伝記映画のあらすじ

伝記映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで伝記映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「タイラー・レイク」のネタバレあらすじ結末

タイラー・レイクの紹介:2023年アメリカ, オーストラリア映画。幼い頃から世界単独航海を夢見ていた、オーストラリア出身のジェシカ・ワトソン。16歳のときにそのチャンスは訪れます。しかし、行政やマスコミは若すぎて危険だと、ジェシカの単独航海に否定的な意見を表明します。その世論に負けじと、ジェシカは無寄港無支援の単独航海へと出発。果たして、ジェシカは無事にシドニー港に戻ってくることができるのか、師匠のベンと家族たちが見守ります。
監督: サラ・スピレイン 出演: ティーガン・クロフト(ジェシカ・ワトソン)、クリフ・カーティス(ベン・ブラインアト)、アンナ・パキン(ジュリー・ワトソン)、ジョシュ・ローソン(ロジャー・ワトソン)、ヴィヴィアン・ターナー(ハンナ)、ほか

「アウシュヴィッツの生還者」のネタバレあらすじ結末

アウシュヴィッツの生還者の紹介:2021年カナダ, ハンガリー, アメリカ映画。1949年、ナチスの収容所から生還したハリー・ハフトは、アメリカへ渡り“アウシュヴィッツの生還者”としてボクシングで活躍していた。ハリーには8年前に生き別れた初恋の相手レアを探すために有名になる目的があったのだ。ハリーはナチスの中尉が主催する賭けボクシングで、同胞のユダヤ人と闘って勝ち続けたから生き延びたという忘れがたい過去があった。裏切り者と呼ばれながらも注目を集め強豪選手との試合が行われることに。しかしレアは見つからず、レア探しに尽力してくれたミリアムと結婚する。それから14年、ハリーは子供にも恵まれるがミリアムにすら打ち明けられないさらなる秘密に心かき乱されていた。そんな中、レアが生きているという報せが届く。原作はハリー・ハフトのアウシュヴィッツでの経験やその後の人生を綴った実の息子アラン・スコット・ハフトの著書。
監督:バリー・レヴィンソン 出演:ベン・フォスター(ハリー・ハフト)、ヴィッキー・クリープス(ミリアム)、ビリー・マグヌッセン(シュナイダー)、ピーター・サースガード(エモリー・アンダーソン)、ダル・ズーゾフスキー(レア)、ジョン・レグイザモ(ペペ・ミラー)、ダニー・デヴィート(チャーリー・ゴールドマン)ほか

「レディ・マエストロ」のネタバレあらすじ結末

レディ・マエストロの紹介:2018年オランダ映画。女性指揮者の草分け的存在だったアントニア・ブリコの半生を描いた伝記ドラマです。20世紀前半、女性は指揮者になれないとされていた時代、夢をかなえるため懸命に生きたアントニアの姿を追います。
監督:マリア・ペーテルス 出演者:クリスタン・デ・ブラーン(アントニア・ブリコ/ウィリー・ウォルターズ)、ベンジャミン・ウェインライト(フランク・トムセン)、スコット・ターナー・スコフィールド(ロビン・ジョーンズ)、シェイマス・F・サージェント(マーク・ゴールドスミス)、アネット・マレァブ(ウィリーの母)、レイモント・ティリ(ウィリーの父)、ハイス・ショールテン・ヴァン・アシャット(ウィレム・メンゲルベルク)、リヒャルト・サメル(カール・ムック)、ショーン・トーマス(トムセン夫人)、ティム・アハーン(トムセン氏)、マイケル・ワトソン=グレイ(ミス・デニース)、ジェームズ・ソボル・ケリー(バーンズ)、ピーター・バシャム(コンサートマスター)ほか

「ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ」のネタバレあらすじ結末

ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコの紹介:2021年イギリス映画。19世紀末から20世紀にかけて、イギリスで大人気だった画家ルイス・ウェイン。まるで人間のような猫の姿を描いた彼の絵は、当時イギリスでペットとして扱われていなかった猫の人気を高め、留学していた夏目漱石にも影響を与えたのではないかと言われている。主人公のルイスを演じたのは、実在の人物や有名キャラクター役の多いベネディクト・カンバーバッチ。天才肌で風変り、現実社会を生き抜くことには向いていなかったルイスの半生を魅力的に表現している。
監督・脚本: ウィル・シャープ 出演:ベネディクト・カンバーバッチ(ルイス・ウェイン)、クレア・フォイ(エミリー・ウェイン)、アンドレア・ライズボロー(キャロライン・ウェイン)、トビー・ジョーンズ(ウィリアム・イングラム卿)、オリヴィア・コールマン(ナレーション)ほか

「クリエイション・ストーリーズ」のネタバレあらすじ結末

クリエイション・ストーリーズ 世界の音楽シーンを塗り替えた男の紹介:2021年イギリス, アメリカ映画。スコットランドで生まれ育った青年、アランはロックスターになることを夢見ていたが、保守的な父親と衝突してばかり。地元の友人とロンドンに飛び出したアランは仲間とクリエイション・レコーズを設立した。レーベル運営はトラブル続きだったが、アランの才能により次々と人気バンドを世に送り出し、クリエイションはイギリスを代表するレーベルに成長した。しかし、運営のプレッシャーや家庭問題から次第にアランは追い詰められていく。1990年代にロック・シーンを席巻したブリット・ポップ。その中心にいたオアシス、プライマル・スクリーム、ティーエイジ・ファンクラブ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど人気バンドを送り出し、「世界で最も成功したインディーレーベル」と言われたクリエイション・レコーズを設立したアラン・マッギーの自伝を原作とした作品。
監督:ニック・モラン 出演:ユエン・ブレムナー(アラン・マッギー)、スーキー・ウォーターハウス(ジェマ)、ジェイソン・フレミング(キング・タッツの店長)、トーマス・ターグーズ(ディック・グリーン)、マイケル・ソーチャ(ジョー・フォスター)、メル・レイド(エド・ボール)、ジェイソン・アイザックス(ラルフ)、レオ・フラナガン(青年期のアラン・マッギー)ほか

「キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱」のネタバレあらすじ結末

キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱の紹介:2019年イギリス映画。19世紀パリ。ポーランド出身の女性研究者マリ・スクウォドフスカは、大学からの性差別により十分な研究の機会や環境を与えられないでいた。そんな中、同僚の化学者ピエール・キュリーと運命的な出会いを果たした彼女は、結婚してキュリー夫人となり彼の支援で研究に没頭することができた。ラジウムとポロニウムという新しい元素を発見したことから夫婦でノーベル賞を受賞し化学界を席巻するが、幸せは長続きせず夫は不慮の事故で命を落としてしまう。さらに、彼女が発見したラジウムは癌細胞の治療に役立つ一方、核兵器としても利用されるようになり、彼女の苦悩は深まっていくのだった。誰もが聞いたことがある歴史上の偉人キュリー夫人。その輝かしい行跡とは裏腹に、知られざる波乱に満ちた激動の人生の光と影を描いた実話。
監督:マルジャン・サトラピ 出演:ロザムンド・パイク(マリ・キュリー)、サム・ライリー(ピエール・キュリー)、アナイリン・バーナード(ポール・ランジュバン)、アニャ・テイラー=ジョイ(イレーヌ・キュリー)、サイモン・ラッセル・ビール(リップマン教授)ほか

「さかなのこ」のネタバレあらすじ結末

さかなのこの紹介:2022年日本映画。魚学者、タレントとして小さい子供から大人まで誰もが知るさかなクンの半生を映画化した作品。幼少期から魚が大好きなミー坊、自分のやりたいことを好きに生きるミー坊を家族や友人たちが暖かく見守っていく。
監督:沖田修一 原作:さかなクン 出演:のん(ミー坊)、柳楽優弥(ヒヨ)、夏帆(モモコ)、磯村勇斗(総長)、岡山天音(籾山)、西村瑞季(ミー坊(幼少期))、宇野祥平(海人の店長)、前原滉(田村)、鈴木拓(鈴木先生)、島崎遥香(谷崎ゆりえ)、賀屋壮也(飼育員の酒井)、朝倉あき(浜野庄子)、長谷川忍(木戸まさし)、豊原功補(歯医者)、さかなクン(ギョギョおじさん)、三宅弘城(ジロウ)、井川遥(ミチコ)、ほか

「エルヴィス」のネタバレあらすじ結末

エルヴィスの紹介:2022年アメリカ映画。ルイジアナの小さなライブに出演し、当時誰も聴いたことのなかった“ロック”とセンセーショナルなダンスを披露する若き日のエルヴィス。若者たちは魅了され、熱狂で全米が揺らいだ。「次歌ったら、動いたら逮捕する」-エルヴィスは社会を乱したとして、多くの逆境に遭うこととなる。破天荒な日々の裏側にあった危険な真実を知るのは、強欲なマネージャーであるトム・パーカー大佐だった。人気絶頂の彼を殺したのは何だったのか?世界史上最も売れたソロ・アーティスト、エルヴィス・プレスリー。彼がいなければ、ビートルズも、クイーンも存在しなかった。エルヴィスの誰も知らなかった真実の物語。時代を背負うアイコンとなり世界を変えていくエルヴィスの生き様が多くの伝説的ライブと共に描かれる。
監督:バズ・ラーマン 出演:オースティン・バトラー(エルヴィス)、トム・ハンクス(トム・パーカー大佐)、ヘレン・トムソン(グラディス)、リチャード・ロクスバーク(ヴァーノン)、オリヴィア・デヨング(プリシラ)、ヨラ(シスター・ロゼッタ・サープ)、ションカ・デュクレ(ビック・ママ・ソーントン/ペンテコステ派シンガー)、アルトン・メイソン(リトル・リチャード)、ケルヴィン・ハリソン・Jr(B.B.キング)、ゲイリー・クラーク・Jr(アーサー・“ビッグ・ボーイ”・クルーダップ)、デヴィッド・ウェンハム(ハンク・スノウ)、ルーク・ブレイシー(ジェリー・シリング)、ディカー・モンゴメリー(スティーブ・ビンダー)、コディ・スミット=マクフィー(ジミー・ロジャース・スノウ)ほか

「アルベール・カミュ」のネタバレあらすじ結末

アルベール・カミュの紹介:2010年フランス映画。妻に別れを切り出せないまま、数年ぶりに新作を完成させたアルベール・カミュが、亡くなるまでの数日、故郷のアルジェリアと母、パリでの作家生活と愛人たちを振り返る。
監督:ローラン・ジャウイ 出演者:ステファン・フライス、アヌーク・グリンベルク、ガエル・ボナ、ギョーム・ド・トンケデック、フロリー・オークレルク、ほか

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のネタバレあらすじ結末

赤い闇 スターリンの冷たい大地での紹介:2019年ポーランド, イギリス ,ウクライナ映画。1930年代に活動していた実在の英国のジャーナリスト、ガレス・ジョーンズの苦闘を描いた伝記映画です。全世界が未曾有の恐慌に見舞われるなか、繁栄を続けるソ連に疑問をもったジョーンズは単身モスクワに乗り込み、想像だにしない衝撃の事実を目の当たりにするのですが・・・。
監督:アグニエシュカ・ホランド 出演者:ジェームズ・ノートン(ガレス・ジョーンズ)、バネッサ・カービー(エイダ・ブルックス)、ピーター・サース(ウォルター・デュランティ)、ジョゼフ・マウル(ジョージ・オーウェル/エリック・ブレア)、ケネス・クラナム(デビッド・ロイド・ジョージ)、クシシュトフ・ビチェンスキー(マクシム・リトヴィノフ)、ケリン・ジョーンズ(マシュー)、フェネラ・ウールガー(ミス・スティーブンソン)、ミハリナ・オルシャンスカ(ユリア)、ベアタ・ポズニアク(レア・クライマン)、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(ジョーンズ少佐)、マルチン・チャルニク(ポール・クレブ)、マシュー・マーシュ(ウィリアム・ランドルフ・ハースト)ほか

「ドリームプラン」のネタバレあらすじ結末

ドリームプランの紹介:2021年アメリカ映画。世界最強のテニスプレーヤー、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹。 2人の破天荒な実父リチャードの驚きの実話。テニス未経験のリチャードが、娘たちが生まれる前に独学で作成した常識破りで唯一無二の「計画書=ドリームプラン」。その計画を信じ実行し続けた父と娘たち。ふたりの世界チャンピオン誕生の知られざる秘密を描いた感動のストーリー。ウィル・スミスがプロデューサーとして映画化を熱望。エンディングテーマはビヨンセが親友セリーナのために書き下ろした力強いメッセージを放つ新曲。不可能をぶち壊し突き進んでいくリチャードの姿に心揺さぶられる作品。
監督:ライナルド・マルクス・グリーン 出演:ウィル・スミス(リチャード・ウィリアムズ)、アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ)、サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ)、デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ)、トー・ゴールドウィン(ポール・コーエン)、ジョン・バーンサル(リック・メイシー)ほか

「ギャング・オブ・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

ギャング・オブ・アメリカの紹介:2021年アメリカ映画。マイヤー・ランスキー。禁酒法時代から戦後まで、アメリカの暗黒街を牛耳った伝説のギャング。年老いたランスキーに落ち目の物書きデヴィッド・ストーンがインタビューを行う。出された条件は「俺が生きているうちは、誰にも読ませるな」。インタビューははじまり、ランスキーは自らの人生を赤裸々に語りはじめた。貧しい幼少時代、ラッキー・ルチアーノとの出会い、殺し屋集団≪マーダー・インク≫を組織し、ついにはアル・カポネやフランク・コステロと肩を並べる存在までのぼり詰め巨万の富を築いたランスキー。マフィアの顧問として様々な事業に携わり、その隠し金は数億ドルに上ると言われていた。1910年代から1980年代まで、時代を行き来しながら、1人のマフィアの凄惨な人生を追っていく。監督・脚本を担当したエタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイは、実際に生前のランスキーにインタビューを行ったストーンのモデルになっている。
監督:エタン・ロッカウェイ 出演:ハーヴェイ・カイテル(マイヤー・ランスキー)、ジョン・マガロ(青年時代のマイヤー・ランスキー)、サム・ワーシントン(デヴィッド・ストーン)、アナソフィア・ロブ(アン・ランスキー)、ミンカ・ケリー(モーリーン)、デビッド・ケイド(ベン・バグジー・シーゲル)、シェーン・マクレー(チャーリー・ラッキー・ルチアーノ)ほか

「モンパルナスの灯」のネタバレあらすじ結末

モンパルナスの灯の紹介:1958年フランス映画。生前に評価されることなく若くして逝去した画家モディリアーニが、愛する人と出会いながらも絶望のどん底で死に至るまでの半生を描いた、伝記的映画。
監督:ジャック・ベッケル 出演:ジェラール・フィリップ(モディリアーニ)、リノ・ヴァンチュラ(モレル)、アヌーク・エーメ(ジャンヌ・エビュテルヌ)、レア・パドヴァニ、ジェラール・セティ、マリアンヌ・オズワルド、リラ・ケドロヴァ、リリー・パルマー(ベアトリス)、ほか

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

ラム・ダイアリーの紹介:2011年アメリカ映画。1960年、ニューヨークからプエルトリコに移り住んだジャーナリストのケンプが、地元の落ち目の新聞社で記事を書きながら、リゾート開発詐欺師の口車に乗りながらも恋をしたり、警察に捕まりながらも成長していく姿を描いた内容で、米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を題材にした作品です。
監督:ブルース・ロビンソン 出演者:ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)、アンバー・ハード(シュノー)、アーロン・エッカート(ハル・サンダーソン)、リチャード・ジェンキンス(ロッターマン)、マイケル・リスポリ(ボブ・サーラ)ほか

「バリー」のネタバレあらすじ結末

バリーの紹介:2016年アメリカ映画。大学生時代バリーとの愛称で親しまれていた、第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏のコロンビア大学時代の実話を元に描かれた作品です。ケニア人の父親とアメリカ人の母親から生まれ、主にハワイで育ったバリーは、自分の居場所がないことに葛藤し、人種について深く考えます。
監督:ビクラム・ガンジー 出演:デヴォン・テレル(バリー)、アニャ・テイラー=ジョイ(シャーロット)、アビ・ナッシュ(サリーム)、ジェイソン・ミッチェル(PJ)、ほか

1 2 3 4 5 12

キーワードから探す

TOP↑