ラブストーリー映画のあらすじ

ラブストーリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までラブストーリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「パーフェクト・ライフ 愛のかたち」のネタバレあらすじ結末

パーフェクト・ライフ 愛のかたちの紹介:2013年アメリカ映画。夫の度重なる浮気で壊れかけた1組の夫婦。失って初めて妻の存在の大切さに気づいた夫と、夫を知ろうとする妻の葛藤が描かれた人生ドラマ。
監督:キース・ヴァン・オーストラム 出演:ジーン・トリプルホーン(ニナ)、リーヴ・シュレイバー(ジェームズ)、ジョエル・カーター(リン)、ルイーズ・フレッチャー(アビー)、レネ・ソーテンダイク(マーサ)、フープ・スターペル(ピーター)、ほか

「美しき結婚」のネタバレあらすじ結末

美しき結婚の紹介:1981年フランス映画。妻子ある男との不倫関係に嫌気がさし理想の結婚を求めて奔走する、甚だ自分勝手で思い込みの激しい主人公の姿を描いたエリック・ロメールの「喜劇と格言劇」シリーズ第2作。
監督:エリック・ロメール 出演:ベアトリス・ロマン(サビーヌ)、アンドレ・デュソリエ(エドモン)、アリエル・ドンバール(クラリス)、フェオドール・アトキン(シモン)、ユゲット・ファジェ(マリース)、ヴァンサン・ゴーティエ(クロード)、ほか

「バツイチは恋のはじまり」のネタバレあらすじ結末

バツイチは恋のはじまりの紹介:2012年フランス映画。『一族の女は最初の結婚は失敗する』という家系の女性が、長年のパートナーとの結婚を成功させるために偽装結婚し、あえてバツイチになるという作戦から思わぬ結末を迎えるまでを描いたラブ・コメディ。
監督:パスカル・ショメイユ 出演:ダイアン・クルーガー(イザベル)、ダニー・ブーン(ジャン=イヴ)、アリス・ポル(コリンヌ)、ロベール・プラニョル(ピエール)、ジョナタン・コエン(パトリック)、ベルナデット・ル・サシェ(ソランジュ)、エチエンヌ・シコ(エドモン)、ロール・カラミー(ヴァレリー)、マロン・レヴァナ(ルイーズ)、ほか

「Be With You ~いま、会いにゆきます」のネタバレあらすじ結末

Be With You ~いま、会いにゆきますの紹介:2018年韓国映画。2004年に映画化されて大ヒットした市川拓司の小説『いま、会いにゆきます』を韓国でリメイクしたヒューマンドラマです。韓国版のオリジナルエピソードを加えて日本でも2019年に公開された。雨の日に戻ると言い残して亡くなった妻。約束どおり夫の前に現れた妻は記憶を失っていました…。
監督:イ・チャンフン 出演者:ソ・ジソブ(ウジン)、ソン・イェジン(スア)、キム・ジファン(ジホ)、コ・チャンソク(ホング)、リー・ユジン(若き日のウジン)、キム・ヒョンス(若き日のスア)、ペ・ユラム(若き日のホング)ほか

「オリ・マキの人生で最も幸せな日」のネタバレあらすじ結末

オリ・マキの人生で最も幸せな日の紹介:2016年フィンランド,ドイツ,スウェーデン映画。パン屋で働くボクサーのオリ・マキが世界チャンピオンに挑んでいく話をメインに、オリ・マキの恋物語を含めて何が一番大切かを描き出した作品です。終始モノクロの画風が古い時代の話を表現していて優しい雰囲気を出しています。
監督:ユホ・クオスマネン 出演:ヤルコ・ラハティ(オリ・マキ)、オーナ・アイロラ(ライヤ)、エーロ・ミロノフ(エリス)、ほか

「ザ・シークレット 希望を信じて」のネタバレあらすじ結末

ザ・シークレット 希望を信じての紹介:2020年アメリカ映画。夫を亡くし子育てと仕事のやりくりに追われるミランダが偶然出会った、休暇中のブレイ。実は彼もミランダを探してルイジアナの町までやって来ていた。偶然が偶然を呼ぶミラクルストーリー。別題は『ザ・シークレット: デア・トゥー・ドリーム』
監督:アンディ・テナント 出演者:ケイティ・ホールズ(ミランダ・ウェルズ)、ジョシュ・ルーカス(ブレイ・ジョンソン)、ジェリー・オコンネル(タッカー)、セリア・ウェストン(ボビー)、サラ・ホフマイスター(ミッシー・ウェルズ)、ほか

「こえをきかせて」のネタバレあらすじ結末

こえをきかせての紹介:2018年日本映画。女性モデルと精肉店を営む男性とのラブストーリー。監督は、「あなたを待っています」や「闇金ぐれんたい」のいまおかしんじ氏。主人公のハルカを演じるのは、トリンプ・インターナショナル・ジャパン主催のヒップコンテスト日本大会で優勝した渡辺万美。精肉店店主は、「天然☆生活」の川瀬陽太が演じる。
監督:いまおかしんじ 出演:渡辺万美(はるか)、川瀬陽太(安春)、吉岡睦雄、今川宇宙、長屋和彰、古藤真彦、広瀬彰勇、丸純子、ほか

「血と砂(1941年)」のネタバレあらすじ結末

血と砂の紹介:1941年アメリカ映画。貧困から身を起こし親譲りの才能でスター闘牛士となる青年。だが彼を美しい罠が待っていた。1922年に伝説的美男スター、ルドルフ・ヴァレンティノ主演で製作された『血と砂』のリメイク(1921年の『椿姫』でヴァレンティノの相手役だったナジモヴァが主人公の母親を演じている)。主演は20世紀FOX社の二枚目アイドルにして名優のタイロン・パワー。可憐なリンダ・ダーネルとテクニカラーに美貌の映えるリタ・ヘイワースが主人公をめぐって争う。闘牛シーンはメキシコの闘牛場で撮影された。メキシコで異色のアメリカ人闘牛士だったバッド・ベティカーが技術顧問となり、これをきっかけに映画界に留まり、やがて西部劇等の脚本家・監督として活躍することになる。アーネスト・パーマーとレイ・レナハンが第14回アカデミー賞撮影賞(カラー)を受賞。
監督:ルーベン・マムーリアン 出演:タイロン・パワー(ファン・ガイヤルド)、リンダ・ダーネル(カルメン)、リタ・ヘイワース(ドニア・ソル)、ナジモヴァ(セニョーラ・アウグスティアス[ファンの母])、アンソニー・クイン(マノロ・デ・パルマ)、J・キャロル・ナイシュ(ガラバト)、リン・バリ(エンカルナシオン[ファンの姉])、ジョン・キャラダイン(ナショナル)、ほか

「シルヴィ 恋のメロディ」のネタバレあらすじ結末

シルヴィ 恋のメロディの紹介:2020年アメリカ映画。夢を追う者同士愛し合う2人の男女が、互いを思うゆえにすれ違いながらも幸せになる道を模索するラブ・ストーリー。恋愛の要素だけではなく、人種問題や女性のキャリアについても考えさせられる作品。
監督:ユージン・アッシュ 出演:テッサ・トンプソン(シルヴィ)、ンナムディ・アサマア(ロバート)、アヤ・ナオミ・キング(モナ)、アラーノ・ミラー(レイシー)、ほか

「彼女を信じないでください」のネタバレあらすじ結末

彼女を信じないでくださいの紹介:2004年韓国映画。仮釈放中の詐欺師ヨンジュと、純朴な薬剤師ヒチョルが電車内で知り合い、ヒチョルの婚約指輪がスリに遭い、その指輪をヨンジュがスリ返したことで、誤解と嘘からヨンジュはヒチョルの実家で婚約者として暮らすことになります。すぐに町の人たちとも打ち解けたヨンジュにヒチョルは少しずつ彼女を理解するようになります。ヨンガンの自然と町の人たちの様子に癒される涙と笑いのラブコメディ作品です。
監督:ペ・ヒョンジュン 出演:カン・ドンウォン(チェ・ヒチョル)、キム・ハヌル(チュ・ヨンジュ)、ソン・ジェホ(ヒチョルのお父さん)、キム・ジヨン(ヒチョルのおばあちゃん)、イ・ヨンウン(ヒチョルの妹)、ナム・サンミ(ヒチョルの恋人)、ほか

「好きだった君へ:これからもずっと大好き」のネタバレあらすじ結末

好きだった君へ:これからもずっと大好きの紹介:2021年アメリカ映画。高校最後の年。ララ・ジーンはピーターと同じ大学へ通ってキャンパスライフを楽しむ夢を抱きます。しかしあることをきっかけに、ピーターを取るかそれとも自分がときめく進路へと向かうのかララ・ジーンは悩みます。そしてある決断をします。アジア系女優が恋愛映画の主人公に抜擢された作品のシリーズ3作目。この作品をきっかけに、今後アジア系女優が躍進していく予感を感じさせてくれる作品となっています。
監督:マイケル・フィモナリ 出演:ラナ・コンドル(ララ・ジーン)、ノア・センティネオ(ピーター)、アンナ・カスカート(キティ)、ジャネル・バリッシュ(マーゴット)、マデリン・アーサー(クリスティン)、ロス・バトラー(トレバー)、ほか

「ライアー×ライアー」のネタバレあらすじ結末

ライアー×ライアーの紹介:2021年日本映画。金田一蓮十郎の人気コミックをアイドルグループ「SixTONES」の松村北斗と『天気の子』の森七菜のダブル主演で映画化した青春ラブコメディです。恋愛経験ゼロの地味な女子大生がひょんなことからギャルメイクの女子高生に変装することとなり、女癖の悪い義理の弟がそうとは知らずに彼女に恋をしてしまったことから始まる「2人なのに三角関係」を描きます。
監督:耶雲哉治 出演者:松村北斗(高槻透)、森七菜(高槻湊/野口みな)、小関裕太(烏丸真士)、堀田真由(野口真樹)、七五三掛龍也(桂孝昭)、板橋駿谷(川西純太)、相田翔子(高槻ひとみ)、竹井亮介(高槻紀行)ほか

「リトル・ロマンス」のネタバレあらすじ結末

リトル・ロマンスの紹介:1979年アメリカ映画。少年少女の淡く瑞々しい恋を描く青春ロマンス作品。13歳のダニエルは大の映画好きで、知能指数も高いため同級生の間では馴染めずにいた。そんなある日、見学中のベルサイユ宮殿でローレンという少女に出会う。彼女もまた知能が高く、母親の相次ぐ再婚で孤独を感じていた。ダニエルとローレンは初めての恋に胸をときめかせ、デートを重ねていく。2人はヴェネツィアにある「ため息の橋」の下でキスをした恋人同士は永遠に結ばれるという伝説を知り、それを実行しようと計画を立てるのだが…。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演者:ローレンス・オリヴィエ(ジュリアス)、アーサー・ヒル(リチャード)、ダイアン・レイン(ローレン)、テロニアス・ベロナール(ダニエル)、サリー・ケラーマン(ケイ)、ほか

「花束みたいな恋をした」のネタバレあらすじ結末

花束みたいな恋をしたの紹介:2020年日本映画。何かがはじまる予感がして、心臓が鳴った――。『東京ラブストーリー』『Mother』などを手がけた脚本家・坂元裕二のオリジナル脚本を映画したラブストーリーです。菅田将暉と有村架純がダブル主演を務め、偶然な出会いから始まったごく普通の男女の5年間の恋の物語を描きます。
監督:土井裕泰 出演者:菅田将暉(山音麦)、有村架純(八谷絹)、清原果耶(羽田凜)、細田佳央太(水埜亘)、韓英恵(川岸菜那)、中崎敏(青木海人)、八木アリサ(卯内日菜子)、オダギリジョー(加持航平)、佐藤寛太(富小路翔真)、戸田恵子(八谷早智子)、岩松了(八谷芳明)、小林薫(山音広太郎)ほか

「男と女 人生最良の日々」のネタバレあらすじ結末

男と女 人生最良の日々の紹介:2019年フランス映画。大恋愛のすえ結ばれる男と女。また反対に、否応のない理由によって別れを経験するその人たち。どんな出会いと別れを大恋愛と呼ぶかは人それぞれです。しかしここに、大恋愛のひとつの典型がありました。1966年、世の恋する男女から絶大なる賛同を得たあのふたり、あのメロディー。53年の月日が共に帰ってきます。映画『男と女(1966年)』の最終章「人生最良の日々」。
監督:クロード・ルルーシュ 出演者:アヌーク・エーメ(アンヌ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ジャン=ルイ)、アントワーヌ・シレ(アントワーヌ)、スアド・アミドゥ(フランソワーズ)、マリアンヌ・ドニクール(ジャン=ルイの担当医)ほか

1 2 3 4 5 55

キーワードから探す

TOP↑