ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「種まく旅人 みのりの茶」のネタバレあらすじ結末

種まく旅人 みのりの茶の紹介:2011年日本映画。東京暮らしの若い女性が、病に倒れた祖父の代わりに農業を始めたことをきっかけに、有機農法のお茶の魅力に目覚めます。塩屋俊監督の故郷・大分県臼杵市が舞台となっています。
監督:塩屋俊 出演:陣内孝則(大宮金次郎)、田中麗奈(森川みのり)、吉沢悠(木村卓司)、柄本明(森川修造)、石丸謙二郎(森川修一)、寺泉憲(臼杵市長)、中村ゆり(栗原香苗)、ほか

「おっぱいとお月さま」のネタバレあらすじ結末

おっぱいとお月さまの紹介:1994年スペイン,フランス映画。母親のおっぱいを生まれたばかりの弟にとられた少年が、自分だけのおっぱいを探すことを決意。やがて彼は理想のおっぱいを持つ女性に出会い、彼女のミルクを得ようと奮闘する。
監督:ビガス・ルナ 出演:マチルダ・メイ、ピエル・ドゥーラン、ジェラール・ダルモン、ミゲル・ポベダ、アベル・フォルク、ラウラ・マニャー、ヘニス・サーンチェス、ハビエル・マッセ、ほか

「好きでもないくせに」のネタバレあらすじ結末

好きでもないくせに の紹介:2016年日本映画。写真週刊誌FLASHのグラビア連載が反響を呼んだ“謎の聖女”・璃子の初主演作品となる官能映画です。好きでもない男とは行為できるものの、本当に好きな男とはできない女の複雑な心情を、璃子の体当たり演技とともに描きます。
監督:吉田浩太 出演者:璃子(沢石琴子)、根岸拓哉(川野陸)、川村亮介(剛田元気)、神戸浩、藤田朋子ほか

「孤高のメス」のネタバレあらすじ結末

孤高のメスの紹介:2010年日本映画。現職医師・高山路爛のベストセラー小説『メスよ輝け!!』を映画化した感動の医療ヒューマンドラマです。「ひとりの医師の想いが、病院を、人々を、動かしていく。」「諦めるな。この命を救うために。」というキャッチで、命と医療に真摯に向き合う情熱的外科医の姿を通して、地域医療問題や臓器移植問題などの現実の医療問題にも目を向けた作品です。
監督:成島出 出演:堤真一(当麻鉄彦)、夏川結衣(中村浪子)、吉沢悠(青木隆三)、中越典子(大川翔子)、松重豊(実川剛)、成宮寛貴(中村弘平)、矢島健一(村上三郎)、平田満(島田光治)、余貴美子(武井静)、生瀬勝久(野本六男)、柄本明(大川松男)、ほか

「最後のランナー」のネタバレあらすじ結末

最後のランナーの紹介:2016年中国,香港,アメリカ映画。1924年のパリ五輪の金メダリスト、エリック・リデル(中国生まれのイギリス人)は映画『炎のランナー』で知られますが、その彼の後半生は知られていません。五輪後にキリスト教の布教のため中国に渡ったリデルは太平洋戦争に巻き込まれますが、そこでもキリスト教精神と走ることを忘れずに誇り高く生きていきます。『最後のランナー』はリデルの中国での人生を描いた作品、日本人には見るのが辛い部分もありますが、人類愛と平和の大切さを考えさせる映画です。
監督:スティーヴン・シン 出演:ジョセフ・ファインズ(エリック・リデル)、ショーン・ドウ(ジ・ニウ)、エリザベス・アレンズ(フローレンス・リデル)、リチャード・サンダーソン(ハバート先生)、ジェシー・コーヴ(ヒュー・ジョンソン)、オーガスタ・シュウ=ホランド(キャサリン・スタンディッシュ)、クラタ(浅野長英)、ユモト(小林成男)ほか

「伊達騒動 風雲六十二万石」のネタバレあらすじ結末

伊達騒動 風雲六十二万石の紹介:1959年日本映画。寛文三年春、酒井雅楽頭の屋敷で仙台藩国家老伊達安芸を惨殺し自らもその場で殺された仙台藩奉行原田甲斐。歌舞伎等では悪人とされる原田甲斐はこの作品では主君への忠義と藩運営との板挟みで苦しむ誠実な人物。演じるのは「右門捕物帖」シリーズ等の大友柳太朗。
監督:佐伯清 出演者:大友柳太朗(原田甲斐)、木村功(伊達綱宗)、薄田研二(伊達安芸)、大河内傳次郎(伊達兵部)、山形勲(酒井雅楽頭)ほか

「最後の歓呼」のネタバレあらすじ結末

最後の歓呼の紹介:1958年アメリカ映画。エドウィン・オコナーの原作小説をジョン・フォードが製作・監督。庶民に人気の老市長が最後の市長選挙に挑む。はたして彼は「最後の歓呼」に包まれることになるのか。名優、そしてキャサリン・ヘップバーンのパートナーとしても知られたスペンサー・トレイシーが市長を演じる。
監督:ジョン・フォード 出演者:スペンサー・トレイシー(フランク・スケフィングトン)、ジェフリー・ハンター(アダム・コールフィールド)、ダイアン・フォスター(メイブ・コールフィールド)、パット・オブライエン(ジョン・ゴーマン)、ベイジル・ラスボーン(ノーマン・キャス)、ドナルド・クリスプ(枢機卿)、ジョン・キャラダイン(エイモス・フォース)その他

「山の音」のネタバレあらすじ結末

山の音(やまのおと)の紹介:1954年日本映画。夫の浮気に悩む女性と、彼女を細やかに労わる舅の姿を描いたヒューマン・ドラマ。老齢に差し掛かった尾形信吾は、嫁菊子に亡き憧れの女性の面影を重ね、いつも優しく接していた。菊子も信吾の優しさを頼りにしていたが、行き過ぎた気遣いはやがて望まぬ結果を招いてしまう。原作は川端康成の同名小説だが、結末は異なる。
監督:成瀬巳喜男 出演者:原節子(尾形菊子)、上原謙(夫・修一)、山村聡(尾形信吾)、長岡輝子(妻・保子)、杉葉子(谷崎英子)ほか

「無頼漢(1970年)」のネタバレあらすじ結末

無頼漢(ぶらいかん)の紹介:1970年日本映画。河竹黙阿弥の「天衣粉上野初花」を題材に、悪が悪をこらしめる姿を描く。天保の改革によって贅沢を禁じられた江戸では、謀反の気運が高まっていた。一方松江出雲守の屋敷では、妾になることを拒んだ奉公人が理不尽にも軟禁されていた。遊び人直次郎は無頼漢と名高い河内山と手を組み、謀反の裏で奉公人の娘を助け出そうとする。豪華キャストそろい踏みの痛快時代劇。
監督:篠田正浩 出演者:仲代達矢(片岡直次郎)、岩下志麻(三千歳)、太地喜和子(浪路)、丹波哲郎(河内山宗俊)、芥川比呂志(水野越前守)ほか

「鏡」のネタバレあらすじ結末

鏡の紹介:1974年ソ連映画。言語症の少年がカウンセリング治療を受けている場面から始まり、父と母、妻と息子と上手くいかない自身の過去の記憶と現在の問題を断片的に映しながら、父親の声で読まれる詩や第二次世界大戦、文化大革命などの映像が挿入されます。
監督:アンドレイ・タルコフスキー 出演:マルガリータ・テレホワ(母マリア / 妻ナタリア)、オレーグ・ヤンコフスキー(父)、イグナート・ダニルツェフ(少年時代の作者・アレクセイ / 現代の作者の息子・イグナート)、フィリップ・ヤンコフスキー(幼年時代の作者)、アナトーリー・ソロニーツィン(医者)

「ひろしま」のネタバレあらすじ結末

ひろしまの紹介:1953年日本映画。長田新編『原爆の子』を脚色。日教組製作。広島市民の全面的協力により、原爆投下直前の市民の日常生活、投下後の地獄図を再現。そればかりでなく、被爆者たちのその後の苦しみも描かれている。音楽の伊福部昭は翌年『ゴジラ』の音楽を担当することになる。
監督:関川秀雄 出演者:岡田英次(北川)、月丘夢路(女学校教師・米原)、加藤嘉(遠藤秀雄)、山田五十鈴(みち子の母・大庭みね)、月田昌也(遠藤幸夫)その他

「危険な関係(1959年)」のネタバレあらすじ結末

危険な関係の紹介:1959年フランス映画。感情に流されずに愛人たちとのセックスを楽しんできた男女に起きる危機。1782年にラクロによって書かれた同名小説の最初の映画化。現代のフランスに舞台を置き換えている。公開当初は海外輸出禁止になった問題作。監督のロジェ・ヴァディムは映画の冒頭で自らこの映画の主題について解説している。ジェラール・フィリップの生前に公開された最後の出演作品。音楽はセロニアス・モンク。映画後半のパーティーで演奏するのはアート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ。
監督:ロジェ・ヴァディム 出演者:ジャンヌ・モロー(ジュリエット・ヴァルモン)、ジェラール・フィリップ(ヴァルモン)、アネット・ヴァディム(マリアンヌ)、ジャン=ルイ・トランティニャン(ダンスニ)、ジャンヌ・ヴァレリー(セシル)その他

「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のネタバレあらすじ結末

バトル・オブ・ザ・セクシーズの紹介:2017年イギリス,アメリカ映画。1973年、全世界9000万人が注目する中で開催されたテニスの試合があった。それは女子テニス世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングと、男子の元世界チャンピオン、ボビー・リッグスによる男女対抗試合。男女平等を求める運動が様々なところで行われていた当時、テニス界も例外ではなかった。女子プレーヤーの優勝賞金は男子プレーヤーのたった1/8。そんな中で行われた、高額賞金をかけた注目の試合。スポーツ界はもちろん、政治や社会における男女の関係までも変えた世紀の戦いの全貌を描く。
監督:ヴァレリー・ファリス / ジョナサン・デイトン 出演:エマ・ストーン(ビリー・ジーン・キング)、スティーブ・カレル(ボビー・リッグス)、アンドレア・ライズブロー(マリリン・バーネット)、サラ・シルヴァーマン(グラディス・ヘルドマン)、 ビル・プルマン(ジャック・クレイマー)、アラン・カミング(カスバート”テッド"・ティンリング)、エリザベス・シュー(プリシラ・リッグス)、オースティン・ストウェル(ラリー・キング)、ナタリー・モラレス(ロージー・カザルス)ほか

「たたら侍」のネタバレあらすじ結末

たたら侍の紹介:2016年日本映画。戦国時代の日本を舞台に、製鉄技術を受け継ぐ“たたら場”の後継ぎとして産まれた伍介が、伝統と戦乱の狭間で真の強さを求めて成長していく様を描いた物語。出演者の凛とした佇まいと美しい映像が心に響く作品となっています。
監督:錦織良成 出演:青柳翔(伍介)、小林直己(新平)、田畑智子(お京)、石井杏奈(お國)、高橋長英(喜介)、甲本雅裕(弥介)、宮崎美子(八重)、品川徹(豊衛門)、でんでん(源蔵)、橋爪遼(熊吉)、菅田俊(佐吉)、音尾琢真(仙吉)、早乙女太一(井上辰之進)、津川雅彦(与平)、ほか

「友罪」のネタバレあらすじ結末

友罪の紹介:2017年日本映画。小さな町工場に就職した元雑誌記者。そこで知り合った男は世間を震撼させた少年殺人者だった…。薬丸岳の同名小説を原作とする、それぞれの周囲の人間模様も含めて〝贖罪“とは何かを問いかける人間ドラマです。
監督:瀬々敬久 出演者:生田斗真(益田純一)、瑛太(鈴木秀人/青柳健太郎)、夏帆(藤沢美代子)、山本美月(杉本清美)、富田靖子(白石弥生)、佐藤浩市(山内修司)ほか

1 2 3 4 5 99
TOP↑