ラブストーリー映画のあらすじ

ラブストーリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までラブストーリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「愛を綴る女」のネタバレあらすじ結末

愛を綴る女の紹介:2016年フランス,ベルギー映画。情熱的な愛を求めながら望まない結婚をした女性が運命的な出会いを果たすが、そこには思わぬ真実が秘められていた。M・アグスのベストセラー小説「祖母の手帖」を映画化。
監督:ニコール・ガルシア 出演:マリオン・コティヤール(ガブリエル)、ルイ・ガレル(アンドレ・ソヴァージュ)、アレックス・ブレンデミュール(ジョゼ)、ブリジット・ルアン(アデル)、ヴィクトワール・デュボワ(ジャニーヌ)、アロイーズ・ソヴァージュ(アゴスティーヌ)、ダニエル・パラ(マルタン)、ほか

「黄昏(1951年)」のネタバレあらすじ結末

黄昏の紹介:1951年アメリカ映画。職を求め、シカゴへやってきた娘キャリーは劣悪な職場環境で怪我を負い、居候先の姉夫婦の家にも居づらくなってしまう。行き場を失ったキャリーは口説いてきた会社経営者チャールズのもとに身を寄せる一方で、高級レストランのオーナー、ジョージにも惹かれていき…。「ローマの休日」の名匠ウィリアム・ワイラーが描く叙情的メロドラマ。イギリスが誇る名俳優ローレンス・オリヴィエが若き女性との出会いによって人生を破滅させていく初老の紳士役を魅力的に演じています。
監督:ウィリアム・ワイラー 出演者:ローレンス・オリヴィエ(ジョージ・ハーストウッド)、ジェニファー・ジョーンズ(キャリー・ミーバー)、ミリアム・ホプキンス (ジュリー・ハーストウッド)、 エディ・アルバート(チャールズ・ドルーエ)、ベイジル・ルイスディール(ミスターフィッツジェラルド)、ほか

「昼下がり、ローマの恋」のネタバレあらすじ結末

昼下がり、ローマの恋の紹介:2011年イタリア映画。タクシードライバーに扮したキューピットが見せる、青年・中年・熟年それぞれの年代の3人の男の恋模様。G・ヴェロネージ監督による“恋愛マニュアル”シリーズの第3弾。
監督:ジョヴァンニ・ヴェロネージ 出演:ロバート・デ・ニーロ(エイドリアン)、モニカ・ベルッチ(ビオラ)、リッカルド・スカマルチョ(ロベルト)、カルロ・ヴェルドーネ(ファビオ)、ミケーレ・プラチド(オーグスト)、ラウラ・キアッティ(ミコル)、ドナテッラ・フィノッキアーロ(エリアナ)、ヴァレリア・ソラリーノ(サラ)、ヴィットリオ・エマヌエーレ(恋のキューピット・タクシー運転手)、ほか

「mellow メロウ」のネタバレあらすじ結末

mellow メロウの紹介:2020年日本映画。『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』などで一躍脚光を浴びた今泉力哉が監督・脚本を手掛けたオリジナル作品。おしゃれな花屋を経営する男性と、廃業寸前のラーメン屋を営む女性を中心に、交錯する人々の思いを丁寧に綴った恋愛群像劇。今泉監督作品は初出演となる田中圭が主演を務め、岡崎紗絵、志田彩良らフレッシュな顔ぶれがそろう。
監督:今泉力哉 出演:田中圭(夏目誠一)、岡崎紗絵(古川木帆)、志田彩良(浅井宏美)、松木エレナ(水野陽子)、白鳥玉季(原田さほ)、SUMIRE(吉川弘子)、山下健二郎(川上優)、ともさかりえ(青木麻里子)、小市慢太郎(古川左近)、ほか

「五番町夕霧楼(1980年)」のネタバレあらすじ結末

五番町夕霧楼(ごばんちょうゆうぎりろう)の紹介:1980年日本映画。直木賞作家水上勉の同名小説を原作とした作品。京都の五番町遊廓を舞台に若い遊女夕子と幼馴染の修行僧正順の悲恋を描いていきます。松坂慶子、奥田瑛二が狂おしい愛に翻弄されていく男女を体当たりの演技で熱演しています。
監督:山根成之 出演者: 松坂慶子(片桐夕子)、奥田瑛二(櫟田正順)、浜木綿子(夕霧楼女将・かつ枝)、長門裕之(竹末甚造)、風吹ジュン(敬子)、根岸季衣(照千代)、 加藤嘉(櫟田承源)、佐分利信(田上慈州)、織本順吉(臨源寺玄悠)、奈良岡朋子(櫟田まさ)、ほか

「GO!GO!L.A.」のネタバレあらすじ結末

GO!GO!L.A.の紹介:1998年イギリス,フランス,フィンランド映画。ロサンゼルスで恋に翻弄されるイギリス人青年を描いたコメディ&ロマンス。ブラッドフォードで葬儀屋を営むリチャードは、ロサンゼルスから観光に来ていたバーバラに一目惚れ。彼女に恋焦がれるあまり、ロサンゼルスまで追いかけて行ってしまった。愚直なまでに誠心誠意アプローチを続けるリチャードだったが、なかなか実を結ばない。友人達の助けもあって何とか念願の結婚に漕ぎ着けるが、更なる苦難が待ち受けていた。本人役でジョニー・デップやレニングラード・カウボーイズが出演している。
監督:ミカ・カウリスマキ 出演者:デヴィッド・テナント(リチャード)、ヴィネッサ・ショウ(バーバラ)、ヴィンセント・ギャロ(モス)、ジュリー・デルピー(ジュリー)、キャメロン・バンクロフト(パターソン)ほか

「楊貴妃」のネタバレあらすじ結末

楊貴妃の紹介:1955年日本映画。溝口監督としては珍しく中国の史実を扱った異色作。日本では代表作とはみなされていないが、外国ではそのエキゾチックな雰囲気が一部の批評家から高く評価されている。美しいカラー撮影は「地獄門」「源氏物語」で世界的な注目を浴びた杉山公平が担当。
監督:溝口健二 出演:京マチ子(楊貴妃)、森雅之(玄宗皇帝)、山村聡(安禄山)、小沢栄(楊国忠)、山形勲(楊銛)、杉村春子(延春郡主)

「いつか読書する日」のネタバレあらすじ結末

いつか読書する日の紹介:2004年日本映画。30年余りも密やかな想いを胸の奥に閉じ込めたまま、一人の男性を想い続けた女性の恋物語。ロケは監督自身が少年時代を過ごした長崎で敢行され、美しい風景と心に響く音楽で、大人の男女の純愛ドラマを描く。
監督:緒方明 出演:田中裕子(大場美奈子)、岸部一徳(高梨槐多)、仁科亜季子(高梨容子)、渡辺美佐子(皆川敏子)、上田耕一(皆川真男)、香川照之(スーパー店長)、杉本哲太(高梨陽次)、鈴木砂羽(大場千代)、ほか

「若い人(石原裕次郎主演)」のネタバレあらすじ結末

若い人の紹介:1962年日本映画。石坂洋次郎の長編小説を原作に、過去数度映画化された作品を石原裕次郎主演でリメイクした作品です。女子高に赴任してきた新人教師、訳ありの母親を抱える女子高生、教師に想いを寄せる同僚の女性教師の三者の関係と思惑が描かれます。
監督:西河克己 出演者:石原裕次郎(間崎慎太郎)、吉永小百合(江波恵子)、浅丘ルリ子(橋本スミ子)、大坂志郎(山川医師)、三浦充子(江波ハツ)、北村和夫(江口健吉)、小沢昭一(北森敦)、村瀬幸子(山形アツ子)、井上昭文(畠中登)、武智豊子(瀬川フミ)、殿山泰司(瀬川善吉)、三崎千恵子(山川ヒロ子)ほか

「ロング・ショット」のネタバレあらすじ結末

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋の紹介:2019年アメリカ映画。アメリカ政府の外交政策を担当する若い女性国務長官が大統領選挙に出馬します。その一方で現政権に批判的な新聞記者は仕事を失い周囲の笑いものです。ところが国務長官がその新聞記者に興味を持ち、演説の原稿を書かせ、やがて二人の関係は深まっていきます。しかし、ありえない二人の関係は周囲の反対を受け、やがて大統領選挙を左右するスキャンダルになります。『ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋』は、アメリカの政治を舞台に境遇の違う二人を描いたコメディ映画。保守とリベラルの対立というアメリカ政治を背景に、セス・ローゲンの笑わせる演技がみどころです。「ロング・ショット」とは Long(長い距離の) Shot(射撃)、「当たる可能性が低い、期待薄、ありえない」と言う意味です。
監督:ジョナサン・レヴィン 出演:シャーリーズ・セロン(シャーロット・フィーリズ)、セス・ローゲン(フレッド・フレースキー)、オシェア・ジャクソン・Jr(ランス)、アンディ・サーキス(パーカー・ウェンブリー)、ジューン・ダイアン・ラファエル(マギー)、ボブ・オデンカーク(チャンバース大統領)、アレキサンダー・スカルスガルド、ほか

「兄友」のネタバレあらすじ結末

兄友の紹介:2018年日本映画。人気少女恋愛コミック『兄友』を横浜流星の主演で映画化した作品です。生徒会長の七瀬雪紘の家に行った壮太は、玄関で雪紘の妹まいに会います。お互い一目ぼれし、雪紘の助けもあって交際が始まりますが、二人とも恋愛経験がなく、特に壮太は奥手でお互いが考えるような発展はありませんでした。そんな時、壮太の従弟の樹がまいの高校に入学し、まいに一目ぼれしたことから二人の恋は思わぬ方向に進んでいきました…という内容のラブストーリー映画です。
監督:中島良 出演者:横浜流星(西野壮太)、松風理咲(七瀬まい)、松岡広大(加賀樹)、古川毅(七瀬雪紘)、小野花梨(西野秋)、福山潤(橘萩之介)、ほか

「パリの恋人たち」のネタバレあらすじ結末

パリの恋人たちの紹介:2018年フランス映画。パリに住むジャーナリストのアベルは、3年もの間同居を続けてきた恋人マリアンヌに妊娠を告げられ喜んだのも束の間、父親は友人のポールだった。別れを告げられ家まで出されてしまった。数年後、ポールが突然死を迎えてしまう。告別式でマリアンヌと再会したアベルは恋心が再び燃え上がり復縁をせまる。そんなアベルに幼少期から恋をしていたポールの妹エヴは、ついに胸の内を打ち明ける。監督・主演はフランスの名匠フィリップ・ガレルの息子で、俳優としてセザール賞も受賞したルイ・ガレル。恋人約には実生活でもパートナーのレティシア・カスタ。
監督:ルイ・ガレル 出演:ルイ・ガレル(アベル)、レティシア・カスタ(マリアンヌ)、リリー=ローズ・デップ(エヴ)、ジョゼフ・エンゲル(ジョゼフ)、ほか

「薔薇とチューリップ」のネタバレあらすじ結末

薔薇とチューリップの紹介:2019年日本映画。現代アートの天才と呼ばれる韓国のネロが、日本で個展を開くためやって来ました。同じ頃ネロにそっくりな留学生が温泉旅館にいました。ネロの絵画が盗作されている情報が流れ、調べていると、ある旅館に盗作とみられる絵画があることを知り、向かったネロはそこで自分とそっくりな留学生デウォンに会い…という内容の韓国の人気グループ2PMのジュノを主役にした日本映画です。
監督:野口照夫 出演者:ジュノ(ネロ/デウォン)、谷村美月(かおり)、玄理(ミョンア)、ふせえり(悦子)、チャンソン(ジンイル)ほか

「花宵道中」のネタバレあらすじ結末

花宵道中(はなよいどうちゅう)の紹介:2014年日本映画。江戸の吉原に幼い頃に引き取られた朝霧と、朝霧と同じ置屋にいて身請け後に亡くなった霧里の死因を探り、朝霧に恋をする霧里の弟・半次郎の悲しくも切ない恋の物語。半次郎と年季明けの近い朝霧の恋は成就するのか?霧里の死因は?吉原での切なすぎる女達の話です。
監督:豊島圭介 出演:安達祐実(朝霧)、淵上泰史(半次郎)、小篠恵奈(八津)、三津谷葉子(江利耶)、多岐川華子(絢音)、立花彩野(若耶麻)、友近(女将)、高岡早紀(霧里)、津田寛治(吉田屋藤衛門)、ほか

「愛と誠」のネタバレあらすじ結末

愛と誠の紹介:2012年日本映画。梶原一騎の情熱的愛情を炸裂させた、漫画原作。三池崇史監督による、ミュージカル仕立ての、アクションありラブストーリー。今回は、武井咲主演の「角川・東映版」。
監督:三池崇史 出演:妻夫木聡(太賀誠)、武井咲(早乙女愛)、斎藤工(岩清水弘)、大野いと(高原由紀)、安藤サクラ(ガムコ)、前田健(先生)、加藤清史郎(太賀誠(幼少期))、一青窈(早乙女美也子)、ほか

1 2 3 4 5 48

キーワードから探す

TOP↑