ラブストーリー映画のあらすじ

ラブストーリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までラブストーリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「愛なのに」のネタバレあらすじ結末

愛なのにの紹介:2021年日本映画。今泉力哉と城定秀夫が互いに脚本を持ち寄りR15+指定のラブストーリーを制作するコラボレーション企画「L/R15」の一環として製作されたラブコメディです。古本屋の店主、店主に突然求婚する女子高生、店主の憧れながらも婚約者のいる女性が織りなす先の読めないラブコメディが描かれます。主演を瀬戸康史が務め、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーであるさとうほなみらが脇を固めています。
監督:城定秀夫 出演者:瀬戸康史(多田浩司)、さとうほなみ(佐伯一花)、河合優実(矢野岬)、中島歩(亮介)、向里祐香(隈本美樹)、丈太郎(正雄)、毎熊克哉(広重)、オセロ(カンタ)ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「マリー・ミー」のネタバレあらすじ結末

マリー・ミーの紹介:2022年アメリカ映画。世界的な歌姫キャット・バルディスは、音楽界の超新星バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」を歌いながら大観衆の前で華々しい結婚式を挙げる予定だった。しかし挙式の直前、バスティアンの浮気がSNSで拡散されてしまう。キャットは失意のままステージに登壇し観客の中からひとりの男を指名すると、突然プロポーズをするという驚きの行動に出る。新たなお相手は冴えない平凡な数学教師。周囲のスタッフやマスコミ、そしてファンたちは大混乱。お互いを知るところから始まった結婚生活は前途多難な道のりだった。そんな中、バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」がグラミー賞にノミネートされた。これを機にキャットとバスティアンの関係も親密になっていく。原作はボビー・クロスビーの同名グラフィックノベル。ジェニファーとマルーマの歌がストーリーを彩り、圧巻のウェディングドレスをはじめとする豪華な衣装や、煌びやかなステージも見どころ。
監督:カット・コイロ 出演:ジェニファー・ロペス(キャット・バルディス)、オーウェン・ウィルソン(チャーリー)、マルーマ(バスティアン)、ジョン・ブラッドリー(コリン)、サラ・シルバーマン(パーカー)、クロエ・コールマン(ルー)、ミシェル・ブトー(メリッサ)、カリル・ミドルトン(コフィ)、カット・カニング(タイラ)ほか

「僕の好きな女の子」のネタバレあらすじ結末

僕の好きな女の子の紹介:2019年日本映画。お笑い芸人ながらも小説家の才能も発揮し脚光を浴びた又吉直樹が手掛けた原作を元に映画化された作品。好きな人になかなか好きだと言えずにいる奥手の主人公加藤の恋愛模様を微笑ましく描いています。純粋すぎる加藤の態度にヤキモキしながらつい顛末を見守ってしまいます。
監督:玉田真也 出演:渡辺大知(加藤)、奈緒(美帆)、荻原みのり(加藤の後輩)、仲野太賀(美帆の彼氏)、朝倉あき、ほか

「海辺のエトランゼ」のネタバレあらすじ結末

海辺のエトランゼの紹介:2020年日本映画。紀伊カンナの同名漫画を映画化。沖縄の離島を舞台に、男性同士の揺れる恋心を描く青春アニメーション作品。小説家志望でゲイの青年・駿は、とある事情から北海道の実家を飛び出し、沖縄の離島で暮らしていた。ある日、海辺のベンチに悲しげに座る少年・実央と出会う。実央は両親を亡くし、周囲の同情にも嫌気が差して心の殻に閉じ篭っていた。実央に惹かれた駿が半ばナンパのように声をかけ、2人の距離は次第に縮まっていく。しかし実央が本島の施設に入ることになり、2人は離れ離れになってしまった。3年後。未だ実央のことを想う駿の前に、成長した実央が現れる。実央は真っ直ぐな眼差しで、駿に好意を伝えるのだったが…。
監督:大橋明代 声優:村田太志(橋本駿)、松岡禎丞(知花実央)、嶋村侑(桜子)、伊藤かな恵(絵理)、仲谷明香(鈴)、ほか

「僕が君の耳になる」のネタバレあらすじ結末

僕が君の耳になるの紹介:2021年日本映画。YouTubeで再生回数1000万回を突破したボーカル&手話パフォーマンスグループ「HANDSIGN」の楽曲を原案とし、本作にも出演している聾唖者の忍足亜希子と夫・三浦剛の実話も織り込んで製作したラブストーリーです。ごく普通の大学生と耳が聞こえない女性が恋に落ち、様々な困難を乗り越えながら成長していく姿を描きます。
監督:榎本次郎 出演者:織部典成(山岸純平)、梶本瑞希(福原美咲)、三浦剛(福原光太郎)、忍足亜希子(結衣)、松井健太(満彦)、岡元あつこ(遥香)、小松みゆき(コーチ)、中西悠綺(原玲奈)、濱田英里(福原朋子)、寺田光(純平の妹)、川崎麻世、阿部祐二、新藤栄作、岡田結実、坂東彦三郎、木村祐一(栗橋)、森口瑤子(山岸千夏)ほか

「かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナル」のネタバレあらすじ結末

かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~ ファイナルの紹介:2021年日本映画。赤坂アカの人気漫画を実写映画化し、興行収入20億円を売り上げた『かぐや様は告らせたい ~天才たちの恋愛頭脳戦~』(2019年公開)の続編です。主演の平野紫耀(King & Prince)と橋本環奈を始めメインキャスト・スタッフが続投、原作の「体育祭編」と「文化祭編」を基に主役二人の恋愛頭脳戦が展開されます。
監督:河合勇人 出演者:平野紫耀(白銀御行)、橋本環奈(四宮かぐや)、佐野勇斗(石上優)、浅川梨奈(藤原千花)、堀田真由(早坂愛)、影山優佳(伊井野ミコ)、福原遥(子安つばめ)、板橋駿谷(風野)、高橋文哉(荻野コウ)、池間夏海(柏木渚)、ゆうたろう(田沼翼)、髙嶋政宏(白銀の父)、佐藤二朗(田沼正造/ナレーション)ほか

「ずっと独身でいるつもり?」のネタバレあらすじ結末

ずっと独身でいるつもり?の紹介:2021年日本映画。雨宮まみの同名エッセイならび、同作を原案としたおかざき真理の同名漫画を本作が初主演となる田中みな実を主役に迎えて制作した映画です。さまざまな境遇の女性たちが抱える不安や寂しさ、そして幸せを追い求める姿を描いていきます。
監督:ふくだももこ 出演者:田中みな実(本田まみ)、市川実和子(佐藤由紀乃)、松村沙友理(鈴木美穂)、徳永えり(高橋彩佳)、稲葉友(橋田公平)、松澤匠(高橋佑介)、山口紗弥加(五所川原玲)、藤井隆(徳永隆一)、橋爪淳(本田士郎)、筒井真理子(本田恭子)ほか

「ムーンライト・シャドウ」のネタバレあらすじ結末

ムーンライト・シャドウの紹介:2021年日本映画。吉本ばななが1988年に発表した連作短編集『キッチン』収録の同名短編小説を、主演に本作が長編映画初主演となる小松菜奈を迎えて映画化した作品です。恋人の突然の死と未だに向き合うことのできない主人公はえず、深い哀しみに打ちひしがれるさつきは、満月の夜の終わりに死者ともう一度会えるかもしれないという不思議な現象『月影現象』に惹かれていきます・・・。
監督:エドモンド・ヨウ 出演者:小松菜奈(さつき)、宮沢氷魚(等)、佐藤緋美(柊)、中原ナナ(ゆみこ)、吉倉あおい(蛍)、中野誠也(充)、臼田あさ美(麗)ほか

「ユンヒへ」のネタバレあらすじ結末

ユンヒへの紹介:2019年韓国映画。韓国の地方都市と日本・北海道小樽市を舞台に、二人の女性同士の約20年間に及ぶ心に秘めた恋の記憶と人生模様を描いたラブストーリーです。本作は韓国最大の映画賞である青龍映画賞で監督賞・脚本賞を受賞するなど数々の賞に輝いています。
監督:イム・デヒョン 出演者:キム・ヒエ(ユンヒ)、中村優子(ジュン)、キム・ソヘ(セボム)、ソン・ユビン(ギョンス)、木野花(マサコ)、ユ・ジェミョン(インホ)、瀧内公美(リョウコ)、薬丸翔(リュウスケ)ほか

「ちょっと思い出しただけ」のネタバレあらすじ結末

ちょっと思い出しただけの紹介:2021年日本映画。クリープハイプの尾崎世界観が、大好きな映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』にインスパイアされて作った楽曲『ナイトオンザプラネット』。盟友である松居大悟監督がその曲をもとに書き上げたオリジナル脚本がこの『ちょっと思い出しただけ』だ。松井監督や尾崎世界観とつき合いの長い池松壮亮と、初タッグとは思えないほど息ピッタリの伊藤沙莉が、別れから出会いまでの6年間を演じている。ジム・ジャームッシュ監督作品に出演経験のある永瀬正敏が、象徴的な役を演じているのも見どころのひとつだ。主題歌はクリープハイプ「ナイトオンザプラネット」
監督・脚本:松居大悟 キャスト:池松壮亮(佐伯照生)、伊藤沙莉(野原葉)、河合優実(泉美)、大関れいか(さつき)、屋敷裕政(ニューヨーク)(康太)、尾崎世界観(ミュージシャンの男)、市川実和子(牧田)、國村隼(バーのマスター:中井戸)、成田凌(フミオ)、永瀬正敏(ジュン)、神野三鈴(ジュンの妻)、鈴木慶一(ナグラ)ほか

「ルーシーズ」のネタバレあらすじ結末

ルーシーズ(別題:ルーシーズ ニューヨーク・ラブストーリー)の紹介:2011年アメリカ映画。死んだ父親の借金返済のためスリを働く男が一夜限りのはずだった相手から妊娠を告げられたことで、警察やスリの元締めに追い詰められながらも自身の人生を取り戻す姿を描いたラブ&サクセスストーリー。
監督:マイケル・コレント 出演:ピーター・ファシネリ(ボビー)、ジェイミー・アレクサンダー(ルーシー)、ヴィンセント・ギャロ(ジャックス)、マイケル・マドセン(サリー)、ウィリアム・フォーサイス(エドワード)、マリアンヌ・レオーネ(リタ)、クリスティ・ロマーノ(カーメン)、ジョー・パントリアーノ(カール)、ほか

「炎の舞」のネタバレあらすじ結末

炎の舞の紹介:1978年日本映画。学校を終え、故郷に戻った拓冶は森の反対側に住むきよのという娘と仲良くなり結婚しました。しかし新婚生活は長く続かず、拓冶に召集令状が届きました・・・という内容の相思相愛で結婚した若い男女が、時の太平洋戦争の徴兵によって引き裂かれる哀しい運命を描いた、加茂菖子の小説『執炎』の映画化です。山口百恵、三浦友和コンビの9作目の作品で邦画配給収入ランキングの第8位の1本です。
監督:河崎義祐 出演:山口百恵(久坂きよの)、三浦友和(吉井拓治)、細川俊夫(久坂宗道)、木暮実千代(久坂玉乃)、能瀬慶子(久坂あやの)、有島一郎(小島)ほか

「うず潮」のネタバレあらすじ結末

うず潮の紹介:1975年フランス映画。都会での暮らしを嫌って島で隠遁生活を送る男が、結婚直前に婚約者から逃げ出してきた女に平穏な暮らしを壊されながらもやがて愛し合うようになるまでを描いたラブ・コメディ。
監督:ジャン=ポール・ラプノー 出演:イヴ・モンタン(マーティン)、カトリーヌ・ドヌーヴ(ネリー)、トニー・ロバーツ(アレックス)、ルイジ・ヴァンヌッチ(ヴィットリオ)、ダナ・ウィンター(ジェシー)、ほか

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」のネタバレあらすじ結末

プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレードの紹介:2017年イギリス,チェコ映画。「フィガロの結婚」が大人気となってプラハに招かれたモーツァルトと、そこで出会った若く美しいソプラノ歌手の、秘めた恋とその悲しい結末を描いた恋愛&音楽ドラマ。
監督:ジョン・スティーヴンソン 出演:アナイリン・バーナード(モーツァルト)、ジェームズ・ピュアフォイ(サロカ男爵)、サマンサ・バークス(ヨゼファ)、モーフィッド・クラーク(スザンナ)、ほか

1 2 3 4 5 59

キーワードから探す

TOP↑