ラブストーリー映画のあらすじ

「7級公務員」のネタバレあらすじ結末

7級公務員の紹介:2009年韓国映画。国家情報院のベテランスパイであるスジは、恋人ジェジュンに職業を偽り忙しい日々を送っていましたが、ジェジュンから別れを告げられます。3年が経ち再会したときはジェジュンも新米国家情報員になっていたのですがジェジュンも実は職業を偽っていました。ある日捜査で向かった現場で二人は遭遇し誤解が生まれ、さらには犯人の仲間ではと疑われます。二人の誤解は解かれるのか?コミカルでアクションも見もののラブストーリーです。
監督:シン・テラ 出演:キム・ハヌル(スジ)、カン・ジファン(ジェジュン)、チャン・ヨンナム(チームリーダー ホング)、リュ・スンリョン(ウオン・ソク)、カン・シニル(ノ博士)、パク・ソンミン(ソンジュン)、ほか

「2gether THE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

2gether THE MOVIEの紹介:2021年タイ映画。明るい性格の男子大学生タインと、クールなイケメンで無愛想なサラワット。ゲイの同級生からの猛アタックから逃れるために、学校イチのモテ男サラワットに彼氏のフリをしてもらうタイン。冷たい態度のサラワットが時折見せる「愛するフリ」は次第にタインを混乱させていき、サラワットの心に近づくうちに不思議な感情が芽生えていく。タイのGMMTVが製作し、最終回終了後には世界中から480万件のツイート数で話題を沸騰させたタイBLラブコメディドラマ「2gether」に、スピンオフ「Still 2gether」の要素をプラスし、さらに新規撮り下ろしシーンを追加した2gether完全版。
監督:ウィーラチット・トーンジラー、ノッパナッ・チャウィモン、カニタ・クワンユー キャスト:ワチラウィット・チワアリー / ブライト(サラワット)、メータウィン・オーパッイアムカジョーン / ウィン(タイン)、コラウィット・ブーンスィ / ガン(グリーン)、タナワット・ラッタナキトパイサン / カオタン(フォン)、ジラキット・クアリアクン / トップタップ(タイプ)、チャヤコーン・ジュタマット / ジェージェー(オーム)、サッタブット・ラディキ / ドレーク(ミル)、タナットサラン・サムトンライ(プーコン)、チンラット・シリポンチャワリット(マン)、シワコーン・レトゥチョー / ガイ(ディム)、パッタラニット・リンパティヤコーン / ラブ(ペア)、ほか

「吉祥天女」のネタバレあらすじ結末

吉祥天女の紹介:2006年日本映画。由以子のクラスの転校生小夜子は天女の羽衣を受け継ぐ旧家の娘。由以子は不思議な魅力を備えた小夜子とすぐ仲良くなる。しかし、彼女の周りには陰謀が渦巻いていた。吉田秋生の原作は『別冊少女コミック』に、1983年3月号から1984年7月号にかけて連載された。及川中監督の、鎌倉を舞台にした『ラヴァーズ・キス』に続く吉田秋生原作の映画化。
監督:及川中 出演者:鈴木杏(叶小夜子)、本仮屋ユイカ(麻井由以子)、勝地涼(遠野涼)、深水元基(遠野暁)、市川実日子(麻井鷹子)、津田寛治(小川雪政)、江波杏子(叶あき)、ほか

「椿姫(1937年)」のネタバレあらすじ結末

椿姫の紹介:1937年アメリカ映画。終生の愛を誓った男女が、立場の違いと周囲の無理解から引き裂かれていく悲恋を描きます。古典的長編小説の映画化ですが、映画以外にも、演劇、オペラ、バレエでいまも数多く上演される人気作品です。本作では、主人公にグレタ・ガルボ。主人公を愛する青年にロバート・テイラー。いずれも一時代を画した美男美女であり、映画史に名を残す大スターです。
監督:ジョージ・キューカー 出演者:グレタ・ガルボ(マルグリット・ゴーティエ)、ロバート・テイラー(アルマン・デュヴァル)、ライオネル・バリモア(アルマン・デュヴァルの父)、ヘンリー・ダニエル(バロン男爵)、レノア・ウルリック(オランプ)、ジェシー・ラルフ(マルグリットのメイド)、ローラ・ホープ・クルーズ(プリュダンス)、レックス・オマリー(ガストン)、エリザベス・アラン(ニシェット)ほか

「真夜中のマグノリアで」のネタバレあらすじ結末

真夜中のマグノリアでの紹介:2020年カナダ映画。幼馴染のジャックとマギーは自他ともに認める親友同士。ひょんなことから年越番組のサプライズ企画で、視聴率のため恋人のフリをする事になった二人は親友に戻れるのか?
監督:マックス・マクガイア 出演者:ナタリー・ホール、エヴァン・ウィリアムズ、マイケル・ゴーディン・ショア、スティーブ・カミン、アリソン・ブルックス、ハンナ・ゴードン、ほか

「フレンチ・スタイルで」のネタバレあらすじ結末

フレンチ・スタイルでの紹介:1963年アメリカ映画。『舞踏会の手帖』『肉体の悪魔』『フレンチ・カンカン』等のカメラマンであるミシェル・ケルベが白黒で撮影した霧深いセーヌ河岸にイーゼルを立てるクリスティーナ。19才の彼女はシカゴからパリにやってきた。しかし大画家の夢は遠ざかっていく。モデルとして華やかな暮らしに触れ、男性遍歴だけが重ねられていく。演じるのは、クリスティーナ同様アメリカ中西部出身の『悲しみよこんにちは』『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグ。赤狩りでハリウッドを逐われた後パリで生活したアーウィン・ショーが自作の二篇の短編小説に基づいて脚本を書きプロデューサーも務めた。アーウィン・ショーの親友だったロバート・パリッシュは子役として映画の仕事を始め、アカデミー賞編集賞を受賞してから監督に転じたが、ジョン・フォード等の先輩映画人の思い出をつづった回想録の著者としてむしろ有名かもしれない。サンフランシスコの医師を演じるジェームズ・レオ・ハーリヒーは『真夜中のカーボーイ』の原作者。『007 サンダーボール作戦』のクローディーヌ・オージェが写真家のギリシア人の恋人の役で出演している。
監督:ロバート・パリッシュ 出演者:ジーン・セバーグ(クリスティーナ・ジェームズ)、スタンリー・ベイカー(ウォルター・ベドーズ)、フィリップ・フォルケ(ギー)、アディソン・パウエル(クリスティーナの父)、ジェームズ・レオ・ハーリヒー(ジョン・ヘイスリップ)ほか

「マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋」のネタバレあらすじ結末

マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋の紹介:2016年アメリカ映画。クライアントから飼い犬を預かったことがきっかけで、犬や人との絆に気づいていく女性弁護士の姿を描いたハートウォーミング・ストーリー。
監督:デヴィッド・S・キャス 出演:ブルック・ネヴィン、ジェイク・サンドヴィグ、ヘザー・マリー・マースデン、メーガン・プライス、アントニオ・サバト・Jr、ほか

「ラブ・セカンド・サイト」のネタバレあらすじ結末

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりからの紹介:2019年フランス,ベルギー映画。SF作家として大成功するも自分本位のラファエル。妻オリヴィアは夫とのすれ違いの生活に孤独を感じていた。そんなある日、我慢の限界に達したオリヴィアがラファエルに想いをぶつけ大喧嘩に。翌日、ラファエルが目を覚ますともう一つの世界に迷い込んでしまう。そこではラファエルは卓球に熱中する中学校教師、オリヴィアは人気ピアニストとして活躍しラファエルを知らなかった。もう一度オリヴィアと一緒になるためにラファエルはあの手この手を使って奔走する。恋しか知らなかったラファエルが最後に選んだ未来とは。
監督:ユーゴ・ジェラン 出演:フランソワ・シビル(ラファエル)、ジョセフィーヌ・ジャビ(オリヴィア)、バンジャマン・ラヴェルネ(フェリックス)、エディット・スコプ(ガブス)、カミーユ・ルルーシュ(メラニー)、アモーリ・ド・クレイヤンクール(マルク)ほか

「Presents うに煎餅」のネタバレあらすじ結末

Presents うに煎餅の紹介:2007年日本映画。角田光代の短編集「Presents」の一つを映画化したシリーズ第2弾。先に就職した彼女と留年中の彼氏とのラブストーリー。監督は、数々のアーティストたちのプロモーションビデオを手掛けた石井貴英。この作品が映画監督デビュー作となる。
監督:石井貴英 出演者:戸田恵梨香(松下羽月)、平岡祐太(高野悟)、黄川田将也(安田健介)、ほか

「Presents 合い鍵」のネタバレあらすじ結末

Presents 合い鍵の紹介:2006年日本映画。直木賞作家・角田光代の12編の短編集「Presents」の1編を映像化。広末涼子と玉山鉄二がダブル主演をつとめた切ないラブストーリー。クリスマス目前、編集プロダクションで働く由加里は、8年間付き合った彼氏の博明から突然の別れを告げられ…。
監督:日向朝子 出演者:広末涼子(由加里)、玉山鉄二(博明)、安田顕(美容師)、有村実樹(美加)、ほか

「彼女」のネタバレあらすじ結末

彼女の紹介:2021年日本映画。美香という彼女がいるレイの元に、突如10年間会っていない七恵から電話がかかってきます。久しぶりの再会を果たす2人。その時にレイは、七恵が夫から暴力を振るわれている事実を知ります。旦那を「殺してくれる?」と聞かれたレイはその翌日犯行に及び、レイと七恵は逃避行を始めます。2007年の漫画『羣青』を実写映画化。レズビアンをテーマに、愛のカタチが描かれた恋愛映画です。
監督: 廣木隆一 出演:水原希子(永澤レイ)、さとうほなみ(篠田七恵)、真木ようこ(美香)、鈴木杏(永澤悠)、田中俊介(永澤将人)、新納慎也(篠田孝太郎)、ほか

「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」のネタバレあらすじ結末

ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュの紹介:1975年フランス映画。歌手として俳優として映画監督として多大なる影響を及ぼしたセルジュ・ゲンズブール。当時物議を醸し出しながらも大ヒットした曲をモチーフに作り上げた本作。過激すぎるとも言える曲と同様にモラルの限界に挑戦した形になり注目度も高くなりました。
監督:セルジュ・ゲンズブール 出演:ジェーン・バーキン(ジョニー)、ジョー・ダレッサンドロ(クラスキー)、ジェラール・ドパルデュー、ユーグ・ケステル(パドヴァン)、ジミー・デイヴィス、ミシェル・ブランほか

「台北に舞う雪」のネタバレあらすじ結末

台北に舞う雪(台北飄雪)の紹介:2009年中国,日本,香港,台湾映画。台湾北部のローカル線の終着駅周辺を舞台に、声が出なくなった大型新人の女性歌手とこの町で孤児として育った青年との出会いとほのかな恋を描きます。『山の郵便配達』『故郷の香り』などを手がけた中国の巨匠フォ・ジェンチイ監督がメガホンを執っています。
監督:フォ・ジェンチイ 出演:チェン・ボーリン(シャオ・モウ)、トン・ヤオ(メイ)、トニー・ヤン(レイ)、モー・ズーイー(ジャック)、ジャネル・ツァイ(リサ)、テレサ・チー(ウェンディ)、ほか

「《ポルノチック》夕闇ダリア」のネタバレあらすじ結末

《ポルノチック》 夕闇ダリアの紹介:2011年日本映画。「東南角部屋二階の女」で劇場映画監督デビューを果たした、池田千尋監督の作品。恋に迷い、幻想に惑わされる女性の姿を描く。フラワーショップを営むかなえは、店員の大谷と付き合っていたが、彼には本命の恋人がいる。そんなある日、かなえの前に大谷の恋人が現れるようになり…。
監督:池田千尋 出演:吉井怜(かなえ)、柄本佑(大谷)、桃生亜希子(由希子)、鈴木晋介、ほか

「アレノ」のネタバレあらすじ結末

アレノの紹介:2015年日本映画。エミール・ゾラの小説『テレーズ・カラン』を現代日本風にアレンジした作品で、妻が愛人と共に夫を湖で殺し、夫の死体が見つかるまで、湖畔のホテルでSEXにふけりながら過ごすという内容の作品です。激しいSEXシーンが強調されていますが、未来のない二人を淡々と映し出す映像が、切なさを感じさせます。映画の中での登場人物の名前は一斉出てきません。
監督:越川道夫 出演者:山田真歩(女/妻)、渋川清彦(男/愛人)、川口覚(夫)、内田淳子(夫の母)、遊屋慎太郎(若い男)、諏訪太朗(湖畔であった男)、ほか

1 2 3 4 5 6 7 8 59

キーワードから探す

TOP↑