Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「ジョイ・ラック・クラブ」のネタバレあらすじ結末

ジョイ・ラック・クラブの紹介:1993年アメリカ映画。エイミー・タンの同名ベストセラー小説を映画化したヒューマンドラマです。20世紀前半から中盤のアメリカ・サンフランシスコを舞台に、中国からの移民として苦難の人生を歩んできた4人の母親と、アメリカ人として生まれ育った4人の娘たちの葛藤そして心の絆を描いた群像劇です。
監督:ウェイン・ワン 出演者:ミンナ・ウェン(ジューン)、タムリン・トミタ(ウェヴァリー)、ローレン・トム(レナ)、ロザリンド・チャオ(ローズ)、キュウ・チン(スーユアン)、ツァイ・チン(リンド)、フランス・ニュイエン(インイン)、リサ・ルー(アンメイ)ほか

「存在の耐えられない軽さ」のネタバレあらすじ結末

存在の耐えられない軽さの紹介:1988年アメリカ映画。冷戦下の1968年、チェコスロバキアで起こった「プラハの春」を元にしたミラン・クンデラの小説が映画化されました。三角関係ですが自分の生き方を曲げない三人の生き様は清々しくかっこよいものです。
監督:フィリップ・カウフマン 出演:ダニエル・デイ=ルイス(トマシュ)、ジュリエット・ビノシュ(テレーザ)、レナ・オリン(サビーナ)、ステラン・スカルスガルド(エンジニア)、デレク・デ・リント(フランツ)、エルランド・ヨセフソン、パヴェル・ランドフスキー、ドナルド・モファット、ほか

「南極物語(2006年)」のネタバレあらすじ結末

南極物語の紹介:2006年アメリカ映画。1983年公開の日本映画『南極物語』をディズニーがリメイクした作品です。実話をベースにしながらも登場人物や犬の種類、設定を変更、南極を舞台に過酷な試練に立ち向かう犬たちの闘いを描いています。
監督:フランク・マーシャル 出演者:ポール・ウォーカー(ジェリー・シェパード)、ブルース・グリーンウッド(デイビス・マクラーレン)、ムーン・ブラッドグッド(ケイティ)、ジェイソン・ビッグス(チャーリー・クーパー)、ジェラルド・プランケット(アンディ)ほか

「東京流れ者」のネタバレあらすじ結末

東京流れ者の紹介:1966年日本映画。作曲者不詳の伝承歌『東京流れ者』をモチーフに、川内康範の原作・脚本で製作された任侠歌謡映画です。裏社会から足を洗おうと決心しながらもヤクザの世界から逃れられず翻弄され続ける男の生きざまを描きます。
監督:鈴木清順 出演者:渡哲也(本堂哲也)、松原智恵子(千春)、川地民夫(辰造)、二谷英明(相沢健次)、浜谷智子(睦子)、玉川伊佐男(梅谷)、江角英明(大塚)、日野道夫(吉井)、北竜二(倉田)ほか

「海を飛ぶ夢」のネタバレあらすじ結末

海を飛ぶ夢の紹介:2004年スペイン映画。四肢麻痺のラモンは尊厳死を求めて公に裁判を起こしていた。そんな彼の最後の二年間に起きた希望と絶望を描く。実在の人物ラモン・サンペドロの手記「レターズ・フロム・ヘル」を基に描かれる真実のドラマ。
監督:アレハンドロ・アメナーバル 出演:ハビエル・バルデム(ラモン・サンペドロ)、ベレン・ルエダ(フリア)、ロラ・ドゥエニャス(ロサ)、クララ・セグラ(ジェネ)、マベル・リベラ(マヌエラ)、セルソ・ブガーリョ(ホセ)、タマル・ノバス(ハビ)、ジョアン・ダルマウ(ホアキン)、フランセスク・ガリード(マルク)、ほか

「華麗なるヒコーキ野郎」のネタバレあらすじ結末

華麗なるヒコーキ野郎の紹介:1975年アメリカ映画。第一次世界大戦終戦直後のアメリカの田舎町を舞台に、空に魅了され、単葉機で大空を駆け巡ることに情熱を燃やした伝説のヒコーキ野郎たちの生きざまを描いたドラマです。
監督:ジョージ・ロイ・ヒル 出演者:ロバート・レッドフォード(ウォルド・ペッパー)、ボー・スヴェンソン(アクセル・オルソン)、ボー・ブランディン(エルンスト・ケスラー)、スーザン・サランドン(メリー・ベス)、ジョフリー・ルイス(ニュート・ピップ)、エドワード・ハーマン(エズラ・スタイルズ)、フィリップ・ブランズ(ドク・ディルホファー)、マーゴット・キダー(モード)ほか

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のネタバレあらすじ結末

ゼア・ウィル・ビー・ブラッドの紹介:2007年アメリカ映画。あるアメリカの石油商の成功と破滅への道のりを克明に描いた本作は、アカデミー主演男優賞と撮影賞を受賞し、その他多くの映画賞にノミネートされた。弦楽器のバリエーション豊かな特殊奏法を多用した音楽は、ロックバンドのレディオヘッドのメンバーであるジョニー・グリーンウッドが担当した。
監督:ポール・トマス・アンダーソン 出演者:ダニエル・デイ=ルイス(ダニエル・プレインヴュー)、ポール・ダノ(ポール・サンデー/イーライ・サンデー)、ケヴィン・J・オコナー(ヘンリー)、キアラン・ハインズ(フレッチャー)、ディロン・フレイジャー(H.W.)、ほか

「マグノリアの花たち」のネタバレあらすじ結末

マグノリアの花たちの紹介:1989年アメリカ映画。町の美容室を舞台に、女たちの関係性と絆を描いた作品。原作者の実体験(妹の死)を元に戯曲化された。結婚式のシーンでは原作者ロバート・ハーリングが牧師に、シェルビー入院のシーンでは実際に妹スーザンの治療・看護にあたった医師、看護師達が出演した。
監督:ハーバート・ロス 出演:サリー・フィールド(マリン)、ドリー・パーマン(トルーヴィ)、シャーリー・マクレーン(ウィザー)、ダリル・ハンナ(アネル)、オリンピア・デュカキス(クレリー)、ジュリア・ロバーツ(シェルビー)、ほか

「プリンセス・プロテクション・プログラム」のネタバレあらすじ結末

プリンセス・プロテクション・プログラムの紹介:2009年アメリカ映画。コスタ・ルナのプリンセスフィオーレの王位継承が近づくその時、クーデターが起き、フィオーレは秘密組織プリンセス・プロテクション・プログラム(略してPPP)によって助けられ、身を隠すためルイジアナへ逃亡。そして普通の高校生カーターと共に生活をして、お互いに多くを学びたくさんの経験をつみながらカーターと友情を深めていくという物語。ディズニー・チャンネル オリジナル・ムービー。
監督:アリソン・リディー-ブラウン 出演:デミ・ロヴァート(ロザリンダ・マリア・モントヤ・フィオーレ姫)、セレーナ・ゴメス(カーター・メイスン)、トム・ベリカ(ジョー・メイスン)、スリー・ディアズ(ソフィア・フィオーレ)、ジョニー・レイ・ロドリゲス(マグヌス・ケーン司令官)、ジェイミー・チャン(チェルシー・バーンズ)、ニコラス・ブラウン(エド)、ほか

「SOMEWHERE」のネタバレあらすじ結末

SOMEWHEREの紹介:2010年アメリカ映画。ハリウッドスターという名誉を手にしながら空虚な毎日を送る男と、離婚した妻と暮らしている娘との短い間だけど、徐々に交流を深めていく様子を描いたドラマ映画です。
監督:ソフィア・コッポラ 出演者:スティーヴン・ドーフ(ジョニー・マルコ)、エル・ファニング(クレオ)、クリス・ポンティアス(サミー)、ララ・スロートマン(レイラ)、ベニチオ・デル・トロ(セレブ)、ミシェル・モナハン(レベッカ)、ほか

「アメリカを震撼させた夜」のネタバレあらすじ結末

アメリカを震撼させた夜の紹介:1975年アメリカ映画。俳優のオーソン・ウェルズが1938年10月に実際に放送したH・G・ウェルズ原作のラジオドラマ『宇宙戦争』によって、聞いていたアメリカ国民が、本当のニュースと勘違いしてパニックに陥った事件をテレビ映画化したものです。
監督:ジョセフ・サージェント 出演者:ヴィク・モロー、ポール・シェナー(オーソン・ウエルズ)、クリフ・デ・ヤング、マイケル・コンスタンティン、ウォルター・マッギン、アイリーン・ブレナン、メレディス・バクスター、トム・ボスレー、ウィル・ギアほか

「太陽の坐る場所」のネタバレあらすじ結末

太陽の坐る場所の紹介:2014年アメリカ映画。辻村深月の小説をベースに映画化されたヒューマンドラマ。卒業して10年経った今でも思春期を引きずる響子を、高校時代の回想と現在を交互にしながら映し出してゆく。
監督:矢崎仁司 出演:水川あさみ(高間響子)、木村文乃(鈴原今日子)、三浦貴大(島津謙太)、森カンナ(水上由希)、鶴見辰吾(野島)、古泉葵(高間響子 / 高校時代)、吉田まどか(鈴原今日子 / 高校時代)、大石悠馬(島津謙太 / 高校時代)、山谷花純(水上由希 / 高校時代)、

「ダウト あるカトリック学校で」のネタバレあらすじ結末

ダウト ~あるカトリック学校で~の紹介:2008年アメリカ映画。ニューヨークのカトリック学校の校長シスター・アロイシスは神父がある男子生徒と性的な関係に及んだのではないかという疑惑を募らせていました。アロイシスは神に背く行為だと知りつつ、一人真相を追求し始め、やがて神父を追い込んでいきますが…。アメリカを代表する劇作家のジョン・パトリック・シャンリーが自らの戯曲を映画化した作品。厳格なシスター役を演じたメリル・ストリープの迫真の演技が光ります。
監督:ジョン・パトリック・シャンリー 出演者:メリル・ストリープ(シスター・アロイシス)、フィリップ・シーモア・ホフマン(フリン神父)、エイミー・アダムス(シスター・ジェイムズ)、 ヴィオラ・デイヴィス(ミラー夫人)、アリス・ドラモンド(シスター・ヴェロニカ)、ほか

「英国総督 最後の家」のネタバレあらすじ結末

英国総督 最後の家の紹介:2017年イギリス映画。1947年、インドが英国から独立する前夜を舞台に、最後のインド総督として赴任した英国貴族ルイス・マウントバッテン卿とその家族の姿、そして総督の元で働くインド人青年とイスラム教徒の女性秘書との悲恋を描いた歴史ドラマです。
監督:グリンダ・チャーダ 出演者:ヒュー・ボネヴィル(ルイス・マウントバッテン)、ジリアン・アンダーソン(エドウィナ・マウントバッテン)、マニシュ・ダヤル(ジート・クマール)、フマー・クレイシー(アーリア)、デヴィッド・ヘイマン(エワート)、マイケル・ガンボン(ヘイスティングス・イズメイ)、サイモン・キャロウ(シリル・ラドクリフ)ほか

「500ページの夢の束」のネタバレあらすじ結末

500ページの夢の束 の紹介:2017年アメリカ映画。自閉症のためカルフォルニア州オークランドのグループホームに暮らす若い女性、そんな彼女の生きがいはスタートレックを見ること。そしてグループホームを出て自立し姉とその赤ちゃんと一緒に暮らすことです。ある日、目にしたスタートレックの脚本コンテストに応募するも、郵送では間に合いません。彼女はオークランドからハリウッドまで約600キロを自力で向かい500ページの脚本を届けようとします。彼女の夢と希望のこもった500ページの脚本は届くのでしょうか?『500ページの夢の束』は自閉症の女性が脚本作成と旅をとうして自立していく姿を描き批評家からも好意的に受け止められた映画です。
監督:ベン・リューイン 出演:ダコタ・ファニング(ウェンディ)、トニ・コレット(スコッティ)、アリス・イヴ(オードリー)、リヴァー・アレクサンダー、マイケル・スタール=デヴィッド、ほか

1 2 3 4 5 104
TOP↑