ドキュメンタリー映画のあらすじ

ドキュメンタリー映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドキュメンタリー映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ボストン市庁舎」のネタバレあらすじ結末

ボストン市庁舎の紹介:2020年アメリカ映画。警察、消防、ゴミ収集、高齢者支援、結婚…。多様な人種と文化が共存する大都市ボストンの市役所はありとあらゆるサービスを提供する。マーティン・ウォルシュ市長(2021年3月23日よりアメリカ合衆国労働長官に就任)と市職員の仕事をドキュメンタリー映画の巨匠が記録した。ワイズマン監督のこれまでの作品と同様に、ナレーション無し、字幕・テロップ無し、追加音楽無し、インタビュー無しをつらぬきながらも、監督が市長と共有している撮影当時のトランプ政権への危機感がこの作品に、過去のワイズマン作品以上にメッセージ性をにじませています。
監督:フレデリック・ワイズマン 出演者:マーティン・ウォルシュ市長、ウィリアム・G・グロス警察長官、ケネス・グリーン警察署長、ほか

「パンケーキを毒見する」のネタバレあらすじ結末

パンケーキを毒見するの紹介:2021年日本映画。新型コロナウイルス禍真っただ中の2020年に就任し、2021年までの約1年間政権の座に就いていた第99代内閣総理大臣・菅義偉の素顔を、ブラックユーモアや風刺アニメを交えたシニカルな視点で描いたドキュメンタリー作品です。日本アカデミー賞で最優秀作品賞など主要部門を総なめした『新聞記者』のプロデューサー・河村光庸が企画・製作・エグゼクティブプロデューサーを務めています。
監督:内山雄人 出演者:菅義偉、石破茂、江田憲司、村上誠一郎、古賀茂明、前川喜平、森功、鮫島浩ほか ナレーション:古舘寛治

「ミーシャと狼」のネタバレあらすじ結末

ミーシャと狼の紹介:2021年ベルギー, イギリス映画。ユダヤ人でホロコーストの生存者であるミーシャは、あるイベントで体験談を話したことにより、一躍有名人となります。ミーシャの両親はナチスに逮捕されドイツへと連行されてしまい、離れ離れになってしまいます。両親と会うために、当時7歳のミーシャは1人で森を彷徨い、ベルギーからドイツへと渡ります。その途中でミーシャは一匹の狼と出会い…。この体験談は書籍化され、多くの人に発信されるはずでしたが、あるトラブルが発生します。
監督: サム・ホブキンソン 出演:ミーシャ・デフォンスカ、ジェーン・ダニエル、イブリン・ヘンデル、ほか

「きみが死んだあとで」のネタバレあらすじ結末

きみが死んだあとでの紹介:2021年日本映画。三派全学連を主体とする1967年10月8日の第一次羽田闘争は、その後過激化する学生運動の端緒となったが、機動隊と激突した学生の一人、18歳の山﨑博昭が犠牲となった。彼の高校の同窓生を中心とする14人の悔恨をこめた証言を通じて熱い時代を語り継ごうとする、上巻・下巻合わせて3時間20分のドキュメンタリー映画。『現認報告書 羽田闘争の記録』(1967年)等のドキュメンタリー作品の抜粋を含んでいる。監督は三里塚闘争の当事者に取材した『三里塚に生きる』、『三里塚のイカロス』の代島治彦。音楽は大友良英。

「アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリン」のネタバレあらすじ結末

アメイジング・グレイス/アレサ・フランクリンの紹介:2018年アメリカ映画。記録的大ヒットを記録したソウルの女王アレサ・フランクリンのライブ風景を収めていたものの、上映することのなかった作品を現代技術を駆使し蘇らせドキュメンタリー映画として上映された作品です。伝説的ライブを蘇らせた作品はファンにはたまらないものになっています。
監督:シドニー・ポラック 出演:アレサ・フランクリン、ジェームズ・クリーブランド、コーネル・デュプリー、チャック・レイニー、ケニー・ルーパー、パンチョ・モラレス、バーナード・パーディー、アレキサンダー・ハミルトン、ほか

「オクトパスの神秘:海の賢者は語る」のネタバレあらすじ結末

オクトパスの神秘:海の賢者は語るの紹介:2020年南アフリカ映画。映像作家として長年働いていたクレイグは心に余裕を無くし、精神を病んでしまいます。そんなときに南アフリカの海で、ある「タコ」と出会います。興味深い生態を持ったそのタコとクレイグとの1年の交流を描いたドキュメンタリー映画。タコとの時間を過ごすことによって、クレイグは自分の人生を見つめ直していきます。第93回アカデミー長編ドキュメンタリー賞を受賞した話題作。
監督: ピッパ・エアリック、ジェームズ・リード 出演:クレイグ・フォスター、トム・フォスター、ほか

「ハイゼ家 百年」のネタバレあらすじ結末

ハイゼ家 百年の紹介:2019年ドイツ,オーストリア映画。旧東ドイツ出身のドキュメンタリー映画作家トーマス・ハイゼの家系には20世紀の歴史が強く刻み込まれている。ユダヤ人だった祖母の親族はことごとく強制収容所で命を落とした。東ドイツの反体制派知識人だった両親は秘密警察の監視を受けていた。この作品では家族の写真、遺品、現在のドイツの風景や人々の白黒映像に、監督自身が家族の日記や遺された手紙、あるいは関係する公文書等を読み上げる声が重ねられる(例外はヴォルフガング・ハイゼとハイナー・ミュラーの対話の彼ら自身の声)。原題はHeimat ist ein Raum aus Zeit(故郷とは時間からなる空間である)。故郷を探求する218分の大作。
監督:トーマス・ハイゼ 出演者:トーマス・ハイゼ、ヴォルフガング・ハイゼ、ハイナー・ミュラー、ほか

「スタントウーマン」のネタバレあらすじ結末

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたちの紹介:2020年アメリカ映画。女優のスタントを担当するスタントウーマンたちに支えられ、多くの名作映画が世に送り出された。伝説の女性スタントたちのインタビューと共にアメリカ映画史を振り返る。
監督:エイプリル・ライト 出演:ミシェル・ロドリゲス、アリマ・ドージー、エイミー・ジョンストン、ジェイディ・デヴィッド、ジーニー・エッパー、ジュリー・アン・ジョンソン、ほか

「13th 憲法修正第13条」のネタバレあらすじ結末

13th 憲法修正第13条の紹介:2016年アメリカ映画。南北戦争のときに認められていた奴隷制度は、合衆国憲法修正第13条によって廃止されたかのようにみられましたが、黒人を犯罪者とすることによって、現代でも形を変えて人種差別という名の奴隷制度が残り続けています。黒人の歴史、数々の映像資料と分析によってそのことが証明されたNetflixオリジナルドキュメンタリー映画。第89回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされた話題作です。
監督:エイヴァ・デュヴァーネイ 出演:アンジェラ・デイヴィス、ミッチェル・アレクサンダー、ブライアン・スティーブンソン、ヴァン・ジョーンズ、ジェラニ・コブ、ほか

「ブックセラーズ」のネタバレあらすじ結末

ブックセラーズの紹介:2019年アメリカ映画。古代より人間社会に親しまれ、私たちの歴史・文化を伝えてきたのは書籍でした。中世の高額な書籍は数億円単位で取引されます。しかしインターネットの普及による書籍と書店の衰退は激しいものがあります。そんなデジタル化の流れにもかかわらず、本に夢や希望を持つブックセラーズがいます。本作『ブックセラーズ』は、古本ビジネスと収集家の世界を描いた作品です。インターネットとスマホの普及で本や雑誌も読まず書店や図書館にも行かなくなったという人たちも、もう一度本の持つ素晴らしさを感じさせてくれる内容になっています。
監督:D・W・ヤング 出演:パーカー・ポーシー(ナレーター)、ディヴ、ジュディス、ナオミ、アディナ、ジム、アーサー、スティーヴン、ビビ、ヘザー、レベッカ、ジャスティン、アダム、ヘンリー、ほか

「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」のネタバレあらすじ結末

ようこそ、アムステルダム国立美術館への紹介:2008年オランダ映画。オランダが世界に誇る「アムステルダム国立美術館」の改築工事を巡り、関係者の悲喜交々を描くドキュメンタリー作品。2004年、アムステルダム国立美術館は、館長ロナルド・デ・レーウの指揮の下大規模な改築工事が行われることになった。しかし美術館を貫く通路が封鎖されることになり、改築後のデザインも気に入らないと市民が猛反発。その後も様々な問題が噴出し、関係者の苦悩は尽きないのだった。
監督:ウケ・ホーヘンダイク 出演者:ロナルド・デ・レーウ、タコ・ディビッツ、レイニエ・バールセン、ヴィム・デ・ベル、メンノ・フィツキ、ほか

「SNS 少女たちの10日間」のネタバレあらすじ結末

SNS 少女たちの10日間の紹介:2020年チェコ映画。2020年、チェコ。巨大な撮影スタジオに3つの子供部屋が作られた。3名の童顔の女優が、12歳という設定のもと、子供部屋で撮影した写真などとともにSNSで友達募集をしたところ、10日間で2458名もの成人がコンタクトを取り、卑猥な誘いをしかけてきた。撮影されているとは知らず、未成年に対する容赦ない性搾取はエスカレートしていく。精神科医、性科学者、弁護士や警備員など専門家の万全なバックアップやアフターケアを用意しながら撮影されたドキュメンタリー。 本国チェコではドキュメンタリーとしては異例の大ヒットを記録。
監督:バーラ・ハルポヴァー、ヴィート・クルサーク 出演:テレザ・チェジュカー、アネジュカ・ピタルトヴァー、サビナ・ドロウハー、ほか

「本当の僕を教えて」のネタバレあらすじ結末

本当の僕を教えての紹介:2019年イギリス映画。交通事故によって一卵性の双子のアレックスが記憶喪失になってしまいます。その35年後にアレックスと双子兄弟のマーカスそれぞれにインタビューを行い、当時を振り返ってもらいます。インタビューを重ねていくうちに、2人の両親の衝撃的事実が徐々に浮かび上がるドキュメンタリー映画です。
監督:エド・パーキンス 出演:アレックス・ルイス、マーカス・ルイス、アンドリュー・ケーリー、キャスリーン・レイ、ほか

「監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影」のネタバレあらすじ結末

監視資本主義 デジタル社会がもたらす光と影の紹介:2020年アメリカ映画。FacebookやInstagram、Twitterなどを手掛ける大手テック業界で働いていた人々が、デジタル社会がもたらす脅威を暴露するドキュメンタリー映画。テック業界はユーザーをどのように捉えているのか、どのようにして人類に脅威を与えているのか、現状やデータを元に分析された話が展開されていきます。
監督:ジェフ・オーロースキー 出演:トリスタン・ハリス、ティム・ケンダル、ロジャー・マクナミー、ショシャナ・ズボフ博士、チャマス・パリハピティヤ、ほか

「二重のまち/交代地のうたを編む」のネタバレあらすじ結末

二重のまち/交代地のうたを編むの紹介:2019年日本映画。小森はるかと瀬尾夏美は東日本大震災のボランティアをきっかけに岩手県に引っ越して、人々の記憶や記録を受け渡す活動を始めた。2018年、震災のことやかつての町のことが話されることも減った陸前高田市で、15日間4人の若い旅行者が人々に話を聴き、彼らの話を語り直し、さらに、思い出の多い「下の町」の上に、かさ上げ工事で「上の町」ができた2031年の未来の人々を、瀬尾が描いた物語である「二重のまち」を朗読するというワークショップが行われた。そのワークショップから生まれたこのドキュメンタリー映画では、人々と会い、『二重のまち』の各章に関係する場所を歩き、人々の経験を継承する営みに参加し、語り合う4人の若者の姿が映し出される。
監督:小森はるか、瀬尾夏美 出演者:古田春花、米川幸リオン、坂井遥香、三浦碧至、ほか

1 2 3 4 5 17

キーワードから探す

TOP↑