Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

伝記映画のあらすじ

伝記映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで伝記映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャー」のネタバレあらすじ結末

ダンス・ウィズ・ア・ストレンジャーの紹介:1984年イギリス映画。1950年代、裕福で身勝手な男と酒場のホステスの、泥沼の愛憎とその果てに引き起こされた惨劇を描く。イギリスで最後に絞首刑となった女性ルース・エリスの実話。
監督:マイク・ニューウェル 出演:ルパート・エヴェレット(デイヴィッド)、ミランダ・リチャードソン(ルース・エリス)、イアン・ホルム(デズモンド)、ジョアンヌ・ウォーリー(クリスティーン)、ほか

「チャーチル ノルマンディーの決断」のネタバレあらすじ結末

チャーチル ノルマンディーの決断の紹介:2017年イギリス映画。あの“ダンケルク”の作戦から4年…。第二次世界大戦時の英国首相ウィンストン・チャーチルが苦悩しながらも史上最大の作戦とうたわれたノルマンディー上陸作戦決行を決断するまでの96時間を描いた歴史ドラマです。
監督:ジョナサン・テプリツキー 出演者:ブライアン・コックス(ウィンストン・チャーチル)、ミランダ・リチャードソン(クレメンティーン・チャーチル)、ジョン・スラッテリー(ドワイト・D・アイゼンハワー)、エラ・パーネル(ヘレン・ギャレット)、ジェームス・ピュアフォイ(ジョージ6世)ほか

「ビニー/信じる男」のネタバレあらすじ結末

ビニー/信じる男の紹介:2016年アメリカ映画。将来を有望視されながらも交通事故で首を骨折、一時は引退の危機どころか日常生活も危ぶまれながらも、不屈の闘志で這い上がり、遂には奇跡のカムバックを果たして世界チャンピオンにまで返り咲いた実在のボクサー、ビニー・パジェンサを描いた伝記ドラマです。
監督:ベン・ヤンガー 出演者:マイルズ・テラー(ビセンゾ・“ビニー”・パジェンサ)、アーロン・エッカート(ケビン・ルーニー)、ケイティ・セイガル(ルイーズ・パジェンサ)、キーラン・ハインズ(アンジェロ・パジェンサ)、テッド・レヴィン(ルー・デュバ)ほか

「ノーウェアボーイ」のネタバレあらすじ結末

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつの紹介:2009年イギリス,カナダ映画。伝説のミュージシャン、ジョン・レノンの若き日を描いた伝記映画。複雑な生い立ちにより育ての叔母と生みの母の間で苦悩していた少年ジョン・レノンがロックン・ロールに目覚め、ポール・マッカートニーとの運命的な出会いによって音楽の道で生きていくことを決断するまでの過程が描かれていきます。
監督:サム・テイラー=ウッド 出演者:アーロン・ジョンソン(ジョン・レノン)、クリスティン・スコット・トーマス(ミミ・スミス)、アンヌ=マリー・ダフ(ジュリア・レノン)、デヴィッド・モリッシー(ボビー)、トーマス・サングスター(ポール・マッカートニー)ほか

「バグジー」のネタバレあらすじ結末

バグジーの紹介:1991年アメリカ映画。愛する一人の女のため、何も無かった砂漠にネオン煌めくオアシス「ラスベガス」を作った実在の人物ベンジャミン・“バグジー”・シーゲルの野望を描いたヒューマンメロドラマです。主演・製作をしたウォーレン・ベイティの野心作で、第49回ゴールデングローブ賞作品賞などを受賞した秀作です。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ウォーレン・ベイティ(ベンジャミン・“バグジー”・シーゲル)、アネット・ベニング(ヴァージニア・ヒル)、ハーヴェイ・カイテル(ミッキー・コーエン)、ベン・キングズレー(メイヤー・ランスキー)、エリオット・グールド(ハリー・グリーンバーグ)、ジョー・マンテーニャ(ジョージ・ラフト)、リチャード・C・サラフィアン(ジャック・ドラグナ)、ビービー・ニューワース(フラッソ伯爵夫人)、ほか

「危険なメソッド」のネタバレあらすじ結末

危険なメソッドの紹介:2011年イギリス,ドイツ,カナダ,スイス映画。精神分析学の創始者フロイトと分析心理学の創始者ユング。二人の心理学者がある女性患者を巡って対立し、やがて決別するまでの軌跡を描いた人間ドラマ。鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が挑んだ美しくも悲しい伝記映画です。
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演者:マイケル・ファスベンダー(カール・グスタフ・ユング)、ヴィゴ・モーテンセン(ジークムント・フロイト)、キーラ・ナイトレイ(ザビーナ・シュピールライン)、ヴァンサン・カッセル(オットー・グロス)、サラ・ガドン(エマ・ユング)、ほか

「華麗なる激情」のネタバレあらすじ結末

華麗なる激情の紹介:1964年アメリカ,イタリア映画。アーヴィング・ストーンの小説伝記小説『ミケランジェロの生涯 苦悩と歓喜』を原作とする歴史ドラマです。ルネッサンスを代表する美術家であり、建築家や詩人としての顔も持っていたミケランジェロ・ブオナローティがシスティーナ礼拝堂の大天井画を完成させるまでを、周囲の人間関係や苦悩を交えて描きます。
監督:キャロル・リード 出演者:チャールトン・ヘストン(ミケランジェロ・ブオナローティ)、レックス・ハリソン(ユリウス2世)、ダイアン・シレント(コンテシーナ・デ・メディチ)、アドルフォ・チェリ(ジョヴァンニ・デ・メディチ)、ハリー・アンドリュース(ドナント・ブラマンテ)、トーマス・ミリアン(ラファエロ・サンティ)、アルバート・ルポ(ウルビーノの伯爵)ほか

「グッバイ・ゴダール!」のネタバレあらすじ結末

グッバイ・ゴダール!の紹介:2017年フランス映画。パリに暮らす哲学科の学生である傍ら、駆け出しの女優でもある19歳のアンヌ。世界中から注目される気鋭の監督、ジャン=リュック・ゴダールと恋に落ちたことで人生が大きく変わっていく。新しい仲間と映画を作る刺激的な毎日やゴダールからのプロポーズなどアンヌを夢中にさせる出来事ばかり。ところがパリの街ではデモ活動が日に日に激しくなり2人の運命を変えていく。原作はゴダールの2人目の妻、アンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝的小説『それからの彼女』。ファッションや街の風景、また音楽や映画など今も色あせない全世界憧れの60年代フレンチカルチャーの詰まった作品。
監督:ミシェル・アザナヴィシウス 出演:ルイ・ガレル(ジャン=リュック・ゴダール)、ステイシー・マーティン(アンヌ・ヴィアゼムスキー)、ベレニス・ベジョ(ミシェル・ロジエ)、ミシャ・レスコー(ジャン=ピエール・バンベルジェ)、 グレゴリー・ガドゥボワ(ミシェル・クルノー)、フェリックス・キシル(ジャン=ピエール・ゴラン)ほか

「マルクス・エンゲルス」のネタバレあらすじ結末

マルクス・エンゲルスの紹介:2017年フランス,ドイツ,ベルギー映画。アメリカ合衆国の人種差別を考察したドキュメンタリー映画『私はあなたの二グロではない』をトランプ大統領誕生直後のアメリカでヒットさせたラウル・ペック監督が次に完成させた作品。妻子を抱えていつも金欠のマルクス。ブルジョワの息子なのに労働者の側についたエンゲルス。若い二人が出会い、『共産党宣言』が誕生するまでを描く伝記映画。
監督:ラウル・ペック 出演者:アウグスト・ディール(カール・マルクス)、シュテファン・コナルスケ(フリードリヒ・エンゲルス)、ヴィッキー・クリープス(イェニー・マルクス)、ハンナ・スティール(メアリー・バーンズ)オリヴィエ・グルメ(ジョゼフ・プルードン)その他

「ラフマニノフ ある愛の調べ」のネタバレあらすじ結末

ラフマニノフ ある愛の調べの紹介:2007年ロシア映画。ロシアが生んだ偉大な音楽家セルゲイ・ラフマニノフの波乱に満ちた半生を描いた作品。祖国からアメリカへと渡ったラフマニノフ。彼を支え続けた妻ナターシャとの夫婦の絆が感動的に描かれた人間ドラマです。
監督:パーヴェル・ルンギン 出演者:エフゲニー・ツィガノフ(セルゲイ・ラフマニノフ)、ヴィクトリア・トルストガノヴァ(ナターシャ)、ミリアム・セホン(マリアンナ)、 ヴィクトリア・イサコヴァ(アンナ)、 アレクセイ・ペトレンコ(ニコライ・ズヴェーレフ)

「ダリダ~あまい囁き~」のネタバレあらすじ結末

ダリダ~あまい囁き~の紹介:2017年フランス映画。ダリダ、34歳。自殺未遂のニュースが世界を巡った。カイロからパリへ渡り、23歳で歌手デビューを果たしたダリダ。その年にゴールドディスクを受賞。社会現象となるほどの大ヒットを次々と飛ばし、ヨーロッパ各国はもちろん、アメリカ進出にも成功する。一方で私生活では数々の燃え上がるような恋をしては、身を切られるような別れを繰り返していた。ダリダと関係のあった男たちが、医師の治療に協力するために語るダリダとの過去を通じて、自らの手で運命を切り開き歌手としての栄光を掴んでいく強い意志を持ったダリダと、傷付き孤独なヨランダ(ダリダの本名)の2つの顔を見せていく。フランスの国民的スターで、アラン・ドロンとのデュエット曲「あまい囁き」が日本でも大ヒットした歌姫ダリダの実話に基づく物語。ダリダのプロデューサー兼マネージャーだった弟のブルーノの全面協力を得て、没後30年に完成させた作品。
監督:リサ・アズエロス 出演:スヴェヴァ・アルヴィティ(ダリダ)、リッカルド・スカマルチョ(ブルーノ)、 ジャン=ポール・ルーヴ(ルシアン・モリス)、ニコラ・デュヴォシェル(リシャール・シャンフレー)、アレッサンドロ・ボルギ(ルイジ・テンコ)、バレンティナ・カルリ(ロージー)、ブレンノ・プラシド(ルチオ)ほか

「レッズ」のネタバレあらすじ結末

レッズの紹介:1981年アメリカ映画。20世紀初頭のロシア革命の激動期を舞台に、革命の熱気と狂気を克明に記した『世界をゆるがした十日間』の著者ジョン・リードと女性解放運動の先駆者ルイーズ・ブライアントの恋を描いた伝記ドラマです。ジョン・リード役のウォーレン・ベイティは監督・共同脚本・製作と4役を兼ねており、アカデミー賞で3部門(監督賞・助演女優賞・撮影賞)を獲得しています。
監督:ウォーレン・ベイティ 出演:ウォーレン・ベイティ(ジョン・“ジャック”・サイラス・リード)、ダイアン・キートン(ルイーズ・ブライアント)、ジャック・ニコルソン(ユージン・オニール)、ポール・ソルヴィノ(ルイス・フレイナ)、モーリン・ステイプルトン(エマ・ゴールドマン)、ジーン・ハックマン(ピート・ヴァン・ウェリー)ほか

「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のネタバレあらすじ結末

アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダルの紹介:2017年アメリカ映画。1994年の冬季オリンピックを前にアメリカ代表金メダル有力候補のナンシー・ケリガンが襲撃されます。ライバルでアメリカ代表のトーニャ・ハーディングの元夫とボディガードが逮捕され、トーニャもその関与を疑われます。五輪を前に起こったスキャンダラスな事件は当時全米の話題になります。『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』はこの実話を元にした映画、2018年の冬季五輪を前に公開され批評家から好意的に受け取られ、興行的にも成功した映画です。トーニャの母を演じたアリソン・ジャネィはアカデミー助演女優賞を受賞しました。
監督:クレイグ・ギレスピー 出演: マーゴット・ロビー(トーニャ・ハーディング)、セバスチャン・スタン(ジェフ・ギルーリー)、ジュリアンヌ・ニコルソン(ダイアン・ローリンソン)、ボビー・カナヴェイル(マーティン・マドックス)、アリソン・ジャネイ(ラヴォナ・ハーディング)、ほか

「しあわせの絵の具」のネタバレあらすじ結末

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイスの紹介:2016年カナダ,アイルランド映画。病や貧困と闘いながらもその色彩豊かで素朴な作風でカナダ中から愛された女性画家モード・ルイスの生涯を、彼女を支え続けた夫エベレットとの愛を中心に描きあげた伝記ドラマです。
監督:アシュリング・ウォルシュ 出演者:サリー・ホーキンス(モード・ルイス)、イーサン・ホーク(エベレット・ルイス)、カリ・マチェット(サンドラ)、ガブリエル・ローズ(アイダ)、ザカリー・ベネット(チャールズ・ダウリー)ほか

「不死細胞ヒーラ ヘンリエッタラックスの永遠なる人生」のネタバレあらすじ結末

不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生の紹介:2017年アメリカ映画。医学に大きな発展をもたらした「不死細胞ヒーラ」を提供した女性と、その遺族に焦点を当てたドラマ作品。1951年、黒人女性ヘンリエッタ・ラックスの癌組織から、無限に増殖する稀有な細胞が発見された。「HeLa」と名付けられ研究されるようになった不死細胞は、病に苦しむ世界中の人々に恩恵を与えている。しかし採取は本人に無断で行われ、遺族は何の補償も受けていなかった。フリーライターのレベッカはヘンリエッタの人生を本にするため、彼女の娘デボラと共に奮闘する。原作はレベッカ・スクルートの同名ノンフィクション小説。
監督:ジョージ・C・ウルフ 出演者:オプラ・ウィンフリー(デボラ・ラックス)、ローズ・バーン(レベッカ・スクルート)、レネー・エリス・ゴールズベリー(ヘンリエッタ・ラックス)、コートニー・B・ヴァンス(サー・ロード・コーフィールド)、レグ・E・キャシー(ザカリヤ)ほか

1 2 3 4 5 6
TOP↑