ラブストーリー映画のあらすじ

「海猫」のネタバレあらすじ結末

海猫の紹介:2004年日本映画。『失楽園』を世に送り出した森田芳光監督がおくる、極限の愛の物語。主人公を演じるのは伊東美咲。2人からの愛に苦悩する主人公の薫を演じる。そして薫の夫役は、佐藤浩市。彼の弟で義姉に恋心を抱く広次は仲村トオルが演じる。
監督:森田芳光 出演:伊東美咲(野田薫)、佐藤浩市(赤木邦一)、 仲村トオル(赤木広次)、 ミムラ(野田美輝)、 蒼井優(野田美哉)、 三田佳子(野田タミ)、 白石加代子、 小島聖(啓子)、鳥羽潤(修介)、ほか

「愛さずにはいられない」のネタバレあらすじ結末

愛さずにはいられないの紹介:1996年アメリカ映画。一夜の情事で妊娠、惹かれあって結婚したニューヨークのビジネスマンとメキシコ人の女性フォトグラファーが、互いの文化の違いを乗り越えて真に結ばれるまでを描いたラブ・コメディ。
監督:アンディ・テナント 出演:マシュー・ペリー、サルマ・ハエック、ジョン・テニー、カルロス・ゴメス、トーマス・ミリアン、シオバン・ファロン、ジョン・ベネット・ペリー、ジル・クレイバーグ、アン・ベタンコート、スタンリー・デサンティス、クリス・バウアー、ほか

「窓辺にて」のネタバレあらすじ結末

窓辺にての紹介:2022年日本映画。ひょんなことから妻の浮気を知ってしまったフリーライター市川茂巳の、初めて知る揺れ動く感情を描いた作品。不倫という重苦しいテーマを、ドロドロせずゆったりと描いています。稲垣吾郎が茂巳を好演しています。
監督:今泉力哉 出演:稲垣吾郎(市川茂巳)、中村ゆり(市川紗衣)、玉城ティナ(久保留亜)、若葉竜也(有坂正嗣)、志田未来(有坂ゆきの)、倉悠貴(水木優二)、穂志もえか(藤沢なつ)、佐々木詩音(荒川円)、斉藤陽一郎(カワナベ)、松金よね子(三輪ハル)、ほか

「チケット・トゥ・パラダイス」のネタバレあらすじ結末

チケット・トゥ・パラダイスの紹介:2022年アメリカ, イギリス映画。仲の悪さで離婚してしまったデヴィッドとジョージア。娘のリリーが電撃結婚することになり、それを反対するために一時の結束をした2人は結婚式をするバリ島へと向かいます。あの手この手で邪魔をする姿が楽しいロマンスラブコメディです。
監督:オル・パーカー 出演:ジュリア・ロバーツ(ジョージア)、ジョージ・クルーニー(デヴィッド)、ケイトリン・デヴァー(リリー)、マキシム・ブティエ(グデ)、ビリー・ロード[女優](レン)、リュカ・ブラヴォー(ポール)、ほか

「ノベンバー」のネタバレあらすじ結末

ノベンバーの紹介:2017年ポーランド, オランダ, エストニア映画。エストニアの寒村。11月の「死者の日」に蘇った死者たちは家族と一緒に食事をし、サウナに入る。精霊、人狼、疫病神が徘徊する中、貧しい村人たちは“使い魔クラット”を使役させて盗みを働きながら極寒の暗い冬を乗り切るべく、それぞれ思い思いに生きていた。そんな中、農夫の一人娘リーナは村の青年ハンスに一目惚れし、一途な想いを寄せているが、ハンスはドイツ人男爵の娘に恋い焦がれる余り、森の中の十字路で悪魔と契約を結んでしまう。原作は、エストニアの代表作家アンドルス・キヴィラフクの『レヘパップ・エフク・ノベンバー』。2018年アカデミー賞外国語映画賞のエストニア代表に選出された。
監督:ライナル・サルネット 出演:レア・レスト(リーナ)、ヨールツン・リーク(ハンス)、イエッテ・ローナ・エルマニス(男爵の娘)、アルボ・ククマギ(レイン)、ディーター・ラーザー(男爵)、ほか

「ウェディング・ゲスト」のネタバレあらすじ結末

ウェディング・ゲストの紹介:2017年アメリカ映画。2年前に別れたものの、いまだに忘れることができずにいた元恋人から突然結婚式に出席してほしいと言われた男が、彼女を取り戻そうと奮闘するラブ・コメディ。
監督:ライアン・エッゴールド 出演:ジャスティン・ロング、コビー・スマルダーズ、ライアン・ハンセン、ジョン・チョー、クリステン・シャール、リー・トンプソン、ダナ・デラニー、ピーター・ギャラガー、ルイス・ガスマン、ブリガ・ヒーラン、ほか

「ストーリー・オブ・マイ・ワイフ」のネタバレあらすじ結末

ストーリー・オブ・マイ・ワイフの紹介:2021年ハンガリー, ドイツ, フランス, イタリア映画。1920年マルタ共和国。船長のヤコブは、カフェに最初に入ってきた女性と結婚するという賭けを友人コードーとする。入ってきたのは美しい女性リジー。ヤコブは初対面のリジーに結婚を申し込んだ。その週末、2人だけの結婚式を行い、幸せな結婚生活を送るはずだった。しかしリジーの友人デダンが現れたことでヤコブは2人の仲を怪しみ嫉妬に苦しめられることとなる…。
監督:イルディコー・エニェディ 出演:レア・セドゥ(リジー)、ハイス・ナバー(ジェイコブ)、ルイ・ガレル(デダン)、セルジオ・ルビーニ(コードー)、ジャスミン・トリンカ(ヴィオラ)、ルナ・ヴェドラー(グレーテ)、ヨーゼフ・ハーダー(ブルーメ氏)、ウルリッヒ・マテス(ランゲ氏)、ウド・ザメル(フォス氏)ほか

「想い出の瞳」のネタバレあらすじ結末

想い出の瞳の紹介:1948年フランス映画。1947年、エールフランス航空の乗務員が成し遂げた大西洋上空での出来事にヒントを得たとされるエピソードを、パイロットとスチュワーデスの恋物語を軸に描いた作品。
監督:ジャン・ドラノワ 出演:ミシェル・モルガン、ジャン・マレー、ジャン・シャヴリエ、ロベール・ミュルゾー、コレット・マルス ほか

「今夜、世界からこの恋が消えても」のネタバレあらすじ結末

今夜、世界からこの恋が消えてもの紹介:2022年日本映画。事故により難病「前向性健忘」となった主人公の真織。嘘の告白から透と出会います。嘘から始まった二人でしたが、やがて互いに惹かれ合っていきます。一日しか記憶が持たないというハンデを乗り越えて愛を育みますが、透にもある秘密が発覚するのでした…。電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞した一条岬の小説を映画化。
監督:三木孝浩 出演:道枝駿佑(神谷透)、福本莉子(日野真織)、古川琴音(綿矢泉)、松本穂香(神谷早苗)、野間口徹(日野浩司)、水野真紀(日野敬子)、萩原聖人(神谷幸彦)、ほか

「神は見返りを求める」のネタバレあらすじ結末

神は見返りを求めるの紹介:2021年日本映画。売れないYouTuberのゆりちゃんを、献身的に支えるイベント会社の会社員である田母神。ゆりちゃんはやがてチャンスを掴み、田母神のもとを離れます。過去の恩に見返りを求め始める田母神、そんな恩をものともせず、仇で返そうとするゆりちゃん。そんな二人の関係の行方はどうなるのでしょうか?
監督:吉田恵輔 出演:ムロツヨシ(田母神尚樹)、岸井ゆきの(川合優里)、若葉竜也(梅川葉)、吉村界人(チョレイ)、淡梨(カビゴン)、柳俊太郎(村上アレン)、田村健太郎、中山求一郎、廣瀬祐樹、下川恭平、前原滉、ほか

「帰らない日曜日」のネタバレあらすじ結末

帰らない日曜日の紹介:2021年イギリス映画。1924年、初夏のような暖かい3月の日曜日。イギリス中のメイドが年に一度の里帰りを許される母の日だった。しかし、ニヴン家で働く孤児院育ちのジェーンに帰る家はない。そんな彼女のもとへ、秘密の関係を続ける近隣のシェリンガム家の跡継ぎポールから「11時に正面玄関へ」という誘いの電話が来る。幼馴染のエマと結婚を控えているポールは、前祝の昼食会への遅刻を決め、邸宅の寝室でジェーンと愛し合う。やがてポールは昼食会へと向かい、ジェーンは一人、広い無人の邸宅を全裸のまま探索した。しかし、ニヴン家に戻ったジェーンを待っていたのは思わぬ知らせだった。今、小説家になったジェーンは全てを変えてしまったその一日を生涯かけて手繰り寄せることになる。カンヌ国際映画祭ほか世界中の映画祭が絶賛。絵画のようなイギリスの風景の中、秘密の恋に陶酔する、まぶしいほどに美しいラブストーリー。
監督:エヴァ・ユッソン 出演:オデッサ・ヤング(ジェーン・フェアチャイルド)、ジョシュ・オコナー(ポール・シェリンガム)、ソープ・ディリス(ドナルド)、グレンダ・ジャクソン(老年期のジェーン)、オリヴィア・コールマン(クラリー・ニヴン)、コリン・ファース(ゴドフリー・ニヴン)ほか

「リヴァプール、最後の恋」のネタバレあらすじ結末

リヴァプール、最後の恋の紹介:2017年イギリス映画。オスカー女優グロリア・グレアムと、彼女が晩年に出会った若き舞台俳優ピーター・ターナーと過ごした愛の日々と、彼女の最期をピーターの手による回顧録をもとに映画化。
監督:ポール・マクギガン 出演:アネット・ベニング(グロリア・グレアム)、ジェイミー・ベル(ピーター・ターナー)、ジュリー・ウォルターズ(ベラ)、ヴァネッサ・レッドグレーヴ(ジーン・グレアム)、ほか

「愛なのに」のネタバレあらすじ結末

愛なのにの紹介:2021年日本映画。今泉力哉と城定秀夫が互いに脚本を持ち寄りR15+指定のラブストーリーを制作するコラボレーション企画「L/R15」の一環として製作されたラブコメディです。古本屋の店主、店主に突然求婚する女子高生、店主の憧れながらも婚約者のいる女性が織りなす先の読めないラブコメディが描かれます。主演を瀬戸康史が務め、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーであるさとうほなみらが脇を固めています。
監督:城定秀夫 出演者:瀬戸康史(多田浩司)、さとうほなみ(佐伯一花)、河合優実(矢野岬)、中島歩(亮介)、向里祐香(隈本美樹)、丈太郎(正雄)、毎熊克哉(広重)、オセロ(カンタ)ほか

「余命10年」のネタバレあらすじ結末

余命10年の紹介:2021年日本映画。小坂流加が2007年に発表した同名小説を小松菜奈と坂口健太郎のダブル主演で映画化したラブロマンス作品です。数万人に一人の難病を患い、余命が10年であることを知った女性が生きる希望を見失った同窓生の男性との恋を通じて残された人生を精一杯生きる姿を描きます。主題歌および音楽はロックグループ「RADWIMPS」が手掛けています。
監督:藤井道人 出演者:小松菜奈(高林茉莉)、坂口健太郎(真部和人)、山田裕貴(富田タケル)、奈緒(藤崎沙苗)、井口理(三浦アキラ)、黒木華(高林桔梗)、田中哲司(平田先生)、リリー・フランキー(梶原玄)、原日出子(高林百合子)、松重豊(高林明久)、山中崇(鈴岡聡)、安藤聖(礼子)、富山えり子(寺田美幸)、根矢涼香(絵梨)、上原実矩(美弥)、三浦透子(サオリ)、安部賢一(礼子の夫)、川原瑛都(礼子の息子)、MEGUMI(並川)、安井順平(会社の人事担当者)、山下容莉枝(高林家の親戚)、中島唱子(高林家の親戚)、呉城久美(和人の店の客)ほか

「マリー・ミー」のネタバレあらすじ結末

マリー・ミーの紹介:2022年アメリカ映画。世界的な歌姫キャット・バルディスは、音楽界の超新星バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」を歌いながら大観衆の前で華々しい結婚式を挙げる予定だった。しかし挙式の直前、バスティアンの浮気がSNSで拡散されてしまう。キャットは失意のままステージに登壇し観客の中からひとりの男を指名すると、突然プロポーズをするという驚きの行動に出る。新たなお相手は冴えない平凡な数学教師。周囲のスタッフやマスコミ、そしてファンたちは大混乱。お互いを知るところから始まった結婚生活は前途多難な道のりだった。そんな中、バスティアンとのデュエット曲「Marry Me」がグラミー賞にノミネートされた。これを機にキャットとバスティアンの関係も親密になっていく。原作はボビー・クロスビーの同名グラフィックノベル。ジェニファーとマルーマの歌がストーリーを彩り、圧巻のウェディングドレスをはじめとする豪華な衣装や、煌びやかなステージも見どころ。
監督:カット・コイロ 出演:ジェニファー・ロペス(キャット・バルディス)、オーウェン・ウィルソン(チャーリー)、マルーマ(バスティアン)、ジョン・ブラッドリー(コリン)、サラ・シルバーマン(パーカー)、クロエ・コールマン(ルー)、ミシェル・ブトー(メリッサ)、カリル・ミドルトン(コフィ)、カット・カニング(タイラ)ほか

1 2 3 4 5 6 61

キーワードから探す

TOP↑