Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ファンタジー映画のあらすじ

ファンタジー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までファンタジー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「タイムトラベラーの系譜 エメラルドグリーン」のネタバレあらすじ結末

タイムトラベラーの系譜 エメラルド・グリーンの紹介:2016年ドイツ映画。タイムトラベルの遺伝子を持つ女子高生が、自らに課せられた宿命を受け入れ、命をかけて世界と恋人を救うため立ち向かうSFファンタジー。ドイツのベストセラー小説を映画化した3部作の第3作目。
監督:フェリックス・フックシュタイナー、カタリーナ・シェード 出演:マリア・エーリッヒ(グウェンドリン / グウェン)、ヤニス・ニーヴーナー(ギデオン・ド・ヴィリエ)、ペーター・ジモニシェック(サンジェルマン伯爵)、ヨゼフィーヌ・プロイス(ルーシー)、コスティア・ウルマン(ピンプルボトム)、ローラ・ベルリン(シャーロット)、ほか

「小さき勇者たち ~ガメラ~」のネタバレあらすじ結末

小さき勇者たち ~ガメラ~の紹介:2006年日本映画。キャッチコピーは「ガメラは少年のために。少年はガメラのために。」。昭和、平成とゴジラと並び日本の怪獣映画を牽引してきたガメラと1人の少年との心の交流と成長を描いた冒険ファンタジー映画です。
監督:田崎竜太 出演:富岡涼(相沢透)、夏帆(西尾麻衣)、津田寛治(相沢孝介)、寺島進(西尾治)、奥貫薫(西尾晴美)、石丸謙二郎(雨宮宗一郎)、田口トモロヲ(一ツ木義光)、石川眞吾(石田勝)、成田翔吾(石田克也)、佐々木俊宣(ガメラ)、吉田瑞穂(ジーダス)、ほか

「アラジン(2019年実写版)」のネタバレあらすじ結末

アラジンの紹介:2019年アメリカ映画。ディズニーアニメ『アラジン』を実写化したファンタジー映画。魔法のランプを手に入れた青年アラジンはランプの魔人ジーニーの力を借りながらアグラバー王国のジャスミン王女と距離を縮めていく。しかし同時に魔法のランプを悪用しようとする邪悪な魔術師ジャファーに邪魔をされてしまう。印象的な主題歌「ホール・ニュー・ワールド」のメロディに乗せて空飛ぶ魔法の絨毯がどこまでも飛んでいく様子は多くの観客を魅了する。
監督:ガイ・リッチー 出演:メナ・マスード(アラジン)、ナオミ・スコット(ジャスミン)、ウィル・スミス(ジーニー)、マーワン・ケンザリ(ジャファー)、ナヴィド・ネガーバン(サルタン)、ナシム・ペドラド(ダリア)、ビリー・マグヌッセン(アンダース王子)、ほか

「隠された時間」のネタバレあらすじ結末

隠された時間の紹介:2016年韓国映画。母親と死に別れて悲しみを抱える少女と、親に捨てられて施設で育った少年。偶然に知り合った二人の間に、幼い恋心が芽生え始める。しかし少年は、友人二人と共に謎の失踪を遂げる。その後、残された少女の目の前に奇妙な男が現れ、自分があの少年だと告げる…。シリアスドラマからコメディまでこなす韓国俳優、カン・ドンウォンがミステリアスな青年に扮する。一方、可憐なヒロイン役には、本作でデビューを飾った大注目の若手、シン・ウンス。韓国の小さな島を舞台に繰り広げられるファンタジー・ドラマ。
監督:オム・テファ 出演者:カン・ドンウォン(ソンミン)、シン・ウンス(スリン)、イ・ヒョジェ(少年時代のソンミン)、テシク(オム・テグ)、キム・ヒウォン(スリンの義父)、クォン・ヘヒョ(アン刑事)、ミン・ギョンヒ(ムン・ソリ)ほか

「四月怪談」のネタバレあらすじ結末

四月怪談の紹介:1988年日本映画。廃倉庫で、落ちてきた鉄骨が頭に当たったと思って死んでしまった初子が幽霊となってさまよっていると、80年前に死んだという男の幽霊が話しかけてきました。男は今なら生き返ることが出来ると初子に言い聞かせますが、初子は透明人間になった気分で、自分の周りの様子を見ることが楽しくなっていました…という内容のファンタジー映画です。題名に怪談とついていますが、ホラー映画ではありません。
監督:小中和哉 出演者:中嶋朋子(国下初子)、柳葉敏郎(弦之丞)、角田英介(夏山登)、原彩子(沢木留美子)、新井昌和(津田沼宏)、水口馨(深沢教諭)、小沢仁志(葬儀社の男)ほか

「バニラ・フォグ」のネタバレあらすじ結末

バニラ・フォグの紹介:1999年アメリカ映画。ニューヨークの小さなレストランオーナー、アマンダは市場で出会ったハンサムなエリート青年トムに一目ぼれします。しかしトムはオープン間近の高級レストランの経営を任される商売敵で…。料理の魔法に導かれ恋に落ちていく男女を描いたロマンティックコメディです。
監督:マーク・ターロフ 出演者:サラ・ミシェル・ゲラー(アマンダ・シェルトン)、ショーン・パトリック・フラナリー(トム・バートレット)、パトリシア・クラークソン(ロイス・マックナリー)、ディラン・ベイカー(ジョナサン・ベンデル)、ほか

「怪物はささやく」のネタバレあらすじ結末

怪物はささやくの紹介:2016年アメリカ,スペイン映画。パトリック・ネスのベストセラー小説を映画化したダークファンタジー映画です。13歳の少年と、突然彼の前に現れた巨木の怪物が繰り広げる3つの物語が描かれています。
監督:フアン・アントニオ・バヨナ 出演:ルイス・マクドゥーガル(コナー・オマーリー)、シガーニー・ウィーヴァー(祖母 / カルトン婦人)、フェリシティ・ジョーンズ(母親 / リジー・カルトン)、リーアム・ニーソン(怪物)、トビー・ケベル(コナーの父親)、ほか

「異人たちとの夏」のネタバレあらすじ結末

異人たちとの夏の紹介:1988年日本映画。妻と離婚し、仕事一筋のテレビドラマの脚本家の原田は、同じマンションの3階の桂という女性と会ってからおかしなことが起こり始め、死んだはずの両親に会いました。両親はまだ若く、それでも自分を可愛がってくれました。しかし原田の体は両親に会うたびに精気を吸い取られて弱っていきました・・・という幽霊をテーマにした感動のヒューマンドラマです。
監督:大林宣彦 出演者:風間杜夫(原田英雄)、片岡鶴太郎(原田英吉)、秋吉久美子(原田房子)、名取裕子(藤野桂)、永島敏行(間宮一郎)ほか

「ダンボ(実写版)」のネタバレあらすじ結末

ダンボの紹介:2019年アメリカ映画。1941年公開のウォルト・ディズニー製作の名作アニメーション映画『ダンボ』を原点とする実写映画。愛らしいダンボが耳をはばたかせて空を飛びます。そして家族――ジャンボとダンボの母子、ホルトの一家、マックス・メディチのサーカス団――がよみがえる映画です。
監督:ティム・バートン 出演:コリン・ファレル(ホルト・ファリア)、マイケル・キートン(V.A.ヴァンデヴァー)、ダニー・デヴィート(マックス・メディチ)、エヴァ・グリーン(コレット・マーチャント)、アラン・アーキン(J.グリフィン・レミントン)、ニコ・パーカー(ミリー・ファリア)、フィンリー・ホビンズ(ジョー・ファリア)、ほか

「悪夢ちゃん The夢ovie」のネタバレあらすじ結末

悪夢ちゃん The夢ovieの紹介:2014年日本映画。人気ドラマ「悪夢ちゃん」の待望の映画化。夢で未来が見えてしまう古藤結衣子の担任を受け持つ武戸井彩未は、悪夢を読み解く不思議な力を持っています。そんな結衣子のクラスに、謎の転校生・渋井完司が転校してきて…。
監督:佐久間紀佳 出演者:北川景子(武戸井彩未)、GACKT(志岐貴/夢王子)、優香(平島琴葉)、木村真那月(古藤結衣子)、濱田マリ(貝原聡子)、玉井詩織(夢獣)、佐藤隆太(渋井幸介)、マリウス葉(渋井完司/少年夢王子)、六角精児(井上達彦)、本上まなみ(斉藤美保)、雛形あきこ(樋口紀子)、鈴木福(上原隆)、藤村志保(シスターマリカ)、小日向文世(古藤万之介)、ほか

「ティモシーの小さな奇跡」のネタバレあらすじ結末

ティモシーの小さな奇跡の紹介:2012年アメリカ映画。レオナルド・ディカプリオ主演映画『ギルバート・グレイプ』(1993年)の原作者であるピーター・ヘッジズが監督・脚本を手掛けた、ディズニーが贈るハートフルなファンタジー作品です。子供ができない夫婦の前にくるぶしから葉っぱの生えた不思議な少年が現れたことから始まる奇跡を描きます。
監督:ピーター・ヘッジズ 出演者:ジェニファー・ガーナー(シンディ・グリーン)、ジョエル・エドガートン(ジェームズ・“ジム”・グリーン)、CJ・アダムス(ティモシー・グリーン)、オデヤ・ラッシュ(ジョニ・ジェローム)、ショーレ・アグダシュルー(イヴェット・オナト)、ローズマリー・デウィット(ブレンダ・ベスト)、デヴィッド・モース(ジェームズ・グリーン・Sr)ほか

「ブランカニエベス」のネタバレあらすじ結末

ブランカニエベスの紹介:2012年スペイン,フランス映画。スペインの白雪姫は女闘牛士。有名なグリム童話をスペイン風にアレンジ、躍動的な姫の前に王子様は現れるのか?
監督:パブロ・ベルヘル 出演:マリベル・ベルドゥ(エンカルナ / 継母)、ダニエル・ヒメネス・カチョ(アントニオ・ビヤルタ / 父親)、アンヘラ・モリーナ(ドナ・コンチャ / 祖母)、ソフィア・オリア(カルメンシータ / 幼少期のカルメン)、マカレナ・ガルシア(カルメン / 白雪姫)、ほか

「移動都市 モータルエンジン」のネタバレあらすじ結末

移動都市/モータル・エンジンの紹介:2018年アメリカ映画。60分戦争と呼ばれる最終戦争から数百年後の現在、残された人類は地上に移動型の都市を作り他の小さな都市を捕食しながら生活していた。ヴァレンタインが率いる巨大移動都市、ロンドンによりこの弱肉強食の地は支配されようとしていた。そこへヴァレンタインに恨みを持つ1人の少女へスターが現れ、ロンドンを阻止するため立ち上がる。
監督:クリスチャン・リバース 出演:ヒューゴ・ウィーヴィング(サディアス・ヴァレンタイン)、ヘラ・ヒルマー(ヘスター・ショウ)、ロバート・シーアン(トム・ナッツワーシー)、ジヘ(アナ・ファン)、ローナン・ラフテリー(ベヴィス・ポッド)、レイラ・ジョージ(キャサリン・ヴァレンタイン)、パトリック・マラハイド(マグナス・クローム)、カレン・ピストリアス(パンドラ・ショウ)、スティーヴン・ラング(シュライク)ほか

「光の六つのしるし」のネタバレあらすじ結末

光の六つのしるし(別題:ザ・シーカー)の紹介:2007年アメリカ映画。スーザン・クーパーの小説『闇の戦い』シリーズ第1作目を映画化。<闇>の力から世界を守るため、時空を超えた戦いに挑む少年を描いたファンタジー・アドベンチャー。イギリスの田舎町に暮らすごく普通の少年ウィルは、ある日自分が<光>の力を持つ救世主だと明かされた。<光>と<闇>の戦いは長い間続いており、今は<闇>の力が増している。<闇>の力に対抗するには<光>の力を6つに分けた<しるし>を集めなければならない。ウィルは世界で唯一しるしを探し出せる<シーカー>として、様々な時代を行き来する戦いに身を投じるのだった。ソフト題は「ザ・シーカー 光の六つのしるし」。
監督:デヴィッド・L・カニンガム 出演者:アレクサンダー・ルドウィグ(ウィル・スタントン)、イアン・マクシェーン(メリーマン・ライオン)、クリストファー・エクルストン(ライダー)、フランセス・コンロイ(ミス・グレイソン)、アメリア・ワーナー(マギー・バーネス)ほか

「青髭(2009年)」のネタバレあらすじ結末

青髭の紹介:2009年フランス映画。シャルル・ペローの童話『青ひげ』を映画化。殺人を繰り返す男の狂気と孤独を、幼い少女の読み聞かせによって描き出すドラマ作品。父の死で困窮した生活を送るマリー=カトリーヌは、城に住む裕福だが醜い男と結婚することになった。「青髭」と呼ばれるその男は何度か結婚しており、その度に妻が失踪しているらしい。しばらくは穏やかに暮らしていたマリー=カトリーヌだったが、決して見てはならないと禁じられていた小部屋を覗いてしまい、恐ろしい真実を目の当たりにする。
監督:カトリーヌ・ブレイヤ 出演者:ドミニク・トマ(青髭)、ローラ・クレントン(マリー=カトリーヌ)、ダフネ・ベヴィール(アンヌ)、ローラ・ジョヴァネッティ(マリー=アンヌ)ほか

1 2 3 4 5 11
TOP↑