ラブストーリー映画のあらすじ

ラブストーリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までラブストーリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「君が愛したラストシーン」のネタバレあらすじ結末

君が愛したラストシーンの紹介:2013年日本映画。妻を3年前に亡くした浩介は仕事にも集中できず、妻が好きで二人でいつも見ていたDVD「マイ・エンジェル」を毎日見ていました。突然ヒロインのナース、美波がテレビから飛び出してきます。美波は最近元気のない浩介を励ますために出てきたと言いますが…と言う内容のセクシーなファンタジー作品です。
監督:佐藤吏 出演者:吉井怜(北条美波/吉田亜希)、窪塚俊介(佐伯浩介)、川﨑麻世(医師)、江澤翠 (高橋悦子)ほか

「雪夫人絵図」のネタバレあらすじ結末

雪夫人絵図(ゆきふじんえず)の紹介:1950年日本映画。舟橋聖一の代表作のひとつを巨匠溝口健二が映画化。脚色に当ったのは戦前から溝口とコンビを組んでいた依田義賢と舟橋の実弟である舟橋和郎。溝口監督の特徴である長回しの技法が効果を上げている。1968年にはやはり溝口作品の脚本家として知られる成沢昌茂によってリメイクされた。
監督:溝口健二 出演:木暮実千代(信濃雪)、久我美子(安部濱子)、上原謙(菊中方哉)、柳永二郎(信濃直之)、加藤春哉(誠太郎)、浦辺粂子(さん)、山村聡(立岡)、ほか

「巴里の屋根の下」のネタバレあらすじ結末

巴里の屋根の下の紹介:1930年フランス映画。サイレント映画全盛期からトーキー映画黎明期にかけて名声を博したルネ・クレール監督。自身初のトーキーです。サイレント映画の繊細な映画表現を残しながら、画面には登場人物たちのセリフが加わります。その繰り返しのリズムは導入部から幕引きまで変わりません。撮影にかかわった人たちが相当おもしろがっている。そんなシーンが随所に見られます。時代表現も瑞々しく、フランス映画らしいエスプリに富んだ、映画史に残る傑作です。
監督:ルネ・クレール 出演者:アルベール・プレジャン(アルベール)、ポーラ・イレリ(ポーラ):ガストン・モド(フレッド)、エドモン・T・グレヴィル(ルイ)ほか

「サムワン・グレート ~輝く人に~」のネタバレあらすじ結末

サムワン・グレート ~輝く人に~の紹介:2019年アメリカ映画。 30代を目前に控えたジェニーは9年間付き合ったネイトと別れて大失恋をしてしまいます。ジェニーは親友のブレアとエリンとパーティーへ行ってネイトを忘れようとしますが、この町には思い出がたくさんありなかなかネイトを忘れることができません。そんなジェニーをブレアとエリンが支えますが、またこの2人も大きな転機を迎えます。『ジェーン・ザ・ヴァージン』で一躍有名になったジーナ・ロドリゲスを主演に迎え、ネイトを忘れられないながらも、明るく陽気な力強い女性を演じます。
監督:ジェニファー・ケイティン・ロビンソン 出演:ジーナ・ロドリゲス(ジェニー)、ブリタニー・スノウ(ブレア)、デワンダ・ワイズ(エリン)、キース・スタンフィールド(ネイト)、ピーター・バック(マット)、レベッカ・ナオミ・ジョーンズ(リア)、アレックス・モッファト(ウィル)、ほか

「COLD WAR(コールドウォー)あの歌、2つの心」のネタバレあらすじ結末

コールドウォー COLD WAR あの歌、2つの心の紹介:2018年ポーランド,イギリス,フランス映画。1950年代、冷戦時代のポーランドで出会った男女が西と東に振り回され、出会いと別れを繰り返し翻弄されていく姿を描いています。本作はアカデミー賞外国語映画賞を含む3部門にノミネートされました。
監督:パヴェウ・パヴリコフスキ 出演:ヨアンナ・クーリク(ズーラ)、トマシュ・コット(ヴィクトル)、アガタ・クレシャ(イレーナ)、ボリス・シィツ(カチマレク)、ジャンヌ・バリバール(ジュリエット)、セドリック・カーン(ミシェル)、ほか

「高原の駅よさようなら」のネタバレあらすじ結末

高原の駅よさようならの紹介:1951年日本映画。野村俊雄は、大学の先輩の池島を訪ねて高原の療養所へやってきます。そこで彼は若い看護師の泉ユキに出会います。互いに相手を好ましく思うふたりは愛し合うようになりますが、野村にはかつての恩師の娘・啓子が東京で彼の帰りを待っています。大ヒット歌謡『高原の駅よさようなら』を主題歌に、若い男女の切ない恋を描きます。
監督:伏水修 出演者:水島道太郎(野村俊雄)、香川京子(泉 ユキ)、柳 永二郎(池島良寛)、南篠秋子(伊福部啓子)、相馬千恵子(三神 梢)ほか

「弥生、三月 君を愛した30年」のネタバレあらすじ結末

弥生、三月 -君を愛した30年-の紹介:2019年日本映画。『同期のサクラ』『家政婦のミタ』『過保護のカホコ』など数多くのヒットドラマを手がけた脚本家・遊川和彦が自ら監督と脚本を務めた完全オリジナルのラブストーリーです。激動の昭和・平成・令和にまたがる約30年間の3月を背景に、運命に翻弄されながらも一途に互いを想い続けてきた二人の男女の壮絶な人生を描きます。
監督:遊川和彦 出演者:波瑠(結城弥生)、成田凌(山田太郎)、杉咲花(渡辺サクラ)、岡田健史(あゆむ)、小澤征悦(白井卓磨)、岡本玲(太郎の妻)、夙川アトム(教師)、矢島健一(弥生の父)、奥貫薫(弥生の母)、橋爪淳(サクラの父)、黒木瞳(山田真里亜)ほか

「恋の予感?! ホテルリノベ奮闘記」のネタバレあらすじ結末

恋の予感?! ~ホテルリノベ奮闘記~の紹介:2019年アメリカ映画。サンフランシスコ在住のガブリエラは、ベンチャー企業で失業し、恋人との仲にも陰りが見えています。ホテル経営を一念発起した彼女は、一路ニュージーランドへ。しかし、彼女を待っていたのは廃屋同然のボロ屋敷。ポジティブ娘の奮闘が始まります。
監督: ロジャー・カンブル 出演者:クリスティーナ・ミリアン(ガブリエラ)、アダム・デーモス(ジェイク)、ジェフリー・ボウヤー・チャップマン(ディーン)、ほか

「羊とオオカミの恋と殺人」のネタバレあらすじ結末

羊とオオカミの恋と殺人の紹介:2019年日本映画。漫画アプリで連載され、人気作品となった「穴殺人」を実写映画化したのが本作です。大学受験に失敗し、絶望に暮れていた主人公・黒須が、偶然できた壁の穴から隣の女性が殺人しているのを目撃してしまうのですが、黒須は何故かその女性に恋してしまうという話です。
監督:朝倉加葉子 出演:杉野遥亮(黒須越郎)、福原遥(宮市莉央)、江野沢愛美(川崎春子)、江口のりこ(延命寺玲奈)、笠松将、清水尚弥、一ノ瀬ワタル、ほか

「オアシス」のネタバレあらすじ結末

オアシスの紹介:2002年韓国映画。韓国を舞台に、社会に馴染めない29最の前科持ちの男と脳性麻痺で体の不自由な女性との純愛を、理解しようとしない周囲の目も絡めて描いたラブストーリーです。2002年韓国MBC映画賞で最優秀作品賞、監督賞、脚本・脚色賞、主演男優賞、主演女優賞、新人女優賞を受賞、第59回ヴェネツィア国際映画祭で監督賞、新人演技賞、国際批評家協会賞などを受賞するなど高く評価されました。
監督:イ・チャンドン 出演者:ソル・ギョング(ホン・ジョンドゥ)、ムン・ソリ(ハン・コンジュ)、アン・ネサン(ホン・ジョンイル)、リュ・スンファン(ホン・ジョンセ)、ソン・ビョンホ(ハン・サンシク)、チュ・グィジョン(ジョンイルの妻)、ユン・ガヒョン(サンシクの妻)、パク・ミョンシン(隣家の女性)ほか

「理想の結婚」のネタバレあらすじ結末

理想の結婚の紹介:1999年イギリス映画。オスカー・ワイルドの戯曲「理想の夫」の数度目の映画化作品。嘘を嫌う清廉潔白な女性が夫の旧悪を知り、周囲を巻き込んで苦悩するコメディ・ドラマ。新進気鋭の政治家ロバート・チルターンとその妻ガートルードは誰もが認める理想的な夫婦。しかしある日、ロバートの過去の罪を知るチーヴリー夫人が現れた。彼女はロバートを強迫し、そのうえ全てをガートルードに暴露してしまう。「理想の夫」ではなくなったロバートにガートルードはショックを受けるが、友人アーサー・ゴーリング卿の説得によって頑固な考えを改めていくのだった。
監督:オリヴァー・パーカー 出演者:ケイト・ブランシェット(ガートルード・チルターン)、ミニー・ドライヴァー(メイベル・チルターン)、ルパート・エヴェレット(アーサー・ゴーリング卿)、ジュリアン・ムーア(ローラ・チーヴリー夫人)、ジェレミー・ノーサム(ロバート・チルターン)ほか

「月極オトコトモダチ」のネタバレあらすじ結末

月極オトコトモダチの紹介:2018年日本映画。30歳手前の編集者の那沙は、後輩に誘われて合コンに行きます。そこで会った柳瀬に、男女関係にならないスイッチの話をされます。柳瀬が金で雇われるレンタル友達だと知り、記事を書くために契約した那沙は柳瀬と毎日のように会い始め…という内容のアラサーとレンタル男の不思議な関係を描いたラブストーリーです。
監督:穐山茉由 出演:徳永えり(望月那沙)、橋本淳(柳瀬草太)、芦那すみれ(小野珠希)、野崎智子(ユリ)、師岡広明(河本誠司)ほか

「冬時間のパリ」のネタバレあらすじ結末

冬時間のパリ(別題:ノン・フィクション)の紹介:2018年フランス映画。オリヴィエ・アサイヤス監督が『夏時間の庭』、『アクトレス 女たちの舞台』に続いてジュリエット・ビノシュを主演に迎えて贈る新作は大人たちのラブストーリー。ビノシュが演じるのはテレビドラマで活躍する女優。彼女の夫は老舗出版社の編集者。でも女優は作家と、夫はデジタル担当の部下と不倫中。編集者と女優、作家と政治家秘書という二組の夫婦を核に、紙からデジタルへのテクノロジーの進化に揺さぶられる出版の未来や小説についての会話と情事とが同時進行する。
監督:オリヴィエ・アサイヤス 出演:ジュリエット・ビノシュ(セレナ)、ギヨーム・カネ(アラン)、ヴァンサン・マケーニュ(レオナール)、ノラ・ハムザウィ(ヴァレリー)、クリスタ・テレ(ロール)、パスカル・グレゴリー(マルク=アントワーヌ・ルーヴェル)そのほか

「最高に素晴らしいこと」のネタバレあらすじ結末

最高に素晴らしいことの紹介:2020年アメリカ映画。姉を交通事故で亡くしてしまったバイオレットは失意のどん底にいます。そこから救ってくれたのは学校で変人呼ばわりされているフィンチという青年でした。しかしそのフィンチは父親から虐待されていた過去を持ち精神的に不安定です。自分を救ってくれたようにフィンチを助けたいバイオレットでしたが、根深く残った傷を癒すことはとても難しいことでした。この映画は精神的な問題を抱えている人々に捧げられた作品です。
監督:ブレット・ヘイリー 出演:エル・ファニング(バイオレット)、ジャスティス・スミス(フィンチ)、ヴァージニア・ガードナー(アマンダ)、フェリックス・マラード(ローマー)、ラマー・ジョンソン(チャーリー)、ほか

「映画版 ふたりエッチ」のネタバレあらすじ結末

映画版 ふたりエッチの紹介:2011年日本映画。お互い異性経験のない二人が見合い結婚をして初夜を迎えますが、満足な営みにはなりませんでした。そこで夫と妻はそれぞれ、相手を喜ばす方法を習い毎夜実践しながら成長する様子を描いた、ちょっとエッチなラブコメディです。克・亜樹によるラブ漫画の実写映画化作品です。
監督:横山一洋 出演者:森下悠里(小野田 優良)、三浦力(小野田 真)、横山美雪(河田 梨香)、二宮敦(永塚 裕介 )、中村愛美(杉山 真紀絵)ほか

1 2 3 4 5 50

キーワードから探す

TOP↑