西部劇映画のあらすじ

西部劇映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで西部劇映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「荒野の用心棒」のネタバレあらすじ結末

荒野の用心棒の紹介:1964年イタリア,スペイン,西ドイツ映画。黒澤明監督の『用心棒』を非公式にリメイクしたマカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇)の先駆けとなった作品で、『用心棒』の権利を持つ東宝と法廷闘争に見舞われた曰く付きの作品です。アメリカとメキシコの国境沿いの小さな町を舞台に、クリント・イーストウッド演じる流れ者のガンマンが町の勢力争いに飛び込んでいく姿を描きます。
監督:セルジオ・レオーネ 出演者:クリント・イーストウッド(ジョー(名無しの男))、ジャン・マリア・ヴォロンテ(ラモン・ロホス)、マリアンネ・コッホ(マリソル)、ホセ・カルヴォ(シルバニト)、ヨゼフ・エッガー(ピリペロ)ほか

「夕陽の群盗」のネタバレあらすじ結末

夕陽の群盗の紹介:1972年アメリカ映画。南北戦争時代のアメリカを舞台に、徴兵から逃れた若者が盗賊団と出会って一緒に旅を続けていくうち、盗賊団のリーダーと奇妙な友情に芽生えて犯罪者への道を進んでいく姿を描いた西部劇です。
監督:ロバート・ベントン 出演者:ジェフ・ブリッジス(ジェイク・ラムゼイ)、バリー・ブラウン(ドリュー・ディクソン)、ジム・デイヴィス(連邦保安官)、デイヴィッド・ハドルストン(ビッグ・ジョー)、ジョン・サヴェージ(ロニー・ローガン)、エド・ローター(オーリン)、ジェフリー・ルイス(ホブス)ほか

「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯」のネタバレあらすじ結末

ビリー・ザ・キッド/21才の生涯の紹介:1973年アメリカ映画。アメリカの西部開拓時代、無法者としてその悪名を轟かせていたビリー・ザ・キッドと、彼の友人でありながらも保安官として対峙せねばならなかったパット・ギャレットの宿命の対決を描いた西部劇です。ボブ・ディランは音楽担当のみならずビリーに憧れる男として演技を披露しています。特別篇では劇場公開版でカットされた“パットの最期”が追加されています。
監督:サム・ペキンパー 出演者:ジェームズ・コバーン(パット・ギャレット)、クリス・クリストファーソン(ビリー・ザ・キッド)、ジェイソン・ロバーツ(ルー・ウォレス)、ジャック・イーラム(アラモサ・ビル)、スリム・ピケンズ(コリン・ベイカー)、ボブ・ディラン(エイリアス)ほか

「ヤングガン2」のネタバレあらすじ結末

ヤングガン2の紹介:1990年アメリカ映画。伝説の無法者ビリー・ザ・キッドを題材にした西部劇ヤングガンの続編。リンカーン郡戦争後からビリーがその生涯を閉じるまでを描いている。ジョン・ボン・ジョヴィがその主題歌を作詞作曲、カメオ出演も行っている。
監督:ジェフ・マーフィー 出演者:エミリオ・エステベス(ビリー)、キーファ・サザーランド(ドク)、ルー・ダイヤモンド・フィリップス(チャベス)、ウィリアム・ピーターセン(パット・ギャレット)、クリスチャン・スレーター(デイブ)、アラン・ラック(ヘンドリー)、バルサザール・ゲティ(トム)

「ヤングガン」のネタバレあらすじ結末

ヤングガンの紹介:1988年アメリカ映画。実在したアウトロー、ビリー・ザ・キッドの伝説の一つであるリンカーン郡戦争を描いた西部劇。対立する牧場主に恩人を殺されたビリーは、その仇を討つ為に仲間達と戦う。出演者に若き日のキーファ・サザーランド、そしてビリー役のエミリオ・エステベスとディック役のチャーリー・シーンの兄弟共演が行われている。
監督:クリストファー・ケイン 出演者:エミリオ・エステベス(ビリー)、チャーリー・シーン(ディック)、キーファ・サザーランド(ドク)、ルー・ダイヤモンド・フィリップス(チャベス)、ケイシー・シーマツコ(チャーリー)、ダーモット・マローニー(スティーブ、テレンス・スタンプ(ダンストール)、ジャック・パランス(マーフィ)、テリー・オクィン(アレックス・マクスウィーン)、ほか

「ウィル・ペニー」のネタバレあらすじ結末

ウィル・ペニーの紹介:1967年アメリカ映画。アメリカで1960年代に放映されていたTVドラマシリーズ『The Westerner』を元に映画化した西部劇です。家族も身寄りもない中年のカウボーイが夫のいる母子と惹かれ合っていくのですが、宿敵との対決は目前に迫っていました…。
監督:トム・グライス 出演者:チャールトン・ヘストン(ウィル・ペニー)、ジョーン・ハケット(キャサリン・アレン)、ドナルド・プレザンス(クイント)、リー・メジャース(ブルー)、アンソニー・ザーブ(ダッチー)、ベン・ジョンソン(アレックス・フラットアイアン)、ブルース・ダーン(レイフ・クイント)ほか

「荒野の1ドル銀貨」のネタバレあらすじ結末

荒野の1ドル銀貨の紹介:1965年イタリア,フランス映画。弟の仇討ちに燃える男の生き様を描いたマカロニ・ウェスタンの傑作。南北戦争終結後、弟フィルを追って西部にやって来たゲイリー。町の顔役に雇われたゲイリーはならず者のボスを捕まえることになるが、その正体はフィルだった。フィルを葬るための策略だったと知ったゲイリーは、射殺されたフィルのために復讐の銃を取る。主演を務めるのはジュリアーノ・ジェンマだが、本作には芸名「モンゴメリー・ウッド」を使用して出演している。
監督:カルヴィン・ジャクソン・パジェット 出演者:モンゴメリー・ウッド/ジュリアーノ・ジェンマ(ゲイリー・オハラ)、イヴリン・スチュワート(ジュディ・オハラ)、ピーター・クロス(マッコリー)、ジョン・マクダグラス(ドナルドソン)、フランク・ファレル(アンダーソン保安官)ほか

「ミスター・ノーボディ」のネタバレあらすじ結末

ミスター・ノーボディの紹介:1974年イタリア,フランス,西ドイツ,アメリカ映画。老ガンマンと彼にまとわりつく奇妙な若者の交流を描くマカロニ・ウェスタン。伝説のガンマン、ボーレガードはヨーロッパへ渡り静かに余生を送ろうと考えていた。そんな彼の前に不思議な若者が現れる。「無名の男(ノーボディ)」と名乗ったその若者は、ボーレガードの名を歴史に残したいと熱望。そのためにワイルドバンチ150人との対決を提案する。陽気な音楽が似合うコメディ作品だが、マカロニ・ウェスタンの終焉を予感させるもの寂しさが漂っている。原案はマカロニ・ウェスタンの巨匠セルジオ・レオーネ。
監督:トニーノ・ヴァレリ 出演者:ヘンリー・フォンダ(ジャック・ボーレガード)、テレンス・ヒル(ノーボディ)、レオ・ゴードン(レッド)、ジェフリー・ルイス(ワイルドバンチのリーダー)、ジャン・マルタン(サリヴァン)ほか

「シルバラード」のネタバレあらすじ結末

シルバラードの紹介:1985年アメリカ映画。西部開拓時代のアメリカを舞台に、それぞれの事情を抱え、アメリカ西部の街シルバラードに結集した4人のガンマンが街を牛耳る悪党一味との戦いに挑む姿を描いた痛快アクション西部劇です。
監督:ローレンス・カスダン 出演者:ケヴィン・クライン(ペイドン)、スコット・グレン(エメット)、ケビン・コスナー(ジェイク)、ダニー・グローヴァー(マル)、ブライアン・デネヒー(コッブ)ほか

「シャイアン」のネタバレあらすじ結末

シャイアンの紹介:1964年アメリカ映画。マリ・サンドスの『Cheyenne Autumn』とハワード・ファストの『The Last Frontier』を基に、アメリカ政府の政策により強制移住を強いられたシャイアン族が故郷へ戻るために苦難の脱出を敢行した“北部シャイアンの脱出”の実話を映画化した西部劇です。
監督:ジョン・フォード 出演者:リチャード・ウィドマーク(トーマス・アーチャー)、キャロル・ベイカー(デボラ・ライト)、ジェームズ・スチュワート(ワイアット・アープ)、アーサー・ケネディ(ドク・ホリデイ)、エドワード・G・ロビンソン(カール・シュルツ)ほか

「マッケンナの黄金」のネタバレあらすじ結末

マッケンナの黄金の紹介:1969年アメリカ映画。ヘック・アレンが“ウィル・ヘンリー”名義で書いた小説を原作とした西部劇作品です。インディアンの聖地に眠る黄金を巡り、連邦保安官や黄金を狙う無法者、黄金を守ろうとする原住民が抗争を繰り広げます。
監督:J・リー・トンプソン 出演者:グレゴリー・ペック(サム・マッケンナ)、オマル・シャリーフ(ジョン・コロラド)、カミラ・スパーヴ(インガ・バーグマン)、ジュリー・ニューマー(ヘシュケ)、テリー・サバラス(ティッブス)ほか

「荒野はつらいよ」のネタバレあらすじ結末

荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~の紹介:2014年アメリカ映画。主役のアルバートは 監督であるセス・マクファーレン氏で脚本も務め、作品は荒野での生活にうんざりする心優しい羊飼いの男性と一流の射撃の腕を持つ美女アナとの恋愛を死闘シーンもたくさんあるがコミカルなタッチで描かれています。
監督:セス・マクファーレン 出演: セス・マクファーレン(アルバート)、シャーリーズ・セロン(アナ)、アマンダ・セイフライド(ルイーズ)、ジョヴァンニ・リビシ(エドワード)、ニール・パトリック・ハリス(フォイ)、サラ・シルヴァーマン(ルース)、リーアム・ニーソン(クリンチ)、ほか

「トゥルー・グリット」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・グリットの紹介:2010年アメリカ映画。コーエン兄弟監督、エグゼクティブプロデューサーはスティーブン・スピルバーグが『勇気ある追跡』のリメイク作品。コーエン兄弟作品のジェフ・ブリッジスの魅力は素晴らしいです。『ビックリボウスキ』でみせただらしないデュード役を残しながらも、この作品ではとても格好よく最後の男らしさにしびれます。俳優陣も豪華で見ごたえがあります。
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン 出演:ジェフ・ブリッジス(ルースター・コグバーン)、マット・デイモン(ラビーフ)、ジョシュ・ブローリン(チェイニー)、バリー・ペッパー(ラッキー・ネッド・ペッパー)、ヘイリー・スタインフェルド(マティ・ロス)、ほか

「暁の用心棒」のネタバレあらすじ結末

暁の用心棒の紹介:1966年イタリア映画。名無しの主人公と盗賊団の戦いを描いたマカロニ・ウェスタン。アメリカ政府がメキシコに援助金を渡すという情報を得た名無しの男<よそ者>は、金が運ばれてくる町までやって来た。よそ者はそこで遭遇した盗賊団と協力して金を手に入れるが、裏切られ命を狙われてしまう。盗賊団に攫われた女と金を取り戻すため、よそ者は銃を手に戦いを挑むのだった。
監督:ヴァンス・ルイス 出演者:トニー・アンソニー(よそ者)、フランク・ウォルフ(アギラ)、ジア・サンドリ(マルカ)、ヨランダ・モディオ(チーカ)、ラフ・バルダッサーレ(カルボ)ほか

「真昼の用心棒」のネタバレあらすじ結末

真昼の用心棒の紹介:1966年イタリア映画。実家の農場を地元を牛耳る悪徳牧場主に奪われ、友人らを殺された兄弟が復讐のために立ち上がる姿を描いたマカロニ・ウエスタン(イタリア製西部劇)です。
監督:ルチオ・フルチ 出演者:フランコ・ネロ(トム・コーベット)、ジョージ・ヒルトン(ジェフ・コーベット)、ニーノ・カステルヌオーヴォ(スコット・ジュニア)、ジョン・マクダグラス(スコット)、リナ・フランチェッティ(メルセデス)ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑