Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラブストーリー映画のあらすじ

ラブストーリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までラブストーリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ヴィタール」のネタバレあらすじ結末

ヴィタールの紹介:2004年日本映画。交通事故で意識不明から回復した医大性の博史の記憶は無くなっていました。やがて遺体解剖実習で割り当てられた遺体は若い女性でした。解剖をしながら博史は、この女性がかつての自分の恋人の涼子であることがわかりました・・という内容の現実と幻覚の世界を描いた問題作です。
監督:塚本晋也 出演者:浅野忠信(高木博史)、柄本奈美(大山涼子)、KIKI(吉本郁美)、串田和美(高木隆生)、りりィ(高木慎子)、岸部一徳(柏淵教授)、國村隼(大山三郎)、利重剛(中井教諭)ほか

「君は月夜に光り輝く」のネタバレあらすじ結末

君は月夜に光り輝くの紹介:2019年日本映画。まみず(永野芽郁)は二十歳まで生きられない発光病という不治の病になり、医者からは余命1年と言われていました。ついに余命0となり、生きるのを諦めるために作ったリストを同じクラスメイトの卓也(北村匠海)に代行してもらうことになりました。病室を出られないまみずの代わりに卓也が遊園地に行ったり、買い物やカラオケに行ったりする様々なミッションを一つ一つクリアして感想を報告するという代行をしていたのですが、2人に残された時間は迫っていました…。とても切なく苦しくてでもピュアな高校生ならではの儚くも美しい青春のラブストーリーです。第23回電撃小説大賞を受賞した佐野徹夜の小説を原作とするラブストーリー作品です。
監督:月川翔 出演:永野芽郁(渡良瀬まみず)、北村匠海(岡田卓也)、甲斐翔真(香山彰)、松本穂香(岡田鳴子)、今田美桜(平林リコ)、優香(岡崎)、生田智子(渡良瀬律)、長谷川京子(岡田恭子)、及川光博(深見真)、ほか

「暮れ逢い」のネタバレあらすじ結末

暮れ逢いの紹介:2013年フランス,ベルギー映画。1900年代初頭のドイツを舞台に個人秘書となった青年と美しき人妻の秘めた恋を描いた作品。「髪結いの亭主」、「イヴォンヌの香り」などで知られる名匠パトリス・ルコントが紡ぐロマンティックなラブストーリーです。
監督:パトリス・ルコント 出演者:レベッカ・ホール(ロット)、アラン・リックマン(カール・ホフマイスター)、リチャード・マッデン(フレドリック・ザイツ)、シャノン・ターベット(アンナ)、ほか

「忘れじの面影」のネタバレあらすじ結末

忘れじの面影の紹介:1948年アメリカ映画。知らない女からピアニストに届いた手紙の目的は復讐?それとも救済?――シュテファン・ツヴァイクの中編小説を映画化したメロドラマ。ドイツ生まれながら亡命を通じてフランス、イタリア、アメリカ映画でも足跡を残したマックス・オフュルス監督のアメリカ時代を代表する作品。主演は『レベッカ』、『断崖』等のジョーン・フォンテイン。
監督:マックス・オフュルス 出演:ジョーン・フォンテイン(リーザ・ベルンドル)、ルイ・ジュールダン(シュテファン・ブラント)、マルセル・ジュルネ(ヨハン・シュタウファー)、アート・スミス(ジョン)その他

「秘愛」のネタバレあらすじ結末

秘愛の紹介:2013年日本映画。一人孤独に生きていた男性が、ある日一人の女性と出会ったことで、二人の運命が大きく変わっていく切ないラブストーリー映画。主演に山本太郎を迎え、お笑い芸人の小島よしおなど、多彩なキャストが脇を固める。
監督:野口照夫 出演者:山本太郎 (透)、福間文香(亜梨沙)、八木菜々花、丸尾歩、淵上泰史 、小林高鹿 、芳野友美、桜井ユキ、小島よしお、本宮泰風、他

「婚活 365日!」のネタバレあらすじ結末

婚活 365日!の紹介:2015年アメリカ映画。親友エリースの結婚式に参列した友人トリスタ、ビビアン、アマヤの三人が、一年以内に結婚をしようと誓いをたて、その日から結婚までのカウントダウンを始めた三人の恋を綴ったラブストーリーです。
監督:ンジンガ・スチュワート 出演:レジーナ・ホール(トリスタ)、ジル・スコット(ビビアン)、イヴ(アマヤ)、スティーヴン・ビショップ(ネイト)、ジェイソン・ジョージ(ショーン)、ブルックリン・スダーノ(エリース)、ブライアン・ホワイト(デイモン) 他

「花様年華」のネタバレあらすじ結末

花様年華(かようねんか)の紹介:2000年香港映画。「愛は、もうはじまっている。」と1960年代の香港を舞台に、大人の切ない恋をスタイリッシュ綴ったウォン・カーウァイ監督のラブロマンス映画です。主演は『HERO』(2002年)のトニー・レオンとマギー・チャン。トニー・レオンがカンヌ国際映画祭男優賞を受賞するなど、数々の賞を受賞した作品です。
監督:ウォン・カーウァイ 出演:トニー・レオン(チャウ)、マギー・チャン(チャン夫人)、スー・ピンラン(ピン)、レベッカ・パン(スエン夫人)、ライ・チン(ホウ社長)、ほか

「橋の上の娘」のネタバレあらすじ結末

橋の上の娘の紹介:1999年フランス映画。曲芸師ガボールはナイフ投げの的にするため自殺志願者を探していた。そしてツキのない女、アデルに出会う。的としての才能を開花させていく彼女には困った癖があった。
監督:パトリス・ルコント 出演:ヴァネッサ・パラディ、ダニエル・オートゥイユ、ニコラ・ドナト、イザベル・プティ=ジャック、ナターシャ・ソリニャック、イザベル・スパッド、ほか

「赤い部屋の恋人」のネタバレあらすじ結末

赤い部屋の恋人の紹介:2001年アメリカ映画。若くしてビジネスで成功した孤独な男とストリッパーが“契約”で3日間を共に過ごす。愛に不器用な2人が互いに惹かれあい、葛藤する様を描いた官能的なラブストーリー。
監督:ウェイン・ワン 出演:ピーター・サースガード(リチャード)、モリー・パーカー(フローレンス)、メル・ゴーラム、ジェイソン・マッケイブ、カーラ・グギーノ、バルサザール・ゲティ、パット・モリタ、ほか

「恋の復活術」のネタバレあらすじ結末

恋の復活術の紹介:2016年アメリカ映画。“恋愛のプロ”といわれている作家の男と、彼に真っ向から反論するセラピストの女が、互いの過去の愛の傷を乗り越えて結ばれるまでを描いたラブコメディ。
監督:ユーセフ・デララ 出演:シェマー・ムーア、ナディーン・ヴェラスケス、ビル・ベラミー、Nadja Alaya、デニース・ブーテ、ロビン・リー、ミーガン・スティーブンソン、カリ・ホーク、ほか

「After Sex アフターセックス」のネタバレあらすじ結末

After Sex アフターセックスの紹介:2007年アメリカ映画。8組のカップルの事後をオムニバス形式で描くロマンス&ドラマ作品。体だけの関係、ゲイ、レズビアン、行きずりの2人など、様々な事情を抱えた16人の恋愛模様をユーモラスに描き出す。
監督:エリック・アマディオ 出演者:タリン・マニング(アラナ)、ゾーイ・サルダナ(キャット)、キーア・オドネル(デヴィッド)、エマニュエル・シュリーキー(ジョーディ)、ジャネット・オコナー(トルーディ)ほか

「素敵な夜ボクにください」のネタバレあらすじ結末

素敵な夜、ボクにくださいの紹介:2007年日本映画。カーリングをテーマに、日本人女性と韓国人男性との愛を描いたラブコメディー。カーリング選手のジンイルはチームから外され、後輩のいる日本に遊びにやって来ます。そこで売れない女優のいづみと出会うのですが…。
監督:中原俊 出演者:吹石一恵(木村いづみ)、キム・スンウ(イ・ジンイル/カン・スヒョン)、占部房子(山本裕子)、関めぐみ(木村ひかり)、枝元萌(沢谷聡子)、ほか

「ビールストリートの恋人たち」のネタバレあらすじ結末

ビール・ストリートの恋人たちの紹介:2018年アメリカ映画。1970年代、ニューヨーク。19歳のティッシュと22歳のファニーは幼い頃から共に育ち、自然と愛を育んだ若き黒人のカップル。そんな2人に子供ができ、幸せの頂点にいるはずだったが、ファニーは無実の罪で留置所にいた。身に覚えのない強姦罪の疑惑を晴らすために、家族と友人たちはファニーを助け出そうと奔走するがさまざまな壁が立ちはだかる。当時の黒人が強いられていた過酷な環境を、かけがえのない愛と希望で満たす物語。美しい映像と音楽も必見。ブラッド・ピットが製作総指揮に名を連ねる作品。
監督:バリー・ジェンキンス 出演:キキ・レイン(ティッシュ・リヴァーズ)、ステファン・ジェームス("ファニー"アロンゾ・ハント)、レジーナ・キング(シャロン・リヴァーズ)、パリス・テヨナ(アーネスティン・リヴァーズ)、コールマン・ドミンゴ(ジョーゼフ・リヴァーズ)、エボニー・オブシディアン(エイドリアン・ハント)、アーンジャニュー・エリス(ハント夫人)、ディエゴ・ルナ(ペドロシート)、エミリー・リオス(ヴィクトリア・ロジャース)、エド・スクライン(ベル巡査)、フィン・ウィットロック(ヘイワード弁護士)、ブライアン・タイリー・ヘンリー(ダニエル・カーティ)、デイヴ・フランコ(レヴィー)、ペドロ・パスカル(ピエトロ・アルバレス)ほか

「おんなのこきらい」のネタバレあらすじ結末

おんなのこきらいの紹介:2014年日本映画。男に媚びて生きる「可愛い」絶対主義者・過食症のOLキリコ。でも自分によく似た女、自分になびかない男が現れてからキリコの人生観が変わり始める…。ふぇのたすの楽曲「女の子入門」から着想を得て、音楽と映画の融合を目指した映画祭MOOSIC LAB2014のために制作。この映画祭において複数の賞を受賞した作品。
監督・脚本:加藤綾佳 出演:森川葵、木口健太、谷啓吾、井上早紀、加弥乃、松澤匠、巴山祐樹、ふぇのたす、ほか

「花芯」のネタバレあらすじ結末

花芯(かしん)の紹介:2015年日本映画。瀬戸内寂聴が新進気鋭の女流作家瀬戸内晴美として発表した同名小説の映画化作品。夫との暮らしに愛を見いだせない人妻が恋を知り、やがて愛欲の世界に身を投じていく様を官能的に描いていきます。清純派女優村川絵梨の体当たりの熱演が光ります。
監督:安藤尋 出演者:村川絵梨(古川園子)、林遣都(雨宮清彦)、安藤政信(越智泰範)、藤本泉(古川蓉子)、毬谷友子(北林未亡人)、ほか

1 2 3 4 5 41
TOP↑