Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「まほろ駅前多田便利軒」のネタバレあらすじ結末

まほろ駅前多田便利軒の紹介:2011年日本映画。三浦しをんの同名小説を映画化。瑛太と松田龍平を主演に迎え、架空の都市・まほろ市を舞台に物語は進みます。便利屋を営む多田と、中学の同級生・春彦。さまざまな人との出会いを通して、二人は自らの過去に向い合います。
監督:大森立嗣 出演:瑛太(多田啓介)、松田龍平(行天春彦)、片岡礼子(ルル)、鈴木杏(ハイシー)、本上まなみ(三峯凪子)、柄本佑(山下)、横山幸汰(由良)、大森南朋(囲炉裏屋亭主 山田)、梅沢昌代(山下の母)、松尾スズキ(シンちゃん)、麿赤兒(岡)、高良健吾(星)、岸部一徳(早坂)、ほか

「5シリングの真実」のネタバレあらすじ結末

5シリングの真実の紹介:1999年アメリカ映画。実際の事件を基に描かれた戯曲を原作とする作品。名家の末息子ロニーが英国海軍士官学校オズボーン校で無実の罪を着せられ、退学処分を受けた事から、有能な弁護士モートン卿に弁護を依頼。裁判を起こした事で家計は苦しくなり、世間からも批判され、家族は犠牲を生みながらロニーを守る様子を描いた作品です。1948年「ウィンスロー少年」のリメイク作品。
監督:デヴィッド・マメット 出演:ガイ・エドワーズ(ロニー)、レベッカ・ピジョン(キャサリン)、マシュー・ピジョン(ディッキー)、ジェンマ・ジョーンズ(グレース)、ナイジェル・ホーソーン(アーサー・ウィンズロー)、ジェレミー・ノーサム(ロバート・モートン弁護士)、サラ・フリンド(バイオレット)、コリン・スティントン(デズモンド弁護士)、エイデン・ギレット(ジョン)、ほか

「若親分」のネタバレあらすじ結末

若親分の紹介:1965年日本映画。南條組の親分・辰五郎が夜道で殺されました。一人息子の武は、海軍少尉の地位を捨て、跡目を継ぎ、任侠の世界に飛び込みました。次々名前を売る武を妬む太田黒組の親分の伊蔵が、遂に仕掛けてきました…と言う内容の市川雷蔵主演の任侠映画です。
監督:池広一夫 出演者:市川雷蔵(南条武)、朝丘雪路(京子)、藤村志保(千代梅)、三波春夫(桃中軒雲右衛門)、成田三樹夫(直次郎)、佐藤慶(太田黒伊蔵)ほか

「あるメイドの密かな欲望」のネタバレあらすじ結末

あるメイドの密かな欲望の紹介:2015年フランス,ベルギー映画。『小間使の日記』(1964年)を『マリー・アントワネットに別れをつげて』の監督・主演コンビがリメイク。メイド・セレスティーヌは片田舎にあるランレール家で働くようになり、ランレールがら身体を求められ拒み続けます。一方でセレスティーヌは庭師・ジョゼフに惹かれていき、犯罪に手を染めながらもやっと安らぎをてにいれるという物語でメイドという境遇から主からずっと虐待を受け続ける寂しい女の人生をシビアに描いた作品です。
監督:ブノワ・ジャコー 出演:レア・セドゥ(セレスティーヌ)、ヴァンサン・ランドン(ジョゼフ)、クロティルド・モレ(ランレール夫人)、エルヴェ・ピエール(ランレール)、ほか

「71フラグメンツ」のネタバレあらすじ結末

71フラグメンツの紹介:1994年オーストリア,ドイツ映画。常に見るものに衝撃を与えてくれるミヒャエル・ハネケ監督が手掛けた「感情の氷河期三部作」のうちの一つとなる作品です。冒頭に示した通り、19歳の若者が引き起こす銃乱射事件で自らも自殺してしまうまでと、そこに巻き込まれる人々のそれまでの日常を描いています。
監督:ミヒャエル・ハネケ 出演:ガブリエル・コスミン・ウルデス、ルーカス・ミコ、オットー・グルーンマンドル、アンヌ・ベネント、ウド・ザメル、ブランコ・サマロフスキー、クラウディア・マルティーニ、ゲオルク・フリードリヒ、ほか

「さらば愛しきアウトロー」のネタバレあらすじ結末

さらば愛しきアウトローの紹介:2018年アメリカ映画。1930年代の少年時代から強盗、逮捕と脱獄を繰り返してきたフォレスト・タッカーは、60歳を超えても「黄昏ギャング」なる犯罪組織を作り、強盗をやめません。そんな彼の強盗は笑顔で礼儀正しくという意外なスタイルでした。『さらば愛しきアウトロー』はタッカーを追う刑事と、恋愛関係になった女性との交流の様子が描かれます。ロバート・レッドフォード(1936年生まれ)の引退作とも呼ばれる作品。彼の演技は高く評価され、長い俳優人生の集大成とも言える作品です。
監督:デヴィッド・ロウリー 出演:ロバート・レッドフォード(フォレスト・タッカー)、ケイシー・アフレック(ジョン・ハント)、ダニー・グローヴァー(テディ)、チカ・サンプター(モーリーン)、トム・ウェイツ(ウォラー)、シシー・スペイセク(ジュエル)、ほか

「山のトムさん」のネタバレあらすじ結末

山のトムさんの紹介:2015年日本映画。「クマのプーさん」、「ピーターラビット」シリーズの翻訳で知られる児童文学作家石井桃子の原作をもとにした作品。東京を離れ、慣れない田舎で農業を始めたハナと友人のトキ。トキの娘やハナの甥、可愛い猫のトムとともに自然と共存しながら暮らす家族の姿を温かく描いたヒューマンドラマです。
監督:上田音 出演者:小林聡美(ハナ)、市川実日子(トキ)、伊東清矢(アキラ)、光石研(ゲン)、高橋ひとみ(シオリ)、木南晴夏(イノグチ)、ベンガル(獣医)、もたいまさこ(よろず屋のおばさん)、ほか

「晩春(1949年)」のネタバレあらすじ結末

晩春の紹介:1949年日本映画。鎌倉に住む大学教授の曽宮周吉は婚期を逃しかけている娘紀子のことが心配になってきていた。原節子と杉村春子が初めて小津作品に出演し、脚本家の野田高梧も戦後初めて小津とコンビを組む。1930年代に既に名声を確立していた小津の戦後の全盛時代の始まりを告げることになる。
監督:小津安二郎 出演者:笠智衆(曽宮周吉)、原節子(曽宮紀子)、杉村春子(田口まさ)、月丘夢路(北川アヤ)、宇佐美淳(服部昌一)、三宅邦子(三輪秋子)、三島雅夫(小野寺譲)その他

「藤十郎の恋(1955年)」のネタバレあらすじ結末

藤十郎の恋の紹介:1955年日本映画。菊池寛の原作の映画化。料亭の女将・お梶が名優・坂田藤十郎に寄せる人知れぬ思慕の情が露わになるとき、事件は起こった。映画の中で近松門左衛門が執筆する「大経師昔暦」に基づいて川口松太郎が書いた戯曲『おさん茂兵衛』を映画化した。溝口健二監督『近松物語』(1954年)では、長谷川一夫は茂兵衛を演じている。
監督:森一生 出演者:長谷川一夫(坂田藤十郎)、京マチ子(お梶)、小沢栄(近松門左衛門)、進藤英太郎(都万太夫)、柳永二郎(宗山清兵衛)その他

「ラヴ・ストリームス」のネタバレあらすじ結末

ラヴ・ストリームスの紹介:1983年アメリカ映画。女たちに囲まれて暮らす作家の弟。愛しすぎるせいで夫と娘と別れざるを得なくなる、「愛は流れ止まることがない」という姉。誰よりもお互いを愛している姉弟が再会してつかの間の共同生活を送る。カナダの劇作家テッド・アレンの脚本に基づきジョン・カサヴェテスの製作・演出で1981年にロサンゼルスで上演された同名の芝居を原型としている。実生活の夫婦であるジーナ・ローランズとカサヴェテスが姉と弟を演じた。
監督:ジョン・カサヴェテス 出演者:ジーナ・ローランズ(サラ・ローソン)、ジョン・カサヴェテス(ロバート・ハーモン)、シーモア・カッセル(ジャック・ローソン)、ダイアン・アボット(スーザン)、ジェイコブ・ショウ(アルビー)ほか

「モリー」のネタバレあらすじ結末

モリーの紹介:1998年アメリカ映画。施設の閉鎖により自閉症の妹を引き取ることになった兄。たったひとりの肉親である彼女を、とまどいながらも周囲の人々の助けを借りて理解し、心を通わせていく。
監督:ジョン・ダイガン 出演:エリザベス・シュー(モリー)、ルーシー・リュー(ブレンダ)、アーロン・エッカート(バック)、ロバート・ハーパー(シモンズ)、ジル・ヘネシー(スーザン)、トーマス・ジェーン(サム)、D・W・モフェット(マーク)、エリザベス・ミッチェル(ビバリー)、エレイン・ヘンドリックス(ジェニファー)、マイケル・ポール・チャン(ドミンゴ)、ほか

「シャンプー」のネタバレあらすじ結末

シャンプーの紹介:1975年アメリカ映画。ビバリーヒルズの有閑マダムを相手に美容師として働くプレイボーイの男が、自分の店を持つための出資を求めに行った先でかつての恋人に再会し、本当の愛を知る。
監督:ハル・アシュビー 出演:ウォーレン・ベイティ(ジョージ)、ジュリー・クリスティ(ジャッキー)、リー・グラント(フェリシア)、ゴールディ・ホーン(ジル)、ジャック・ウォーデン(レスター)、ルアナ・アンダース(デブラ)、キャリー・フィッシャー(ローナ)、ほか

「ディス/コネクト」のネタバレあらすじ結末

ディス/コネクトの紹介:2012年アメリカ映画。いたずら好きの少年ジェイソンはある日、目を付けた寡黙な少年ベンにSNSを経由して接触する。ジェシカという高校生を装い、ベンとやり取りを始め、彼から自身の猥褻な写真を貰う。ジェイソンは学校中にこの写真を拡散し、事態はとんでもないことになる。SNSでの成りすましによるイジメのターゲットとなった少年と父親。チャットで個人情報が漏れた夫婦。アダルトチャットに出演する未成年を取材する女性リポーター。3つのエピソードを同時進行させ、現代社会に潜む闇を描く。
監督:ヘンリー=アレックス・ルビン 出演:ジェイソン・ベイトマン(リッチ・ボイド)、ホープ・デイヴィス(リディア・ボイド)、フランク・グリロ(マイク・ディクソン)、ミカエル・ニクヴィスト(シューマッカー)、ポーラ・パットン(シンディ・ハル)、アンドレア・ライズブロー(ニーナ・ダナン)、アレキサンダー・スカルスガルド(デレック・ハル)、マックス・シエリオット(カイル)、コリン・フォード(ジェイソン・ディクソン)、ジョナ・ボボ(ベン・ボイド)、ヘイリー・ラム(アビー・ボイド)、ほか

「クスクス粒の秘密」のネタバレあらすじ結末

クスクス粒の秘密の紹介:2007年フランス映画。フランスの港町を舞台に、リストラされたチュニジア移民の初老の男が、クスクス料理を出す船上レストランを始めようと奮闘する。ヴェネチア国際映画祭で審査員特別賞を受賞。
監督:アブデラティフ・ケシシュ 出演:アビブ・ブファーレ(スリマーヌ)、アフシア・エルジ(リム)、ファリダ・ベンケタシュ(カリマ)、アリス・ユーリ(ジュリア)、アティカ・カラウイ(ラティファ)、ブラウイア・マルズーク(スアド)、サミ・ジトゥーニ(マジド) ほか

「ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ」のネタバレあらすじ結末

ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)への紹介:2007年日本映画。沖縄の美ら海水族館で実際にあった、イルカと人間との温かい交流を描いたストーリー。水族館の人気者のイルカ・フジの尾びれが壊死し、新米獣医師が奮闘。世界初となる人工尾びれを付けたフジは、再び宙を舞うことができるのか?!
監督:前田哲 出演者:松山ケンイチ(植村一也)、高畑充希(玉城ミチル)、西山茉希(青山陽子)、永作博美(日下部七海)、山崎努(福原謙三)、池内博之(比嘉剛)、坂井真紀(望月ユリ)、利重剛(仲村圭一)、田中哲司(須藤勇治)、上間宗男(玉城のオジイ)、ほか

1 2 3 4 5 133
TOP↑