伝記映画のあらすじ

伝記映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで伝記映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「アルベール・カミュ」のネタバレあらすじ結末

アルベール・カミュの紹介:2010年フランス映画。妻に別れを切り出せないまま、数年ぶりに新作を完成させたアルベール・カミュが、亡くなるまでの数日、故郷のアルジェリアと母、パリでの作家生活と愛人たちを振り返る。
監督:ローラン・ジャウイ 出演者:ステファン・フライス、アヌーク・グリンベルク、ガエル・ボナ、ギョーム・ド・トンケデック、フロリー・オークレルク、ほか

「赤い闇 スターリンの冷たい大地で」のネタバレあらすじ結末

赤い闇 スターリンの冷たい大地での紹介:2019年ポーランド, イギリス ,ウクライナ映画。1930年代に活動していた実在の英国のジャーナリスト、ガレス・ジョーンズの苦闘を描いた伝記映画です。全世界が未曾有の恐慌に見舞われるなか、繁栄を続けるソ連に疑問をもったジョーンズは単身モスクワに乗り込み、想像だにしない衝撃の事実を目の当たりにするのですが・・・。
監督:アグニエシュカ・ホランド 出演者:ジェームズ・ノートン(ガレス・ジョーンズ)、バネッサ・カービー(エイダ・ブルックス)、ピーター・サース(ウォルター・デュランティ)、ジョゼフ・マウル(ジョージ・オーウェル/エリック・ブレア)、ケネス・クラナム(デビッド・ロイド・ジョージ)、クシシュトフ・ビチェンスキー(マクシム・リトヴィノフ)、ケリン・ジョーンズ(マシュー)、フェネラ・ウールガー(ミス・スティーブンソン)、ミハリナ・オルシャンスカ(ユリア)、ベアタ・ポズニアク(レア・クライマン)、ジュリアン・ルイス・ジョーンズ(ジョーンズ少佐)、マルチン・チャルニク(ポール・クレブ)、マシュー・マーシュ(ウィリアム・ランドルフ・ハースト)ほか

「ドリームプラン」のネタバレあらすじ結末

ドリームプランの紹介:2021年アメリカ映画。世界最強のテニスプレーヤー、ビーナス&セリーナ・ウィリアムズ姉妹。 2人の破天荒な実父リチャードの驚きの実話。テニス未経験のリチャードが、娘たちが生まれる前に独学で作成した常識破りで唯一無二の「計画書=ドリームプラン」。その計画を信じ実行し続けた父と娘たち。ふたりの世界チャンピオン誕生の知られざる秘密を描いた感動のストーリー。ウィル・スミスがプロデューサーとして映画化を熱望。エンディングテーマはビヨンセが親友セリーナのために書き下ろした力強いメッセージを放つ新曲。不可能をぶち壊し突き進んでいくリチャードの姿に心揺さぶられる作品。
監督:ライナルド・マルクス・グリーン 出演:ウィル・スミス(リチャード・ウィリアムズ)、アーンジャニュー・エリス(オラシーン・ウィリアムズ)、サナイヤ・シドニー(ビーナス・ウィリアムズ)、デミ・シングルトン(セリーナ・ウィリアムズ)、トー・ゴールドウィン(ポール・コーエン)、ジョン・バーンサル(リック・メイシー)ほか

「ギャング・オブ・アメリカ」のネタバレあらすじ結末

ギャング・オブ・アメリカの紹介:2021年アメリカ映画。マイヤー・ランスキー。禁酒法時代から戦後まで、アメリカの暗黒街を牛耳った伝説のギャング。年老いたランスキーに落ち目の物書きデヴィッド・ストーンがインタビューを行う。出された条件は「俺が生きているうちは、誰にも読ませるな」。インタビューははじまり、ランスキーは自らの人生を赤裸々に語りはじめた。貧しい幼少時代、ラッキー・ルチアーノとの出会い、殺し屋集団≪マーダー・インク≫を組織し、ついにはアル・カポネやフランク・コステロと肩を並べる存在までのぼり詰め巨万の富を築いたランスキー。マフィアの顧問として様々な事業に携わり、その隠し金は数億ドルに上ると言われていた。1910年代から1980年代まで、時代を行き来しながら、1人のマフィアの凄惨な人生を追っていく。監督・脚本を担当したエタン・ロッカウェイの父親であるロバート・ロッカウェイは、実際に生前のランスキーにインタビューを行ったストーンのモデルになっている。
監督:エタン・ロッカウェイ 出演:ハーヴェイ・カイテル(マイヤー・ランスキー)、ジョン・マガロ(青年時代のマイヤー・ランスキー)、サム・ワーシントン(デヴィッド・ストーン)、アナソフィア・ロブ(アン・ランスキー)、ミンカ・ケリー(モーリーン)、デビッド・ケイド(ベン・バグジー・シーゲル)、シェーン・マクレー(チャーリー・ラッキー・ルチアーノ)ほか

「モンパルナスの灯」のネタバレあらすじ結末

モンパルナスの灯の紹介:1958年フランス映画。生前に評価されることなく若くして逝去した画家モディリアーニが、愛する人と出会いながらも絶望のどん底で死に至るまでの半生を描いた、伝記的映画。
監督:ジャック・ベッケル 出演:ジェラール・フィリップ(モディリアーニ)、リノ・ヴァンチュラ(モレル)、アヌーク・エーメ(ジャンヌ・エビュテルヌ)、レア・パドヴァニ、ジェラール・セティ、マリアンヌ・オズワルド、リラ・ケドロヴァ、リリー・パルマー(ベアトリス)、ほか

「ラム・ダイアリー」のネタバレあらすじ結末

ラム・ダイアリーの紹介:2011年アメリカ映画。1960年、ニューヨークからプエルトリコに移り住んだジャーナリストのケンプが、地元の落ち目の新聞社で記事を書きながら、リゾート開発詐欺師の口車に乗りながらも恋をしたり、警察に捕まりながらも成長していく姿を描いた内容で、米国のジャーナリストであるハンター・S・トンプソンの同名自伝小説を題材にした作品です。
監督:ブルース・ロビンソン 出演者:ジョニー・デップ(ポール・ケンプ)、アンバー・ハード(シュノー)、アーロン・エッカート(ハル・サンダーソン)、リチャード・ジェンキンス(ロッターマン)、マイケル・リスポリ(ボブ・サーラ)ほか

「バリー」のネタバレあらすじ結末

バリーの紹介:2016年アメリカ映画。大学生時代バリーとの愛称で親しまれていた、第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏のコロンビア大学時代の実話を元に描かれた作品です。ケニア人の父親とアメリカ人の母親から生まれ、主にハワイで育ったバリーは、自分の居場所がないことに葛藤し、人種について深く考えます。
監督:ビクラム・ガンジー 出演:デヴォン・テレル(バリー)、アニャ・テイラー=ジョイ(シャーロット)、アビ・ナッシュ(サリーム)、ジェイソン・ミッチェル(PJ)、ほか

「セザンヌと過ごした時間」のネタバレあらすじ結末

セザンヌと過ごした時間の紹介:2016年フランス映画。光の溢れる美しい南仏を舞台に、「近代画家の父」と称される画家ポール・セザンヌと小説家エミール・ゾラの幼い日の出会いから、その友情と確執を描いた伝記映画。
監督:ダニエル・トンプソン 出演:ギヨーム・カネ(エミール・ゾラ)、ギヨーム・ガリエンヌ(ポール・セザンヌ)、アリス・ポル(アレクサンドリーヌ・ゾラ)、デボラ・フランソワ(オルタンス・セザンヌ)、サビーヌ・アゼマ(アンヌ=エリザベート・セザンヌ)、ジェラール・メラン(ルイ=オーギュスト・セザンヌ)、イザベル・カンドリエ(エミリー・ゾラ)、フレイア・メイヴァー(ジャンヌ)、ロラン・ストケル(アンブロワーズ・ヴォラール)、ほか

「リスペクト」のネタバレあらすじ結末

リスペクトの紹介:2021年アメリカ映画。ソウルミュージックの女王と呼ばれ、アメリカ音楽界に多大な影響をあたえたアレサ・フランクリン。彼女は1960年代の黒人差別撤廃を目指す公民権運動でも活動しました。そんな彼女にも、少女時代の性的虐待、父との対立、夫との離婚、酒びたりの生活などの悩みがありました。彼女はその悩みを乗り越え、アメイジング・グレイスの大ヒットを実現しました。『リスペクト』は、アレサ・フランクリンの少女時代から1970年代初頭までの活躍を描いた伝記映画。ジェニファー・ハドソンがすばらしい演技と歌唱力を披露してくれます。
監督:リーズル・トミー 出演:ジェニファー・ハドソン(アレサ・フランクリン)、フォレスト・ウィテカー(C.L.フランクリン師)、マーロン・ウェイアンズ(テッド・ホワイト)、メアリー・J・ブライジ(ダイナ・ワシントン)、オードラ・マクドナルド(バーバラ・フランクリン)、タイタス・バージェス(ジェームズ・クリーヴランド師)、マーク・マロン(ジェリー・ウェクスラー)、スカイ・ダコタ・ターナー(幼少期のアレサ)、ヘイリー・キルゴア(キャロリン・フランクリン)、セイコン・セングロー(アーマ・フランクリン)、ヘザー・ヘッドリー(クララ・ウォード)、ほか

「スターダスト(2020年)」のネタバレあらすじ結末

スターダストの紹介:2020年イギリス,カナダ映画。2016年に死去したデヴィッド・ボウイは音楽界に多大な影響を与え、今でも多くのファンがいます。1960年台後半にイギリスで成功したボウイはアメリカに憧れ、1971年にアメリカに進出しますが全く相手にされません。彼はアメリカの田舎の安いホテルに泊まり小さなイベントやラジオ局で歌います。彼はどのようにして世界中で成功したのでしょうか?デヴィッド・ボウイの70年代初頭のアメリカでの奮闘ぶりと「イギー・スターダスト」誕生を描いた伝記映画です。
監督:ガブリエル・レンジ 出演:ジョニー・フリン(デヴィッド・ボウイ)、ジェナ・マローン(アンジー・ボウイ)、マーク・マロン(ロブ・オバーマン)、デレク・モラン、アンソニー・フラナガン、ジュリアン・リッチングス、アーロン・プール、モニカ・パーカー、ほか

「マイ・バッハ 不屈のピアニスト」のネタバレあらすじ結末

マイ・バッハ 不屈のピアニストの紹介:2017年ブラジル映画。両手にハンディキャップを抱えながらも、それに負けずに人々に感動を与える楽曲を提供し続け、20世紀最高のバッハ演奏家と評されたジョアン・カルロス・マルティンスの壮絶なる人生を映像化した作品。本作で使用されている楽曲は全てジョアン本人ものとなっています。
監督:マウロ・リマ 出演:アレシャンドリ・ネロ(ジョアン)、ダヴィ・カンポロンゴ(ジョアン / 少年時代)、ホドリゴ・パンドルフォ(ジョアン / 青年時代)、カコ・シオークレフ、フェルナンダ・ノーブリ、アリンニ・モラエス、ほか

「リンドグレーン」のネタバレあらすじ結末

リンドグレーンの紹介:2018年スウェーデン,デンマーク映画。「ロッタちゃん」シリーズ、「長くつ下のピッピ」を手掛けたスウェーデンの作家アストリッド・リンドグレーンの人生を描いた作品。彼女が経験した作家として輝いていく前に経験した激動の人生を中心に話は語られていきます。
監督:ペアニル・フィシャー・クリステンセン 出演:アルバ・アウグスト(アストリッド)、マリア・ボネヴィー(ハンナ)、トリーヌ・ディルホム(マリー)、マグヌス・クレッペル
(サムエル)、ヘンリク・ラファエルソン(ブロムベルイ)、ほか

「トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング」のネタバレあらすじ結末

トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャングの紹介:2019年オーストラリア,イギリス,フランス映画。アイルランド移民の貧しい家庭で育ったネッド・ケリーは幼い頃から父に代わって家族を支えていたが、父の死後、生活のため山賊に売られてしまう。10代で投獄され、出所後は家族の元に戻るも幸せは続かない。警察は難癖をつけては彼や家族を投獄しようする。貧困者への横暴や家族や仲間への理不尽な扱いに耐えられなくなったネッドは、自らの正義、家族と仲間への愛から、弟や仲間たちと共にギャンググループ『ケリー・ギャング』を結成し、国家権力に立ち向かう反逆者となっていく。
監督:ジャスティン・カーゼル 出演:ジョージ・マッケイ(ネッド・ケリー)、エシー・デイヴィス(エレン・ケリー)、ニコラス・ホルト(フィッツパトリック)、オーランド・シュワート(ネッド・ケリー少年時代)、トーマシン・マッケンジー(メアリー・ハーン)、ショーン・キーナン(ジョー・バーン)、チャーリー・ハナム(オニール巡査)、ラッセル・クロウ(ハリー・パワー)、ほか

「愛情物語」のネタバレあらすじ結末

愛情物語の紹介:1956年アメリカ映画。1930年代から1940年代にかけて活動した実在のピアニスト、エディ・デューチンの生涯を基にしたフィクション映画です。若くして成功を収めた日々、最愛の人との出逢いと別れ、息子との確執と和解などが描かれます。
監督:ジョージ・シドニー 出演者:タイロン・パワー(エディ・デューチン)、キム・ノヴァク(マージョリー・オルリックス)、ヴィクトリア・ショウ(チキータ・ウィン)、ジェームズ・ホイットモア(ルー・シャーウッド)、レックス・トンプスン(ピーター・デューチン)、シェパード・ストラドウィック(シャーマン・ワズワース)、フリーダ・イネスコート(エディス・ワズワース)、ラリー・キーティング(レオ・ライスマン)、ジャック・アルバートソン(ピアノ調律師)ほか

「ライド・ライク・ア・ガール」のネタバレあらすじ結末

ライド・ライク・ア・ガールの紹介:2019年オーストラリア映画。オーストラリア競馬界最高峰のレースであるメルボルンカップ。その権威あるレースを女性として初めて制覇したミシェル・ペインの半生を描いた伝記映画。10人兄妹の末っ子として生まれたミシェル、競馬一家で育った彼女もやがて騎手として歩みだし、その過酷ともいえる世界の荒波に揉まれていく…。
監督:レイチェル・グリフィス 出演:テリーサ・パーマー(ミシェル・ペイン)、サム・ニール(パディ・ペイン)、サリヴァン・ステイプルトン(ダーレン)、スティーヴィー・ペイン(スティーヴィー・ペイン)、ジェネヴィーヴ・モリス(ジョーン・サドラー)、マグダ・ズバンスキー(シスター・ドミニク)、ブルック・サッチウェル(テレーズ・ペイン)、アンネリーゼ・アップス(ブリジッド・ペイン)、ザラ・ゾーイ(マリー・ペイン)、ケイティ・キャッスルズ(マーガレット・ペイン)、ほか

1 2 3 4 5 12

キーワードから探す

TOP↑