ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「命の代償」のネタバレあらすじ結末

命の代償の紹介:2010年カナダ映画。車で妊婦を撥ねて逃げ、罪悪感から子を失った彼女に寄り添う男と、そうとは知らず男に信頼を寄せていく被害女性が真実に向き合うまでを描いた人生ドラマ。
監督:デボラ・チョウ 出演:ザック・ブラフ(ヘンリー)、イザベル・ブレ(ナタリー)、パトリック・ラベ(ミシェル)、ジュリアン・ロー(ジョニー)、ほか

「数に溺れて」のネタバレあらすじ結末

数に溺れての紹介:1988年イギリス映画。美しい田園風景の広がる土地で連続する、男たちの溺死事故。死者の妻たちの名は皆『シシー・コルピッツ』。祖母、その娘、その姪の3人だった…。監督は独特の作風の知的な映画で人気だったピーター・グリーナウェイ。音楽は多くのグリーナウェイ作品や『ピアノ・レッスン』の音楽を担当したマイケル・ナイマン。カンヌ国際映画祭、最優秀芸術貢献賞受賞。別題は『数に溺れて/快楽の夫殺しゲーム』
監督:ピーター・グリーナウェイ 出演:バーナード・ヒル(マジェット)、ジョーン・プロウライト(シシー・コルピッツ1)、ジュリエット・スティーヴンソン(シシー・コルピッツ2)、ジョエリー・リチャードソン(シシー・コルピッツ3)、ジェイソン・エドワーズ(スマット)、ほか

「ベイビー・オブ・マコン」のネタバレあらすじ結末

ベイビー・オブ・マコンの紹介:1993年イギリス,ドイツ,フランス映画。バロック文化が栄えていた17世紀、フィレンツェと思われるイタリアのある都市で「ベイビー・オブ・マコン」と題された芝居が始まる。飢餓と不妊がはびこる町に、何年も生まれなかった五体満足の美しい男の赤ん坊が生まれ、奇跡の子と崇められるが、その子は大人たちの貪欲の犠牲になっていく。だが、この芝居(俳優)と現実(観客)の境はすぐさま揺らいでいく。ピーター・グリーナウェイならではの豪華絢爛な美術と美しい映像(撮影監督はグリーナウェイやアラン・レネの作品で知られるサッシャ・ヴィエルニー)にもかかわらず、血まみれで残虐な暴力とさらけ出された多数の裸体で物議をかもした作品。
監督:ピーター・グリーナウェイ 出演者:ジュリア・オーモンド(娘)、レイフ・ファインズ(司教の息子)、フィリップ・ストーン(司教)、ジョナサン・レイシー(コシモ)、ほか

「アンダーフェイス」のネタバレあらすじ結末

アンダーフェイスの紹介:2014年日本映画。ヤクザの親分の息子である秀治は、子供の頃から「ヤクザの息子」となじられ、成長すると父とは縁を切り一人でバーを経営していました。妹の結婚式を境に、子供時代可愛がってくれた徳田が出所し、対抗組織に寝返えると抗争が始まり、秀治も巻き込まれることになり…という内容のVシネマの面々が出演する劇場公開作品です。
監督:浅生マサヒロ 出演者:原田龍二(秀治)、小沢和義(ヨシオ)、下出丞一(ナオヤ)、中丸シオン(ミサキ)、古井榮一(野村)、史朗(田嶋)、小沢仁志(徳田)ほか

「DAU. ナターシャ」のネタバレあらすじ結末

DAU. ナターシャの紹介:2020年ドイツ,ウクライナ,イギリス,ロシア映画。ソ連某所の秘密研究所。その施設では科学者たちが軍事的な秘密の研究を行っていた。施設内にある食堂で働くナターシャはある日、研究所に招かれていたフランス人研究者と関係を持ってしまう。自由恋愛が禁じられていた施設内で情事をおこなったナターシャは当局よりスパイの容疑をかけられ厳しい尋問を受けることになる。オーディション人数39.2万人、衣装4万着、欧州最大1万2千平米のセット、主要キャスト400人、エキストラ1万人、制作年数15年をかけ、「ソ連全体主義」の社会を完全再現。700時間にも及ぶ収録から編成された壮大なシリーズの第1弾。
監督:イリヤ・フルジャノフスキー、エカテリーナ・エルテリ 出演:ナターリヤ・ベレジナヤ(ナターシャ)、ウラジーミル・アジッポ(本人/尋問官)、オリガ・シカバルニャ(オーリャ)、リュック・ビジェ(リュック)、アレクセイ・ブリノフ(ブリノフ教授)、ほか

「ターコイズの空の下で」のネタバレあらすじ結末

ターコイズの空の下での紹介:2020年日本,モンゴル,フランス映画。裕福な家庭に生まれ育ち、遊んで暮らす日本人青年タケシ。ある日突然、実業家の祖父によりモンゴル人の馬泥棒アムラと共にモンゴルの草原へと送り込まれる。終戦後モンゴルで生き別れた祖父の娘を探すために。モンゴルでタケシが見たのは日本の生活とはかけ離れた世界。想像もしなかった自然美と人々の生命力は徐々にタケシを変えていく。海外で育ち4ヶ国語を操る国際派俳優、現在ではアーティストとしても活躍するKENTARO監督の初長編作品。
監督:KENTARO 出演:柳楽優弥(タケシ)、アムラ・バルジンヤム(アムラ)、麿赤兒(三郎)、ツェツゲ・ビャンバ(遊牧民女性)、サラントゥーヤ・サンブ(ツェルマ)、サヘル・ローズ(秘書)、諏訪太朗(警察署長)、西山潤(若き日の三郎)、佐藤乃莉(タケシの彼女)、ガンゾリグ・ツェツゲ(警察官ハーディ)、ウンダルマ・トゥヴシントゥシグ(若き三郎の彼女)、ほか

「ロストックの長い夜」のネタバレあらすじ結末

ロストックの長い夜の紹介:2014年ドイツ映画。1992年ロストックで、難民収容センターに対して大規模運暴動な暴動が発生。警察隊と若い暴徒が二夜に渡り早朝まで争う前後の様子を描いた作品。暴動が起きる前まではモノクロで繊細な映像が映し出され、暴動が始まるとカラーモードへと移り変わります。
監督:ブルハン・クルバニ 出演:ヨナス・ナイ(ステファン)、ジョエル・バズマン(ロビー)、リエン(トラン・ル・ホン)、サスキア・ローゼンダール(ジェシー)、デーヴィト・シュトリーゾフ(マルティン)、デイビット・シュッター(サンドロ)、ほか

「オルフェ(1949年)」のネタバレあらすじ結末

オルフェの紹介:1949年フランス映画。詩人・小説家・劇作家・画家・批評家・映画監督と多彩な才能を発揮していたジャン・コクトーが、ギリシャ神話のオルフェウスの悲劇を現代(映画製作時の1940年代末期)に舞台を移して映画化した作品です。妻帯者である詩人オルフェはある出来事をきっかけに死の世界の王女に惹かれ、妻よりも王女を深く愛するようになってしまい…。
監督:ジャン・コクトー 出演者:ジャン・マレー(オルフェ)、マリー・デア(ユリディス)、マリア・カザレス(王女)、フランソワ・ペリエ(ウルトビイズ)、エドゥアール・デルミ(セジェスト)、ジュリエット・グレコ(アグラオーニス)、アンリ・クレミュー(警部)、ロジェ・ブラン(新聞記者)ほか

「ポルノグラファー~プレイバック~」のネタバレあらすじ結末

劇場版ポルノグラファー~プレイバック~の紹介:2021年日本映画。2018年にフジテレビで放送された「ポルノグラファー」。FOD(フジテレビオンデマンド)での配信も人気を呼び、2019年には続編「インディゴの気分」も制作されたが、本作はさらにその先のストーリーで、官能小説家と大学生の男性カップルが、大きな危機を迎えるさまを描く。原作は「on BLUE」連載中の丸木戸マキのBLコミック。官能小説家・木島を演じるのは「仮面ライダー剣」でデビュー以来、俳優・モデルとして活躍する竹財輝之助。その恋人・春彦は「トミカヒーロー レスキューフォース」で主演をつとめた猪塚健太が演じる。監督は「植物図鑑 運命の恋、ひろいました」「弱虫ペダル」の三木康一郎。
監督:三木康一郎 原作:丸木戸マキ キャスト:竹財輝之助(木島理生)、猪塚健太(久住春彦)、吉田宗洋(城戸士郎)、大石吾朗(蒲生田郁夫)、松本若菜(明実春子)、奥野壮(明実静雄)、小林涼子(木島菜月)、前野朋哉(木島洋二)、ほか

「空海」のネタバレあらすじ結末

空海の紹介:1984年日本映画。真言宗の宗祖、弘法大師空海の生涯が、超人的なエピソードを絡め、人間味豊かに紹介されています。奈良の大学に通っていた青年空海は、政治に、宗教に、多くの「なぜ」を抱えていました。在来の学問に飽き足らない空海は、下界を離れて深山幽谷に身を置きます。青年らしくエネルギッシュな修行を経たのち、彼はさらに未知の教え「密教」をもとめて唐の都長安へ旅立ちます。
監督:佐藤純彌 出演者:北大路欣也(空海)、加藤剛(最澄)、小川真由美(藤原薬子)、西郷輝彦(嵯峨天皇)、中村嘉葎雄(平城天皇)、石橋蓮司(橘逸勢)、西村晃(佐伯田公)、丹波哲郎(桓武天皇)、森繁久彌(阿刀大足)ほか

「アンダーカバー・エンジェル 守護天使」のネタバレあらすじ結末

アンダーカバー・エンジェル 守護天使の紹介:2017年アメリカ映画。離婚して娘と2人で暮らすシングルマザーを助けるため、地上に降り立った天使が母親と恋に落ち、人間となる道を選ぶまでを描いたロマンティック・コメディ。
監督:スティーヴン・モンロー 出演:ジュリアン・クリストファー(カール)、マット・エリス(ジョン)、ライラ・フィッツジェラルド(ソフィ)、ショーン・ロバーツ(ヘンリー)、クレイトン・チッティ(デイブ)、ほか

「カルネ」のネタバレあらすじ結末

カルネの紹介:1994年フランス映画。父と娘の異様な関係を独特のタッチで描くカルト映画。パリ郊外で馬肉店を営む男は、一人娘シンシアを溺愛していた。彼女は一度も口をきいたことがなく、自分の殻に閉じこもっていて、テレビと木馬にのみ興味を寄せている。そんなある日、シンシアは初潮を迎えた。血でスカートを汚した娘を見た肉屋は、誰かに強姦されたのだと勘違いする。そして無関係の男に肉切り包丁で襲い掛かり、刑務所送りになるのだった。
監督:ギャスパー・ノエ 出演者:フィリップ・ナオン(肉屋)、ブランディーヌ・ルノワール(シンシア)、フランキー・バン(カフェの主人)、マリエ・ベルト(シンシアの母親)、エレーヌ・テステュー(家政婦)ほか

「カノン」のネタバレあらすじ結末

カノンの紹介:1998年フランス映画。父娘の異様な関係を描いた「カルネ(1994年)」の続編。馬肉屋の父親が人生のあらゆる苦難に苛立ち、狂いながら娘を求めていくドラマ作品。パリを離れ、愛人と共に暮らし始めた肉屋は日々苛立ちを募らせていた。高慢な愛人、臭い姑、陰鬱な田舎、何もかもが気に入らない。ある時ついに怒りが爆発した肉屋は愛人を殴打して流産させ、逃げるようにパリに舞い戻った。しかし誰も彼を助けてくれる人はいない。肉屋は溺愛する一人娘シンシアを施設から連れ出した。シンシアをホテルに連れ込んだ肉屋は、破滅的な幻想に囚われながら娘の肉体に手を伸ばす。
監督:ギャスパー・ノエ 出演者:フィリップ・ナオン(肉屋)、ブランディーヌ・ルノワール(娘)、フランキー・バン(愛人)、マルティーヌ・オドラン(姑)、ジャン=フランソワ・ラウガー(不動産業者)、ほか

「世界で一番しあわせな食堂」のネタバレあらすじ結末

世界で一番しあわせな食堂の紹介:2019年フィンランド, 中国映画。フィンランド北部ラップランド地方の小さな村。中国の上海から人探しのために子供を連れてやってきた料理人チェンが食堂を経営するフィンランド人女性シリカと出会う。突然やってきた中国人の団体客にたじろいでいたシリカをチェンが助けたことがきっかけとなり、しばらく滞在させてもらうことに。料理を通じて、国籍や文化の違いを乗り越え互いに思いやる気持ちが芽生えていく。世界幸福度ランキングに3年間連続で1位を獲得しているフィンランドを舞台として、国内で最も有名な監督のひとりミカ・カウリスマキ監督が地元の人と異国の料理人の出会いを丁寧に描いた心温まる物語。
監督:ミカ・カウリスマキ 出演:アンナ=マイヤ・トゥオッコ(シルカ)、チュー・パック・ホング(チェン)、ルーカス・スアン(ニュニョ)、ヴェサ=マッティ・ロイリ(ヴィルプラ)、カリ・ヴァーナネン(ロンパイネン)、ほか

「ある人質 生還までの398日」のネタバレあらすじ結末

ある人質 生還までの398日の紹介:2019年デンマーク,スウェーデン,ノルウェー映画。戦争の中の日常を世界に伝えたい、そんな熱い想いを抱いて内戦中のシリアに渡った 写真家ダニエル。怪我で体操選手の道を絶たれ、絶望していたところにやっとやりたいことを見つけたところだった。そんなダニエルがある日突然誘拐された。彼を待ち受けていたのは拷問と飢え。それまでごく普通の生活を営んでいた家族は愛するダニエルを救出するために奔走することになる。24歳だった2013年5月から翌2014年6月まで398日間、シリアで過激派組織IS(イスラム国)の人質として監禁され、奇跡的に生還を果たしたデンマーク人写真家ダニエル・リューの衝撃の実話。
監督:ニールス・アルデン・オプレヴ 出演:エスベン・スメド(ダニエル・リュー)、トビー・ケベル(ジェームズ・フォーリー)、アナス・W・ベアテルセン(アートゥア)、ソフィー・トルプ(アニタ)、クリスティアン・ギェレルプ・コッホ(スサネ)、ほか

1 2 3 4 5 170

キーワードから探す

TOP↑