ドラマ映画のあらすじ

ドラマ映画のあらすじと結末の作品一覧です。名作映画から最新作までドラマ映画のストーリーをネタバレや評価・感想とともにラストまで解説します。

「黒蜥蜴」のネタバレあらすじ結末

黒蜥蜴(くろとかげ)の紹介:1962年日本映画。宝石商をしている岩瀬の娘・早苗を誘拐すると予告した黒蜥蜴は、予告通り早苗を誘拐。一度は早苗を取り返したものの、再び実家から誘拐された早苗を追って、名探偵明智小五郎が奇抜なアイデアで事件を解決に導く江戸川乱歩の長編探偵小説の映画化作品です。1962年と1968年の2度、実写映画化されています。
監督:井上梅次 出演者:京マチ子(黒蜥蜴/緑川夫人)、大木実(明智小五郎)、 叶順子(岩瀬早苗)、川口浩(雨宮潤)、三島雅夫(岩瀬庄兵衛)ほか

「バルフィ! 人生に唄えば」のネタバレあらすじ結末

バルフィ! 人生に唄えばの紹介:2011年インド映画。1970年代を舞台に、自閉症と聴覚障害というそれぞれに不自由さを抱えた二人の少年少女の関係を描くヒューマンドラマ。低予算ながらも2012年で最も売れたボリウッド映画となり、アカデミー外国語映画賞へのノミネートを始めとして、国内外の数々の映画祭で高い評価を受けた。。
監督:アヌラーグ・バス 出演者:ランビール・カプール(バルフィ)、 プリヤンカー・チョープラー(ジルミル)、イリヤーナー・デクルーズ(シュルティ)、サウラーブ・シュクラ(スダンシュ・ドゥッタ検査官)、アーカーシュ・クラーナ(バハドゥール)、ほか

「黒いオルフェ」のネタバレあらすじ結末

黒いオルフェの紹介:1959年フランス映画。ギリシア神話に登場するオルペウス(オルフェ)とエウリュディケ(ユリディス)の物語をモチーフにしたニシウス・ヂ・モライスの戯曲『オルフェウ・ダ・コンセイサゥン』を、舞台を映画製作当時のブラジル・リオデジャネイロに移して映画化した作品です。カーニバルで浮かれるリオの街を背景に、ギターの名手である黒人の市電運転手と謎の男に追われる黒人女との悲恋が描かれます。
監督:マルセル・カミュ 出演者:ブレノ・メロ(オルフェ)、マルペッサ・ドーン(ユリディス)、マルセル・カミュ(エルネスト)、ファウスト・グエルゾーニ(ファウスト)、ルールデス・デ・オリベイラ(ミラ)、レア・ガルシア(セラフィナ)、アデマール・ダ・シルバ(死神)ほか

「レジェンド・オブ・フォール 果てしなき想い」のネタバレあらすじ結末

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想いの紹介:1994年アメリカ映画。1979年に発表されたジム・ハリソンの中編小説『Legends of the Fall』を映画化した大河ドラマです。20世紀前半のアメリカを舞台に、大自然の中で育った三兄弟がひとりの女性との出逢いを機に家族の絆を失い、それを取り戻していく過程が描かれます。第67回アカデミー賞で撮影賞を受賞しています。
監督:エドワード・ズウィック 出演:ブラッド・ピット(トリスタン・ラドロー)、アンソニー・ホプキンス(ウィリアム・ラドロー)、エイダン・クイン(アルフレッド・ラドロー)、ジュリア・オーモンド(スザンナ・フィンキャノン・ラドロー)、ヘンリー・トーマス(サミュエル・ラドロー)、クリスティーナ・ピクルス(イザベル・ラドロー)、ゴードン・トゥートゥーシス(ワン・スタッブ)、ポール・デズモンド(デッカー)、カリーナ・ロンバード(イザベル・トゥー・デッカー・リンドー)、タントゥー・カーディナル(ペット・デッカー)、ロバート・ウィズデン(ジョン・T・オバニオン)、ジョン・ノヴァック(ジェームズ・オバニオン)、ケネス・ウォルシュ(ティナート保安官)ほか

「顔(2000年)」のネタバレあらすじ結末

顔の紹介:2000年日本映画。『どついたるねん』『傷だらけの天使』などを手掛けた阪本順治監督が主演に藤山直美を迎えて製作した異色の犯罪ドラマです。実在した強盗殺人犯の事件をベースとし、引きこもり生活を送っていた冴えない女が罪を犯してしまったことにより外の世界に逃げ出し、様々な人々との出会いを通じて人の温かさと生きる意欲に目覚めていく過程を描きます。
監督:阪本順治 出演者:藤山直美(吉村正子)、佐藤浩市(池田彰)、豊川悦司(中上洋行)、大楠道代(中上律子)、國村準(狩山健太)、牧瀬里穂(吉村由香里)、渡辺美佐子(吉村常子)、18代目中村勘三郎(山本俊郎)、岸部一徳(花田英一)、早乙女愛(狩山咲子)、内田春菊(喫茶店の女)、中島陽典(島の警察官)ほか

「ごっこ」のネタバレあらすじ結末

ごっこの紹介:2017年日本映画。漫画家・小路啓之が『スーパージャンプ』『グランドジャンプPREMIUM』に連載していた同名漫画を千原ジュニアの主演で実写映画化した作品です。大阪でひっそりと暮らすニートの中年とワケありの幼い少女の“疑似親子”の姿を描きます。出演者の清水富美加のトラブルにより一旦はお蔵入りしかけましたが、関係者の熱意により公開にこぎつけました。
監督:熊澤尚人 出演者:千原ジュニア(城宮)、平尾菜々花(ヨヨ子)、優香(マチ)、ちすん(ヨヨ子の母)、清水富美加(モミジ)、秋野太作(城宮の父)、中野英雄(ヨヨ子の同級生の父)、石橋蓮司(便利屋)ほか

「遙か群衆を離れて(1967年)」のネタバレあらすじ結末

遙か群衆を離れての紹介:1967年イギリス映画。イギリスの文豪トーマス・ハーディの小説『Far from the Madding Crowd』を『いつも2人で』のフレデリック・ラファエルが脚本、『ダーリング』のジョン・シュレシンジャーが監督を手掛けて映画化した恋愛ドラマです。19世紀、ヴィクトリア朝時代のイングランド西部の田舎を舞台に、農場を相続した若い女性と男たちの恋愛模様を描きます。
監督:ジョン・シュレシンジャー 出演者:ジュリー・クリスティ(バスシェバ・エヴァーディーン)、テレンス・スタンプ(フランシス・“フランク”・トロイ)、ピーター・フィンチ(ウィリアム・ボールドウッド)、アラン・ベイツ(ガブリエル・オーク)、プルネラ・ランサム(ファニー・ロビン)、フレディー・ジョーンズ(ケイニー・ボール)、フィオーナ・ウォーカー(リディー)、アンドリュー・ロバートソン(アンドリュー・ランドル)ほか

「ポップスター」のネタバレあらすじ結末

ポップスターの紹介:2018年アメリカ映画。銃による犯罪が続くアメリカ。十代の少女セレステは銃撃されるものの奇跡的に助かります。セレステは銃撃事件から立ち直り、歌手として成功しますが、やがて酒に溺れ人生は崩壊します。彼女はマネージャー、姉や娘にも当たり散らしますが、彼らはセレステを見捨てず暖かく励まします。『ポップスター』は、ナタリー・ポートマン主演で、十代の少女セレステの悩みと、成人してもトラブル続きの彼女が悩みを乗り越え、観客を魅了する姿を描いています。
監督:ブラディ・コーベット 出演:ナタリー・ポートマン(セレステ)、ジュード・ロウ(マネージャー)、ステイシー・マーティン(エレノア)、ラフィー・キャシディ(少女時代のセレステ/セレステの娘アルビー)、ウィレム・デフォー(ナレーション)、ジェニファー・イーリー、ほか

「東南角部屋二階の女」のネタバレあらすじ結末

東南角部屋二階の女の紹介:2008年日本映画。死んだ父親の借金を背負い、古いアパートが建つ祖父の土地を売ろうとする主人公の野上孝。そのアパートに吸い寄せられたように集まった男女三人が、不安と焦りを抱えながらも、次第に自分の生きる道を考え見つけていく作品。
監督:池田千尋 出演:西島秀俊(野上孝)、加瀬亮(三崎哲)、竹花梓(豊島涼子)、塩見三省(石山清六)、高橋昌也(野上友次郎)、香川京子(夏見藤子)、ほか

「ステイ・コネクテッド つながりたい僕らの世界」のネタバレあらすじ結末

ステイ・コネクテッド~つながりたい僕らの世界の紹介:2014年アメリカ映画。チャド・カルテンの小説を原作とした群像劇。ネット社会の中に繋がりを求める高校生やその父母達の日常を描いていきます。監督は「JUNO ジュノ」「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマンが務めました。
監督:ジェイソン・ライトマン 出演者:ローズマリー・デウィット(ヘレン・トルビー)、ジェニファー・ガーナー(パトリシア・ベルトマイヤー)、ジュディ・グリア(ドナ・クリント)、ディーン・ノリス(ケント・ムーニー)、 アダム・サンドラー(ドン・トルビー)、 アンセル・エルゴート(ティム・ムーニー)、ケイトリン・デヴァー(ブランデー・ベルトマイヤー)、デヴィッド・デンマン(ジム・バンス)、 J・K・シモンズ(ミスター・ドス)、ほか

「命の相続人」のネタバレあらすじ結末

命の相続人の紹介:2008年スペイン映画。有能な医師がある事件をきっかけに、触れることで病を完治させる不思議な力を手に入れるが、愛する人を失うというその代償の大きさに苦悩する。
監督:オスカール・サントス 出演:エドゥアルド・ノリエガ、ベレン・ルエダ、アンジー・セペダ、クリスティーナ・プラサス、クララ・ラゴ、マルセル・ボラス、カルロス・レアル、ほか

「悲しみの皮」のネタバレあらすじ結末

悲しみの皮の紹介:2010年フランス映画。命と引き換えに願いを叶える“悲しみの皮”を手に入れた青年が、次々と願望を実現し、全てを手に入れた末に本当に大切なものに気づく。バルザックの「あら皮」をもとに映画化。
監督:アラン・ベルリネール 出演:トーマ・クマン、アナベル・エトマン、ジュリアン・オノレ、ミレーヌ・ジャンパノイ、ほか

「獄中の顔役」のネタバレあらすじ結末

獄中の顔役の紹介:1968年日本映画。一匹狼の速水は、義理を大事にする男で、人の為に手を下し服役するという人生を送っていました。田島の親分に世話になった速水は、対立する本間組に若頭を殺された報復をして再び刑務所に舞い戻ります。そして服役中、田島の親分と、昔からの親友の黒崎が本間組によって殺されます。出所した速水は一人ドスをもって歩きはじめ…という高倉健主演のアウトロー映画です。
監督:降旗康男 出演者:高倉健(速水恭)、龍崎一郎(田島大三郎)、藤純子(田島敏子)、室田日出男(南靖男)、天津敏(本間勇)、宇佐美淳也(鳥越市長)、遠藤辰雄(本間猛)、山岡徹也(徳丸市議)、池部良(黒島勉)ほか

「ジェラシー・ゲーム」のネタバレあらすじ結末

ジェラシー・ゲームの紹介:1982年日本映画。中年夫婦の新一と晴子、若い衛児と陽子は、それぞれ片方の浮気が原因で不仲になり、関係修復の為に北海道を旅していました。しかしそれぞれ口げんかが始まり、女性を一人にしたため、偶然通りかかったそれぞれの男性が、相手方の女性を助け、関係を持ってしまいます。お互い認め合う仲になった新しいカップルでしたが、やがてそれぞれの関係は崩れ始めました…という内容のロマンポルノ全盛時の日活のセクシー人間ドラマです。
監督:東陽一 出演者:夏木陽介(駿河新一)、大信田礼子(駿河晴子)、村上弘明(芳賀衛児)、高橋ひとみ(陽子)ほか

「風の電話」のネタバレあらすじ結末

風の電話の紹介:2020年日本映画。東日本大震災後に岩手県大槌町に実際に設置された、今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話「風の電話」をモチーフとしたヒューマンドラマです。震災から8年後、家族を失い、広島に移り住んだ少女が旅をしながら様々な人々と触れ合い、人生を再生していく姿を描きます。世界3大映画祭のひとつであるベルリン国際映画祭で特別表彰を受けています。
監督:諏訪敦彦 出演者:モトーラ世理奈(ハル)、西島秀俊(森尾)、西田敏行(今田)、三浦友和(公平)、渡辺真起子(広子)ほか

1 2 3 4 5 150

キーワードから探す

TOP↑