伝記映画のあらすじ

伝記映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作まで伝記映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「フォードvsフェラーリ」のネタバレあらすじ結末

フォードvsフェラーリの紹介:2019年アメリカ映画。1960年代半ば。アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社から途方もない仕事を請け負った2人の男、キャロル・シェルビーとケン・マイルズ。それはモータースポーツ界の頂点に君臨するイタリアのフェラーリを、ル・マン24時間耐久レースで打倒せよ、というほとんど不可能に近いミッションだったが、彼らは人生のすべてを捧げて勝利を追い求めた。実際にあったフォードとフェラーリの企業戦争の裏側と共に、情熱的に生きる男たちの生き様を描く。
監督: ジェームズ・マンゴールド 出演:マット・デイモン(キャロル・シェルビー)、クリスチャン・ベイル(ケン・マイルズ)、ジョン・バーンサル(リー・アイアコッカ)、カトリーナ・バルフ(モリー・マイルズ)、トレイシー・レッツ(ヘンリー・フォード2世)、ジョシュ・ルーカス(レオ・ビーブ)、ノア・ジュプ(ビーター・マイルズ)ほか

「アメリカで最も嫌われた女性」のネタバレあらすじ結末

アメリカで最も嫌われた女性の紹介:2017年アメリカ映画。アメリカで最も嫌われた女性の紹介:キリスト教信者が多いアメリカで、無神論者として嫌われながら活動をした、マデリン・マリー・オヘアの実話に基づく物語です。
監督:トミー・オヘイバー 出演:メリッサ・レオ(マデリン・マリー・オヘア)、マイケル・チャーナス(ガース)、ジュノー・テンプル(ロビン)ジョシュ・ルーカス(デイビッド)、アダム・スコット(ジャック・ファーガソン)、ブランドン・マイケル・スミス(ロイ)、ほか

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」のネタバレあらすじ結末

ロダン カミーユと永遠のアトリエの紹介:2017年フランス映画。世間に認められ始めたロダンは、愛弟子のカミーユと結婚をすることにした。彼女との関係は間もなく破綻してしまうが、ロダンはアトリエで彫刻を作り続ける。「考える人」などの彫刻家として知られるロダンの半生を、ロダン美術館の全面協力で描く。ロダン没後100年を記念する伝記ドラマ映画。
監督/ジャック・ドワイヨン 出演者:ヴァンサン・ランドン(オーギュスト・ロダン)、イジア・イジュラン(カミーユ・クローデル)、セヴリーヌ・カネル(ローズ・ブーレ)、ベルナール・ヴェルレー、アンデルシュ・ダニエルセン・リー、ロラン・ポワトルノー、マグダレーナ・マリーナ、エドワード・アクロート

「ジョン・デロリアン」のネタバレあらすじ結末

ジョン・デロリアンの紹介:2018年アメリカ映画。1977年、カリフォルニア。パイロットのジム・ホフマンはドラッグの密輸をはたらきFBIに拘束されてしまう。情報提供者になることを交換条件に告訴を逃れたジムは家族で新居に引っ越し、近所の豪邸に住むジョン・デロリアンと知り合う。FBIから薬物犯罪組織の大物モーガンの情報を求められた事務は、ジョンを標的にしたおとり作戦をFBIに持ち掛ける。マッスルカーを代表する名車ボンティアックGTOを生み出した天才エンジニア、ジョン・ザッカリー・デロリアン。映画ファンにとって『バック・トゥ・ザ・フューチャー』に登場する伝説の車“デロリアン(DMC-12)”として記憶されている名前。アメリカンドリームの光と影を体現したような男の実話に基づく物語。
監督:ニック・ハム 出演:リー・ペイス(ジョン・デロリアン)、ジェイソン・サダイキス(ジム・ホフマン)、ジュディ・グリア(エレン・ホフマン)、イザベル・アレイザ(クリスティーナ・デロリアン)、マイケル・カドリッツ(モーガン・ヘトリック)、エリン・モリアーティ(ケイティ・コナーズ)、コリー・ストール(ベネディクト・ティーサ)ほか

「アイリッシュマン」のネタバレあらすじ結末

アイリッシュマンの紹介:2019年アメリカ映画。塊肉の運び屋だったフランクが、いかにしてマフィアの殺し屋になっていったかを自らの人生を回顧しつつ語ります。3時間を越えるマーティン・スコセッシ監督の集大成といわれている作品です。
監督:マーティン・スコセッシ 出演:ロバート・デ・ニーロ(フランク・シーラン)、アル・パチーノ(ジミー・ホッファ)、ジョー・ペシ(ラッセル・バッファリーノ)、ステファン・グラハム(トニー・プロ)、ジェシー・プレモンス(チャッキー)、ほか

「永遠の門 ゴッホの見た未来」のネタバレあらすじ結末

永遠の門 ゴッホの見た未来の紹介:2018年イギリス,フランス,アメリカ映画。「ひまわり」などの名作で知られるゴッホ(1853年ー1890年)、意外にもその名と名作の多くは生前は知られることがありませんでした。また、その名作の多くは37歳で亡くなる前の数年間で描かれています。彼の生涯はどうすれば素晴らしい絵を描くことができるかという悩みの多い人生でした。『永遠の門 ゴッホの見た未来』はゴッホの死ぬ前の数年間、自然と人間を題材に悩みながら後世に評価されることになった名作を誕生させた日々を描いています。また、自殺と言われる彼の謎の多い死についても新たな解釈で描いています。
監督:ジュリアン・シュナーベル 出演:ウィレム・デフォー(フィンセント・ファン・ゴッホ)、ルパート・フレンド(テオ・ファン・ゴッホ)、マッツ・ミケルセン(聖職者)、マチュー・アマルリック(ポール・ガシェ医師)、エマニュエル・セニエ(ジヌー夫人)、オスカー・アイザック(ポール・ゴーギャン)、ほか

「ナチスの愛したフェルメール」のネタバレあらすじ結末

ナチスの愛したフェルメールの紹介:2016年オランダ,ベルギー,ルクセンブルク映画。オランダに実在した、フェルメールの贋作家として名高い画家H・ファン・メーヘレン。自身の才能を認めようとしない批評家への復讐から贋作に手を染めた彼の「限りなく真実に近い」とされる生涯を描いた歴史ドラマ。
監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ 出演:ユルン・スピッツエンベルハー(ハン・ファン・メーヘレン)、リゼ・フェリン(ヨーランカ)、ルーラント・フェルンハウト(テオ)、ほか

「アンデルセン物語(1952年)」のネタバレあらすじ結末

アンデルセン物語の紹介:1952年アメリカ映画。童話を愛するデンマークの小さな町の靴職人アンデルセン。ある日ひょんなことから弟子のピーターとともにコペンハーゲンを旅することになったアンデルセンはそこで美しいバレリーナに出会い…。童話作家アンデルセンの恋と冒険を美しい音楽とバレエとともに綴った伝記映画。「虹を掴む男」、「ホワイト・クリスマス」などで知られる喜劇俳優ダニー・ケイの名演が光ります。
監督:チャールズ・ビダー 出演者:ダニー・ケイ(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)、ジョーイ・ウォルシュ(ピーター)、ジャンメイル(ドロ)、ファーリー・グレンジャー(ニールス)、フィリップ・トーン(オットー)、ピーター・ヴォトリアン(ラーズ)、ほか

「プライベート・ウォー」のネタバレあらすじ結末

プライベート・ウォーの紹介:2018年イギリス,アメリカ映画。主人公メリー・コルヴィンは戦争記者としてアジア、中東などで戦乱に苦しむ市民の現実を世界中に伝えました。彼女はスリランカ内戦中に片目を負傷し、眼帯がトレードマークになります。そんな彼女は私生活では、アルコールとタバコに依存し、ストレス障害に悩まされます。2012年、周囲の反対も聞かずに戦乱のシリアに向かい、死に直面する女性と子供を取材します。『プライベート・ウォー』はコルヴィンのジャーナリスト魂をロザムンド・パイクが好演し、批評家からも好意的に評価されました。2019年現在、今も続くシリア内戦、多くの人が死に直面しているということを世界に知らせたいという彼女の願いが伝わるような映画です。
監督:マシュー・ハイネマン 出演:ロザムンド・パイク(メリー・コルヴィン)、ジェイミー・ドーナン(ポール・コンロイ)、トム・ホランダー(ショーン・ライアン)、スタンリー・トゥッチ(トニー・ショウ)、ほか

「トールキン 旅のはじまり」のネタバレあらすじ結末

トールキン 旅のはじまりの紹介:2019年アメリカ映画。ファンタジー小説の傑作『ホビットの冒険』や、ロード・オブ・ザ・リングの原作『指輪物語』を生み出した作家J・R・R・トールキンの波乱と激動の青年時代の物語。母の急死で12歳にして無一文の孤児となり、母の友人モーガン神父を後見人として名門キング・エドワード校に入学した。孤立していたトールキンはそこではじめて心を許せる3人の野心溢れる少年たちと出会う。4人は<ティー・クラブ・バロヴィアン・ソサエティ>、通称<T.C.B.S.>という秘密クラブを結成し「芸術の力で世界を変えよう」というスローガンのもと誓いを交わし合った。生涯を共にしたいと思える恋人エディスや、人生の恩師ライト教授との出会いによりさらにトールキンの将来は約束されたものとなるはずだったが、第一次世界大戦が勃発。その戦いにより仲間との絆を奪われることとなる。監督はフィンランドのアカデミー賞で38回ものノミネートを誇り、監督賞を2度獲得した注目の才能ドメ・カルコスキ。
監督:ドメ・カルコスキ 出演:ニコラス・ホルト(トールキン)、リリー・コリンズ(エディス)、コルム・ミーニイ(フランシス・モーガン神父)、デレク・ジャコビ(ライト教授)、アンソニー・ボイル(ジェフリー・スミス)、パトリック・ギブソン(ロバート・ギルソン)、トム・グリン=カーニー(クリストファー・ワイズマン)、ハリー・ギルビー(トールキンの少年時代)、アダム・ブレイグマン(ジェフリーの少年時代)、アルビー・マーバー(ロバートの少年時代)、タイ・テナント(クリストファーの少年時代)ほか

「マーラー」のネタバレあらすじ結末

マーラーの紹介:1974年イギリス映画。1911年、作曲家・マーラーはウィーンへの最後の旅の途中だった。彼の脳裏に浮かぶ様々なイメージを通して彼の音楽と生涯を描く音楽映画。テレビ番組や映画で多くの音楽家を描いてきたケン・ラッセル監督が本領を発揮した、個性的シーンに満ちた作品。
監督:ケン・ラッセル 出演者:ロバート・パウエル(グスタフ・マーラー)、ジョージナ・ヘイル(アルマ・マーラー)、リー・モンタギュー(グスタフの父、ベルンハルト)、ロザリー・クラッチリー(グスタフの母、マリー)、リチャード・モーラント(マックス)その他

「ロケットマン」のネタバレあらすじ結末

ロケットマンの紹介:2019年イギリス映画。イギリスの伝説的ミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描く。若き頃のエルトン・ジョンはその天才的な音楽の才能から有名になる一方で沢山の問題を抱えながら生きていた…。エルトン・ジョンの艶やかなボーカルや、独特なチャームまで見事に再現した本作は、貧困と毒親という家庭環境のもとで育った少年がどのようにスターの座へと駆け上がり、ドラッグやアルコールで挫折していったかを、エルトン・ジョンのヒット曲に合わせて紐解いていく。タイトル「ロケットマン」はエルトン・ジョンの楽曲名から付けられています。
監督:デクスター・フレッチャー 出演:タロン・エガートン(エルトン・ジョン)、ジェイミー・ベル(バーニー・トーピン)、ブライス・ダラス・ハワード(シーラ)、リチャード・マッデン(ジョン・リード)ほか

「北斎漫画」のネタバレあらすじ結末

北斎漫画の紹介:1981年日本映画。矢代静一の戯曲を原作とした新藤兼人監督による伝記映画。江戸時代後期を代表する浮世絵師、葛飾北斎の波乱に満ちた半生が幻想的に描かれていきます。北斎を支え続けた娘お栄役の田中裕子、魔性の女お直を演じた樋口可南子の体当たりの熱演が話題となりました。
監督:新藤兼人 出演者:緒形拳(鉄蔵/葛飾北斎)、田中裕子(お栄/葛飾応為)、西田敏行(佐七/曲亭馬琴)、樋口可南子(お直)、音羽信子(お百)、フランキー堺(中島伊勢)、宍戸錠(十返舎一九)、大村崑(式亭三馬)、愛川欽也(喜多川歌麿)、ほか

「ホワイト・クロウ 伝説のダンサー」のネタバレあらすじ結末

ホワイト・クロウ 伝説のダンサーの紹介:2018年イギリス,フランス映画。20世紀最高のダンサーと評され、今でもその評価が覆される事のない伝説のダンサー、ルドルフ・ヌレエフの若かりし頃から、亡命に至るまでの半生を描いた伝記ドラマです。監督は役者としても有名なレイフ・ファインズが担当しています。
監督:レイフ・ファインズ 出演:オレグ・イヴェンコ(ルドルフ・ヌレエフ)、アデル・エグザルコプロス(クララ・サン)、レイフ・ファインズ(プーシキン)、ラファエル・ペルソナ(ピエール・ラコット)、セルゲイ・ポルーニン(ユーリ・ソロヴィヨフ)、チュルパン・ハマートヴァ、ほか

「タイ・カップ」のネタバレあらすじ結末

タイ・カップの紹介:1995年アメリカ映画。伝説の野球選手タイ・カッブと伝記執筆を依頼されたスポーツ記者との交流を描いた作品。記者の目を通して晩年のカップの姿を描く異色の伝記映画です。粗暴で攻撃的、メジャーリーグ史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手とも評されたタイ・カップの真実の姿を綴っていきます。
監督:ロン・シェルトン 出演者:トミー・リー・ジョーンズ(タイ・カッブ)、ロバート・ウール(アル・スタンプ)、ロリータ・ダヴィドヴィッチ(ラモナ)、J・ケネス・キャンベル(ウィリアム・ハーシェル・カッブ)、ローダ・グリフィス(アマンダ・チットウッド・カッブ)、トミー・ブッシュ(ロジャース・ホーンスビー)、スティーヴン・メンディロ(ミッキー・カクレーン)、ほか

1 2 3 4 5 9

キーワードから探す

TOP↑