネタバレあらすじ結末

恐竜時代の紹介:1969年イギリス映画。太陽に犠牲として捧げられる直前に逃亡した娘をめぐる、原始人の恋と冒険の物語。ジム・ダンフォースによる恐竜のストップモーション・アニメーションは高く評価されている。ハマー・フィルム・プロダクション製作のイギリス映画ですが、英語を話しているのはナレーターだけです。主演でヌードを披露するビクトリア・ヴェトリはPlayboy誌の1968 年のプレイメイト・オブ・ザ・イヤー。
監督:ヴァル・ゲスト 出演:ビクトリア・ヴェトリ(サンナ)、ロビン・ホードン(タラ)、パトリック・アレン(キングソル)、 ドリュー・ヘンリー、ショーン・キャフレイ、マグダ・コノプカ、イモジン・ハッスオール、ほか

「トラップ・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

トラップ・ゲームの紹介:2018年ロシア映画。一流の詐欺師である主人公が、勝ちを確信したと思いきや、超能力のような力で勝ちを奪われ、多額の借金を背負わされてしまいます。返済リミットはわずか。主人公は特殊能力を持つ者達を集め、リベンジを開始するのでした。ハリウッドでも有名なアントニオ・バンデラスが主演を演じています。
監督:アレクサンドル・ボグスラフスキー 出演:アントニオ・バンデラス、ミロシュ・ビコビッチ、ルボフ・アクショノーバ、ビレン・バビシェフ、イヴジェニー・スティシュキン、ほか

「リム・オブ・ザ・ワールド」のネタバレあらすじ結末

リム・オブ・ザ・ワールドの紹介:2019年アメリカ映画。サマーキャンプで出会った4人の少年少女が、突如地球を侵略しに来たエイリアンから世界を救うために奮闘するSFアドベンチャー映画です。
監督:マックG 出演:ジャック・ゴア(アレックス)、ミヤ・ケック(ジェンジェン)、ベンジャミン・フローリーズ・ジュニア(ダリウシュ)、アレッシオ・スカルゾッド(ガブリエル)、アナベス・ギッシュ(アレックスの母親)、ほか

「名探偵ピカチュウ」のネタバレあらすじ結末

名探偵ピカチュウの紹介:2019年アメリカ映画。誰もが知っている世界的人気を誇るゲーム「ポケットモンスター」シリーズの一つ「名探偵ピカチュウ」をハリウッドで映画化したのが本作です。愛らしいキャラクターピカチュウがゲームを飛び出し見事に実写化デビュー、実在の俳優と共に大活躍を果たしています。
監督:ロブ・レターマン 出演:ライアン・レイノルズ(名探偵ピカチュウ)、ジャスティス・スミス(ティム)、キャスリン・ニュートン(ルーシー)、渡辺謙(ヨシダ警部補)、ビル・ナイ、スーキー・ウォーターハウス、リタ・オラ、オマール・チャパーロ、クリス・ギア、ほか

「東京島」のネタバレあらすじ結末

東京島の紹介:2010年日本映画。桐野夏生の同名小説を映画化。無人島での極限サバイバル生活を描いた、エンタテインメント作品。結婚20年を迎えた清子と夫は、ヨットでの旅の途中で嵐に遭い無人島に漂着。その後、若い日本人の男たちや中国人などが漂流し、島での奇妙な暮らしが始まるのですが…。
監督:篠崎誠 出演 :木村多江(清子)、窪塚洋介(ワタナベ)、福士誠治(GM・森軍司 / ユタカ)、柄本佑(オラガ)、木村了(犬吉)、染谷将太(マンタ)、山口龍人(カスカベ)、南好洋(シンちゃん)、結城貴史(ダクタリ)、清水優(アタマ)、阿部亮平(ジェイソン)、テイ龍進(ヤン)、趙民和(ムン)、鶴見辰吾(隆)、宮武祭(チキ/チータ)、ほか

「キングダム」のネタバレあらすじ結末

キングダムの紹介:2019年日本映画。紀元前の中国を舞台に、天下の大将軍を夢見る少年と若き王が、困難に立ち向かいながら中華統一を目指す壮大な物語。原泰久原作の漫画は単行本54巻(映画公開日現在)にもおよぶ超人気シリーズで「実写化は不可能」といわれていた。今回原作者が脚本に全面協力、アクションを得意とする佐藤信介監督がメガホンをとり、ファンを納得させる映画が完成した。驚くべきは俳優陣の再現度の高さだ。主演の山﨑賢人はもちろん、肉体改造した大沢たかおや二役に挑んだ吉沢亮など、見ないと損するレベルの作品に仕上がっている。
監督:佐藤信介 キャスト: 山﨑賢人(信)、吉沢亮(漂/嬴政:二役)、長澤まさみ(楊端和)、橋本環奈(河了貂=てん)、本郷奏多(成蟜)、石橋蓮司(竭氏)、加藤雅也(肆氏)、宇梶剛士(魏興)、高島政宏(昌文君)、満島真之介(壁)、要潤(騰)、大沢たかお(王騎)、ほか

「トロール・ハンター」のネタバレあらすじ結末

トロール・ハンターの紹介:2010年ノルウェー映画。ノルウェーの山林でクマの密猟が横行している事について取材をしていた大学生3人が、トロールハンターと言われる男と遭遇し、実際に伝説の妖精トロールを見て撮影してしまいました。トロールの存在を認めない政府の役人に追われる中、新たなトロールを探して車を走らせますが…という内容のノルウェーの疑似ドキュメンタリー映画です。伝説の妖精トロールを怪獣に見立てた作品です。
監督:アンドレ・ウーヴレダル 出演者:オットー・イェスパーセン(ハンス/トロール・ハンター)、グレン・エルランド・トスタード(トマス)、ヨハンナ・モールク(ヨハンナ)、トマス・アルフ・ラーセン(カッレ)、ハンス・モーテン・ハンセン(フィン・ハウガン)、トルン・ルーデメル・ストッケラン(ヒルデ)、ウルミラ・ベルク=ドマース(マリカ) ほか

「ポセイドン」のネタバレあらすじ結末

ポセイドンの紹介:2006年アメリカ映画。ポール・ギャリコ著「The Poseidon Adventure」を原作とし、1972年に公開されたパニック映画の傑作「ポセイドン・アドベンチャー」をリメイクしたディザスター・パニック作品です。大晦日の夜、パーティーを開いていた豪華客船が大津波で転覆。生き残ったわずかな生存者たちが決死の脱出を試みる姿をCG技術を交えながら描きます。
監督:ウォルフガング・ペーターゼン 出演:ジョシュ・ルーカス(ディラン・ジョーンズ)、カート・ラッセル(ロバート・ラムジー)、リチャード・ドレイファス(リチャード・ネルソン)、ジャシンダ・バレット(マギー・ジェイムズ)、エミー・ロッサム(ジェニファー・ラムジー)、ミア・マエストロ(エレナ・ゴンザレス)、マイク・ヴォーゲル(クリスチャン・“クリス”・サンダース)、ジミー・ベネット(コナー・ジェイムズ)、アンドレ・ブラウアー(マイケル・ブラッドフォード)、フレディ・ロドリゲス(マルコ・バレンタイン)、ケヴィン・ディロン(ラッキー・ラリー)、ほか

1 2 3 4 5 13

キーワードから探す

TOP↑