ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「メインストリーム」のネタバレあらすじ結末

メインストリームの紹介:2021年アメリカ映画。何者かになりたい人々が集まり、夢と野心が交錯する米国ロサンゼルス。20代のフランキーもまたこの街で、なりたい自分を探してもがくワンオブゼムだった。そんな彼女の憂鬱な日々は、街で出会ったリンクという謎めいたカリスマによって一変する。2人は作家志望の友人ジェイクを巻き込んで、動画制作をスタートさせた。リンクは自らを「ノーワン・スペシャル(ただの一般人)」と名乗り、瞬く間に人気YouTuberに。いつしか「いいね!」は媚薬となり、リンクの人格を変えていく…。監督は、フランシス・フォード・コッポラの孫で、ソフィア・コッポラの姪にあたるジア・コッポラ。著名なYouTuberやインフルエンサーが本人として登場することで現実と隣り合わせの世界を生み出している。
監督:ジア・コッポラ 出演:アンドリュー・ガーフィールド(リンク)、マヤ・ホーク(フランキー)、ナット・ウルフ(ジェイク)、ジェイソン・シュワルツマン(マーク・シュワルツ)、ジョニー・ノックスヴィル(テッド・ウィック)、アレクサ・デミー(イザベル・ロバーツ)、コリーン・キャンプ(ジュディ)ほか

「サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ」のネタバレあらすじ結末

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~の紹介:2019年アメリカ映画。メタルバンドのドラマー、ルーベンは恋人でメンバーを組んでいるルーと共にアメリカ各地のライブハウスをキャンピングカーで回るツアー生活を送っていた。そんなある日ルーベンはひどい耳鳴りに襲われ、突如聴力を失ってしまう。不安と絶望で精神的に不安定になっていくルーベンだったが、ルーの勧めで聴覚障がい者の支援コミュニティーに参加することに。新たな環境に馴染んでいく一方で、元の生活に戻ることを諦めきれないルーベンは葛藤する。ルーベンが直面する状態を、観客がまるで彼になったかのごとく味わえる本作。アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、編集賞と音響賞を受賞した。
監督:ダリウス・マーダー 出演:リズ・アーメッド(ルーベン・ストーン)、オリヴィア・クック(ルー)、ポール・レイシー(ジョー)、ローレン・リドルフ(ダイアン)、マチュー・アマルリック(ルーの父親)ほか

「ぼくとママの黄色い自転車」のネタバレあらすじ結末

ぼくとママの黄色い自転車の紹介:2009年日本映画。新堂冬樹の小説『僕の行く道』を『子ぎつねヘレン』でタッグを組んだ監督・河野圭太と脚本・今井雅子のコンビで映画化したロードムービーです。父と二人暮らしを送る主人公の少年が離れて暮らす母に会うために旅に出、行く先々で様々な人々と交流を深める様が描かれます。主題歌はさだまさしが手掛けています。
監督:河野圭太 出演者:武井証 (沖田大志)、 阿部サダヲ (沖田一志)、鈴木京香 (沖田琴美)、 西田尚美 (鈴間里美)、甲本雅裕 (鈴間誠治)、星田英利(警官)、柄本明 (正太郎)、鈴木砂羽 (浩子)、市毛良枝 (山岡静子)ほか

「海辺の家族たち」のネタバレあらすじ結末

海辺の家族たちの紹介:2016年フランス映画。父が倒れた事をきっかけに兄妹が故郷に集まる事になりました。各自それなりに問題を抱えていて、もがき苦しんでいます。兄妹が集まったこと、同じ移民の兄妹と出会った事で兄妹たちの考えに少しずつ変化が現れてくるのでした…。
監督:ロベール・ゲディギャン 出演:アリアンヌ・アスカリッド(アンジェル)、ジャン=ピエール・ダルッサン(ジョセフ)、ジェラール・メラン(アルマン)、ジャック・ブーデ、アナイス・ドゥムースティエ(ヴェランジェール)、ロバンソン・ステヴナン、ほか

「その日、カレーライスができるまで」のネタバレあらすじ結末

その日、カレーライスができるまでの紹介:2021年日本映画。斎藤工が企画・プロデュースを務め、主演のリリー・フランキーがワンシチュエーションの一人芝居に挑戦したヒューマンドラマです。妻の誕生日祝いのためのカレーライスを仕込む主人公の男が、愛聴するラジオ番組を通して何気ない日常に想いを馳せる姿を描きます。
監督:清水康彦 出演:リリー・フランキー(健一) 声の出演: 中村羽叶(映吉)、吉田照美(村田長太郎)、岡田ロビン翔子(東向未夕)、黄栄珠、福田信昭、神野三鈴(美津子)ほか

「43年後のアイ・ラヴ・ユー」のネタバレあらすじ結末

43年後のアイ・ラヴ・ユーの紹介:2019年スペイン,アメリカ,フランス映画。かつての初恋相手がアルツハイマーで施設に入った事を知った主人公のクロード。その初恋の相手に会うためにクロードはアルツハイマーを装い、彼女のいる施設に入所することを決めます。全てを忘れていた彼女に、クロードの想いがやがて奇跡を起こします…。
監督:マルティン・ロセテ 出演:ブルース・ダーン(クロード)、カロリーヌ・シロル(リリィ)、シエンナ・ギロリー(セルマ)、ベロニカ・フォルケ(ミス・マルコス)、セレーナ・ケネディ(タニア)、ベン・テンプル(デヴィッド)、ブライアン・コックス(シェーン)、ほか

「MINAMATA ミナマタ」のネタバレあらすじ結末

MINAMATA―ミナマタ―の紹介:2020年アメリカ映画。1970年代、日本・熊本県水俣市を中心に社会問題となった公害病「水俣病」を克明に追い続けたアメリカの写真家ユージン・スミスの実話を基に映画化したドラマです。ジョニー・デップが製作・主演を務め、坂本龍一が音楽を手掛けています。
監督:アンドリュー・レヴィタス 出演者:ジョニー・デップ(ユージン・スミス)、真田広之(ヤマザキ・ミツオ)、美波(アイリーン)、國村隼(ノジマ・ジュンイチ)、加瀬亮(キヨシ)、浅野忠信(マツムラ・タツオ)、岩瀬晶子(マツムラ・マサコ)、ビル・ナイ(ロバート・“ボブ”・ヘイズ)ほか

「トムボーイ」のネタバレあらすじ結末

トムボーイの紹介:2011年フランス映画。10歳のロールは、引越し先で知り合った友人たちに「ミカエル」と名乗り、男の子として過ごそうとする。家では両親と愛らしい妹と穏やかに生活しているが、外でミカエルとして過ごすために立ち振る舞いや身につけるものに創意工夫をほどこしていく。やがてミカエルに特別な視線を向けるリザとの仲が深まっていくのと同時に、友人や家族との関係を変化させる出来事が起こる…。
監督:セリーヌ・シアマ 出演:ゾエ・エラン(ロール/ミカエル)、マロン・レヴァナ(ジャンヌ)、ジャンヌ・ディソン(リザ)、マチュー・ドゥミ(父)、ソフィー・カッターニ(母)ほか

「461個のおべんとう」のネタバレあらすじ結末

461個のおべんとうの紹介:2020年日本映画。ヒップホップバンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美による実話エッセイで、過去にテレビドラマ化されたこともある『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』を、2021年をもって解散する「V6」の井ノ原快彦の主演で映画化したヒューマンドラマです。高校に入学した息子のため、3年間一度も休むことなくおべんとう作りを続けた父親と息子の軌跡が描かれます。
監督:兼重淳 出演者:井ノ原快彦(鈴本一樹)、道枝駿佑(鈴本虹輝)、森七菜(仁科ヒロミ)、若林時英(田辺章雄)、工藤遥(柏木礼奈)、阿部純子(矢島真香)、野間口徹(徳永保)、KREVA(古市栄太)、やついいちろう(河上利也)、映美くらら(浅井周子)、坂井真紀(遠藤咲江)、倍賞千恵子(鈴本奈津子)ほか

「ベル・エポックでもう一度」のネタバレあらすじ結末

ベル・エポックでもう一度の紹介:2019年フランス映画。仕事を失い、妻からも見放されてしまった父を見捨ててはおけないと息子が用意したのは、友人が立ち上げたタイムトラベルサービスでした。それは映画の撮影技術を駆使し、利用した人の大事な思い出を再現するサービスだったのです。
監督:ニコラ・ブドス 出演:ダニエル・オートゥイユ(ヴィクトル)、ギヨーム・カネ(アントワーヌ)、ドリヤ・ティリエ(マルゴ)、ファニー・アルダン(マリアンヌ)、ピエール・アルディティ(ピエール)、ドゥニ・ポダリデス(フランソワ)、ほか

「シャイニー・シュリンプス!」のネタバレあらすじ結末

シャイニー・シュリンプス!愉快で愛しい仲間たちの紹介:2019年フランス映画。ゲイ嫌いで偏見のある主人公の水泳選手が自らが引き起こしたトラブルのため資格剥奪になってしまいます。資格を取り戻すためにゲイの水球チームのコーチとなった主人公、快進撃とともに仲間たちと触れ合う内に主人公の気持ちに変化が起こる。
監督:セドリック・ル・ギャロ、マキシム・ゴヴァール 出演:ニコラ・ゴブ(マチアス)、アルバン・ルノワール(ジャン)、ミカエル・アビブル(セドリック)、ダヴィド・バイオ(アレックス)、ロマン・ランクリ(ダミアン)、ロラン・メヌ(ジョエル)、ジョフレ・クエ(グザヴィエ)、ロマン・ブロ(フレッド)、フェリックス・マルティネス(ヴァンサン)、ほか

「ステージ・マザー」のネタバレあらすじ結末

ステージ・マザーの紹介:2020年カナダ映画。音信不通だった息子の訃報が入り、息子の葬式に向かった母が周りの人と会うことで、ゲイだった息子がどのように生きてきたかを知ることとなる。そして息子が残したゲイバーを再建するために、尽力を注ごうと奮起する話。
監督:トム・フィッツジェラルド 出演:ジャッキー・ウィーヴァー(メイベリン)、ルーシー・リュー(シエナ)、エイドリアン・グレニアー(ネイサン)、ヒュー・トンプソン(ジェブ)、マイア・テイラー、アリスター・マクドナルド、オスカル・モレノ、ジャッキー・ビート、ほか

「ドライブ・マイ・カー」のネタバレあらすじ結末

ドライブ・マイ・カーの紹介:2021年日本映画。村上春樹の短編小説「女のいない男たち」の中の1編、「ドライブ・マイ・カー」。愛する妻を失った男が人との関わりを通して自らと向き合い、生きる希望を取り戻していくこの物語を映画化したのは、世界三大映画祭でも評価の高い濱口竜介。自ら手掛けた脚本は、2021年度カンヌ国際映画祭で日本映画初の脚本賞を受賞した。主演は『劇場版きのう何食べた?』『シン・ウルトラマン』など話題作目白押しの西島秀俊。その西島が忘れられない演技だったという、若い俳優役に岡田将生。ふたりはそのシーンについて、すごいこと、すさまじいことが起きていると感じたと語っている。
監督: 濱口竜介 原作:「ドライブ・マイ・カー」村上春樹〈「女のいない男たち」収録(文藝春秋)〉 キャスト:西島秀俊(家福悠介)、三浦透子(渡利みさき)、岡田将生(高槻耕史)、霧島れいか(家福音)ほか

「わたしはダフネ」のネタバレあらすじ結末

わたしはダフネの紹介:2019年イタリア映画。ダウン症という境遇を持ちながらも明るく前向きに生きる主人公ダフネと父ルイジ。突然起こった妻の不幸に落ち込むルイジを励ますべく、母の生まれ故郷に向かって歩いて向かう事にする。どんな辛い出来事も前向きに生きる姿が感動を呼びます。
監督:フェデリコ・ボンディ 出演:カロリーナ・ラスパンティ(ダフネ)、アントニオ・ピオヴァネッリ(ルイジ)、ステファニア・カッシーニ(マリア)、アンジェラ・マグニ(ヴィオラ)、ガブリエレ・スピネッリ(ジャック)、フランチェスカ・ラビ(カミッラ)、ほか

「THE CAVE (ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間」のネタバレあらすじ結末

THE CAVE(ザ・ケイブ) サッカー少年救出までの18日間の紹介:2019年タイ,アメリカ映画。2018年6月、いまだ記憶に新しい事件がタイで起こりました。誕生日を祝うために洞窟に向かったサッカーチームの少年たちとコーチが、水位が上がり始めたために洞窟の奥深くから帰れなくなってしまいます。彼らを助けるために命懸けで救助にあたったダイバーとレスキュー隊の様子を描いたドラマ映画です。
監督 トム・ウォーラー 出演:ジム・ウォーニー(ジム)、エクワット・ニラトヴォラパンヤー(コーチ)、ジュンパー・センプロム(ボア)、ノパドン・ニヨムカ(プーヤイ)、エリク・ブラウン(エリック)、タン・シャオロン(タン)、マギー=アーパー・パーウィライ(救急看護師)、ほか

1 2 3 4 5 180

キーワードから探す

TOP↑