Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ブロンド・ヴィナス」のネタバレあらすじ結末

ブロンド・ヴィナスの紹介:1932年アメリカ映画。ゴリラの着ぐるみの中から出てくるのはマレーネ・ディートリッヒ。彼女が演じるのは強い母、そして夫と愛人の間で揺れる女。ただし、この作品から監督スタンバーグ、主演ディートリッヒの作品の人気は下降線をたどり始めた。アメリカでのキャリアをスタートさせて間もないケーリー・グラントが愛人。『風と共に去りぬ』で黒人として初めてアカデミー賞を受賞することになるハティ・マクダニエルも母子を助ける役で出演している。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演者:マレーネ・ディートリッヒ(ヘレン・ファラデー)、ハーバート・マーシャル(エドワード・ファラデー)、ケーリー・グラント(ニック・タウンゼンド)、ディッキー・ムーア(ジョニー・ファラデー)その他

「ギャング・イン・ニューヨーク」のネタバレあらすじ結末

ギャング・イン・ニューヨークの紹介:2018年アメリカ,カナダ映画。アメリカ社会の陰の部分のマフィア組織はアメリカで多くの映画になっていますが『ギャング・イン・ニューヨーク』は伝説的な犯罪者ジョン・ゴッテイの生涯、彼の息子のジョニーとの愛情が描かれています。この映画のRotten Tomatoes (アメリカの映画批評サイト)の支持率は0%、アメリカ最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞でも多くの部門にノミネートされてしまいました。その理由は歴史に残る犯罪者親子を英雄のように描いていることなどが理由でした。ジョン・トラボルタのファンやアメリカの犯罪組織とFBIとの戦いなどに興味がある人にはおすすめの映画です。
監督:ケヴィン・コナリー 出演:ジョン・トラボルタ(ジョン・ゴッティ)、スペンサー・ロフランコ(ジョン・ジョニー・ゴッティ)、ケリー・プレストン(ヴィクトリア・ゴッティ)、スティシー・キーチ(アニエロ・デラクローチェ)、プルイット・テイラー・ヴィンス(アンジェロ・ルッジェーロ)、クリス・マルケイ(フランク・デチッコ)、ウィリアム・デメオ(サルヴァドーレ・サミー・グラヴァーノ)他

「集団左遷」のネタバレあらすじ結末

集団左遷の紹介:1994年日本映画。バブル絶頂期に土地ころがしで大もうけした太陽不動産は、バブル崩壊後、横山副社長が指揮を執り、大胆なリストラにうってでました。首都圏特販部という部署を作り、到底達成できない予算を立て、達成できなければ全員クビだと言いました。そして本部長には反目する篠田が命じられ、その部下には篠田がかつてヘッドハンティングした滝川がいました。篠田と滝沢を中心とした特販部は、生き残りをかけ、あの手この手の営業を繰り広げますが…と言う内容の、バブル崩壊に伴う不動産業界を舞台にしたドラマです。
監督:梶間俊一 出演者:柴田恭兵(滝川晃司)、中村敦夫(篠田洋)、津川雅彦(横山輝生)、高島礼子(今村春子)、小坂一也(花沢浩平)、河原崎建三(柳町敏夫)、湯江健幸(南野晴彦)、神山繁(菊川伊佐美)、江波杏子(高杉文世)、萬田久子(原俊子)ほか

「タバコ・ロード」のネタバレあらすじ結末

タバコ・ロードの紹介:1941年アメリカ映画。アメリカの小説家アースキン・コールドウェルが1932年に発表、ジャック・カークランドによって舞台化されたコメディ・ドラマを映画化した作品です。かつては豊かな農地として栄えながらも廃れてしまったアメリカ南部ジョージア州の通称“タバコ・ロード”を舞台に、貧農(プア・ホワイト)の一家が希望を捨てずに生き抜こうとする姿を描きます。
監督:ジョン・フォード 出演者:チャールズ・グレープウィン(ジーター・レスター)、マージョリー・ランボー(シスター・ベッシー・ライス)、ジーン・ティアニー(エリー・メイ・レスター)、ウィリアム・トレイシー(デュード・レスター)、エリザベス・パターソン(エイダ・レスター)ほか

「ブルゴーニュで会いましょう」のネタバレあらすじ結末

ブルゴーニュで会いましょうの紹介:2015年フランス映画。パリで成功したワイン評論家が、実家であるブルゴーニュのワイナリーが破産寸前であることを知り、父との確執を乗り越えて独自の方法でワイナリーの再建に乗り出し、家族の絆をも取り戻す。
監督:ジェローム・ル・メール 出演:ジェラール・ランヴァン(フランソワ・マレシャル)、ジャリル・レスペール(シャルリ・マレシャル)、アリス・タグリオーニ(ブランシュ)、ローラ・スメット(マリー・マレシャル)、ほか

「長屋紳士録」のネタバレあらすじ結末

長屋紳士録の紹介:1947年日本映画。南方の戦地から帰還した小津監督の戦後第一作。敗戦後の混乱した世相を反映した内容で、「晩春」以降の落ち着いた小津世界とは異なった悲喜劇を描いている。戦前戦中の小津映画のレギュラーだった飯田蝶子が好演。
監督:小津安二郎 出演:飯田蝶子(おたね)、青木放屁(男の子)、河村黎吉(為吉)、坂本武(喜八)、笠智衆(田代)、小沢栄太郎(男の子の父親)、ほか

「コンフェッション ある振付師の過ち」のネタバレあらすじ結末

コンフェッション ある振付師の過ちの紹介:2014年アメリカ映画。ブロードウェイミュージカルを映画化したヒューマンドラマ。名門バレエスクールの老教師のもとに、ある日、自分の父親ではないかという男とその妻が訪ねてくる。
監督:スティーヴン・ベルマー 出演:パトリック・スチュワート(トバイアス”トビー”パウエル)、カーラ・グギーノ(リサ)、マシュー・リラード(マイク)、ジェイミー・ティレリ(ラウル)、マドューカ・ステディ(キャビー)、ジェフリー・ノーフツ(ダリル)、ロブ・ヤン(ジム)、ほか

「小間使いの日記」のネタバレあらすじ結末

小間使いの日記(別題:あるメイドの密かな欲望)の紹介:2015年フランス,ベルギー映画。パリの上流家庭で小間使いとして働きながらも金持ちに使われることにうんざりしていた女が、同僚である使用人の男から支配されることに喜びを見出す。原作はオクターヴ・ミルボー「小間使の日記」。
監督:ブノワ・ジャコー 出演:レア・セドゥ(セレスティーヌ)、ヴァンサン・ランドン(ジョゼフ)、クロティルド・モレ(ランレール夫人)、エルヴェ・ピエール(ランレール)、ほか

「マンガ肉と僕」のネタバレあらすじ結末

マンガ肉と僕の紹介:2014年日本映画。朝香式の同名短編小説を映画化した作品。京都を舞台に気弱な青年ワタベと男性恐怖症のサトミの奇妙な交流を描く青春映画。女優、プロデューサー、監督とマルチに活躍する杉野希妃の初監督作品です。
監督:杉野希妃 出演者:三浦貴大(ワタベ)、杉野希妃 (サトミ)、徳永えり(菜子)、ちすん(さやか)、太賀(藪野)、徳井義実(紀一)、ほか

「アンジェリカの微笑み」のネタバレあらすじ結末

アンジェリカの微笑みの紹介:2010年ポルトガル,スペイン,フランス,ブラジル映画。若くして亡くなった富豪の娘アンジェリカの遺影撮影を頼まれた青年が、その美しい微笑みに心を奪われ、やがては自滅する。現役最高齢の監督マノエル・ド・オリヴェイラが101歳の時に撮り上げた。
監督:マノエル・ド・オリヴェイラ 出演:リカルド・トレパ(イザク)、ピラール・ロペス・デ・アジャラ(アンジェリカ)、レオノール・シルヴェイラ、ルイス・ミゲル・シントラ、イザベル・ルト、アナ・マリア・マガリャンエス、サラ・カリーニャス、リカルド・アイベオ、アデライデ・テイシェイラ、ほか

「モロッコ」のネタバレあらすじ結末

モロッコの紹介:1930年アメリカ映画。フォン・スタンバーグがベルリンで発見し、『嘆きの天使』で一躍スターになったマレーネ・ディートリヒ。外人部隊の兵士と孤独な歌姫が恋に落ちるこの映画が彼女のアメリカ映画初出演となった。日本で初めて日本語字幕が付されたトーキー作品。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演:マレーネ・ディートリヒ(アミー・ジョリー)、ゲイリー・クーパー(トム・ブラウン)、アドルフ・マンジュー(ラ・ベシエール)、ウルリヒ・ハウプト(セザール副官)、イヴ・サザーン(セザール夫人)その他

「雨にゆれる女」のネタバレあらすじ結末

雨にゆれる女の紹介:2016年日本映画。名前や身の上を偽り世間から隠れながら生きる男の元に、同じく秘密を抱えた女が匿って欲しいと連れられて来る。次第に惹かれ合う2人だったが…。監督はアジア映画の映画音楽を手掛けてきた半野喜弘。
監督:半野喜弘 出演:青木崇高、大野いと、岡山天音、水澤紳吾、伊藤佳範、中野順二、杉田吉平、吉本想一郎、河野宏明、原田裕章、上田辰也、ほか

「柔らかな肌」のネタバレあらすじ結末

柔らかな肌の紹介:2009年スペイン映画。ひとりの女子大生が初めて同性に惹かれ、戸惑いながらも自分に正直になっていく姿を描く。相手が同性でも異性でも変わらない、恋をする時の純粋な心の機微を好演しています。
監督:ヘスース・ガライ 出演:ディアナ・ゴメス(アジア)、アリアドナ・カブロル(エロイーズ)、ベルナート・サウメル(ナサニエル)、カロリーナ・モントーヤ(エリカ)、ラウラ・コネヘーロ、ほか

「いのちぼうにふろう」のネタバレあらすじ結末

いのちぼうにふろうの紹介:1971年日本映画。山本周五郎の短編「深川安楽亭」を仲代達矢夫人・隆巴(宮崎恭子)が脚色。巨匠・小林正樹が監督した時代劇。商家で働く男の純愛に心を動かされた荒くれ者たちが、命をかけてその恋を成就させる。クライマックスでの様式化された捕物シーンが見どころです。
監督:小林正樹 出演:仲代達矢(定七)、佐藤慶(与兵衛)、中村翫右衛門(幾造)、栗原小巻(おみつ)、山本圭(富次郎)、酒井和歌子(おきわ)、ほか

「殺人捜査線」のネタバレあらすじ結末

殺人捜査線の紹介:1958年アメリカ映画。人気テレビシリーズからスピンオフした長編劇映画で、監督のドン・シーゲルにとっては”舞台がサンフランシスコ”、”異常な性格の犯人”という点で後の「ダーティ・ハリー」の原型とも言える作品。ラストの高速道路のシーンは強烈な印象を残します。
監督:ドン・シーゲル 出演:イーライ・ウォラック(ダンサー)、ロバート・キース(ジュリアン)、リチャード・ジャッケル(サンディ)、メアリー・ラロシュ(ドロシー)、エミール・メイヤー(クイン警部)、マーシャル・リード(アッシャー警部)、ほか

1 2 3 4 5 122
TOP↑