Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「人生の動かし方」のネタバレあらすじ結末

人生の動かし方の紹介:2017年アメリカ映画。四肢麻痺の資産家フィリップは、プライドが高く気難しい性格です。介護が必要ですが、介護者はフィリップの性格についていけず、次々と辞めていってしまいます。ある日、フィリップが介護者を探しているとデルという前科のある若者が現れます。偶然出会った2人の不思議な友情のお話。2011年公開「最強のふたり」のリメイク作品です。
監督:ニール・バーガー 出演:ブライアン・クランストン、ケヴィン・ハート、ニコール・キッドマン、ジュヌヴィエーヴ・エンジェルソン、アヤ・ナオミ・キング、ジュリアナ・マルグリーズ、レイチェル・アラナ、ハンドラー、ほか

「居眠り磐音」のネタバレあらすじ結末

居眠り磐音(いねむりいわね)の紹介:2019年日本映画。累計2000万部を超える佐伯泰英の人気時代小説シリーズ『居眠り磐音』を、「超高速!参勤交代」などで知られる本木克英監督が初の映画化。主演は、本作が時代劇初主演となる松坂桃李。賑やかな場面でもどこか影のあるその演技は、本木監督に「この映画は松坂桃李ありきの磐音」と言わしめる。また、日本の時代劇を支える京都のスタッフたちに、時代劇を引っ張っていける新しい主役として認められた松坂は、「もっと時代劇を盛り上げたい」と語っている。
監督:本木克英 キャスト:松坂桃李(坂崎磐音)、木村文乃(おこん)、芳根京子(小林奈緒)、柄本佑(小林琴平)、杉野遥亮(河出慎之輔)、佐々木蔵之介(佐々木玲圓)、奥田瑛二(宍戸文六)、谷原章介(吉右衛門)、中村梅雀(金兵衛)、柄本明(有楽斎)、比留間由哲(毘沙門の統五郎)、和田聰宏(東源之丞)、高橋努(竹村武佐衛門)、荒井敦史(品川柳次郎)、南沙良(坂崎伊代)、桜木健一(川合久敬)、水澤紳吾(蔵持十三)、阿部亮平(黒岩十三郎)、宮下かな子(河出舞)、菅原大吉(日村綱道)、陣内孝則(庄右衛門)、橋本じゅん(甚兵衛)、早乙女太一(邦右衛門)、中村ゆり(高尾太夫)、波岡一喜(天童赤児)、石丸謙二郎(坂崎正睦)、財前直見(坂崎照埜)、西村まさ彦(田沼意次)、ほか

「アメリカン・アニマルズ」のネタバレあらすじ結末

アメリカン・アニマルズの紹介:2018年アメリカ,イギリス映画。学生生活に嫌気がさしていたスペンサーとウォーレンは何か大きな事をしたいと考え、通っているトランシルバニア大学の図書館に貯蔵されている時価1200万ドルの本を盗み出す計画を立てる。2004年にアメリカ・ケンタッキー州トランシルヴァニア大学で大学生たちが起こした強盗事件、この実話をもとに映画化した作品です。
監督:バート・レイトン 出演:エヴァン・ピーターズ(ウォーレン・リプカ)、バリー・キオガン(スペンサー・ラインハード)、ブレイク・ジェナー(チャズ / チャールズ・T・アレン2世)、ジャレッド・アブラハムソン(エリック・ボーサク)、ウド・キア、アン・ダウド(ミス・グーチ)、ほか

「ベリッシマ」のネタバレあらすじ結末

ベリッシマの紹介:1951年イタリア映画。娘を映画女優にしようとする母親の奮闘を描くドラマ作品。映画業界に憧れるマッダレーナは、娘マリアを子役オーディションに参加させることにした。彼女の執念たるや凄まじく、金も時間も犠牲にしてマリアを合格させようと躍起になる。高価なドレスを作り、バレエを習わせ、スタッフに金を握らせた。そこまでの犠牲を払って、マッダレーナが手にしたものとは。
監督:ルキノ・ヴィスコンティ 出演者:アンナ・マニャーニ(マッダレーナ)、ワルテル・キアーリ(アンノヴァッツィ)、ディーナ・アビチェラ(マリア)、アレッサンドロ・ブラゼッティ(ブラゼッティ監督)、ガストーネ・レンツェッリ(スパルタコ)ほか

「牝猫たち」のネタバレあらすじ結末

牝猫たち(めすねこたち)の紹介:2016年日本映画。日活ロマンポルノの45周年を記念した“ロマンポルノ・リブート・プロジェクト”の一環であり、『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督による作品です。ネットカフェ難民、シングルマザー、不妊症とそれぞれの事情を抱えた3人の風俗嬢と、彼女たちに群がる男たちとの人間模様が描かれます。
監督:白石和彌 出演者:井端珠里(雅子)、真上さつき(結依)、美知枝(里枝)、音尾琢真(野中)、郭智博(高田)、村田秀亮(とろサーモン)(谷口)ほか

「まともな男」のネタバレあらすじ結末

まともな男の紹介:2015年スイス映画。スイスの雪山を舞台に、ごく普通の“まともな男”がついた小さな嘘をきっかけに衝撃の事態に巻き込まれていく姿を描いたスイス発の人間ドラマです。家族と上司の娘を連れてスキー旅行に出かけた主人公は、男からレイプされたという上司の娘から相談を受け、事態を収拾するために小さな嘘をついて乗り切ろうとするのですが・・・。
監督:ミヒャ・レヴィンスキー 出演者:デーヴィト・シュトリーゾフ(トーマス・エンゲル)、マレン・エッゲルト(マルティナ・エンゲル)、ロッテ・ベッカー(ジェニー・エンゲル)、アニーナ・ヴァルト(ザラ・オルロフ)、ステファン・メーダー(ルエディ)、マックス・フバッカー(セヴェリン)、ビート・マルティ(ザラの父)、オリアナ・シュラージ(エスター)、テレサ・アフォルター(セラピスト)ほか

「12人の怒れる男」のネタバレあらすじ結末

12人の怒れる男の紹介:2007年ロシア映画。1954年にアメリカのテレビドラマで放送されて以降、世界中で映画化、舞台化されている密室サスペンスの代表格を現代のロシアを舞台にリメイクした作品。陪審員となった12人の男たちが少年の犯した犯罪を評議していく物語である。ヴェネツィア国際映画祭に出品され生涯功労賞として特別銀獅子賞を受賞するなど、世界的な評価も高い。なお、本作を監督、脚本、製作したニキータ・ミハルコフは12人の陪審員のうち「陪審員2番」役で出演している。
監督: ニキータ・ミハルコフ 出演者:セルゲイ・マコヴェツキイ(陪審員1番)、ニキータ・ミハルコフ (陪審員2番)、セルゲイ・ガルマッシュ (陪審員3番)、ミハイル・イェフレモフ(陪審員8番)、ヴィクトル・ヴェルジビツキイ(陪審員11番)、アプティ・マガマイェフ (ウマル) ほか

「稲妻(1952年)」のネタバレあらすじ結末

稲妻の紹介:1952年日本映画。東宝所属だった成瀬巳喜男が大映に呼ばれて作った名作。「めし」で戦後のスランプを脱した監督が再び林芙美子作品を取り上げ、その後の作風を決定づけることになった。キネ旬ベストテンでは第2位。
監督:成瀬巳喜男 出演:高峰秀子(清子)、三浦光子(光子)、村田知英子(縫子)、丸山修(嘉助)、浦辺粂子(おせい)、小沢栄(綱吉)

「ふたりの女」のネタバレあらすじ結末

ふたりの女の紹介:1960年イタリア映画。戦時下のイタリアで激しさを増す空襲から逃れるため疎開した母と娘。ふたりの女性がたどる悲惨な運命を描く。本作でS・ローレンがアカデミー賞主演女優賞を受賞。
監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出演:ソフィア・ローレン、ジャン=ポール・ベルモンド、ラフ・ヴァローネ、エレオノラ・ブラウン、ほか

「スペイン狂想曲」のネタバレあらすじ結末

スペイン狂想曲(別題:西班牙狂奏曲)の紹介:1934年アメリカ映画。スタンバーグ(この作品では監督と撮影監督を兼務)とディートリヒのコンビ最終作となった『西班牙(スペイン)狂想曲』だが、ディートリヒの最もお気に入りの一本。翻弄される男たちにとって「悪魔」に見えようとも自由に生きるヒロインを、大胆に回想シーンを用いて描く。原作のピエール・ルイスの小説『女と人形』は何度か映画化されているが、ルイス・ブニュエル監督の遺作となった『欲望のあいまいな対象』もその一つ。
監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ 出演者:マレーネ・ディートリヒ(コンチャ・ペレス)、ライオネル・アトウィル(ドン・パスカル)、エドワード・エヴェレット・ホートン(ドン・パキート)、アリソン・スキップワース(コンチャの母)、シーザー・ロメロ(アントニオ)、ほか

「アフリカン・ドクター」のネタバレあらすじ結末

アフリカン・ドクターの紹介:2016年アメリカ映画。ザイール出身でフランスの医科大学を卒業したセヨロは独裁政権の国に戻るより子供たちの教育のためにもフランス国籍が欲しい。医科大学の卒業パーティーに医者をスカウトに来た片田舎の無医町の町長に、セヨロは自ら家族を連れて定住すると売り込むが、そこはアフリカより田舎の、無学の人たちが多く住む小さな町で、初めて黒人を見る人たちから冷たい仕打ちに合う。妻も子供たちも苦しんだが、産気づいた女性を助けたことで、町民からの信頼を徐々に得られるようになり、軌道に乗ったように見えたが、彼の存在が疎ましい次の町長候補に邪魔をされる。実話に基づく話。
監督: ジュリアン・ランバルディ 出演: アイサ・マイガ、ジャン=ブノワ・ユジョー、ジョナサン・ランベール、バイロン・レブリ、ほか

「リトル・オデッサ」のネタバレあらすじ結末

リトル・オデッサの紹介:1994年アメリカ映画。ニューヨーク、ブルックリンのブライトン・ビーチは、ロシアやウクライナからの移民が多く住んでいるため「リトル・オデッサ」と呼ばれる。ある冬、ティム・ロス演じる殺し屋ジョシュアがそこに帰ってきた。その日から彼の家族を襲う悲劇が、忘れがたく端正な映画となって語られる。第51回ヴェネツィア国際映画祭で助演女優賞(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)、銀獅子賞を受賞した時、監督のジェームズ・グレイは25歳。
監督:ジェームズ・グレイ 出演者:ティム・ロス(ジョシュア・シャピラ)、エドワード・ファーロング(ルーベン・シャピラ)、モイラ・ケリー(アラ・シュスタヴィッチ)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(イリーナ・シャピラ)、マクシミリアン・シェル(アルカディ・シャピラ)その他

「DUST ダスト」のネタバレあらすじ結末

DUST ダストの紹介:2001年イギリス,ドイツ,イタリア,マケドニア映画。ニューヨークの古びたアパートに盗みに入った黒人青年を待ち構えていた家主の老女。老女はあるカウボーイ兄弟の物語を語り始め、青年も次第にその話に引き込まれていきます。100年前の動乱のマケドニアと現代のニューヨークを交錯させながら紡ぐ壮大な人間ドラマです。
監督:ミルチョ・マンチェフスキー 出演者:ジョセフ・ファインズ (イライジャ)、デビッド・ウェンハム (ルーク)、エイドリアン・レスター(エッジ)、アンヌ・ブロシェ(リリス)、ニコリナ・クジャカ(ネダ)ほか

「ディセンバー・ボーイズ」のネタバレあらすじ結末

ディセンバー・ボーイズの紹介:2007年アメリカ映画。孤児院育ちの4人の少年たちが、友情や家族との絆の大切さを学び、成長していくひと夏を描く感動ドラマ。「ハリーポッター」シリーズで一躍有名になったダニエル・ラドクリフがハリーポッターの撮影の合間に挑み完成した作品です。養子になりたい4人の少年の年長者マップスを見事に演じています。舞台となったオーストラリアの大自然の美しさはため息の出るほどでした。
監督:ロッド・ハーディ 出演:ダニエル・ラドクリフ(マップス)、クリスチャン・バイヤーズ(スパーク)、リー・コーミー(ミスティー)、ジェームズ・フレイザー(スピット)、テリーサ・パーマー(ルーシー)、ジャック・トンプソン(バンディー・マクアンシュ)、ほか

「麻雀放浪記2020」のネタバレあらすじ結末

麻雀放浪記2020の紹介:2019年日本映画。1984年に和田誠監督で映画化された阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を、作品に惚れ込んだ主演:斎藤工と監督:白石和彌のコンビで再映画化したコメディ作品です。原作の主人公:坊や哲(斎藤工)が戦後の1945年から第三次世界大戦で東京オリンピックが中止となった2020年へとタイムスリップしてしまうという大胆なアレンジと痛烈な風刺を織り込み、全編に渡ってiPhoneで撮影されました。出演者の不祥事により一時公開が危ぶまれるも当初の予定通りノーカット完全版として公開されました。キャッチフレーズは「ボーッと生きてんじゃねえよ!ニッポン!」。
監督:白石和彌 出演者:斎藤工(坊や哲)、もも(チャラン・ポ・ランタン)(ドテ子)、ベッキー(八代ゆき/AIユキ(二役))、的場浩司(ドサ健/ミスターK(二役))、岡崎体育(ドク)、ピエール瀧(杜)、音尾琢真、杉村蝉之介、伊武雅刀、矢島健一、吉澤健、ヴァニラ(量産型AI搭載セクサロイド)、舛添要一(本人役)、堀内正美(女衒の達徳)、小松政夫(出目徳/ヤン(二役))、竹中直人(クソ丸)ほか

1 2 3 4 5 129
TOP↑