ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ザ・ピーナッツバター・ファルコン」のネタバレあらすじ結末

ザ・ピーナッツバター・ファルコンの紹介:2019年アメリカ映画。ザックはダウン症候群のため施設で自由のない生活を送っています。彼の夢は憧れのプロレスラーの下で修行しプロレスデビューすることです。彼は金もなく施設を脱走しますが、仕事を失った漁師に出会い、彼の助けで憧れのプロレスラーに会うための旅が始まります。『ザ・ピーナッツバター・ファルコン』は実際にダウン症であるザック・ゴッザァーゲン主演の映画、彼自身が映画スターになりたいという夢からこの企画が実現しました。アメリカ映画批評サイト”Rotten Tomato””でも好意的に評価されています。
監督:タイラー・二ルソン、マイケル・シュワルツ 出演:シャイア・ラブーフ(タイラー)、ダコタ・ジョンソン(エレノア)、ザック・ゴッザァーゲン(ザック)、ジョン・ホークス(ダンカン)、トーマス・ヘイデン・チャーチ(ソルトウォーター・レッドネック)、ブルース・ダーン(カール)、ジェイク・ロバーツ(サム)他 

「ウルルの森の物語」のネタバレあらすじ結末

ウルルの森の物語の紹介:2009年日本映画。北海道で獣医をしている生野大慈は離婚した妻が入院したため、東京で暮らす子供達を1ヶ月預かることになる。ある日、娘のしずくはオオカミに似た子犬を見つけ、ウルルと名付けて飼うことに。しかしウルルは絶滅したエゾオオカミの可能性が高いということで、しかるべき機関に預けるべきだと言われてしまう。兄妹はウルルを母親の元へ返そうと旅に出る。「マリと子犬の物語」のスタッフ・キャストが再結集して作成した感動作。
監督:長沼誠 出演者:船越英一郎(生野大慈)、深田恭子(生野千恵)、濱口優(大森拓馬)、光石研(長谷部一哉)、桜井幸子(工藤夏子)、桑代貴明(工藤昴)、北村沙羅(工藤しずく)、ほか

「ジョジョ・ラビット」のネタバレあらすじ結末

ジョジョ・ラビットの紹介:2019年ドイツ,アメリカ映画。第二次世界大戦下のドイツ。母ロージーとふたりで暮らす10歳の少年ジョジョは空想上の友達アドルフ・ヒトラーの助けを借りて、青少年集団ヒトラーユーゲントの立派な兵士になろうと奮闘していた。しかし、訓練でウサギを殺すこともできない心優しいジョジョ。教官から“ジョジョ・ラビット”という不名誉なあだ名をつけられてしまった。そんな中、ジョジョは隠し部屋にユダヤ人の少女エルサが匿われていることに気付く。恐る恐る言葉をかけ、母親に内緒でやりとりを始め、アドルフの目を気にしながらも強い精神力を持ったエルサに少しずつ恋心を抱いていく。戦争への皮肉をユーモアたっぷりのハートフルなコメディにして、困難な環境の中でも希望を失わない人々の物語。
監督: タイカ・ワイティティ 出演:ローマン・グリフィン・デイビス(ジョジョ)、トーマシン・マッケンジー(エルサ)、タイカ・ワイティティ(アドルフ)、レベル・ウィルソン(ミス・ラーム)、スティーブン・マーチャント(ディエルツ大尉)、アルフィー・アレン(フィンケル)、サム・ロックウェル(クレンツェンドルフ大尉)、スカーレット・ヨハンソン(ロージー)ほか

「5パーセントの奇跡」のネタバレあらすじ結末

5パーセントの奇跡 ~嘘から始まる素敵な人生~の紹介:2017年ドイツ映画。先天性疾患により視力が通常の5%となった青年が、まわりの協力を得て念願のホテルマンを目指して奮闘する。ドイツの一流ホテルでの実話を映画化したヒューマンドラマ。
監督:マルク・ローテムント 出演:コスティア・ウルマン(サリヤ / サリー)、ヤコブ・マッチェンツ(マックス)、アンナ・マリア・ミューエ(ラウラ)、ヨハン・フォン・ビューロー(クラインシュミット)、ほか

「父恋し」のネタバレあらすじ結末

父恋しの紹介:1951年日本映画。終生「お嬢」の愛称で親しまれた美空ひばり出演の映画です。劇中、雄二役の若原雅夫から「お嬢ちゃん」と呼ばれます。その呼ばれ方があたかもひばり本人を呼んでいるようで微笑ましい一場面となっています。東京で働く母早苗を「いつ帰るのか」と、港で待つのが恵美子の日課です。恵美子はある日、桟橋で声を掛けてきた流しの男と仲よしになりました。恵美子の大好きな歌、『私は街の子』にアコーディオンで伴奏を付けてくれたそのひとは、どうやらその曲の作者らしいのですが…。
監督: 瑞穂春海 出演者:若原雅夫(牧田雄二)、三宅邦子(志村早苗)、美空ひばり(恵美子)、北龍二(岱石)、滝謙太郎(三吉)、櫻むつ子(富子)ほか

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」のネタバレあらすじ結末

母さんがどんなに僕を嫌いでもの紹介:2018年日本映画。小説家・漫画家・エッセイストの歌川たいじが自らの体験を基に執筆した同名コミックエッセイを映画化したヒューマンドラマです。幼少期から母に虐待を受けてきた主人公が仲間たちとの交流を経て母と真正面から向き合おうとする姿を描いていきます。
監督:御法川修 出演者:仲野太賀(歌川タイジ)、吉田羊(歌川光子)、森崎ウィン(キミツ)、白石隼也(大将)、秋月三佳(カナ)、小山春朋(歌川タイジ(少年時代))、斉藤陽一郎(タイジの父)、おかやまはじめ(ばあちゃんの弟)、木野花(ばあちゃん)ほか

「ダウントン・アビー」のネタバレあらすじ結末

ダウントン・アビーの紹介:2019年イギリス映画。大邸宅「ダウントン・アビー」に暮らす貴族のクローリー家の人々と使用人たちをめぐる群像劇。2010年9月26日にイギリスのITVで放送が開始され、世界中で好評を博したTVシリーズの続編。時は1927年。国王夫妻訪問の知らせがダウントン・アビーに…。
監督:マイケル・エングラー 出演者:ヒュー・ボネヴィル(ロバート・クローリー[グランサム伯爵])、エリザベス・マクガヴァン(コーラ・クローリー[グランサム伯爵夫人])、ミシェル・ドッカリー(長女メアリー)、ローラ・カーマイケル(次女イーディス)、ジム・カーター(カーソン)、マギー・スミス(バイオレット・クローリー)、イメルダ・スタウントン(モード・バグショー)、ジェラルディン・ジェームズ(メアリー王妃)、アレン・リーチ(トム・ブランソン)そのほか

「エタニティ 永遠の花たちへ」のネタバレあらすじ結末

エタニティ 永遠の花たちへの紹介:2016年フランス,ベルギー映画。A・フェルネのベストセラー小説を原作にした、19世紀末のフランスで上流階級の女性が駆け抜けた愛と慈しみ、悲しみの日々を2世代、3家族に渡って描く人生ドラマ。
監督:トラン・アン・ユン 出演:オドレイ・トトゥ(ヴァランティーヌ)、メラニー・ロラン(マチルド)、ベレニス・ベジョ(ガブリエル)、ジェレミー・レニエ(アンリ)、ピエール・ドゥラドンシャン(シャルル)、ほか

「マリリン&モナ」のネタバレあらすじ結末

マリリン&モナ 踊って、泣いて、輝いての紹介:2012年イギリス,アメリカ,フランス映画。夫、家庭や仕事に絶望して家を出た2人の女性がベリーダンスのオーディションを受けるために旅を続ける。男女間、人種間など様々な差別を考えさせられる映画です。
監督:ラシッド・ブシャール 出演:シエナ・ミラー(マリリン)、ゴルシフテ・ファラハニ(モナ)、バハー・スーメク(ソーハ)、ティム・ギニー(ジョルジュ)、ロシュディ・ゼム(ムーラ)、ほか

「永遠の人」のネタバレあらすじ結末

永遠の人の紹介:1961年日本映画。巨匠木下恵介が自らのオリジナル脚本を映画化した、陰々滅々としたメロドラマ。アカデミー賞外国語映画賞の候補作となった。お互いに憎しみ合う夫婦とその子供たちの年代記が、広大な阿蘇の裾野を舞台に描かれる。フラメンコ・ギターによる音楽が効果的。
監督:木下恵介 出演:高峰秀子(さだ子)、仲代達矢(小清水平兵衛)、佐田啓二(川南隆)、加藤嘉(草二郎)、乙羽信子(川南友子)、石浜朗(川南豊)、ほか

「笛吹川」のネタバレあらすじ結末

笛吹川(ふえぶきがわ)の紹介:1960年日本映画。木下恵介監督が「楢山節考」に引き続き、深沢七郎の小説を映画化。「二十四の瞳」と同じく、庶民の視点を貫いた見事な反戦映画となっている。モノクロに部分的に着色を施した画面も印象的。キネ旬のベストテンでは4位に入選した。
監督:木下恵介 出演:高峰秀子(おけい)、田村高廣(定平)、市川染五郎(惣蔵)、岩下志麻(ウメ)、中村萬之助(安蔵)、織田政雄(半平)、田中晋二(平吉)、ほか

「最初の晩餐」のネタバレあらすじ結末

最初の晩餐の紹介:2019年日本映画。 サザンオールスターズのドキュメントムービー『FILM KILLER STREET-Director’s cut-』などを手掛けた常盤司郎の長編監督デビュー作となるヒューマンドラマです。父の死を受けて集結した子供たち。通夜に振舞われた料理は亡き父が遺した思い出のレシピでした。レシピを巡り、いままで家族が知ることのなかった父の秘密が明らかになっていきます…。
監督:常盤司郎 出演:染谷将太(東麟太郎)、戸田恵梨香(北島(東)美也子)、窪塚洋介(東シュン)、斉藤由貴(東アキコ)、永瀬正敏(東日登志)、森七菜(東美也子(少女時代))、楽駆(東シュン(青年時代))、牧純矢(東麟太郎(少年時代))、外川燎(東麟太郎(少年時代))、池田成志(東盛一)、菅原大吉(木村善男)、カトウシンスケ(北島康介)、玄理(小畑理恵)、山本浩司(井住)、小野塚勇人(小野寺法正)、奥野瑛太(拓二)、諏訪太朗(床屋のおじさん)ほか

「眠狂四郎 勝負」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎 勝負の紹介:1964年日本映画。柴田錬三郎の小説『眠狂四郎』シリーズの劇場版第5作で、市川雷蔵が主人公・眠狂四郎を演じるシリーズとしては第2作となる時代劇です。ある老武士の護衛を買って出た狂四郎はその人物が権力を傘に猛威を振るう将軍の娘や豪商らから命を狙われている勘定奉行であることを知り、裏側でうごめく陰謀に挑んでいくことになります。
監督:三隅研次 出演者:市川雷蔵(眠狂四郎)、藤村志保(采女)、高田美和(つや)、久保菜穂子(高姫)、成田純一郎(増子紋之助)、丹羽又三郎(神崎三郎次)、五味龍太郎(榊原喜平太)、戸田皓久(海老名良範)、浜田雄史(赤座軍兵衛)、加藤嘉(朝比奈伊織)、須賀不二男(白鳥主膳)ほか

「眠狂四郎 殺法帖」のネタバレあらすじ結末

眠狂四郎 殺法帖の紹介:1963年日本映画。柴田錬三郎の小説を映画化した時代劇シリーズで、前3作で眠狂四郎を演じた鶴田浩二から市川雷蔵にバトンタッチしての第1作です。加賀百万石の命運を握る秘密が隠された石仏を巡る陰謀に狂四郎が巻き込まれていきます。果たして狂四郎の“円月殺法”と若山富三郎演じるライバルとの少林寺拳法との対決の行方は…。
監督:田中徳三 出演者:市川雷蔵(眠狂四郎)、中村玉緒(千佐)、若山富三郎(陳孫)、小林勝彦(金八)、扇町景子(芸者歌吉)、真城千都世(常盤津文字若)、沢村宗之助(前田宰相斉泰)、伊達三郎(銭屋五兵衛)、高見国一(捨丸)、荒木忍(僧空然)、南部彰三(窯元蔵六)、木村玄(根来竜雲)、美吉かほる(お美代の方)ほか

「長いお別れ」のネタバレあらすじ結末

長いお別れの紹介:2019年日本映画。小説家・中島京子が自身の父との実体験を基に綴った同名の連作短編集を映画化したヒューマンドラマです。認知症の父と優しく見守る家族の7年間の軌跡と深い絆を描きます。
監督:中野量太 出演者:蒼井優(東芙美)、竹内結子(今村麻里)、松原智恵子(東曜子)、山崎努(東昇平)、北村有起哉(今村新)、中村倫也(磐田道彦)、杉田雷麟(今村崇)、蒲田優惟人(今村崇(幼少時代))ほか

1 2 3 4 5 145

キーワードから探す

TOP↑